アスカ「料理を作るわ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「夢中で…」キョン「早く…」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/10/22(火) 16:24:57.19 ID:NKwLy4IP0

※パイロット同士仲が良い設定です。

アスカ「て言っても作った事ないしな…。一人でやってもつまんないし…そうだわ!コネメガネとレイを誘ってみよっと!」

prrrrrr

マリ『もっしー姫?どうかしたかにゃ?』

アスカ「あんた今暇?」

マリ『暇だけどー?』

アスカ「じゃ、今からあたしの家に来て!それじゃ!」ガチャ

アスカ「次はレイね」prrrrrr

綾波『もしもし』

アスカ「あ、レイ?今暇?」

綾波『ええ、暇よ』

アスカ「じゃ、あたしの家に来て!グーテンターク!」ガチャ

アスカ「さて…何を作ろうかしら」

アスカ「簡単そうなカレーでいいかな。材料もあるし」

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 投稿日:2013/10/22(火) 16:37:43.70 ID:NKwLy4IP0

ーしばらくしてー

ピンポーン

マリ「やっほー姫ぇー。来たよー」

綾波「おじゃまします」

アスカ「キッチンに来てー!」

マリ「おやおや?野菜を並べてどうしたの?」

アスカ「カレーを作るから手伝って!」

マリ「えー?私料理したことないにゃー」

アスカ「米くらい研げるでしょ!レイは野菜切れるわよね?」

綾波「ええ」

アスカ「じゃあお願い」

マリ「んー?姫は何するの?」

アスカ「あたしは…ルーを入れる係よ」

マリ「えー」

アスカ「な、なによ」

マリ「料理してるのレイちゃんだけじゃ〜ん。てゆうかなんで急に料理しようと?」



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 投稿日:2013/10/22(火) 16:46:40.89 ID:NKwLy4IP0

アスカ「え…いや…その…」

マリ「まさかわんこくんのためとか〜?」ニヤニヤ

アスカ「な!?ち、違うわよ!たまたま!たまたま暇なだけだったから!」

マリ「ほ〜?だったらわんこくんと一緒に料理作ればよかったんじゃないの〜?」

アスカ「それじゃだめなのよ!!」

綾波「どうして?」

アスカ「そ、それは…」

マリ「姫ー素直になりなよ〜」

アスカ「うっさい! …ま、毎日シンジがあたし達のために料理作ってくれるから、たまにはあたしが作ってシンジを驚かせようと…」

マリ「なるほどねえ〜。だったら姫が全部やったほうがいいんじゃない?」

アスカ「…包丁の使い方とかよく分かんないし」

綾波「だから私を呼んだのね。アスカ、使い方を教えてあげるから一人で作ってみましょう。その方が碇君喜ぶと思うわ」

アスカ「レイ…」

マリ「ん〜?じゃあなんで私はよばれたのかにゃ〜?」

アスカ「省くのも可哀想だから」

マリ「」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 投稿日:2013/10/22(火) 17:01:24.69 ID:NKwLy4IP0

レイ「皮むきは大変だから私がやるわ。ではまず、正しい姿勢から。調理台から握りこぶし一つ分あけて」

アスカ「うん」

レイ「包丁は力を抜いて軽く持って、しっかり握って」

アスカ「はい」

レイ「左手は指を曲げて、材料を軽く押さえて包丁を支える。指を伸ばすとで包丁も安定しないから気をつけて。それじゃ、野菜とお肉を切ってみましょう。」

アスカ「分かったわ。コネメガネー!鍋に水入れて沸かしてー!」

マリ「それぐらいならやれるにゃ」

アスカ(シンジのために…あたしはやるわ!)ザックザックブシューーー

綾波「アスカ、血、出てるわ」






6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/10/22(火) 17:10:26.71 ID:NKwLy4IP0

