オーキド「ここにポケモンがおるじゃろ?」ボーボボ「ピカチュウ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:柊かがみ「おっすこなた〜、あれ?こな・・・た?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 16:41:15.04 ID:+9iAAXF70

オーキド研究所

ビュティ「オーキド博士。こんちには」

オーキド「おお、よく来たの」

レッド「博士。ポケモンをくれるって本当?」

オーキド「勿論じゃ」

ビュティ(よし。今日からポケモンマスターへの第一歩を踏み出すんだ)

オーキド「ビュティ、ここにポケモンがおるじゃろ?これをビュティには渡そうと思う」

ビュティ「え?」

ボーボボ「……」

ビュティ(変なアフロがいるー!!!!)

ボーボボ「ピカッ、ピカチュウ」

ビュティ(こいつピカチュウのつもりだー!!!!)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 16:46:13.85 ID:+9iAAXF70

オーキド「では、レッド。お前にはこいつを渡そう」

ピカチュウ「ピカチュ!」

レッド「おー。可愛い。いいの?」

オーキド「大事にしてくれ」

ビュティ「あ、あの!!」

オーキド「どうかしたか?」

ビュティ「こ、これ、なんですか!?」

ボーボボ「ピカチュウだ」

オーキド「本人がピカチュウと言っておるから、ピカチュウではないか?」

ビュティ「いや!!でも、ピカチュウはそこにいるネズミの可愛いやつですよね!?」

オーキド「ポケモンはまだまだ謎に包まれておるから……」

ビュティ「謎って!!もうこれ別の系統じゃないですか!!!ていうか人間じゃん!!ポケモンですらないよ!!!!」

ボーボボ「不服か?」

ビュティ「不服だよ!!!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 16:52:29.28 ID:+9iAAXF70

オーキド「おいおい。ビュティ、我侭はいかんのう」

レッド「そうだぞ。幼馴染として、苦言を呈しておく。ビュティ、どんなポケモンでも関係ない。それでポケモンマスターを目指せばいいだけだ」

ピカチュウ「ピカっ!」

ビュティ「だから!!ポケモンじゃないし!!!私も可愛いのがいいです!!!」

オーキド「ならば、素手で捕まえてくるしかないの。がんばれ」

ビュティ(博士、なんかつめたいー!!!)

レッド「じゃあ、オレは出発するよ」

オーキド「気をつけての」

レッド「よし!!絶対にポケモンマスターになってやる!!!」

ボーボボ「まちな。クソガキ」

レッド「なんだよ?」

ボーボボ「ポケモンマスターは世界に二人もいらん」

ビュティ(え……)

ボーボボ「ポケモンマスターになるのは、オレだぁぁ!!!!!ピカチュううううう!!!!!」

ビュティ(何いってんだ、このアフロー!!?)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 16:58:35.00 ID:+9iAAXF70

レッド「ポケモンバトルをするっていうのか、ビュティ?」

ビュティ「いや、私は……」

ボーボボ「マスターよ。ここでオレの強さを見ておきたいとは思わないか?」

ビュティ「それは……まぁ……見たいけど……。あんたが本当にポケモンなら」

ボーボボ「交渉成立だな。よし。クソガキ、ポケモンでバトルだ」

レッド「分かった。いいぜ」

ボーボボ「ここでライバルを消しておくとあとで楽になるしな」

ビュティ「ちょっと!!!何怖いこといってるの!?!」

ボーボボ「いくぞぉぉ!!!!」ニュルル

ビュティ「鼻毛でたぁー!!!!」

レッド「いけ!!ピカチュウ!!!でんきショックだ!!!!」

ピカチュウ「ピカァァ!!!!」ビリビリビリ!!!!

ボーボボ「バカが!!!!オレの狙いはてめぇぇだぁぁ!!!!!死ねぇぇ!!!!」ドゴォォ!!!!

オーキド「ごふっ!?!」

ビュティ「あぁー!!!ポケモンマスターに一番近い男から消すつもりだぁー!!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:05:44.37 ID:+9iAAXF70

レッド「ビュティ。ポケモンが人間に手を出したから、反則負けな」

ビュティ「えぇ!?そんなこと言ってる場合!?!」

レッド「まずは一勝だ!!幸先いいな、ピカチュウ!!」

ピカチュウ「チュー♪」

ボーボボ「ふんっ。ポケモンの第一人者ってのも口ほどになかったな」

オーキド「ぐぐっ……。わしが倒れても……第二、第三のオーキドは生まれるじゃろう……」

ビュティ「博士!?何言ってるの!?生まれるだろうけど!!!」

ボーボボ「ならば、全てのオーキドをオレが潰すまでだ」

ビュティ「お前も何いってんだよ!!!」

ボーボボ「そろそろオレたちも行くか。ほら」

ビュティ「モンスターボール……。この中に入るの?」

ボーボボ「ああ」

ビュティ(やっぱり、ポケモンなのかな……)

ボーボボ「お前がな」

ビュティ「なんでよ!!!私は人間だ!!!!お前も人間だけど!!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:12:24.66 ID:+9iAAXF70

街道

ビュティ「ポケモンなら、ボールの中に入りなよ!!」

ボーボボ「オレ、閉所恐怖症だから。昔、かくれんぼしてて、押入れに隠れたんだけど、隠れたことを忘れて10年ぐらい押入れにいたからそれ以来トラウマでな」

ビュティ「やっぱり人間でしょ!?!!?」

ボーボボ「ピッ、ピカチュウッ。チュー?」

ビュティ(くっ……。むかつく……!!)

