キョン「ハルヒ、食ザーって知ってるか?」ハルヒ「え?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「眠いわ、キョン……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 09:35:56.74 ID:u6OsRWup0


キョン「何だ?知らんのか?」

キョン「食ザーってのは、男のニッチな性癖の一つで……」

ハルヒ「だ、誰がそんなこと聞きたいって言った!」

ハルヒ「なんでいきなりそんな話題を振ってくんのよ!ばかじゃないの!?」

キョン「そんなの決まってるだろ?」

キョン「見たいんだよ、食ザーしてるところ」

ハルヒ「」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 09:42:38.25 ID:u6OsRWup0


キョン「というかその反応からして、お前知ってるよな?」

ハルヒ「……っ、うっさい!どうだっていいでしょ、この変態が!」バキ

キョン「…ぐはっ!殴るな殴るな!」

ハルヒ「もう帰る!今日は解散!みくるちゃん一緒に帰るわよ!」

みくる「ま、まってください。涼宮さーん」

ぱたぱた
ガチャン

キョン「……」
古泉「……」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 09:45:17.17 ID:u6OsRWup0


キョン「で、話を戻すとだな」

キョン「どうにかして女の子達にクッソ汚い精液を食べさせられないか?って話だ」

古泉「……キョン君、それはあまにも」

古泉「素晴らしい発想ですね」


長門「……」ペラッ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 09:49:02.66 ID:u6OsRWup0


キョン「おお、さすが古泉!理解があるな!」

キョン「前に谷口達にその話題を振ったら一緒に昼飯を食ってくれなくなってな…」

古泉「まあ。無理もないでしょう」
古泉「というか、精子でいやがらせを受ける女の子とか…。んふ、素晴らしい…」

キョン「だろ?だろ?」


長門「……」ペラ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 09:52:29.41 ID:u6OsRWup0


古泉「改めて聞きますが、本当にやるのですか?後戻りは出来ませんよ?」

キョン「ああ、俺は世界が滅んでも構わないから。ハルヒ達の痴態が見たいんだ!」

古泉「ふふ、それほどの覚悟なら聞き返すのは野暮というもの」
古泉「ではSOS団の女性なら涼宮さん、朝比奈さん、長門さんの三人になりますが」

古泉「最初はターゲットはどなたに?」

キョン「まずは長門だな」


長門「……!」ペラッ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 09:59:54.64 ID:u6OsRWup0


キョン「あの感情の起伏のない表情で、たんたんと精液を食べる様とか…」

キョン「でも内心では泣きそうなくらい、嫌がってる長門を想像すると…、ふう…」

長門「……」ペラ

キョン「ーーというわけで」

キョン「長門、お弁当出してくれないか?」

長門「いや」ペラ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:06:31.32 ID:u6OsRWup0

キョン「……」
古泉「……」

長門「……」ペラ

キョン「長門さん、そこをなんとかできませんかね?」

長門「あなたの嗜好は理解不能。私が従う意味がない」ペラ

キョン「……」

キョン(まさか、断られるとは…)

古泉(いや、当然の結果と言えばそうでしょう)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:13:48.47 ID:u6OsRWup0


古泉(どうします?こうなった長門さんはテコでも動きませんよ?)ひそひそ

キョン(…こうなったら、俺が畜生に落ちるしかないようだな)ひそひそ

古泉(ほう……?)

キョン「あー、いいのか?長門?」

長門「……?」

キョン「言うこと聞いてくれないなら、ハルヒに変なこと吹きこんじゃうぞ…?」ボソ

長門「……それは、困る…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:21:51.40 ID:u6OsRWup0


キョン「じゃあ長門。お弁当を出して開いてくれ」ゴソゴソ

キョン「あと情報操作で小細工するのはなしだからな」ボロン

長門「……っ」フルフル

コトッ
パカッ

キョン「おお、美味しそうだな。長門の手作りなのか?」

長門「……」コク

キョン「それじゃあ、お弁当をザーメンまみれにしたいからちょっと手伝ってくれ」ギンギン

長門「…えっ」ビク

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:25:58.79 ID:u6OsRWup0


キョン「ほらお弁当を両手で持って、掛けやすい位置に持ってくるんだ」

キョン「あと俺のチンコをじっくり凝視してくれ」シコシコ

長門「……は、い…」ギュ

キョン(心なしか目が潤んできてる長門可愛い!長門が一生懸命作ったお弁当に先走りの粘液が垂れてる!)

キョン(あの長門に俺のクソ汚い遺伝子をご飯と一緒に咀嚼させる、って想像すると……。逝っちゃう!)

