光彦「鷲巣麻雀…ですか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「アスカのフェラが気持よすぎてヤバイ」

ツイート

1 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:00:17.12 ID:Q+mEUGVD0

※光彦「エスポワール…ですか?」
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377347203/
 と話がつながっているSSになります。見てなくてもそれほど問題はないと思いますが念のために。
 今回もちょっと安価があるのでどうぞよろしくお願いします。

2 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:05:09.55 ID:Q+mEUGVD0

コナン「ああ。それが奴…鷲巣巌との決着をつけるためのゲームだ」

光彦「麻雀…コナン君達とやったゲームとは違うんですか?」

コナン「鷲巣麻雀はな。俺とお前がやった麻雀とは違う。普通のルールじゃないんだ」

コナン「それに賭けるものが恐ろしい」

光彦「賭けるもの…とは?」

灰原「対戦相手の血液。あっちは金を賭けるんだけどね」

光彦「血液って、ち、血ですかぁ!?」

コナン「ああ。それが鷲巣麻雀の恐ろしいところだ」

3 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:10:34.72 ID:Q+mEUGVD0

歩美「でもどうやってそんなゲームに参加するの?」

阿笠「そうじゃのう…わしらは組織を解体した身。向こうからしたら敵じゃ。そんな真似はできんわい」

服部「どうするんや?」

コナン「そもそも鷲巣麻雀は鷲巣自身の愉悦の為に始まったゲームだ」

コナン「仮にもあいつの部下の幹部になった俺を倒したお前だ。こっちから仕掛けずとも、向こうからくるはずだ」

光彦「…」

コナン「だが、問題はメンツだ。お前と組む奴が今回の勝負のカギにもなる」

カイジ「イカサマは無理なのか?」

コナン「無理。卓の周りにはあいつの部下がわんさか」

カイジ「うーん…」

4 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:12:37.43 ID:Q+mEUGVD0

カイジ「!そうだ…あいつを呼んでみる」

コナン「あいつ?」

カイジ「ちょっと待ってろ…」トゥルルル…

カイジ「…!俺だ!カイジだ!」



5 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:14:03.13 ID:Q+mEUGVD0

コナン「一体誰を呼んだんだ?」

カイジ「安価一個下っていう奴だ」


安価一個下

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/30(金) 21:14:43.37 ID:F5bHihhR0

ベルモット

7 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:18:39.39 ID:Q+mEUGVD0

カイジ「ベルモットっていう奴だ」

コナン「!?」

灰原「べ、ベルモットってまさか…!」

カイジ「ん?知ってるのか…ああ、同じ系列の組織の一員だからか」

灰原「ちょっと何考えてるのよ!ベルモットなんか呼んだら私達殺されるかも…!!」

カイジ「ふっ…その心配はいらないわ」ビリリリッ!

灰原「!!」

ベルモット「久しぶりねシェリー…」

ベルモット「そして、シルバーブレッド」

コナン「…」

9 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:21:06.39 ID:Q+mEUGVD0

光彦「よ、よくわかんないんですけど…カイジさんは?」

ベルモット「パチンコに行ったわ」

服部「あのアホォ…」

コナン「で?何しにきたんだ?」

ベルモット「…何だと思う?」

灰原「…」

ベルモット「ふっふっふ…子どもたちの前では丸いわね。この前とは大違い」

コナン「…」

11 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:25:22.10 ID:Q+mEUGVD0

コナン「俺たちを始末でもするのか?」

ベルモット「No」

灰原「…まさか、本当に協力するつもりなの?」

ベルモット「Yes.嘘はつかないわ」

コナン「A secret makes woman woman…じゃねえのか?」

ベルモット「それは秘密。女を美しくするのは嘘じゃないわ」

灰原「どうするの?」

コナン「…光彦、お前に任せる」

光彦「え?」

12 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:27:46.96 ID:Q+mEUGVD0

コナン「こいつを信じるか信じないかだ。お前の方がいい判断を下せる」

ベルモット「…へぇ」

光彦「…」

コナン「こいつは俺たちと元同僚だ。今もあっちの組織の一員だ。それを考えたうえで頼む」

光彦「…」

1.信じる 2.信じない


安価一個下

13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/30(金) 21:35:50.45 ID:ZSodQx3V0

信じないで
やっぱりカイジかコナンとやろう
最後なんだし

16 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:40:04.39 ID:Q+mEUGVD0

光彦「ベルモット、さん」

ベルモット「何?」

光彦「申し訳ございませんが、お断りします」

コナン「!」

ベルモット「それはなぜ?あなたは手を差し伸べてくる人間の手を取るはず」

光彦「あなたの眼はあの時のコナン君の眼…それ以上に怖い」

ベルモット「…」

18 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:43:18.42 ID:Q+mEUGVD0

ベルモット「…ふふふ…あなたってただのバカじゃないのね」

光彦「…」

ベルモット「合格。ボスの所に案内するわ」

コナン「!つまり…」

ベルモット「ボス…鷲巣様があなた達のことを呼んでるわ。カイジはもう先に行っている」

ベルモット「あとはあなた達を呼べばよかった。この誘いは私の遊びよ」

光彦「?元太君と小林先生は?」

ベルモット「あんな連中ボスはお呼びじゃないわ。あなた達だけよ」

19 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:44:26.01 ID:Q+mEUGVD0

コナン「いいんだな?」

ベルモット「ええ。ついてきなさい」

光彦「…(鷲巣…一体どんな人なんだ?)」



20 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:49:52.11 ID:Q+mEUGVD0

〜車内〜

ベルモット「もうすぐで着くわ」

コナン「…」

光彦「コナン君。鷲巣ってどんな人なんですか?」

コナン「鷲巣巌…この国の裏社会の王と言ってもいい人間だ」

光彦「裏社会の、王…」

コナン「怖ろしいほどの豪運、知略、先見性…俺はあいつ以上の人間をみたことがねえ」

灰原「私たちが手を組んでも足元に這いつくばることしかできなかった。まさしく閻魔よ」



21 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:52:08.03 ID:Q+mEUGVD0

歩美「コナン君達が頑張っても勝てないなんて…」

コナン「これからは相当厳しい勝負だ。それに、勝てる見込みはないって言ってもいい」

コナン「覚悟してかかるぞ」

光彦「はい!」

ベルモット「…(円谷光彦…このboyなら…)」



22 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 21:56:59.45 ID:Q+mEUGVD0

〜???〜

ベルモット「ボス。お連れしました」

??「ククク…キキキ…お前が、円谷光彦か…」

光彦「(な、何てプレッシャーだ…近くにいるだけでその存在がわかる…)」

光彦「あなたが…鷲巣巌さんですね?」

??「いかにも…」

鷲巣「わしが鷲巣巌だっ…!ククク…!キキキ…!」

コナン「相変わらず…恐ろしいやつだ」

灰原「鷲巣…」

23 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:00:09.32 ID:Q+mEUGVD0

鷲巣「お前に会える日を…心待ちにしていたっ…!」

鷲巣「この手でお前を殺す日…この退屈な日々を盛り上げるっ…!お前を殺す日っ…!」

鷲巣「クカカカ…!キキキキキ…!!」

光彦「…」

鷲巣「さて…わしとする勝負だが。そいつから聞いたかな?」

光彦「鷲巣麻雀…ですよね」

鷲巣「その通り…お前はわしと鷲巣麻雀で勝負…」

24 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:03:34.30 ID:Q+mEUGVD0

鷲巣「ルールはこいつから聞け…」

「来い!」

カイジ「いてえっ…離せっ…!」

光彦「カイジさん!」

カイジ「光彦…それに、みんなも!」

光彦「どうしてそんなことに?」

カイジ「いや、パチンコで負けて飲み歩いてたら…そこの姉ちゃんと…」ボソボソ

服部「マジなんかい!」

カイジ「ま、待て!俺は悪くないんだ!悪いのはあの糞設定のパチンコ台だ!」

灰原「呆れて言葉も出ないわね…」

25 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:04:54.08 ID:Q+mEUGVD0

カイジ「そ、そんなことより、今は鷲巣麻雀のルールだろ?今から言うぜ」

阿笠「はて。おぬしもやったのか?」

カイジ「それが…昨日の事なんだが…」



26 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:06:37.30 ID:Q+mEUGVD0

〜昨夜〜

「来い!」

カイジ「な、何すんだよ!俺は別に何もやましいことはっ…!」

ベルモット「いいから来なさい。命が惜しければね」カチャ

カイジ「ひいっ!い、行きます行きます!」

俺はあの女についていったんだ…し、仕方なくだ!

27 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:10:40.67 ID:Q+mEUGVD0

ベルモット「今からここでやる勝負…見ておきなさい」

カイジ「勝負って…何だ?」

カイジ「…麻雀か?それに、あの二人の横に何か…」

鷲巣「ツモ!国士無双!」

「あ、ああああ…!!」

「い、いやだああ…ああああああ…!!」

鷲巣「この偽物共…お前らごときでわしに勝とうなど1000億年早いわ…」

「た、頼む!見逃してくれ!!」

「お願いします!!!」

鷲巣「…鈴木」

鈴木「はい」ガッ

「は、離せ…離してくれ…!」

「助けて…!!」



28 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:13:06.81 ID:Q+mEUGVD0

鈴木「ゲームオーバーです」

「い、やだ…おれ…まだ…」

「ぁあああ…あああ…」

そいつら…何でそんなに呻いてるのかと思ったら…血を抜かれてたんだ。



「」

「」

鷲巣「ウォーミングアップにもならなかった…つまらん…」

鈴木「明日、ベルモットが彼らをお連れするようです」

鷲巣「ククク…それは楽しみだ…」

29 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:14:14.12 ID:Q+mEUGVD0

ベルモット「今からあの麻雀のルールを説明するわ。憶えなさい」

カイジ「ちょ、ちょっと待ってくれよ!!」

俺はあの女にルールを覚えさせられ…今に至るっていうわけだ。



30 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:15:54.24 ID:Q+mEUGVD0

カイジ「そういうわけなんだ…」

服部「しょーもないやっちゃのぉ…」

歩美「ほんと、男ってどうしようもない…」

灰原「呆れたわね」

カイジ「悪かったって…」

光彦「カイジさん。ルールを教えてください」

カイジ「わかった。今から説明する」

31 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:23:32.25 ID:Q+mEUGVD0

光彦「…なるほど。見える牌3枚と見えない牌1枚があると」

カイジ「ああ。ツモは真ん中にある穴から取る。手袋をしてな」

光彦「槓の数は気にせず、捨牌70枚で流局。勝負は半荘六回」

カイジ「あとは気にしなくていい。そこがわかれば点数で勝てばいい」

光彦「うーん…」

カイジ「問題は血液だ。光彦は大人と比べりゃあ少ない。大きな賭けは過度にできない」

カイジ「お前が勝たなくてもパートナーが頑張ればよほどのことが無い限り大丈夫だしな」

33 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:26:06.12 ID:Q+mEUGVD0

カイジ「だからパートナー選びも良く考えた方が良い…どうする?」

光彦「うーん…」

1.コナン 2.灰原 3.服部 4.歩美 5.阿笠 6.カイジ


安価一個下


34 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/30(金) 22:33:09.75 ID:KsgRR+rxo

6

35 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:34:34.84 ID:Q+mEUGVD0

光彦「カイジさん。お願いします」

カイジ「よし。了解だ」

コナン「頑張れよ。光彦」

灰原「頑張って」

光彦「はい!」

36 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/30(金) 22:36:37.59 ID:Q+mEUGVD0

鷲巣「そっちは決まったようだな…こちらもメンツは決まっている」

鷲巣「準備ができ次第始めよう…ククク…」

光彦「…(鷲巣麻雀…僕は負けるわけにはいかない)」

光彦「(もうコナン君達のような人たちを作らないためにも、僕は勝つ!!)」



〜オープニング 了〜

42 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:05:04.83 ID:zl9Wu8IB0

子どもキャラの失血致死量は大人の半分ぐらいと換算します。
なので光彦、コナン、灰原、歩美の失血致死量は1000mlくらいになります。

43 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:06:29.82 ID:zl9Wu8IB0

鷲巣「わしの方のもう一人のメンツはこいつ…鈴木だ…」

鈴木「お願いします」

光彦「僕の方はカイジさんです」

カイジ「…」

鷲巣「では始めるか…鷲巣麻雀…!」

44 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:09:53.12 ID:zl9Wu8IB0

鷲巣「親を決めるとするか…」



東(親)…鷲巣 南…カイジ 西…光彦 北…鈴木

45 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:12:49.14 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 東一局 親:鷲巣〜

