アスカ「ねえ、シンジ…。SMしよっか…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみん「男の臭い取れない」

ツイート

1 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/16(日) 20:44:19.69 ID:FW71wGEV0

シンジ「えっ…?」シャカシャカ

シンジ「」ピッ……

シンジ「ゴメン、アスカ」スポッ

シンジ「よく聞こえなかったんだけど……。今、何て言ったの?」

アスカ「だからSMよ、SM。SMをしよっかって言ったのよ」

3 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/16(日) 20:56:45.81 ID:FW71wGEV0

シンジ「えっ!」

シンジ「いや、その…///」

シンジ「その………何で、急に?」

アスカ「別にたいして理由なんかないわよ」

アスカ「ほら、今日はミサトも仕事で帰ってこないって言ってたし、TVもつまらないし、やる事もなくて退屈だから、暇潰しにSMでもしようかって言ってるのよ」

シンジ「暇潰しにやるような事じゃないと思うけど……」

アスカ「アンタ、バカァ? ドイツじゃSMなんて日常茶飯事よ。暇潰しにやる事に決まってるじゃない」

4 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/16(日) 21:05:56.56 ID:FW71wGEV0

シンジ「いや、でも…///」

シンジ「その…///」

アスカ「なに、嫌なの? それとも、お母さんの命日に女の子とSMするのがそんなに怖いの?」

アスカ「天国のお母さんが見てるかもしれないーってwwww バッカじゃない?」

シンジ「」カチン

シンジ「べ、別に怖くなんかないよ! SMぐらい!」

アスカ「…あっ、そう。じゃ、始めましょうか」

シンジ「……いいよ」スクッ

7 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/16(日) 21:20:32.44 ID:FW71wGEV0

アスカ「それじゃあ先に聞くけどさ、シンジ。アンタ、SかMかどっち?」

シンジ「えっ…?」

アスカ「アンタ、バカァ? SMをやるんだからどっちがSでどっちがMか決めないといけないでしょうが」

アスカ「で、どっちなのよ? S? M?」

シンジ「えと………」

シンジ「…どっちだろ………?」

アスカ「」ハァ…

アスカ「アンタってホントにバカね。自分でそんなのもわからないの?」

シンジ「えっ…。だ、だけど……」

アスカ「だから、私をいじめたいか、私にいじめられたいか、どっちよ? さっさっと決めなさいよ」

8 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/16(日) 21:38:50.48 ID:FW71wGEV0

シンジ「その………」

シンジ「アスカをいじめたいって僕は思わないし……」

アスカ「じゃあ、あんたがMでいいわね?」

シンジ「あっ、でも……」

アスカ「でも、何よ?」

シンジ「その……アスカにいじめられたいとも僕は思ってないから……」

シンジ「だから………」チラッ……

アスカ「」イライラ

アスカ「あー、もういいわ。それなら私が勝手に決めるから。何か文句ある?」ギロッ

シンジ「あ、ううん。別に………」オドオド

9 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/16(日) 21:49:41.24 ID:FW71wGEV0

アスカ「それじゃあ、どうしようかな……」

アスカ「普段は私Sだから、そのままじゃ面白くないし……」

アスカ「って事で、今日はアンタがS役に決めたわ。いいわね?」

シンジ「えっ……」


シンジ「…………」

アスカ「…………」



シンジ「えと………アスカ」

アスカ「何よ?」

シンジ「それって、僕がアスカをいじめる役になるって事だよね……?」


アスカ「は?」

シンジ「え、だから、その……」

シンジ「一応、確認っていうか……」

アスカ「」ハァ…

アスカ「アンタってホントにバカなの? それ以外どんなとらえ方があるっていうのよ?」

シンジ「いや、僕もそう思ったんだけど……。でも、なんかその………」

シンジ「…すごい意外だったから……いいのかなって………」チラッ…

アスカ「私がいいって言ってるんだから、いいに決まってるでしょう。そんな下らない事言ってないで、わかったらさっさと準備をしなさいよね。こちとら暇をもて余してるんだからさ」

シンジ「あ、うん、ごめん……」


シンジ「…………」



シンジ「……準備?」

10 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/16(日) 22:12:30.27 ID:FW71wGEV0

シンジ「あの……アスカ。……準備って何…?」

アスカ「アンタ、バカァ? SMをするんだから、道具を使うに決まってるじゃない。まずはそれを用意してきなさいよ」

シンジ「用意って……」

シンジ「その……何を持ってくればいいの?」

アスカ「……アンタ、まさかSMを一回もした事ないとか言うんじゃないでしょうね」

シンジ「あ、その……」

アスカ「……やっぱりね。これだから日本人は。内向的と言うか、消極的と言うか、その年になるまでSMを一回もした事ないとか、信じられないわね」

シンジ「し、仕方ないじゃないか! ここは日本なんだから…!」

アスカ「……まあ、いいわ。それじゃあ、特別にこのアスカ様が教えてあげるから、今から私の言う物を持ってきて」

シンジ「わ、わかったよ……」

18 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/18(火) 21:34:16.18 ID:Ml6lVChp0

アスカ「そうね……。まずはタオルかしらね。あとアイマスク。シンジは初心者だから、とりあえず今回はそれだけでいいわ」

シンジ「あ、うん……。タオルはお風呂場にあるから大丈夫だけど……」

シンジ「アイマスクなんてあったかな……?」

アスカ「確か、ミサトが前に使ってたのを見た事があるわよ。ミサトの部屋のどこかにあるんじゃない?」

シンジ「ミサトさんの部屋か……。留守の時に勝手に入るのは、気が引けるんだけど……」

アスカ「いいからさっさと持ってきなさいよ。後でこっそり返しとけば、ミサト、適当だから絶対気づかないわよ」

シンジ「うん……わかった………」テクテク…

19 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/18(火) 22:23:55.39 ID:Ml6lVChp0

ー 5分後 ー

シンジ「アスカー、持ってきたけど…」

アスカ「遅いわよ、シンジ。いつまで私を待たせる気よ」

シンジ「ご、ごめん……。ちょっとわかりにくいところに置いてあったから」

アスカ「まあ、いいわ。それじゃ、はい」クルッ

シンジ「?」

シンジ「急に後ろを向いてどうしたの、アスカ?」

アスカ「アンタが持ってきたタオルを使って、私の手を後ろで縛るのよ。ほら、手を後ろ向きにしてるから、早くしなさいよね」

シンジ「あっ、うん……」スッ…

グルグル、キュッ

シンジ「これでいい?」

アスカ「んー……。もう少し強めにかな。これだと緩すぎて、力を入れたらすぐにとれちゃいそうだから」

シンジ「そう? ……じゃあ、これぐらい?」ギュッ!!

アスカ「イタタタタ!! バカ! 強すぎよ!! 女の子なんだから、もっと優しく扱いなさいよ!!」

シンジ「ご、ごめん! ちょっとだけ緩めるから」

シンジ「」クイッ、ギュッ……

シンジ「これで大丈夫?」

アスカ「ん……。まあ、こんなものね。それじゃ、次はアイマスクを私につけて」

シンジ「うん……」ヒョイッ、スチャッ…

シンジ「これでいい?」

アスカ「うん、見えない。OKね」

アスカ「それじゃ、シンジ。早速、始めていいわよ」

20 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/18(火) 22:42:23.86 ID:Ml6lVChp0

シンジ「あの……。アスカ。始めるって……何を?」

アスカ「最初に言った通り、SMよ。アンタがS役なんだから、アンタが始めなきゃいつまで経っても始まらないでしょうが」

シンジ「あの……でも、僕……。SMをした事ないから、何をしていいかわからないんだけど……」

アスカ「別に、深く考えずにアンタがしたいと思う事をすればいいのよ」

シンジ「したいと思う事って……」

シンジ「えと……そんな事、急に言われても、すぐには思いつかないし…」

アスカ「アンタ、バカァ? アンタだって一応、年頃の男なんでしょ? 目の前には縛られて目隠しされてるアスカ様がいるのよ。それを見て、何かしたいとか思わないわけ?」

シンジ「いや、その……///」

シンジ「そういう訳じゃないけど、でも……///」

シンジ「何かしたら、その……。アスカに蹴られそうだし……」

アスカ「」イラッ

アスカ「大丈夫よ。よっぽどの事をされない限りは蹴らないから。それよりも、さっさとしない方がイライラするから早く始めて」

シンジ「えっと、じゃあ……」

シンジ「その……キス、してもいい?///」

アスカ「///」

アスカ「……き、聞かなくていいから、早くしなさいよ…//」ボソッ

シンジ「う、うん……///」スッ…

アスカ「///」ドキドキ


チュッ…


アスカ「…ん///」

シンジ「…///」

21 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/18(火) 23:05:13.98 ID:Ml6lVChp0

シンジ「///」

アスカ「///」


シンジ「……その、やっぱり少し恥ずかしいね。こういうのって」

アスカ「そんな事、わざわざ言わなくていいから//」

シンジ「あ、ごめん…」

アスカ「別にいいわよ// 謝らなくても……///」

シンジ「そう…? それなら良かったけど…//」

アスカ「うん……//」コクッ…


シンジ「…………」

アスカ「…………」


シンジ「…………」

アスカ「…………」


アスカ「……シンジ、その………//」

シンジ「何?」

アスカ「……続き、は…?//」ボソッ…

シンジ「?」


シンジ「…続き?」


アスカ「え?」

シンジ「え?」

22 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/18(火) 23:23:58.70 ID:Ml6lVChp0

アスカ「シンジ。アンタ、バカじゃなくてガキなの? キスして終わりってどういう事よ!」

シンジ「え……」

シンジ「その……他にもしていいの?」

アスカ「いいから私は今こんな状態になってるんでしょうが。バカなのもいい加減にしなさいよ!」

シンジ「あ、ごめーー」

アスカ「謝らなくていいから! さっさとしなさいよ、もう!」

シンジ「えと……じゃあ………」

シンジ「」スッ


チュッ…

アスカ「ん……//」

クチュ…

アスカ(あ……シンジの舌が…………///)

レロ……レロ……
クチュクチュ……

アスカ(ん…//// ……気持ちいい…………///)


シンジ「」スッ……

アスカ「あ…………」


シンジ「…あ、あの………アスカ…////」

アスカ「……な、なによ…?////」


シンジ「……その……大人のキスって……こんな感じで良かった…かな……?///」

アスカ「ん……まあ、そんなものね…/// 初めてにしては……まあまあよ…///」

シンジ「良かった…少し心配だったんだ……」ホッ…

アスカ「…バカ……///」


シンジ「…………」

アスカ「…………」


シンジ「…………」

アスカ「…………」



アスカ「シーンジー…!!」

シンジ「…えっ?」キョトン

23 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/18(火) 23:38:52.37 ID:Ml6lVChp0

アスカ「アンタ、何でそこで終わりにするのよ! これじゃあ、私、ずっとおあずーー」

アスカ「/////」

シンジ「アスカ? どうしたの?」

アスカ「な、何でもないわよ!! それより、シンジ!! これじゃあちっともSMになってないでしょうが!! アンタ、私にしたい事ってキス以外にないの!?」

シンジ「あ、えと……//」

シンジ「その……//」

シンジ「あるにはあるんだけど……//」

アスカ「だったら、それをすればいいじゃないの! 何でしないのよ!」

シンジ「えと……////」

シンジ「あの……////」モゴモゴ

アスカ「あー、もう、じれったいわねー! その優柔不断な性格、いい加減に直しなさいよね!」

シンジ「ご、ごめーー」

アスカ「そうやってすぐに謝る!」

シンジ「あ、えと、でも……アスカ怒ってるし………」

アスカ「怒ってないわよ! だから謝らないでよ!」

シンジ「う、うん……」

アスカ「」イライラ

27 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/19(水) 19:29:33.21 ID:fJOr7xYY0

アスカ「で、シンジ。アンタがしたい事って何よ。何でそれをしないのよ」

シンジ「その…………。あの……///」

シンジ「……へ、変な事するとさ……///」

シンジ「アスカに蹴られそうだし……」チラッ

アスカ「はあ?」

シンジ「あっ、でも、変な事って言っても、顔に落書きしたりとか、鼻をつまんでみたりとか、そういう事じゃないんだ。もっと、なんて言うか、その……」

シンジ「…大人が夜にやるような事とか……///」ボソッ

アスカ「/////」カアッ

28 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/19(水) 19:46:26.91 ID:fJOr7xYY0

アスカ「バカ……改めて言われると、私まで恥ずかしくなるじゃない//」

アスカ「と、とにかく、アンタがしたいと思ってる事を私に好きにすればいいのよ///」

アスカ「私は抵抗しないし、したくてもどうせ出来ないんだから///」



アスカ「だから、その……///」モジモジ…

アスカ「……私は今…アンタのオモチャになってるんだから、私で好きに遊びなさいよね/////」ゴニョゴニョ

シンジ「/////」カアッ


シンジ「あ、あのアスカ// オモチャって……///」

アスカ「う、うるさい!/// SMなんてそういうもんなのよ!/// 二回も言わないでよ、バカ!!///」

シンジ「ご、ごめん……」

アスカ「謝るなって言ってるでしょうが! アンタ、S役なんだから、なに言われても謝らなくていいのよ! いいわね!」

シンジ「うん……その…………わかった」

アスカ「じゃあ、ほら……。続き、しなさいよ//」

シンジ「えっと…………しても、怒らない?」

アスカ「怒らないから」

シンジ「……蹴らない?」

アスカ「蹴らないから」イライラ

シンジ「だけど、アスカ。そう言ってたのに、前に僕を蹴ってきた事あるし……」

アスカ「あー、もう!わかったわよ!」

アスカ「シンジ、もう一回お風呂場に行って、タオルをもう一枚持ってきて! それで私の足を縛りなさいよ! そうすれば絶対に蹴れないから、アンタも安心して出来るでしょう!」

シンジ「……いいの、アスカ?」

アスカ「いいわよ! だから早くしてよ!」

シンジ「うん、わかった。じゃあ、ちょっとだけ待っててね」テクテク



アスカ「もう!/// バカ!///」

29 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/19(水) 20:00:55.10 ID:fJOr7xYY0

ー 2分後 ー

シンジ「じゃあ、アスカ。足を縛るからそっちのソファーに座ってもらえる」

アスカ「シンジ。私、目隠しされてるんだから、そっちとか言われたってわかんないわよ。誘導ぐらいしなさいよね」

シンジ「ああ、うん、ごめん。えっと……じゃあ背中押すから…………背中触っても大丈夫?」

アスカ「いいわよ、別に」

シンジ「あ、うん。じゃあ、ゆっくり押してくから、転ばないよう気をつけてね」スッ……

アスカ「わかってるわよ」

シンジ「こっち、アスカ」クッ……

アスカ「うん……」ヒョコ……ヒョコ……


シンジ「そこで止まって」

アスカ「うん……」ピタッ


シンジ「で、後ろを向いて」

アスカ「ん……これでいい?」クルッ


シンジ「うん。大丈夫。で、そのまま座って」

アスカ「……座るの?」

シンジ「?」


シンジ「うん……そうだけど」



アスカ「……シンジ。一応聞くけど、ホントにこの後ろソファーでしょうね? 何もないとか、そういう事はないわよね?」

シンジ「アスカ、ひどいよ。今まで僕がアスカに嘘をついた事なんてあった?」

アスカ「……ミサトならともかく、アンタが言うと妙な説得力があるわね」

アスカ「わかったわよ……座るから」ソッ……

モフッ…


シンジ「ほら。ソファーだったでしょ?」

アスカ「はいはい。疑って悪かったわよ。見えなくて不安なんだから、確かめたくなるのはしょうがないでしょうが。男のくせに、いちいちしつこいのよ、アンタは」

シンジ「あっ、ごめん……つい……」

アスカ「シンジ。謝らなくてもいいってさっきから何回も言ってるでしょう。それより、足を縛るんだったらさっさとしなさいよ」

シンジ「うん……わかった」スッ……


30 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/19(水) 20:18:13.19 ID:fJOr7xYY0

グルグル、ギュッ

シンジ「……アスカ。足、縛り終わったけど、今度はきつくない?」

アスカ「……うん、まあ、大丈夫よ」


アスカ「それじゃ……続き、しなさいよね//」

シンジ「うん…///」コク…


シンジ「えっと……//」

シンジ「耳……なめるからね、アスカ//」スッ……

アスカ「だから、いちいち言わなーーんっ///」ビクッ


ペロッ……
チュパッ……


アスカ「あっ//」ビクッ


チュクチュク……
レロ……


アスカ「やだ…/// やめてよ、シンジ/// んっ///」ビクビクッ

シンジ「え! ご、ごめん!」ピタッ


アスカ「え…………」

シンジ「…?」



アスカ「アンタ、バカァ!!」

シンジ「な、何でだよ! 怒らないってさっき言ったばかりじゃないか! アスカの嘘つき!」

31 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/19(水) 20:30:25.05 ID:fJOr7xYY0

アスカ「や、やめてって言ったのは演技よ! 演技! 本当にやめるバカがどこにいるのよ!!」

アスカ「私はM役なんだから、嫌がるフリをするのは当たり前でしょうが!! SMってえのは、そういうものなのよ! バカシンジ!!」

シンジ「だ、だったら、最初からそう言ってくれなきゃダメじゃないか! 僕はSMなんてした事ないんだから、そんなのわかる訳ないよ!」

アスカ「う、うるさいわね! アンタ、初めてエヴァに乗った時もいきなりシンクロしたから、わかると思ったのよ!」

シンジ「エヴァとSMじゃまるで違うよ! 最初に説明してもらわなきゃ、わからないよ!」

アスカ「男だったら、つべこべ言うんじゃないわよ! とにかく、早く続き! ほら!」クイッ……

シンジ「わ、わかったよ、もう…!」スッ……

アスカ「何でアンタが逆ギレしてーーんっ!」ビクッ


ペロ……
チュパッ……
ピチャピチャ……


アスカ「あっ…// んっ…///」ビクビクッ

シンジ「……次、首すじなめるからね// ……アスカ//」

アスカ「……だから、言わないでよ// いきなりされるのがいいんだかーーぁっ///」ビクッ

チュルッ……
スーッ……ペロッ……
レロレロ……

アスカ「や/// んっ///」ブル……ピクピク……

アスカ「シンジ、ダメ/// やめて///」クネクネ…

シンジ「アスカ//」

シンジ「…なんか、すごく可愛いよ///」

アスカ「や…/// やだ…/// 言わないでよ、そんなーーあっ///」ビクッ

アスカ「んっ/// んうっ///」ハァハァ……ハァハァ……



ピーッ、ピーッ、ピーッ

シンジ「あっ、洗濯物が終わった。取り込まないと」スッ……テクテク……

アスカ「…………」



アスカ「ちょっと、シンジ!! 待ちなさいよ、このバカァ!!!」

32 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/19(水) 20:44:43.97 ID:fJOr7xYY0