ガサガサ……

ビュティ「なに!?」

ポッポ「ポッポー」

ビュティ「ポッポだ!可愛い!!よし、早速ゲットしよう!!ええと……」

ボーボボ「ピカチュウだ」

ビュティ「……ピカチュウ。ポッポを捕まえたいから、弱らしてくれない?」

ボーボボ「任せておけ。一秒で済む」ポキポキ

ビュティ「殺しちゃダメだからね!!!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:18:57.71 ID:+9iAAXF70

ポッポ「かぜおこしぃぃぃぃ!!!!!!」ゴォォォォ

ボーボボ「ぐぉぉぉぉ!!!!!凄まじい風圧だぁぁぁぁ!!!!!」

ビュティ(予想外の熱いバトルがはじまったぁー!!!!)

ポッポ「人間風情が我を捕らえるだと!?寝言は寝て言え!!!!!」ゴォォォォォ

ボーボボ「なんだぁぁ!!!!この強さはぁぁぁぁ!!!!!」

ポッポ「ふっ。我はチャンピョンロードで修行を重ねた、ポッポ・the・キング。故に人語も発することができる」

ボーボボ「な、なに……!!」

ポッポ「そして、我がレベルは84だ!!!!!」

ボーボボ「なんだとぉぉぉ!!!!序盤で出てくるポケモンをはるかに凌駕してやがるぅぅぅ!!!!!」

ポッポ「いくぞぉぉぉ!!!!レベル84のすなかけを食らえぇぇぇぇ!!!!!」ゴォォォォ!!!!

ボーボボ「ぐわぁぁぁ!!!!砂の津波がくるぅぅぅぅ!!!!!」

ポッポ「ひゃーっはっはっはっはっはっは!!!!!」

ビュティ(ポケモンバトルこわいー!!!!!)ガタガタ

ボーボボ「ならば、こちらも本気を出すしかない!!!!鼻毛真拳!!!つるのまい!!!」ピシッ!!ピシッ!!!

ポッポ「ぬおぉぉぉ!!!!こうかはばつぐんだぁぁぁぁ!!!!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:26:15.12 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「マスター。ポッポをゲットしたぞ」

ポッポ「煮るなる焼くなり好きにしろ!助けなど乞わんぞ!!!」

ビュティ「なんで簀巻きにしちゃうの!?普通はこのボールでゲットっていえるんだよ!?」

ボーボボ「人間のルールをポケモンに押し付けるなぁ!!!!」

ビュティ(何気に深い一言だー!!!)

ボーボボ「それにしても腹減ったな」グゥ〜

ポッポ「そうか」

ビュティ「はぁ……でも、今の私じゃこんなに強いポケモンを捕まえても、言うことなんて聞いてくれないだろうし……」

ボーボボ「よっこいせ」ボッ

ポッポ「我が人生に一片の悔い無し!!!!」

ボーボボ「焼けた。たべよっ」パクッ

ボーボボ「……うまいっ!」テーッレッテレー

ビュティ「よし!――ねえ、ポッポは諦め……あれ?ポッポはどうしたの?」

ボーボボ「逃げた」

ビュティ「そっか。まぁいいか。それじゃあ、いこっか。今度はもっと弱くて可愛いポケモンをゲットしようね」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:34:10.53 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「弱いポケモンだと?そんなことでデュエルマスターにはなれないぞ」

ビュティ「私はデュエリストじゃないの!!」

ボーボボ「な、なにぃぃぃ!?!?!?!」

ビュティ「驚きすぎだよ!!!!」

ボーボボ「知ってたけどな」

ガサガサ……

ビュティ「あ!ポケモン!?」

おっさん「やぁ」

ビュティ(草むらからおっさんが飛び出してきたー!!!)

ポケモン図鑑『ポケモン153 おっさん 最近リストラに遭い、草むらで時間を潰している』

ビュティ(なんか悲しい設定がついてるー!!!!ていうか、おっさんもポケモンなのー!!!)

おっさん「うぅ……お嬢さん……ヘッドハンティング……してください……私には大学受験を控えた娘がいるんですぅ……」

ボーボボ「人生はつらーい!!!!!」ドゴォ!!!!

