ハルヒ「もうあんたに付き合いきれないわ、別れましょう!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ヒロシ「サトシじゃないか!」サトシ「ヒロシ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 04:52:58.76 ID:33eeJTFD0

ハルヒ「はぁ・・・何でいつもうまくいかないのかな」

ハルヒ「やっぱり私が短期なのかな、すぐ喧嘩しちゃうし・・・」

ハルヒ「キョンだったら怒るけどいつも許してくれたわね・・・」

ハルヒ「そうだ、キョンって今何してるのかな、大学も近くみたいだし、電話してみよう」


ハルヒ「もしもし!」

長門「はい」

ハルヒ「あっごめん、これ有希の番号だった?」

長門「違う、彼の携帯」

ハルヒ「え、何で有希が電話にでるの?」

長門「今彼はお風呂に入っている」

ハルヒ「まさか一緒に暮らしてるの?」

長門「そう」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 04:56:43.33 ID:33eeJTFD0

三日後

ハルヒ「久しぶり、元気だった?」

キョン「ああ、お前から連絡がくるとは思ってなかったな」

ハルヒ「高校以来ね」

長門「・・・」

ハルヒ「有希と付き合ってたのね」

キョン「ああ、大学も同じだ」

ハルヒ「有希ならもっといい大学入れたでしょ?キョンに合わせたの?」

長門「そう」

キョン「そのことはいいだろ、高校の時の奴に会ったら必ず言われるんだから」

ハルヒ「ふぅーん、上手く行ってるんだ」

キョン「ああ」

長門「うまくいってる、これからも」

ハルヒ「・・・そう、みくるちゃんや古泉くんは何してるか知ってる?」

キョン「・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:00:15.37 ID:33eeJTFD0

キョン「実は・・・」

キョンは語った、古泉が高校卒業後麻薬におぼれたこと、朝比奈みくるが古泉と
付き合っていたこと、古泉が麻薬を買うお金欲しさに朝比奈みくるをソープで働かせていたこと

ハルヒ「そうだったの・・・」

キョン「そうなんだ」

長門「・・・」

ハルヒ「全然知らなかったわ・・・まさかそんなことになってるなんて」

キョン「朝比奈さんは三日前亡くなったよ、自殺だって」

ハルヒ「え?」

長門「自宅でロープで首を吊っているのを発見された」

ハルヒ「古泉くんが最初に見つけたの?」

キョン「いや友達らしい、古泉は行方不明だ」

ハルヒ「そんな・・・」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:04:26.12 ID:33eeJTFD0

キョン「お前はどうなんだ?」

ハルヒ「私は・・・最近彼氏と別れたくらいね、大したことないわ」

キョン「そうか、わがまま言って相手が怒ったりしたんだろ?」

ハルヒ「よくわかったわね」

キョン「まぁそんなことだろうと思ったよ」

ハルヒ「昔はキョンをいつも怒らせていたわね」

キョン「確かにお前のわがままに振り回されていたからな」

ハルヒ「でもキョンは私のために怒ってくれてた感じだったわ・・・」

キョン「そうだったか?」

ハルヒ「そうよ、今でこそわかるけど、キョンって優しかったのね」

長門「・・・」

ハルヒ(有希の前で何言ってるのかしら・・・二人は付き合ってるのに)

キョン「そうだ、今夜暇なら家で飯を食べないか?」

ハルヒ「え、いいの?」

キョン「今日はおでんなんだ、みんなで食べた方が楽しいだろ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:08:35.45 ID:33eeJTFD0

ハルヒ「なんかすごいアパートに住んでるのね」

キョン「そうか?」

ハルヒ(キョンの家ってお金持ちなのかしら・・・いや、有希の方?)

キョン「さぁ入ってくれ」

ハルヒ「おじゃまします・・・あっ」

朝倉「いらっしゃい、久しぶりね」

ハルヒ「何で朝倉さんがいるの?」

朝倉「いろいろあったのよ、今はキョンくん達と一緒に暮らしてるわ」

ハルヒ「ルームシェアしてるってわけ?」

朝倉「ううん、恋人関係よ」

ハルヒ「だってキョンは有希と・・・」

キョン「俺は特定の一人に縛られないタイプなんだ、二人も納得してくれてるしうまくやっているぞ」

長門「そう」

朝倉「何も問題ないわよね」

ハルヒ「そっそうなんだ・・・なんかすごいわねあんた・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:13:48.29 ID:33eeJTFD0

ハルヒ「二人はそれで納得してるわけね」

長門「問題ない」

朝倉「まぁ私がすでに付き合ってる二人に混ぜてもらってる形だからね、むしろ感謝してるわ」

キョン「な?」

ハルヒ「そうなんだ・・・まさか、その・・・エッチも三人で?」

キョン「それはないな、俺は一人に集中したいからな」

長門「三人ですることはない」

朝倉「私は何度か三人でしようって誘ったんだけどね」

キョン「セックスは戦いだからな、一対一であるべきなんだよ」

ハルヒ「へっへぇ・・・じゃぁ、あと一人増えても問題なかったりするの?」

キョン「あと一人も何も、お互い納得すれば何人でもいいぞ」

長門「私はこれ以上増えてもらっては困る」

朝倉「彼を独占する時間がなくなるもんね」

長門「そう」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:17:39.37 ID:33eeJTFD0