鷲巣「ククク…キキキ…!」

光彦「(鷲巣麻雀…全自動卓だから山のイカサマは出来ない。ツモも手袋をするからイカサマは無理だ)」

光彦「(それに、この人は楽しんでる。イカサマをするようなタイプじゃない。僕が仕込まない限りは…)」

光彦「(正攻法で勝つしかないのか…)」

46 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:15:18.17 ID:zl9Wu8IB0

鷲巣「ククク…」

光彦「!(なんて字牌の多さだ…!噂の豪運は本当だった…)」

カイジ「(もしこの麻雀じゃなかったら気付かずに振ってたかもしれねえ…!こいつは本物だ…)」

鈴木「…」

47 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:22:48.43 ID:zl9Wu8IB0

〜八巡後〜

鷲巣「ククク…リーチだ!」

光彦「!(あの手は四喜和…いや、七対子?でも見えない牌がそれなりにある…もしかしたら役満かもしれない…)」

カイジ「チッ…!」九筒

光彦「(とにかくここは様子見…)」一萬


鈴木「…」西

光彦「!(西を切った!)」

鷲巣「…」

光彦「(当たり牌じゃないか…)」

鷲巣「ぬうう…一発ではないか…」西

光彦「(二枚西切れ!それに河には北が二枚ということは…あれは七対子?)」

光彦「(七対子なら待ちが一つ。でも見えない牌の方か。河から想像するしかない)」

48 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:29:36.24 ID:zl9Wu8IB0

カイジ「(とりあえず役満じゃない…でも血を無くすのはいやだ…)」七萬

光彦「(カイジさんにも頑張ってもらわないと…)」八筒

鈴木「…」五萬

鷲巣「…ククク…ツモ…!」

光彦「!」

鷲巣「リーチ、ツモ、混一色、七対子、ドラ2…倍満…8000オールっ…!」

光彦「(初っ端からこれ…速攻でいくしかないかも…)」

光彦…獲得金0、失血量80ml
カイジ…獲得金0、失血量80ml
鷲巣…獲得金80万円、所持血液160ml
鈴木…獲得金−80万円

49 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:32:20.94 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 東一局 親:鷲巣〜

鷲巣「ククク…どうしたのかね?」

光彦「(僕はともかく…カイジさんがどうか)」

カイジ「ち、血が…」

光彦「大丈夫です。これぐらいなら大した量じゃありません」

カイジ「…わ、悪い…お前の方が深刻なのに…」

鷲巣「その顔…絶望に歪ませたいわ…」

50 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:34:40.34 ID:zl9Wu8IB0

鷲巣「…」

光彦「(鷲巣さんの手はそこまではよくない…僕の方がいいわけですし、速攻にしましょう)」

カイジ「(光彦に勝たせた方が俺にも得がある…光彦の和了り優先だ)」

光彦「(問題は…あの人だ)」

鈴木「…」

光彦「(僕に劣らず速攻の手…どっちが和了り牌をつかむかだ…)」

51 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:39:02.03 ID:zl9Wu8IB0

〜三巡後〜

カイジ「…」四萬

鈴木「ポン」

光彦「(鳴き始めた…でも、こっちはイーシャンテンです!)」

鈴木「…」五索

光彦「!ポン!(これで聴牌…!)」三萬

鈴木「…」

光彦「(しかも待ちはわからない。見えない牌だから振る可能性はある!)」

鈴木「ツモ」

52 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:41:06.25 ID:zl9Wu8IB0

光彦「あ…」

鈴木「タンヤオ、ドラ2…1000,2000」

光彦「(負けたか…)」


光彦…獲得金0、失血量90ml
カイジ…獲得金0、失血量90ml
鷲巣…獲得金60万円、所持血液160ml
鈴木…獲得金−60万円、所持血液20ml

53 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:42:55.50 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 東二局 親:カイジ〜

光彦「(鷲巣さんは豪運、鈴木さんは速攻タイプですね…手強いな)」

カイジ「チッ…」

54 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:50:31.06 ID:zl9Wu8IB0

〜五巡後〜

カイジ「(聴牌…だが待ちが丸見え…しかもあと二枚しかない。ツモられたら終わりだ…)」

カイジ「(ダマテンだろうが聴牌には気付く。リーチはとりあえずやめておこう)」白

鷲巣「ポン」三索

カイジ「(来てくれ…八索…!)」

カイジ「…クソ!」発

鷲巣「ポン」

カイジ「!」

光彦「(まさか…大三元!?)」

鷲巣「…」中

カイジ「(中切り…ということは大三元じゃない?)」

カイジ「(あの端の四枚は中だと思ってたが…あれはほかの牌なのかも)」

55 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:53:54.04 ID:zl9Wu8IB0

カイジ「(手元にある六索は危険だが…安いなら…!)それなら安心できる!」六索

光彦「(!まさか!!)待ってくださいカイジさん!!」

鷲巣「ロン!!!」

カイジ「!」

カイジ「で、でも大三元じゃないんだし…」

鷲巣「大三元…!役満っ…!32000…!!」

カイジ「な!?な、なぜだ…!」

光彦「(やっぱり…あれは)」

56 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:56:25.94 ID:zl9Wu8IB0

鷲巣「ククク…馬鹿な男だ…」

カイジ「あ、あああ…お、俺の血がぁ…!」

光彦「(豪運だけじゃない…頭も切れるんだ)」


光彦…獲得金0、失血量90ml
カイジ…獲得金0、失血量410ml
鷲巣…獲得金60万円、所持血液480ml
鈴木…獲得金−60万円、所持血液20ml


57 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 21:59:36.37 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 東三局 親:光彦〜

光彦「(これは運、頭脳、知略、先見性…フルで活動させないと負ける)」

光彦「(ここで逆転しないと…!)」

58 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:05:57.34 ID:zl9Wu8IB0

〜七巡後〜

光彦「(…よし!)リーチ!」西

鷲巣「ククク…きたか…」

鈴木「…」北

鷲巣「それなら受けて立とう…リーチっ…!」南

光彦「!(鷲巣さんの待ちは147萬の平和の一気通貫…染め手じゃないけど裏ドラがある。満貫は確定)」

光彦「(でも僕の待ちは見えない!七対子の1萬待ちだから、鷲巣さんがツモったら僕に振りこむ!)」

カイジ「う…」八萬

光彦「(カイジさんが精神的にダウンしてる…ここで和了って勇気づけたほうがいいですね)」

光彦「…ダメか」九萬

鈴木「…」中

59 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:08:38.06 ID:zl9Wu8IB0

鷲巣「ククク…」北

光彦「(一発じゃないか)」

カイジ「…」北

光彦「(ここで…来い!)…!つ、ツモ!」

鷲巣「…」

光彦「リーチ、ツモ、ドラ2、七対子…跳満6000オール」

カイジ「よ、よかった…」

鷲巣「ぐうう…」

61 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:17:24.75 ID:zl9Wu8IB0

光彦「(まだ失血も少ない…でもカイジさんはボロボロだ。半荘終了で交換するのは血液にしよう)」

光彦…獲得金0、失血量90ml 獲得血液量180ml
カイジ…獲得金0、失血量410ml
鷲巣…獲得金60万円、所持血液480ml
鈴木…獲得金−60万円、所持血液20ml


62 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:21:16.07 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 東三局 親:光彦〜

〜五巡後〜

カイジ「(光彦に続かなきゃ…!)リーチだ!」東

鈴木「ポン」五萬

鷲巣「…」三索

カイジ「頼む…来い…!」

カイジ「…」六筒

鈴木「ロン」

カイジ「!」

鈴木「役牌、ドラ…2600」

63 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:22:39.59 ID:zl9Wu8IB0

カイジ「あ、ぁ…ううっ…!」

光彦「大丈夫です!ほんの少しですよ!」


光彦…獲得金0、失血量90ml 獲得血液量180ml
カイジ…獲得金0、失血量436ml
鷲巣…獲得金60万円、所持血液480ml
鈴木…獲得金−60万円、所持血液40ml

64 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:24:27.37 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 東四局 親:鈴木〜

光彦「(今度の親は鈴木さん…速攻使いの親はキツイ。点数より和了り優先)」

カイジ「…」

65 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:31:18.86 ID:zl9Wu8IB0

〜六巡後〜

鈴木「…」九索

光彦「(鈴木さんが聴牌。待ちは三萬六萬だ)」

鷲巣「…」九萬

カイジ「…(聴牌…でもあいつは…聴牌だ…うう…)」白

光彦「カイジさん!気をしっかり持ってください!」

カイジ「光彦…」

鈴木「…」四萬

鷲巣「ククク…憐れ…」白

66 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:35:11.72 ID:zl9Wu8IB0

カイジ「…リーチ!」八萬

光彦「(和了ってくれ…!)」九萬

鈴木「…」白

鷲巣「…」発

カイジ「ここで…ここで和了る!…来い!!」

カイジ「…やった…一発ツモ!!」

カイジ「リーチ、一発、ツモ、タンヤオ、平和、三色同順…ドラ!倍満、4000,8000!」

光彦「よかった…」

鷲巣「ぐう…」

鈴木「…」

67 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:36:25.36 ID:zl9Wu8IB0

カイジ「よかったぁ…」

光彦…獲得金0、失血量90ml 獲得血液量180ml
カイジ…獲得金0、失血量436ml、獲得血液量120ml
鷲巣…獲得金60万円、所持血液480ml
鈴木…獲得金−60万円、所持血液40ml

68 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:38:23.86 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 南一局 親:鷲巣〜

鷲巣「中々足掻くな…それでこそ若者っ…!」

鷲巣「ククク…キキキ…!」

69 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:42:48.89 ID:zl9Wu8IB0

〜二巡後〜

鷲巣「…リーチ…!」五萬

光彦「(!東単騎の字一色!でも東はあと一枚か…ツモればいいけど…)」

カイジ「…」七萬

光彦「(どうだ…)…ダメか」西

鈴木「…」六筒

光彦「(ツモらないで…!)」

鷲巣「…ククク…クッククク…!!!一発!!」

光彦「!!」

カイジ「ああ…!」



70 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:46:53.56 ID:zl9Wu8IB0

鷲巣「字一色…役満、16000オールっ…!!!」

光彦「まずい…このままだと…」

光彦…獲得金0、失血量280ml 獲得血液量180ml
カイジ…獲得金0、失血量616ml、獲得血液量120ml
鷲巣…獲得金240万円、所持血液960ml
鈴木…獲得金−240万円、所持血液46ml

※鈴木の所持血液量が間違ってたので修正しました。

71 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 22:52:30.12 ID:zl9Wu8IB0

続く鷲巣の猛攻…

鷲巣「ツモ…倍満…!8000オール…!」

鷲巣「ロン!跳満、18000…」

鷲巣「ツモ!リーチ、ツモ、清一色、一気通貫、平和、ドラ…三倍満、12000オールっ…!」

鷲巣「ククク…キキキ…!!!」

そのオーラ、かつての宿敵のコナンをはるかに凌駕っ…!

74 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 23:07:39.53 ID:zl9Wu8IB0

光彦「…(この手なら和了れる…!)リーチ!」白

鈴木「ロン」

光彦「!」

鈴木「タンヤオ、平和、ドラ3…満貫。8000」

光彦「…」

光彦…獲得金0、失血量530ml 獲得血液量180ml
カイジ…獲得金0、失血量976ml、獲得血液量120ml
鷲巣…獲得金440万円、所持血液1480ml
鈴木…獲得金−440万円、所持血液126ml

※鷲巣の点数が間違ってたので点数直しました

75 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 23:09:34.07 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 南二局 親:カイジ〜

カイジ「あ、ああ…もうだめだ…もう…」

光彦「カイジさん!しっかりしてください…」

光彦「(血の気が引ける…僕もまさしくその状態…これ以上大きな失点はダメだ)」

76 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 23:12:30.28 ID:zl9Wu8IB0

しかし…

〜七巡後〜

カイジ「り…リーチだ…」南

鈴木「ロン」

カイジ「…」

鈴木「役牌、ドラ…2600」

カイジ「いやだ…もう…!」

鈴木の速攻がカイジを突き…

78 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 23:28:42.21 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 南三局 親:光彦〜

〜四巡後〜

光彦「(裏ドラが乗って倍満…!)リーチ!」

鷲巣「ロンっ…!」

光彦「!」

鷲巣「三暗刻、対々和、混老頭、ドラ3…倍満、16000…!」

光彦「う…」

鷲巣の豪運が光彦を突いた…

光彦…獲得金0、失血量690ml 獲得血液量180ml
カイジ…獲得金0、失血量1002ml、獲得血液量120ml
鷲巣…獲得金440万円、所持血液1540ml
鈴木…獲得金−440万円、所持血液152ml

※計算ミスがある点数ですが、これでお願いします

80 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 23:32:21.27 ID:zl9Wu8IB0

〜半荘一回目 南四局 親:鈴木〜

鈴木「…」四萬

鷲巣「ロン…リーチ、一気通貫、役牌、ドラ…満貫、8000」

光彦…獲得金0、失血量690ml 獲得血液量180ml
カイジ…獲得金0、失血量1002ml、獲得血液量120ml
鷲巣…獲得金520万円、所持血液1540ml
鈴木…獲得金−520万円、所持血液152ml

