碇シンジは静かに暮らしたい


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「VIPが落ちた」

ツイート

1 名前:以下、新鯖からお送りいたします[saga] 投稿日:2013/09/21(土) 00:12:59.51 ID:0ocGttJ90


私の名前は碇シンジ年齢14歳たばこや酒何て飲まない体に悪いからな夜11時には床につき、必ず8時間は睡眠をとるようにしている・・・・

寝る前にあたたかいミルクを飲み、20分ほどのストレッチで体をほぐしてから床につくとほとんど朝まで熟睡さ・・・・

赤ん坊のように疲労やストレスを残さずに、朝 目を覚まさせるんだ・・・・健康診断でも異常なしと言われたよ。

激しい『喜び』はいらない…そのかわり、深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・

そんな『平穏な生活』こそ、私の目標だったのに・・・

2 名前:以下、新鯖からお送りいたします[saga] 投稿日:2013/09/21(土) 00:18:37.07 ID:0ocGttJ90

ことの始まりは私の戸籍上の父からの手紙だった

ただ一言『こい』とだけ書いてあったよ・・・

ああ私は行かなかったよ?私の目標は『平穏な生活』だ

それに私は三年前にも会う機会はあったが行かなかったし何の音沙汰もなかったからな

3 名前:以下、新鯖からお送りいたします[saga] 投稿日:2013/09/21(土) 00:32:28.30 ID:0ocGttJ90

私は中学を普通に卒業し普通の高校に行き普通の大学に入り就職するつもりだった

だが行かなかった私のもとに迎えが来たのが予想外だった

結論を言うと私は連れて行かれた父、碇ゲンドウの元へと

「貴方が碇シンジ君ね?」

名前は知らないがおそらく軍用ヘリから降りてきた女性・・・手紙に写真が入っていたな確か

「私は葛城ミサト貴方のお父さんの部下よ」

そうだったそんな名前だった

「その葛城さんが一体どのようなご用件で?」

私が仕方なく尋ねてやると

「・・・悪いけどここじゃ話せないわ一緒に来て」

そう言ってきただが私の返事は決まっている

「嫌です僕は父に会う気もないので帰っていただけますか?」

そう言って帰ろうとすると

「そうはいかないのよごめんね」

黒服の男たちが私を拘束してヘリに乗せたのだ

「おい!ふざけるな!これは誘拐だ犯罪だぞ!!」

私が言っても

「悪いけど私たちも手段を選ぶ暇がないのよこれ着くまでに読んどいて」

そう言ってパンフレットのような物を渡すとあとは無視だ

こうして私の日常は終わりを告げた・・・

4 名前:以下、新鯖からお送りいたします[saga] 投稿日:2013/09/21(土) 00:36:46.15 ID:0ocGttJ90

何となく思いついたので書いてみましたもしもシンジ君の性格が吉良みたいだったらです
今回はとりあえずプロローグです良ければ感想などをお願いします

10 名前:以下、新鯖からお送りいたします[saga] 投稿日:2013/09/21(土) 01:43:25.02 ID:0ocGttJ90

「ねえシンジ君怒ってる?」

葛城ミサトが私に話しかけてきた

「・・・これを読んでいろと言ったのは貴女だったと思うが?それと怒っていないから早く帰してくれないかね?」

私がそう言っても

「・・・ごめんねそれは出来ないわ詳しくは着いたら説明するけどとりあえずあれを見てくれるかしら?」

そう言って葛城ミサトが示した方向には

「な、なんだあれは!?」

一面焼け野原となった大地に不気味にたたずむ巨大な人影だった

「あれは使徒と呼ばれるものよ人類の敵あれを倒すのが私たちNERVのそしてあなたのお父さんの仕事よ聞いてないかしら?」

ああそういえば今の保護者が言っていたな

「人類を守る大切な仕事だったかな?」