おっさん「げろぉ!?!」

ビュティ「もっと優しくしようよ!!!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:37:45.48 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「ゲットするのか?」

ビュティ「……」

おっさん「うぅ……おねがいしますぅ……」

ビュティ「しないけどね」

ボーボボ「だろ?」

おっさん「!?!」

ボーボボ「先を急ぐか。時間を食いすぎている」

ビュティ「あんたが道草食ってるからじゃない」

ボーボボ「ピカチュウ」

ビュティ「都合が悪くなったら鳴くのやめてよ!!」

おっさん「……」

おっさん「うぅ……力が……力がほしい……」

ポッポ「力を求めるならチャンピョンロードにいくぞ」

おっさん「……今晩は焼き鳥だな」

ポッポ「貴様!!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:43:39.90 ID:+9iAAXF70

トキワシティ

ビュティ「はぁ……やっとついたよぉ……。つかれたぁ」

ボーボボ「ぐぐ……過酷な旅だったぜ……」

ビュティ「なんで傷だらけになってるの!?!ずっと無傷だったじゃん!?!」

ボーボボ「はぁ……はぁ……もうダメかもしれねぇ……。マスター、あとは……わかるな?」

ビュティ「わかんないよ!!!出会って数時間も経ってないんだから、あんたの言わんとすることはわかんないよ!!!」

ボーボボ「オレはわかるぞ。マスターのことはもう理解している」

ビュティ「え……」

ボーボボ「今、太陽の黒点の数が気になっているんだろ?」

ビュティ「ないよ!!!!」

ボーボボ「今年の夏は暑くなりそうだ」

ビュティ「とにかく、傷ついてるならポケモンセンターに行こうよ」

ボーボボ「オレ、きずぐすり派だから」

ビュティ「ホントにポケモンなの!?!?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:49:35.06 ID:+9iAAXF70

ショップ

ボーボボ「わーい。クーラーが効いててすずしぃー!」

ビュティ「そうだね……」

ボーボボ「今週のニセコイはどうなってるかなー?」ペラッ

ビュティ「立ち読みなんてしてる暇ありません!!!!」

ボーボボ「……あ?」

ビュティ「なんで半ギレ!?ここにはきずぐすり買いに来ただけでしょ!?」

ボーボボ「へぇ……」

ビュティ「なんで関心がないの!?あんたが言い出したんでしょ!?!?」

ボーボボ「分かってるって。さてと……えーと……」

ビュティ「まったくもう……疲れちゃうよ……」

ボーボボ「あった!!あったぞ!!マスター!!」

ビュティ「はいはい。良かったね」

ボーボボ「ボラギノール!」

ビュティ「お前、どこ怪我したの!?!?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 17:56:16.72 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「言わせる気ですかぁ、マスタァ?」モジモジ

ビュティ(うざーっ!!!)

ボーボボ「オレの傷は深く、大きいんだ」

ビュティ「知らないよ!!!言わなくていいよ!!!!」

ボーボボ「塗ってくれるか?」

ビュティ「ぬるかぁ!!!もう!!!真面目にやってよ!!!!ポケモンなんでしょ!!!私の言うことを聞いて!!!お願いだから!!!」

ボーボボ「……悪かった」

ビュティ「え?」

ボーボボ「オレなりにマスターと打ち解けようと思って、色々と考えたんだが裏目に出てしまったようだな」

ビュティ(そ、そうか!!そんなことを考えて……!!わ、私ったら、そんなことも考えずにただ苛々して……)

ビュティ「ご、ごめんなさい!!私、そんなことって気がつかなくて!!!」

ビュティ「貴方がポケモンに見えないから、少し動揺して、その……酷いことも言っちゃって……」

ビュティ「本当にごめんなさい」

ボーボボ「来週から変態仮面連載するのかよ!!!すげぇぇ!!!!」

ビュティ「……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 18:03:20.96 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「きずぐすりも買ったし、次はどこに行くんだ?」

ビュティ「確かトキワジムがあるはずだから、そこのジムリーダーに会ってみようかなって思ってるんだけど」

ボーボボ「トキワジム?あれのことか?」

ビュティ「ん?」クルッ

破天荒「おやびん!!!このガキがうちのバッジを欲しいって言ってます!!!」

首領パッチ「なんだとぉ?」

レッド「ポケモンバトルで勝負してほしい!!!」

ビュティ(レッドだ!!レッドもジムリーダーと勝負を……!!)

破天荒「どうしますか、おやびん?」

首領パッチ「……テストに受かったら。いいぞ?」

レッド「テスト!?分かった、受ける!!」

首領パッチ「オレのパンチを避けてみろ!!!!」ドゴォ!!!!

レッド「ぱぎゃ!?!」

ビュティ(開始と同時に殴ったぁー!!!)

首領パッチ「不合格だ。出直して来い」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 18:10:13.26 ID:+9iAAXF70

レッド「うぅぅ……。もう一度!!!もう一度だけ!!!お願いします!!!!」

破天荒「おやびんは忙しいんだ。帰りな、坊主」

首領パッチ「破天荒、急ぐぞ。魔法少女ドンパチパッチンが始まる」

破天荒「はいっ!!急ぎしょう!!」

首領パッチ「今日はあのパチ子ちゃんが活躍する回だ!!見逃せねえ!!!!チャンネルはそのままぁ!!!!!」

レッド「まってくれ!!!頼む!!!もう一度だけ、テストをぉ!!!!」

ビュティ(レッド……。どうしてそんなに必死になってるの……?)