ー夕方ー

シンジ「トウジ達と遊んでたら遅くなっちゃった…。アスカお腹空いてるかな…早く帰ってご飯作らないと」ガチャ

シンジ「ただい…ん? カレーの匂い…」

マリ「あー!わんこ君お帰りー!」

シンジ「あ、真希波さんいらっしゃい」

綾波「おかえりなさい」

シンジ「綾波もいらっしゃい」

アスカ「遅かったじゃないシンジ!こっち来て!」グイッグイッ

シンジ「うわ!アスカ引っ張らないで!」

アスカ「じゃーん!どう?」

シンジ「うわぁ…美味しそうなカレー!どうしたの、これ?」

マリ「んふふ〜それねぇ姫が作ったんだよ」

シンジ「あ、アスカが!?料理できたの!?」

綾波「私達が教えたの」

マリ「私はただ居ただけだだけどね〜」

シンジ「でも、どうして…?」

アスカ「い、いつも作ってもらってるからたまにはシンジのために作ろうかなって…///」

シンジ「アスカ…」



7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/10/22(火) 17:20:33.85 ID:NKwLy4IP0

ギュッ

アスカ「!?!?!?///」

シンジ「ありがとう…アスカ」

マリ「わぁお」

綾波「大胆」

アスカ「あびゃ、ぶあぁ、ふへぇえ///」

マリ「幸せそうな顔だにゃ」

綾波「なんだかムカムカするわ。 それより碇君、食べてみて」

シンジ「あ、うん!アスカ、食べるね!」

アスカ「あ…ひゃい…どうそ…///」

シンジ「いただきまーす!」パクッ

アスカ「ど、どう…?」

シンジ「………」モグモグ…モグ…

シンジ「……お、美味しいよ!」ニコ

アスカ「本当!?いっぱい作ったから食べて!」

シンジ「うぇ!?う、うん…」

綾波「碇君…?」

マリ「レイちゃん私達も食べよ〜」

綾波「ええ」

マリ・綾波「いただきます」パクッ

マリ「……んん?」

綾波「………アスカ、私が見てない間に何か入れた?」

アスカ「ふふふ…実は隠し味に蜂蜜入れたの!美味しくなるって聞いたから!ほら!」

つごま油

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/10/22(火) 17:28:07.53 ID:NKwLy4IP0

シンジ「あ、アスカ…それごま油だよ」

アスカ「え!?うそ!?……本当だ…。色が似てたから…」

マリ(普通匂いで気づくにゃ…)

アスカ「も、もしかして…まずい?」

マリ「…あはははは〜」

綾波「…私が食べなくても、碇君が食べるもの…」

シンジ「!?」

アスカ「そっか…そうだよね…あはは…捨てるね。ごめん皆。せっかく手伝ってくれたのに…」

シンジ「あ、アスカ…」

アスカ「あたしに料理の才能なんてなかった…。またこれからシンジに頼りっぱなしになっちゃうけど…ごめんね」

三人「「「………」」」

マリ「そ、そろそろ帰るね〜!姫、またねー!わんこ君、頼んだよ!」

綾波「私もそろそろ…。碇君、お願いね」

シンジ「ああ!二人ともー!!」



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/10/22(火) 17:35:31.95 ID:NKwLy4IP0

ガチャガチャ

シンジ「あ、アスカ…?」

アスカ「……」

シンジ「アスカ…そんなに落ち込まないで。失敗はだれにでもあるから…」

アスカ「ほっといてよ…」

シンジ「でも」

アスカ「…あたし、シンジに喜んでほしくて作ったのに…。余計なことしてカレーおじゃんにしちゃった。やんなっちゃう」

シンジ「アスカ…。でも、僕嬉しかったよ」

アスカ「え…」

シンジ「失敗しても、僕のために作ってくれたんでしょ?とても嬉しいよ。今回は失敗しちゃったけど、その…また作ってくれると嬉しい」

アスカ「シンジ…」

シンジ「今度は僕と一緒に作ろう。ね?」

アスカ「…うん。しっかり教えなさいよね」

シンジ「うん」ニコ





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ミサトさんて、本当に第二東大出身なのかな…?」