81 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 23:33:50.89 ID:zl9Wu8IB0

光彦「…」

カイジ「う…くそ…!」

鷲巣「さて…その点数はどう使う?」

光彦「血液で…」

鷲巣「わかった。では血液と交換だ…」



光彦「…(戻った…でも、気休め程度…)」

カイジ「だめだ…くらくらしやがるっ…!」

82 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 23:36:33.73 ID:zl9Wu8IB0

鷲巣「ククク…キキキ…若者が餓える様も素晴らしいっ…!」

カイジ「この…悪魔めぇっ…!」

鷲巣「ククク…」

鷲巣「さあ…勝負はまだ終わってないっ…!続きだっ…!」

光彦「…(なんて…なんて恐ろしい勝負だ…)」


〜半荘一回目 了〜

83 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/31(土) 23:41:45.56 ID:zl9Wu8IB0

今回はここまでにさせてもらいます。


光彦…獲得金0、失血量690ml 獲得血液量180ml

という書き方だと計算ミスがそこそこあって、見ててわかりづらい気がしたので

光彦…±○○○○○○点、失血量○○○○ml

という書き方にこれからはしていきます。

獲得金額、獲得血液量は半荘が終わるごとに清算する形で。

94 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:17:47.40 ID:BY9srvsR0

カイジ「くそ…いやだ…死にたくないっ…!」

光彦「…(恐い…血がなくなっているというだけで…こんなに怖いなんて…)」

光彦「(このままだと向こうに和了られて無駄に終わる…それだけは…)」

カイジ「な、なあ光彦!なんか名案はないのかよ!!」

光彦「…」

カイジ「ううっ…死にたくないっ…!」

光彦「…名案、か」

95 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:20:09.98 ID:BY9srvsR0

〜半荘二回目 東一局 親:鷲巣〜

鷲巣「カカカ…その顔…いいっ…!」

光彦「(この絶対的な状況を覆す名案…いったいそれは?)」

カイジ「畜生っ…ちくしょうっ…!」

96 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:25:54.02 ID:BY9srvsR0

〜七巡後〜

鷲巣「ククク…リーチ!」北

カイジ「ひいっ!!」

カイジ「う、ううっ…!」六索

光彦「(タンピン三色…ドラも乗ってるから跳満になる)」

光彦「(しかも差しウマとオカがあるから点数が少ない…ここは、早和了りだ!)」南

鈴木「…」南

鷲巣「…チッ…一発じゃない…」西

光彦「ポン!」南

鈴木「…」七萬

鷲巣「…ぐうう…」八索

光彦「ロン!」

鷲巣「!」

97 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:30:11.90 ID:BY9srvsR0

光彦「役牌の1000点です」

鷲巣「つまらん…」


光彦…+1000点、失血量510ml
カイジ…±0点、失血量882ml
鷲巣…−2000点、所持血液1350ml
鈴木…±0点、所持血液152ml

98 名前:以下、新鯖からお送りいたします[] 投稿日:2013/09/03(火) 21:31:25.62 ID:BY9srvsR0

〜半荘二回目 東二局 親:カイジ〜

カイジ「死にたくない…死にたくないっ…!」

光彦「落ち着いてくださいカイジさん!」

鷲巣「ククク…おもしろい…!」

鈴木「…」

99 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:36:03.80 ID:BY9srvsR0

〜六巡後〜

鈴木「リーチ」北

カイジ「!」

鷲巣「ククク…」東

カイジ「ポ、ポン!」北

光彦「カイジさん!あわてないで!」

光彦「(この状況じゃ仕方ないけど、あわてるのは危険だ!)」一索

鈴木「…」北

鷲巣「キキキ…ククク…!」一萬

カイジ「(畜生!何で見える牌が少ししかねえんだよ!何が待ちなのかわからない…!!)」二萬

光彦「…(聴牌…でも、この牌は嫌な予感がする。かかえよう)」二萬

鈴木「…(ツモられたか…)」五萬

100 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:46:22.69 ID:BY9srvsR0

鷲巣「ククク…!リーチ!」北

カイジ「あああ…そんな…!」

カイジ「ダメだ…わからねえっ…!」三萬

鈴木「ロン」

カイジ「!」

鈴木「リーチ、一気通貫、ドラ2。満貫、8000点」

カイジ「お、おれの…俺の血がぁっ…!あああっ…!」

光彦「(カイジさん…)」


光彦…+1000点、失血量510ml
カイジ…±0点、失血量962ml
鷲巣…−2000点、所持血液1360ml
鈴木…+1000点、所持血液112ml

※血液量に誤差があったので修正しました。


101 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:48:02.02 ID:BY9srvsR0

〜半荘二回目 東三局 親:光彦〜

光彦「(ここは一回カイジさんに和了らせて安心させた方がいいですね…)」

カイジ「いやだ…こわいっ…死ぬのはっ…!」

102 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:53:25.65 ID:BY9srvsR0

〜八巡後〜

カイジ「うう…(聴牌だけど待ちが見え見え…まるっまるっ…!)」

カイジ「(無駄なリーチをするぐらいなら…俺はダマテン…)」北

光彦「(完全に腰が引けてる…こうなったら)」三筒

カイジ「…え?」

光彦「…」

カイジ「(光彦…すまねえっ…!)…ロン。平和、タンヤオ、ドラの3900」


光彦…−7000点、失血量510ml
カイジ…+8000点、失血量962ml
鷲巣…−2000点、所持血液1360ml
鈴木…+1000点、所持血液112ml


103 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 21:55:18.61 ID:BY9srvsR0

〜半荘二回目 東四局 親:鈴木〜

鷲巣「つまらん…味方を励ます為の振込などっ…!」

カイジ「すまねえ…俺ばっかり…」

光彦「いいんですよ。それに、勝負はこれからです」

鷲巣「その甘い心…へし折ってくれるっ…!」

104 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:00:36.61 ID:BY9srvsR0

鷲巣「ククク…リーチだっ…!」五索

カイジ「!(だ、ダメだ…あわてて振りこむのはだめだ!)」一索

光彦「(どうやら冷静になってくれたようですね。あとはこれからの展開次第です)」

光彦「(見たところ…あの形は七対子っぽいですね。待ちは河と手牌からして西あたり?)」東

鈴木「ポン」西

鷲巣「…」西

光彦「(違う、か)」

カイジ「(勝負手でもない限り突っ込むのは危険…ここは三枚切れの安牌っ…!)」一索

鈴木「ロン」

カイジ「何!?」

105 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:02:34.05 ID:BY9srvsR0

鈴木「役牌2…3900」

カイジ「うっ…(安牌でこれかよ…!)」


光彦…−7000点、失血量510ml
カイジ…+8000点、失血量1001ml
鷲巣…−2000点、所持血液1360ml
鈴木…+1000点、所持血液151ml

106 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:07:09.47 ID:BY9srvsR0

〜半荘二回目 東四局 親:鈴木〜

〜七巡後〜

光彦「…(ここは勢い優先…)リーチ!」五筒

鈴木「…(牌が全部見えない…つまり一枚でも出ている牌はあの中にない。国士もなし。となると字牌が安牌)」北

鷲巣「…」西

カイジ「(光彦の手はわからねえ…でも、他の奴は聴牌じゃないから安心して切れる)」一萬

光彦「(…来るか?)…!一発ツモ!」

107 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:11:44.75 ID:BY9srvsR0

鷲巣「チッ…また下らぬ手か…」

光彦「…リーチ、一発、ツモ、混一色、一気通貫、役牌、ドラ2…三倍満、6000,12000!」

鈴木「!」

鷲巣「ぐ、ぐう…!小癪なっ…!」

カイジ「よしっ…!」


光彦…+17000点、失血量510ml
カイジ…+2000点、失血量1001ml
鷲巣…−8000点、所持血液1360ml
鈴木…−11000点、所持血液151ml

108 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:13:20.81 ID:BY9srvsR0

〜半荘二回目 南一局 親:鷲巣〜

鷲巣「おもしろい…だが、それもここまでっ…!」

カイジ「簡単に…光彦はやられねえ!」

鷲巣「ククク…キキキ…!」

109 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:17:04.63 ID:BY9srvsR0

〜三巡後〜

鷲巣「リーチ!」七索

カイジ「!」

光彦「早い…!」

鷲巣「ククク…さあ、見せてやろうっ…!」

カイジ「(これ以上の失点は防がねえと…これだ)」三索

光彦「(聴牌…この流れを保たなきゃ!)リーチ!」一萬

鷲巣「…ククク」

光彦「!」

110 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:20:29.67 ID:BY9srvsR0

鷲巣「勇気と無謀の違いがわからんとは滑稽なっ…!ロン!」

光彦「う…」

カイジ「ど、どうせ高くもないんだろ!」

鷲巣「キキキ…ホレ」

鷲巣「国士無双っ…!ククク…!カカカ…!」

カイジ「!」

光彦「しまった…!」


光彦…+17000点、失血量990ml
カイジ…+2000点、失血量1001ml
鷲巣…−8000点、所持血液1840ml
鈴木…−11000点、所持血液151ml

111 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:26:53.96 ID:BY9srvsR0

しかし止まらない鷲巣の再猛攻っ…!

鷲巣「ロン!12000!」

鈴木「…ツモ。1000,2000」

鷲巣「ツモ!4000,8000!」

鈴木「ロン。2000」

112 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:29:54.61 ID:BY9srvsR0

〜半荘二回目 南四局 親:鈴木〜

〜八巡後〜

光彦「(逆転…だ)リーチ」北

鈴木「…」北

鷲巣「ククク…」西

カイジ「く、そっ…!」西

光彦「(駄目だ…)」

光彦「(もう、だめなのか…)」

113 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:37:51.92 ID:BY9srvsR0

『死ねば助かるのに…』

光彦「…え?」

カイジ「光彦?」

『ククク…不合理に身をゆだねてこそギャンブル。そうだろ』

光彦「…」

『行こう……もう一度死線をくぐりに……!』

114 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:39:01.52 ID:BY9srvsR0



『狂気の沙汰ほど面白い…!』




115 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:40:07.36 ID:BY9srvsR0

光彦「…」北

鷲巣「ロン!8000っ…!」

鷲巣「ククク…キキキ…!」

カイジ「み、光彦…」

光彦「…」

116 名前:以下、新鯖からお送りいたします[] 投稿日:2013/09/03(火) 22:41:08.22 ID:BY9srvsR0

鷲巣「ククク…!クカカカカ…!」

光彦「…ククク」

カイジ「…え?」


光彦…+17000点、失血量1120ml
カイジ…+2000点、失血量1231ml
鷲巣…−6000点、所持血液2160ml
鈴木…−5000点、所持血液191ml

117 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:42:48.07 ID:BY9srvsR0

鷲巣「さて…その点をどうする?」

光彦「血液だ…」

鷲巣「…?」

光彦「どうした?早く寄越せ…」

鷲巣「何だ…これは…」

鈴木「…(雰囲気が変わった…?)」



119 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 22:47:13.07 ID:BY9srvsR0

カイジ「ど、どうする…もうお前の血が…!」

光彦「ククク…何を言ってるんだ。むしろこれは好機…」

カイジ「え?」

光彦「ようやくつかんだ…魔王を倒すカギ…!」

カイジ「!」

光彦「きたぜ、ぬるりと…」

カイジ「(光彦…様子が変わった?)」

光彦「反撃開始だ!」


〜半荘二回目 了〜

124 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:03:04.57 ID:oPx6MR9i0

カイジ「反撃開始って…何か作戦でもあるのか?」

光彦「カイジさん。聞きたいことがある」

カイジ「え?」

光彦「死んでみるかい?この勝負で」

カイジ「し、死んでみるって…」

光彦「死ねば助かる。これを信じるかい?」

カイジ「死ねば助かる?どういうことなんだよ?」

光彦「俺が聞きたいのはアンタが死ぬ気かどうかだ…どうなんだ?」

カイジ「…死ぬのは怖いさ…でも、このままじゃどうせ死ぬ。もし、もしお前に作戦があるなら…俺はそれに乗る」

カイジ「お前に賭ける」

光彦「ククク…待っていた…!その言葉…!」

125 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:05:03.81 ID:oPx6MR9i0

光彦「だが…今回の作戦はアンタにもかかってる。それを理解してくれ」

カイジ「どういう作戦なんだ?教えてくれ」

光彦「なに。言葉通り死ぬ気があるかどうかが肝心なんだ。死ぬ気があるなら問題はねえ…」

カイジ「え?」

光彦「さて、続きをしよう」



126 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:09:27.49 ID:oPx6MR9i0

鷲巣「ククク…作戦は決まったのか?」

カイジ「(一体どうするつもりなんだ光彦…?)」

光彦「鷲巣。アンタに提案がある」

鷲巣「提案…?何だそれは…」

光彦「この勝負から…レートを10倍にしよう」

鷲巣「な…!?」

鈴木「(ど、どういうことだ…血液がないこの状況下で…!)」

光彦「それともう一つ…もしアンタが持ち点を割ったら…そこからはアンタも血液払いだ」

鷲巣「な、何…!?わしも…血液を…!?」

光彦「どうだ?」

127 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:12:51.49 ID:oPx6MR9i0

カイジ「お、おい光彦!そんなことをして大丈夫なのかよ…!?」

光彦「カイジ…アンタには死ぬ気があるはずだ…それなら問題ない…」

光彦「それとも、このままジリ貧状態で死ぬかい?」

カイジ「う…」

鷲巣「(こいつ…さっきと別人のようっ…"博徒"の目っ…!)」

鷲巣「(こいつは"本物"なのか…?真の…魔王を滅ぼす勇者っ…!)」

光彦「鷲巣。答えろ」

鷲巣「…」

鷲巣「いいだろう…その提案を受けようっ…!」

鈴木「(鷲巣様…)」

128 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:15:10.76 ID:oPx6MR9i0

光彦「ククク…」

カイジ「う、うう…ここからが真の正念場っ…!」

光彦「いいじゃねえか…これこそが真の博打…!」

光彦「狂気の沙汰ほど面白い!」

鷲巣「ククク…カカカ…!それでこそ若者っ…!」

鈴木「(この少年…鷲巣様を殺す剣となるのか…?)」

129 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:16:58.81 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 東一局 親:鷲巣〜