私にはどうでもいいことだがね早く家に帰りたい

「こっちよあ、そうだカード持ってきてないかしら?封筒に入ってたはずなんだけど?」

そんなことを言ってきたが

「僕をいきなり問答無用で連れてきて準備もさせなかったのにそんなものを持ってきていると思うんですか?」

「それもそうね。ま、いいわついてきてこっちよ」

そう言って案内されている途中に合流してきたのがこの女性赤木リツコだ

「時間通りね葛城一尉てっきり迷うんじゃないかと思ったわ」

「そんなことないわよそれに諜報部も一緒なんだから迷うわけないじゃない」

「それもそうね・・・それでその子が例の?」

「ええマルドゥック機関が見つけたサードチルドレンの碇シンジ君よ」

女というのは喧しいなそれにサードチルドレン?訳が分からない単語ばかりだいい加減にしてほしいんだがね

「赤木リツコよ早速貴方に見てもらいたいものがあるの」

そういって連れて来られたのは薄暗い場所そこにあったのは


13 名前:以下、新鯖からお送りいたします[saga] 投稿日:2013/09/21(土) 02:21:32.12 ID:0ocGttJ90

「・・・ロボット?」

巨大な顔だった

「これは人の作り出した、究極の汎用人型決戦兵器・・・ 人造人間エヴァンゲリオンよ。これはその初号機なの」

そんなことを唐突に言われても訳が分からない何なんだ?とりあえず聞きたいことは

「それで父はどこですか?早く会って帰りたいんですが」

そう言うと上から

「シンジ久しぶr・・・ユイ?」

ひげを生やしたいかにも悪人面の男が話しかけてきた

「あなたが僕の父であっているんですか?」

そう問いかけると

「そうだ私がお前の父碇ゲンドウだ」

それならば話は早いさっさと帰してもらうとしよう

「そうですかそr「ふ、出撃」

「シンジ君これにあなたが乗ってあの使徒と戦うのよ」

は?一体どういうことだ私は父親に会うために来たはずだ

「ですが綾波レイでさえシンクロに七か月もかかったんです今来たばかりの彼に可能ですか?」

「座っているだけでいいそれ以上は望まんシンジお前が乗るんだ」

「葛城一尉今は使徒撃退が最優先よそのためには少しでも可能性のあることにかけるしかないのよ」

おいおい冗談だろう私がこんなものに乗って戦う?

「僕にこれに乗れというんですか?」

「そうだお前が適任だ」

ばかげている冗談じゃあないぞ

「僕は連れてこられただけだそんなものに乗るなど聞いていない大体今の言い方だと他にパイロットが居るんだろ?そいつを乗せればいいじゃないか」

そういうと

「綾波レイは現在重傷を負っているし女の子なのよ助けてあげたいと思わないの?」

葛城はそんなことをわめいているが私には関係ない

「知らないな早く帰してくれないかな?」

私がそう言うと

「そうかならばお前など必要ない帰れ」

と言ってくれたやれやれやっと帰れる

14 名前:以下、新鯖からお送りいたします[saga] 投稿日:2013/09/21(土) 02:29:21.06 ID:0ocGttJ90

「冬月レイを起こせ」

どうやら父は連絡を取っているらしいまあ私にはもう関係ないがね

「見損なったわシンジ君」

おいおいほとんど初対面だろう私達は私が何かを言い返そうとしたとき

ガラガラと音を立てて担架が運ばれてきたそれに乗っている少女を見て

私は

あの写真と

自分の顔を見たときにしか感じなかった

興奮を確かに感じた

「母さん?」

そう思わず呟き少女綾波レイに近づいた時

地面が揺れ天井が崩れてきた思わず手で頭を守るとそこには

巨大な紫色の腕があった

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/09/23(月) 01:01:31.05 ID:9GSnQfYu0

「え?」

そんな間抜けな声を上げてしまったが正直訳が分からない何故このロボットは動いている?