シンジ「な、なに、アスカ? 急に大きな声出して…」

アスカ「なに、じゃないわよ! 洗濯物なんか、今は放っておけばいいでしょうが!! なんで毎回途中でやめちゃうのよ!!」

シンジ「え、だ、だけど……洗濯物って、洗い終わったらすぐに洗濯機から出さないと、しわくちゃになるし、臭いもついちゃうし……」

アスカ「そんなのどうでもいいわよ! 今は私の相手をしなさいよね!」

シンジ「よくないよ! また僕が洗い直さないといけないんだよ! それに、放ったままにしておいたら、気になってアスカだけに集中出来ないよ!」

アスカ「私だけ?//」ドキッ


アスカ「んー……。むう……」プクー

シンジ「ね、お願いだよ、アスカ。出来るだけ早く洗濯物を片付けるからさ。だから待っててよ」

アスカ「…………わかったわよ。でも、本当にすぐに片付けるのよ。いい?」

シンジ「うん。ちょっと待っててね」ニコッ

シンジ「」テクテク……



アスカ「……ねえ、シンジ。目隠しされてて見えないから気のせいかもしれないけど、アンタ、もしかして普通に歩いてない? 本当に急いでる?」

シンジ「そんな事ないよ。走ってるよ。本当に急いで終わらせるから、もう少しだけ待っててね、アスカ」テクテク

アスカ「……そうなの…? まあ、わかったけど……」

38 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/24(月) 22:31:01.84 ID:SqOAg0Pq0

ー 10分後 ー

アスカ「むー……」

シンジ「♪」

アスカ「シンジ、まだー」

シンジ「もうちょっとだから、あと少しだけ待ってて」テクテク

シンジ「よいしょっと」ポイッ、ポイッ

アスカ「……?」

シンジ「これで良し」バタン、カチッ

ウィーン……

ゴウンゴウン……
ゴウンゴウン……

アスカ「…………」

アスカ「……あのさ、シンジ」

シンジ「何?」

アスカ「……アンタ、ひょっとして洗濯物を乾燥機の中に入れたりとかしてないでしょうね?」

シンジ「えっ? そうだけど……それがどうかしたの?」

アスカ「アンタ、バカァ!? そんなのしたら、また15分後ぐらいに乾燥機が終わったとか言って、途中でやめにするんじゃないの?!」

シンジ「あっ……」

アスカ「あっ、じゃないわよ! どんだけバカなのよ、アンタは!!」

シンジ「…………そういえば、そうだよね。ゴメン、アスカ。気がつかなかったんだよ」

アスカ「だったら、今すぐ止めなさいよ! 乾燥機を!!」

シンジ「でも……」


シンジ「……やっぱり、洗濯物を濡れたままにはしておけないしさ。お願いだから、アスカ。もう少しだけ待っててくれないかな?」

アスカ「ぜーったい、嫌! もう充分待ったもん、私!」

シンジ「えと…………困ったなあ……どうしよう……」

39 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/24(月) 22:47:00.05 ID:SqOAg0Pq0

シンジ「そうだ、アスカ。こうしようよ。乾燥機が終わるまでの間、僕がアスカの言う事を何でもきくから」

アスカ「」ピクッ

シンジ「だから、もう少しだけ待っててくれないかな? お願いだよ、アスカ」

アスカ「……」

アスカ「……それ、何でもって言ったら、本当に何でもでしょうね?」

シンジ「あ……えっと…………」

シンジ「その……僕に出来る事だったら何でも…かな?」

シンジ「あと、乾燥機が終わるまでの15分か20分ぐらいの間だけだけど……」

アスカ「むー…………」

シンジ「それじゃ、ダメかな……?」

アスカ「んー…………」

アスカ「…………わかったわよ、しょうがないわねえ。それで我慢してあげるわよ」

シンジ「良かった…」ホッ

40 名前: ◆yayKf3udrU[saga] 投稿日:2013/06/24(月) 23:08:02.97 ID:SqOAg0Pq0

アスカ「じゃあ、シンジ。とりあえず、この目隠しとか外してよ。それからしたい事、考えるから」

シンジ「?」



アスカ「シンジ?」



シンジ「えと……外さなきゃダメなの?」

アスカ「なに、あんた、もしかして外さない気だったの?」

シンジ「だ、だって、外したら……その……」

シンジ「ひょっとしたらアスカの気が変わって、もう二度とこんな事してくれなくなるかもしれないし……」

アスカ「…………」

アスカ「へー……そうなんだ。つまり、シンジは私とこの続きをしたいと思ってるのね?」

シンジ「そりゃ……その……//」

シンジ「そうだよ///」


シンジ「だってしょうがないじゃないか//」ボソボソ

シンジ「僕だって……その…………男だし……//」ボソボソ

シンジ「それに、アスカ、こんなに可愛いから//」ボソボソ

アスカ「///」ドキッ

アスカ「ふ、ふーん……。まあ、私が可愛いのは当然として…//」

アスカ「それにしちゃあ、さっきから、ずいぶんと私をほったらかしにしてるんだけど、これはどういう事なの?」

シンジ「あ……だって……その……//」

アスカ「…だって、何よ? 男だったらはっきり言いなさいよ」

シンジ「その……僕はアスカと違って、色々と初めてだから……その…//」ボソボソ

シンジ「焦ったりとかして……アスカの前で恥とかかきたくなかったし…//」ボソボソ

アスカ「…………」キョトン

アスカ「……」クスッ

アスカ「アンタって本当にバカねえ。そんな事心配してたの?」

シンジ「し、仕方ないじゃないか! 初めてなんだから! そうじゃないアスカに僕の気持ちなんかわかんないよ!」

アスカ「べっつにー。そんな事ないわよ。だって、私も初めーー」

アスカ「///」ゲフッ、ゴフンッ

シンジ「?」

41 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/24(月) 23:17:48.47 ID:SqOAg0Pq0

アスカ「と、とにかく!//」

アスカ「アンタはそんな心配なんかしなくてもいいのよ。アンタがどんな失敗したって、私は絶対に笑わないし、バカにしたりとかしないから」

アスカ「だから、その……アンタの好きなようにしなさいよ//// 私だって……シンジに好きなようにされたいんだから/////」

シンジ「/////」カアッ


シンジ「えと……アスカ……///」

アスカ「あー、もう!/// アンタの言いたい事はわかってるから黙っててよ!/// 女の子にこんなセリフを言わせないでよ、バカ!!/////」

シンジ「…う、うん……///」


42 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/24(月) 23:36:21.88 ID:SqOAg0Pq0

シンジ「えと……その……アスカ……//」

アスカ「な、何よ?//」

シンジ「乾燥機が終わった後でさ……その……//」

シンジ「……アスカを……僕の…したいようにするからさ……//」ボソボソ

シンジ「あ、でも、出来るだけ、アスカを大事にはするよ//」

アスカ「/////」カアッ……

シンジ「その……だから……//」

シンジ「今は……アスカがしたい事を言ってくれれば……//」

アスカ「う、うん……///」コクッ…



アスカ「じゃあ……その……シンジ//」モジモジ…

シンジ「何?」

アスカ「……もう、このままでいいからさ…//」

アスカ「……私を…ギュッってしてよ…///」

シンジ「……?」キョトン


シンジ「首を?」


アスカ「ち、違うわよ! バカァ!///」

アスカ「私を抱きしめなさいって言ってるのよ!///」

シンジ「あ…///」


シンジ「うん……わかった///」コクッ…

シンジ「」ソッ……

アスカ「///」ドキドキ、ドキドキ…


ギュッ……


アスカ「ん…///」ピクッ…

シンジ「……アスカの体……柔らかいね//」

アスカ「…それ…本当…?///」ドキドキ

シンジ「うん…// こうしてると…守ってあげなきゃいけない女の子なんだなって思う//」

アスカ「////」


アスカ「あ、ありがと…/////」モジモジ…

47 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/29(土) 18:08:17.67 ID:G4FYW9AJ0

アスカ(……シンジの腕の中……気持ちいい……//)

アスカ(…このまま…キスして欲しいけど……///)

アスカ(……でも、それされたら……//)モジモジ……

アスカ(…私……きっと、またさっきみたいに続きをしてって言っちゃうだろうし…/////)カアッ…

アスカ(うぅ…////)モジモジ……

アスカ(シンジのバカァ……)

アスカ(私がどれだけの覚悟で、SMしよっかなんて言ったと思ってるのよ……!//)

アスカ(私からじゃ、恥ずかしくて色々出来ないから、アンタにS役を譲ったのに……!//)

アスカ(途中で終わるってわかってて、今、キスしてとか言える訳ないじゃない……!//)

アスカ(うぅ……////)モジモジ……

49 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/29(土) 18:46:46.99 ID:G4FYW9AJ0

シンジ「……ねえ、アスカ…///」

アスカ「な、何よ……///」

シンジ「……次、僕はどうすればいい?//」

アスカ「…………じゃあ……その……//」モジモジ……

アスカ「……キ」

アスカ「うー……///」

シンジ「?」

シンジ「…どうしたの、アスカ?」

アスカ「何でもないわよ!//」

シンジ「……?」

アスカ「じゃあ……その……」

アスカ「…………耳かき……してよ……//」ブスッ……

シンジ「耳かき?」

アスカ「今日しようと思って忘れてたの!// だけど、今、手足が縛られてるから出来ないでしょ! だから、アンタが私の代わりにするのよ!//」

シンジ「あ、うん……」

シンジ「じゃあ、耳かき持ってくるからちょっと待っててね」スッ……

アスカ「あ…………」

シンジ「何? アスカ?」

アスカ(もうちょっとだけ……ギュッって……)

アスカ「」ブンブン ← 首ふり

アスカ「何でもない!// 早く持ってきて!!//」

シンジ「う、うん……」

50 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/29(土) 19:12:22.46 ID:G4FYW9AJ0

シンジ「アスカ、持ってきたから……えっと……」

アスカ「それじゃ、シンジ、私の隣に座って」

シンジ「あ、うん……」ストッ……

アスカ「えっと……アンタはここか」ペタペタ

シンジ「あっ、ちょっとアスカ// 顔、触ってる///」

アスカ「しょうがないでしょ、見えないんだもん。……シンジ、ちょっとそのままじっとしててね」

シンジ「う、うん……//」

アスカ「よいしょっと……」ゴロ……

アスカ「うん……// いいわよ、耳かきしても//」

シンジ「あ、あの……アスカ……// これって膝枕って言うんじゃ……//」

アスカ「じゃあ、アンタ、それ以外にこの状況で耳かきする方法があるって言うの?//」

シンジ「いや、ないと思うけど……//」

アスカ「だったら、いいじゃない// 耳かき……してよ///」

シンジ「う、うん……」ソッ……

シンジ「アスカ、耳触るからね……」

アスカ「触る以上の事を散々しといて、今更何で断りいれるのよ……バカ//」

シンジ「あ…///」

シンジ「うん……//」


シンジ「」カキ……カキ……


シンジ「……アスカ、痛かったら痛いって言ってね」

アスカ「うん、大丈夫……//」


シンジ「」カキ……カキ……


アスカ「あんたの足……意外と筋肉質なのね……。想像してたより、ちょっと固い……」

シンジ「……寝心地、悪かった?」

アスカ「悪い訳じゃないけど……。アンタもやっぱ男なんだなって、それだけよ」

シンジ「よくわからないけど……。誉めてもらったって事でいいの?」

アスカ「鈍感// それぐらい自分で判断しなさいよね」

アスカ「…………」

アスカ「わかってると思うけど……けなした訳じゃないから…//」

シンジ「うん、わかってるよ。ありがとう、アスカ」ニコッ

アスカ「別に……大した事言ってないわよ……//」

51 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/29(土) 19:23:54.06 ID:G4FYW9AJ0

シンジ「アスカ、片方終わったから、次、反対側ね」

アスカ「あ、うん……逆向きに寝っ転がればいい?」

シンジ「……それだと僕がちょっと困るかな……。僕が反対側に移るから、一度起こすよ」

アスカ「うん……」コクッ……

シンジ「よいしょっと……」←抱きかかえ

アスカ「あ……//」

シンジ「で、僕が移動して……」スクッ、スタスタ……ストッ

シンジ「いいよ、アスカ」

アスカ「えっと……ここ?」ペタペタ

シンジ「あ、うん……//」

アスカ「……じゃ、寝るから……」ゴロン……


シンジ「」カキ……カキ……


シンジ「」カキ……カキ……


アスカ「ねぇ…シンジ……」

シンジ「何?」

アスカ「私の髪ってさ……」

アスカ「その……シンジから見て、綺麗だったりする?//」

シンジ「……綺麗だよ」ニコッ

アスカ「だったら……その……」

アスカ「髪……触ってみる?//」

シンジ「……いいの?」

アスカ「///」コクッ……

シンジ「」ソッ……

シンジ「……アスカの髪……サラサラだね」ニコリ

アスカ「…ありがと///」コクッ……


サラッ……サラッ……


アスカ「シンジ…//」

シンジ「何?」

アスカ「……頭を撫でたりとかも一緒に…///」

シンジ「…………うん//」


ナデナデ……


アスカ「♪///」

52 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/06/29(土) 20:19:01.62 ID:xOwj/kVf0

アスカ「ねぇ……シンジ……///」

シンジ「どうしたの、アスカ?」

アスカ「私の事……///」ゴニョゴニョ……

アスカ「好き…?/////」ゴニョゴニョ……

シンジ「………………」


シンジ「」チラッ…… ←時計を見る

シンジ(あと1分ぐらいか……)

シンジ(それなら、話を引き延ばして……)


シンジ「…………アスカ」

アスカ「な、何…?///」ドキドキ、ドキドキ

シンジ「その…………」

アスカ「うん…///」ドキドキ、ドキドキ

シンジ「アスカの声が小さくてさ……。さっき、よく聞こえなかったんだけど……」

シンジ「……何て言ったの?」

アスカ「だからその……////」ゴニョゴニョ……

アスカ「私の事……好ーー」


ピーッ、ピーッ、ピーッ


シンジ「あっ、乾燥機が終わった。ごめんね、アスカ。一旦、どかすよ」ヒョイ

シンジ「すぐ片付けてくるから、待っててね」ニコリ

シンジ「♪」スタスタ……


アスカ「」プルプル……



56 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/02(火) 18:54:18.43 ID:0MeWOAyR0

アスカ「シンジー!」ジタバタ!

シンジ「ん?」キョトン

シンジ「どうしたの、アスカ?」

アスカ「どうしたのじゃなくて! 何で話を最後まで聞いてくれないのよ!」ジタバタ!!

シンジ「あ、ゴメン……。じゃあ今聞くね」ニッコリ

シンジ「何、アスカ?」

アスカ「な、何って、その……//」

アスカ「うー…!////」

アスカ「今、こんな雰囲気で言える訳ないじゃない! バカァ! もういいわよ!!」←半泣き

シンジ「…………」

シンジ「……変なアスカ」クスッ

アスカ「もぉー!!」ジタバタ!!

シンジ「……それじゃ、アスカ。僕、洗濯物出して、たたんじゃうからちょっと待っててね」

アスカ「うー!!」ジタバタ!!

アスカ「うがぁー!!」カジカジ ←クッションに噛みついて八つ当たり

57 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/02(火) 19:02:28.08 ID:0MeWOAyR0

シンジ「♪♪」←洗濯物たたみ中

アスカ「」ガジガジ ←クッション噛み中


シンジ「…………」チラッ…

シンジ「……アスカ、いつまでそうしてるの?」

アスカ「」プイッ

アスカ「」カジカジ、カジカジ

シンジ「…………」


シンジ「あの……ゴメンね。アスカ」

アスカ「…………」


アスカ「」カジカジ……

シンジ「アスカがさ……。何で怒ってるのか僕にはわからないけど……でも、僕のせいなんだよね?」

アスカ「」カジカジ……

シンジ「その……この洗濯物たたむのが終わったらさ。本当にもう、やらなきゃいけない事は何もないから……」

アスカ「……」カミカミ……

シンジ「ずっとアスカだけ…見てるようにするから……//」

アスカ「///」カミカミ……

シンジ「女の子として……// 僕はアスカの事が一番大事だからさ……///」

アスカ「/////」カミカミ、カミカミ ←クイックモーション

シンジ「その……///」

シンジ「……後で、僕の部屋のベッドにアスカを連れてってもいいかな?////」

アスカ「////////」ボンッ!!


