シンジ「色仕掛けなんかに負けはしない(キリッ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ・長門「品川で待ち合わせ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 08:23:39.02 ID:Cd2uelnm0

ミサト「ね、エヴァに乗りなさい。あなたにしかできないの」ムニムニ

リツコ「座っていれば、ン、それ以上望まないわ……あら、ここはもうやる気満々ね」ムニムニ

ムニムニ
スリスリ

シンジ「あああ、お、おっぱぃがぁぁぁぁ…脚も、息が耳に、あああ」

マヤ「フケツ」

シンジ「乗りますぅ! 僕がやりまふうう!!」

冬月「ちょろいな」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 08:26:55.10 ID:Cd2uelnm0

碇君があのロボットのパイロットって本当? Yes/No

シンジ「……」

Yes

女子「「「「えええええーーーーーー!!!」」」」

シンジ「!?」ビクッ

ヒカリ「い、碇君、ホントのホントなの?」

シンジ「う、うん。まあ……」

女子「大変! ねえこっち来て」グイ

女子「早く早く」

シンジ「えっ。ちょ、ちょっと、授業中なのに!?」

ヒカリ「授業どころじゃないわ」

シンジ「わ、わ、そんな引っ張らないでよっ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 08:33:04.63 ID:Cd2uelnm0

チュパッ、チュパッ、チュッ、チュプ
ペロ…レロ…レロ〜

シンジ「あ、は、ふぁっ」

女子「碇君がそんな大事な人なら……ン、ちゅっ」

女子「いっぱいおもてなししないと……ね?」

シンジ「ら…らめらよぉ、こんな……っ」

ヒカリ「パイロットするの、頑張ってね。碇君。ちゅっ」

シンジ「あぅ」

女子「ふふ。身体中キスマークだらけにしたげる」

女子「頑張ってくれたらこれからも、なんでもしてあげる……」

シンジ「な、なんでも……」ゴクッ

女子「そ。な・ん・で・も♥」



マヤ「シンジ君、よくまた乗ってくれる気になりましたね」

リツコ「人の言うことには大人しく従う。それが彼の処世術のようなそうでもないような」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 08:39:22.04 ID:Cd2uelnm0

シンジ「がふっ!?」

トウジ「スマンなぁ転校生。わしはお前を殴らなあかん。マジでマジで」

ケンスケ「こいつの妹がこないだの戦闘で怪我しちゃってさ。ま、それだけじゃないけど」

トウジ「もういっちょう!」

シンジ「がっ!」

ヒカリ「―――鈴原! なにやってるのよ!!」

トウジ「い、委員長」

ヒカリ「碇君がロボットに乗って勝ってくれなかったら、鈴原も私達も妹さんも、みんな死んじゃうのよ!?」

トウジ「それはそうやけど」

ヒカリ「……」

トウジ「……スマンかったな。いくでケンスケ」

ケンスケ「あ、ああ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 08:44:22.88 ID:Cd2uelnm0

ヒカリ「ごめんなさい。鈴原って、悪いやつじゃないんだけど」

シンジ「……別に、大丈夫だから」

ヒカリ「あいつに呆れて、『僕だって好きで乗ってるわけじゃないのに』とか思わないでね!?」

シンジ「う、うん」

ヒカリ「痛み……ちょっと和らげてあげる」

シンジ「え。あ、ちょ、洞木さん!?……ふあ!」

ヒカリ「んん、んむ、ンっン」

ジュパッ、ジュパッ、ジュパッ、ジュパッ

シンジ(最低だ。最低だ、僕って……でもこんなっ、キモチぃぃ……)

シンジ「ああっあ〜〜〜〜!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 08:54:21.09 ID:Cd2uelnm0

♪〜

リツコ「また電話?」

シンジ「いえ、今のはメールです。誰からだろ」カチカチ

リツコ「鳴りっぱなしね」

ミサト「それがさー、女の子からばっかみたいなのよ」

リツコ「そう。随分とモテるのね、シンジ君」

シンジ「いや、モテてるのとは全然違うっていうか」

ムニッ

シンジ「ミ、ミサトさん…?」

ミサト「学校で若い子にちやほやされて、私達のカラダなんて興味なくしちゃった?」ムニッムニッ

シンジ「いや、あ、そ……そんなことは、あ、あの」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 08:55:02.10 ID:Cd2uelnm0

リツコ「力を抜いて。なにもしなくていいわ」

ミサト「今日もたくさん、エヴァ搭乗のご褒美あげなくっちゃね……」

ムニュムニュ、サワサワ

シンジ「あ、ああ、ひぁ、ああ」

リツコ「それとついでに、後でレイの部屋にカードを届けておいて」

レロレロレッロ

シンジ「はっはひぃ、はい、イキ、イキまふぅぅぅ!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 08:58:33.95 ID:Cd2uelnm0

シンジ「綾波―――入るよ?」

ガチャ

シンジ(うわ……凄い部屋)

シンジ「綾波ー?」

カタ

レイ「……」

シンジ「良かった、いたん…………だっ!?」

レイ「……」

シンジ(裸ーーーーーーーーーーーー!)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 09:07:59.88 ID:Cd2uelnm0

レイ「…」スタスタ

シンジ「ぁ、ご、ぁ、ごめっっ、僕」

ギュッ

シンジ「#Y)#F&$!!!??」

ギュゥゥ

シンジ(ああぁや、やややわらかっ! 濡れた、女の子のカラダっ、がなんでっ!?)

