シンジ「エヴァに乗る代わりにフリーえっち券を貰っちゃった」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「綾波、キャンディ舐めてよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/25(日) 05:42:06.16 ID:XzDKsiVg0

シンジ「いつでもどこでも誰にでもエッチな事ができる、させられる券……」

シンジ「こんなんで釣ろうなんて、最低だ。父さん」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 05:59:05.14 ID:XzDKsiVg0

シンジ「というわけで、先生のところに帰ります」

ミサト「そう……ま、仕方ないわね」

シンジ「……」チラッ

ミサト「ん?」

シンジ「……」サッ

ミサト「なに目逸らしてんの?」

シンジ「……別に。逸らしてませんけど」

ミサト「あ〜……そっか、胸が気になんのね」

ミサト「その気になれば好きにできるって思ったら、そりゃ女の身体を意識しちゃうわよねえ」

シンジ「違いますってば!」

ミサト「まあまあ。で、もう今日帰っちゃうわけ?」

シンジ「そのつもりですけど。なにかあるんですか?」

ミサト「用があるってわけじゃないけどね。どうせお休みだし、一日くらいこっち泊まって行きなさいよ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 06:07:12.92 ID:XzDKsiVg0

シンジ「ず、随分立派なホテルですね。ホントにこんなとこに泊まっていいんですか??」

ミサト「当然」

シンジ「だけど……僕、あのエヴァとかいうのに乗るのを断っちゃったのに……」

ミサト「それはこっちの都合だし、わざわざ来てもらったことに変わりないわよ」

ミサト「てゆーか、『特務機関ネルフの総司令のご子息』って立場なんだから丁重に扱われるのはフツーよフツー」

シンジ「はあ……」

ミサト「さ、入りましょ。手続きは私が全部済ませとくから、ちょっち待ってて」

シンジ「お世話になります」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 06:13:12.71 ID:XzDKsiVg0

ミサト「もしもし、リツコ? シンジ君は予定通りの部屋にいるわ」

ミサト「例の薬を食事に混入、それを口にしたのもモニタで確認済み―――」

ミサト「そっちの手配は頼んだわよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 06:22:22.40 ID:XzDKsiVg0

シンジ「……」

シンジ(ご飯、美味しかったな。あんなの初めて食べた)

シンジ(この部屋……こんなに広くて、備え付けのお風呂も広くて。凄いけど……)

シンジ(なんだか落ち着かないや。せめてベッドくらい普通のサイズでいいのに)

シンジ「……」

シンジ(パイロットになるの断っちゃったけど、近いうちにくるっていう化物、大丈夫なのかな?)

シンジ(やっぱり乗ったほうが……)

シンジ(いや、僕がしなくたって、もっと優秀な人がやるだけだ。ならむしろそっちの方がいいじゃないか)

シンジ「……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 06:29:22.38 ID:XzDKsiVg0

〜〜〜

シンジ「……ハァ、ハァ……ぅ、ぅぅ」

シンジ「な、なんだ……? なんだよ、これ」

シンジ(熱い……身体、熱くて……!)

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ」

シンジ(頭の中……エッチなことばっかり浮かんできちゃう。ど、どうしちゃったんだ……僕……)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 06:35:57.80 ID:XzDKsiVg0

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」

シンジ(ミサトさん、おっぱい大きかったな……)

シンジ(赤木さんって人も)

シンジ(他も……ネルフの女の人達って、きれいな人ばっかりだった!)

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」

シンジ(もし、もしエヴァに乗ったら、あの人達全員と好きなことできるんだ)

シンジ(いやもっと、いくらでも、他の誰とでも………っ、好きなだけ!)

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」

シンジ(ううぅ……熱い……! 熱いよ。なに考えてんだ、僕は……)

シンジ(お、お風呂で、これ、処理しよう。そうでないと……おかしくなって……くぅ、ぅ)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 06:48:46.06 ID:XzDKsiVg0

シンジ「―――!?」

シンジ(なんだよこれ! 僕のこれ……どうなんってんだ!??)

ビクン
ビクン

シンジ(こんな……いくらなんでも膨張しすぎて……)

シンジ(は、早く出して、小さくしちゃおう)

ギュッ

シンジ「ひぁ!?」

シンジ(き……っ、キモチ、い)

ギュ、サスサス

シンジ「んあ、ぁぁ、あっ」

シンジ「あふっンぅああああーーーーーーー!」ビュクク

シンジ(うぁ……もう出……!! いっぱい、すごぃ……!)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 06:50:58.00 ID:XzDKsiVg0

シンジ「ああ……ハァ、ハァ」

シコシコシコ

シンジ「くああっ! うあっ! んひぃ!」

シンジ(ダメだ、まだ出る! 何回でも出ちゃう! 止まらない、気持ちいい、あああ!!)