アスカ「///////」コクコク……

シンジ「良かった///」

シンジ「じゃあ、もう少しでたたみ終わるから、あとちょっとだけ大人しく待っててね、アスカ//」ニコリ

アスカ「/////」コクン……

58 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/02(火) 19:08:22.74 ID:0MeWOAyR0

ー 5分後 ー

シンジ「それじゃ、アスカ…//」

アスカ「/////」ドキドキ

シンジ「僕の部屋のベッドまで運ぶから、大人しくしててね///」

アスカ「うん…/////」コクン…

シンジ「」ソッ…… ←手をアスカの背中と足に

アスカ「//」ビクッ

シンジ「アスカ、動かないで…」

アスカ「……ゴメン、つい…////」モジモジ……

シンジ「いいよ、そんな謝らなくても」ニッコリ

アスカ「///」


シンジ「それじゃ持ち上げるね、アスカ……」←お姫様抱っこ初挑戦

アスカ「あ…///」ヒョイ……

シンジ「……」

アスカ「♪…////」←憧れのお姫様抱っこにご満悦

シンジ(…………アスカ、意外と重い……!)←こっちは結構、いっぱいいっぱい


シンジ「」トコ……トコ……

シンジ「」フラ……フラ…… ←余裕を見せたいので、無言

アスカ「////」キュンキュン♪ ←とっても満足


何だかんだでシンジの部屋まで

59 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/02(火) 19:13:06.47 ID:0MeWOAyR0

ー シンジの部屋 ー

シンジ「アスカ、ベッドに下ろすね」

アスカ「///」コク…

シンジ「」ソッ……

アスカ「///」ポフッ……

シンジ「アスカ……もう少し奥に行って」

アスカ「うん…///」コロン……

シンジ「後ろで縛られてる手……痛くない?」

アスカ「大丈夫……// ベッド、柔らかいし…//」

シンジ「うん……。でも、痛くなったらすぐに言ってね……」

アスカ「うん……///」コクン……



シンジ「アスカ…//」ソッ…… ←ベッドの上に

ギシッ……


アスカ「////」ドキドキ、ドキドキ…

シンジ「顔、すごい赤いよ//」

アスカ「だって……/////」

アスカ「緊張、してるから……////」ボソッ……

シンジ「大丈夫…。優しくするから……///」

アスカ「うん…/////」コク……

60 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/02(火) 19:18:28.47 ID:0MeWOAyR0

ギシッ……

アスカ「////」ビクッ……


シンジ「キス…するよ///」ソッ……


チュッ…


アスカ「…ん////」


シンジ「」ソッ……

アスカ「あ………シンジィ…//」

シンジ「うん……。もう一回、だよね…?」

アスカ「…////」コク……

シンジ「」ソッ……


チュッ……


クチュ……
レロレロ……
ペチャペチャ……


アスカ「ん…// ン…////」ビクッ…


シンジ「……アスカ……舌…出して……///」


アスカ「……///」レロ……

シンジ「…うん///」ソッ……


チュル……
ペチャ……ペチャ……
チュパ……チュパッ……


アスカ「や…////」ビクッ……


アスカ「ん…////」ハァ……ハァ……


61 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/02(火) 19:23:06.99 ID:0MeWOAyR0

アスカ「シンジ…////」

シンジ「アスカ…//」


……ペロッ


アスカ「んン////」ビクッ!

アスカ(や……/// 耳……また……///)


ピチャペチャ……
レロ……チュパッ……


アスカ(……あ……ん…/// 気持ちいいっ……///)ビクッ!!


ツー、レロ……
チュッ、チュッ……
ペロペロ……


アスカ(……んンっ……今度、また首すじに……////)ビクビクッ!!

アスカ(……ずっと待ってた分……いっぱい、いっぱい……んっ////)ビクッ!!


アスカ「…ぁっ……////」ビクン……!!


アスカ「…やぁっ……////」ビクン……!!






シンジ「」スッ……

アスカ「////」ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……


62 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/02(火) 19:28:47.95 ID:0MeWOAyR0

シンジ「アスカ……服、脱がせるよ…//」スッ……

アスカ(あ……服、まくられてる…///)ドキドキ

アスカ「シンジ、やだ/// やめて////」ハァ……ハァ……

シンジ「え……」ピタリ……

アスカ「やあ///」ブルブル ←首ふり

アスカ「違うの、シンジ!/// 脱がしてっ!!////」

シンジ「…う、うん// ……わかったよ、アスカ///」

スッ……


アスカ「…////」←服まくられ状態

シンジ「……アスカ、下着は白なんだね///」

アスカ「やあ、恥ずかしいから見ないでよ…/////」

シンジ「えっと……。じゃあ見ないようにするけど……」

アスカ「ダメっ!/// 見て!/// 触ってよ、シンジ!////」

シンジ「う、うん……///」

ソッ……

ムギュ……

アスカ「ん…/////」

モミ……モミ……

アスカ「んん…/////」クネ……クネ……

シンジ「気持ちいいの、アスカ?//」

アスカ「/////」コク……

モミモミ……


モミモミ……


アスカ「ん…////」ハァハァ……

アスカ「あッ…////」ハァハァ……




63 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/02(火) 19:33:32.42 ID:0MeWOAyR0

アスカ「……ねぇ、シンジ…///」ハァハァ……ハァハァ……

シンジ「……何?」


アスカ「……もっと……して…////」ゴニョゴニョ……


アスカ「……直接……触って…/////」ゴニョゴニョ……


シンジ「…………アスカ、それっておねだり?///」

アスカ「…/////」カアッ

アスカ「だ、だって……///」ボソッ…

アスカ「言わなきゃ、シンジ……いつまで経ってもしてくれそうにないから…////」ボソッ……

シンジ「……///」

シンジ「じゃあ……ブラを上にずらすね…///」

アスカ「//////」コクン……


クイッ……


アスカ「…////」

シンジ「……///」

アスカ(シンジに……見られてる///)ドキドキ、ドキドキ

アスカ(小さいとか思われてないかな…////)プルプル……

シンジ「…………///」

アスカ(…何か言うかするかしてよ、シンジ……////)ドキドキ、ドキドキ


シンジ「アスカ…///」

アスカ「///」ドキッ

アスカ「な…に…?////」ドキドキ……

シンジ「……綺麗だよ///」

アスカ「//////」カアッ


シンジ「…触るね…///」

アスカ「うん…♪/////」


ソッ……


アスカ「/////」ドキドキ、ドキドキ





Prrrrrr、Prrrrrr、Prrrrrr


シンジ「あっ、電話だ。誰からだろ?」サッ、トコトコ……

アスカ「」



アスカ「もうやだ! こんなのぉ!!!」ジタバタ、ジタバタ

65 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/04(木) 02:59:04.61 ID:pq/9avV70

アスカ「シンジ、電話なんか放っといてよー……!」←半泣き

アスカ「私、もうやだー……!」グスッ……

シンジ「ダメだよ、アスカ……。ひょっとしたら使徒が来たっていう連絡かもしれないんだから」

シンジ「それに、予定変更になったから帰ってくるっていうミサトさんからの電話かもしれないし……」

アスカ「うぅ……」グスッ……

アスカ「わかったからー……。だから、早く出てー……」グスッ

シンジ「うん…」スッ…←携帯電話を手に

シンジ「……あ、やっぱりミサトさんからだ」ピッ


シンジ「もしもし?」

ミサト『あー、シンちゃん。出るの遅かったけど、ひょっとして寝てた?』

シンジ「いえ、もうすぐ寝るところでしたけど」

ミサト『あー、そう。ごめんねー』

シンジ「いえ、別に……。それより、何の用事でした?」

ミサト『用事って程じゃないけど、ちょっち心配になったからねー。アスカとケンカとかしてないかなーって。ちゃんと仲良くしてる?』

シンジ「そりゃもう、とっても仲良くしてますよ」

ミサト『あら、そう? シンちゃんの口からそんな言葉が出るなんて意外ねえ……。私はてっきりアスカとまた口ゲンカでもしてるんじゃないかと思ってたんだけど……』

シンジ「いやだなあ、ミサトさん。ちゃんと仲良くやってますよ。それに、アスカもずいぶん素直になってきましたし」

ミサト『んー、まあ確かに私の家に来た頃よりは、だいぶ素直になったとは思うけどさー……』

ミサト『んー…………』

ミサト『……シンジ君、ちょっちアスカにかわってくれる?』

シンジ「あ、はい」クルッ……

66 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/04(木) 03:11:05.91 ID:pq/9avV70

シンジ「アスカ、ミサトさんから電話。アスカにかわってって」

アスカ「!?」

アスカ「え、で、でも……今……」←手足拘束、目隠し、乳丸出し

シンジ「大丈夫。携帯、僕が持っててあげるから……。出ないと怪しまれるよ」←小声

アスカ「わ、わかったわ……」←小声


アスカ「あ、えと……もしもし、ミサト?」

ミサト『ええ、そうよー。アスカ、シンちゃんと仲良くやってるらしいけど、それってホント? ケンカしたりとかしてない?』

アスカ「え、ええ、そうよ。仲良くやってるわ。時々、シンジが空気を読めない事やりだすけど」

シンジ「…………」←無表情

ミサト『んー、まあ、シンちゃんとアスカの感性には大きな隔たりがあるからねー。アスカがそう思うのも仕方ないかもしれないけど』

アスカ「隔たり?」

シンジ「」ソーッ……

ミサト『そうよー。例えばシンちゃんはアスカと違って、自己主張が少ない子でしょ?』

アスカ「あれは少ないと言うより、チキンなだけよ」


シンジ「」サワッ……←アスカの胸に手

アスカ「//」ビクッ!!

モミモミ……
ムニュムニュ……

アスカ「ン…////」

ミサト『アスカー? どったの?』

アスカ「な、何でもないわよ///」アセアセ

アスカ「それより、ミサト…何?///」

ムニッ……

アスカ「ン///」ビクッ

ミサト『ああ、うん……?』

ミサト『……でも、それを臆病じゃなくて謙虚ととる人もいるって事よ』

シンジ「」スッ…… ←乳首に口をつけて


ペロッ……
チュパ……

チュル……
レロレロ……


アスカ「ー!////」ビクビクッ!!

67 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/04(木) 03:15:34.56 ID:pq/9avV70

ミサト『だからね、アスカ。考え方や感じ方なんて人それぞれなんだから、あんまり自分の意見を押し付けるのは良くないって事』

アスカ(ダメ!/// シンジ、やめて!//// 声出ちゃう!////)ブルブル……←必死に首ふり

シンジ「…………」


ペロ……
チュッ……
チュパチュパ……


アスカ「っー…/////」ビクビクッ!!

ミサト『シンちゃんにはシンちゃんなりの考え方や感じ方があるんだから、それは尊重してあげないといけないし、何でも空気が読めないの一言で片付けるのは良くないと思うのよね』

アスカ「……」ハァ…………ハァ…………

アスカ「そ、そうね……っ/////」ビクッ!!

アスカ「ンッ…///// ミサトの……言う通り……っ//// だと思うわ……////」

ミサト『シンちゃんも言わないだけで、色々とアスカに対して我慢してる事もあるだろうから、アスカもその辺をもう少し汲み取って多少の事は我慢してあげたら? ね?』

アスカ「わかっ…/// たわ…ミサト……だからもう…ン/// シンジと…換わるね////」ハァ…………ハァ…………

ミサト『……アスカ?』

アスカ「シンジ……/// ミサトっ…ン/// 電話、換わってって……////」プルプル……

シンジ「…………」スッ……

シンジ「……もしもし、ミサトさん?」ニコッ

ムギュ……モミモミ……


アスカ「ンッ///」ビクッ

ミサト『あ、ええ……うん……?』

68 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/04(木) 03:20:00.52 ID:pq/9avV70

ミサト『…………ねぇ、シンちゃん。なんかさっきアスカの様子が少しおかしかった様な気がするんだけど……私の気のせいかしら?』

シンジ「アスカですか? いえ……。電話受け取った時は特におかしな感じはなかったですけど……」

ムニュ……
モニュモニュ……


アスカ「ンッ//// アッ////」ハァハァ、ハァハァ

ミサト『そう……? それならやっぱり私の気のせいかしら?』

ミサト『うーん、でも…………。一応シンちゃん、アスカの様子に少し気を配ってくれる? ちょっち心配だからさー…』

シンジ「わかりました、ちょっと気をつけてみますね」

ギュッ……←乳首つねり


アスカ「ンンッ!////」ビクンッ!!!

ミサト『うん、そうしてくれると助かるわー。あ、それとシンちゃん。一つ、大事な事を言うから』

シンジ「何ですか、ミサトさん?」

グニグニ……←乳首つねったままこね回し


アスカ「ア…//// ンッ…////」ビクン、ビクン!!!

ミサト『シンちゃんならそんな心配は特にないとは思うけど……』

ミサト『私がいないからって、アスカに変な事しちゃあダメよ。いいわね?』

シンジ「大丈夫ですよ、ミサトさん。それに、そんな事したら、アスカに蹴り飛ばされますし」

ピンッ……←乳首を指で弾く


アスカ「ンー!////」ビクンッ!!!


ミサト『ま、それもそうねー。余計な心配だったかしら。それじゃ、そろそろ切るわー。二人とも、あんまり夜更かししちゃあダメよ。じゃっ、おやすみー』

シンジ「はい、ミサトさん。お休みなさい」ピッ……


アスカ「/////」ハァハァ……ハァハァ……←ぐったり

77 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/10(水) 19:23:33.60 ID:/ZqG0n6Q0

シンジ「…………」←アスカ観察中

アスカ「///」ハァ…………ハァ…………


シンジ「アスカ、落ち着いてきた?」

アスカ「シンジぃ……//」グスッ

アスカ「何であんな事するのよ、バカァ……//」←半泣き

アスカ「もう少しでバレちゃうところだったじゃないのぉ……//」グスッ

シンジ「…………」

シンジ(……だいぶ大人しくなってきたけど、Mとしてはまだまだかな……? もうちょっといいなりにさせないと……)

78 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/10(水) 19:28:12.90 ID:/ZqG0n6Q0

アスカ「ねぇ、シンジぃ……//」グスッ

アスカ「黙ってないで、何か言いなさいよぉ……//」グスッ

シンジ「……ごめんね、アスカ。つい…しちゃったんだ。……許してくれないかな?」

アスカ「やだ、やだぁ……許さないぃ……//」グスン ←か弱く首ふり

シンジ「本当にごめん、アスカ。機嫌なおしてよ」

アスカ「やだぁ……//」グスン……

シンジ「…………」

アスカ「絶対に許してなんてやんないんだからぁ……//」グスッ

シンジ「弱ったなあ…………どうしよう…………」

アスカ「…フンッ……//」グスン……

79 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/10(水) 19:32:10.02 ID:/ZqG0n6Q0

シンジ「そうだ。それじゃ、今度お詫びにアスカを遊園地に連れてくからさ」

アスカ「…………//」ピクッ……

シンジ「もちろん、入場料だとか乗り物代とかご飯代とか全部僕がおごるよ。……だから許してくれないかな、アスカ」

アスカ「…………ホントに…連れてってくれるの、シンジ……?///」グスッ……

シンジ「うん。本当だよ。約束する」

シンジ「僕も前からアスカと一緒に行きたかったから…// よく考えたらアスカと二人きりでどこかに遊びに行った事って一回もないんだよね。だから、楽しみにしてるのは僕の方かも//」

アスカ「…///」キュン♪

アスカ「…………うん……わかった…// じゃあ……特別に許してあげる…///」グスッ

シンジ「…良かった//」ニコッ

80 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/10(水) 19:36:22.67 ID:/ZqG0n6Q0

シンジ(さてと……アスカの機嫌もどうにかなおった事だし、携帯のアラームをセットして……)ピッ、ピッ、ピッ

アスカ「ねぇ、シンジィ……続きぃ…//」←ちょっと甘え声

シンジ「もうちょっと待ってね、アスカ。念の為、ミサトさんにメール送っちゃうから」

アスカ「メール……?//」

シンジ「うん。もうそろそろ寝ますねっていう報告。……実際…この後アスカと寝るつもりだし///」

アスカ「/////」カアッ


アスカ「やめてよ、シンジ…/// 恥ずかしいじゃない…////」モジモジ…

シンジ「じゃあ、やめにする?」

アスカ「やあ////」ブンブン ←首ふり


アスカ「…………してぇ…////」←甘え声

シンジ「うん///」


シンジ(アラームセット完了っと……)ピッ……

81 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/10(水) 19:40:11.52 ID:/ZqG0n6Q0

シンジ「じゃあ…//」

アスカ「うん…////」ドキドキ……

シンジ「///」ソッ……

アスカ「/////」ドキドキ、ドキドキ……

ソーッ……








シンジ「あっ、でもその前にちょっと喉かわいたから、台所に行って何か飲んでくるね」ピタッ

アスカ「」

82 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/10(水) 19:44:21.39 ID:/ZqG0n6Q0

アスカ「シンジぃ…!」←半泣き

シンジ「あっ、大丈夫だよ。アスカの分もちゃんと持ってくるから」

アスカ「そういう事じゃなーーんっ////」←いきなりキス

チュッ……
レロ……チュパッ…

アスカ「ぁ//// ん…////」


シンジ「」スッ……

シンジ「……それじゃ、取りに行ってくるね、アスカ」

アスカ「ダメ、待っーーんっ////」←またキス


チュッ、チュパッ……
チュル……チュクチュク……
レロレロ……


アスカ「ゃ…//// ぁ…////」

83 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/10(水) 19:50:02.01 ID:/ZqG0n6Q0

シンジ「」ソッ……

モゾッ…… ←キスしながらパンツの中に手を入れる


アスカ「……ッ////」ビクッ!

ネットリ……

シンジ(アスカ、もう太ももまで垂れるぐらいベトベトに濡れてる//)


サワッ……クチュッ……

クチュクチュ…… ←ソフトタッチ

アスカ「ん……っ//// あ……////」ビクッ……

アスカ「や……ッ//// んぅ……////」ビクッ……


ムキ…………コネコネ… ←クリいじり

アスカ「んッ!//// ぅう!////」ビクンッ!!


クニクニ……コネコネ…… ←しつこくクリいじり

アスカ「あっ//// やっ////」ビクビク…!!

アスカ「ん//// ぁン////」ビクビク…!!

アスカ「ゃあ//// ンくぅ////」ビクビク…!!


ギュッ……グニグニ…… ←乳首も一緒につねっていじり続ける

アスカ「やっ//// あッ//// んンッ////」ビクッ!! ビクッ!!


アスカ「あっ!/// んッ!//// ンーっッ!!!/////」ビクゥッ!!!