キョン「んふぅ!!」ビクッビクッ

ドクッドクッ!
ビュクッ!…ビュクッドピュッ!

長門「…ぁ、ひどい…っ」グスッ


古泉「ちょっとトイレ行ってきますね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:30:55.85 ID:u6OsRWup0

どろっ…
ねちゃあ

長門「……ぅ」ビクビク

キョン「ほらご飯とおかずが俺の精子で覆われてるぞ?長門、まず舌で舐めてみろ」

長門「……いや。そんなことする意味が…」

キョン「長門?」

長門「……っ」

ぺろっ…くちゅ…
ねちょ…

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:38:01.02 ID:u6OsRWup0

長門「ん、ちゅ…くちゅ…」ペロペロ

キョン「どうだ?おいしいか、長門?」

長門「……」ネチャ

キョン「じゃあ、そろそろ精子掛け弁当を食べてみるか?」ニヤ

長門「……」

キョン「長門?」

長門「……ゆる、して」グスン

キョン(あの長門が精液舐めただけで泣きながら懇願してくるなんて…)ギンギン

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:48:18.69 ID:u6OsRWup0


キョン「だめだめ。ほら、あーんしろ。俺が食べさせてやるから」スッ

長門「……ぁ」

どろ…
ぐちゅ…どろ…

キョン(うわ…箸に粘ついて取りにくいし…感触がなんか気持ちわりぃ。臭いもひどいし)

キョン(まあそんな腐った精子を美少女に食わせるのが、いいんだが)

キョン「一気に食べてたほうが楽だぜ?あんまりごねるともっと精液増やすぞ?」ギンギン

長門「……」

長門「……っ」アーン

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:51:18.81 ID:u6OsRWup0


キョン「長門、いただきます、は?」ニヤニヤ

長門「いた…だきます…」

スッ
どろっ…ぱくっ

長門「んぐぅ…!もにゅ、ぐちゅ…」ゾワッ

長門「…ぁ、ぅえ、…むちゅ」


キョン「最高に気持ち悪いぞ、長門。だがそれがいい…ふぅ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 10:57:21.10 ID:u6OsRWup0

モグモグ…
グチャムチュ…

長門「くさ、い…、くちゅ…」ゾゾゾ

キョン(長門の口の中がえらいことに…)

キョン「泣いても全部食べ切るまで終わらないからな?」
キョン「しっかり噛んで味わえよ?それでゆっくりごっくんするんだ」

長門「んにゅ…」モグモグ

長門「…ご、くん…」

キョン「よく出来ましたー」ナテナデ

長門「……あ、…う、ぇ」 ネチョ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 11:05:48.39 ID:u6OsRWup0


キョン「どうだった?おいしかったよな?」

長門「…おいし、かった…」フルフル

キョン「そうか、そうか!なら今度は……」

ドロッ…
ネバネバ…

キョン「精液で浸しておいた、卵焼きを食べてみようか?」ネチャ

長門「ぁ、…ぐすっ、……」ポロポロ


ムチュムチュ…モグモグ…
ゴックン…

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 11:12:44.97 ID:u6OsRWup0

ーーー
ーー

ガチャ

古泉「ふぅ、お待たせしました。おや?長門さんは?」

キョン「遅かったな古泉。長門はもう帰っちまったぞ?」

キョン「俺のザーメン弁当をたいらげてもらったよ」ニヤリ

古泉「なんという下衆。そして三十分前の我慢出来なかった自分を殴りたい」

古泉「あ、動画とか撮ってませんか?」

キョン「あ、忘れてた。でもこれから毎日食べさせるから問題ない」

古泉「なんという外道」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 11:44:00.81 ID:u6OsRWup0

放課後 部室

キョン「さて、あっという間に放課後なわけだが」

キョン「朝比奈さんにしてもらう為には、ハルヒが少し面倒だな…」

古泉「ふふ、その点は心配ありません。涼宮さんの足止め工作は万全ですから。一時間は部室に来れませんよ」

キョン「抜かりないな。見直したぞ!ーー長門も今日は頼むぞ?」

長門「……」ペラッ

古泉「よく長門さんの協力を得られましたね。昨日あんな目に合いましたのに」ヒソヒソ

キョン「朝比奈さんにも負担してもらえれば、長門が食べる分は精子も減るかも。って言ったら渋々頷いてくれたぞ?」ヒソヒソ

キョン「まあ、減らさないんですけどね」ヒソヒソ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 11:49:47.33 ID:u6OsRWup0