ハルヒ「おいしかったわ、ごちそうさま」

朝倉「お粗末さまでした」

キョン「朝倉の作るおでんはおいしいからな」

長門「おいしい」

ハルヒ「ねぇ、何で私をここに呼んだの?」

キョン「久しぶりにお前と話をしたかったし、おでんはみんなで食べたいからな」

ハルヒ「そうじゃなくて、私に何かお願いしたかったんじゃないの?」

キョン「お願い?」

ハルヒ「ほら、その・・・」

ピンポーン

朝倉「誰か来たわね」

長門「私が応対する」

朝倉「おねがいね」

キョン「こんな時間にだれだろう」

ハルヒ「・・・」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:20:25.29 ID:33eeJTFD0

朝倉「誰?」

長門「古泉一樹」

キョン「何?」

ハルヒ「え?」

朝倉「どうするの?」

キョン「入れてやれ」

長門「入って」

キョン「まさか古泉が来るとはな」

ハルヒ「大丈夫なの?」

キョン「かといって無視するわけにもいかんだろ」

長門「152秒後にここに来る」

朝倉「おでんの具足して煮ておきましょう」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:24:34.91 ID:33eeJTFD0

古泉「おいしいです」もぐもぐ

キョン「お前そんなに焦らなくてもおでんはまだあるぞ」

朝倉「そうよ、そんなにがっつかないの」

古泉「でも・・・さいきんろくなもの食べてなくて・・・」

キョン「そうか・・・」

ハルヒ(古泉くんかわったわね、こんなに痩せこけて目つきも悪くなって・・・)

古泉「あの、お願いがあるんですが」

キョン「なんだ?」

古泉「こんなことをお願いする立場ではないとは思うのですが、お金を少し貸してもらえないでしょうか?」

キョン「それよりもお前、朝比奈さんの件はどうなんだ?」

古泉「みくるは・・・あれは自殺ですよ、朝目が覚めたら首をつってて・・・」

キョン「どうしてその日から行方をくらましたんだ?」

古泉「だって朝目が覚めたら死んでるんですよ?怖くなって我慢できなくなって・・・」

キョン「我慢できなかったのは朝比奈さんの方じゃないのか?」

古泉「・・・そうですが、でも、死ぬことはないでしょ?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:26:26.85 ID:33eeJTFD0

古泉「それよりも・・・お金の方はダメでしょうか?」

キョン「おい長門」

長門「わかった」

長門は手に封筒を持ってきた、ずいぶん分厚い

古泉「これは・・・」

キョン「百万入っている」

古泉「え、いいんですか?」

キョン「ああ、その代り・・・もう俺達にかかわらないでくれ」

古泉「え?」

キョン「それを受け取るなら俺達にかかわるなと言ってるんだ、もちろんハルヒにもだ」

古泉「でも・・・」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:29:33.13 ID:33eeJTFD0

古泉は封筒を受け取るとそそくさと出ていった

朝倉「また来るんじゃないでしょうか・・・」

キョン「それはないだろ、ただお前らに接触してくる可能性はあるから気をつけろ」

長門「わかった」

朝倉「涼宮さん、あなたもよ」

ハルヒ「う・・・うん」

キョン「どうした?」

ハルヒ「だって、古泉君ずいぶん変わってたわ」

キョン「そうだな、人は変わる」

ハルヒ「キョンも変わったわね」

キョン「そうか?」

ハルヒ「うん・・・なんか変わった、依然なら古泉君を更生させようとするのかと思ってたわ」

長門「実は彼が来たのは初めてではない」

ハルヒ「え?」

キョン「ああ、実は何度かこのように借金しにきてたんだ、一万や二万だったけどな、まぁ回数も多くなっていたわけだが」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:33:44.52 ID:33eeJTFD0

ハルヒ「そうなんだ・・・」

キョン「ああ、何度も更生させようとがんばったが、もう無理だと思ったんだ」

ハルヒ「そう・・・ごめんなさい、私何も知らないのに勝手な事いって」

キョン「かまわん」

ピンポーン

朝倉「古泉くんが引き返してきたのかしら?」

長門「違う、いつもの人」

朝倉「え?」

キョン「入れろ」

長門「・・・わかった、入って」

ハルヒ「お客さんなら私帰ろうか?」

キョン「そんなに気を使う必要はないぞ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/06(金) 05:37:33.25 ID:33eeJTFD0

エルフの女騎士「なんだ客が来ていたのか?」

キョン「高校の時の同級生だ」

エルフの女騎士「貴様は同じ高校の仲間とつるむのが好きなようだな」

朝倉「確かにそうね」

長門「・・・」

ハルヒ「はじめまして」

エルフの女騎士「ほぅ、貴様が涼宮ハルヒか、三人から話は聞いている」

キョン「それよりもこんな夜中に何の用なんだ?」

エルフの女騎士「実は・・・」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「彼女はサイボーグ」