レッド「うぅぅ……くそっ……!!」

ピカチュウ「ピカピ……」

レッド「ピカチュウ……」

ビュティ(いいなぁ……。心配してくれるんだ……。私もあんなに可愛いポケモンに慰められたいかも……)

ピカチュウ「バッジの一つももってねえ屑に、これ以上つき従う理由はねえな」

レッド「ま、待ってください!!もう一度だけチャンスを!!次は必ず!!!!」

ピカチュウ「なら、今からお前はオレの舎弟だ。ほら、手を出せ。灰皿ねえからよ」スパー

ビュティ(私、下克上の瞬間を見ちゃったー!!!!)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 18:15:22.85 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「なるほど。バッジがなければ、マスターに対してあのような態度が取れるわけか」

ビュティ「そんなわけないでしょ!!!」

レッド「ビュティ……!!!」

ビュティ「あ。えっと……」

レッド「恥ずかしいところを見られたな……。でも、次は!!負けないから!!!」

ビュティ「心の底から応援してるから!!!」

レッド「ああ!!」

ピカチュウ「おら、屑。ボールにはいれや」

レッド「そ、それはさすがに……」

ピカチュウ「あぁん?」

レッド「……はいります」

ビュティ「レッドー!!!」

レッド「ビュティ……今度会うときは、オレ、もっと強く――」

ピカチュウ「よっしゃ。回収完了。さてと、次の街にいくか。――ピカチュウッ!!」テテテッ

ビュティ「レッド……辛くても生きてれば……絶対にいいことあるからね……」ウルウル

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 18:24:38.00 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「ところでビュティ?」

ビュティ(名前で呼ばれた!!しかも呼び捨て!?!まぁ、年上だろうから呼び捨てはいいけど……)

ボーボボ「お前、バッジ幾つもってんの?アーハン?」

ビュティ(や、やばい……!!今日から旅を始めたのに、持ってるわけないよ……!!)

ビュティ(ここで持ってないことを知られたら、私もレッドみたいに……!!それだけは……!!!)

ボーボボ「もーしーかーしーてー、ないんですかぁ?ビュティさんはぁ、バッジもってないんですかぁ?」

ビュティ「――もってるもん!!!」

ボーボボ「なら、見せてみろ」

ビュティ「はいっ!!!ニコちゃんバッジ!!!!」

ボーボボ「おいおい……」

ビュティ(やっぱり、無理があったかー!!)

ボーボボ「すげぇぇぇ!!!!!もう3つもあるじゃん!!!!すげー!!!さっき旅立ったのにすげー!!!忠誠を誓わざるをえねえ!!!」

ビュティ(よかったー!!!!バカで)

ビュティ「これからは言うこと聞いてね」

ボーボボ「はっ!!!ビュティ閣下のご意思のままに!!!!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 18:32:29.90 ID:+9iAAXF70

ビュティ(でも、いつかこの嘘はバレるし、バッジは持っておかないと……。レッドは断られちゃったみたいだけど、私もトキワジムのリーダーにダメ元で頼んでみよう)

ボーボボ「ビュティさん。どこに行くんですか?」

ビュティ「ここのジムリーダーにポケモンバトルを申し込んでくる」

ボーボボ「もうビュティさんはバッジを3つも持っているんですよ?ここは無視してもいいんじゃないですか?」

ビュティ「そういうわけにはいかないよ。ポケモンマスターを目指す者としてはね」

ボーボボ「つまり、ポケモントレーナーは根絶やしにするってことですか。さすがはビュティさん。魔王的発想に痺れます」

ビュティ「そこまで言ってないよ!!!!あ、あと、別に敬語とかは使わなくていいからね」

ボーボボ「マジで?たすかるわー」

ビュティ(ぐっ……!!こいつ、すぐに調子にのる……!!!)

ボーボボ「で、行くのか?」

ビュティ「うん。もし戦うことになったら……」

ボーボボ「任せておけ。ビュティにはオレがいる。そしてボラギノールもな」

ビュティ「ボラギノールはどうでもいいよ!!!!」

ボーボボ「えー?」

ビュティ「もう!!早くいくよ!!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 18:40:31.58 ID:+9iAAXF70

トキワジム

ビュティ「ここがトキワジム……」

ボーボボ「ここにあの日結婚を約束した人がいるのね……」

ビュティ「すいませーん」ドンドン

ボーボボ「ドキドキ……私の顔、覚えているかしら……」

ビュティ「……反応がないなぁ。居るはずなのに……」

ボーボボ「そんな!!!いるはずよ!!!この中にあの人はいるはずなのよ!!!!」

ビュティ「うるさいよ!!!」

ボーボボ「こうなったら、私が確かめてくるわ!!!!」

ビュティ「どうやって?扉、開かないよ?」

ボーボボ「んなもん!!!力で抉じ開ければいいだろうがぁぁぁぁ!!!!!」ドゴォ!!!!!

ビュティ「なにやってるの!?!」

ボーボボ「うぅ……いたいよぅ……右手が粉砕骨折しちゃったよぉ……。でも、大丈夫!!!こんなときのためのボラギノールがある!!!!」

ボーボボ「ぬーりぬりぬり!」

ビュティ「意味無いから!!!ボラギノールは骨折に効果ないから!!!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 18:48:19.33 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「いてぇぇぇ!!!!!腫れがひどくなるいっぽうだぁぁぁぁぁ!!!!!!」

ビュティ「でも、どうして出てきてくれないんだろう?扉も……開かないし……」

ボーボボ「ビュティ。そんなときは、押してだめなら引いてみろだ」

ビュティ「え?いや、どっちも試したけど……」

ボーボボ「なら、壊さんかぁい!!!!!これがワイのボラギノールパンチじゃぁ!!!!」ドゴォォ!!!!!