鷲巣「ククク…殺す…殺してやるっ…!」

カイジ「く、くそ…やってやる!」

光彦「ククク…」

鈴木「…」

130 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:21:22.76 ID:oPx6MR9i0

〜三巡後〜

鷲巣「ククク…」

鷲巣、三巡目で四暗刻聴牌…

鷲巣「お前はわしが殺すっ…リーチ…!」

光彦「…」

カイジ「(とりあえず安牌…)」西

光彦「…」

光彦「ククク…そう、アンタは魔王だ…狂気に満ちた魔王…」

鷲巣「?」

131 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:26:23.12 ID:oPx6MR9i0

光彦「アンタは魔王…この国の地底に腰を下ろす闇…そんな奴を俺の手で殺してこそ…」

光彦「生きている実感がわくっ…!リーチ!」西

鷲巣「!?」

光彦「さあ、楽しもう…この博打っ…!」

鈴木「(待ちは…七対子。安牌は北だけか)」北

鷲巣「う、く…」

光彦「さあ、一発でツモれ…!」

鷲巣「ぐ、ぐうう…わしは魔王…魔王だっ…!」

132 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:31:06.06 ID:oPx6MR9i0

鷲巣「…く」三萬

光彦「ロンっ…!」

鷲巣「な…!」

光彦「一発で倍満の16000っ…!」

鷲巣「ぐ…」


光彦…+16000点、失血量950ml
カイジ…±0点、失血量1211ml
鷲巣…−16000点、所持血液1990ml
鈴木…±0点、所持血液171ml


133 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:32:32.11 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 東二局 親:カイジ〜

カイジ「ここで粘る…」

鈴木「…」

鷲巣「わしは魔王…魔王だっ…」

光彦「ククク…」

134 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:37:11.81 ID:oPx6MR9i0

〜八巡後〜

光彦「ククク…リーチっ…!」五萬

鷲巣「!」

光彦「さあ、俺を殺してみろ…鷲巣っ…!」

鷲巣「ぐ…さっきから図に乗りおって…」

鈴木「…」九索

鷲巣「やってやるっ…ここで聴牌っ…!」

鷲巣「…ぐ」三筒

カイジ「…!(まさか、光彦…!)」五萬

光彦「ククク…それでいい」三筒

135 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:43:29.31 ID:oPx6MR9i0

鈴木「(それでいい…?どういうことだ…)」四筒

鷲巣「…ククク…お前の待ちはわしの手の中だっ…!リーチっ…!」北

鈴木「(円谷の河には北がる…安牌か)」

カイジ「ロン!」

鷲巣「ぐ!?」

鈴木「!」

カイジ「混一色、役牌2、一気通貫、ドラ2…倍満、24000!」

鷲巣「ぐ、うううう…!」


光彦…+16000点、失血量950ml
カイジ…+26000点、失血量1211ml
鷲巣…−42000点、所持血液1990ml
鈴木…±0点、所持血液171ml

※さっきリーチ棒分の点数を忘れてたので訂正

136 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:46:01.42 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 東二局 親:カイジ〜

〜四巡後〜

鈴木「(ここは安いが…)ツモ」

カイジ「!」

鈴木「2000,4000」


光彦…+14000点、失血量950ml
カイジ…+22000点、失血量1211ml
鷲巣…−44000点、所持血液1990ml
鈴木…+8000点、所持血液171ml


137 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:47:20.93 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 東三局 親:光彦〜

光彦「ククク…どうした鷲巣?」

鷲巣「雑魚共が…!このわしを虚仮にしおってっ…!」

光彦「ククク…」

カイジ「(光彦…まるで別人みてえだ…)」

鈴木「…」

138 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:49:14.99 ID:oPx6MR9i0

光彦「ポン」北

光彦「チー」西

鈴木「(まさかこの流れ…)」

光彦「ツモ。満貫。4000オール」

鷲巣「…」

カイジ「光彦…」

139 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 21:51:50.19 ID:oPx6MR9i0

そして光彦の反撃…

光彦「ロン。12000」

光彦「ツモ。1000オール」

光彦「ツモ。500オール」

光彦「ロン。24000」

驚異の四連荘っ…

141 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:00:09.30 ID:oPx6MR9i0

鈴木「(もうダマでもいいから和了るしかない…)ツモ。4000,2000」

光彦「ククク…ここまでか」


光彦…+62500点、失血量950ml
カイジ…+2500点、失血量1211ml
鷲巣…−75500点、所持血液1990ml
鈴木…+10500点、所持血液171ml


142 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:02:12.45 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 東四局 親:鈴木〜

鷲巣「きぃぃぃ…くううう!」

光彦「ククク…どうした爺さん」

鷲巣「許さん…ここでお前を殺すっ…!」

鈴木「(ここは和了らせて調子を戻させた方がいいか…?)」

143 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:05:50.19 ID:oPx6MR9i0

〜六巡後〜

鷲巣「リーチ!」四筒

カイジ「…」北

光彦「…」南

鈴木「…(鷲巣様の当たり牌…切るか)」六索

鷲巣「…」

鈴木「(ロンしない…?)」

鷲巣「一発!跳満、6000,3000…!」

鈴木「(流石鷲巣様…)」


光彦…+59500点、失血量950ml
カイジ…−500点、失血量1211ml
鷲巣…−63500点、所持血液1990ml
鈴木…+4500点、所持血液171ml

144 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:07:24.96 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 南一局 親:鷲巣〜

鷲巣「口だけではない男だ…だからこそわしは勝つっ…!」

光彦「そうだ…それでいい…」

カイジ「(今の所はいいが…この調子を保たなきゃ)」

145 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:16:21.42 ID:oPx6MR9i0

〜四巡後〜

ここで鷲巣…大三元を聴牌っ…

鷲巣「ククク…これでお前を殺すっ…!」八筒

カイジ「(いい予感がしねえ…ここはおりよう)」北

光彦「…」

光彦、鷲巣の当たり牌をツモっ…」

鷲巣「ククク…どうした?早く切れ」

光彦「…これだな」北

鷲巣「…」

光彦がツモった西…タンピン三色を聴牌している光彦ならここで西を切るはずだった。

しかも西は一枚光彦の河に…それに加え、鷲巣の手牌にある西は見えない牌だった。鷲巣は西を切るはずだと思った。

しかし光彦は西を切らなかった…。

146 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:23:59.94 ID:oPx6MR9i0

しかし安牌の北を切った光彦。鷲巣は次で切るだろうと踏んだ。

〜次巡〜

カイジ「…」三索

光彦「…」

ここで聴牌形が完成っ…西を切れば聴牌っ…

鷲巣「ククク…」

光彦「…鷲巣」

鷲巣「?」

光彦「麻雀はポーカーフェイスが鉄則。気合いとか、表情に出してたら…手牌が透けて見えるぜ…!」七萬

鷲巣「ぐ…!」

鈴木「…」西

147 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:29:10.93 ID:oPx6MR9i0

鷲巣「ここでツモればいい…なれば、お前の負けっ…!」

カイジ「(北さん…逃げてくれっ…!)」

鷲巣「…ぐ」四萬

カイジ「ふう…」五萬

光彦「…」

鷲巣「次でツモ…それでいいっ…!」

光彦「ツモ」

鷲巣「!」

光彦「2000,1000…」


光彦…+63500点、失血量950ml
カイジ…−1500点、失血量1211ml
鷲巣…−65500点、所持血液1990ml
鈴木…+3500点、所持血液171ml


148 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:30:24.96 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 南二局 親:カイジ〜

鈴木「(流れが完全に向こう…速攻でいくしかない)」

光彦「…」

149 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:33:18.23 ID:oPx6MR9i0

鈴木「ポン」西

鈴木「チー」二筒

鈴木「カン」

鈴木「ツモ。4000,2000」

カイジ「チッ…」

光彦「ククク…」


光彦…+61500点、失血量950ml
カイジ…−5500点、失血量1211ml
鷲巣…−67500点、所持血液1990ml
鈴木…+11500点、所持血液171ml

150 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:35:54.46 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 南三局 親:光彦〜

鷲巣「ぐうう…くうううう…!!!」

光彦「どうした?まるでお前に敗れた若者みてえじゃねえか…」

鷲巣「……!!君らとは違うんです!」

光彦「ククク…」

鷲巣「見ておれ…ここで和了ってやろうじゃないか…!」

151 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:38:45.33 ID:oPx6MR9i0

その鷲巣の願いがかなったのか…それは配牌時だった…

鷲巣「…!」

なんと、四暗刻単騎、大四喜のイーシャンテンっ…!

鷲巣「ククク…ククククク…!!」

待ちは中単騎…早い内に出るのは見えていた…

152 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:41:40.31 ID:oPx6MR9i0

〜二巡後〜

鷲巣「!ククク…!!キキキキ…!!リーチっ…!!!」八萬

カイジ「!」

鷲巣「これで殺す…光彦っ…!」

カイジ「(…!これは…!)」西

光彦「…」

ここで光彦、中をツモっ…!絶体絶命っ…!

光彦「…」中

鷲巣「!!!」

中っ…!

鷲巣「ククク…ロ」カイジ「ロン!」

153 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:54:40.34 ID:oPx6MR9i0

鷲巣「な…なにぃっ……!?」

カイジ「役牌、ドラ3…頭ハネだっ…!」

鷲巣「ぐっ…ぐおおおおお…!」バァッ!