ガチャッ

シンジ「!!!?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 06:56:28.21 ID:XzDKsiVg0

加持「やあ。さっそく楽しんでるな」

シンジ「だ、だ、だ」

加持「誰か?って聞きたいのか? 俺は加持リョウジと言ってな。ネルフで働かせてもらってる」

シンジ「ネ……で、出てって! 出てってよ!!!」

加持「自慰を俺に見られたことなら気にしなくていい。分かってて来たんだしな」

シンジ「いいからとにかく出てけよ!!!!」

加持「……本当にいいのかい? そのままで」

加持「いくら自らの手で果てても、今の君は満足できない。そうじゃないのか?」

シンジ「!!」

加持「足を広げてこっち向きに座るんだ。碇シンジ君。俺が楽にしてやる」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 07:10:34.88 ID:XzDKsiVg0

シンジ「ひ……ぃ」

加持「自分からは素直になれないか? どれ」

シンジ「やだ、やめてよ、やめてくださっ」

グィ

シンジ「あ!?」

加持「はは。こんな力の抜けた身体じゃ抵抗できないさ」

加持「……男だから分かる男のツボってやつがある。そいつを君に教えてあげよう」

シンジ「助けて! だっ誰か!!」

レロ〜ッ

シンジ「いひぃぅ!!?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 07:18:36.95 ID:XzDKsiVg0

ジュポッジュポッジュポッ

シンジ「あ、あぅ、あっ、あっ」

シンジ(ヤダヤダヤダヤダ、こんなの! 絶対嫌なのにっ!!!!)

シンジ(嫌なのに……なんでこんなに……ぅあ!)

加持「チュ……どうだい? 俺の舌の味わいは。同性の技も悪く無いだろ」

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ」プルプル

加持「そうか。だが、そうやって否定しても身体は正直なもんさ」

レロッ、ジュルッ

シンジ「あっああ!」

加持「いい表情だ。天性の素質があるな、碇シンジ君」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 07:26:48.23 ID:XzDKsiVg0

加持「このまま、さっき君がしてたように繰り返しイカせてあげてもいいが……」

加持「溜めて溜めて、最後に爆発させる。そういう楽しみ方もあるってことを教えてあげよう」

ジュプッ

シンジ「くはっ」

ジュポッジュポッジュポッ

シンジ「あぁぁ、あっ、あっ」

ジュポッジュポッジュポッ

シンジ「あ〜、ひぅ、う、あ〜……っ!」

シンジ(な……んだ、これ。出しそうになったとこでかわされて、外されて)

シンジ(熱が……渦だけが、身体の中で、どんどん、どんどん―――)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 07:29:11.98 ID:XzDKsiVg0

ジュッポジュッポジュッポ

シンジ「うぁ、ひ! ンぁ! ぅっぅ……! ああっ」

加持(……頃合いか)

ジュブブ!

シンジ「んひっっ!?」

レロレロチュパチュパジュプルルルルルッ
ジュッポ!

シンジ「ぅ………っ!?」

シンジ「ああっああああ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」ビュルルルルッ

シンジ(ああああああああキキモひぃぃぃぃっィィィィィィ!!!!)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 07:36:29.64 ID:XzDKsiVg0

〜〜〜

シンジ「……」

加持「泣いているのかい?」

シンジ「……」

シンジ(…………死にたい)

加持「悲しむ気持ちは分かる。だが君の身体は、いやあの瞬間は心も快楽に溺れた。それも事実だ」

シンジ「……」

加持「そしてシンジ君。君が戦いを選ぶなら、今度は世界中の女とさっき以上の快楽を味わうことも可能だ」

シンジ「……っ」ピク

加持「情欲に溺れる方が人としてリアルさ。人類を守るなら、対価を得ようとするのは恥ずかしいことじゃない」

シンジ「……」

シンジ(……対価……人類のために戦う対価……)

加持「本部の皆は、この時間になっても君が戻ってきてくれるのを待っている」

加持「良ければ連絡だけでもしてやってくれ……それじゃ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/25(日) 07:37:44.19 ID:XzDKsiVg0

翌日

第三新東京市の某ホテルの一室にて、碇シンジ(14)の自殺体が発見された
人類の敗北の始まりであった






ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ジョジョのなんとかの冒険ってさぁ・・・」