コナンシリアスSS


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒと佐々木

ツイート

1 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 22:47:38.49 ID:sho1aZke0

今回は先に基本的設定の安価をとります

安価一個下…主人公

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:51:10.56 ID:xeA0eVuDO

灰原

3 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 22:52:31.68 ID:sho1aZke0

安価一個下…ジャンル(サスペンス、恋愛、ホラー…みたいな)

4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:54:35.90 ID:x2jkOIdg0

光彦

5 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 22:55:01.78 ID:sho1aZke0

安価一個下…舞台

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:56:22.65 ID:G9mLnxEG0

シリアスのジャンルはそれでいいのか

高層タワー

7 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 22:57:29.72 ID:sho1aZke0

>>6
やってみます

安価一個下…人が死ぬか、死なないか

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:02:11.97 ID:eZSPux/bo

死なない

10 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:06:03.61 ID:sho1aZke0

では最後
安価一個下…名探偵コナン以外のキャラクターを出す、出さない(出す場合はキャラ名も)

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:06:31.83 ID:phAPwXL4o

出さない

12 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:07:16.70 ID:sho1aZke0

了解しました。では題名を発表いたします

13 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:07:50.55 ID:sho1aZke0



【光彦ハザード】



15 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:12:25.87 ID:sho1aZke0

「何?新薬の発表?」

「ああ、ボスが決めたんだ」

「チッ…どう考えても俺らは警備だよなぁ」

「しょうがねえよ。ボスの命令だ」

「で?どこでやるんだ?」

「ああ、確か…ほら、最近話題になった森谷っていうやつが設計したビルだよ」

「森谷…ああ。ボスはあいつと仲がよかったからな」

16 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:13:29.31 ID:sho1aZke0

「いい成果になるといいがねぇ…」

「やるしかねえだろ」



18 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:16:38.18 ID:sho1aZke0

灰原「ふわぁ…朝ね」ピリリ…

灰原「あら、吉田さん」

灰原「もしもし?」

歩美「哀ちゃん!もうみんな集まってるよー!」

灰原「え?確か集合時間は10:00よね?」

歩美「えへへ…みんな早くきちゃったの」

灰原「…はいはい。さっさと支度するから待ってて」

歩美「はーい!」ピッ

19 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:22:46.43 ID:sho1aZke0

灰原「全く…子どもは元気がいいわね。低血圧を気にしなくて…」

灰原「準備は出来てるけど…他に何か持っていこうかしら」

安価一個下…1.アポトキシン4869の解毒剤1錠 2.探偵団バッジ

20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[s] 投稿日:2013/08/07(水) 23:24:32.68 ID:t4+qzKs40

1

21 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:26:08.69 ID:sho1aZke0

灰原「ま、念の為に持っていこうかしら」

灰原「行くわよ」

〜〜

22 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:32:26.40 ID:sho1aZke0

〜高層ビル『AIKEM』〜

歩美「哀ちゃ〜ん!こっちだよ!」

灰原「来るのが早いわね…」

コナン「おめーが低血圧なだけだろバーロー」

阿笠「しかたがあるまい。哀君だからのぉ」

元太「おいもう行こうぜー!」

光彦「元太君は気が早いですよー!」

23 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:37:13.41 ID:sho1aZke0

コナン「それにしてもなんだろうな…新薬の発明って」

阿笠「噂によれば、生物を増殖させることができる新薬らしいぞい」

灰原「絶滅危惧種は大助かりでしょうね…」

歩美「でも、そしたらいっぱい動物ができちゃうんだね!」

元太「うなぎもか!?」

光彦「まあうなぎもそうでしょうけど…」

24 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:43:47.58 ID:sho1aZke0

灰原「でもまだ講演には時間があるわよね?どうするの?」

阿笠「よし!ここでクイズじゃ!」

歩美「えー!またー?」

光彦「もう飽きましたよー」

阿笠「まあそういうでない!いくぞい!」



25 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:54:31.13 ID:sho1aZke0

ある小学生が列車に乗っていたのだが、しばらくすると相席に有名な教授が座った。すると教授はこう言った。

「私と勝負をしよう。私が今から言う問題に君が答えられなかったら君は私に3ドル払うんだ
 もし君が答えられたら、私は10ドル君に払おう」

この小学生はこの男が有名な教授であることを知っていたため、この勝負を降りた。すると教授はこう言った。

「ではこうしよう。さっきの勝負が終わったら、私も同じ勝負を受けよう。
 君の問題を私が答えられなかったら10ドル君に払おう。
 もし私が答えたら、私に4ドル払うんだ」

小学生は今の内容をきいて、勝負を受けた。


結果、小学生は7ドル得をした。
どのような勝負が行われ、小学生は教授にどのような問題を出したのか?