カイジ「うわっ…!」

「鷲巣様っ…!」

鷲巣「貴様ぁっ…!たかが満貫ごときでっ…!ぐおおおおおおっ…!」

光彦「ククク…」


光彦…+53500点、失血量950ml
カイジ…+3500点、失血量1211ml
鷲巣…−68500点、所持血液1990ml
鈴木…+11500点、所持血液171ml


154 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:57:31.50 ID:oPx6MR9i0

〜半荘三回目 南四局 親:鈴木〜

鈴木「(鷲巣様のこれ以上の負けはまずい…今度こそ和了ってもらわないと)」

鷲巣「…」

155 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 22:59:59.39 ID:oPx6MR9i0

〜五巡後〜

鷲巣「…リーチっ」北

カイジ「…」西

光彦「…」北

鈴木「…」六索

鷲巣「!」

鈴木「(和了ってください)」

鷲巣「…ロン…8000」


光彦…+53500点、失血量950ml
カイジ…+3500点、失血量1211ml
鷲巣…−60500点、所持血液1990ml
鈴木…+3500点、所持血液171ml

156 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 23:04:40.64 ID:oPx6MR9i0

鷲巣「くううう…ぐっ…!」

光彦「ククク…」

鷲巣「血液か…?」

カイジ「(これで一発で死ぬような心配はねえ…当然交換だ)」

光彦「いや、全て金だ」

カイジ「!?」

鷲巣「…な、なに…!?」

鈴木「…!」

光彦「レートが10倍、俺たちの得た点数は57000点…5700万だ…」

157 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/06(金) 23:06:57.92 ID:oPx6MR9i0

カイジ「ま、待て!ここは血液の方が…!」

光彦「これは死ぬ博打…そんな甘っちょろい考えじゃ勝てねえ…」

光彦「すべて金…!交換っ…!」

鷲巣「くっ…!」

鈴木「(なんて奴だ…この勝負をそんな考えで…!)」

光彦「ククク…」


〜半荘三回目 了〜

165 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 21:43:22.26 ID:3f27SlJX0

カイジ「いいのか…そんなに血を減らしてっ…!」

光彦「ククク…その恐れが駄目…お前の勝機を殺す…」

カイジ「え?」

光彦「俺がお前を選んだ理由、それは簡単…お前がこの勝負に勝てるカギだからだっ…!」

カイジ「!」

光彦「大船に乗ったつもりとは言わねえ…これは泥船…いつ沈むかもわからない船っ…」

光彦「博打は理不尽。その理不尽の前にひるむだけならダメ…!」

光彦「だからこそ思え…!この理不尽を殺す考えっ…!」

カイジ「考え…?」

光彦「狂気の沙汰ほどおもしろい!」

カイジ「…きょ、狂気の沙汰ほど…?」

光彦「…そう…それこそが真理…最低最悪の考え…だがっ…!同時にそれは生き方っ…!」

166 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:04:45.60 ID:3f27SlJX0

光彦「殺せ…恐れるだけの者は溺れるのみっ…!」

カイジ「…」

カイジ「…わかった。お前を信じる…!」

光彦「ククク…それでいいっ…!」



167 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:11:47.73 ID:3f27SlJX0

〜半荘四回目 東一局 親:鷲巣〜

鷲巣「…わしは王…負けることなどない…」

カイジ「(そうだ…恐れてばかりじゃ駄目っ…!勝つんだ!)」

光彦「…」

鈴木「…」

168 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:22:25.62 ID:3f27SlJX0

十二巡後…

カイジ「…(聴牌…牌からしてあいつらはノーテンだ。それにこれを和了れば勝負が変わる…)」チラ

光彦「…ひるむか?」

カイジ「!いや!リーチ!」八索

鷲巣「ぐっ!?」

鈴木「…」

光彦「ククク…そうだっ…それでいいっ…!」北

鈴木「(速攻だ…!)ポン!」

鈴木「(くそ…鳴いたものの安牌がわからない…速攻を目指すしかないのか…)」一萬

カイジ「ロンだ!!」

鈴木「うっ…!」

169 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:25:04.63 ID:3f27SlJX0

カイジ「リーチ、平和、一気通貫、ドラ2…跳満、12000!」

鈴木「(しまった…!)」

光彦…±0点、失血量950ml
カイジ…+12000点、失血量1211ml
鷲巣…±0点、所持血液1990ml
鈴木…±0点、所持血液171ml

170 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:26:47.80 ID:3f27SlJX0

カイジ「やった…!勝った…!」

鷲巣「な…何を振りこんでいる!!」

鈴木「申し訳ございません!」

光彦「ククク…興奮すると体に悪いぜ、爺さん…」

鷲巣「ぐううう…!!ぐぬうううう…!!」



171 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:31:12.89 ID:3f27SlJX0

〜半荘四回目 東二局 親:カイジ〜

鷲巣「この無能…!役立たずっ…!」

鈴木「…(くそ…)」

カイジ「ここが勝負どころ…」

172 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:36:39.51 ID:3f27SlJX0

七巡目…

光彦「…」

カイジ「!リーチ!」三萬

鈴木「!(これ以上の失点はまずい…)」一索

鷲巣「くっ…!」北

光彦「…」西

カイジ「…」五萬

鈴木「(安牌…)」三萬

光彦「ロン!」

鈴木「なっ…!?」

173 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:39:18.93 ID:3f27SlJX0

光彦「三色同刻、ドラ3。満貫、8000っ…」

鷲巣「ま…またしてもこの馬鹿者…!」

鈴木「く、ぐ…!」

光彦…+9000点、失血量950ml
カイジ…+11000点、失血量1211ml
鷲巣…±0点、所持血液1990ml
鈴木…−20000点、所持血液171ml

※鈴木の点数忘れてたので訂正

174 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:48:15.69 ID:3f27SlJX0

〜半荘四回目 東三局 親:光彦〜

光彦「ククク…憐れだな…」

鈴木「ぐ…」

鷲巣「…」ワナワナ

カイジ「(この調子だ…!)」

175 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 22:58:29.75 ID:3f27SlJX0

十五巡後…

鈴木「リーチ!」中

鷲巣「…」一筒

カイジ「(おりるか)」中

光彦「…」北

鈴木「(一発!これで信用を取り戻す…!)…」

鈴木「…(くっ…!)」北

鷲巣「…」

176 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:01:10.01 ID:3f27SlJX0



カイジ「(光彦でハイテイ…)」北

光彦「…」

ここで光彦、三索…鈴木のあたり牌っ…!

鈴木「(振りこめ…)」

ツモ切りしなければノーテン、ツモ切りなら聴牌…!

どうする光彦っ…!

光彦「…くだらねえ」一萬

鈴木「…」

177 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:07:10.95 ID:3f27SlJX0

鷲巣「聴牌」

カイジ「ノーテン」

光彦「ノーテン」

鈴木「聴牌」

光彦…+9000点、失血量1050ml
カイジ…+11000点、失血量1311ml
鷲巣…±0点、所持血液1990ml
鈴木…−20000点、所持血液171ml

※前回、光彦側のレート計算(レート10倍)を忘れてたので今回からは適用(つまり1000点ごとに100ml)

178 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:08:47.85 ID:3f27SlJX0

〜半荘四回目 東四局 親:鈴木〜

鈴木「(鷲巣様…)」

鷲巣「…」

鈴木「(取りつく島もない…か)」

179 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:12:27.12 ID:3f27SlJX0

七巡後…

鷲巣「リーチ!」西

カイジ「チッ…」七索

光彦「…」西

鈴木「(鷲巣様…)」北

鷲巣「…!一発ツモ!」

カイジ「う…!」

鈴木「鷲巣様…!」

180 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:15:00.67 ID:3f27SlJX0

鷲巣「リーチ、一発、ツモ、ドラ3…跳満、6000,3000!」

光彦「…」

光彦…+9000点、失血量1350ml
カイジ…+11000点、失血量1611ml
鷲巣…+6000点、所持血液2590ml
鈴木…−26000点、所持血液171ml


181 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:16:08.59 ID:3f27SlJX0

カイジ「(やべえ…光彦がやばい!)」

光彦「…」

ここでカイジ…得意の速攻を使うっ…

182 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:19:19.92 ID:3f27SlJX0

カイジ「ツモ!2000,1000!」


カイジ「ロン!3900!」


鈴木「ロン。2000」


カイジ「…(ここは差し込み!)」一萬

光彦「…ロン。39、00…」グラ


鷲巣「ロン。3900!」


カイジ「ツモ!500,300!」


カイジの速攻でこの半荘は終わった…

183 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:33:41.54 ID:3f27SlJX0

光彦「…」グラ…グラ…

光彦…+11600点、失血量1350ml
カイジ…+16100点、失血量1611ml
鷲巣…+1700点、所持血液2590ml
鈴木…−29400点、所持血液171ml






184 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:36:08.44 ID:3f27SlJX0

光彦「金、だ…」

カイジ「待て!血液だ!」

光彦「お、い…何を言ってる、んだ…」

カイジ「馬鹿野郎!お前もうふらふらじゃねえか!死んだら意味もねえだろうが!」

光彦「…」

カイジ「…いいな?」

光彦「…わかった」

カイジ「全部血液だ。いいな?」

鷲巣「…」

鈴木「(最悪だ…くそ…)」

185 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/13(金) 23:42:15.77 ID:3f27SlJX0

光彦「わかった…だ、が…俺の血液が500mlになるようにもらおうか…」

カイジ「…わかった。俺は1000mlでいい。あとは金だ」


光彦…失血量500ml
カイジ…失血量1000ml


〜半荘四回目 了〜

191 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:04:55.61 ID:EZiEgz540

カイジ「とりあえず今は順調…なのか?」

光彦「…」

カイジ「…?」

光彦「…カイジ」

カイジ「どうした?何か相談か?」

光彦「…」

カイジ「?お、おい…光彦?」

光彦「俺は…」

光彦「俺は昔から生きてる実感が…昔から薄かった…!」

カイジ「え?」

192 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:11:15.24 ID:EZiEgz540

光彦「冴えない見た目、中途半端な知能…どれも地味だった…!」

光彦「そう、俺には輝くものがなかったんだっ…!」

カイジ「…」

光彦「大人はただ俺に英才教育を叩き込むのみ…国語、算数、理科、社会…どれも下らねえ」

光彦「どれも下らねえ…そんなものを知って何になるっ…」

光彦「最低限の話法…数字の計算…そんだけありゃあ充分っ…!」

光彦「煩わしいだけだった…小学生の日々はっ…!」

カイジ「…」

193 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:17:25.91 ID:EZiEgz540

光彦「そしてほかの奴らとつるむようになり…あの探偵団に入った」

カイジ「少年探偵団か?」

光彦「ああ…そこでの毎日はクライシス…刺激があった…」

光彦「だが、俺は事件そのものに興味はなかった…出来事そのものにはな…」

光彦「…人間性だ」

光彦「犯人の裏に潜む悪意…策略…そして狼狽…それが俺の何かを満たしていた…」

光彦「…だけど、いつしかそれすらも物足りなくなっていた。俺はまた、鬱蒼とした森の中をうろつき始めた」

光彦「…そして、俺は出会った。この渇望を満たすものに…」

カイジ「それ、は…」

光彦「"博打"っ…!」

194 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:24:30.06 ID:EZiEgz540

光彦「溢れ出す人間性…俺は歩美との戦いで目覚めた…この力っ…!」

光彦「俺は見つけた…生きてる実感をっ…!」

光彦「…今俺は生きてるって実感が恐ろしく湧いている」

光彦「鷲巣巌…あいつの出す人間性…それはあまりにも純粋っ…だからこそ感じる…」

光彦「俺は生きてるとっ…!」

カイジ「光彦…」

光彦「危うく、今死ぬところだったが…それでも俺は感じてたんだ。いや、死ぬところだったからこそ」

光彦「この勝負で、俺は生きてる」

カイジ「…」

光彦「だから、お前には言っておきたい」

カイジ「何だ?」

光彦「あの魔王を殺すための理由…それは当然コナン達のためでもある。だけどそれだけじゃない」

光彦「俺の為…生きるためだっ…!」

195 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:30:08.79 ID:EZiEgz540

光彦「俺はこの勝負の為なら、死すらも覚悟している…!だからカイジ…!」

光彦「俺と一緒に死んでくれっ…!」

カイジ「…」

カイジ「…へっ。馬鹿言うんじゃねえよ」

光彦「…」

カイジ「お前にわざわざ頼まれなくてもわかってる…!」

光彦「…!」

カイジ「俺はもうお前に乗っている…いつ沈むかもわからない泥船にっ…!」

カイジ「だからお前は安心して漕げっ…俺の死なんてどうでもいいっ…!」

カイジ「魔王を殺せ!光彦っ…!」

光彦「…」

196 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:31:37.86 ID:EZiEgz540

光彦「ククク…カイジ」

カイジ「ん?」

光彦「お前と組んでよかった…そう思った…!」

カイジ「…へっ。当たり前だろ」

光彦「行こう…魔王を殺しにっ…!」

カイジ「ああ!」



197 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:35:57.41 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 東一局 親:鷲巣〜

光彦「ククク…」

鷲巣「小癪な小童どもめ…!このわしが地に堕としてくれるわっ…!」

光彦「そうだ…その心…!それが俺の生きてる実感…!」

鈴木「…」

198 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:44:50.67 ID:EZiEgz540

七巡後…

鈴木「…(倍満聴牌…これを和了れば大きい)リーチ」北

鷲巣「…」七索

カイジ「(…)…」西

光彦「ポン…」七索

鈴木「(役牌…聴牌か?…ツモ牌は安牌だが…)」西

鷲巣「…」北

カイジ「…」チラ

光彦「…」

カイジ「…」三索

光彦「ロン」

鈴木「!」

199 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 21:52:34.33 ID:EZiEgz540

光彦「役牌。1000…」

鈴木「(サインもなく…当たり牌を…!)」


光彦…+1000点、失血量500ml
カイジ…−1000点、失血量1000ml
鷲巣…±0点、所持血液1229ml
鈴木…±0点、所持血液271ml

>>177でリーチ棒分の点数の計算を忘れてたので血液量訂正

200 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:01:50.59 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 東二局 親:カイジ〜

十五巡後…

鷲巣「…!」

鷲巣、倍満以上確定の手をイーシャンテン…

鷲巣「(殺す…この男っ…!)」西

ダマテン…これが直撃すれば光彦たちに大打撃となるのは見えていた…。

カイジ「…」東

鷲巣「ポン!」二筒

今の鳴きで役牌、ドラ3が追加…三倍満。これでツモだろうと大打撃っ…!