シンジ「」スッ……

アスカ「ぁ…///// ぁ……/////」ビクッ……ビクン…… ←イッた



シンジ「……それじゃ、取りに行ってくるね、アスカ」ニコリ

アスカ「……/////」ハァハァ……ハァハァ……

シンジ「…………」


シンジ「……アスカ、返事は? それとも僕の事なんか、アスカにとってはどうでもいいの?」

アスカ「…ち、違うぅ、違うのぉ……ごめん、シンジぃ…///」ハァハァ…………ハァハァ…………

アスカ「……い……いって…らっしゃい……シンジ……///」ハァ…………ハァ…………


シンジ「……うん。アスカは素直でいい子だね…//」ナデナデ ←頭を撫でるシンジ

アスカ「…あ………♪/////」ハァ…………ハァ………… ←ちょっと嬉しそうなアスカ

89 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 19:38:00.04 ID:TUOanvmp0

ー 台所 ー

ガチャッ ←冷蔵庫開ける

シンジ(……オレンジジュースでいいかな)

トポトポ ←コップに注ぐ

シンジ「」ゴクゴク……

シンジ(うん、美味しいや)

シンジ(さてと……アスカの分も用意しないと……)

シンジ(確かこの辺に……)ゴソゴソ ←戸棚を漁る

シンジ(あった……。浅めの大皿……)

シンジ(…………これと、あとは牛乳をパックごと持っていけばいいかな……)


シンジ(…………楽しみだなあ……///)トコトコ……

90 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 19:46:34.06 ID:TUOanvmp0

ー シンジの部屋 ー

シンジ「アスカ、お待たせ」

アスカ「ううん……// そんなに待ってないから平気……//」ハァ…………ハァ…………

シンジ「えっと……牛乳で良かった? もう持ってきちゃったけど……」

アスカ「うん……// 何でもいい……//」ハァ………………

アスカ「……ありがとう、シンジ……♪//」ニコリ……

シンジ(…やっぱり、デレてるアスカ、可愛いなあ///)

シンジ(こういうアスカを見てると、もっといじめたくなっちゃうよ…///)

シンジ「」コトッ…… ←大皿と牛乳パックを床に

シンジ「」トポトポ…… ←牛乳を溢れる限界まで皿にそそぐ


シンジ「じゃあ、アスカ。ここに牛乳置いたから、飲んでいいよ//」

アスカ「……?//」

91 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 19:59:01.01 ID:TUOanvmp0

アスカ「シンジ……飲ませてくれないの……?//」

シンジ「そんな事ないよ。飲んでいいよ」

アスカ「だって私……手、縛られてるから……///」

シンジ「じゃあ、タオルほどくね」スッ……

アスカ「………………ほどくの……?//」←ちょっと残念そう

シンジ「大丈夫。また縛ってあげるよ、アスカ//」

アスカ「…………うん…♪////」コクリ……

シンジ「じゃあ、うつ伏せになって、アスカ//」

アスカ「……うん…//」コロン……

アスカ「……これでいい…?//」

シンジ「いいよ。動かないでね、アスカ」

ギシッ…… ←ベッドの上に移動


クイッ……クイッ……
ハラッ…………

クイッ……クイッ……
ハラッ…………


シンジ「ほどいたよ、アスカ。……起き上がって」

アスカ「うん……//」ソッ……

シンジ「手とか大丈夫? 痛かったりとか、痺れたりとかしてない?」

アスカ「…大丈夫…//」

アスカ「シンジ、やっぱり優しい…/// 良かった…///」ニコッ……

シンジ「…アスカ…////」


ギュッ…… ←抱き寄せるシンジ

アスカ「……♪////」キュン…

92 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:03:49.43 ID:TUOanvmp0

シンジ「//」ソッ……

チュッ……


アスカ(あ……♪///)

アスカ(またキス……///)

アスカ(抱き寄せられながら優しくキスされると、胸がキュンキュンする……///)

シンジ「アスカ……///」

アスカ「………なあに、シンジ…?///」

シンジ「可愛いよ////」ナデナデ

アスカ「/////」キュンッ♪


アスカ「…嬉しい……♪////」

アスカ「…ありがとう、シンジ…////」ギュッ……

シンジ「アスカ……///」ドキドキ……

93 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:10:57.24 ID:TUOanvmp0

シンジ「///」ソッ……

クイッ…………
スルスル…………


アスカ(あ……////)

アスカ(服…………脱がせるの、シンジ?////)

アスカ(うぅ/////)←恥ずかしいけど、抵抗しないアスカ


ヌギッ……

ファサッ……


アスカ(もういっぱい見られてるけど……/// でも、脱がされるのってやっぱり恥ずかしい…////)←思わず手で胸を隠すアスカ


スッ……

パチッ……


アスカ(やぁ……//// ブラも脱がすの……?////)

アスカ「……シンジぃ…………////」 ←震えながらシンジに顔を向ける

シンジ「…アスカ……じっとしてて…///」←優しく声かけ

アスカ「…////」←うつむき

アスカ「……うん……////」コクン……


スルッ……

ファサッ…………


アスカ「……/////」←上半身、裸

94 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:15:15.22 ID:TUOanvmp0

シンジ「//」スッ……

ギシッ、トコトコ………… ←ベッドから降りるシンジ


シンジ「……じゃあ、アスカ// こっちに来て」

シンジ「そのまま、床に降りて…//」

アスカ「………………降りるの…?///」←目隠しされてて見えないからちょっと不安

シンジ「そうだよ// 早く…//」←わかってて手を貸さないシンジ

アスカ「…………う、うん…// 待って……//」コクン……

ソッ…………


アスカ「」ペタ…………ペタ………… ←四つん這いになって、手探りでベッドのへりを探す

アスカ「」ペタ…………ペタ…………


シンジ(……アスカ、四つん這いになってるから、動くたびにおっぱいが揺れてる…///)

シンジ(このままずっと眺めてたいぐらいだよ…///)


アスカ「」ペタペ…………ペタ… ←へりを発見

アスカ「」ソーッ…… ←四つん這いのまま、手探りでベッドから降りる


シンジ「アスカ、こっち//」

アスカ「……う、うん…//」ソロ……ソロ…… ←四つん這いのまま、ゆっくりとシンジの声のする方に


シンジ「アスカ、そこでストップ//」

アスカ「……ここ…?//」

シンジ「うん。そのすぐ真下辺りにさ……牛乳入れてあるお皿が置いてあるから、それ、飲んで//」

シンジ「少し動かしたら零れるぐらい入ってるから、口を近づけて飲んでね、アスカ//」

アスカ「…………え…?」キョトン……

アスカ「……それ……どういう事…シンジぃ…?」

シンジ「? ……そのままの意味だよ?//」

アスカ「えっ……でも………………」

アスカ「……それじゃ……まるで私……犬みたいに飲む事にならない…………?」←ちょっと不安気な声

シンジ「そうだね// そうやって飲んでね、アスカ//」ニコッ

アスカ「………えっ…………」

95 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:21:40.97 ID:TUOanvmp0

アスカ「シンジぃ………? 冗談だよね……?」

シンジ「冗談じゃないよ、アスカ。……僕が折角持ってきたのに飲んでくれないの?」

アスカ「…だ、だけど…………」←突然の事に戸惑い

シンジ「……アスカ。僕たちが今してるのってSMだよね? 僕……アスカをいじめてもいいんだよね? アスカもいじめられるつもりだったんでしょう? 違うの?」

アスカ「そ、そうだけど…//」

アスカ「でも、シンジぃ…………こんないじめられ方は嫌ぁ…………//」ブルブル………… ←弱々しく首ふり

アスカ「ね、シンジ。もっと他のいじめ方にしてよ。私に何してもいいから……。ね、お願い…………」

シンジ「…………」

シンジ「……そうなんだ……結局、飲んでくれないんだね、アスカ……。僕がそうして欲しいって思ってるのに…………」

シンジ「…………初めにアスカが言ってたけど……やっぱり僕なんてアスカの暇潰し程度の……そんな相手なんだよね…………」←少し悲しそうな声

アスカ「ちっ、違うの、シンジぃ。シンジの事をそんな風に思ってなんかないの。最初のはウソ。シンジとその……そういう事したかったから……//」

アスカ「でも、いくらなんでも犬みたいにして飲むのは嫌ぁ……」

シンジ「そうだよね……。アスカはプライド高いからそういう事はしてくれないよね……」

アスカ「そんなんじゃない…………でもぉ…………」←首ふり

シンジ「………………」←無表情

96 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:31:47.11 ID:TUOanvmp0

シンジ「………………」←無言

アスカ(……シンジ…………あれから、何も話してくれないし……何もしてくれない…………)

アスカ(もしかして、私が断ったから怒ってるの…………?)←段々と不安になってきた


アスカ「…ねぇ、シンジぃ…………?」

シンジ「……何?」


アスカ「その…………他にしたい事があれば、言っていいから…………」

アスカ「私で出来る事なら何でもするから…………。だから、機嫌なおしてよ…………」

シンジ「………………」

アスカ「……シンジぃ…………?」

アスカ「返事してよ、シンジぃ…………」←結構不安になってきた

シンジ「………………」

アスカ「ねぇ、シンジってばぁ……!」


シンジ「…………アスカ」

アスカ「な、何? シンジ?」パアッ

シンジ「もうやめよっか、SM」

アスカ「えっ…………ちょ、ちょっと待ってよ…シンジ……。何で…………?」

シンジ「……だって……なんかもうSMする気なくなっちゃったし…………」

アスカ「えっ……」ビクッ……

アスカ「ダメ、シンジ……やだぁ………….!」

シンジ「?」

シンジ「……何で? そういう事がしたかったんだったら、さっきアスカは……その…………///」チラッ……

シンジ「……正直、さっきイッてたよね……?///」

アスカ「あ…/////」カアッ

シンジ「だから、もう満足したと思うし、やめても別にいいと思うんだ。……今、目隠しも取るからちょっとじっとしーー」

アスカ「やだぁ……!」ブルブル ←首ふり

アスカ「待って、待ってよ、シンジぃ……!」

シンジ「…………?」

97 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:37:55.99 ID:TUOanvmp0

シンジ「アスカ……?」

アスカ「ダメぇ……今、やめちゃダメぇ……!」

シンジ「……何で、アスカ? ……まだ満足してないなら、もう一回いじってあげるけど……」

アスカ「違うぅ!/// もう! 鈍感!/// ウルトラバカァ!!///」

シンジ「……え、だけど…………」

アスカ「私はもういいの!// でも、シンジがまだ……!///」

シンジ「僕が……?」

アスカ「まだシンジが…………///」

アスカ「……その……満足…してないから……////」ゴニョゴニョ…… ←小声

シンジ「?」

シンジ「アスカ、声が小さすぎて聞こえないんだけど……?」

アスカ「だから…………/// その…………///」

シンジ「うん」

アスカ「…………まだシンジが……イッてないから……/////」ゴニョゴニョ…… ←やっぱり小声

シンジ「?」

シンジ「アスカ、ホントに聞こえないんだけど……。もう一回言ってよ」

アスカ「/////」カァッ


アスカ「もういい……!/// 飲む!/// シンジの言う通り、犬みたいにして牛乳飲むからぁ!///」

シンジ「………?」

アスカ「だから、お願い、シンジ// 今、やめないで…///」グスッ……

アスカ「ね…?///」ウルウル

シンジ「………………」

98 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:43:06.81 ID:TUOanvmp0

シンジ「でも、アスカ、ホントに飲んでくれるの?」

アスカ「飲むぅ……/// 絶対、飲むからぁ……///」グスッ……

シンジ「………………」

アスカ「でも、シンジぃ……。その前に一つだけ聞かせて……」グシュッ……

シンジ「…………何?」

アスカ「シンジ、私の事……好き?///」グスン……

シンジ「……アスカ?」

アスカ「……私の事、好きでも嫌いでも牛乳は飲む……// その後もシンジの好きな事していい……// だから、本当の事を言って、シンジぃ……///」グシュン……

シンジ「………………」

99 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:48:41.11 ID:TUOanvmp0

シンジ(アスカ、僕の事、よく鈍感鈍感って言うけど……)

シンジ(……アスカの方がよっぽど鈍感だよ……///)

シンジ(……例えば、綾波とかにこんな事する訳ないのに……///)

シンジ(……いじめたいって思うのはアスカだけなんだから……///)

シンジ(……あれだけのワガママをきいてあげるのもアスカだけなのに……///)

シンジ(……アスカじゃないけど……言うよ……)

シンジ(……アスカのバカ…///)

シンジ(……大好きだよ、アスカ////)

シンジ(……こんな可愛い女の子、アスカ以外他にいないよ////)

シンジ(……ワガママなとことか素直じゃないとことかさびしがりやなとことか、全部ひっくるめてアスカが好きだよ////)

シンジ(……だから、もう少しだけいじめさせてね、アスカ……////)

シンジ(僕にいじめられて、むくれたり泣いたり恥ずかしがったりするアスカがたまらなく可愛いんだ////)

シンジ(アスカ……出来るだけ優しくいじめるから……///)

シンジ(だから、少しの間、いじめられててね……///)

シンジ(アスカの事を好きだって事には正直に答えるから……///)

100 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/14(日) 20:53:51.48 ID:TUOanvmp0

シンジ「アスカ」

アスカ「うん……///」ドキドキ……

シンジ「アスカが僕に今までしてくれた事って覚えてる?」

アスカ「…………?//」

シンジ「……僕が落ち込んでる時には文句つけながらもさりげなく元気づけてくれたり、学校の宿題とかもバカとか言いながらも一緒にやって丁寧に教えてくれたり、僕が風邪引いて寝込んだら、寝てる間にそっと部屋に入って来てずっと看病してくれたり……」

アスカ「シンジ……?/// 知ってたの?///」

シンジ「知ってるよ。僕のアイスちょくちょく食べちゃうくせに、次の日には新しいアイスを2つ買って来て、ミサトが買ってきたんじゃない? とか言って誤魔化してる事とか」

アスカ「あ…………うぅ…////」←バレてて恥ずかしい

シンジ「それで、そのアイス、いっつも僕と一緒に嬉しそうに食べてるよね?//」クスッ

アイス「やぁ/// 違うの/// あれはアイスが美味しかったからぁ///」←首ふり

シンジ「それに、最初に来た頃のアスカって暇があるとずっとテレビ見てて僕とろくに喋ろうとしなかったのに、今、逆に僕が同じ事するとアスカあからさまに不機嫌になるよね?//」

アスカ「なってない/// その時はたまたまイライラしてたのぉ///」←首ふり

シンジ「//」クスッ

シンジ「そんなアスカが大好きだよ、僕////」

アスカ「え…/////」ドキッ♪

シンジ「アスカと一緒にいると、もちろん嫌な思いをする事もたまにあるけど……でも、それ以上に楽しい事が一杯あるんだ///」

シンジ「だから、アスカにはそのままでいて欲しいと思うし、僕はアスカとずっと一緒にいたいと思う/// ……いてくれる?////」

アスカ「あ/////」キュン…♪

シンジ「……ね、アスカ?///」

アスカ「///////」←トキメキMAX

アスカ「……うん…////」コクン……

アスカ「いる…//// シンジとずっと一緒にいる…////」

シンジ「ありがとう、アスカ////」

アスカ「うん…////」ニコリ♪

105 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/19(金) 06:34:22.85 ID:K/bY1ods0

シンジ「じゃあ、アスカ……//」

アスカ「うん……//」

アスカ「牛乳……飲むね…/// 見えないから、シンジ、教えて…//」

シンジ「うん……// アスカ、まずは舌を伸ばして」

アスカ「こふ?//」レロ……

シンジ「そう。そのまま顔を下に向けて」

アスカ「///」スッ…

シンジ「ゆっくり、頭を下げてって」

アスカ「///」ツツ……

ピチャ………


シンジ「あとは、舌でゆっくりすくいとる様に舐めていって、アスカ//」

アスカ「…///」コクッ……


ピチャ……ペチャ……

ペチャ……ペチャ……


シンジ「口つけて飲んじゃダメだからね、アスカ。全部舌だけで舐めとるんだよ、いい?」

アスカ「え……//」←不安そうに顔を上げる


シンジ「……アスカ、飲むって約束したよね?」

アスカ「……//」

アスカ「///」コクン……


ペチャペチャ…………

ピチャピチャ…………



シンジ(あのアスカが、文句一つ言わず僕の言う事をきいてる……///)

シンジ(しかも、おっぱい丸出しで牛乳を猫みたいにお皿から舐めとって……///)

シンジ「……///」ゾクゾク……

シンジ(ダメだ……。もう少しいじめたい……!///)

106 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/19(金) 06:39:01.18 ID:K/bY1ods0

シンジ「///」ソッ……ピチャッ ←指をお皿の牛乳にひたす

シンジ「アスカ、顔をこっちに向けて……//」

アスカ「……?//」

シンジ「じっとしててね// 僕がいいって言うまで口を開けちゃダメだよ」

アスカ「……//」コクン……

シンジ「//」スッ…… ←牛乳のついた指をアスカの唇に

アスカ「んっ……//」

シンジ「//」ツー…… ←リップをつけるように押し当ててなで回していく

アスカ「んっ……// んん……///」

シンジ「もう一回するから、じっとしてるんだよ、アスカ」

アスカ「……シンジぃ……何でこんな事するの……?」

シンジ「何でって……僕がしたいって思ったからだよ、アスカ。……さっき何をしてもいいって言ったよね?」

アスカ「…………」

シンジ「アスカ、返事は? 僕はしたい事をしてもいいの? それともダメなの?」

アスカ「ごめん……// シンジの……好きなようにして…//」

シンジ「じゃあ、もう少しじっとしててね、アスカ」

アスカ「…………」

アスカ「//」コク……


シンジ「」ピチャッ…… ←もう一回牛乳に指をひたす

スッ……ツー…… ←もう一度同じ事を

ツイ……グニッ…………

アスカ「ん……// ん……///」←されるがままのアスカ

107 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/19(金) 06:43:30.72 ID:K/bY1ods0

スイッ……

アスカ(あ…………//)

アスカ(終わった……?)