26 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/07(水) 23:59:09.54 ID:sho1aZke0

元太「うーん…」

光彦「むむむ…」

歩美「えーと…」

灰原「…この問題、どこかで聞いたことがあるわね」

コナン「ああ。ちょっと聞いたことがある」

阿笠「コレ。答えを言うでないぞ」

27 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:00:36.70 ID:qBpoX4Eu0

光彦「とりあえず…7ドルってことは…」

歩美「教授に負けて、次が買ったってことだよね」

阿笠「うむ」

元太「でもどんなこと言えばいいんだよ」

阿笠「ほっほっほ。じっくり考えるんじゃ!」

28 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:03:55.48 ID:qBpoX4Eu0

灰原「まあ、答えは『答えのない問題を出した』ってことよ」

阿笠「こ、これ!」

歩美「えー!何それ―!}

元太「期待外れだぜ!」

光彦「全くですよ!」

阿笠「す、すまんのお…」

29 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:06:49.31 ID:qBpoX4Eu0

灰原「じゃあ、私適当にぶらついてるから。あとで講演会で会いましょう」

コナン「おう」



灰原「…あ。探偵バッジ忘れてたわね」

灰原「まあ携帯があるからいいか」

30 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:09:04.17 ID:qBpoX4Eu0

〜講演会1:30前〜

灰原「まだこんなに時間があるのね…ビルの中うろつこうかしら」

灰原「どこに行こうかしら」

安価一個下…1.講演会会場 2.トイレ 3.庭園 4.図書館

31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 00:10:22.00 ID:u38CrKIDO

2

32 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:13:58.60 ID:qBpoX4Eu0

灰原「さっきから行きたかったのよね」



灰原「ふう…すっきりしたわ」

??「…ええ。わかってるわ」

灰原「!!(べ、ベルモット!?)」

33 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:16:26.88 ID:qBpoX4Eu0

ベルモット「ネズミはこっちで探すわ。だから安心して」

灰原「(一体何を…)」

ベルモット「どうやらシルバーブレッドボーイとシェリーも来たらしいわ…楽しみね」

ベルモット「じゃ、また後で」

ガチャッ

灰原「!!(出てくる!)」

34 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:19:21.61 ID:qBpoX4Eu0

ベルモット「A secret makes a woman woman…シルバーブレッドボーイ、シェリー…」



灰原「…いなくなったわね」

灰原「ネズミ…一体?」

〜〜

35 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:20:00.09 ID:qBpoX4Eu0

灰原「…どこに行こうかしら」

安価一個下…1.講演会会場 2.庭園 3.図書館


36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 00:32:16.95 ID:u38CrKIDO

3

37 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:37:50.71 ID:qBpoX4Eu0

灰原「ここが図書館…思ったより広いわね」

灰原「それにしても、奥には薬学とか生物学に関する本が多いわね」

灰原「どういうことなのかしら」



38 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:41:43.50 ID:qBpoX4Eu0

灰原「どこに行こうかしら」

安価一個下…1.講演会会場(探索終了) 2.庭園

39 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 00:43:41.50 ID:ULS7YDlR0



40 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:45:01.74 ID:qBpoX4Eu0

灰原「ここが庭園…綺麗ね」

??「…」

灰原「…え?」

??「…」ザッザッ…

灰原「ま、待って!!」



灰原「…いない」

灰原「…」

41 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:50:33.92 ID:qBpoX4Eu0

〜〜

阿笠「お、哀君!もう始まるぞい!」

灰原「…」

コナン「どうしたんだ?」

灰原「…ねえ、工藤君」

コナン「お、おお?」

灰原「…本当に」「皆様。お待たせしました。AIKEMカンパニー主催、新薬『IOM』のプレゼンを行います!」

阿笠「お、始まったの」

42 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:56:59.70 ID:qBpoX4Eu0

コナン「わりい、後で話してくれ」

灰原「…わかったわ」

「今回ご紹介させていただく…」


43 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 00:58:13.48 ID:qBpoX4Eu0