しかもこの鳴きはただ、手を高めるためだけのものではなかった…。

鷲巣「来い…来いっ…東…!」

そう、鷲巣の当たり牌である五萬…残り一枚なのだが、それはリンシャン牌の中にあった…。



201 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:06:41.35 ID:EZiEgz540

しかし…

カイジ「…」北

光彦「ククク…」七萬

鈴木「?(何故笑っている…あの手からして鷲巣様の聴牌は明らかなのに…)」

鈴木「(しかも待ちの五萬はリンシャン牌の中だぞ…)西

あのカイジの東切りからの…。

鷲巣「!ククク…クカカカ…!カン!」

この鷲巣のカンは…。

光彦「ロン」

光彦の計画通りだったのだ…。

202 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:12:36.31 ID:EZiEgz540

鷲巣「…え?」

光彦「チャンカン…ククク、違うな。それは手段だ…」

光彦「国士無双っ…役満だっ…!」

鷲巣「…な…な…何だとおおおっ…!!?」

光彦「ククク…」

カイジ「よっしゃあ!やったぞ!」

鈴木「(ま、まさか…ここまで見通してっ…!?)」

鷲巣「ぐ、ぐううう…ぐおおおおっ…!!ぐおおおおおおおっ…!!」

カイジ「見えてるぜ…アンタの心っ…!魔王の陰に潜む餓鬼っ…!」


光彦…+33000点、失血量500ml
カイジ…−1000点、失血量1000ml
鷲巣…−32000点、所持血液1229ml
鈴木…−1000点、所持血液271ml

※さっきの鈴木のリーチ分訂正

203 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:18:25.20 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 東三局 親:光彦〜

鷲巣「ぐ、ううう…おおおお…!」

鈴木「鷲巣様…」

光彦「ククク…まるで白痴だな…鷲巣巌っ…!」

鷲巣「こ、この小童如きがぁっ…!」

204 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:29:00.45 ID:EZiEgz540

…しかし、鷲巣に以外にもそのチャンスが回ってくる。

鷲巣「…!」

なんと、配牌で七対子聴牌っ…!

鷲巣「ククク…クカカカカ…!!」

鷲巣がもし初っ端からツモれば…。

地和っ!役満だ……!親の光彦は16000払い!決する……!

光彦「…」西

鈴木「…」四筒

鷲巣「ツモる…!」

鷲巣、ここは気合を込める…!勝負を決する手っ…!

205 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:32:48.91 ID:EZiEgz540

…しかし。

鷲巣「…!ぐ、ぐううう…!!」

ツモったのは、西…。

鷲巣「ぐ、ぐううう…リーチ!」西

カイジ「…」一萬

光彦「…」

ここで光彦、北をツモ…!

鷲巣「(切れ…切れっ…!)」

光彦「…ククク」

鷲巣「!」

光彦「ツモだ」

鷲巣「…な、何っ…何だとぉ…!?」

206 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:38:32.52 ID:EZiEgz540

光彦「ツモ。700オール」

そう、鷲巣のツモ以前の時点で光彦の手には…北が対子…

鷲巣の和了りの可能性は潰されかかっていた…光彦によって…!

まるで…ブラックホール。

光彦ブラックホール…っ!


光彦…+37100点、失血量500ml
カイジ…−1700点、失血量1000ml
鷲巣…−33700点、所持血液1229ml
鈴木…−1700点、所持血液271ml

※訂正

207 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:42:50.62 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 東三局 親:光彦〜

八巡後…

鈴木「(ここは流れを変えなければ…!)」

鈴木、ダマテンを決行…。

鷲巣「ぐ、う…」北

カイジ「…」八索

光彦「…」九筒

鈴木「…!ツモ」

鈴木「ツモ、ドラ…1000,500」


光彦…+37100点、失血量600ml
カイジ…−1700点、失血量1050ml
鷲巣…−34200点、所持血液1229ml
鈴木…−1200点、所持血液421ml


208 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:47:56.91 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 東四局 親:鈴木〜

鈴木「(連荘でもいい…小さい打撃でもいいから和了る…!)」

カイジ「(この状況だから連荘してくるはず…ここで俺も頑張らなきゃな…)」

鷲巣「…」

209 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 22:55:13.72 ID:EZiEgz540

五巡後…

鷲巣「…」東

鈴木「ポン!」西

カイジ「ポン!」三索

この鳴きで鈴木、カイジ両者聴牌…しかも、待ちが重なっていた…!

もし鷲巣が振りこめば鈴木の和了り…光彦が振りこめばカイジの和了り…無論、ツモれば和了りだが…。

210 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:02:08.40 ID:EZiEgz540

数巡後…

鷲巣「…」

ここで鷲巣、当たり牌をツモ…!

鈴木「(鷲巣様からの振込になるが…和了らなければ!)」

鷲巣「…」北

切ったのは当たり牌ではなかった…。

カイジ「チッ…」北

光彦「…」西

鈴木「(…狙っていた牌だったのか?)」三萬

鷲巣「ロン」

鈴木「!」

211 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:04:21.83 ID:EZiEgz540

鷲巣「タンヤオ、平和、三色同順、ドラ…満貫、8000」

鈴木「(鷲巣、様…)」

カイジ「!(全く警戒してなかった…)」

光彦「…」


光彦…+37100点、失血量600ml
カイジ…−1700点、失血量1050ml
鷲巣…−26200点、所持血液1229ml
鈴木…−9200点、所持血液421ml

212 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:07:47.28 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 南一局 親:鷲巣〜

鷲巣「…」

カイジ「(何だ…雰囲気が変わった…?)」

鈴木「鷲巣様…」

光彦「…」

213 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:15:29.29 ID:EZiEgz540

三巡後…

カイジ「…」七筒

光彦「ポン」北

鈴木「…」八萬

光彦「ポン」一萬

カイジ「(何だ光彦…速攻に移った?)」

鈴木「…」三筒

鷲巣「…」一萬

カイジ「(振りこんでもいいが…)」北

光彦「…ツモ。タンヤオ、ドラ。1000,500」

鷲巣「…」

鷲巣、大三元聴牌…和了れず。


光彦…+39100点、失血量600ml
カイジ…−2200点、失血量1050ml
鷲巣…−27200点、所持血液1229ml
鈴木…−9700点、所持血液421ml

214 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:24:20.02 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 南一局 親:カイジ〜

五巡後…

鷲巣「…」北

カイジ「(聴牌…裏ドラもあるから跳満にはなる)リーチ!」二萬

光彦「(…)…ポン」二筒

鈴木「(この男…鳴きが目立つ…)」北

鷲巣「…リーチ」三索

カイジ「(聴牌か…でも、ここで和了ることができればデカいっ…!)」一萬

光彦「ロン」

カイジ「え…!?」

光彦「対々和…2000だ」

216 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:29:08.95 ID:EZiEgz540

カイジ「な、なんでだ光彦!流れをここで切るなんて…!」

光彦「…」

鷲巣「…クックック」

鷲巣、字一色聴牌。


光彦…+43100点、失血量600ml
カイジ…−5200点、失血量1050ml
鷲巣…−28200点、所持血液1229ml
鈴木…−9700点、所持血液421ml

217 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:32:25.35 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 南三局 親:光彦〜

カイジ「(おかしい…何で光彦あんなに速攻を…)」

鈴木「(一体何が…)」

鷲巣「…」

光彦「…」

218 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:37:53.32 ID:EZiEgz540

二巡後…

鷲巣「リーチ」八筒

カイジ「!(くそ…せっかく裏ドラが乗れば満貫の聴牌だったのに…当たり牌は光彦の中だけだ…)」二索

光彦「(…)…」五萬

カイジ「…!」

光彦「…」

カイジ「ろ、ロン!」

カイジ「タンヤオ、平和、ドラ…3900」

219 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:41:19.92 ID:EZiEgz540

カイジ「み、光彦…」

光彦「…どうやら、目覚めたみたいだな」

カイジ「…え?」

鷲巣「…くっ」

カイジ「!」

鈴木「!」

…四暗刻聴牌。

光彦…+39200点、失血量600ml
カイジ…−300点、失血量1050ml
鷲巣…−29200点、所持血液1229ml
鈴木…−9700点、所持血液421ml



220 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:43:36.26 ID:EZiEgz540

〜半荘五回目 南四局 親:鈴木〜

鷲巣「…クックック」

鈴木「…!(この、笑い方はっ…!)」

光彦「…」ゴク

カイジ「(あの光彦が…圧倒されてる…!)」

221 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:48:19.01 ID:EZiEgz540

一巡目…

鈴木「…」北

誰も予測し得なかった…

鷲巣「…魔王は」

光彦「…!」

まさかこの巡目で…

鷲巣「負けぬ」

この半荘が終わるとはっ…!!

鷲巣「ツモ!」

222 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:52:01.93 ID:EZiEgz540

カイジ「!!」

光彦「!」

鈴木「!!」

鷲巣「地和…役満。16000,8000」

カイジ「な…何だとっ…!?」

光彦「…こ、れが…魔王っ…!」

鈴木「(こ、この威圧…この表情…間違いない…この方は…!)」

鈴木「わ、鷲巣様!!」

鷲巣「…隼」

鈴木「!!(その名前で呼ばれるのは…何年振りだろうかっ…!)」

鷲巣「何をくすぶっておる、戯け」

鈴木「す、すいません!」

223 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:55:42.00 ID:EZiEgz540

光彦「…」ゴク

鷲巣「来い…」

カイジ「!」

鷲巣「このわしが…直々に潰してくれよう…」

光彦「これは…この感情は…恐怖っ…!」

光彦「これは恐怖だっ…!」


光彦…+39200点、失血量1400ml
カイジ…−300点、失血量1850ml
鷲巣…−13200点、所持血液2829ml
鈴木…−25700点、所持血液421ml

224 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/16(月) 23:58:51.65 ID:EZiEgz540

鷲巣「さて…どうする?」

光彦「…」

光彦「…すべて、金だ」

カイジ「!」

光彦「そして…一つ提案がある…!」

鷲巣「クックック…言ってみろ」

光彦「これからの勝負…鷲巣、アンタが賭けるのは金じゃない、そう…」

光彦「血…アンタにも血を賭けてもらうっ…!」

鈴木「!」

鷲巣「…クックック」

鷲巣「クーカッカッカッカッカ!!」

光彦「…」

225 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/17(火) 00:02:49.83 ID:2PF2rdek0

鷲巣「そうだ…お前のような若者を欲していた…わしを殺す若者を…!」

鷲巣「いいだろう!この先、わしは同じく血を賭ける!」

鷲巣「わしを殺してみせよ!円谷!」

光彦「…ああっ…いいだろうっ…!!」

カイジ「…光彦。ついに次で最後だ」

カイジ「次の半荘で…すべてが決まるっ…!」

光彦「…カイジ」

光彦「一緒に死んでくれっ…!!」

カイジ「任せろ!」


〜半荘五回目 了〜

233 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:01:05.17 ID:70WD04FC0

光彦「…」

カイジ「光彦…」

光彦「…ククク」

カイジ「?」

光彦「怖い…初めてだ…これほどの恐怖…」

光彦「怖いんだ…この勝負に負けることだけじゃなく、死ぬことが…!」

カイジ「!」

光彦「…だからこそ感じる…生きてる実感っ…!」

光彦「だから、俺はここで勝負をするっ…この人生で最後かもしれない勝負っ…!」

光彦「これが…最後の博打だっ!」

カイジ「…光彦」

光彦「カイジ…この俺の最後の勝負…見届けてくれっ…!」

カイジ「へっ、相変わらず無茶なやつだな…!」

カイジ「いいさっ…見届けてやるっ…お前の最後の勝負をな…!」

234 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:03:58.86 ID:70WD04FC0

カイジ「一緒に死のうとしよう…!光彦っ…!」

光彦「…カイジ」

光彦「わかった…一緒に死のう…!この勝負で死ねるのなら本望っ…!」

カイジ「これが本当の最後だっ…!派手にやるぜ!」

光彦「死ぬかもしれない…だからこそっ…!」

光彦・カイジ「狂気の沙汰ほど面白い…!」

235 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:08:49.95 ID:70WD04FC0

光彦「…」

鷲巣「円谷…来るがいい…!」

光彦「楽しもうぜ鷲巣巌っ…!これが俺の最後の博打だっ…!」

鷲巣「楽しもうではないか円谷っ…!これがわしの最後の博打っ…!」

カイジ「俺たちは…やってやるっ…!」

鈴木「(ここにおられるのは鷲巣巌…正真正銘"昭和の怪物"…俺を超えた男っ…!俺はこのお方を支えるのみっ…!)」


決す…二人の男の決着がっ…!