シンジ「……アスカ、口を開けて//」

アスカ「…………?//」アーン……

シンジ「//」ソッ…… ←指をアスカの口元に

シンジ「僕の指にまだ牛乳残ってるから、綺麗にして//」

アスカ(え…………)

シンジ「アスカ、聞こえなかったの?」

アスカ「……///」レロ……


ペロ……ペロ……

レロ……レロレロ……


シンジ「次は指をくわえて///」

アスカ「え……//」←うつむき

シンジ「アスカ」

アスカ「う、うん…………///」ハムッ……

シンジ「……! アスカ……歯が当たってるから、当たらない様に口をすぼめて」

アスカ「……///」キュッ……

シンジ「うん……それでそのまま吸ったり舐めたりして//」

アスカ「……///」チュパッ……チュル……

シンジ「吸いながら、顔を前後させて///」

アスカ「…………///」チュポッ……チュプチュプ……

シンジ「ん// そう。気持ちいいよ、アスカ//」

アスカ「ん……本当……?///」

シンジ「うん…/// アスカ、上手だよ///」ナデナデ……

アスカ「♪…///」

アスカ「ん…//// ん…////」チュパッ…チュル……チュポチュポ……

108 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/19(金) 06:47:36.33 ID:K/bY1ods0

チュポ………… ←指を抜くシンジ

アスカ「あ……//」←思わず指を追いかけるアスカ

シンジ「もういいよ、アスカ// ……それより、牛乳。飲んで」

アスカ「……うん……///」コクン……


アスカ「……///」スッ……


ピチャ…ピチャ……

ペチャ…ペチャ……


シンジ「//」ソッ…… ←アスカの胸に手をあてる

モミュ……


アスカ「っ///」ビクッ

アスカ「…シンジぃ…?///」

シンジ「アスカ、ちゃんと飲みなよ」

アスカ「だ、だけど……シンジ、今、私の胸……///」

シンジ「だけどじゃないよね、アスカ? ほら、早く」

アスカ「……///」コクン……


ピチャ…………

ペチャ…ペチャ……



109 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/19(金) 06:51:40.81 ID:K/bY1ods0

シンジ「」モミッ……

アスカ「んっ……///」


ペチャ……ペチャ……


シンジ「」モミモミ……

アスカ「ん……/// あ……///」


ピチャ…………ペチャ…………


シンジ「」キュッ……クニッ… ←乳首を少し強めにつまんで軽くひねる

アスカ「あンっ////」ビクンッ!!


シンジ「……アスカ、さっきから何してるの? ちゃんと飲みなよ」ゾクゾク……

アスカ「だってシンジが……その……私にイタズラするから……///」

シンジ「何されてもいいんでしょ、アスカ?」

アスカ「そ、そうだけど、でも……///」

シンジ「」グイッ ←乳首を引っ張る

アスカ「やっ///」ビクンッ!!

シンジ「」グイッ、グイッ

アスカ「あ// や// シンジ……痛い……!///」←涙目

シンジ「ちゃんと牛乳飲むなら、優しくいじってあげるよ、アスカ…//」

シンジ「どうする? きちんと飲む?」

アスカ「飲む……// 飲むからシンジ、もっと優しくーーんっ!///」

シンジ「何か言う前に飲んだ方がいいと思うよ、アスカ」グニッ……ギュッ……

アスカ「う、うん……/// わかった…からぁ……///」スッ


ピチャ……ピチャ…………

ペチャ……ペチャ…………


シンジ「うん。アスカは本当にいい子だよね」ニコッ

モミモミ……サワサワ……

アスカ「あ……/// んん……///」

シンジ「アスカ、返事は? 誉めてあげたんだから、お礼ぐらい言ったら?」ギュッ

アスカ「んーっ!///」ビクッ!!

アスカ「……ご、ごめん、シンジぃ……// 誉めてくれてありがとう……///」ビクッ、ビクッ……

シンジ「……///」ゾクゾク

シンジ「…………ほら、アスカ、舌伸ばしてしっかり牛乳飲みなよ//」モミモミ……ナデナデ……

アスカ「ぁ…ん/// うん……ぁっ///」レロ……


ピチャ……ピチャ……

ペチャ……レロ……レロ……



110 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/19(金) 06:56:56.56 ID:K/bY1ods0

シンジ「」モミモミ……モミモミ……

アスカ「ん……/// あ……///」ペロ……ペロ……

シンジ(アスカの反応が薄くなってきたなあ……。慣れてきたのかな……?)

シンジ(じゃあ、こっちにしようかな……///)ソッ…… ←アスカのホットパンツを脱がしにかかるシンジ

アスカ「///」ビクッ!

アスカ「シ、シンジぃ……//// 今、脱がすの……?////」

シンジ「…………」

アスカ「シンジ……?//」

シンジ「」ギュッ!! ←乳首を潰すぐらい強く

アスカ「やあっ!///」ビクンッ!!

アスカ「シンジ、痛い……!// やめて……!//」

シンジ「アスカ、さっきから僕、二回も聞いてるよね? アスカに何してもいいんじゃないの? アスカも何されてもいいんだよね?」

アスカ「ご、ごめん、シンジぃ……!// だから、離して……!// 痛いの……!///」ビクッ!! ビクッ!!

シンジ「二度とこういう事言わないって約束する?」グニッ……ギュッ!! ←ひねって更に強めに

アスカ「あっ!///」ビクンッ!!!

アスカ「シンジ、する……!/// 約束するから……!///」ビクンッ!! ←涙目

シンジ「絶対?」グニグニ……

アスカ「絶対!// 絶対だから、離して……!// シンジ、お願い…!///」

シンジ「………………」グイッ! ←引っ張り

アスカ「んんっ!/// ねえ、シンジ、お願い……!/// シンジ、お願い!/// 痛いの! 痛いのぉ!///」←必死で首ふり

シンジ「」スッ……

アスカ「あ…………//」ハァハァ……ハァハァ……

シンジ「アスカ、牛乳まだ残ってるよ」

アスカ「//」ビクッ

アスカ「ご、ごめんなさい…シンジぃ……//」


ペチャ……ペチャ…………

ピチャ…………ピチャ…………


シンジ「……お皿も綺麗に舐め尽くすんだよ、アスカ//」

アスカ「うん……///」ペロ……ペロ……ペロペロ……

111 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/19(金) 07:01:01.71 ID:K/bY1ods0

シンジ「」スッ……スルッ… ←アスカのホットパンツを脱がしてショーツだけに

アスカ「……/////」ペロ……ペロ…… ←恥ずかしいけど我慢して牛乳を舐め続けるアスカ

シンジ「アスカ、脱がしにくいから足を少し上げて//」

アスカ「う…ん……/////」スイッ

シンジ「次、逆の足」

アスカ「……/////」スイッ……

スルッ……

アスカ「/////」ペロ……ペロ…… ←ショーツだけ

シンジ「…………」

シンジ「…………」ソッ…… ←ショーツの中に手を入れる

アスカ「あ…ンっ////」ビクッ

クチュ……
クチュクチュ……

アスカ「あ//// や////」ハァ……ハァ……ハァ……

シンジ「アスカ、牛乳は?」

アスカ「の、飲んじゃったぁ/// もう全部、飲んーーあっ…////」ビクンッ!!

シンジ「まだ、お皿の端らへんに白いのがついてるよ、アスカ。綺麗に全部舐めとってって言ったよね?」

ネチャッ……ネチョネチョ……
クチュクチャ…………

アスカ「あッ//// ンくっ////」ビクッ!!

シンジ「……アスカ? どうしたの? 僕の言う事をきく気がないの?」ゾクゾク……

アスカ「ご、ごめんなさい、シンジぃ…っ/// 今、綺麗にするかーーあんっ////」ビクッ!!

112 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/19(金) 07:05:38.45 ID:K/bY1ods0

アスカ「ん…///// あっ…/////」ハァハァ……ハァハァ…… ←懸命に舌を伸ばすアスカ

アスカ「あ//// んッ/////」ペロ……ハァハァ…… ←よがりながらもお皿を舐めていく

クチュ……クチュクチュ……

アスカ「ぁっ////」ビクッ!!

ネトッ……ネチャネチョ……

アスカ「あっ//// んンっ……////」ビクビク!!


アスカ「シ、シンジ、まだーーぁっ////」ビクッ!!

アスカ「お皿…ンあ//// もう綺麗になってなーーンっ/// あっ、あッ////」ビクッ!! ビクンッ!!

シンジ「ダメだよ。まだ綺麗になってないよ、アスカ…//」ゾクゾク…


シンジ「」ムキュ……サワ…… ←クリを触る

アスカ「あ、んンっ////」ビクンッ!!

シンジ「ここ弱いんだね、アスカ。ホントにいい反応するよね」

アスカ「シンジ、そこ触っちゃいやあ…//// ホントにホントにダメだからぁ…////」

シンジ「」クニ…クニ……←軽くなで回し

アスカ「や////あっ////」ビクンッ!!

アスカ「んッ//// ぁン////」ビクビク…!!

アスカ「ふぁっ//// ンくぅ////」ビクビク…!!


グリグリ…… ←軽く押し潰すようにいじり回す

アスカ「やあッ//// んンッ////」ビクッ!! ビクッ!!

アスカ「あんッ!/// ダ、ダメッ!//// シンジ、イクっ、イッちゃう!//// シンジ、シンジぃ!////」

アスカ「あ、や!/// んあアっッッ!!!/////」ビクゥッ!!! ←イッた


シンジ「」グリグリ……

アスカ「……あ…ぁ…///// ぁ……ん…/////」ビクッ……ビクン……

シンジ「イッたの、アスカ?」ソッ…… ←抱きかかえ

アスカ「///////」ハァハァ…ハァハァ…ハァハァ… ←シンジの腕の中でぐったり



シンジ「可愛いよ、アスカ///」ナデナデ……

アスカ「シンジぃ……♪/////// 好きぃ……♪///////」ハァハァ……ハァハァ……ハァハァ…… ←幸せそうなアスカ

115 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/20(土) 06:14:38.40 ID:qABTYEt70

アスカ「/////」ハァハァ……ハァハァ……

シンジ「///」ナデナデ……ナデナデ……



アスカ「……ね、ねぇ……シンジぃ……////」ハァハァ……ハァハァ……

シンジ「……何、アスカ?」

アスカ「……今度は……私がシンジの事……気持ちよくする……////」ハァハァ……ハァハァ…… ←抱きつくようにして起き上がるアスカ

アスカ「……何すればいい……シンジ……?////」ハァ……ハァ……ハァ……ハァ…… ←過呼吸気味

アスカ「…////」ハァ……ハァ……ハァ……ハァ…… ←すがりつく様にして息を整えるアスカ

シンジ「…………」

116 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/20(土) 06:19:34.47 ID:qABTYEt70

シンジ(何すればいいって言われても……)

シンジ(今の状態でアスカに何かさせる訳にはいかないよね……)

シンジ(もうちょっと休んでからじゃないとアスカが可哀想だよ……)

シンジ(……どうしようかな)チラッ…… ←時計を見る

シンジ(アラームが鳴る時間までもう少しあるし……)

シンジ(アスカを休ませつつ、もう少しいじめるには…………)←考え中


アスカ「……シンジぃ……?////」ハァ……ハァ……

117 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/20(土) 06:25:54.30 ID:qABTYEt70

アスカ「ねぇ、シンジぃ…////」ハァ……ハァ……

アスカ「……私は…何すればいい……?////」ハァ……ハァ……

アスカ「……どうすれば……シンジが…気持ちよくなる…?////」ハァ……ハァ……

アスカ「……キス…?////」ハァ……ハァ…… ←シンジの顔を包み込む様につかんで

アスカ「ん…////」チュッ

チュッ……チュッ……
レロ……チュパッ……

アスカ「ん…//// あ…//// ん……////」ビクッ……!

プハッ…………

アスカ「////」ハァ……ハァ…… ←体力が持たなかった


シンジ「アスカ……」←心配そうな声

アスカ「あ//」ビクッ ←怒られたものと勘違い


アスカ「……ご、ごめん、シンジぃ…途中でやめちゃって……//// 指…舐めるから許して……////」スッ…… ←慌ててシンジの手を掴んで、自分の口元に

アスカ「…///」アーン……

アスカ「///」ハムッ……

アスカ「ん……////」レロ……チュル…… ←口の中でゆっくり舐める

アスカ「ん…////」チュプ……チュル…… ←吸いながら舌を絡みつかせて

アスカ「んん…//// んくっ…////」チュポチュポ……チュパッ……チュパ…… ←顔を前後に動かして一生懸命

シンジ(ん……/// 気持ちいいけど、ダメだよ、アスカ///)

シンジ(今はアスカを休ませないと……)


118 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/20(土) 06:32:19.50 ID:qABTYEt70

シンジ「アスカ……」

アスカ「ん……////」チュパッ…… ←指から口を離して

アスカ「ご、ごめん、シンジぃ…/// ……気持ち良くなかったの…?///」ハァ……ハァ……

アスカ「……もっと頑張るかーー」

シンジ「アスカ、誰が勝手な事していいって言ったの? 少なくとも僕は言ってないよね?」

アスカ「あ……」ビクッ

アスカ「あ、あの……ご、ごめんなさい……//」ハァ……ハァ……

シンジ「そうやって謝れば何でも済むと思ってすぐに謝る。……誰のセリフだったっけ?」

アスカ「ご、ごめんなさい、シンジ……//」ビクッ

シンジ「またそうやって謝る。ホント、僕とおんなじ事やってるよね、アスカ」

アスカ「あ………………ご、ごめんなさい……」ビクビク…… ←半泣き

シンジ「アスカ、とりあえず謝っておけばいいとか思ってない? 自分が悪いとか思ってないでしょ?」

アスカ「う、ううん、違うの。悪いと思ってるの。ホントぉ…」←首ふり

シンジ「言い訳はいいよ、アスカ。……とりあえず…罰として全裸になって」

アスカ「えっ……///」ドキッ

シンジ「お仕置きしてあげるよ、アスカ//」ニコッ

シンジ「黙ってお仕置きを受けたらそれで許してあげる//」

アスカ「…………////」←恥ずかしそうにしてるけどちょっと嬉しそう

シンジ「アスカ? どうするの?」

アスカ「うん……/// お仕置き…して……シンジ…////」モジモジ……

119 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/20(土) 06:40:10.64 ID:qABTYEt70

シンジ「…………じゃあ、アスカ。まずは脱いで//」

アスカ「う…ん/////」コクン……

シンジ「アスカ……。返事は、はい」

アスカ「……////」

アスカ「……はい…/////」スルッ……スルスル…… ←ゆっくりショーツを脱いでいく

ファサ……


アスカ「シンジ…脱いだ…////」

シンジ「じゃあ、ベッドの上に乗って、仰向けに寝っ転がって///」

アスカ「……はい…////」コクン……

アスカ「…………////」キョロキョロ……

アスカ「ねぇ……シンジぃ……。ベッドってどっち……?////」

シンジ「………………」


シンジ「……さあ?」

アスカ「シンジぃ……//// 教えてくれないの……?////」←甘え声

シンジ「お仕置きして欲しかったら、自分で探しなよ、アスカ//」

アスカ「……あ/////」←うつむき

アスカ「はい…/////」コクン……

シンジ「……////」ゾクゾク……

アスカ「ん……///」ペタ……ペタ…… ←片手でアソコを隠しながら、四つん這いになって手探りで探すアスカ

シンジ「…………//」


シンジ「……アスカ、手で隠さない様にして探しなよ」

アスカ「え……/////」ドキドキ……

シンジ「アスカ、僕の言ーー」

アスカ「……はい…/////」ソッ…… ←手を離すアスカ

シンジ「……////」ゾクゾク……


120 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/07/20(土) 06:52:26.69 ID:qABTYEt70

アスカ「…/////」ペタ……ペタ…… ←四つん這いで全裸でベッドを探すアスカ

シンジ「…………//」←目の保養中



シンジ(アスカ、後ろ向いたらホントに丸見えなのに……///)

シンジ(……ずいぶん従順になってきたよね、アスカ……//)

シンジ(今だったら大体の事はやってくれそうだよ……//)

シンジ(どこまで従順か、試していこうかな……///)ゾクゾク……

シンジ(ダメだ、癖になりそうだよ、これ……////)

シンジ(自分じゃMだと思ってたけど、僕ってSだったんだ……////)

139 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:07:23.59 ID:E4h4jXHN0

お待たせしました、すみません

間が結構空いたんで、雰囲気微妙に違うかもです(汗)

イチャイチャしながらとかは、こっからは多分ないんでそういうのが苦手な人は見ない事をお勧めします
アスカ、結構可哀想な目に合うと思います
最後はシンジが可哀想な目に合うと思いますが
ソフトSMを目指したはずが、何故か調教みたいな感じになりました。すみません(汗)