この時の私は気付いていなかった。

横を見ればみんながいるこの舞台が

輝かしい発展に驚嘆する人々であふれるこの舞台が

このビルが




阿鼻叫喚の地と化すことを。

〜プロローグ 了〜

51 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:19:22.33 ID:+Z/4M9Fz0

「〜という化学反応で…」

阿笠「ふむ…中々興味深いのぉ」

灰原「(筋は通ってる…なるほど、成功はしそうね)」

コナン「ふわぁ〜…」

歩美・元太・光彦「zzz…」

52 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:26:53.74 ID:+Z/4M9Fz0

「この新薬『IOM』の作成をともに目指し、協力してくださったのはBO製薬様です」

灰原「!!?」

コナン「ど、どうしたんだよ灰原?」

灰原「Black Organization pharmaceutical campany …黒の組織の製薬会社よ…!」

コナン「な、何!!?」

灰原「(どういうこと!?さっきのベルモットといい…まさか、この講演は…)」



そう思った、次の瞬間だった。

53 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:29:47.81 ID:+Z/4M9Fz0

ドオオオオオオオオオン!!!!!

灰原「!?爆発音!?」

「な、何だ今の音は!?」「爆発!?」「おいどうなってるんだ!?」

歩美「な、何!?」

元太「どうしたんだよ!?」

光彦「…」

54 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:31:28.83 ID:+Z/4M9Fz0

阿笠「みんな!わしについてくるんじゃ!」

コナン「おめえら!早く逃げるぞ!」

光彦「…う、ううううううううう」

コナン「み、光彦?」

光彦「うがああああああ!!!!!」ガブッ

阿笠「うがあっ!」

コナン「博士!!」

55 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:35:03.23 ID:+Z/4M9Fz0

阿笠「う、く…だ、大丈夫じゃ」

光彦「う、うぐぐぐぐぐがあああああ!!!」

歩美「こ、コナン君!」

元太「おい光彦!!」

コナン「チッ」ボムッ

コナン「わりい!光彦!」キィィィィン…

コナン「気絶してろ!!」バシュ!!

光彦「があああああ…」ドガーーーーッ!!!!

57 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:37:49.29 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「どういうことなんだよ…!光彦は一体…!」

阿笠「コナン君!サスペンダーで光彦君の口をふさいでくれ!」

コナン「お、おお!」

コナン「これでいいが…どうする?」

阿笠「わしが背負おう。みんな!ついてくるんじゃ!」

歩美「哀ちゃんも早く!!」

灰原「…え、ええ」



58 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:41:19.69 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「…!お、おい!出口しまってるぞ!!」

歩美「えー!?」

元太「どうすんだよ!」

阿笠「…コナン君。みんなを安全な道に案内してくれい」

コナン「博士と光彦はどうすんだよ?」

阿笠「わしは向こうの道の避難口を探す…頼む」

コナン「…わかった。見つかったら探偵団バッジで連絡しよう」

灰原「待って。私今日バッジ忘れちゃったから携帯に連絡して」

阿笠「わかった」

59 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:45:42.17 ID:+Z/4M9Fz0

〜〜

灰原「…どうするの?」

コナン「こっちの安全な道…確かな道はねえ。どうすっか…」

灰原「…江戸川君。お願いがあるの」

コナン「ん?なんだよ?」

灰原「私と別行動をとりましょう」

コナン「え?」

灰原「別々の方が何かあったら逃げられる確率がますし、多くの道を捜索できるわ」

コナン「…まあ、俺はいいけどよ」

灰原「ごめんなさい…」

60 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:47:44.91 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「どうしたんだよ?何かあったのか?」

灰原「え?」

コナン「いや、おめー元気ねえからよ」

灰原「…私、ここでやる事ができたの。もしかしたら、それがこの事件に関係しているのかもしれない」

コナン「…わぁーったよ。無茶すんじゃねえぞ」

灰原「ありがとう」

歩美「哀ちゃん…行っちゃうの?」

灰原「大丈夫よ。安心して」

元太「気をつけろよ!」

灰原「わかったわ」

61 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:49:02.51 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「じゃ、何かあったら携帯、だっけ?」