バコーン!!!!

ビュティ(あいたー!!!!ボラギノールすげー!!!!)

ボーボボ「よし……行くか……」

ビュティ「う、うん……」

「なんじゃぁぁぁぁぁ!!!!!!!!こりゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

ビュティ「な、なに……!?」

ボーボボ「ビュティ、下がれ」

首領パッチ「なんでゴルフでアニメが中止になってんだよぉ!!!!くそがぁぁぁ!!!!!!ふざけんなぁ!!!!!玉入れなんぞ誰がみるかぁ!!!」

破天荒「おやびん、どうぞ。この電話はテレビ局と繋がってます」

首領パッチ「おらぁ!!!!魔法少女ドンパチパッチンはいつやるんじゃ!!ごらぁ!!!!来週ぅ!?!?そうか!!!楽しみにしてるからよぉ!!じゃあな!!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 18:54:24.98 ID:+9iAAXF70

ビュティ(なんだか、怖い人がいる……)

破天荒「よかったですね、おやびん。――ん?誰だ?」

ビュティ「私は……その……」

ボーボボ「こちらは魔王ビュティ。世界中のポケモントレーナーを駆逐するために旅をしている女傑だ」

ビュティ「おかしな紹介しないでー!!!!」

破天荒「危険な女だな。ここで始末しておくか……」

ビュティ(もう臨戦態勢だー!!!!)

ボーボボ「やれやれ。挨拶もそこそこにケンカ腰かよ。育ちの悪さが良く分かるな」

ビュティ「あんたが煽ったんでしょ!!!!」

首領パッチ「小娘がオレたちを殺しにきたってわけか……」

ボーボボ「そうだ!!!!」

ビュティ「お願いだから黙っててー!!!!」

破天荒「オレたちのことを知らないようですね、おやびん」

首領パッチ「みたいだな。でなきゃ、こんな冗談はいえねえはずだ。頭がパラッパラッパーでもなけりゃあなぁ」

ビュティ(パッパラパーって言いたいのかな……?)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:00:44.58 ID:+9iAAXF70

首領パッチ「アチョチョチョチョチョー!!パンチッ!!キック!!!ソウレンドファイ!!ワチャチャメッペ!!」

ビュティ(英語が不得意だこの人ー!!!)

破天荒「おやびん!!!クールまで行きましたよ!!!」

首領パッチ「たまねぎ師範など、目じゃねえ!!!飽く迄もオレの目的はぁ!!!!!!ステージ2をクリアすることだぁぁぁ!!!!」

破天荒「おやびーん!!!!その志しの高さ!!!!すごいです!!!!!最高だぁぁぁぁ!!!!」

首領パッチ「ぎゃぁぁぁ!!!!たまねぎ師範が寝転んだぁー!!!!!!」

たまねぎ師範『アゲイン』

首領パッチ「クソガァ!!!!!」ドガァ!!!!!

破天荒「おやびん!!!次、がんばりましょう!!!」

首領パッチ「そうだな……。だが、その前に……」チラッ

ビュティ「……!」

首領パッチ「借金なら返せないって!!!何でも言ってるじゃないですかぁー!!!!魔王金融のビュティさん!!!!」

ビュティ「えぇ!?!?!」

ボーボボ「かえせねえなら、このカップラーメン差し押さえね」

首領パッチ「やめてぇぇ!!!!!シーフードだけは堪忍してぇぇぇ!!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:06:25.18 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「食べよ」ズルズル

首領パッチ「この人!!!お湯を入れてから1分で!!!なんてやつなの!!!」

ボーボボ「麺がかたいわぁー!!!!!」ブンッ!!!!

首領パッチ「シーフードぉぉぉぉ!!!!!!」

破天荒「で、何のようだ?」

ビュティ「そのバッジが欲しくて……」

破天荒「はぁ……。お前、おやびんと対戦できると思ってるのか?まだ、一匹もポケモンを持ってないようだが」

ビュティ「い、います。隣に」

破天荒「隣……?」

ボーボボ「ゼニー、ゼニゼニー。ガメー」

ビュティ(ゼニガメになってるぅー!!!!)

破天荒「ゼニガメって、今はこんな姿なのか。知らなかったぜ」

ビュティ「いや、多分、違うと思います……」

首領パッチ「おもしれぇ。ゼニガメをもってるとはな。少しは楽しめそうだ。だが、最初からオレと戦えるとは思ってないよなぁ?」

ビュティ「テ、テストがあるんでしょ?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:12:41.06 ID:+9iAAXF70

首領パッチ「良く知ってるじゃねえか。なら話は早いな……」

ビュティ「は、はじめて、いいよ……」

首領パッチ「まずは小手調べといくか。おい、お前からこのお嬢ちゃんの相手をしてやりな」

ビュティ(部下がいるの……?)

シーフード「どうも」

ビュティ(カップラーメンだぁー!!!!!)