キョン「そんなことより、そろそろターゲットが来るぞ?」

長門「……」

ガチャ

朝比奈「あ、みなさん。おはようございます!」

古泉「おはようございます」ニコ

キョン「朝比奈さん、お疲れ様です」

朝比奈「ふえ…、キョンくん。お、おはよう」ビクビク

古泉「警戒されてますねぇ。まああんなこと言えば当然ですが」ヒソヒソ

キョン「いや、むしろ好都合だ。手っ取り早く押しでいこう!」ヒソヒソ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 11:56:00.86 ID:u6OsRWup0


キョン「朝比奈さん。昨日俺がハルヒに言ったこと覚えてます?」

朝比奈「!えっ…。その、えっと…!キョンくん?」アタフタ

キョン「食ザーしてる女の子がみたいなーって話です」

朝比奈「し、しょくざー…」ビク

キョン「昨日長門にしてもらったんですけどやはりいいものでした」

朝比奈「な、長門さんが…!」チラッ

長門「……」プイ

キョン「それで思ったんです。長門以外の女の子がしてるところもみたいなーって」

朝比奈「ひっ…、キョンくぅん…」ビクビク

朝比奈(あ、頭がパンクしそうです…!)フラッ

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 12:09:11.41 ID:u6OsRWup0


キョン「長門、昨日の精子まみれのお弁当おいしかったよな?」
キョン「あんなにじっくり味わって食べ切って、口の中にザーメンの匂いが染み付くまで洗わせなかったんだから」

長門「……、」

キョン「朝比奈さんにもお勧めしたいか?長門がしたいなら俺は協力するぞ?」

朝比奈「ふええ、長門さん…。わたしそんなことしたくないです…!」グスン

長門「……」

長門「朝比奈みくるにも…食べさせてあげたい」

朝比奈「…ぁ」


古泉(なんということだ)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 12:24:42.34 ID:u6OsRWup0


キョン「長門がそこまで言うんなら仕方ないなー」

キョン「じゃあ朝比奈さんにはおやつと飲み物を飲んでもらおうか」ボロンッ

朝比奈「キョン君、こんなことやめよう…っ?涼宮さんには内緒にするからぁ…」

キョン「やめませんよ?これから朝比奈さんは食ザーするんですから」

キョン「ただ抵抗されると面倒なので、縛らせてもらいますけど」

朝比奈「いや…いやぁ…。こんなのおかしいよ…。キョンくん…!」

ーー


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 12:46:09.18 ID:u6OsRWup0

ーー


ビクッ!ビュル…
ドクッドクッ…ドビュル
ベチャ…グチュ…

キョン「おうふ…、エビオス飲みすぎたおかげで大量にだせたぜ」

キョン「朝比奈さん見えます?お菓子のクッキーが精液でねちゃねちゃ」
キョン「あといつも朝比奈が使ってる紅茶のカップにもすでに満たしてますんで」タプ

朝比奈「…、……っ」ギュ

キョン「そんなに口をつぐんだら食べられないですよ、ほらあーんして」グイ ネチョ

朝比奈「んん…っ、いや…、」ギュ

古泉「ちょっとトイレ行ってきます」

キョン「仕方ない。長門、朝比奈さんに食べさせてやってくれ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 13:01:10.60 ID:u6OsRWup0


キョン「ハルヒ来るまでに朝比奈さんが食べ切れなかったら長門に食べてもらうからな?」

長門「……!」

朝比奈「長門さん…!こんなのダメです。キョン君の言うこと聞いちゃだめ!」

長門「朝比奈みくる…どうか恨まないでほしい」

長門「口を開けて、咀嚼し、飲み込むように朝比奈みくるの行動を実行させる」
長門「これで彼女は抵抗できない」

キョン「おお、便利だな…。それじゃあ朝比奈さん改めてあーん?」

朝比奈「……っ、!?」ビク

朝比奈「あ、ーん」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 13:10:43.84 ID:u6OsRWup0

ーー


キョン「こんなザーメンクッキーよく食べられますね。俺なら死んでも無理ですよ」

朝比奈「あむ、ぐちゅ…」ムチュムチュ
朝比奈「ごくん…。ーーあむ、」

朝比奈(…クッキーと精子の感触が混ざって、気持ち悪い。吐きたいのに…体が…)

キョン「おいしいですか?朝比奈さん。、もっと欲しいですか?」

朝比奈「欲しい…でしゅ。けほっ…、もっと食べたいです…」

キョン「なら明日から毎日、精液ご飯たべてくれますか?」

朝比奈「はい…もぐ、…ぐちゅ」

朝比奈(口が勝手に……)