ゆるりと更新してくんで、気長にお付き合い下さい

140 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:09:43.97 ID:E4h4jXHN0

アスカ「……///」ペタペ……ペタ… ←ベッド発見

アスカ「……///」ソッ……ポフッ…… ←よじ登って仰向けに

アスカ「シンジ……言う通りにした…///」

シンジ「うん///」

ギシッ……

シンジ「……」←ベッドの上に立つ


アスカ(お仕置きって…今度は何するんだろ…?///)ドキドキ

シンジ「……」ソッ……ペタッ…… ←足をアスカの顔の上に

アスカ「……!?」

シンジ「」グイッ、グリグリ

アスカ「っ! シンジ、痛い! やめて!」

シンジ「」ギューッ

アスカ「ヒ、ヒンジ……! ひたひ……! どけへ……!!」

シンジ「お仕置きなんだから、痛いのは当たり前だよ、アスカ」グイッ、グイッ ←顔をなぶるように

アスカ「で、でも……そんーーぐっ!」

シンジ「喋ってると舌噛むから黙ってた方がいいと思うよ。しばらく踏み続けるつもりだから」グリグリ

アスカ「……!!」

シンジ「アスカ、手は横にして。気をつけの姿勢。踏みにくいし、力の加減に失敗しそうで怖いから」ギュムッ

アスカ「あっ……!」

シンジ「アスカ、聞こえなかった? その手をどけてよ。それともまた縛った方がいい?」グリッ……

アスカ「あ……ぐ……!!」←呻きながらもその通りに

141 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:11:22.13 ID:E4h4jXHN0

シンジ「」グリグリ、グリグリ……

アスカ「あっ……! ぐっ……!」

シンジ「いい子だね、アスカは。文句一つ言わずに足で踏まれるなんて」グリッ

アスカ「あぐっ……!」

シンジ「普段は散々威張ってるのに、今は裸で、僕に顔を足で踏まれて、情けないよね」ギュー……

アスカ「ううっ……!」

シンジ「動かないでよ、アスカ。気をつけの姿勢だよ」バシッ ←足で頬をはたくシンジ

アスカ「あっ!」

シンジ「アスカ、聞こえてるよね?」

アスカ「……………は…い……」スッ……

シンジ「///」ゾクゾク……

142 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:13:54.18 ID:E4h4jXHN0

シンジ「」グリッ……グリグリ

アスカ「んんっ……!」

シンジ「」スッ…… ←力を緩める

アスカ「あっ…………」ハァ……ハァ……

シンジ「そのまま舌だして、アスカ」

アスカ「え、で……でも……」

シンジ「大丈夫、踏まないから」

アスカ「……ホント…に…………?」

シンジ「」バシッ

アスカ「うあっ!」

シンジ「僕の事、疑うの、アスカ? いい加減にしてよ」

アスカ「ご、ごめん…………なさい……」

シンジ「わかったら、舌を出して」

アスカ「はい…………」アーン……

シンジ「」スイッ…… ←足の指をアスカの口元に

アスカ「……?」ペロッ……


シンジ「…………」

アスカ「シンジ……?」


シンジ「」バシッ

アスカ「やっ!」

シンジ「口元に出されたら、僕が何も言わなくても舐めてよ、アスカ。それぐらいの事、空気読めばわかるよね?」

アスカ「あっ……ご、ごめんなさい……。すぐするから……」

アスカ「ん……//」ペロ……


ペロペロ……
ピチャピチャ……


アスカ「……//」ハムッ

チュパッ……チュプ


シンジ「アスカ、指をしゃぶる必要はないから。舐めるだけにして」

アスカ「はい……//」チュポッ……


ペロペロ……
レロレロ……


シンジ「////」ゾクゾク

143 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:16:59.37 ID:E4h4jXHN0

アスカ「//」ピチャピチャ……

シンジ「アスカ、足の裏、全体を舐めて。顔も動かして」

アスカ「はい//」


アスカ「//」スッ……

ペロペロ……

アスカ「//」モゾ……

ペロペロ……


シンジ「ん…///」

アスカ「あ……// 気持ちいいの、シンジ?//」

シンジ「…………」

アスカ「シンジ? ……気持ちよくないの?」

シンジ「」バシッ

アスカ「あぐっ!」

シンジ「アスカ。今はアスカのお仕置き中なんだから、僕は関係ないよね? 何の為に足を舐めさせてると思ってるの? 僕を悦ばせる為じゃないよ」

アスカ「ご、ごめんなさい……」

シンジ「……やっぱりもう一回足で踏んだ方がいいかな」

アスカ「!」ビクッ

アスカ「ご、ごめんなさい、シンジ! もっと一生懸命舐めるから、だから踏むのはやめて……!」

シンジ「アスカ、気をつけの姿勢とって」

アスカ「……!!」

シンジ「アスカのよだれでベトベトになっちゃったし、拭わないといけないから」

アスカ「あ、あの、シンジ……!」

シンジ「アスカ、顔動かさないでね」ギュムッ

アスカ「あ……! んぐっ……!!」

シンジ「」グリグリ……

アスカ「ううっ……! んんっ……!」

シンジ「気をつけは?」

アスカ「……は…い…………」スッ……

シンジ「///」ギュムッ……グリッ……

アスカ「あぐっ……!」

144 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:18:55.62 ID:E4h4jXHN0

シンジ「」グリ……グリ……

アスカ「うっ……! んっ……!」

シンジ「……ホント、さっきから抵抗も反抗もしないんだね、アスカ」

アスカ「…………だ、だって……」 ←か細い声

シンジ「だって?」バシッ

アスカ「ぅっ!」

シンジ「だって何?」グリグリ……

アスカ「うっ……! ぐ……!」

シンジ「早く言いなよ、アスカ」グッ……

アスカ「あ、ぐ…! い、言ってもシンジ、怒らない?」

シンジ「聞いてみないとわからないよ、そんなの。そんな事よりも早く言いなよ」グリッ……

アスカ「うぁ…! そ、その……シンジが……!」

シンジ「僕が?」バシッ

アスカ「あぐっ! シ、シンジが私を踏んで悦んでるみたいだから……!」

シンジ「…………」

アスカ「だ、だから……もっと悦んでもらおうって思って…………」

シンジ「…………」

アスカ「お、お仕置きなのに、ごめんなさい……シンジ」

シンジ(アスカ/// ダメだよ、可愛い過ぎるよ……!///)


シンジ「///」バシッ!

アスカ「ひぐっ! ご、ごめんなさい、シンジ!」

シンジ「///」バシッ

アスカ「あうっ! ゆ、許して……! シンジ……!」

145 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:22:01.96 ID:E4h4jXHN0

シンジ「アスカ、もういいから、次。起き上がって、四つん這いになってお尻をこっちに向けて」

アスカ「あ、あの、ホントにごめんなさい、シンジ……」

シンジ「アスカ、早く」

アスカ「は、はい……!」ビクッ


アスカ「」ムクッ、モゾモゾ……


アスカ「あ、あの……シ、シンジ……この格好、少し恥ずかしい……///」

シンジ「」バシンッ!! ←尻を思いきり叩く

アスカ「あああっ!!」ビクッ!!

シンジ「」バシンッ!!

アスカ「痛い!! シンジ、痛い!! やめて!!」

シンジ「さっきからうるさいよ、アスカ。迷惑だから、声、出さないでよね」

アスカ「で、でも……!」

シンジ「」バシンッ!!!

アスカ「ひあっ!!!」ビクッ!!

シンジ「声、出さないでって言ったよね、アスカ? ずっと我慢してたらその内やめてあげるよ」

アスカ「シ、シンジ……! お願い、やめて! それ、ホントにすごく痛いの……!」

シンジ「」バシンッ!!

アスカ「やあっ!!!」ビクッ!!

シンジ「アスカ……きちんとお尻を上げて。叩きにくいから」

アスカ「シ、シンジ!」

シンジ「アスカ、僕の言う事をきいてくれないの?」バシンッ!!!

アスカ「んああっ!!!」ビクッ

シンジ「上げてよ」バシンッ!!

アスカ「うあっ!! ご、ごめんなさい、シンジ! ごめんなさい!! ごめんなさい!!」←泣き声

シンジ「声、出さないでって言ってるよね」バシンッ!!

アスカ「っ!!!」ビクッ!!

146 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:23:53.89 ID:E4h4jXHN0

シンジ「」バシンッ!!

アスカ「ーっ!!!」

シンジ「」バシンッ!!!

アスカ「ひあっ!!!」

シンジ「また声出したね、アスカ」

アスカ「ご、ごめんなさい!! もう許して……!」グスッ

シンジ「黙って叩かれてれば許してあげるって言ってるよね、アスカ?」サワッ……

アスカ「あっ……!/// シンジ、そこ、触っちゃいやぁ……!///」

シンジ「」バシンッ!!

アスカ「ふあっっ!」ビクッ!!

シンジ「どこ触ろうが、何しようが、僕の勝手だよね、アスカ? 何してもいいって、さっき言ったのもう忘れたの?」

アスカ「ごめんなさい! 許して……! 許して…………。シンジぃ…………」グスッ

シンジ「だから、声出さないようにしてなよ、アスカ。でないといつまで経っても終わらないよ」

アスカ「ううっ……」グスッ

シンジ「……アスカ、どうしても声が出るって言うなら、そこの枕に顔をうずめときなよ。そうすれば、頭の位置が低くなってお尻が自然と上がるから叩きやすくもなるし」

アスカ「シンジぃ……。どうしてもしなきゃダメ……?」グシュン……

シンジ「」バシンッ!!!

アスカ「あうっ!!!」

シンジ「……アスカ」

アスカ「ごめんなさい、ごめんなさい……! すぐにするから……!!」グシュッ……

シンジ「///」ゾクゾク……

147 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:26:03.65 ID:E4h4jXHN0

シンジ「」バシンッ!!

アスカ「……!!!」ビクンッ!!

シンジ「」バシンッ!!

アスカ「……!!!」ビクンッ!!

シンジ「」バシンッ!!!

アスカ「……!!!!」ビクンッ!!

シンジ「」ソッ……

ペロ……レロレロ……

アスカ「っ!!!///」

シンジ「しっかり濡れてるね、アスカ。踏まれて叩かれて足を舐めさせられて、それで興奮してるの?」

アスカ「……んー!////」←首ふり

シンジ「アスカ、体、もっと沈めて」

アスカ「……///」スイッ……

レロレロ……チュル……
ペチャペチャ……

アスカ「……!/// ぁ……!///」ビクッ


ピタッ


シンジ「………………」

アスカ「……?//」


シンジ「」バシンッ!!

アスカ「……っ!!!!」ビクンッ!!

シンジ「」ペロッ……ピチャペチャ……

アスカ「……んぅ///」

シンジ「」バシンッ!!

アスカ「……ぁ!!!//」ビクンッ!!

148 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:27:46.81 ID:E4h4jXHN0

アスカ「……//」プルプル…… ←小刻みに震えるアスカ

シンジ「…………」

アスカ(……次、どっちするんだろ、シンジ……//)プルプル……

シンジ「…………」

アスカ(……次、いつ……?//)プルプル……

シンジ「…………」

アスカ「……//」プルプル……


シンジ「……アスカ」

アスカ「……//」ドキッ

シンジ「そのままの格好で、両手を使って自分でアソコを広げてみて」

アスカ「!?///」

シンジ「出来ないなんて事はないよね?」

アスカ「……////」


アスカ「///」ソッ……

シンジ「///」ゾクゾク……


アスカ「////」クパァ……

シンジ「///」ドキドキ


アスカ「////」モジモジ

シンジ「僕に言われるままそんな事までしちゃうんだ、アスカ。恥ずかしくないの?//」

アスカ「んんー……////」←首ふり

149 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/03(土) 11:29:17.42 ID:E4h4jXHN0

シンジ「アスカ。次は起き上がってこっち向いて。それで体育座り」

アスカ「……////」ムクッ……モゾモゾ

シンジ「うん。それで足を広げて」

アスカ「…はい……///」カパッ……

シンジ「さっきと同じように、アソコを両手で広げて」

アスカ「…はい………////」クパッ……


シンジ「僕がいいって言うまでそのままだよ」

アスカ「はい…////」


シンジ(……さてと……。もうそろそろ、アラームの時間だから、このまま放置でいいかな……? でも、念の為に足だけは縛っておこう……)

シンジ(……確か、ナイロン紐がミサトさんの部屋にあったよね……)

シンジ「」スイッ……スタスタ……

アスカ「あっ……シンジ?/// どこ行くの……?///」

シンジ「アスカ、僕がいいって言うまで、そのままって言わなかった?」

アスカ「はい……/// ごめんなさい……///」

シンジ「戻ってきた時に動いてたら、またお仕置きするからね」

アスカ「はい…///」


シンジ「」トコトコ……ガラッ、ピシャッ


アスカ「……///」ドキドキ

155 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:17:30.13 ID:FN5xajO90

今回の投下から、段々、外道シンジな感じになっていくと思います
後味悪いかもと思うので閲覧注意
明るいアスカが好きな人はそっ閉じ推奨
どうしてこうなった……

156 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:18:17.87 ID:FN5xajO90

ー ミサトの部屋 ー

シンジ「確かこの辺に……」ゴソゴソ……

シンジ「あった」

シンジ「あとはこれを持ってて……」チラッ

シンジ「もう時間が残り少ないや、急がないと」タッタッタ

157 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:19:34.36 ID:FN5xajO90

ガラッ、ピシャン……

アスカ「あっ…///」ドキッ

シンジ「…………」スタスタ

アスカ「シンジ……/// 私、いい子で待ってたよ……///」←甘え声

アスカ「ちゃんと言いつけ通りにしてた……///」カパッ……

シンジ「……そうみたいだね//」

アスカ「だから、ねぇ、シンジぃ……///」

シンジ「何?」スタスタ

アスカ「……ご褒美に…キスして……///」

シンジ「…………後でね」

ギシッ

アスカ「……?//」

シンジ「アスカ、もう少し足を広げて」

アスカ「////」

アスカ「はい…////」ソッ

スッ……クルクル……

アスカ「」ピクッ

アスカ「シンジ、何してるの……?」

シンジ「足を縛ってるんだよ」

アスカ「でも、これ、タオルじゃない……。何……?」

シンジ「ナイロン紐。痛くないよう縛るから、大丈夫だよ。こっちの足も、っと」

スッ……クルクル……

シンジ(これで、ベッドに固定完了……)

アスカ「シンジ……終わったの?/// ……手は…いいの?///」

シンジ「手はそのままでいいよ。それより、まだ広げてなよ、アスカ」

アスカ「はい…////」

158 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:20:48.87 ID:FN5xajO90

シンジ「」チラッ

シンジ(良かった。アラームの時間までに間に合った)

シンジ「じゃあ、アスカ、ご褒美あげるね」

アスカ「うん……♪///」

シンジ「」スッ

チュッ……

アスカ「ん…///」ドキドキ


Prrrrrr、Prrrrrr、Prrrrrr ←アラーム


シンジ「あっ、また電話」

アスカ「えっ……」

シンジ「アスカ、ちょっと待ってて」スッ……

アスカ「あ……………………」グスン

159 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:22:15.04 ID:FN5xajO90

アスカ「シンジぃ……またなの……?」ショボン……

シンジ「アスカ、手は広げたままだよ」

アスカ「あ…/// ごめんなさい……///」クパァ……

シンジ「それと、電話はしょうがないって前に言ったよね?」

アスカ「はい……//」シュン……

シンジ「それにしても誰からだろ……。またミサトさんからかな?」スッ……

シンジ「…………あれ? 綾波からだ。どうしたんだろ?」

アスカ「!」

160 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:24:26.04 ID:FN5xajO90

アスカ「ちょ、ちょっと待って、シンジ」

シンジ「? ……何?」

アスカ「あの……ファーストからなら出る必要なんかないでしょ。使徒が来たとかそんなんじゃないのは間違いないんだから……」

シンジ「……でも、大事な連絡かもしれないし」

アスカ「そんなはずないから……! だから出ないでよ! ね、お願い、シンジ……!」


Prrrrrr、Prrrrrr、Prrrrrr


シンジ「」ハァ……

シンジ「アスカに僕、そこまで言われなきゃいけないの? たかだか電話に出るだけだよね?」

アスカ「でも、嫌なの! ファーストとシンジが話してるとこなんて、聞くの嫌なの! お願い、シンジ、せめて今だけは出ないで……! お願い!」←悲痛な声

シンジ「………………」

アスカ「シンジ、さっき私だけ見るって言ってくれたじゃない……! 私が一番大事だって言ってくれたじゃない……! 私の事、好きって言ってくれたじゃない……! だから……!」

シンジ「……でも、それと綾波の電話に出ないのは別だよね? それに、アスカ。僕に命令する気?」

アスカ「ち、違う、違うのぉ……! でも……!」

シンジ「でも? その上、口答えまでするんだ?」

アスカ「」ビクッ

アスカ「ご、ごめんなさい、シンジ! 口答えしたつもりじゃなかったの…! 許して…!」

シンジ「………………」

アスカ「あ、あの……またお仕置き受けるから……。シンジの言う事も何でもきくから……。だから…………」

シンジ「だから?」

アスカ「だから……ファーストからの電話には出ないで…………。お願い……シンジ…………」グスン ←半泣き

シンジ「………………」

161 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:25:51.84 ID:FN5xajO90

シンジ「……アスカ、ホントに何でも僕の言う事をきくの?」

アスカ「う、うん! ホントよ!」パアッ

シンジ「…………じゃあ、アスカ。そのままの格好で外に出れる?」

アスカ「えっ…………!?」

シンジ「そうだね……。首輪つけて、犬みたいに散歩とか出来る?」

アスカ「あ………………」

シンジ「出来るよね? さっき何でも僕の言う事きくって言ったし」

アスカ「……う………………」

シンジ「アスカ、返事は?」

アスカ「あ…………あの…………その………………」


Prrrrrr、Prrrrrr、Prrーーピタッ

シーン………………


シンジ「……電話、アスカのせいで出れなかったね。だから、もう無理矢理にでもそうするよ。いいね、アスカ?」

アスカ「あ、あの、ま、待って、シンジ……!」

シンジ「……何?」

アスカ「あ、あの……するから…………。だ、だから二つだけ約束して……」

シンジ「約束?」

アスカ「う、うん……。それ約束してくれたら、するから……」グシュッ……

シンジ「…………」

162 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:27:10.78 ID:FN5xajO90

シンジ「…………アスカ。今のアスカが条件とか出せる立場だと思ってるの?」

アスカ「」ビクッ

アスカ「ご、ごめんなさい……。あ、あの、また踏んで下さい……。だ、だから、お願いだから約束して…………」グスッ……

シンジ「自分から踏んで下さいってお願いするなんて、変態だね、アスカ」

アスカ「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……」グシュグシュ……

シンジ「それに、さっきから、手は外しっぱなしだしさ。僕がいいって言うまで広げてるように言ったのに」

アスカ「あ……! ゆ、許して下さい」クパァッ……

シンジ「駄目だよ。とりあえず、先にお仕置きするから」

アスカ「あっ……はい!///」

シンジ「何で嬉しそうにしてるの、アスカ? お仕置きだって事、わかってる?」

アスカ「あ、ご、ごめんなさい……//」

シンジ「謝らなくていいから。その代わり、今度は文句言わずにお仕置き受けるんだよ、アスカ」

アスカ「はい…///」

シンジ「じゃあ、とりあえずそのままで待ってて。ちょっとお仕置きの用意してくるから」トコトコ

アスカ「はい…シンジ///」


ガラッ、ピシャン…………

163 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/10(土) 23:28:16.38 ID:FN5xajO90

ー お風呂場 ー

シンジ「」ゴソゴソ……

シンジ「これぐらいあればいいかな……洗濯バサミ」

シンジ「……汚いといけないから、綺麗に洗っておいて」ジャブジャブ

シンジ「あと、台所に行って……ヤカンを持ってきてっと……」

シンジ「ミサトさんの部屋に鈴もあったからそれも持ってくればいいかな……」


シンジ「……それにしても、アスカの言ってた二つの約束って何だろう……?」

173 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:02:16.39 ID:ysVs4lEu0

すみません、自分でも方向性がよくわからなくなりました
どんな形で終わるか成り行き任せになってるんで、ここから先、自己責任でお願いします
ダメだと思ったら、ここでそっ閉じして下さい

174 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:04:44.21 ID:ysVs4lEu0

ー シンジの部屋 ー

ガラッ、ピシャン……

アスカ「///」ドキッ

シンジ「」トコトコ……

アスカ「あの……シンジ……//」カパッ

シンジ「何?」

アスカ「言いつけ通りにしてたから……// またご褒美……//」←甘え声

シンジ「…………」

アスカ「……//」


シンジ「図々しいよ、アスカ。これからお仕置きだって本当にわかってるの?」

アスカ「あ、ご、ごめんなさい」ビクッ

シンジ「やっぱりもう少しきついお仕置きしなきゃダメかな」

アスカ「」ビクッ


アスカ「あ、あの、シンジ。本当にごめんなさい。反省してるから、だから……」

シンジ「だから? だから何?」

アスカ「」ビクッ

アスカ「ご、ごめんなさい、ごめんなさい、何でもないから……! 許して下さい……!」

シンジ「だからお仕置きを素直に受けたら許すって言ってるのに、何回も何回も同じ事ばっかり。もういいよ、アスカ」

ギシッ ←ベッドに上がるシンジ

シンジ「そのまま、舌出して」

アスカ「舌…?///」

アスカ(……? やっぱりキスしてくれるの……?///)

シンジ「早く出して」

アスカ「うん……///」ドキドキ

アスカ「…///」レロッ……

シンジ「もう少し出して。限界まで」

アスカ「ん……///」レロー……

シンジ「」ゴソゴソ ←洗濯バサミを取り出す

シンジ「」パチンッ ←アスカの舌に

アスカ「んん!!」ビクッ!

