光彦「うわぁああああああ」コナン「!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:蚊「血……血が足りねぇ…」長門「……?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:18:51.35 ID:43l6WhG70

コナン「どうした光彦〜!?」

光彦「こ、公園の…と、トイレの中で、男の人が死んでるんです!!」

灰原「と、とにかくすぐに警察を!」ぴっぽっぱっ

歩美「コナン君…」びくびく

コナン「……」

この時から俺は何かがおかしいと思い始めていたのだった…

7 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:18:58.00 ID:43l6WhG70

         次の日

コナン「あ〜今日もあっち〜な〜」

元太「ほんとだよ〜」

光彦「ええ〜」チラッ

光彦「あれ?」

コナン「どうしたんだ?光彦?」

光彦「い、いえ…あ、あの…ちょっと僕、トイレに…」たったったっ

コナン「?」

光彦「うわぁああああああああああああああああああああ」

灰原「!」

歩美「光彦君!?」

コナン「光彦!どうした!?」

光彦「し、死体が…女の人の…死体がぁあああ」

コナン(…え?)

9 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:00.00 ID:43l6WhG70

灰原「け、警察を…」ぴっぽっ

コナン「……」

灰原「…ちょっと工藤君」

コナン「な、なんだ?灰原」

灰原「どうしたのよ最近。いつもならすぐさま死体に駆け寄るのに最近は黙って見てるだけじゃない」

灰原「昨日だってあのまま推理しないで帰っちゃったし…」

コナン「で、でもよ!け、結局犯人は捕まったんだろ?な?」

灰原「…」

コナン(…な、なんで…なぜなんだ…)

10 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:01.00 ID:43l6WhG70

コナン(なんで俺のまわりでいつも事件が起きるんだ!?)

コナン(まさか俺…呪われてるんじゃ…?や、やべ…そう思ったら吐き気が…)

コナン「お、俺…も、もう、か、帰るな…」

歩美「ええ!?」

光彦「ど〜したんですか?いつものように事件を解決してくださいよ!」

蘭「あ、みんな〜こんにちわ〜どうしたの?」

光彦「そ、それが、女の人の死体が…」

蘭「え?そうなの?警察に連絡した?」

灰原「ええ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:05.00 ID:43l6WhG70

蘭「そう…なら大丈夫だね!にしてもこの死体、内ぞ…」

コナン「…うっ」

蘭「ちょっとコナン君!?大丈夫!?」

コナン「う、うん…あ、じゃあ僕、さ、先に帰ってる!」ダッ

歩美「あっ…」


コナン(な、なんで俺の周りで…!き、きもちわりぃ…)

コナン「うっ…!うぇえええええええええええええ!!!」

博士「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」だだだだだだだだ

17 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:08.00 ID:43l6WhG70

コナン「げほっごほっけほっ」

博士「ふ、ふぅ…なんとか新一のジュースは回収できた…!」

博士「危ないところじゃったわい…いつ吐いてもおかしくないからのぉ…」

博士(さて…もっとレベルをあげるかのぉ…)


コナン「…お、俺…そうか…死神…なのか…」

コナン「俺のせいで…みんな…死んでく…俺が…俺の…せいで…」

博士(悪いな…新一…)ぽちっ

20 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:11.00 ID:43l6WhG70

光彦「うわぁあああああああああああああああああああああああああああああああ」

コナン「!?」

コナン(ま、まさか俺のせいで今度は光彦が…!?)だだだだだだだだ

コナン「ど、どうした光彦!?」

光彦「…ぁ…あ…こ、こな…く…」

コナン「ど、どうした!?だ、誰に殴られた!?」

光彦「み…てませ…ん…ぁ…ぁ…あ」バタンッ

コナン「み、光彦ぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

23 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:14.00 ID:43l6WhG70

コナン「…はぁ…」

コナン(結局光彦は死んだ…俺のせいで…お、おれ…)

コナン「おぇ、うっ」

博士「ぁあああああああああああああああああああああああああああああきゃああああああああああああ」

コナン「うぇえええええええ!!」

博士「!?」びしゃっ

博士「か、かかっちまったわい…服にもう臭いが染み付いておる…ふむ一生の宝物じゃ」

博士(もっとレベルあげてもいいかのぉ…)ぽちっぽちっ

コナン(お、俺がいけな…)