灰原「ええ。お願い」

コナン「おし。じゃあな!」

元太「あとでなー!」

歩美「…哀ちゃん!」

灰原「?」

歩美「…また、会えるよね?」

62 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:50:32.71 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「…ええ。きっと!」

歩美「わかった!じゃあまた会おうね!」



灰原「…また会おうね、か」

灰原「私にも、待ってくれる人がいたのね」

63 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:54:24.04 ID:+Z/4M9Fz0

〜ロビー〜

灰原「さて、じゃあ行きますか」

灰原「どうする?」

1.何か武器を探すことを重点とした探索 2.出口を探すことを重点とした探索 3.講演会会場に戻る 4.連絡

安価一個下

64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 11:55:23.34 ID:/iGrpuC0o



65 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 11:58:23.65 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「黒の組織がかかわってるとなると武器が必要ね」

灰原「武器がありそうな場所…このどれかね」

1.客室 2.警備員室 3.厨房

安価一個下

66 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 12:09:24.31 ID:u38CrKIDO

2

67 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 12:13:01.76 ID:+Z/4M9Fz0

〜警備員室〜

灰原「ここなら最低限の武器があるはず…」

灰原「でも私じゃ大きな武器は持てないわ…どうしようかしら」

1.アポトキシン4869の解毒剤使用(大型武器の所有可能) 2.拳銃2丁に弾薬多量

安価一個下

68 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 14:55:48.09 ID:Nsf5hUUho



69 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2013/08/08(木) 14:58:55.81 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「拳銃だけじゃ辛いし…仕方ないわね」ゴクッ

灰原「…うっ!くっ…あぁ…!」



灰原「…代わりの服探さなきゃ…ここの警備員の制服でいいか」


70 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 15:01:43.19 ID:+Z/4M9Fz0



灰原「何か武器は…あったわ」

Get マシンガン、拳銃×2、多量の弾丸、手榴弾×3

灰原「…何で警備員室にマシンガンと手榴弾が…」

灰原「やっぱり怪しいわね」

71 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 15:07:12.88 ID:+Z/4M9Fz0

バァン!

灰原「!?」

光彦×3「うぐぐぐ…」

灰原「つ、円谷君!?何でこんなに?!」

光彦×3「がああああああ!!!」バッ

灰原「ど、どうしよう…!」

1.逃げる 2.マシンガンで撃破 3.拳銃で撃破

安価一個下

72 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 15:09:30.97 ID:ox06AIjG0



73 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 15:13:38.10 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「とにかく逃げなきゃ!」ダッ

〜〜

灰原「何とか逃げれた…なんなのよあれ…!」

灰原「一回工藤君に連絡しなきゃ」

灰原「もしもし?」

コナン「?お前アポトキシン4869の解毒剤使ったのか!?」

灰原「仕方なかったのよ…今どこにいる?」

コナン「今は図書館の近くだ」

灰原「うーん…」

1.合流する 2.このまま別行動

安価一個下

74 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 16:06:23.63 ID:109r2f6m0

合流しようとしてみつかる

75 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:10:49.86 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「待ってて。今そっちに行くから…」バァン!

灰原「!」

光彦×3「がああああああああ!!!」

灰原「逃げると工藤君達のいるところにおびき寄せてしまう…やるしかない!」

灰原「この人数なら…拳銃で充分!」パァン!パァン!パァン!

光彦×3「がぎゃあああ…」バタッ

灰原「銃の腕は鈍ってないわね…」


76 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:11:23.17 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「おい!どうした!?」

灰原「問題ないわ。今そっちに行くから」



77 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:14:46.29 ID:+Z/4M9Fz0

〜図書館〜

コナン「!こっちだ!」

歩美「あ!この前助けてくれたお姉さんだ!」

元太「あんときはありがとな!」

灰原「ええ、どういたしまして」

灰原「ここに来るまでに何かなかった?」

コナン「いや、何もなかったけど…さっきのやつと関係あるのか?」

灰原「実は…」



78 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:17:05.17 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「はあ!?光彦が三人もいた!?」

