リツコ「パイズリを極限に気持ちよくするローションを開発したわ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋「キ、キョン君!ストップストップ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 16:15:20.46 ID:fPBPQcJZ0

ミサト「……なんで?」

リツコ「視覚的には憧れでも、パイズリって、素人ではほとんど快楽を生み出せないでしょう?だからよ」

ミサト「だから、なんでそれであんたが作るのよ」

リツコ「まあいいじゃないミサト、出来たのだから」

ミサト「まぁいいけど……で、どこにあるのそれ」

リツコ「それが、盗まれたのよね。確かにここに置いていたのに」

ミサト「あんたねぇ……」



アスカ「いーもの手に入れちゃった。うひひ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 16:22:56.26 ID:fPBPQcJZ0

アスカ「ねーバカシンジ」

シンジ「もうすぐできるから座って待ってて」

アスカ「ご飯のことじゃなくって。あんた今日、お風呂いつ入る予定?」

シンジ「お風呂? さあ……特に考えてなかったけど、いつも通りじゃないかな」

アスカ「ダメ。今日はミサトが帰る前に入りなさい。ご飯食べたらすぐね」

シンジ「なんで?」

アスカ「ちょっと実験したいことがあんの」

シンジ「ふーん……あんまり変なことしないでよね?」

アスカ「私がいつ変なことしたのよ」

シンジ「いつもおかしなイタズラするじゃないか……あ、お皿取って」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 16:28:31.90 ID:fPBPQcJZ0

ミサト「で。そのローションとやらを使うと、どんくらい気持ちいいわけ?」

リツコ「そうね……18禁のPCゲーム内のパイズリくらい、かしら」

ミサト「全然分かんないんだけど」

リツコ「噴水のように精液が出て、軽く中毒になる程度よ」

ミサト「なにその危険物」

リツコ「出来たと言っても試作品一号ですもの。まだ他に欠点もあるし」

ミサト「どんなよ」

リツコ「ローションを塗布した状態で肌を擦らせると、女性の側にも強い快楽が生じるわ」

ミサト「えっ。いーじゃないそれ、ただしてやるだけよりお得じゃないの」

リツコ「その快楽が強すぎて、女性もパイズリ中毒に」

ミサト「なるほど開発中止しなさい」

リツコ「……誰が盗んだのかしら」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 16:36:56.36 ID:fPBPQcJZ0

シンジ「なんで縛るの!? アスカ??」

アスカ「うっさい! あんたは大人しく座っときなさい。その目隠し取ったらサツガイするからね?」

シンジ「手も背中で動かせないし、これじゃ目隠し取るなんてしたくてもできないよ……」

アスカ「……」シュル

シンジ「? な、なにしてんのアスカ」

アスカ「ぜっっっったい見るんじゃないわよ」

シンジ「ぬ……脱いでるわけじゃないよね!? ねえアスカ、そろそろ説明してよ!」

アスカ「動かずじっとしてればいいだけなんだから、ガタガタ言うなっての……さて」

シンジ「ちょ……」

アスカ「タオル、取るわよ」

シンジ「え、僕の……? なっなんで、やめてよっ」

アスカ「えいっ」ピラッ

シンジ「!??」

アスカ「へえ……男のってこんななんだぁ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 16:45:43.76 ID:fPBPQcJZ0

シンジ「やめ……! タオル戻して、戻せって!」

アスカ「ああもうっ暴れるな! どうせ見られたんだからあとは一緒でしょうが!」ガシ

シンジ「うう、酷いよ……っ」

アスカ「んー……でもこれ、今って小さくなってるわけよね。シンジ、おっきくしなさい」

シンジ「……」

アスカ「聞いてんの? バカシンジ!」

シンジ「……アスカなんて嫌いだ」

アスカ「ふんっ。半べそかいちゃって、情けない奴。いいわ、特別に私が勃起させてあげる」

シンジ「!?」

アスカ「……」ツンツン

シンジ「ぁっ」

アスカ「ヘンなの……こ、これをさすったりすればいいのよね……?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 16:55:07.96 ID:fPBPQcJZ0

アスカ「こんな……感じ?」サスサス

シンジ(う、ぁ……これ、アスカが触ってるんだよな? ホントに……?)

アスカ「あ。なーによスケベ。嫌いとか言ってたくせに、どんどん膨らんでくるじゃない」

シンジ「く……っ」

アスカ「そんなに上手? それともこんな美少女に弄ってもらえてると思うとたまんない?」

シンジ「どっちでもないっ。せ、生理現象ってやつだよ、ただの」

アスカ「意地っ張りね。あ、やだこれ、熱ぅい」

シンジ「……っ」ピク

アスカ「あははっ、単純! また大きくなったわよ、バーカ、スケベ」

シンジ「……あとで絶対仕返しするから」

アスカ「はいはい。さて……っと、そろそろアレの出番ね」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:04:13.68 ID:fPBPQcJZ0

シンジ(アレ……?なんだ?)

