灰原「工藤君……あなたの精液が必要なのよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「人ではないことに変わりはない」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:14:26.04 ID:NJHw1GPb0

◆ある日◆

コナン「おい灰原。あの薬、あと1個でいいからくれねーか」

灰原「……え?」

コナン「ほら、APTX4869の解毒剤だよ。まだあんだろ? な?」

灰原「何言ってんのよ。一昨日あげたばかりでしょ?」

灰原「それにあの解毒剤は試作品。過度な服用は身体に負担が――」

コナン「んなもん大丈夫だって! つーか早くしねーと蘭が……」

灰原「なに? 彼女がどうかしたの?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:16:46.49 ID:NJHw1GPb0

コナン「……浮気だよ……」

灰原「……えっ……?」

コナン「……蘭のやつ……俺を裏切って、浮気してんだよ……!」

灰原「う、浮気って、そんな……」

コナン「見ちまったんだよ、この目で! 蘭が男と2人で歩いてるところを……!」

コナン「このままじゃ蘭が……くそっ……くそおおおおおおおおおお!!」

灰原「ちょっと。落ち着いて工藤君。きっと何かの間違いよ」

コナン「バーロー! これが落ち着いてられるかってんだ!」

灰原「いいから冷静になって」

コナン「……ッ……」

灰原「……バカね。彼女があなたを裏切るはずないでしょ?」

灰原「それに彼女にだって男友達の1人や2人はいる」

灰原「それとも工藤君。あなたはそんなことも許せない、器の小さい人なの?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:19:50.97 ID:NJHw1GPb0

コナン「バーロ……俺だって、相手が普通の男なら疑いすらしなかったさ……」

灰原「……どういうこと?」


コナン「……服部だったんだ……蘭と一緒にいた男……」


灰原「……えっ……?」

灰原「服部ってあの……大阪の色黒少年の?」

コナン「……ああ……」

灰原「でも彼って確か、彼女とも知り合いでしょ? だったら別に――」

コナン「違うんだ! アイツは東京に来るとき、普段なら絶対俺に一報入れるんだよ!」

コナン「なのに今回は連絡がなかった! つまりこっそり蘭に会いに来たってことになる!」

灰原「待って。別に彼女と会うのが目的だったとは限らな――」

コナン「ラブホに入ってもか?」

灰原「えっ……?」

コナン「2人でラブホに入って、2時間後に出てきてもか?」

灰原「そ、それ本当なの?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:23:19.39 ID:NJHw1GPb0

コナン「ああ。だから言ったろ? 浮気はもう確定的なんだ……」

コナン「だが蘭がこうなっちまったのは俺のせいでもある……」

コナン「だから解毒剤を使って、蘭に全てを話してくるつもりなんだよ……」

コナン「元はと言えば、アイツを待たせすぎた俺にも非があるんだからな……」

灰原「……? ちょっと待って。まさかあなた……彼女に正体を明かすつもり?」

コナン「ああ。これ以上、蘭との距離が離れちまったら俺は……」

灰原「ダメよ! そんなことしたら、彼女まで彼らの標的にされるわ!」

コナン「わぁーってるよ! でもそうでもしねーと……!!」

灰原「馬鹿! 彼らの存在が彼女の重荷になることが分からないの?」

コナン「じゃあ俺はどうしたらいいだよ!!」

灰原「工藤君。まだ2人が浮気をしてるかどうか確信が得られたわけじゃない」

灰原「これからどうするか考えるのは、全てを確認してからでも遅くないわ」

コナン「……」

灰原「あなたが彼女やその大阪の友達を裏切りたくないなら、尚更ね……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:26:26.12 ID:NJHw1GPb0

◆そして◆

<PRRRRRR♪ PRRRRRR♪>

>‎服部「よぉー工藤! 珍しいやんけ。お前から電話してくんの」

コナン「ああ……ちょっと聞きたいことがあってよ……」

>‎服部「なんや真剣な声色して……悩みでもあるんか?」

コナン「……」

>‎服部「黙ってたら分からんやんけ。俺で良かったら何でも聞いたるぞ」

>‎服部「こう見えて、人の悩みを解決するんは得意なんや。言うてみ工藤」

コナン「……」

コナン「実は……昨日見ちまったんだ……」

コナン「蘭とオメーが……ラブホに入っていくところを……」

>‎服部「えっ……」

コナン「答えてくれ服部……昨日蘭と、ラブホで何をしてた?」

>‎服部「……」

コナン「答えろ服部!! 昨日蘭に何をしたんだ!?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:29:52.54 ID:NJHw1GPb0

>‎服部「ハ、ハハッ……ドッキリ大成功や!」

コナン「あ!?」

>‎服部「じ、実は昨日、お前が近くにおるの知ってたんや」

>‎服部「ほら……お前って恋愛に対して奥手やろ!?」

>‎服部「せやからハートに火ぃつけたろ思て――」

>‎服部「あの姉ちゃんをホテルに連れ込むのを見せつけたっちゅーわけや!」

>‎服部「もちろん、中では何もしてへんで!」

>‎服部「何なら事務所に帰ってあの姉ちゃんに聞いてみ」

>‎服部「全てはお前を行動させるために仕組んだドッキリやって言うから!」

コナン「……本当か?」

>‎服部「あ、当たり前やんけ! 俺が今まで嘘ついたことがあったか?」

コナン「……じゃあ俺の正体が工藤新一だってこと、蘭にばらしたってことか?」

>‎服部「えっ……あ、ああ。そうなるな。すまん。その件については謝るわ」

>‎服部「でもな工藤。俺は思うねん。あの姉ちゃんを騙し続けるんは正直限界やったって」

>‎服部「お前が本気であの姉ちゃんのこと想うなら、これで良かったんとちゃうんか?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:33:28.56 ID:NJHw1GPb0