灰原「嘘じゃないわよ…さっきこれで仕留めたところよ」カチャッ

コナン「どういうことなんだよ…」

灰原「…そういえばこの図書館って薬学関係の本があったわね」

コナン「何かの手掛かりになるかもしれねえな…読むか」

灰原「私は見張ってるから、お願い」

コナン「おお。おめーら、手伝ってくれ」

79 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:23:36.54 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「…ん?」

【IOMレポート】

コナン「何でこんなものが…」ペラ…ペラ…

コナン「…!これは!」

IOMは Increase of Mitsuhiko の略であり、円谷光彦を大量に生み出す効果がある。
感染方法はかみつくことで、傷口からIOMが血管を通じて全身にまわる。
効果が表れるのは感染から5分経過した時。細胞が変質し円谷光彦になる。

80 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:27:56.27 ID:+Z/4M9Fz0

歩美「ねえコナンくん!こんなものがあったよ!」

【日記】

〜月〜日
ボスが森谷の建てた高層タワーを買った。ボスのやることは相変わらずよくわからない。
しかも、そのタワーに名前を付けた。名前の由来はボスの本##########(かすれて読めない)。
で、あの講演の目的は「あの子を呼ぶため」とか言ってたが、何のことやら…

81 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:29:22.73 ID:+Z/4M9Fz0

元太「!コナン!誰かくるぞ!」

灰原「!」カチャ

??「あら、そんなに構えないでよ」

ベルモット「シェリー」

灰原「ベルモット…」

82 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:31:31.48 ID:+Z/4M9Fz0

ベルモット「大変ね。ボスの我儘に巻き込まれて」

灰原「ボスの、我儘?」

ベルモット「そのおかげで何人の犠牲者がでたことか…うふふ」

コナン「どういうことだ?」

ベルモット「ハーイ、シルバーブレッドボーイ。ボスもあなたに興味津々だったわよ」

ベルモット「ま、それはいいとして。阿笠博士はどこにいる?」

灰原「は、博士?」

83 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:34:27.36 ID:+Z/4M9Fz0

ベルモット「本当のことを言わないと…」ガッ

歩美「きゃあ!!」

灰原「吉田さん!!」

ベルモット「この子が私のブレットに倒れるわよ?」

歩美「た、助けて…!」

灰原「わかったわ!今電話するわ!!」プルルルル…

灰原「…出ない」プルルル…

ベルモット「何ですって?」バァン!

ベルモット「What!?」カチャッ

84 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:37:01.77 ID:+Z/4M9Fz0

光彦「がああああああああ!!!」バッ

ベルモット「Shit!」バン!バン!バン!

光彦「があっ!!ぐぅ…があああああ!!!!」

ベルモット「!し、しまった!」

光彦「があああ!」ガブッ!

ベルモット「!!!ぁ…ああ…!!!」バン!!

光彦「がぁ…ぐ…」バタッ

ベルモット「Shit!抗体を!!」ダッ

灰原「ま、待ちなさい!!」

85 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:39:44.45 ID:+Z/4M9Fz0

〜庭園〜

ベルモット「早くしないと…!」サッ

灰原「!さっきの場所…」

コナン「何!?いねえ!!」

『美しい庭園には穴があるんだよ、志保』

灰原「…ここ」ガコッ

コナン「!隠し通路か!」

灰原「行きましょう」

コナン「おお。行くぞおめーら」



86 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:44:18.22 ID:+Z/4M9Fz0

〜庭園地下通路〜

灰原「…血の跡。ここで終わってる」

コナン「ここには光彦がでねえんだな」

灰原「…ねえ、工藤君」

コナン「…行け」

灰原「え?」

コナン「大体予想はつくよ。それならお前一人で決着をつけてこい」

灰原「…ありがとう」

コナン「お、そうだ。これもってけ!」バッ

灰原「…時計型麻酔銃?」

コナン「もしもの為だ。もってけ」

87 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:45:22.25 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「行って来い!」

歩美「お姉さん!気を付けてね!」

元太「またな!」

灰原「…うん!」



88 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:49:29.78 ID:+Z/4M9Fz0

〜研究室〜

??「ネズミはどうなったの?」

ベルモット「さっき噛みついてきたのがネズミよ!始末したから早く抗体をちょうだい!」

??「…醜い。外見とは正反対ね」

ベルモット「いいから早く!!」

??「はい、これよ」

ベルモット「はぁ…はぁ…」ヂュー…

89 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:50:50.53 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「やっぱりあなたがボスだったのね」