そんなことを考えている間に葛城と父が何かを話している。

「・・・では構いませんね?」

「構わん。許可する葛城一尉」

そんなことよりもこの少女だ。ああ、やはり私やあの写真のそう『私の母』にそっくりだ

「君は一体・・・?」

私がそう呟くと、彼女はゆっくり目を開きそして何かを言おうとした時

「シンジ君」

という声に遮られた

「・・・何ですか僕はあれには乗りませんよ」

そう言って話しかけようとするが
                              ・・・
「いいえあなたは乗らなくてはならないわ。悪いけどこれは命令よ碇三尉」

という言葉を投げかけてきた

「は?どういうことですか、僕は軍人なんかじゃあありませんよ」

「ええ、今まではねでも今からあなたは作戦部所属のエバンゲリオン初号機の専属パイロット碇シンジよ」

そこに赤木が補足に来た

「元々エヴァのパイロットは三尉相当の階級を与えられるものなの。今回はあなたが認めないからNERVから徴兵という形を採ったわ。あなたが日本人である限り逆らうこともできない」

私は思わず怒鳴り返した

「ふざけるな!日本に現在徴兵の制度は存在しないはずだ!!中学生だからと舐めているのか!?」

そう言ってもあくまでも冷静に

「NERVには特務機関として様々な特権が与えられているわ・・・日本国政府からA-801が発令されない限りはねそしてそれには指令の許可がいるの」

「さっき指令の許可もとったわ。リツコ、シンジ君に説明を」

「ええ、分かったわシンジ君こっちに来て」

なんてことだ!こんなものに乗ることになるなんて、どう考えても目立ってしまう!それに危険だ・・・くそっ!!
                              

27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/09/23(月) 01:34:56.73 ID:9GSnQfYu0



本当にとんだ災難だ

『冷却終了!!ケイジ内全てドッキング位置』

あんな手紙が届いたのが全ての元凶だ

『パイロット・・・エントリープラグ内コックピット位置に着きました!』

そもそもあんな父親がいることが・・・くそっ!腹が立ってきた!あの少女を見たときは、初めて写真を見たときのような気分になれたのに

『了解!エントリープラグ挿入!!』

・・・徴兵までされた以上、元の場所には帰れない

『プラグ固定終了!!』

ここでの生活を受け入れるしかない

『第一次接続開始!!』

とりあえず一人暮らし、それと中学には通わせてもらわなければ。・・・学校ではパイロットの事は隠す

『エントリープラグ注水!』

他には報酬やら考える事がたくさんあるな

「!な、なんだこれは!?」

『心配しないで、肺がLCLで満たされれば直接酸素を取り込んでくれます』

この得体の知れない黄色い水をか!?

『我慢しなさい!すぐ慣れるわ』

だったら自分が乗ってみろ!!


28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/09/23(月) 02:39:28.32 ID:9GSnQfYu0

くそっ!なんだこの水は!血の味がするぞ!!

『主電源接続、全回路動力伝達、起動スタート!!』

落ち着け、冷静になれ。頭を冷やすには持って来いだ

『A10神経接続異常なし、初期コンタクト全て問題なし、双方向回線開きます!』

普通、普通、普通、普通

『・・・すごいわ、シンクロ誤差0.3%以内よ。いけるわ』

普通、普通、普通、普通

『エヴァンゲリオン初号機発進用意、第一から第五までの拘束アーム排除、リニアカタパルトへ移行、発進シークエンススタンバイOK』

『碇指令!かまいませんね?』

『もちろんだ。使徒を倒さん限り我々に未来はない』

『エバー初号機発進!!』

その高らかな声と強烈なGと共に私は、私と初号機は地上に送り出された。

55 名前: ◆QscUJ9WF.s[saga] 投稿日:2013/10/15(火) 22:40:31.98 ID:JTclR/dO0

「シンジ君まずは歩くことだけを考えて」

歩くことだけ、か

「エヴァは、イメージで動く」

こんなことは早く終わらせたい、集中しろ

「歩く、歩く、歩く」

「「「歩いた!!」」」

歩いただけで驚くようなものに乗せるな!

「兵器と言ったが、これには何か武装はないのか?」

「肩のウェポンズラックにプログレッシブ・ナイフが入っているわ。」

「了解した」

ナイフか、無いよりはましだな。

「出し方は・・・こうか」

「初号機、ウェポンズラックよりプログレッシブ・ナイフを装備」

よし、これで!?

