阿笠「出来たぞ新一!光彦君にかかる衝撃を跳ね上げる装置じゃ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「・・・私を好きににしていい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 22:57:48.20 ID:MJA3lD7w0

コナン「サンキュー博士!じゃあ学校言ってくるぜ!」タッタッタ

阿笠「くれぐれも悪用するんじゃないぞ〜」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 22:58:20.42 ID:MJA3lD7w0

通学路

コナン「オーイ、お前ら〜!」

光彦「あ、コナン君!お早うございますwwwww」

元太「うな重」

灰原「あら、アナタの家はそっちじゃなかった気がするのだけど」

コナン「博士の所に洋画あったんだよ」

灰原「博士の?怪しいわね…」ジー

コナン(ヤベェな…この前光彦100連爆発事件以来灰原の監視が厳しいんだよ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 22:58:56.20 ID:MJA3lD7w0

歩美ちゃん「みんな〜!!」タッタッタ

コナン(ペロッ!これは歩美ちゃん!アレをつかって誤魔化すしかない!
    たしかこのつまみで調整して)キリキリキリ

歩みちゃん「やっと追いついた〜おはよう光彦君!」ポンッ!

   パアアァァァァァァァァン!!!!!!

歩美ちゃん「きゃあああああああああああああああああ!!」

灰原「どういうこと!?円谷君が粉微塵に弾けとんだわよ!?」

コナン「バーロー光彦、そこまでして歩美ちゃんを怖がらせたいのかよ、
    最低だな光彦」

粉彦「ちょ、ちょっとまってくださいよぉ〜。僕もなにがな元太「うな重」

灰原「この期に及んで言い訳とは見苦しいわね、行きましょう吉田さん。
   こんな害獣といても百害あって一利なしよ。」

歩美ちゃん「うん……最低」ボソッ

コナン(wwwwwwwwwwwwwwwwww)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 22:59:54.12 ID:MJA3lD7w0

学校

コナン(今朝の件はなんとか誤魔化せたが…やりすぎるとばれるかもしれねぇ…
    今日はおとなしめしめにしとくか。ん?なんだポケットに何か)


新一へ

今朝渡した装置なんじゃがな

実は欠陥があってのう、一度上げると戻らないんじゃ

まぁ新一のことじゃからあんまり心配はしとらんのじゃが

くれぐれも上げすぎんようにな  黒の組織

P.S この手紙は8:45に爆発するぞい

コナン(博士wwwwwww)

光彦「な、なんですか体が光って…うぱああああああああ!!!」ミツヒコ16レンバクハツ!

コナン(はwwwwかwwwせwww)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:01:14.06 ID:MJA3lD7w0

先生「みんなおはよ…教室がめちゃくちゃじゃない!」

コナン「ミツヒコクンがやりました〜」

先生「また円谷君なの!?毎回毎回いい加減にしてちょうだい!」

光彦「ちょ、ちょっとまってくださいよ〜僕だって急に体が爆発して
   びっくりしてるんですから」

先生「言い訳しない」パン!

光彦「」パアァァァァン!!

先生「またそうやって粉微塵になって!今日はゆるしませんからね!」

粉彦「そんなぁ〜」

コナン(よく考えたら急に体が爆発するってすごいことだよな)ボー

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:02:42.31 ID:MJA3lD7w0

昼休み

コナン「よーしみんな!さっかーしようぜ!」

元太「うな重」

光彦「あ、コナンくんwwww僕も行きますよwww」

コナン「バーロー光彦、お前は朝めちゃくちゃにした教室の掃除だろーが」

光彦「いいんですよwww大体こんなの僕一人で片付くはずないじゃないですかwwww」

歩美ちゃん「ほーら元太君うな重だよとっておいでー!」ポーイ

元太「うっなじゅーーう!!」ダダダダダ

そして光彦のいる方角へ…

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:03:36.42 ID:MJA3lD7w0

粉彦「サラサラサラサラ」

灰原「あら、吉田さんの投げたうな重に円谷君の粉がかかってしまったわね。」

コナン「おい元太!そんなもん食ったら腹こわすぞ」

元太「うっなじゅーーーう!」バクバクバク!

歩美ちゃん「あっ…食べちゃった」

サァァァァァァァァ…

光彦「ちょっと、僕の左腕がもどらないですが!」

歩美ちゃん「掃除サボろうとしたからばちがあたったんだよ!」

光彦「そもそも原因は歩美ちゃんじゃないですか!ひどいですよ!」

灰原「責任転嫁?本当に想像を絶する屑ねこの男は。
   地球温暖化も戦争も飢餓も全てこの男のせいじゃないのかしら」

コナン「マジかよ光彦最低だな」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:04:34.20 ID:MJA3lD7w0

教室

光彦「何なんですかいったい!僕は何も悪くないじゃないですか!」

光彦「掃除なんてする気になれませんよ、まったく…あっ」コケッ

パアァァァァァン!!!

粉彦「うう…いったいなんでこんな体に…ん?なんですかこの紙」

新一へ

今朝渡した装置なんじゃが〜〜

〜〜するぞい

光彦「そういう…ことだったんですか」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:05:36.21 ID:MJA3lD7w0

放課後

コナン「さーて、博士に今日のこと報告しなくちゃなー、
    ん?なんだこれ?」ピラッ

コナン君へ

大事な話があります

今日の午後4時、屋上へきて下さい

           恨み彦

コナン「なんだこれ…ってもう4時まで15分しかないじゃねぇーか」

歩美ちゃん「どうしたのーコナン君、いっしょに帰ろーよ」

コナン「ん?……………ああそうだな、帰るか」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:07:03.01 ID:MJA3lD7w0

博士宅


コナン「おーい博士!すげーなこの装置wwww」

阿笠「じゃろwwwwじゃろ!?wwwww」

コナン「ところでさwwwwなんか光彦からこんな手紙がきてさwww」

阿笠「ふむ…午後4時とは今日のことじゃないのか?」

コナン「でもよーめんどくさくてさーwwさんとか
    してくれねーか博士wwwww」

阿笠「ならこの光彦とういう「概念」を消す装置があるぞいwww」

コナン「さすが博士wwwww」

阿笠「wwwwwww」ポチポチポチポチポチ


屋上

光彦「」サラサラサラサラサラ

  こうして彼の一生は幕を降りた

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:08:04.87 ID:MJA3lD7w0

夜 元太宅

元太「うな重」

元太「うな重」

元太「うな…うな!?うなうあなうぬあうあなう」アナルカラナニカデテクリュウウンホォォォ!!!

光彦「ふう…まったくひどい目にあいましたよ」

そう、小嶋元太の胃は何も寄せ付けぬ

暴食の空間だったのだ。

光彦は元太の胃に寄生することで

間一髪難を逃れたのであった。

光彦「さて…どうしてやましょうか」ニヤリ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:09:07.66 ID:MJA3lD7w0

博士宅

阿笠「暇じゃのうwwwww暇じゃのうwwww」ポチポチポチ

コナン「バーローwwww何やってんだよwww」


小嶋家

光彦「」サァァァァァァァァ…

こうして光彦は灰になった…

だがしかし彼はきえることはない

また今日も灰となりどこかを彷徨うことだろう

そう、あなたのまわりにも…



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「泣いてもいいですか」