??「…久しぶりね、志保」

灰原「…何で…何で…何でよ!!」

90 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:51:31.77 ID:+Z/4M9Fz0



灰原「何でよお姉ちゃん!!!」




91 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 16:54:50.14 ID:+Z/4M9Fz0

明美「…」

ベルモット「シェリー…何でこの場所が…」

灰原「高層タワー『AIKEM』…入れ替えるとAKEMI…明美」

灰原「お姉ちゃんがこの計画を考案したの?」

明美「…ベルモット。ヘリポートの準備して」

ベルモット「OK、ボス…」ガチャッ

92 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:00:32.02 ID:+Z/4M9Fz0

明美「ここまで来るのに長かったわ…黒の組織にお母さんとお父さんを殺されて…」

明美「組織に入って、ボスにまで上り詰めて、ジンに嘘の暗殺を命じて…」

明美「そして、この計画を工藤新一に知られないようにして遂行できた」

灰原「何がしたいの…お姉ちゃん?」

93 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:06:04.51 ID:+Z/4M9Fz0

明美「私ね…お母さんとお父さんが死んでから、あなたしか味方がいなかったの」

灰原「…」

明美「もう、周りにいるのは敵だけ。あなたしかいなかった」

明美「こんな世界…こんな醜い世界を滅ぼしてやろうって思ったの」

灰原「そんなことで…そんなことで!!」

明美「いいじゃない!!ここに集まったのは金しか目にない屑どもよ!!」

94 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:10:53.98 ID:+Z/4M9Fz0

明美「…それに、もう計画は終わるのよ」サッ

灰原「!何そのボタン!?」

明美「これを使えば…ビルの入り口が開く…そうすれば、多くの光彦が世に放たれる!」

灰原「お願い!!止めて!!」カチャッ

明美「…銃を床に落として。落とさないとボタンを押すわ」

灰原「…」パッ

ガチャッ…

明美「…いい子ね。大好き、志保」パシュッ!

95 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:14:00.54 ID:+Z/4M9Fz0

明美「ぅっ…ぁ…」バタッ

灰原「…工藤君のおかげね」時計型麻酔銃

灰原「お姉ちゃんは背負っていくとして…工藤君達を呼ばなきゃ」




96 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:17:05.79 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「工藤君!」

コナン「灰原!…明美さんもか」

歩美「お姉さん!無事なんだね!」

元太「よかったぜ!」

灰原「あと博士と光彦くんを探さないと…」

歩美「え?哀ちゃんもだよ!」

灰原「え、えーと…」

97 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:19:27.03 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「知らなかったのか?この人は灰原だぜ」

歩美「え!?」

元太「どういうことだよ!」

コナン「博士の発明だ。ちょっとの間大人になれるんだ」

歩美「すごーい!」


ドオオオオオオン!!!

ピー『☢爆発10分前です。繰り返します。爆発10分前です☢』ピー

コナン「!?」

98 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:22:29.88 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「ど、どうしよう…もう時間がないわ!」

明美「…し、志保…」

灰原「!何!?」

明美「さっき言ってたネズミは…阿笠博士なの…」

灰原「博士が!?」

99 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:25:41.32 ID:+Z/4M9Fz0

明美「彼は組織の開発班だったんだけど…金目当てでこの計画を世間に公表させようとしていた」

明美「だからベルモットに命じて…彼の命を奪おうとしたの」

灰原「じゃ、じゃあさっきベルモットが殺したのは…!」

明美「…IOMに感染した阿笠博士よ」

灰原「そんな…」

100 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:27:30.75 ID:+Z/4M9Fz0

明美「あなた達とオリジナルを連れて離れたのは…罪滅ぼしかしらね」

志保「…」

コナン「チッ。そうならもうここにいる理由はねえ!もう逃げるぞ!」

灰原「ヘリポートよ!そこからなら逃げられる!!」

コナン「行くぞ!!!」

101 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:30:52.01 ID:+Z/4M9Fz0

〜屋上 ヘリポート〜

灰原「ここね!」バンッ!