175 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:06:59.04 ID:ysVs4lEu0

アスカ「ひ、ひたひ!!」バチッ ←驚いて舌を引っ込めたので外れる洗濯バサミ

アスカ「ぐぅっ!!」

シンジ「アスカ、何、勝手に外してるの? もう一回口を開けて」

アスカ「シ、シンジ……! 何……!? 今、何したの……!?」←涙目

シンジ「洗濯バサミを挟んだだけだよ。我慢出来ない事じゃないよね? ほら早くもう一回口を開けて」

アスカ「で、でも、さっき凄く痛かったの…………!」

シンジ「心構えしてなかったからだよ。痛くないお仕置きなんかある訳ないのに。今度はわかってるから平気でしょ? ……アスカ、口を開けて」

アスカ「う……」ビクビク

シンジ「開けるのが嫌なら、綾波に折り返し電話かけるけど?」

アスカ「あ、開ける。開けるからぁ…!」

アスカ「……」プルプル…… ←小刻みに震えながらゆっくり

アスカ「」レ……ロッ……


シンジ「…………」

アスカ「」プルプル……


シンジ「アスカ。きちんと舌を出してよ。ちょっとしか出てないよ」

アスカ「あ……」プルプル……

アスカ「」レロッ……

シンジ「さっきはもっと出てたよね? いい加減にしないと怒るよ」

アスカ「うぅ……」レロー……


シンジ「…………」

アスカ「」プルプル……


シンジ「」パチンッ

アスカ「あっ!!」ビクッ!!

176 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:08:37.62 ID:ysVs4lEu0

アスカ「……!」プルプル……

シンジ「さっき、勝手に外したから、もう一個舌につけるよ」スッ

アスカ「」ビクッ!!

アスカ「あ……! や……やめへ、ヒンジ……! お願ひ……!!」←涙目

シンジ「」パチンッ

アスカ「っ!!」ビクッ!!


アスカ「あ……!!」プルプル……

シンジ「また勝手に外したら、もう一個追加するからね。いいね、アスカ?」

アスカ「やぁ……! ヒンジ、ごめんなはひ! 許ひて……!!」

シンジ「その内、痛みには慣れてくるよ。それより、アスカ、返事は?」

アスカ「あ、でも……!!」プルプル……

シンジ「……」ゴソゴソ ←携帯を取り出す

シンジ「」ピッ、ピッ、ピッ……

アスカ「は、はひ…! いいでふ…!」

シンジ「色気がない返事だね、アスカ。お願いしますって言ってみて」

アスカ「お、お願ひしまふ…………」

シンジ「何をお願いするの?」

アスカ「は、外ひたら……私のひたにへんたくバサミを挟んで下さひ…………」

シンジ「///」ゾクゾク……

177 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:11:29.27 ID:ysVs4lEu0

シンジ「アスカ、可愛いよ……///」ナデナデ

アスカ「あ……//」

シンジ「……それにしても、アスカの髪って長くてホント綺麗だよね……。手触りいいし……。いい匂いするし……」サラッ……

アスカ「……//」

シンジ「……これなら丁度いいかな…………」

アスカ「……?」

シンジ「」グイッ ←後ろに髪の毛を引っ張る

アスカ「んんっ!!」←顎が上がって上向き状態に

シンジ「そのまま、じっとしてるんだよ、アスカ」

アスカ「ヒ、ヒンジ、今度はなひをするの…!?」

シンジ「持ってきたヤカンの取っ手に髪をくくりつけるだけだよ。別に痛くはないでしょ?」

アスカ「ひ、ひたくなひけど……少し……苦しひ……!!」

シンジ「アスカ。痛くないなら黙っててよ。素直にお仕置き受けるって言ったのはアスカの方だよ」

アスカ「……!!」

178 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:12:59.02 ID:ysVs4lEu0

シンジ「」グルグル、キュッ ←水を入れたヤカンに髪を縛りつけ

アスカ「……あ!」←常に上向き状態

シンジ「あと、もう手は広げてなくていいから、後ろに回して。また縛るよ」

アスカ「ヒ、ヒンジ……! もうやめへ! お願ひ……!」

シンジ「アスカ、命令」

アスカ「お願ひ、ヒンジ……! 本当にもう嫌なの……! やめへ……! お願ひ……!!」

シンジ「アスカ、早く!」

アスカ「」ビクッ!!


アスカ「は……はひ……!」ポロポロ…… ←涙


シンジ「///」ゾクゾク……

179 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:14:19.49 ID:ysVs4lEu0

シンジ「」グルグル、キュッ ←タオルで後ろ手に縛り上げる

アスカ「」グスッ、ヒック……


シンジ「……アスカ」

アスカ「……ヒンジぃ…………」グシュ……

アスカ「……もう許ひて…………。お願ひ…………」グスッ、ヒック


シンジ「///」ゾクゾク……


シンジ(……アスカをこんな風に泣かせるのって初めてだけど……///)

シンジ(……ダメだ、嗜虐心が止まらないよ……!///)

180 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:15:56.93 ID:ysVs4lEu0

シンジ「」ゴソゴソ…… ←紐と鈴を取り出すシンジ

チリン、チリン……

アスカ「……?」グシュッ……

シンジ「」クルッ、キュッ ←ヤカンの横に取り付け

アスカ「……ヒンジぃ……。今度は何ぃ……?」グスッ……

チリン……

シンジ「……アスカ。今、ヤカンの横に鈴を取り付けたから」

アスカ「……うん…………」グスッ

シンジ「鈴が鳴る度に、洗濯バサミ一個挟んでいくから、鳴らさないようにね」

アスカ「え…………!」ビクッ

チリン……

シンジ「鳴ったね」

アスカ「で、でも……ひまのは!」

チリン、チリン……

シンジ「これで三回」

アスカ「ヒ、ヒンジ、待っへ……!」

チリン、チリン……

シンジ「五回だね。もう喋らない方がいいんじゃない、アスカ?」

アスカ「あ……!!」

チリン……

シンジ「六回っと」ゴソゴソ…… ←洗濯バサミを取り出す

181 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:17:34.54 ID:ysVs4lEu0

シンジ「」スッ……

アスカ「」ビクッ!!

チリン……

シンジ「七回」

アスカ「う……!!」


シンジ「それじゃ、最初はどこにしようかな……」

アスカ「…………!」

シンジ「やっぱり、ここかな……」パチンッ ←乳首に洗濯バサミを

アスカ「あっっ!!」ビクンッ!!

チリン、チリン、チリン……

シンジ「三回追加で十個だね。今、一回減らしたからあと九個……」

アスカ「……や、やめへ!! ヒンジ!!」

チリン、チリン、チリン……

シンジ「どんどん増えてくね、アスカ。持ってきた洗濯バサミ、足りるかな……?」

アスカ「やぁ…!!!」

チリン、チリン…………

182 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:19:36.83 ID:ysVs4lEu0

シンジ「アスカ、また挟むからじっとしてなよ」スッ

アスカ「ヒンジ、やぁ! お願ひ、やめへ……!」

チリン、チリン……

シンジ「これであと16個だね。アスカの体、洗濯バサミだらけになるよ。本当にもう黙ってたら?」

アスカ「……!!」ビクッ

チリン……

シンジ「17個と……」

アスカ「う……。うう…………」ポロポロ…… ←涙

シンジ「そうだね、そうやって大人しくしてなよ//」スッ

アスカ「…………!」

シンジ「次はこっちの乳首と//」パチンッ

アスカ「……あ!!」

チリン……

シンジ「鳴っちゃったね、アスカ。一個追加っと」

アスカ「……!」ハァハァ……ゲホッ!

チリン……

シンジ「ああ、舌出して上をずっと見てるからね。口の中に唾がたまるかな。それは飲み込みなよ。でないとまた鳴るよ」

アスカ「……はひ」ハァハァ……ゴクッ

シンジ「…………」パチンッ ←耳に洗濯バサミ

アスカ「っ!」ビクッ、ゲホッ!

チリン……

シンジ「17個からちっとも減らないね、アスカ。もう一個、こっちの耳にと」パチンッ

アスカ「……っ!」

シンジ「イヤリングみたいで可愛いよ、アスカ//」

アスカ「……ううっ……」ハァハァ、ゴクッ……

183 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:21:08.11 ID:ysVs4lEu0

シンジ「……アスカ、さっき誉めてあげたんだから、お礼は?」

アスカ「……あ、あひがとふ……ヒンジ…………」

シンジ「ありがとうございますにして言い直しかな」バチンッ ←脇腹に大きめの洗濯バサミ

アスカ「ひぐっ!!」ビクンッ!!

チリン、チリン、チリン……

シンジ「アスカ、言い直し」バチンッ ←二の腕に

アスカ「……ぎっ! あ、あひがとふござひまふ……!」ポロポロ……

チリン……

シンジ「……もう一度言い直し」パチンッ、パチンッ、パチンッ、パチンッ、パチンッ ←足の指五本

アスカ「っっ! あ、あひがとふござひまふ、ヒンジ!」

シンジ「……もう一度//」パチンッ、パチンッ、パチンッ、パチンッ、パチンッ ←手の指五本

アスカ「っ!! あ、あひがとふござひまふ、ヒンジ! あひがとふござひまふ、ヒンジ!!」ポロポロ……

シンジ「///」ゾクゾク……!!

184 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:26:17.14 ID:ysVs4lEu0

ー 10分後 ー

アスカ「うっ……うぅ……」←洗濯バサミ28個取り付け済み


シンジ「ヤマアラシみたいだね、アスカ//」

アスカ「……」ヒグッ、エグッ……


シンジ「……もう痛みには慣れてきたはずだよね……? こっちはどうなってるかな……」ソッ……

サワッ……

アスカ「あっ!// やっ!// そこ…!//」ビクッ!!

ネトッ……

チリン、チリン、チリン……

シンジ「……アスカ。僕、こっちには何もしてないのに濡れてるね。どうなってるの?」

アスカ「ひがう……。ひがうのっ……」ポロポロ……

チリン、チリン……

シンジ「ふうん……。まあ、いいや。また鳴ったから、新しく5個追加するよ、アスカ」

アスカ「やぁ…………。もう嫌ぁ…………」グシュッ

シンジ「アスカ、返事」

アスカ「…………」ヒグッ、グシュ……

シンジ「アスカ!」

アスカ「………………はひ。…………お願ひしまふ……」グシュッ……

シンジ「///」ゾクゾク……!!

185 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:28:29.90 ID:ysVs4lEu0

ー 5個追加後 ー

シンジ「……もう取り付けても鳴らさなくなったね、アスカ。慣れちゃったのかな」

アスカ「…………」ハァハァ……ゴクッ

シンジ「どっちかって言うと、上を向いてる方が苦しそうだね。あと舌出しっぱなしの方も」

アスカ「…………」ハァハァ……ハァハァ……

シンジ「…………アスカ、返事」

アスカ「……は、はひ…………」ハァハァ、ハァハァ……

シンジ「苦しい、アスカ?」

アスカ「……は…ひ…………」ハァハァ……ゴクッ

シンジ「……もうやめて欲しい?」

アスカ「……はひ…………。お願ひ……しまふ…………」ハァハァ……

シンジ「…………」

アスカ「…………」ハァハァ……


シンジ(……本当にそろそろやめないとまずいかな。少し調子に乗りすぎた気がする……)

シンジ「……いいよ、アスカ。外してあげる」

アスカ「……!」パアッ

アスカ「………ありがとふ…ござひまふ……ヒンジ……!」

シンジ「……動かないでね、まず、舌から外すから」スッ

アスカ「」ビクッ

チリン……

アスカ「ご、ごめんなはひ、ヒンジ……! また、もふ1個挟んで下さひ……!」グシュッ

シンジ「アスカ、大丈夫だよ。もうお仕置きは終わりだから」ナデナデ……

アスカ「……」ビクッ

シンジ「安心して」ソッ……ヒョイ、ヒョイ

186 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:30:01.42 ID:ysVs4lEu0

ー 洗濯バサミ、縛ってた紐、外し終わった後 ー


アスカ「」ハァハァ、ハァハァ……


シンジ「大丈夫、アスカ? よく我慢したね」ギュッ…… ←抱き締め

アスカ「うっ……」ポロポロ……

シンジ「……アスカ?」

アスカ「シンジぃ……。辛かったの……。苦しかったの……。お仕置き、もう嫌ぁ…………」グシュ、グシュッ……

シンジ「アスカ…………」

アスカ「優しくして、シンジぃ……。もう痛くしないで……」エグッ……グシュッ……

シンジ「…………アスカ」ソッ……ナデナデ……

アスカ「うぅっ……うっ……シンジぃ……!」ヒック、グシュ、グシュ……






187 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:31:49.38 ID:ysVs4lEu0

ー 15分後 ー

シンジ「」ナデナデ……

アスカ「」グスッ、グシュッ……





シンジ「……アスカ。バスルーム行こうか……。体に挟んだ痕ついちゃってるし……」

アスカ「……うん…………」ゴシゴシ……


シンジ「立てる?」

アスカ「……抱っこ…//」

シンジ「」クスッ


シンジ「うん。わかったよ。お姫様」ソッ……

アスカ「優しくだからね……//」

189 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:34:30.27 ID:ysVs4lEu0

ー バスルーム ー

シンジ「アイマスクは流石に外してっと……」ヒョイ

アスカ「ん……!」

シンジ「眩しい? ずっとつけっぱなしだったからね」

アスカ「うん……」コクン……

シンジ「それじゃ、アスカ、洗ってあげるよ、おいで」

アスカ「…………うん…//」トコトコ……

アスカ「……ここでいい、シンジ?//」チョコン

シンジ「うん、いいよ。そこでちょっと待っててね。今、シャワーの温度見るから」キュッ、ジャー……


アスカ「……ねぇ、シンジ……//」

シンジ「ん、何?」

アスカ「シンジは服、脱がないの……?// 良かったら後で私が洗ってあげるけど……///」モジモジ……

シンジ「……そうだね。洗ってもらうかどうかはわからないけど、服は脱いどこうか//」

アスカ「うん…///」

シンジ「あっ、でも……//」

アスカ「でも?」

シンジ「その……少し恥ずかしいから……///」

アスカ「ずるい、シンジぃ……// 私なんて、もう全部シンジに見られてるのに……////」

シンジ「うん、でも……/// アスカ、ごめん、もう一回目隠ししていい? そうしたら脱ぐから//」

アスカ「また目隠し……? だけど、アイマスクだと……」

シンジ「今度はタオルかな。それなら濡れても大丈夫でしょ?」

アスカ「ん……。まあ、いいけど……。その代わり、シンジも全部脱ぐのよ///」

シンジ「うん、わかってる// じゃあ、このタオルで」スッ

グルリ、キュッ……

シンジ「痛くない、アスカ?」

アスカ「うん、平気……」

シンジ「じゃあ、脱いでくるから//」

アスカ「全部よ、シンジ///」

シンジ「わかってるってば//」

190 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:36:46.86 ID:ysVs4lEu0

ー 脱いだ後 ー

アスカ「……シンジ、本当に全部脱いでるの……?」

シンジ「脱いでるってば//」

アスカ「ふーん……」スッ……サワッ

シンジ「ちょっ、アスカ// 何で僕の足触るの?///」

アスカ「あ、えと……確認よ、確認/// ちょっとじっとしててよ、シンジ///」サワサワ……

シンジ「あっ/// やめっ///」

アスカ「何、変な声出してるの…?/// それより、動かないでよ…///」サワサワ……

シンジ「あ、あの……/// アスカ……そこは……///」カアッ

アスカ「ここ?/// あ……/////」カアッ


シンジ「あ、あの、アスカ/// もう手を離して……///」

アスカ「えっと……///// 結構、硬いのね……////」ニギッ

シンジ「に、握らなくていいから///」

アスカ「こんな風にすると気持ち良かったりする?///」シコシコ……

シンジ「っ/// し、しなくていいってばアスカ///」サッ

アスカ「あ……//// むー……////」

シンジ「何で不満そうな声出してるのさ……///」

アスカ「別に…/// さっきまで色々虐められてたから、その仕返しがしたかっただけよ…///」

シンジ「あ……//」

アスカ「いいの、怒ってないから。後でたっぷり仕返ししてあげるし…///」

シンジ「え……///」ドキドキ

アスカ「いいから…/// 洗うなら、さっさと洗って…///」ドキドキ

シンジ「う、うん……///」

191 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/13(火) 20:39:43.37 ID:ysVs4lEu0

シンジ「じゃあ、アスカ。シャワーの温度、丁度いい感じでぬるいし、もう少しこっちに来てくれる」ジャバジャバ……

アスカ「ぬるいの? 少しぐらい熱い方が好きだけど、私……」

シンジ「それだと、ちょっとまずいからね。それより、アスカ、もう少しこっちに来て」

アスカ「あ、うん……? えと、ここでいい?//」スイッ……

シンジ「うん、そこでいいよ。それじゃ、そのまま四つん這いになって」

アスカ「え…………」

シンジ「アスカ、早く」

アスカ「シンジ…………何で…………?」

シンジ「アスカ、嫌なの?」

アスカ「あ。い、嫌じゃないけど……! でも……!」

シンジ「」ジャバッ! ←シャワーをアスカの顔面に

アスカ「んあっ!」

シンジ「ね、熱いとまずいでしょ? わかったら早く言う通りにして。命令だよ」

アスカ「」ビクッ

アスカ「…………あ、う……ご、ごめんなさい、シンジ…………」スッ…… ←言われた通り四つん這いに

シンジ「そのままじっとしてるんだよ」

アスカ「あ、あの……シンジ……!」

シンジ「何?」

アスカ「も、もう痛くしない…………?」

シンジ「……しないよ。それだけは安心して」

アスカ「お仕置きも……しない…………?」

シンジ「しないよ。それに本当に嫌だったら、しなくてもいいし、僕に腹が立ったなら蹴ってもいいよ。今度は縛られてないから大丈夫でしょ?」

アスカ「…………」

シンジ「どうする、アスカ?」

アスカ「……」

アスカ「……………洗って下さい……/// お願いします……///」

シンジ「///」ゾクゾク……!

