アスカ「今日は下着パーティ!もちろん参加者は女性限定よ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「キョンくん。わたしをお嫁にしてくれますか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 02:09:11.82 ID:UaB/Z0IK0

シンジ「なのになんで僕まで参加なんだよっ」

アスカ「給仕係は空気と一緒」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 02:18:56.23 ID:UaB/Z0IK0

アスカ「下着パーティとは! 下着の女の子達だけでリラックスしまくるというお泊り会のこと!」

アスカ「ま、パジャマパーティのランジェリー版って感じ?」

シンジ「誰に解説してんの?」

アスカ「言ってみただけよ」

ピンポーン

アスカ「あ。ほら、もう誰か来たわよ召使い。案内してさしあげなさい」

シンジ「はぁ……そもそもなんでウチでやるんだよ……」



マリ「ちゃっす」

シンジ「どうも」

ヒカリ「お、お邪魔します」

シンジ「委員長まで!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 02:23:56.70 ID:UaB/Z0IK0

ヒカリ「え…!!? 碇くん、ずっといるの!?」

アスカ「あらヒカリ。シンジのやつは追い出すつもりだったわけ?」

マリ「それは可哀想ってもんだにゃ」

ヒカリ「え、で、でも……でも」

シンジ「からかうのやめなよアスカ。やっぱり僕―――」

ピンポーン

アスカ「ほらほら、玄関」

シンジ「……もう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 02:31:07.08 ID:UaB/Z0IK0

ワイワイ

シンジ(アスカ、真希波、マナ、山岸さん、委員長。まさかの綾波まで。結構人増えたな……)

ヒカリ「碇くん、お野菜切り終わったよ」

シンジ「ありがと。さすが、早いね。そこ置いといて」

ヒカリ「うん…」

シンジ「僕、料理作り終わったらずっと部屋に篭るから。大丈夫だよ」

ヒカリ「でも……準備だけしてもらって閉じ込めるなんて……」

アスカ「そいつの事なら気なんて使わなくていーわよー、ヒカリ」

シンジ「アスカはもう少し気を使ってくれてもいいよ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 02:47:29.31 ID:qcvlO7+w0

シンジ「よしっと。じゃ、僕の分だけ部屋に持ってくから、後はテキトーにやってて」

霧島「え〜、シンジも居てよ。そのほうが絶対楽しいのに」

シンジ「無理だってば」

アスカ「却下」

シンジ「…なにを却下なの?」

アスカ「この人数でリビングしか使えないんじゃ狭苦しいじゃない。今日は全部開け放して自由に使うって決めてるの」

シンジ「あ。急にミサトさんの部屋掃除したのって、その為……?」

アスカ「あったりまえでしょ。それにあんた、トイレとか行く時どうするつもりよ」

シンジ「部屋から声かけて、それから出てくるようにすればいいだろ」

アスカ「あんたバカぁ!? 狭くして、いつ出てくるか分からなくて、そんな状況じゃリラックスなんてできないじゃない」

マリ(メチャクチャ言ってるなー姫)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 02:48:52.42 ID:qcvlO7+w0

ヒカリ「ア、アスカ。けど、碇くんがいたら、私……」

アスカ「そ・こ・で。エキヒイキ!」

レイ「持ってきてるわ。はい」

アスカ「はい。ネルフ特製、キール風目隠しぃ!!」

シンジ「…」

アスカ「これ付けてなさい」

シンジ「えぇぇ……」

アスカ「見えなきゃ問題ないでしょ?」

シンジ「まあ……うん。それはそうだけど」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 02:53:17.98 ID:qcvlO7+w0

山岸「どうですか?」

シンジ「確かにこれ、全然見えやないや」

ヒカリ「碇くん、ごめんね」

アスカ「じゃ。料理冷めない内に始めましょ」

シンジ(安心したけど、ちょっと惜しかったかも……いや、なに考えてんだ)

スル…

シンジ「…」ピク

スル…
パサ…

シンジ「……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 03:02:18.63 ID:qcvlO7+w0

シンジ「……」ドキドキ

マリ「あれ。レイちゃん、そんな可愛いブラ持ってたっけ?」

レイ「せっかくだからって、赤木博士が用意してくれたの」

アスカ「そーいやエコヒイキって、いつも味も素っ気もない下着ばっかだっけ」

シンジ「……」

山岸「飲み物注ぐからコップ貸してください」

霧島「はーい」

ヒカリ「ウーロン茶は私入れるね」

シンジ「……」

アスカ「いくわよ。かんぱーい!」

シンジ(始まった。てことは、今、もう皆下着で……すごそこに……)

シンジ(見えないけど、これはこれで色々マズい気がしてきた……!)

