スネ夫「真夏の夜の淫夢?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「安価で借金返すのか」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:23:10.04 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「ジャイアンから変なディスク貰っちゃったよ・・・」

スネ夫「でもジャイアンに感想を言わないと殺される・・・」

スネ夫「よし、勇気を出して見てみよう。 音量を1にして...えい!」ピッ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:25:52.47 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「あれ? 歌じゃないの? なんか映画みたいな始まり方」

スネ夫「いや、わざと油断させて歌を付けるパターンかもしれないな...」

スネ夫「いや、バカゴリラのジャイアンにそんな知能は無いか」

スネ夫「うわっ!男同士がからみ合ってる! なんだよこれ!」

.マナツノヨルノインム...ヴォー..

スネ夫「...今のは見なかったことにしよう」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:28:09.20 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「どうしよう、ジャイアンはホモだったの?」

スネ夫「いやいや偶然だ、アメコミでも男同士でからみ合うシーンはたまにある」

スネ夫「たまたまそのシーンがピックアップされただけだ...」

ドン オイゴルァ

スネ夫「何この唐突な始まり! 経歴を教えろよ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:30:17.18 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「しかしこんなヘンテコヤクザに絡まれるなんて 運が悪いな〜」

スネ夫「あ、免許取られちゃった...」

スネ夫「そうだ、実はこの宅急便の人達はヒーローでヤクザを倒すんだな!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:32:29.16 ID:ggCJhrVv0

イヌノマネシロヨ

スネ夫「えっ何で脱いでるのこの人達...」ゾッ

ワンワンワン

スネ夫「ヒーロー映画にしては過激じゃない?」

スネ夫「この映画おかしいよ!!何で男同士でキモいことしてんだよ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:35:06.50 ID:ggCJhrVv0

シャブラナキャウツゾオルァ

スネ夫「うわ〜立場が一転してるよ...」

スネ夫「あっ殺しちゃった...」

スネ夫「それにしてもこの人野球の人に似てるなー」

スネ夫「えっこれあと三章もあんのかよ もうやだー!」

ピンポーン

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:37:24.80 ID:ggCJhrVv0

ジャイアン「スネ夫〜!遊びに来たゾ〜!」

スネ夫「ジャイアン!? 急いでビデオ消さないと!」ピッ ドタドタ

スネ夫「ジャイアン何であんなの送って来たんだよ!」

ジャイアン「別に良いじゃねぇか、お前も少しは男に興味持てよ」

ジャイアン「おいスネ夫、今俺んちに誰もいなくて暇だから来いよ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:39:55.17 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「えっ!? 嫌だよ行きたくないよ!」

ジャイアン「ん? 用事があるのか?」

スネ夫「別に無いけど...」

ジャイアン「じゃあ来いよ! 来ないとぶん殴るぞ!」

スネ夫「解ったよ行くよ....」

〜〜〜〜剛田邸〜〜〜〜

ジャイアン「実は俺んち、屋上あんだよね」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:42:23.17 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「えっどう見てもあるようには見えないんだけど...」

ジャイアン「ちっちゃいけどあるんだよ」

ジャイアン「一緒に体焼こうぜ!」

スネ夫「そうか、それでジャイアンは黒焦げの肌なんだね...」

スネ夫「僕は遠慮しておくよ....」

ジャイアン「うるせぇ! つべこべ言ってないで来い!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:45:39.34 ID:ggCJhrVv0

ミーンミーン

ジャイアン「やっぱり何のオイルも付けないのが通だよな! スネ夫!」

スネ夫「そ、そうだね....」

スネ夫「所で何でジャイアンはあのビデオを僕に送ったの?」

ジャイアン「それはお前の事が好きだからに決まってんだろ?」

スネ夫「えっ? それは友達としての好きって意味だよね?」

ジャイアン「それもあるよ」

ジャイアン「処で喉乾かない?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:49:30.73 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「もうここに来て1時間ぐらいになるね...」

スネ夫「熱中症になっちゃったら行けないし...何かジュース持って来てよ」

ジャイアン「じゃあ何かとってくるわ」ダッ

ゴソゴソ サッー

〜〜〜〜〜数分後〜〜〜〜

ジャイアン「おまたせ、コーラしか無かったけどいいか?」

スネ夫「ありがとうジャイアン」ゴクゴク

スネ夫(何か変わった味のコーラだな...)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:52:38.11 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「お陰で少しは日焼けしたよ、ありがとうジャイアン」

スネ夫「じゃあ僕そろそろ帰るね...」

ジャイアン「おい待てよスネ夫!」

スネ夫「何だよジャイ...」フラッ

スネ夫(あれ...意識が...熱中症かな...?)

ジャイアン「おい大丈夫かスネ夫!」

スネ夫「ダイジョウブ....」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:55:33.85 ID:ggCJhrVv0

〜〜〜〜剛田邸、地下室〜〜〜〜

ジャイアン「ハァハァ....」ペロペロ

スネ夫「ん・・?!!!!」

スネ夫「ジャイアン! 何してんだよ!」

ジャイアン「ハァハァ....」ペロペロ

スネ夫「やめてよジャイアン! これ犯罪だぞ!」

ジャイアン「うるせぇなぁ...」ポタポタ

スネ夫「うっ!!」ガバ

ジャイアン「お前の事が好きなんだよ...!!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/05(土) 02:58:46.25 ID:ggCJhrVv0

スネ夫「うっ!ァァァァァァァ///」ズボッ

ジャイアン「スネ夫のデカチン気持よすぎィ...///」

ジャイアン「イキスギィ...イクイク...ンアッー!」

ジャイアン母「武...何を...しているんだい?」

ジャイスネ「」

それからスネ夫は学校に来なくなった 終わり

45 名前:エッファプル ◆mSRe9gZY2uXv [] 投稿日:2013/10/05(土) 03:03:09.84 ID:ggCJhrVv0

くぅわああ疲れたもおおおん
こんなクッソ寒いSSに構ってくれてありがとナス



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ピカチュウ「サトシがモンハンにはまった。」