コナン「うぇえええええええええええええええええええ!?」

博士「シャワーじゃぁああああああああああああああああああ」びしゃびしゃびしゃ

26 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:17.00 ID:43l6WhG70

コナン「うっうぇえええ!!」

博士「も、もう終わってしまうのか!?まだじゃああああ」ぽちぽちぽちっ

コナン「う、うぇえええええええええええええええええええええええええええええっぇええええええええええ」

博士「〜♪」びしゃぁああああああああああああああああああああああああああああああ

コナン「げほっごほっげほげほっ」

コナン(な、なんでさっきからこんな吐いちまうんだ!?と、とにかく外は危険だ!)だだだだ

博士「帰り道…気をつけるんじゃぞ…」ぽちっ

28 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:19.00 ID:43l6WhG70

コナン「はぁ、はぁ!も、もう走れねェ…はぁ、はぁ」

ききーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーどぉおおおん

コナン「!?」

男「うわぁあ!じじぃがはねられたぞ!救急車だぁあああ」

女「きゃぁあああああ」

コナン「こ、ここも危険だぁあああああ」だだだだだだ


コナン「こ、ここなら…はぁ、はぁ…」

高木「やぁ、コナン君じゃないか!」

コナン「た、高木刑事…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:22.00 ID:43l6WhG70

高木「どうしたんだい?」

コナン「き、危険だよ!に、逃げて!」

高木「え?何がだい?」

高木(にしても楽しみだなぁ今日は童貞卒業祝いに佐藤さんとホテルで…)

男「うわぁああああああああああああああああああああああああああ」

高木「!?」

コナン「ま、まただ!と、とにかく僕から離れてぇえええええええ」だだだだだだ


ぱぁああああん

コナン「銃声!?」

コナン「!?」

女「ぁ…わ…ぁ…」ガクッ

コナン「そ、そんな…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:25.00 ID:43l6WhG70

コナン「ま、まだ近くに犯人が…!?」

コナン(とにかく逃げねぇと!)だだだだだだっ


           交差点

コナン「はぁ、はぁ…や、やべ…もっともあぶねぇじゃねぇか!!」

その時、コナンの予想は的中した。

ききーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーどっかぁああああん きききーーーーばっしゃぁあああん
  ドサッ

コナン「!?」

コナン「交差点を通った全部の車が事故に…!」

かんかんかんかん…

コナン「や、やべ!!」

しかし…もう遅かった…

37 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:28.00 ID:43l6WhG70

がたんがたん…ごとんご…

がっしゃぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああん

 「「きゃぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」」

男「救急車だぁああ!」

コナン「…や、やべぇ…あの電車も…あぶねぇ…」

そしてやはりコナンの予想は的中 電車は駅に突撃した。
さらにあぶらがもれたのか車、電車は大きな爆発音とともに燃えた。

コナン「…なな、なんなんだよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:29.00 ID:43l6WhG70

コナン「なんで俺のまわりはいつも事件ばかりなんだよぉおおおおおおおおおおおおぁああああああああああああああああああああ」

元太「俺知ってるぞ」

光彦「僕もです」

コナン「な!?お前らそれは本当か!?」

元太「ああ。博士だぞ犯人」

コナン「なんだって!?」

光彦「博士、コナン君のゲロがほしいみたいで…」

元太「それで吐かせる装置作ったんだよ」

コナン「吐かせるって俺をか?」

光彦「ええ」

コナン「は、博士…とりあえずアガサ邸へ行ってみるか」

40 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:31.00 ID:43l6WhG70

       博士邸

コナン「博士…なんのために…」

博士「だから言ってるじゃろ?新一の吐く美味しいジュースが飲みたかったんじゃ」

コナン「俺のスペシャルジュースは一カ月に一回飲ませてるだろ?」

コナン「ただでさぇ一回だすのに苦しいのに一日に何回ださせてんだよ」

博士「まぁまぁ…」

コナン「ならよぉ…一生分のだすからよぉ」

博士「ダメじゃ…新鮮なのがいいんじゃ」

灰原「私も同感ね。飲ませてもっと」

42 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:33.00 ID:43l6WhG70

コナン「ええええ?灰原もかよ」

灰原「いいでしょ?前に飲んだ時はまったんだから」

コナン「ったく、わぁったよ」

博士「成立じゃな。よし…でも今日はこれで終わりにしよう」ぽちっ

コナン「うっ」

灰原「博士〜これ専用の高さ二メートルの器とってきて」

博士「ああ!」

灰原「その間、私は押し続けてるから工藤君は我慢しなさいよ」

コナン(なにそれきついな)

44 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:35.00 ID:43l6WhG70

コナン「な、なぁ…は、早くしろ…うっ」

博士「もってきたぞ〜!!ほれ」

コナン「うぇええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

灰原「もっとだしなさいよ」ぽちぽちぽちぽち

コナン「うぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

博士「大量じゃああああああああああああああああああああ」

灰原「今日は楽しみね♪」

コナン「く、苦しい…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてvipがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 15:19:37.00 ID:43l6WhG70

  happy end

ごめん自分が一体何書きたいのかわからなくなってきたわ
博士がコナンのを回収したところまではまだよかったが
その後何書いてるのかわからなくなった

マジでごめん出直すわ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「麻酔針が切れた!わりぃおっちゃん!金玉蹴るぞ!」