236 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:11:24.24 ID:70WD04FC0

〜半荘六回目 東一局 親:鷲巣〜

鷲巣「互いの血を啜りあう…魔王の最後にふさわしい博打よ…」

光彦「そう、これほど面白い博打はない…」

カイジ「(これはこの二人の勝負…俺は見届けよう…!)」

鈴木「(昔のように…やってやりましょう、鷲巣様っ…!)」

237 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:19:57.57 ID:70WD04FC0

四巡後…

鷲巣「…」

鷲巣、ツモり四暗刻聴牌っ…!それも、すべての牌が見える手牌で…。

カイジ「(わ、わずか四巡で役満聴牌っ…!これが鷲巣の本当の力かっ…!)」北

光彦「ククク…だからこそ、お前は魔王なんだ…!」八索

鈴木「(やっぱりこの豪運…鷲巣様だっ…!)」西

鷲巣「…くっ」西

カイジ「(一回のツモだけでこの不安…俺でもわかるっ…こいつの力がっ…!)」一筒

光彦のツモ…。

光彦「…」

鷲巣の当たり牌ツモっ…!しかもこれで光彦も聴牌っ…!

光彦「ククク…しびれるっ…この興奮っ…!」四索

238 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:25:06.46 ID:70WD04FC0

鷲巣同様、光彦の牌もすべて晒されている…二人の聴牌は全員察知っ…!

鈴木「(しかも、二人とも同じ待ち…ツモり勝負だ…!)」一萬

鷲巣「クックック…このわしが恐れておる…だから確信できないっ…わしの和了りがっ…!」

鷲巣のツモっ…!

光彦「…」

鷲巣「…チッ」北

カイジ「(読めねえ…この二人の勝負っ…!)」九萬

そして…光彦のツモ…。

光彦「…」

光彦「ククク…和了れない、か…」五萬

鈴木「…」二萬



239 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:33:57.45 ID:70WD04FC0

ハイテイ…

鈴木「(ハイテイ…ツモは円谷だが…)」

光彦「…」

鷲巣「…」

カイジ「(頼むっ…来いっ…!)」

ツモ…!

光彦「…これが、始まり…ツモだっ…!」

鷲巣「!」

カイジ「!」

光彦「!」

240 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:38:41.93 ID:70WD04FC0

光彦「ク、クク…お前のビビり顔が拝めるとは…こっちが驚いちまったよ…」

鷲巣「クックック…」

光彦「ツモ、ハイテイツモ、ドラ2…満貫、4000,2000っ…!」

カイジ「やったっ…!」

鈴木「鷲巣様…」


光彦…+8000点、失血量1400ml
カイジ…−2000点、失血量1850ml
鷲巣…−4000点、失血量400ml 所持血液2829ml
鈴木…−2000点、所持血液421ml

241 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:42:02.02 ID:70WD04FC0

〜半荘六回目 東二局 親:カイジ〜

カイジ「(光彦の和了りなのに…この恐怖、まだ変わらねえっ…!)」

鷲巣「このわしから血を抜くとは…おもしろいっ…!」

光彦「ククク…おもしろいのはこっちもさっ…!」

鈴木「(このガキは…魔王を殺すとでも言うのかっ…!)」

242 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:52:18.09 ID:70WD04FC0

八巡後…

カイジ「…」五萬

カイジ、跳満聴牌。だが…オリ。

カイジ「(あの手に西は振れねえっ…!)」

鷲巣の河…それは明らかに染手を示していた…。それも、鷲巣だ。

光彦「…」北

光彦、ここで聴牌…。

鈴木「…(ここは…これだ!)」一筒

鷲巣「カンっ!」

カイジ「カン!?」

光彦「!」

鷲巣「…ツモ」

カイジ「!」

243 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:56:09.32 ID:70WD04FC0

鷲巣「嶺上開花、ツモ、清一色、ドラ…倍満、16000」

カイジ「嶺上開花かよっ…!」

光彦「(これが…魔王の風格っ…!)」

鈴木「(俺の責任払い…それで済むなら…)」


光彦…+8000点、失血量1400ml
カイジ…−2000点、失血量1850ml
鷲巣…+12000点、失血量400ml 所持血液2829ml
鈴木…−18000点、所持血液421ml

244 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 22:58:53.35 ID:70WD04FC0

〜半荘六回目 東三局 親:光彦〜

光彦「…」

カイジ「(くそ…頭がくらくらしやがるっ…!この失血量はまずいか…)」

カイジ「(こんな俺よりもヤバい光彦があの様子…その理由は一つだろうな…)」

鷲巣「…」

カイジ「(楽しいんだ…きっと…)」

245 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:08:17.78 ID:70WD04FC0

九巡後…

鈴木「…」六索

鈴木、満貫確定聴牌。

鷲巣「…」七萬

カイジ「!」

九巡…ここで鷲巣側両者聴牌っ…!

カイジ「く…くそ…!」八筒

光彦「…」八筒

だが光彦…負けじとここで聴牌…だが、残り一枚っ…!

鈴木「(鷲巣様なら…)」北

鷲巣「…」

光彦の当たり牌っ…!ツモられたっ…!

カイジ「あ、あぁ…!」

鷲巣「…」

246 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:11:47.31 ID:70WD04FC0

鷲巣「…ちょうどいい、な」

カイジ「…?」

鷲巣「ほれ」一索

…!

鈴木「な、な…!」

カイジ「え?」

光彦「…」

光彦「…ロン」

鷲巣「…」

光彦「混一色、一気通貫…満貫、12000」

鈴木「な、何故…!」

鷲巣「…つまらんだろう」

カイジ「…え?」

247 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:14:34.81 ID:70WD04FC0

鷲巣「わしが優位な状況の中の博打…つまらん」

鷲巣「そんなものに甘えるのは博徒の資格もない」

光彦「ククク…アンタ、予想以上の男だっ…!」

鷲巣「それがわしだ円谷っ…クックック…!」


光彦…+20000点、失血量1400ml
カイジ…−2000点、失血量1850ml
鷲巣…±0点、失血量1600ml 所持血液2829ml
鈴木…−18000点、所持血液421ml


248 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:16:43.33 ID:70WD04FC0

〜半荘六回目 東三局 親:光彦〜

鷲巣「…む…むぅうう…」

鈴木「鷲巣様…!」

鷲巣「これが…お前たちの状況、か…おもしろいっ…!」

光彦「…」

カイジ「(これが、鷲巣…魔王っ…!)」

249 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:22:37.69 ID:70WD04FC0

五巡後…

カイジ「…(ここは速攻だな)」北

光彦「…」五索

カイジ「ポン!」二索

鈴木「(!)ポン!」西

鷲巣「…」三萬

鈴木「ポン!」八萬

鷲巣「…」二萬

カイジ「チー!」西

この鳴きの嵐…互いが速攻であると見切った上での鳴きだった…。

二人聴牌…カイジの待ちは北、鈴木の待ちは南…役牌単騎っ…!

250 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:29:30.00 ID:70WD04FC0

ハイテイ…

一回もそれぞれの牌は見えず、ハイテイを迎えた…。

カイジ「(ハイテイは…鷲巣、か)」

この二人に負けじと、光彦と鷲巣も上手くまわし打ち…聴牌だった。

つまり、このハイテイがこの局の結末であった。

鷲巣「…」

カイジ「(来いっ…北っ…!)」

光彦「…」

鈴木「…」

鷲巣のツモ…。

鷲巣「…」

鷲巣「…和了れぬ牌など、いらぬ」北

カイジ「!ろ、ロン!」

鈴木「!」

251 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:31:52.61 ID:70WD04FC0

カイジ「ハイテイロン、役牌…2000…」

鷲巣「これで、貴様と近い立場…だな」

カイジ「…」

鈴木「…」


光彦…+20000点、失血量1400ml
カイジ…±0点、失血量1850ml
鷲巣…−2000点、失血量1800ml 所持血液2829ml
鈴木…−18000点、所持血液421ml



252 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:33:36.01 ID:70WD04FC0

〜半荘六回目 東四局 親:鈴木〜

鈴木「(俺は…勝たなければ…)」

鷲巣「クックック…これが、若者たちの味わった恐怖…か」

鷲巣「生ぬるいっ…この程度っ…!」

253 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:40:29.50 ID:70WD04FC0

十巡目…

鷲巣「リーチ!」白

カイジ「や、べえ…!」中

光彦「…」



カイジ「…光彦?」

光彦「…」

カイジ「…お、おい…?」

光彦「…」



254 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:43:42.54 ID:70WD04FC0

カイジ「ま、さか…嘘、だろ…!」

鷲巣「…」

鈴木「(…ここまで、か)」

カイジ「光彦ぉっ…!!」





255 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:47:02.57 ID:70WD04FC0



(…俺はここまで…なのか…)

(…だが、俺は生きてた…間違いないっ…それは事実…)

(もういい…俺はもう悔いなどないさ…そう、これは運命…俺はここで終わりだ)

(…)

(…悔いは、ない)

256 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:49:01.82 ID:70WD04FC0

(…)

(…あるじゃないですか、悔い)

(それは…何だ?)

(そんなの、一つですよぉ!)

(…)

(それは…)



257 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:51:06.19 ID:70WD04FC0

光彦「…」

カイジ「オイ!光彦ぉ!しっかりしろぉっ…!」

カイジ「勝つんじゃねえのかよっ!まだ終わってねえじゃねえかよっ!光彦っ…!」

鈴木「…今回も、終わりですね」

鷲巣「…いや、まだだ」

鈴木「え?」

鷲巣「まだ奴は死んでいない」

カイジ「おい!光彦…」

258 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:53:43.20 ID:70WD04FC0


 みつみつ…

    みつみつ…



259 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:56:15.82 ID:70WD04FC0

カイジ「…!?」

みつみつ…
  みつみつ…

光彦「…」

鈴木「!」

鷲巣「クックック…おもしろいっ…!」

カイジ「み、つひこ…?」

光彦「…」

光彦「来ましたよ、ぬるりと…!」

260 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/18(水) 23:59:57.28 ID:70WD04FC0

光彦「さあ、ここから逆転ですっ…!リーチ!」西

カイジ「光彦っ…!」

鈴木「く…!こいつ、まだ…!(だが、どうせ虫の息…焦らずに現物を)」五筒

鷲巣「…」西

カイジ「…」八筒

光彦「(…信じるのは仲間だけじゃない…時には、僕自身もっ…!)」

光彦「…!ツモ!」

鷲巣「!」

鈴木「う…!」

カイジ「!」

261 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/19(木) 00:02:47.28 ID:Aq/TvOg60

光彦「リーチ、一発、ツモ…2000,1000」

鷲巣「クックック…クーックックック…!」

鈴木「(ま、また様子が変わった…こいつは…?)」


光彦…+25000点、失血量1400ml
カイジ…−1000点、失血量1850ml
鷲巣…−4000点、失血量2000ml 所持血液2829ml
鈴木…−20000点、所持血液421ml


262 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/19(木) 00:09:45.32 ID:Aq/TvOg60

カイジ「光彦…!」

光彦「何とか…ですね」

鷲巣「クックックック…なるほど…」

鷲巣「博徒には数種類いるが…お前はその中で、異質っ…!」

鷲巣「さっきまでの性格がお前の本質…そうではなかった。あれはお前の博打に何かを求める心…」

鷲巣「お前の本質はそれ…!信じるという不確かなものを自分の柱とするその心こそ…お前の本質っ…!」

鷲巣「何かを求める心が終わりを迎えた今、残るのはそれのみっ…!だからこそ、それがお前の本質っ…!」

鷲巣「やっと本当のお前を殺せる!!」

光彦「…鷲巣さん」

263 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/19(木) 00:17:49.42 ID:Aq/TvOg60

光彦「死の恐怖を愉悦にする僕を代償に、信じることを柱とする僕を立ち上がらせました!」

光彦「もう死は恐れません!僕は仲間…そして、自分を信じる!」

光彦「さあ、真剣勝負です!鷲巣さん!」

鷲巣「来い!真正面から砕いてやるわ!」

光彦「カイジさん…最後まで、お願いします」

カイジ「光彦…俺はまだ死んでねえ」

カイジ「お前が死んだんだ!俺も死んでやるぜ!」

光彦「行きましょう!カイジさん!」

268 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 21:10:19.74 ID:kadG/pji0

〜半荘六回目 南一局 親:鷲巣〜

鷲巣「む…ぅ…」

鈴木「鷲巣様…!」

光彦「はぁ…はぁ…」

鷲巣「ククク…お互い、風前の灯というわけ、か…」

光彦「そうですね…もう、後がありません」

光彦「でも、僕は負けるわけにはいきません…みんなの為にも…!」

鷲巣「…これが最後の局…最後のわしの親だ…魔王の狂気の様、括目せよ…!」

光彦「来てください!」


269 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 21:20:16.36 ID:kadG/pji0

五巡後…

鷲巣「…」

鷲巣、タンピン三色ドラ2を聴牌っ…リーチ、一発がつけば倍満以上確定…!