ガシャーーーン!!

しまった!体勢が崩れた!

「くっ!は、早く立ち上がらなくては!」

ガシッ!

使徒か!

「不味いわ!シンジ君、早く距離を取って」

「出来る訳がないだろうこの状況で!」

は、離せ!このでかぶt

グシャ!

「ぐあああああああああああああああああ!!!」

「初号機、左腕損傷!」

「シンジ君、それは貴方の腕じゃないのよ!」

「そんなことは分かっている!こんな腕が私の腕であってたまるか!くそっ痛いな!!」

こうなったら!

「赤木リツコ!」

「何!シンジ君!?」

「私は、悪くないからな!」

「待ちなさい、あなたいったい何を!」

ブツん、ぶしゃああああああああああああああああ!

「初号機、プログレッシブ・ナイフで左腕を切断!」

「信じられないわ!軽減されていても、相当の痛みのはずよ!」

「初号機、そのまま使徒の左腕も切断して距離を取っています!」



56 名前: ◆QscUJ9WF.s[saga] 投稿日:2013/10/15(火) 23:15:44.48 ID:JTclR/dO0

「ああ、痛い、痛いなだがこれで私は自由だ」

「葛城ミサト、赤木リツコでもいいあれの弱点は一体どこだ!」

「弱点?」

「あれが生物ならあるだろう!人間が頭部を破壊されて死ぬように、何か、弱点が!」

「おそらく胸部の赤い玉、私たちはコアと呼ぶそこが弱点よ!」

赤い玉あれか、何にしろ一旦隠れる!

「初号機、ビル群に身を隠しています!」

「奇襲を狙っているのね!日向君、兵装ビルの稼働率は?援護を!」

「あの辺りは・・・12%程度ですね威嚇にしかなりませんが」

「無いよりはましよ!シンジ君、援護するわ!」

「了解した」

単なる無能ではなかったか、幸い使徒はこちらには気づかず徘徊しているな

「あれを使うか」

ズガガガ!

「まるでダメージ無しか」

「仕方ないN2地雷でも足止め程度だ・・・碇、この展開でいいのか?」

「最初のでユイが目覚めると思ったが、だが問題ないA.T.フィールドを知らぬシンジには暴走しか手が無い」

「シナリオ通りか」



57 名前: ◆QscUJ9WF.s[saga] 投稿日:2013/10/15(火) 23:30:17.81 ID:JTclR/dO0

「兵装ビルによる攻撃、使徒へのダメージ皆無です」

「分かってるけど無いよりまし、それに本命はシンジ君よ」

「不味いです!使徒、残った右腕から光の槍を展開、ビルを破壊しています!」

「このままでは、見つかるわシンジ君!」

「葛城ミサト‘これ‘を使徒に飛ばせるか?」

「なるほど、囮ねいいわ、日向君!」

「了解です!」

ガンッ!

「初号機の‘左腕‘命中です!」

「これぞ左腕、放り投げ、アタック略してSHAよ!ざまあみなさい!!」

ふんっ!所詮は知能の低い生物だ

「こっちだ!ど低能が!」

「!」

「いけるわ!」

ピキーン!!

「A.T.フィールド!あれがある限り使徒には近づけない!」

「な、なんだと!聞いてないぞこんなものわ!!」

「初号機、プログレッシブ・ナイフを損失!使徒に捕獲されました」

「いけない!シンジ君避けて!」

ズガンッ!ズガンッ!ズガンッ!

ぶしゃあああああああああああああああ!!!

この後は原作通りです

58 名前: ◆QscUJ9WF.s[saga] 投稿日:2013/10/15(火) 23:32:17.34 ID:JTclR/dO0

更新空いてしまいすいませんリアルがドタバタしてまして
一人暮らしが多いので一人暮らしにさせたいと思います
あとトリップつけました被ってたら教えてください



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「会津藩出身、涼宮ハルヒ」