しんのすけ「かあーちゃん 腹へったぞー」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「できたぞ!光彦の痛みを肩代わりしてくれる光彦じゃ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:07:45.08 ID:PFEx88ZI0

みさえ「はいはい。もうちょっと待っててね。今日はごちそうなんだから 」ルンルン

しんのすけ「ほほう。とーちゃんが昇進したんだっけ」

ひまわり「ごいごーい」

みさえ「ひまちゃんもすごいと思う?それのお祝いよ。ご飯もうすぐできるわよー」

しんのすけ「でもとーちゃんまだ帰ってきてないぞ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:11:06.83 ID:PFEx88ZI0

みさえ「そうねー。今日は早いっていってたのに」

しんのすけ「うわぁ 外スッゴい雨降ってるぞー」

みさえ「ええっ。ホントだ。揚げ物してたから気づかなかったわ。パパ傘持っていかなかったのよね」

しんのすけ「オラ、迎えにいってあげるぞー」

みさえ「あら、小学生になったらいい子になったわねーしんちゃん」

しんのすけ「オラ、大人だからー」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:15:03.91 ID:PFEx88ZI0

ひろし「うわーメチャクチャ降ってきたなー。傘もないし……止むまで待つか……」

男「………………ブツブツ………ボソボソ………です」

ひろし「えっ?」

男「次は………………ボソボソ……です」

ひろし(なんだこいつ気持ち悪い。離れとこ…)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:18:11.96 ID:PFEx88ZI0

しんのすけ「おおっ!とーちゃん 迎えにきたぞー」

ひろし「しんのすけー、お前一人で迎えにきたのか?とーちゃんのために?」

しんのすけ「えへんっ オラ、大人ですからー。かあちゃんがとーちゃんの昇進祝いにごちそう作ってるから早くかえろー」

ひろし「そうだな。……ところで……とーちゃんの傘は?」

しんのすけ「おおっ! うっかり忘れてたぞ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:22:28.59 ID:PFEx88ZI0

男「オラ、オラ、オラ、オラ、………ですボソボソ」

しんのすけ「ん?なんだあの人?」

ひろし「ばか、聞こえるだろ。ただのイカれた人だ。気にすんな」

しんのすけ「ふーん。さっとーちゃん帰ろー。相合傘で///」

ひろし「まったく。しかしすごい雨だなー」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:25:39.66 ID:PFEx88ZI0

ひろし・しんのすけ「ただいまー」

みさえ「おかえり。あなた、しんちゃん」

ひろし「おおっーいい臭いだなー」

みさえ「今日は飛びっきりのごちそうなんだから」

ひまわり「ぱぱ。おきゃーりー」

ひろし「おっひま、ただいまー」
男「……………………」


みさえ「ん?あら、お客さん?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:29:27.72 ID:PFEx88ZI0

男「次は………野原家ー…野原家………です」

ひろし「こいつ……俺たちについてきたのか?」

みさえ「誰?このひと?」

しんのすけ「駅にいた頭のおかしい人だぞ」

みさえ「ちょっと、どうするの?」

ひろし「どうするといっても……追い出すしか……」

みさえ「だめよ!ああいう人ってなにするかわかんないのよ」

男「…………………」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:34:25.52 ID:PFEx88ZI0

ひまわり「…………アソボ」タタッ

みさえ「だめよ、ひま!近づいちゃ!」

男「今夜の…………夕飯は…………です」

みさえ「………なんなの あなた!帰りなさい!」

男「………………………ハイ」シャガミコミ

みさえ「帰りなさい!っていってんの!」


男「だって、僕の家はここだよ………」


Happy end

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/21(水) 22:34:59.12 ID:PFEx88ZI0

akita



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「言葉は難しいな…」