灰原「っ!!」

ベルモット「あら、まさかボスが生きてるなんてね…予想外よ」

明美「…」

ベルモット「悪いけど、このヘリは私だけが使わせてもらうわよ」

ベルモット「ご苦労様、ボス。これからは私が組織を引き継いであげるわ」

明美「…心だけじゃなくて、頭も醜いわね」

102 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:33:33.66 ID:+Z/4M9Fz0

ベルモット「なんとでも言いなさい。もうあなたは終わりよ」カチャッ

灰原「…」

ドカアアアアアアアアアン!!!!

ベルモット「!?」

光彦「…ぐがるるるるるうううううううう!!!!」

ベルモット「ま、まさかオリジナル!?」

光彦「がああああああ!!」ドガッ!

ベルモット「ああっ!!…う、ぅ」バタッ

103 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:36:02.01 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「クソ!どうする!?」

灰原「みんな!ヘリコプターに走って!!」

コナン「行くぞおめーら!」

光彦「があああああ!!!」

灰原「まずは突破しないと!!」

1.手榴弾を投げる 2.マシンガン 3.拳銃

安価一個下

104 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 17:37:57.39 ID:NlKyARm8o

1

105 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:40:28.92 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「長時間ひるませなきゃ!」ピンッ!

灰原「えい!」ボン!!

光彦「がああああああああ!!!!」ジタバタジタバタ

灰原「今よ!!」

ベルモット「…」

灰原「…気は進まないけど」



106 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:44:24.91 ID:+Z/4M9Fz0

コナン「全員入ったぜ!」

灰原「わかったわ!」

明美「志保!危険よ!オリジナルは今までのコピーとは比べ物にならないわ!!」

灰原「ここで仕留めないとヘリコプターが壊されちゃう!ここで仕留めるわ!!」

灰原「さあ、来なさい!!」

光彦「があああああああああ!!!」

107 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:47:22.88 ID:+Z/4M9Fz0

灰原「くらいなさい!!」バンバンバンハン!!

光彦「ががっ!!がああああああ!!!」

灰原「拳銃はだめね…マシンガン!!」バババババババッ!!!

光彦「がああっ!!」ブンッ!!

灰原「きゃあ!!…し、手榴弾が落ちちゃった…!」

灰原「…もう…打つ手がないわ…」

109 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:48:45.86 ID:+Z/4M9Fz0

明美「志保!これを使って!!」バッ

灰原「これは!」

安価下一個

110 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 17:56:24.46 ID:NlKyARm8o

リニアランチャー

111 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 17:58:28.86 ID:+Z/4M9Fz0

明美「それで頭部を破壊して!」

灰原「ありがとう!」

光彦「があああああああああ!!!」バッ!

灰原「これで…終わりよ!!!」ドカアアアアアン!!!

チュドーーーーーーン!!!

光彦「…う、ごぁ…が…」バタッ


灰原「…終わった、の?」

112 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 18:06:11.97 ID:+Z/4M9Fz0

〜エピローグ〜

こうして、私たちはヘリコプターで脱出した。大きな爆音をあげて燃えるタワーを背にして。

警察に行った私たちは目暮警部に事情を話した。

お姉ちゃんとベルモットは逮捕され、黒の組織は解体されていった。

IOMウイルスは世に蔓延してないし、もうIOMウイルスは警戒する必要はないだろう。

事件は黒の組織とともに消えたのだ。

お姉ちゃんは法によって裁かれる。でも、私はそれを受け止めなければならない。

それが、お姉ちゃんの妹としての使命だから。



〜了〜

113 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 18:06:46.66 ID:+Z/4M9Fz0

お目汚し、失礼しました。
駆け足っぽい終わり方だったことを謝罪します…。

114 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 18:11:15.05 ID:NlKyARm8o

光彦って死んだの?

115 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 18:11:38.05 ID:+Z/4M9Fz0

>>114
オリジナルが光彦本人ですね

119 名前: ◆yvqhJu0vsE[saga] 投稿日:2013/08/08(木) 21:25:48.27 ID:+Z/4M9Fz0

次は
【安価】コナン「ふわぁ〜…暇だな」
にて続きを投稿いたします



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:沙都子「最近、梨花がうざいのですわ。みんなでいじめますわよ!」