◆毛利探偵事務所◆

<PRRRRRR♪ PRRRRRR♪>

蘭「どうしたの服部君?」

>‎服部「今そこに坊主おるか?」

蘭「えっ……コナン君ならいないよ……」

蘭「確か博士の家にゲームしに行ったとかで……」

>‎服部「さよか。そら良かった」

蘭「……どうしたの?」

>‎服部「工藤に俺らの関係がバレたんや」

蘭「えっ!? 新一に!? どうして!?」

>‎服部「いや、正確にはバレかけてるってとこや」

>‎服部「ええか。今から俺の言うことよう聞けよ」

>‎服部「工藤に何聞かれても、辻褄が合うように誤魔化すんや」

蘭「誤魔化すって……」

>‎服部「心配すな。俺の言うとおりにしときゃ絶対バレへんから」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:37:57.85 ID:NJHw1GPb0

◆そして◆

蘭「そんな……コナン君の正体が新一だったなんて……」

>‎服部「思い当たる節は今までにようさんあったやろ」

>‎服部「まぁ薬でちっちゃなったなんて話、俺も最初は信じられんかったけどな……」

蘭「……」

>‎服部「とにかく俺らの関係もこれで終わりや」

>‎服部「俺は和葉、アンタは工藤。本来あるべき姿に戻るで」

蘭「……えっ? 何言ってるの?」

>‎服部「……えっ?」

蘭「いやよ……別れるなんて絶対いや……」

蘭「服部君分かってる? あなた、私の初めてだったのよ?」

>‎服部「な、何言うとるんや。アンタが好きなんは工藤。俺らは遊びやろ?」

蘭「遊び……? 服部君、私と遊びのつもりでHしたの……?」

蘭「もしかして私を……捨てるつもり……?」

>‎服部「!?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:41:12.90 ID:NJHw1GPb0

>‎服部「な、何寝ぼけたこと言うてんねん」

>‎服部「また工藤んとこに戻ったらええだけの話やないか」

>‎服部「俺かて近いうちに和葉に告るつもりやし……」

蘭「……」

>‎服部「ちょっとした気の迷いから始まった関係なんや。もう終わりに――」

蘭「ふざけないで!! 今更新一のところに戻れるわけないでしょ!」

蘭「私は本気で愛してたのにどうして!? そんなに私の身体が不満だったの!?」グスン

蘭「だったら私、何でもする! これからあなたを満足させるために尽くすから――」

蘭「だから捨てないで!! 私、あなたのことが好き……新一よりも好きッ!!!」グスッ


>‎服部(アカン)


蘭「お願い服部君……私、あなたなしじゃ生きて――」グスッ

>‎服部「ええ加減にせえよ!!」

蘭「ッ!?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:45:01.32 ID:NJHw1GPb0

蘭「服部……君?」

>‎服部「まさかアンタが工藤を裏切るとは思わんかったで……」

>‎服部「あれほど両想いやってんから、遊びとして割り切ってるんかと……」

蘭「じゃ、じゃあ私とやり直してくれるの?」

>‎服部「悪いけどそれは絶対にできへん」

>‎服部「アンタはどうかしらんけど、俺はアンタより和葉が好きなんや」

蘭「そんな……」

>‎服部「じゃあ切るで……話はさっき言ったように――」

蘭「和葉ちゃんに言うよ?」

>‎服部「……ぇ……?」ピクッ

蘭「いや決めた。もう今すぐ言う。そうしたら服部君は和葉ちゃんに振られるから」

蘭「そうなったら服部君は私のことを好きになってくれるから……」

>‎服部「お、おい待て! そんなことしたら許さ――」

<……ブチッ。ツーツー>

蘭「ふふっ。和葉ちゃんに電話電話……」ピポパピ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:47:29.03 ID:NJHw1GPb0

◆大阪◆

<PRRRRRRR♪PRRRRRRRR♪>

和葉「はい?」

>‎服部「か、和葉!(よっしゃ、俺の方が早かった)」

和葉「ど、どうしたん平次? 息上がってるけど……」

>‎服部「何もない! それよりこの電話絶対切るんやないぞ!?」

和葉「えっ? 何で?」

>‎服部「何でもや! あと家にも絶対帰んなよ!」

和葉「なんなん平次? 様子おかしいで?」

>‎服部「と、とにかく、今日は誰にも会わんと、俺と電話で話すんや!」

和葉「はぁ?」

>‎服部「ええからええから! それよりどや、そっちの天気は?」

和葉「そっち? そっちって……平次今どこおるん?」

>‎服部「えっ……あ……いや何でもない。それより今夜飯食いにいかんか?」

>‎服部「梅田でゴッツうまいイタリアンの店見つけたんや」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/05/12(日) 22:50:01.11 ID:NJHw1GPb0

◆阿笠邸◆

灰原「ちょっと待って工藤君!」

コナン「いや、俺は行く! 蘭に会って確かめなきゃならねぇ!」

コナン「おい灰原! 解毒剤はどこだ!? もう正体を隠す必要はねーだろ!?」

灰原「だからあの薬は試作品で――」

コナン「じゃあいつになったら完成すんだよッ!!?」

灰原「……ッ!」

コナン「オメー、仮にもあの薬の開発責任者だろ!!」

コナン「だったら早く何とかしろよ!! いつまで待たすつもりなんだよ!!」

灰原「落ち着いて工藤君ッ。気持ちは分かるけどこんなのあなたらしく――」

コナン「うるせぇッ!!」

<パンッッッッッ(平手打ち)>

灰原「……」

灰原「……ぇ……」

コナン「……ぁ……」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ここが軽音部か」澪「あれ……キョン?」