シーフード「私、ポケモントレーナーのシー・フードと申します」

ビュティ「モンスターボール投げれるの!?!ねえ、投げれるの!?!」

シーフード「無論です。さぁ、戦いましょうか」

ボーボボ「わかったぁー!!!!!」ズルズルズルズル

シーフード「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!!」

ビュティ「たべちゃったー!!!!!」

ボーボボ「ふぅ……。さぁ、次は誰だ?時間が惜しい、まとめてこい」

破天荒「てめぇ……!!!」ギリッ

首領パッチ(やだ!!私のシーフードが食べられちゃった!!おなかすいちゃう!!どうしよう!!!!)オロオロ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:19:33.50 ID:+9iAAXF70

破天荒「いいだろう!!全員!!出ろ!!!!」

カレー・シーフード・しお「「はい!!」」

ビュティ(カップラーメンが出揃ったー!!!!!)

ビュティ(い、いや、違う……。一種類だけいない!!一体どこに……!!)

首領パッチ「あと2分……あと2分……ウフフフ」

ビュティ(作ってる最中だー!!!!)

ボーボボ「させるかぁぁぁ!!!!鼻毛真拳!!!やどりぎのたね!!!!」

破天荒「なんだと!?!」

ビュティ「その技は!?」

ボーボボ「そう。やどりぎのたね。その名の通り寄生し体力を奪う技」

首領パッチ「てめぇぇ……!!!」

ビュティ(でもまだ、ポケモンいないのに……)

ボーボボ「さぁ!!!お前に寄生して体力を奪ってやるぞ!!!!オレを養えー!!!!オレはニートになってやるぅー!!!」

破天荒「ぐわぁぁぁ!!!!!」

ビュティ「お前が寄生するのー!?!?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:26:08.18 ID:+9iAAXF70

破天荒「ボボ太!!ボボ太!!!いい加減、働け!!!母さんも困っているんだぞ!!!」

ボーボボ「うるせぇ!!!オレは寄生するって決めたんだ!!!!」

破天荒「お前!!!母さんの気持ちも!!!」

首領パッチ「いいのよ、あなた」

破天荒「お前……。だけど!!」

首領パッチ「ボボ太。私、信じてるから。貴方がいつか……私の面倒を見てくれるって……」

破天荒「だが、オレももう体力の限界で……」

首領パッチ「……」

ガチャ……

首領パッチ「はっ!!ボボ太!?」

ボーボボ「母さん、父さん……オレ……オレ……」

破天荒「働くか!?」

ボーボボ「一生、遊んでくらすからよぉー!!!宝くじあててこいよぉー!!!じゃないと、過労死するぞぉー!?」

ビュティ(どら息子、ここに極まれりー!!!!)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:31:55.42 ID:+9iAAXF70

破天荒「ぐあぁぁぁ……もう……体力の限界だぁぁ……!!」

ボーボボ「ほーらほら!!!はたらけぇぇ!!!」

首領パッチ「やめろぉぉぉ!!!!!これが目にはらないかぁぁぁ!!!!」

ボーボボ「そ、それは……!!!ロト7!!!」

首領パッチ「何故、オレがこれを見せたのか、分かるな?」

ビュティ「ま、まさか……!!!!」

首領パッチ「ただの紙切れだからよぉー!!!!」ビリビリッ!!!

ビュティ(はずれてたのー!!!)

首領パッチ「当たってたら、破天荒にすら内緒で隠居するに決まってるだろ!!!!」

破天荒「!?」

ボーボボ「……あれ?これ1000円当たってるじゃん」

首領パッチ「なにぃぃぃぃぃ!!!!破天荒!!!拾い集めろ!!!!破天荒のハーヴェストで!!!!」

破天荒「わかりやした!!おやびん!!いけ!!!オレのハーヴェスト!!!」

子天荒「「「わー」」」ダダダッ!!

ビュティ「ちっちゃい破天荒さんがでてきたぁー!!!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:38:02.73 ID:+9iAAXF70

首領パッチ「よし!!これで全部だな!!!換金お願いします!!!」

ボーボボ「一度破れたものは、ムリ」

首領パッチ「そこをなんとかぁ!!!1000円あれば、おっかぁの薬もかえるんだぁ!!!」

ボーボボ「無理」

首領パッチ「たのむよぉぉぉ!!!!」

ボーボボ「鼻毛真拳奥義!!!『無理毛ー!!!!』」バーンッ!!!!

首領パッチ「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!!」

ビュティ(ギャル口調な必殺技でたー!!!)

ボーボボ「ルールは守ろうぜ」キリッ

破天荒「よくもおやびんを!!!こうなったら、ポケモンバトルだ!!!!」

ビュティ(今更ー!!?!?)

ボーボボ「いいだろう!!いけ!!ポッポ!!!君にきめたぁ!!!!」

ポッポ「――極楽浄土に行く術を教えてやろう」

ビュティ(ポケモンの分際でいつのまにゲットしてたのー!?!ポッポ・the・キングー!!!!)

破天荒「なるほど。面白い。なら、オレはこいつにするぜ!!!いけっ!!!」シュッ!!

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:45:18.89 ID:+9iAAXF70

バシュウゥゥ……!!!