だが…待ちの牌は光彦の手に暗刻、残りの二枚のうち、一枚は河…つまり、待ちは単騎。

鷲巣「ククク…魔王が恐れる必要はない…!魔王たるもの、この程度の竜門など砕いてくれようっ…!リーチ!」三筒

魔王鷲巣、狂気の破壊の手をリーチ…!これが、魔王っ…!

カイジ「(待ちは残り一枚…鷲巣がツモったら、俺らは死ぬ…鈴木だったら差し込み。ここは俺たちがツモらないと…!)
」北

光彦「…」

鈴木「(な、何だ…この感じは…!)」

鈴木の目には、何かが見えていた…それは、大きな渦…この勝負の行方を知る渦…。

そう、言うなれば二つの渦…!鷲巣のホワイトホールっ…そして、光彦のブラックホールっ…!この二つの渦の引き合いっ…!

鷲巣ホワイトホールと光彦ブラックホールの引力が、確かにあったっ…!

270 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 21:24:34.48 ID:kadG/pji0

鷲巣の唯一つの待ち…吸い寄せるのはどっちなのかっ…!不明っ…!

光彦「(信じるんだ…自分を。そして、僕の守るものをっ…!)」西

鈴木「(この渦っ…手など出せないっ…!この正反対の位置に在る渦っ…!手出しなど出来ないっ…!)」

鈴木「(一体、どうなるんだ…)」五索

鷲巣「ククク…!」





271 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 21:31:26.70 ID:kadG/pji0

鈴木「(これで最後の巡…鷲巣様が引く最後の牌っ…!)」北

これが最後のツモっ…!正念場っ…!

鷲巣「来い…」

カイジ「(来ないでくれっ…!頼むっ…!)」

光彦「…(信じろ…信じるんだ!)」

鷲巣「どれ…」

ツモっ…!

鷲巣「…」

カイジ「!」


…当たり牌、ツモれず。

鷲巣「ぬ…」八筒

272 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 21:39:40.05 ID:kadG/pji0

カイジ「(!やった…!この局は乗り切ったっ…!)」二萬

光彦「…来い」

鷲巣「…(この風格…)」

光彦、ツモ…。

光彦「…」

鈴木「…!」


ツモ、鷲巣の当たり牌っ…!

カイジ「!」

光彦「来た…カンです!」

鷲巣「…!」

273 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 21:47:01.19 ID:kadG/pji0

光彦、その暗き穴に手を伸ばす…!

光彦「(ここで…和了るんだ!)」

選択したっ…!

光彦「来い!!」

カイジ「頼むっ…!」

鈴木「(鷲巣様に…勝てるわけがないっ…!)」

鷲巣「…」

光彦「…」

…!

274 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 21:51:39.21 ID:kadG/pji0

光彦「ツモ!」

鈴木「!」

鷲巣「…」

カイジ「!」

光彦「ツモ、嶺上開花…1600,800!」

鈴木「そ、そんな…」

鷲巣「…」


光彦…+28200点、失血量1400ml
カイジ…−1800点、失血量1850ml
鷲巣…−5600点、失血量2160ml 所持血液2829ml
鈴木…−20800点、所持血液421ml

275 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 21:53:27.30 ID:kadG/pji0

〜半荘六回目 南二局 親:カイジ〜

カイジ「ここは保つ…やってやるんだっ…!」

鈴木「(まだ、まだだ…この方は、まだ死ぬような器じゃないっ…!)」

鷲巣「…」

光彦「…」

276 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:00:54.90 ID:kadG/pji0

三巡後…

鈴木「ポン!」北

鈴木「チー!」一索

鈴木の隼の如く、速攻の鳴きがこの卓上で哭いていた…!

鈴木「(あと円谷の二索を鳴けば聴牌っ…鷲巣様の手が悪い今、俺しかできないっ…!)」

鷲巣「…」一萬

鷲巣の手は勢いを失っていた…聴牌もできないほどに…

カイジ「…」北

光彦「…(…)」

カイジ「…?」

光彦「…」

カイジはこの時、光彦の何かを感じ取っていた…。

277 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:03:38.16 ID:kadG/pji0

カイジ「…(光彦…いいぜ!)」

光彦「…」二索

二索っ…!

鈴木「!(な、なぜだ…なぜこの手を見て二索を…!)チー!」

鈴木「(とにかく速攻に徹する!)」七萬

カイジ「(!そ、そうか!そういうことか光彦!)カン!」

鈴木「!な、何!?」

カイジ「…これだ!」八萬

光彦「チー!」七索

カイジ「ポン!」五萬

光彦「チー!」一萬

鈴木「(な、何だ…なんだこれっ…!?)」

鈴木の鳴きは消え、光彦とカイジの鳴きの声が飛び交うっ…!

カイジ「ポン!」六筒

278 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:06:59.65 ID:kadG/pji0

光彦「チー!」一萬

そして…光彦の手。

鈴木「(て、聴牌になりやがった…!)」

鈴木「(た、ためらうな!俺も聴牌…俺の速攻は勝つっ…!)」

鈴木「来いっ…!」

鈴木、この事態にいつもの冷静を保てず、祈りっ…!

鈴木「…」

鈴木「ぐ…」西

鷲巣「…」五萬

カイジ「…!来たぜ!光彦!」四筒

光彦「ロン!」

鈴木「…!」

279 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:09:10.00 ID:kadG/pji0

光彦「タンヤオ、ドラ…2000です」

鈴木「…」


光彦…+30800点、失血量1400ml
カイジ…−4400点、失血量1850ml
鷲巣…−5600点、失血量2160ml 所持血液2829ml
鈴木…−20800点、所持血液421ml


280 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:11:43.26 ID:kadG/pji0

〜半荘六回目 南三局 親:光彦〜

鷲巣「…」

鈴木「鷲巣、様…」

カイジ「光彦…大丈夫か?」

光彦「ええ…何とか…」

光彦「(…この状況になっても、あの人の目は死んでいない)」

281 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:16:33.46 ID:kadG/pji0

二巡後…

鈴木「(鷲巣様…それでも、それでも俺は…!あなたに死んでほしくないっ…!)」

鷲巣「…」五萬

鈴木「ポン!」一萬

光彦「…」八索

鈴木「チー!」五索

カイジ「…」七筒

鈴木「ポン!」七索

カイジ「(早い…さっき以上に…!)」

鈴木の鳴き…鷲の片腕隼、それ以上の願いがあったっ…!

鈴木「(これで…聴牌!)」七萬

鈴木、速攻の手確定っ…!


「ロン」

282 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:19:02.83 ID:kadG/pji0

鈴木「…え?」

鷲巣「タンヤオ、平和、ドラ2…満貫。8000」

カイジ「…え?」

鈴木「…鷲巣、様…ど、どうして…なぜっ…!?」

鷲巣「…」

光彦「…(さっきの目が…変わった)」


光彦…+30800点、失血量1400ml
カイジ…−4400点、失血量1850ml
鷲巣…+2400点、失血量2160ml 所持血液2829ml
鈴木…−28800点、所持血液421ml

283 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:21:11.61 ID:kadG/pji0

…そして、ついに来た…この勝負の終止符となる闘い…

魔王と、不確かなものを信じる少年の闘い…その最後の決戦の結末。

魔王が笑うのか。少年が生きるのか。

…始まる。

オーラス。

284 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:25:37.18 ID:kadG/pji0

〜オーラス 親:鈴木〜

光彦「(遂に来た…オーラス!)」

カイジ「(ここで勝つっ…勝つんだっ…!)」

鈴木「(俺が…俺がこの方を勝利に導くんだっ…!)」

鷲巣「…(信じる…か)」

最後の勝負に、それぞれの思いが馳せる…。

285 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:35:03.41 ID:kadG/pji0

配牌…

鷲巣「…」

…最後の、魔王の破壊の手。

鈴木「…」

…最後の、隼の如く速攻の手。

カイジ「…」

…最後の、窮地の博徒の手。

光彦「…」

…最後の、信じる者の手。


始まる。

286 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:38:24.14 ID:kadG/pji0

鈴木「ポン!」

鈴木「チー!」

鈴木「ポン!」

鈴木は鳴いた…魔王の勝利のために。


カイジ「ポン!」

カイジ「…」

カイジ「チー!」

カイジは動いた…自分を信じる少年の為に。

287 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:40:03.16 ID:kadG/pji0

鷲巣「…」

鷲巣「…」

鷲巣「…」

鷲巣は動かなかった…魔王という運命のために。


光彦「…」

光彦「…」

光彦「…」

光彦は信じた…自分が信じる者の為に。

288 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:45:51.23 ID:kadG/pji0

ハイテイ…

鈴木「(鷲巣様のハイテイ…ここで振らなければ仕切り直しだ…!)」三索

鷲巣「…」

…ツモ。

鷲巣「…」

…見えない牌だった。

289 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:52:36.90 ID:kadG/pji0

鷲巣「…」

鈴木「…」

鷲巣「…円谷」

光彦「…はい」

鷲巣「貴様がそんなものを信じる理由…それは何だ?」

光彦「…」

光彦「簡単ですよ。その人が僕を信じてくれるなら、僕はそれに応えたい。もし僕がその人の救いになれるなら…」

光彦「僕は信じます。仲間を」

290 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 22:56:32.72 ID:kadG/pji0

鷲巣「…」

鷲巣「…そうか。それが貴様の理由…」

鷲巣「…クックック…クーックックック…!」

鈴木「わ、鷲巣様…?」

鷲巣「…円谷」

292 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 23:03:03.38 ID:kadG/pji0

鷲巣「これはお前だけの力だけではない…驕るな…」

鷲巣「不確かなものを信じ続けた結果…それがお前の力なのだ。だからこそわしの勝利を奪い取ることができた」

鷲巣「わしは魔王…負けることがあってはならない。そう、わしはもう魔王ではない…」

鷲巣「さあ、少年よ…その剣で討ち取ってみせよ。仲間との力で創られたその剣、突くがいい」

鷲巣「魔王の…心臓に!」東

293 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 23:05:47.44 ID:kadG/pji0

光彦「…鷲巣さん。あなたと勝負できて、光栄でした」

光彦「ロン」

カイジ「!」

鈴木「…」

鷲巣「…」

光彦「国士無双。32000」

294 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 23:08:56.53 ID:kadG/pji0

…決着…。

295 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 23:13:28.22 ID:kadG/pji0

カイジ「…勝った…勝ったんだっ…!」

光彦「はい…僕たちの勝ちです」

カイジ「よっしゃぁああ!!…ぅ…」

光彦「だ、ダメですよ…ただでさえ血液が不足しているのに…」

鷲巣「…」

鈴木「鷲巣、様…」

鷲巣「…鈴木。いや、隼」

鷲巣「これまでの人生…わしは一片の悔いはない。魔王の運命に生きたこと、一切恥じることもない」

鷲巣「わしはわしの道を歩めた。それで十分だ」

鈴木「…」

296 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 23:23:33.19 ID:kadG/pji0

鷲巣「…血液を抜け」

「は、はっ…!」

光彦「…」

鷲巣「さあ、見ておれ…魔王、鷲巣巌の最期を…!」

鈴木「…」



そして、鷲巣さんの顔から血の気が引いていきました…。

鷲巣「…う…む…なる、ほど…」

光彦「…」

鷲巣「これ、が…敗北、か………クク…ク…悪く…ない……」



鈴木「…」

鈴木「…あなたの片腕で光栄でした…鷲巣様っ…!」ポロポロ

297 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 23:26:13.21 ID:kadG/pji0

こうして…僕たちの最後の勝負が終わりを告げました。

一人の魔王の死を以て…。



298 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 23:35:09.58 ID:kadG/pji0

〜エピローグ〜

あの勝負からしばらくして、鷲巣さんの組織は解体されたようです。

組織があそこまで大きくなったのは、鷲巣の力があったからなんだろうな。コナン君が言っていました。

最近、あの組織の組員が全員FBIに連行されたようです…鈴木さんも、そうなんでしょうね。

でもこれで多くの人が救われた…それは間違いありません。

僕が勝てたのは僕自身の力だけではありません。僕を勝利に導いてくれた仲間がいたからこそ…窮地を乗り越えられた。

鷲巣さんの力は確かに強かった。でも、それは自分の豪運だけのものだった。

僕だけの力じゃ勝てなかった。仲間がいたからこその勝利なんだ。

だから僕は信じます。たとえどんな困難にぶつかろうとも…。


歩美「ほら!さっさと飲みに行くわよー!」

カイジ「今日は祝勝会だ!ガンガン飲むぜ!」

服部「爺さんのおごりや!飲み放題食い放題や!」

阿笠「そ、そんなぁ〜!」

コナン「はっはっは!」

灰原「行きましょう。光彦君」

僕のかけがえのない、みんなを!

光彦「待ってくださいよぉ〜!」


〜了〜

299 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/09/20(金) 23:37:23.87 ID:kadG/pji0

お目汚し、失礼しました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マリ「わんこくん!」