コナン「いけ光彦!『がまんじる』だ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「あなたの背中は煤けている」

ツイート

1 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:21:52.21 ID:ainv3y5DO


光彦「ピ、ピカァ……」ブシャアアア

コナン「バーロ!!それじゃ『しおふき』じゃねーか!」

灰原「ア、アナタ達…一体何をしているの…?」

コナン「いいところに来たな灰原!!ほら、灰原も見てるぞ!頑張れ!」

光彦「ピ、ピカァ……」ピュッドピュッ

コナン「バーロ!!それじゃ『みずてっぽう』じゃねーか!いい加減にしろよ光彦!!」

5 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:26:51.76 ID:ainv3y5DO


灰原「何をしているのって聞いてるんだけど…!」

コナン「ん?ああ、光彦が必殺技を覚えたいっつーからよ、仕方なく付き合ってやってんだ。」

灰原「必殺技?」

コナン「俺の時計型麻酔銃やキック力増強シューズのようなモンが欲しいんだとよ」

灰原「……それと今の行動がどう繋がるのかしら?」

灰原「場合によっては警察を呼ぶわよ…?」

コナン「お、落ち着けって灰原…。」

光彦「う、うはぁ……」ドピュッドピュッ

コナン「テメ、また灰原に向かってしやがったな!コイツ!!」キチキチ

灰原「いやまず二人が落ち着きなさいよ。これ以上、公共の場でこんなことしていたら…」

歩美「あれ?何してるの哀ちゃん?」



6 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:27:49.83 ID:ainv3y5DO


歩美「……光彦君?何でおちんちん出してるの?」

光彦「歩美ちゃん!?こ、これは必殺技を覚える為でして…」

コナン「光彦!サボってる場合じゃねーだろ!!」

光彦「そうは言ってももう無理ですよ!!まずコナン君が見本を見せてください!」

コナン「しゃーねーな…。よく見とけよ?」ボロン

コナン「」シコ

ドバビビュッ!