ビュティ「一体、誰が……!!」

破天荒「はてはてー」

ビュティ「破天荒さーんだ!?!?じゃあ、誰がトレーナーなの……!?」

シーフード「いけぇ!!!破天荒!!!!」

ビュティ「カップラーメンだぁぁぁ!!!!」

ポッポ「相手にとって、不足なぁし!!!!」

破天荒「いくぞ!!!!」

ポッポ「おぉ!!!!」

ボーボボ「邪魔だ!!!!小鳥がぁぁぁぁ!!!!!」ドゴォ!!!!

ポッポ「ポボォ!?!」

ビュティ「仲良くしなよ!!!!」

ボーボボ「オレ以外のポケモン、皆、敵!!!!」

ビュティ(こいつの思考回路、こわーい!!!)

破天荒「余所見してたら、動けなくなるぜ?オレのカギ真拳でな!!!」ダダダッ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 19:52:27.03 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「ぬっ!?」

破天荒「LOCK!!!」ガチャン

ボーボボ「――」

ビュティ「ボーボボ!?どうしちゃったの!?」

首領パッチ「わからねえか?」

ビュティ「どういうこと!?」

首領パッチ「今、丁度3時のおやつだ。つまり、オレはカップラーメンを食べる!!!!」

シーフード「……!」

首領パッチ「いただきまぁーす!!!!貴様はこの食物連鎖からは逃れられないぜぇぇぇ!!!!」

シーフード「いつまでも捕食される側に甘んじているつもりはない!!!」

首領パッチ「なんだと!?」

シーフード「カップラーメン真拳奥義『熱々のスープ飛ばし』」ピュッピュッ

首領パッチ「ぎゃぁぁぁぁ!!!!!あちぃぃぃぃぃ!!!!!!!!」ゴロゴロゴロ

首領パッチ「――でも、うまーい!!」

ビュティ「どゆこと!?!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 20:07:40.76 ID:+9iAAXF70

破天荒「さてと……。これで終わりだな……」

ビュティ「あぁ!!起きて!!!」

破天荒「こうなったら、どうやっても無理だ」

ビュティ「なら、ボールの中に入ってもらうしか……!!!」

破天荒「させねえよ!!!」ダダダッ

ビュティ「そんな!!!」

首領パッチ「やめろ!!!」

破天荒「おやびん……!!」

首領パッチ「よく見てみろ。ボーボボの顔を」

破天荒「え……?」

ビュティ「なに……?」

ボーボボ「――」

首領パッチ「ぶっさいくじゃね!?ぶっさいくじゃね!?!ぎゃはははははは!!!!!」

破天荒「確かに!!!おやびんの言うとおりだ!!!」

ビュティ(悪口いいだしたぁー!!!!)

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 20:12:33.98 ID:+9iAAXF70

首領パッチ「積年の恨みじゃぁぁぁ!!!!!」ドゴォ!!!

ビュティ「なにするんだよ!!!やめてよ!!!」

首領パッチ「だまってろぉ!!!今ここで、今までの借りを清算してやるんだよぉ!!!」

ビュティ「無抵抗な相手に卑怯だよ!!!」

首領パッチ「しるかぁ!!!おらおらおらおら!!!!これはあの時食べられたカレーパンの分!!!」ドゴォ!!!

首領パッチ「そして、これはあのとき食べられたカレーパンの分!!!!」ドゴォ!!!!

ビュティ(どのときのカレーパンか全然わかりませんー!!!)

破天荒「おやびん!!トドメを!!!」

首領パッチ「わかってる!!!これで、トドメだぁぁぁ!!!!」

ビュティ「いやぁぁぁ!!!!」

ボーボボ「――ふんっ!!!!」パリーン!!!!

破天荒「ちっ!!もうLOCKが解けたか!!!」

ボーボボ「……」

ビュティ「ボーボボ!!」

首領パッチ「ボーボボ!!さあ、破天荒を倒しちゃって!!ビュティ、応援してるから!!!フレーフレーボーボボ!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 20:18:46.07 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「てめー、何属性だ?」

破天荒「オレか?みずタイプのポケモンだ」

ビュティ「そんな要素どこにもなかったじゃん!!!!」

ボーボボ「そうか。それは残念だったな」

破天荒「どういう意味だ?」

ボーボボ「オレはでんきタイプのポケモンだからな」

ビュティ「えぇぇー!?!ボーボボにもそんな要素なかったよ!!!」

ボーボボ「ピカッ、ピカチュウ。チュー」

ビュティ「それだけじゃん!!!いってるだけじゃん!!!!」

ボーボボ「甘く見るな、ビュティ。でんきタイプの技を今から見せてやろう」

ビュティ「でんきタイプの技を……!?」

破天荒「な、なに……!!!」

ボーボボ「うけてみろ!!!10まんボルトをなぁ!!!!」ゴゴゴゴ!!!