シンジ「い、痛いことする気じゃ……?」

アスカ「さあどうだか。え〜とまず、適量の水に溶かして」

ジャー

アスカ「こんなもんか。でこれを患部……なんで患部って書いてんのよリツコ」

シンジ「リツコさん?」

アスカ「患部に垂らす」トロー

シンジ「うひぅ!?」

アスカ「そんで塗りつけてやる」

シンジ「ア……アスカ、待って、なにこれ、なにかけたの!?」

にゅるるん

シンジ「んはぁうっ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:07:49.37 ID:fPBPQcJZ0

アスカ「ぬるぬるね……うわ、ヌメ光ってぐろ」

にゅるるっ

シンジ「ぁ、ぁぅ、ふぁ。ちょ……」

シンジ(ぬるぬるしたのがアレに……! アスカの手でぬるぬるって、うう、う)

アスカ「スッゴ……ついさっきよりずっと大っきくなってる……」

シンジ「そういうこと……ぃ、言わないでよ」

アスカ「それから、同じく私の胸にも」トロー

シンジ(胸? 胸って、アスカの胸!?)

アスカ「きゃ、やだこれ、やっぱ冷たいしキモチワルっ」

シンジ「……」ドキドキドキドキ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:16:54.36 ID:fPBPQcJZ0

シンジ「アスカ……、そっ、そろそろ、何してるのか僕にも教えてよ……!!」

アスカ「今さら? 鈍いあんたでもさすがに察してんでしょ?」

シンジ「……」

アスカ「あ、そっか。期待してるんだ? だから確かめときたいわけね」

シンジ「ちが……っ! 分からないで色々されるのは、怖いから……」

アスカ「リツコのとこで貰ったの。パイズリを特別気持よくするためのローションだって」

シンジ「ロ……貰ったって。な、なんでそんなの、アスカに」

アスカ「知らない。でもせっかくだし、実験してみようと思って、それだけ。あんた使ってね」

シンジ「ぼ、僕で……?」

アスカ「私の胸で」

シンジ(アスカの……おっぱいで……っ)

アスカ「理解した? じゃ、パイズリするわよ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:19:42.75 ID:fPBPQcJZ0

むにゅ

シンジ「!!!」

にゅむ〜ぅ

シンジ「あ、ぅあ!」

アスカ「ンん……結構ムツかしい」

むぎゅっ

シンジ「くふぁ……あああ!」

アスカ「へ?」



ドクン!
びゅるるるるるるっ!!

アスカ「きゃあああああああ!?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:28:18.62 ID:fPBPQcJZ0

シンジ「ハァ、ハァ……」

アスカ「イヤあああああ! ばっちぃ、サイテー!!!」

シンジ(な、なんか今、ものすごく気持よくて、ものすごく出たような……)

アスカ「なんでいきなり出してんのよバカァ!!」

シンジ「イテっ。ア、アスカが勝手にやったんだろ! それで叩くなよ!」

アスカ「う〜〜っ、ヌチョヌチョするぅ……」

シンジ「……もうほどいてよ。気も済んだろ?」

アスカ「まだよ!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:32:30.47 ID:fPBPQcJZ0

アスカ「あんな一瞬じゃ実験にもなんなかったし。ま、まだ膨らませてんじゃないの、あんた」

シンジ「!?」

シンジ(そういえば、沢山出しちゃった感じなのに、まだ全然……むしろどんどん熱くなってきてる……?)

アスカ「それに……気持ち悪かったけど……」

アスカ(なんとなく、さっきの瞬間……胸が……)

シンジ「けど?」

アスカ「え。べ、別になんでもないわよ。とにかく次よ、次!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:46:37.88 ID:fPBPQcJZ0

アスカ「……ん」

くににゅ

シンジ「く、ぅ」

むにゅぅん

シンジ「あ……ぁっ」

アスカ「バカシンジ……今度はちっとは我慢しなさいよ」

シンジ「けど……なら、う、動かないで。なんかおかしいよ……これっ」

シンジ(僕のが、柔らかい中に溶けてくみたいな……!)

アスカ「このポーズのままいろっての?」

シンジ「どうせ、見、見えてないし、ぅぅ」

むにゅん

シンジ「ふぁぁ」

アスカ(だらしない顔……そんなにイイわけ?シンジ。私の胸でされるのが)

アスカ「……」ドキドキ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:53:15.15 ID:fPBPQcJZ0

むぎゅ

アスカ「んぅ」

シンジ「! あああっ。ア、スカ、動かないってば!」

アスカ(やっぱりまた……! こすると、これって)

む…にゅ

シンジ「ひぃっ」

アスカ「ぁぁ、ン」

アスカ(キモチ、イイ……!! なんでぇ!?)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:53:57.84 ID:fPBPQcJZ0

にゅむ、にゅむむっ

アスカ「あああ、や、と、止まらなっ」

シンジ「もうダ……あああああああ!!!」

ビュルルルルルッッ

アスカ(シンジ! シンジがまたイってる! 私のパイズリだけで、シンジがっ)

むにっむにっむにゅんっぐにゅにゅっムニムニムニムニ

アスカ「あっ、あっ、あぁあん! ふぁ、イイ、ああキモチイイよぉぉ!」

シンジ「ふぁうああががががががががががッッッ」

ドブブブブブブブブ……!


アスカ「あはぁ♥……びひゃびひゃあ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/15(日) 17:57:15.74 ID:fPBPQcJZ0

ミサト「たっだいま」

アスカ「……おかえりなさい」

ペンペン「クェ」

ミサト「あれ? シンジ君は?」

アスカ「疲れたとかでもう寝てるわよ」

ミサト「そっか。負担大きいもんね、あの子。アスカもたまには早く寝なさい」

アスカ「気が向いたら」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/15(日) 17:58:56.00 ID:fPBPQcJZ0

第一部完っていうかトンカツ食べてくるおやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【解読困難】 屁っこぎ女房 【エヴァ昔話・第六話】