201 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:27:18.82 ID:x3eCKifC0

シンジ「じゃあまずはシャワーから……//」ジャー、ジャバジャバ……

アスカ「ん……」

シンジ「体全体にかけるからね、アスカ」ジャバジャバ

アスカ「うん……」

シンジ「もう少し温度上げるよ。これで、もうさっきみたいな事は出来ないから、僕を怒らさないでね、アスカ」

アスカ「はい……// シンジの言いなりになります……///」コクン……

シンジ「///」ゾクゾク……

202 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:29:22.88 ID:x3eCKifC0

シンジ「次に髪かな……// 目をつぶっててよ、アスカ」

アスカ「はい…//」

シャワシャワ……

シンジ「熱くない? 大丈夫?」

アスカ「うん……♪//」

ジャー……

シンジ「じゃあ、次はボディーソープを使って体を洗うよ//」

アスカ「はい……//」

シンジ「」キュポッ……ヂュッ ← ボディーソープを手に

シンジ「」スッ……サワッ

アスカ「」ビクッ

シンジ「? ……アスカ?」

アスカ「あ、あのね……シンジ…………」

シンジ「? ……どうしたの?」

アスカ「や、優しくしてよ……。今度はホントに痛くしないでね…………」←か細い声

シンジ「……わかってる。さっきはホントにごめんね。アスカ……」

アスカ「ううん……。怒ってない……。怒ってないからいいけど……」プルプル…… ←小刻みに震え

シンジ「大丈夫だよ、優しくする。怖かったら、僕の手を握ってて」スッ……

アスカ「うん…………」コクッ……

アスカ「」ソッ……

シンジ「」ニギッ……

アスカ「…………シンジ……//」

シンジ「何?」

アスカ「私の事、好きって……もう一回言って…………///」

シンジ「……好きだよ、アスカ/// 世界中の誰よりも///」

アスカ「うん……////」ギュッ……

203 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:31:07.85 ID:x3eCKifC0

シンジ「それじゃ、洗うよ。アスカ」

アスカ「うん…………」

シンジ「」ソッ……コシコシ…… ←足から

アスカ「あ…//」ビクッ

シンジ「……アスカ、まだ怖い?」

アスカ「あ、ううん、違うの…// それに……シンジの手、握ってるから平気……///」

シンジ「そう? じゃあ、続けるよ」

アスカ「うん……♪//」コクン

シンジ「」コシコシ、コシコシ…… ←ふくらはぎからゆっくりと足の指まで

アスカ「ん……///」モジモジ

シンジ「アスカ、あんまり動かないでね」

アスカ「わ、わかってる……// でも…………//」

シンジ「……でも?」

アスカ「」ビクッ!

アスカ「ご、ごめんなさい、シンジ……。口答えしました、ごめんなさい、ごめんなさい……」←震え声

シンジ「アスカ、大丈夫。怒ってないから」ギュッ…… ←手を優しく握る

アスカ「……ほ、ホントに…………?」プルプル……

シンジ「うん、ホントだよ。嘘だと思うならこっちに顔向けて」

アスカ「……また、お湯かけない……?」プルプル……

シンジ「大丈夫。こっち向いて、アスカ」

アスカ「…………」プルプル…… ←言われた通りに

シンジ「」チュッ…… ←キス

アスカ「あ…///」キュンッ……

シンジ「これからはお仕置きとしてキスするね// だから、安心して//」

アスカ「はい……♪///」

204 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:33:14.67 ID:x3eCKifC0

シンジ「」コシコシ……コシコシ…… ←足の指、丹念に

アスカ「あ…///」

アスカ「……んっ///」ビクッ……

シンジ「……アスカ、くすぐったいの?」

アスカ「それもあるけど……//」ゴニョゴニョ……

シンジ「?」

アスカ「なんか、シンジに洗われてるって思うと……///」ゴニョゴニョ……

シンジ「思うと?」

アスカ「だ、誰にも言わないでよ、シンジ……///」モジモジ……

シンジ「…………」クスッ

シンジ「言う訳ないよ。で、何?」

アスカ「あのね……///」

シンジ「うん」

アスカ「オモチャにされてるみたいでドキドキするの……////」カアッ

シンジ「///」ゾクッ

205 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:34:44.03 ID:x3eCKifC0

シンジ「じゃあ、もっとして欲しい?//」

アスカ「////」コクン……


アスカ「優しく、してくれるなら……////」ゴニョゴニョ……

シンジ「わかったよ、アスカ//」


シンジ「」ソッ……コシコシ、コシコシ ←次、太ももに

アスカ「んっ///」ビクッ

シンジ「アスカ、動いちゃダメだよ」

アスカ「が、我慢してるの……/// でも動いちゃうの……///」

シンジ「そんなにくすぐったいの?」コシコシ、コシコシ ←内ももに

アスカ「あっ…/// や///」ビクッ

シンジ「……アスカ、質問に答えなかったから、お仕置きだよ。もう一度顔をこっちに向けて」

アスカ「あ……//」

アスカ(またキス……♪//)

アスカ「 ……はい。ごめんなさい、シンジ…///」スイッ……

シンジ「いいよ、別に…//」チュッ…

アスカ「…♪///」


シンジ「//」チュル……レロッ……

アスカ「ん……♪///」

206 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:36:22.83 ID:x3eCKifC0

シンジ「」スッ…… ←離れる

アスカ「あ……」

アスカ「もう終わり、シンジ……?」ショボン……

シンジ「お仕置きだからね。また前向いて、アスカ」

アスカ「はい……」シュン……

シンジ「それと、洗いやすいようにもう少し足を広げて」

アスカ「はい……///」ソッ……

シンジ「」スッ……コシコシ、コシコシ ←また内もも

アスカ「っ/// ん……///」モジモジ……

シンジ「やっぱりくすぐったい? それともドキドキしてるから?」

アスカ「両方ぅ……/// んっ///」ビクッ

シンジ「」コシコシ…… ←まだ内もも

アスカ「あ///」

シンジ「」コシコシ…… ←ちょっとずつアソコの方に移動

アスカ「あっ…///」ドキドキ ←期待

シンジ「」コシコシ…… ←でも、ひたすら内もも

アスカ「あっ/// ん///」ビクッ

シンジ「」コシコシ、コシコシ……

アスカ「んー!////」クネクネ…… ←もどかしい

207 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:37:37.27 ID:x3eCKifC0

アスカ「ん…///」ソッ…… ←無意識的に腰を下に

シンジ「」ピタッ

アスカ「…?//」

シンジ「脚は終わりだよ、アスカ。次、お尻洗うから//」スッ……

アスカ「んー!///」

シンジ「どうしたの、アスカ?」

アスカ「……な、何でもない//」←首ふり

シンジ「そう? まあ、いいけど……」

アスカ「ぅー///」

シンジ「♪」

208 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:38:57.04 ID:x3eCKifC0

シンジ「///」コシコシ……コシコシ……

アスカ「んっ///」ビクッ

シンジ「何か敏感になってない、アスカ? 気のせい?」

アスカ「だって……/// だってぇ……///」

シンジ「質問にも答えなかったし、口答えしたね、アスカ。……お仕置き」

アスカ「あ……/// ……はい///」スッ……

シンジ「今度は舌だして、アスカ」

アスカ「シンジ………………洗濯バサミ、しない……?」←不安な声

シンジ「しないよ、大丈夫」

アスカ「…………」←恐る恐る

アスカ「」……レロッ……

シンジ「//」チュル…… ←吸う

アスカ「んっ…///」

シンジ「//」チュルチュル、レロッ……

アスカ「ん/// ンっ///」

シンジ「」スッ……

アスカ「あ…………」

209 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/16(金) 19:41:22.82 ID:x3eCKifC0

アスカ「ねぇ、シンジぃ……もうちょっと……///」

シンジ「ダメだよ、アスカ。後で」

アスカ「うー…………//」シュン

シンジ「それにしても、アスカのお尻可愛いよね//」コシコシ……コシコシ……

アスカ「んんっ……/// 恥ずかしい、シンジ……///」

シンジ「誉めてるんだよ、アスカ。お礼言いなよ。これも何回も教えたよね?」

アスカ「あ…………ごめんなさい…/// ありがとうございます、シンジ……//」

シンジ「うん//」コシコシ……

アスカ「あっ/// ね、ねぇ、シンジ……//」ビクッ

シンジ「何?」

アスカ「言いつけ守らなかったから、お仕置き……♪///」

シンジ「お仕置きがどうかしたの?」

アスカ「お仕置きして……///」スッ…… ←顔をシンジの方に向けて

アスカ「はい…///」レロッ……

シンジ「…………するかしないかは僕が決める事だよ、アスカ。顔を戻して」

アスカ「んー…………」

シンジ「アスカ、命令」

アスカ「はい…………」ショボン……

214 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/19(月) 12:27:51.51 ID:nzkIThuT0

シンジ「」コシコシ……コシコシ……

アスカ「あっ……ん……///」ハァハァ……

シンジ(息も荒くなってきたし、もうそろそろいいかな……)

シンジ「」ソッ…… ←アナルに指をあてがう

アスカ「やっ!/// シンジ、そこ……!///」ビクッ

シンジ「ここも洗わないとね///」ズッ……

アスカ「やあんっ!///」ビクッ!!

シンジ「アスカ、力抜いてよ。出ないと奥まで入らないから」

アスカ「ダメ!ダメ!// 抜いて、シンジ!// やあっ…!///」

シンジ「……アスカ、命令。力を抜いて」

アスカ「だけど……!/// そこはやあっ……!///」

シンジ「痛くはないよね、アスカ? 痛くない事以外は僕の言いなりになるんじゃなかったの?」

アスカ「で、でもぉ……!///」

シンジ「…………アスカ、また痛い方のお仕置きする?」

アスカ「」ビクッ

シンジ「……それか、後で綾波に電話する?」

アスカ「ダ、ダメ!! それだけは絶対ダメ!」

シンジ「…………じゃあ、アスカ、命令。尻の力を抜いて」

アスカ「……は……い…………」シュン……

215 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/19(月) 12:29:24.54 ID:nzkIThuT0

シンジ「」ズチュッ……

アスカ「ううっ……///」

シンジ「ボディーソープ使ってるから結構奥まで入るね、アスカ」

アスカ「や……やだぁ……/// 言わないでよ、シンジ……///」

シンジ「ゆっくり動かしてくから…//」

アスカ「……うぅ///」

シンジ「入れる時は力を抜いて、出す時は逆に力を入れるんだよ、アスカ」

アスカ「はい…………//」

シンジ「」ズチュッ……ズチュッ……

アスカ「んーっ…………///」

シンジ「きちんと言いつけ通りにしなよ、アスカ」

アスカ「ご、ごめんなさい…………」

シンジ「少しずつ抜いてくよ//」ヌチュ……

アスカ「ん……//」キュッ……

シンジ「次、少しずつ入れてくから//」ズチュッ……

アスカ「はい……//」ヒク……

216 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/19(月) 12:31:01.31 ID:nzkIThuT0

シンジ「///」ヌチュズチュ、ヌチュズチュ……

アスカ「ふ……/// あ……///」

シンジ「慣れてきたかな……。どう、アスカ?」

アスカ「は…い………!/// 慣れて…きました……!// だから、もう…………!//」

シンジ「そう、良かった。じゃあ……」ズポッ…… ←指を抜く

アスカ「あ…………//」ハァ……ハァ……

シンジ「次は指二本だね、アスカ//」ズチュッ……

アスカ「あ、ひっ!///」

シンジ「///」ズチュヌチュ、ズチュヌチュ……

アスカ「あ、ぁ、あ……!///」

シンジ「回転とかさせるとどうかな?//」グリン

アスカ「や、あっ…!///」ビクッ

シンジ「あと掻き回したりとか……」グチュグチュ、グチュグチュ……

アスカ「あッ、や、ひ、ぁっ…!///」ビクビク

217 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/19(月) 12:33:06.37 ID:nzkIThuT0

シンジ「」スポッ…… 指を抜く

アスカ「んっ///」ビクッ

シンジ「ずいぶん喘いでたね、アスカ//」

アスカ「あ、喘いでた訳じゃないぃ…////」ハァハァ、ハァハァ……

シンジ「また口答えしたね、アスカ。顔をこっちに向けて」

アスカ「は…い……///」スッ……

シンジ「//」チュッ……

アスカ「ん///」

チュバッ、レロレロ、チュルッ

アスカ「あ/// んンっ////」

レロレロ、チュル、チュクッ……

アスカ「んっ/// ンあっ////」

チュバッ……

アスカ「////」ハァハァ、ハァハァ……


シンジ「次はお腹と背中かな……」スッ……

アスカ「シンジぃ……///」ハァハァ、ハァハァ……

アスカ「ちょっとだけ待っーーあっ///」ビクッ

シンジ「」コシコシ、コシコシ、コシコシ

アスカ「ぁ、あ/// 待って、シンジぃ、ダメ///」ビクッ!!

シンジ「ここら辺はそんなに感じないはずなんだけどね……過敏になりすぎだよ、アスカ」コシコシ、コシコシ、コシコシ

アスカ「ん、んん///」クネクネ

シンジ「ついでに胸も」コシコシ、コシコシ

アスカ「ぁっ、ふあっ///」ビクンッ!!

シンジ「乳首も結構つねっちゃったから、優しく念入りに……」サワサワ、キュッ……

アスカ「や、あ、んンっ////」ビクンッ!!

シンジ「で、一緒に首も……」ツー、サワサワ

アスカ「いっ、あっ、ん、んん////」ビクッ

シンジ「」ピタッ

アスカ「ぁ、ぁ…////」ハァハァ、ハァハァ……




218 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/19(月) 12:36:45.16 ID:nzkIThuT0

アスカ「ぁ…////」ハァハァ……

シンジ(これぐらいでいいかな……)

シンジ「アスカ、それじゃ四つん這いはもういいから、立って」スッ…… ←手を差しのべて起こす

アスカ「は……い……///」ハァハァ……

アスカ「今度は……私が洗うの…?///」ハァ……ハァ……

シンジ「うん。でも、アスカ、少し休憩が欲しいでしょ?」

アスカ「うん……ごめんね、シンジぃ///」ハァ……ハァ……

シンジ「別にいいよ。だから……//」グイッ…… ←アスカを抱き寄せて体に密着させる

アスカ「あん…////」キュン

シンジ「腕、首に回して」

アスカ「うん……♪///」ギュッ……

アスカ「シンジぃ……キス、するの…?////」ドキドキ……

シンジ「ううん。アスカを石鹸代わりにするの///」

アスカ「え……?//」

シンジ「しっかり掴まっててね///」クッ……←アスカの足をつかんで持ち上げ

アスカ「あっ、やっ!/// シンジぃ、恥ずかしい!///」

シンジ「腕、離しちゃダメだよ//」ユサ……ユサ……

アスカ「あ/// んっ/// 動かさないで、シンジ。これシンジのが当たって…/// こすれてっ////」ビクッ!!

シンジ「おっぱいもしっかりくっつけるんだよ、アスカ///」ユサユサ……

アスカ「ぁっ/// いっ///」ビクッ!!

219 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/19(月) 12:41:59.85 ID:nzkIThuT0

ユサユサ……


シンジ「///」ハァハァ……

アスカ「んっ/// あっ/// んンっ///」ギューッ


シンジ(アスカの体、ヌルヌルになってて気持ちいいや///)ハァハァ……

シンジ(落ちないようにか、言いつけ通りにしてるのかはわからないけど、しっかり体くっつけてくるし…///)ハァハァ……

シンジ(動かす度におっぱいが当たって、乳首がこすれて……///)ハァハァ……

シンジ(僕のと、ネトネトになってるアスカのがこすれて……///)ハァハァ……

シンジ(ダメだ……今までずっと我慢してたから出したくなってきちゃた……///)ハァハァ……

シンジ(でも、どうせ出すならアスカの可愛い顔にかけたいや///)ハァハァ……

シンジ(口とアスカの中は後の愉しみにとっときたいから……/// 先にお尻に入れようかな……/// 今のアスカ、何でも言う事きくし……///)ハァハァ……ハァハァ……


ユサユサ、ユサユサ、ユサユサ


アスカ「いっ/// ンっ//// あっ/// やっ///ギューッ

220 名前: ◆KY3gML3ZAKhi[saga] 投稿日:2013/08/19(月) 12:43:23.08 ID:nzkIThuT0

今日はここでおしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「ミサトさんて、本当に第二東大出身なのかな…?」