霧島「ねぇシンジ」

シンジ「えっ。ななに?」

霧島「それ付けてたら食べれないでしょ? 私が食べさせてあげるね」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 03:10:55.24 ID:qcvlO7+w0

シンジ「い、いいよ。僕は後で」

霧島「ダーメ。シンジに食べさせたいの」

アスカ「むっ」

霧島「はい、あーん。あーんってしてみて」

シンジ「いや、それは…」

霧島「あーん」

シンジ「ぁ……あーん。はむっ」

霧島「んふふ」

マリ「おお。面白そうだから私にもさせて」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 03:19:14.38 ID:qcvlO7+w0

マリ「さ〜わんこ君。わんこ君にはこの唐揚げをあげよう、ここ掘れにゃん」

シンジ「ワンとかニャンとか、そう言われても見えないけど…」

マリ「こっちだよん」グィッ

ぷにゅ

アスカ「!?」

シンジ(なんか、やっ、やわらかいのが腕にっ)

マリ「あーん」

シンジ「……あ、あーん…… ///」

マリ「食べた食べた」

霧島「シンジ、またこっち向いて。あーん」

アスカ「ストォップ!!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 03:27:25.60 ID:qcvlO7+w0

アスカ「なんでバカシンジを接待するみたいな流れになってんのよ!」

山岸「接待って言うより玩具なんじゃ…」

アスカ「いい? そいつはあくまで給仕であり空気なんだから」

レイ「でも、目が見えなければ給仕もできないわ」

霧島「だよね」

アスカ「むぅぅぅ……分かったわよ、目隠し取ればいいんでしょ」

ヒカリ「アスカ!?」

アスカ「平気だってばヒカリ。水着だって大して変わらないんだから」

ヒカリ「でっででも」

シンジ「ちょっ、待ってよアスカっ」

アスカ「先言っとくけど、これ取って目ぇつむってたら殴るわよ」

ぐぃ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 03:40:59.14 ID:qcvlO7+w0

シンジ「痛っ」

アスカ「殴るって言ったはずだけど?」

シンジ「言ったからってホントに叩かないでよ……」

アスカ「結局つむってたんじゃ給仕も食事もできないじゃない」

シンジ「うぅぅ」

マリ「まぁまぁ。わんこ君、ここは姫に従っときなよ」

シンジ「…」チラ

シンジ「わぁっ ///」バッ

霧島「あ、顔隠しちゃった」

シンジ(め……目の前にパンツがっっ。今の、アスカ?)

マリ「逃げちゃダメだにゃ、男だろ! はい顔あげて」グイッ

フルルン

シンジ「〜〜〜っ!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 03:45:09.00 ID:qcvlO7+w0

シンジ「う、ぁ…… ///」

アスカ「給仕。冷蔵庫のドレッシング持ってきて」

シンジ「え?え?」

アスカ「聞こえなかった? ドレッシング」

シンジ「あ、うん……」

シンジ(でも…)

山岸「碇君、大丈夫ですか?」

霧島「立てないの? シンジ」

マリ「ひょっとして勃っちゃった?」

シンジ「…… ///」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 04:00:19.45 ID:qcvlO7+w0

レイ「座っていて。私、持ってくるから」

シンジ「ぅぅ…ありがと」

アスカ「ふん」

シンジ「……アスカ。なんか、いつにも増して無茶苦茶だしわけわかんないよ」

アスカ「あっそ」

マリ「ぬひひ。姫はさ、わんこ君、近頃男に対抗心燃やしてんだよ」

アスカ「は?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 04:02:27.80 ID:qcvlO7+w0

マリ「渚君っているじゃん、わんこ君があんまりあの子と仲良しだから、男色に走らないか心配してんの」

霧島「だからシンジのノーマルなリビドー、刺激したいんだよね」

アスカ「んなっ。ちが、あんたら何勝手な想像してんのよ!」

レイ「なのに自分以外に興奮している姿を見るとイラつく。ワガママ」

ヒカリ「そ、そーなの…?アスカ」

アスカ「誤解だってヒカリ。絶対そんなことないんだから!」

レイ「はい、ドレッシング」ズイッ

アスカ「ぐ……あんがと」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 04:12:33.00 ID:qcvlO7+w0

アスカ「……」モグモグ

カチャカチャ

シンジ(やっと静かになったな…目のやり場には、すっごく困るけど)

シンジ(さっきの話。でもあれじゃ、アスカが僕のことで嫉妬してるみたいだ。そんなわけないのに)

マリ「わんこ君、ピザちょうだい」

シンジ「うん。切り分けるから待って」

シンジ(はぁ。こうやって合法的に下向ける間は、みんなの下着姿見なくて済むや)

山岸「私にもお願いします」

シンジ「じゃあ、ついでだから全部切っとくね」

シンジ(みんなキレイだし白いし、柔らかそうで、頭おかしくなるかと思った……)

霧島「ね。そろそろゲームとかしない?」

マリ「どんな?」

シンジ「…」カチャカチャ

霧島「ん〜……触れずに誘惑して、シンジを一番悩殺できた人が勝ち!とか」

シンジ「ッ!?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒに問題だ」