ビュティ「すごい!!!そんな技を!!!もしかして、本当にピカチュウ!?」

首領パッチ「ボーボボ!!!ファイトー!!!そのまま破天荒を感電死させちゃってー!!!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 20:23:26.98 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「いくぞぉぉぉぉ!!!!!」ダダダダッ

破天荒「くっ……!!!」

ボーボボ「うおぉぉぉぉ!!!!」ダダダダッ

ビュティ「どこいくのー!?!」

首領パッチ「あのやろう……出て行きやがった……」


―ポケモンセンター―

ナース「ご利用のかたはこちらにどうぞー」

ボーボボ「うぉぉぉぉぉぉ!!!!鼻毛真拳奥義!!!!『ナースコールは突然に!!!!』」ポチッ

ナース「あぁ!!105号室のマンキー顔のおっさんが大暴れしているに違いないわ!!!急ぎましょう!!」テテテテッ

ボーボボ「今のうちに……!!!」ササッ

ボーボボ「よし!!いくぜぇぇ!!!!」ダダダダッ


―トキワジム―

ボーボボ「ただいまぁー!!!!!手に入れてきたぞー!!!!!AED!!!!」

ビュティ「やろうとしてることわかった!!!やめてー!!!!効果ないからー!!!!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 20:28:06.24 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「んなもん!!やってみなきゃわかんねえだろうがぁ!!!!!」

ビュティ「わかるよ!!!それ心配停止している人には使えないんだよ!?!」

ボーボボ「分かってるさ。それぐらい」

ビュティ「だったら!!」

ボーボボ「首領パッチ!!!」

首領パッチ「はいはい?」

ボーボボ「息の根とめろぉ!!!!」ザンッ!!!!

首領パッチ「ぎゃらぁっ!?!?!」

ビュティ「そこまでしてAED使いたいか!!!!」

ボーボボ「首領パッチにセットしてっと」

ビュティ「相手は破天荒さんでしょ!?」

破天荒「おやびんになにをしやがる!!!」

ボーボボ「どいてろー!!!!!」ドゴォ!!!!

破天荒「がはっ!!!!」

ビュティ「もういいよ!!!これでボーボボの完全勝利だよ!!!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 20:34:06.62 ID:+9iAAXF70

ボーボボ「まだだ!!!オレの戦いは終わっちゃいねえ!!!ビュティに、マスターにオレがポケモンであることを証明するまではな!!!!」

ビュティ「ボーボボ……」

ボーボボ「だから、続けさせてくれ」

ビュティ「……ダメだよ!!!少し考えたけど、こんな方法をとってる時点であんたはポケモンじゃないよ!!!」

ボーボボ「しゃらくせぇぇ!!!!!オレの好きにやらせろぉぉ!!!!」

ビュティ(身勝手だぁー!!!!)

AED『この人に電気ショックは必要ありません』

ボーボボ「なんだと?」

ビュティ「ほら、無理なんだって」

ボーボボ「まだ心臓うごかしてんのかぁぁぁ!!!!首領パッチ!!!!!」ドガァ!!!!

首領パッチ「ごぶぅ!?!」

ビュティ「きゃぁぁぁ!!!!」

AED『今すぐ電気ショックが必要になりました。出力を選択してください』

ビュティ「出力!?!」

ボーボボ「100まんボルトで」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 20:39:17.50 ID:+9iAAXF70

ビュティ「一桁あがったー!!!」

AED『では、行きます。ピッピカチュー!!』バリバリバリ

ビュティ(この救命機器もピカチュウだー!!!)

首領パッチ「ぎゃらばらぎゃぼらぎ!?!!?」

ビュティ「やめて!!!もういいから!!!止めてー!!!」

AED『息の根を止めろ!!!!』

ビュティ「お前、何者!!?」

ボーボボ「積年の恨みじゃぁー!!!!あのとき貴様に食べられた、オレのカレーパンのうらみじゃぁー!!!」

ビュティ「お前ら、カレーパン取り合ってるだけだろ!?!」

AED『シニマシタ』

ビュティ「なんで最後だけ機械っぽく言ったの!?それで罪は軽くならないよ!?」

首領パッチ「……」

ビュティ「首領パッチくん……」

ボーボボ「まずは一勝だな。ビュティ」

ビュティ「……そうだね」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/17(月) 20:46:52.48 ID:+9iAAXF70

ビュティ「全然ポケモンバトルじゃないよ……はぁ……」

ボーボボ「ビュティ!!バッジがあったぞ!!」

ビュティ「え!?バッジ!?」

ボーボボ「ほら、ニコちゃんバッジがこんなにたくさん。100個ぐらい持ってたら、相手に翳すだけで逃げ出すんじゃないか?」

ビュティ「そんな印籠みたいな効果はないと思うけど……。それに、これは偽――」

首領パッチ「やるじゃねえか……」

ビュティ「首領パッチくん!!!」

ボーボボ「生きていたのか……。ならば!!!でんきショックだぁぁぁ!!!」グイッ

首領パッチ「きゃぁ!?やだ!!なにぃ!?!」

ボーボボ「おらららららら!!!!」ドドドドド!!

首領パッチ「いやぁぁぁぁ!!!だめぇぇぇ!!!!」

ビュティ「それ電気あんまだから!!!もうでんきネズミじゃないこと認めなよ!!!!」

ボーボボ「チュー?」

ビュティ「むかつく……!!」

首領パッチ「お前ら、このハジケジムを攻略するとはやるな……。てめえらで丁度100人目だ」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「アスカってどこのファン?」アスカ「阪神」