アスカ「キスだけで男をめろめろにできるリップ……?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レナ「痛いよ…痛いよぉ魅ぃちゃん…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 20:23:15.51 ID:ODlhPc+D0

リツコ「ええ。あなたにだけあげるわ」

アスカ(これがあればバカシンジを……)



リツコ「有効に使いなさい」

レイ(これで、碇君にもポカポカしてもらえる……?)



リツコ「欲しいの?いいわよ」

マリ(わんこ君に使ったら面白そうだにゃ……)

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 20:30:38.73 ID:ODlhPc+D0

シンジ「……ku-」

アスカ「ソファなんかで無防備に寝ちゃって。くくく」

ペンペン「クェ」

アスカ「しっ! 静かにしてなさいペンペン」

シンジ「……ku-」

アスカ「ああ……♥ 寝顔可愛すぎんのよ、シンジのくせに……」

アスカ「さてっと」ヌリヌリ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 20:35:41.47 ID:ODlhPc+D0

アスカ「バカシンジ、起きなさい……」

シンジ「……ンン……」

アスカ「ふふ」

シンジ「ん……あすか……?」

アスカ「おはよ。シンジ」

シンジ「おは、え?」

チュゥゥゥゥ

シンジ「っっ!!???」

アスカ「ンンン〜〜」

チュゥゥゥゥ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 20:40:58.89 ID:ODlhPc+D0

アスカ「ふぅ」

シンジ「あ……ふぁ。ら、らんれ……?」トロン

アスカ「おはようのキスよ。たまにはこういうのもいいでしょ?」

シンジ「///」コク、コク

アスカ「私の唇、キモチ良かった?」

シンジ「う、うん……」

アスカ「ばーか、スケベ。でも特別に、もっかいキスしてあげてもいいわよ」

シンジ「ホ……ホントに!?」

アスカ(シンジのやつがこんな素直に求めてくるなんて。すごい威力じゃない!)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 20:49:15.68 ID:ODlhPc+D0

アスカ「ちゃんと座って」

シンジ「うん」

アスカ「いくわよ……」

チュッ

シンジ「ふぁ……ぁ ///」

アスカ「どう?」

シンジ「しゅ、しゅごぃ……あしゅかぁ……」

アスカ(ふふ、もうすっかり目がハートになってる。これなら一気に―――!)

アスカ「ねえシンジ。私のこと、好」

ミサト「ハーイ、家主のご帰宅よーー!」

アスカ「ちっ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 20:56:32.00 ID:ODlhPc+D0

体育。

シンジ「はぁ……」

シンジ(つい女子の方……アスカのほう見ちゃう。昨日あんなことしたから……アスカ、なんで急に)

シンジ(僕と2回もキスなんて……キス……めちゃくちゃキモチ良かったな……って。か、考えちゃダメだ)

男子「碇、おい当たるぞ!!」

シンジ「え」

バチン!

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 20:59:02.92 ID:ODlhPc+D0

保険医「ぼうっとしてたらボールが当たって転倒、走りながらだったから足をひねった、と」

シンジ「そんな感じです……」

保険医「ま、軽くひねった程度で大したことはないけど、念のため休んでなさい。大事な身体なんだし」

シンジ「はあ」

保険医「私は職員室のほうにいるから、なにか用の時はそこの内線で呼んでね」

シンジ「はい」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 21:02:59.57 ID:ODlhPc+D0

シンジ「……」

シンジ(ここの天井は、ゆっくり見るの初めてだっけ。暇だけど体育終わるまではじっとしてなきゃダメか)

シンジ「……」

マリ「……よっ」

シンジ「うわぁ!? な、なんで真希波!?」

マリ「遊びに来たよ。ワンコ君」

シンジ「遊びって、許可取ったの? 校舎の中に部外者が入るのはマズイって」

マリ「細かいことは気にしない気にしない」

シンジ「気になるよ……」

マリ「お固いにゃあ。そんなツマンナイこと言うのはこの口か!」ガバッ

シンジ「わっ」

チュゥゥゥ

シンジ「!!??」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 21:07:47.30 ID:ODlhPc+D0

チュパッ
チュッチュププッ

シンジ「んんんんっっ!?」

チュゥッチュパッレロレロチュルルッ
チュパッ

シンジ「ひあ……ぁ〜……」トローン

マリ「ごちそうさま」

シンジ「ぁふ、ぁ……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 21:28:27.53 ID:ODlhPc+D0

シンジ(い、今の……昨日の、アスカのと同じ……)

マリ「どう? こういう遊びもダメ?」

シンジ「え……?」

マリ「キスのこと。ワンコ君がどうしても『もうしちゃダメ』って言うなら、大人しく帰るけど」

シンジ「あ……ぼ、僕は」

マリ「君が決めなよ。私と、もっと遊ぶかどうか」

シンジ「……」



マリ「ちゅっ、んちゅっ、ちゅっ、ちゅぅ」

シンジ「〜〜〜!」ビクッビクッ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 21:32:21.27 ID:ODlhPc+D0

キーンコーン

マリ「おっ、タイムリミットだ。じゃね、ワンコ君」

シンジ「ひへ……ふへ……♥」ピクピク

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 21:35:28.06 ID:ODlhPc+D0

・・・・・・

トウジ「おっしゃ、やっと解放や!」

ケンスケ「じゃな」

シンジ「うん。また明日」

アスカ「シンジ」

シンジ「あ。な、なにアスカ」ドキドキ

アスカ「……帰ったら、昨日の続き……するわよ」

シンジ「!!」

アスカ「だから早く」

シンジ「う……うん。プリント届けて、すぐ帰るから!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/27(日) 21:39:21.57 ID:ODlhPc+D0

ピンポーン

シンジ「ベルが鳴るようになってる……綾波、いるの?」

レイ「……」ガチャ

シンジ「あ、良かった。これ今日のプリント。それじゃ」

レイ「待って」

シンジ「なに?」

レイ「……ありがとう。少し、上がっていって」

シンジ「ごめん。僕今日は、その、用があって。急いでるんだ」

レイ「本当に少し……だから」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「キョン君童貞なんですか?」