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 13:15:24.20 ID:u6OsRWup0


キョン「そろそろハルヒが来るな。最後にカップの中の精液飲み干しちゃって下さい」

朝比奈(カップの中、キョン君の精液でいっぱい…)

朝比奈「……」コト

ゴクゴク…ネチョ
グチュグチュ…ゴク

朝比奈「…っ、ぅえ…。ぁ…」ゴクッ

キョン「すごいですよ。朝比奈さん」ナデナデ

長門「……」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 13:24:34.81 ID:u6OsRWup0


朝比奈「あ、……」ボー

キョン「長門、朝比奈さんの記憶を弄ったりできるか?今日の記憶を封印して」
キョン「俺の判断で記憶を戻したりとか」

長門「可能ではある」

キョン「じゃあそうするか。下手に引きずられたら可哀想だし。俺の前だけ記憶を戻すようにしよう」

長門「……」

キョン「これからは長門の負担も少し減るから、安心しろよ」
キョン「今日の分はもう昼休みに済ませてあるからな」

長門「……」プイ

古泉「ふう…帰ってきたらまたおわってた…」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 13:47:59.73 ID:u6OsRWup0

一ヶ月後

長門「ぐちゅ、もぐ…」モグモグ
朝比奈「あ、ぅえ…むぎゅ…」ムチュムチュ

キョン「二人ともすっかり嵌ったな。最初はあれだけ嫌がってたのに」

キョン「ほら口の中あーんして、みせてくれ」

長門「あ、ん」ドロッ
朝比奈「あ…」ネバ

キョン「うわっ…、ご飯と精子が口の中で巣食ってるよ。気持ちわりぃ…」

長門「…ごくっ」
朝比奈「ごっくん…」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 13:56:13.81 ID:u6OsRWup0


キョン「それじゃあ最後に、今日の主席のハルヒに締めてもらおうか」

ハルヒ「……」ギロッ

キョン「相変わらず目つき悪いな。でも体を縛ってるから怖くないぞ?」

ハルヒ「あんた…、最近コソコソしてるとおもったら、二人にこんなことを…!」

キョン「二人の心配をしてる場合じゃないぜ?これからお前が食ザーするんだからな?」

ハルヒ「……っ」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 14:06:34.96 ID:u6OsRWup0


キョン「二人とも。この昼休みの時間の間に、ハルヒがこのザーメン弁当を食べ切ったら。これから一週間は食ザーしなくていいぞ?」

朝比奈・長門「!」

ハルヒ「キョン!あんた何様のつもり…ーー、え?有希、みくるちゃん?」ビク

朝比奈「ごめんなさい、涼宮さん。私ここのところ毎日。……だからごめんなさい」

ハルヒ「みくるちゃ…ーーっんん!?」チュウ

長門「ん、くちゅ…、ちゅう」ギュ


キョン「長門大胆だな。口移しで直に食べさせるとは」

古泉「と、といれぇ…」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 14:14:37.48 ID:u6OsRWup0


ハルヒ「…んむ、ぅえ。ちゅ…」グチャ

長門「ちゅ、んん、むちゅ…」チュウ

ハルヒ(有希、力強すぎぃ…!それに有希の口からねちゃねちゃしたのが…!)ゾゾゾ

ハルヒ(飲み込まなきゃ…息できない…)ゴックン

ハルヒ「ぷはっ…、けほっ…ゆき、ーーんむぅ」グイッ

朝比奈「お口を留守にしちゃ駄目ですよ?しっかり食べないと…」

ハルヒ「んん、…」グスン

ハルヒ(気持ち悪い…!こんな気持ち悪いこと、二人は毎日…っ)

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 14:23:05.79 ID:u6OsRWup0


ハルヒ「……」モグ グチュ

キョン「お、大人しくなったな。そんなに気に入ったか?」ニヤニヤ

ハルヒ「そんなんじゃ…もぐ、…ないわよ…」グチュグチュ

キョン「ハルヒもこれから仲間入りするんだから素直になれよ?」

ハルヒ「……ごく、ん。…うえ…けほ」

ハルヒ(見てなさい…!私達にこんな屈辱的なことして、ただで済むと思わないことね!)

キョン「ほらまだまだ残ってるぞ?あーんしろ」ニヤニヤ

にちゃ
ぐちゅぐちゅ…
もぐもぐ

ーー



おわり

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/26(金) 14:28:30.70 ID:u6OsRWup0

キリがよかったので終了



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「…自覚させられないEMP能力者か」