三人『!!!』



7 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:28:36.67 ID:ainv3y5DO


ズドドドド…

光彦「す、凄い…!たった1シコリであんな威力の高い射精を…!」

灰原「100m先の木々が薙ぎ倒されたわ…!」

歩美「コナン君すっごーい!でもそんな技、どこで覚えたの?」

コナン「ハワイで親父に習ったのさ」


8 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:29:34.46 ID:ainv3y5DO


コナン「分かっただろ光彦?オメーがいきなり射精の域に入っても、基礎が出来てねぇから上達しねーんだよ。」

光彦「そうみたい、ですね…。」

コナン「なら練習を続けるぞ!」

光彦「で、でも、もう出ないですよ…」

コナン「甘ったれてんじゃねー!!いざってときに賢者モードだったらどうすんだ!」

光彦「そ、そう言われても…」

灰原「……仕方ないわね…。」ガサゴソ

コナン「何か案があるのか、灰原!?」

灰原「博士からあらかじめ受け取ってたのよ……はい。」

コナン「これは…?」

灰原「『射精力増強オナホ』よ。電気と磁力で陰茎を刺激し、射精力を極限まで高めるわ。」

コナン「どうしてコレをお前が…?」

灰原「いざと言う時の為にって博士から渡されたのよ。まさか、こんなにすぐに使うときが来るなんて思ってもみなかったけど…。」


9 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:30:36.95 ID:ainv3y5DO


コナン「まぁ、ありがたいのには変わりないぜ!」

コナン「光彦!コレを使ってみろ!」

光彦「わ、分かりました!」スチャ

光彦「……あれ?只々普通のオナホみたいですよ?」シコシコ

コナン「バーロ、スイッチがあるだろスイッチが。回してみろよ」

光彦「こっ、これですか…?」

カチカチ

光彦「――あひぃぃいいいいいぃいい!!?」ドピュッドピュッ

三人『!?』



10 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:31:33.82 ID:ainv3y5DO


光彦「止まらないいぃぃ射精止まらないのぉおおお!!!」ドピュッドピュン

コナン「お、おい、大丈夫かコレ?」

灰原「バカね……辛い修行を乗り越えなければ必殺技を覚えるのなんて夢のまた夢。そんなのアナタが一番知っているでしょ?」

コナン「そうかもしれねーけど……光彦の精子がオナホ突き破って周りに被害出しはじめてんぞ?あ、またビルが倒れた」

歩美「パワー最大にしたらどうなるんだろう?ワクワクしちゃう!!」

カチカチ

光彦「うわぁあぁああああぁあ゛ぁ゛あ!!!」ドプシャドプシャ

コナン「ちょっ歩美!!」

歩美「えへへ」

灰原「これ以上はまずいわ…!早く円谷君を止めないと…!」

光彦「あぁああ゛出ちゃうぅうう僕の灰色の脳細胞出ちゃうううう゛うう!!!」

光彦「うわぁぁあ゛あああぁあああぁあ゛あ!!」

ドッピュン

元太「よう」

三人『!?』



11 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:33:19.62 ID:ainv3y5DO


コナン「げ、元太!!どうしてオメーが光彦から!?」

元太「光彦の金玉の中って居心地良くてよ、ついつい入っちまってたんだ」

灰原「さっきから円谷君の睾丸が異常に膨れてると思ってたけど……」

歩美「元太君が中に隠れてたんだね!」

元太「へへっ」

コナン「しかしスゲェじゃねーか光彦!!いつの間に召還術なんて…」

コナン「……光彦?」

光彦「」

コナン「み、光彦!!!」

歩美「きゃああああ!!」

灰原「酷い……円谷君の股間部分が爆発四散してるわ…。」

元太「誰が光彦にこんなことを…!許せねぇ…!」ワナワナ



12 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:42:03.90 ID:ainv3y5DO


コナン「! 光彦の奴、まだ息をしてるぞ!」

光彦「」シュコーシュコー

歩美「なら早く、早く病院に運ばないと、光彦君が…!」

灰原「でもここから一番近い米花総合病院へも走って30分かかるわよ!?」

元太「と、とりあえず救急車を呼ばねーと…!」

コナン「ダメだ……見た感じだと救急車を待っているような余裕はない…。」

元太「じゃ、じゃあどうすんだよ!!」

歩美「ちょっ元太君イカ臭い騒がないで」

元太「」

灰原「いつものスケートボードも無いわよ。江戸川君、どうする…?」


13 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:42:54.91 ID:ainv3y5DO


コナン「――飛んでいくしかねーだろ!」

灰原「と、飛んで…?」

コナン「飛んでいけば30分もかからない筈だぜ」

コナン「悪ぃな光彦……伸縮サスペンダーで俺の体に固定させてもらうぞ」カチャカチャ

元太「ど、どうやって飛ぶつもりだよコナン!」

コナン「こうするのさ」

歩美「おちんちんを地面に向けて…?」

コナン「うぉぉおおおお!!!」シコシコシコシコシコシコ

灰原「ま、まさか!射精時の反作用を利用して…!」

コナン「いっっっけー!!!」

ドブシャアアア!

三人『とっ……』

三人『飛んだぁ!!!』



14 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:43:52.54 ID:ainv3y5DO


元太「すっげー!!まるでペットボトルロケットみたいだな!」

灰原「精子を一気に射出して、その反動で飛び上がった訳ね。おおよそ地上200mってところかしら」

コナン『うぉぉおおお!!!』ドピュドピュドピュ

歩美「そ、空を飛んでる!コナン君がお空を飛んでるよ!!」

灰原「進行方向と逆に射精して飛んでいるみたいね。」

灰原「これなら、5分もせずに病院に着く筈よ!」

歩美「よ、良かった…!光彦君、助かるんだね!」

元太「じゃあオレらも早く病院に向かおうぜ!」

灰原「ええ…」



15 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:45:08.02 ID:ainv3y5DO


コナン(こうして光彦は一命をとりとめ、米花総合病院に入院することになった)

コナン「……それで、その後の体の調子はどうだ?」

光彦「元気一杯ですぅ!ペニスも勝手に生えてきましたし!」

歩美「良かったね光彦君!」

光彦「ええ!」

灰原「これにて一件落着ね…」

元太「うな重」

コナン「まぁ犯人はまだ解ってねーけどな!光彦、けつ出せよ」ボロン

光彦「はい!」

パンパン

服部「うっ、イクで工藤!!」

コナン「俺もイクぞ光彦!!」

光彦「はいぃ!!」

ズドドドドピュンッ!


16 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:46:21.50 ID:ainv3y5DO


コナン「ふー。どうだ光彦!気持ち良かっただろ…」

コナン「……光彦?」

光彦「」

コナン「み、光彦!!!」

歩美「きゃああああ!!」

灰原「酷い……円谷君の下半身が爆発四散してるわ…。」

元太「だ、誰が光彦にこんなことを…!許せねぇ…!」ワナワナ

コナン「まだ犯人が病院内にいる筈だ!」

コナン「必ず、必ず俺の手で犯人を捕まえてやる!!」


17 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:47:35.60 ID:ainv3y5DO


コナン(こうして、射精力増強オナホの開発者である博士が逮捕された)

目暮「阿笠博士、殺人の容疑で逮捕する。」

阿笠「えっ」




歩美「まさか博士が犯人だったなんて…。」

コナン「あのオナホに使用者の下半身を爆発させる機能をつけてたんだろうよ……たぶんなたぶん」

灰原「……で、これからどうするつもり?」

コナン「そうだな…、とりあえず……」

コナン「次は高木刑事かな」


END


18 名前: ◆/hQfEc7FFY[saga] 投稿日:2013/05/27(月) 19:50:59.09 ID:ainv3y5DO


射精力増強オナホと服部を出したかっただけですスミマセン


レス下さった方、見て下さった方、ありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「あなたの股間から精液の匂いがする」