レイ「……やっと来たのね」

シンジ「えっ」

レイ「碇司令に言われてるの。あなたを籠絡するように」

シンジ「そ……っ、それって、バラしちゃダメなんじゃ」

レイ「……ン」

チュゥ、チュゥゥゥゥ

シンジ「んぅ〜〜〜〜!!?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 09:14:25.41 ID:Cd2uelnm0

シンジ(父さん! 父さんがこの子にこんなコトさせて……僕を言いなりにするために!!?)

レイ「はぁ、ン、ンチュ、ンンっ」

シンジ(そんなの酷すぎるよ! 綾波にも、僕にもっ……でも……)

レロレロレロレロ
チュバチュバチュバチュバ

シンジ(ああああああああ綾波の舌しゅごひぃぃぃぃぃぃ)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 09:24:04.81 ID:Cd2uelnm0

シンジ(白いカラダが、ぐいぐい当たって、か、絡みついてくる…し。こんな静かな子の、こ、こんなのって、すごっ)

レイ「ん……はぁ」

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ」

レイ「あなたを気持ちよくするために、たくさん勉強したわ。本や、ビデオで」

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ」

レイ「……来て。一緒に、ベッドに」

シンジ「ハァ、ハァ、ぼ、僕……」

シンジ(ここで……この一線超えちゃったら。初体験しちゃったら、もう戻れなく……)

シンジ「僕は、ただ。カード、カードを、届けに」

レイ「ベッドで、私をいっぱい犯して。碇君」

シンジ「はやみぃぃぃぃ!!!!」



ズッチャズッチャズッチャズッチャ

レイ「あぁん、あっ、あぁ、痛っ、んっ」

シンジ「ごめん止まらないんだ、はやみぃぃぃぃい!!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 09:28:52.81 ID:Cd2uelnm0

ミサト「今度、ドイツから新しいパイロットが来るわ。二人も」

シンジ「じゃ、じゃあ。まさか僕って用済みになるんじゃ」

ミサト「あら〜。エヴァのパイロットでなくなるのがそんなに嫌なの? シンちゃんは」

シンジ「う……からかわないで下さい」

ミサト「ごみんごみん。心配しなくても、二人が乗るエヴァは初号機とは別にあるわ。戦力は多いに越したことはないものね」

シンジ「そうですよね」

ミサト「てことで、迎えに行きましょ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 09:37:38.19 ID:Cd2uelnm0

ミサト「こっちがアスカ」

アスカ「ふん」

ミサト「で、あっちがマリ」

マリ「やっほぃ」

ミサト「二人合わせて、ドイツの手に負えないじゃじゃ馬コンビよ」

シンジ「ひどいネーミングですね」

アスカ「誰がなんとか馬よ! こんなのとセットにしないで!」

マリ「冷たいにゃあ姫は」

シンジ(姫?)

アスカ「で。あんたが初号機のパイロットね……冴えないやつ。ま、いいわ、少し顔貸しなさいよ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 09:44:04.15 ID:Cd2uelnm0

シンジ「へえ。弐号機って赤いんだ」

アスカ「碇シンジだっけ? あんた、彼女とかいるの?」

シンジ「?」

アスカ「ま、いないわよねそのツラじゃ。キスもしたことないって感じだし」

マリ「それは姫も、イテッ」

アスカ「余計なこと言わない!―――碇シンジ。あんた、今日から私の奴隷になんなさい」

シンジ「どれい???」

アスカ「出しゃばらないで、私の指示に従いなさいってこと。私の活躍の邪魔にならないようにね」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/10/27(日) 09:53:17.33 ID:Cd2uelnm0

アスカ「お利口な犬になれるなら、ご褒美あげるわよ……?」

シンジ「……ご褒美……」

シンジ(綾波は今までテレビでも見たことなかったくらい可愛いけど。この子も、同じくらい可愛いよな……ネルフって……)

マリ「どーする? ワンコ君♪」

シンジ(それにマリって子も。顔もだけど、おっぱいが……子供なのに、ミサトさん並……!)

シンジ「……ご、ご褒美って。例えば、どんな……?」ゴクッ

アスカ「手、つないであげる」

シンジ「え」

マリ「姫、それは」

アスカ「なによ。手ーつなぐのの何が不満なのよ」

シンジ「……」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「しっかりつかまってなさいよ!」