タイコ「ノリスケさん、あの一家を潰すわよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「佐々木ぃ!佐々木ぃっ!!」九曜「あっ__あっ__」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 00:47:14.48 ID:u0Hf1MKN0

深夜

マスオ「しまったなー。アナゴ君に付き合わされて」

マスオ「帰るのがこんなに遅くなってしまったぞ」

マスオ「サザエ、かんかんだろうな」

ブロロロロ

マスオ「ん? 車か」

ブロロロロロ

マスオ「何だぁ? スピードを上げてこっちに来るぞぉ」

キイイイイィィィ

マスオ「びゃ゛あああああああああああ゛ぁ゛ぁ!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 00:51:42.57 ID:u0Hf1MKN0

ブロロロロ…

マスオ「ハァハァ、ヒィヒィ、ゼェゼェ」

マスオ「危ないところだったなー」

マスオ「何だったんだあの車」

マスオ「明らかに僕を轢く気だったようだけど」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 00:54:04.14 ID:u0Hf1MKN0

磯野家

サザエ「あなた、言い訳するにしてももっと選びなさいよ」

マスオ「本当なんだって」

マスオ「歩いていたら車が僕めがけて急に!」

マスオ「あれは明らかに故意だよ」

サザエ「どうやら今夜相当飲んだようね」

マスオ「おいおい、サザエ〜」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 00:58:35.93 ID:u0Hf1MKN0

翌朝

波平「それじゃあ、行ってくる」

フネ「今日は家で食べるんですか?」

波平「ああ、遅くなる予定はない」

マスオ「同じく」

サザエ「昨日みたいなのはごめんよ」

マスオ「わかってるって」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:01:06.59 ID:u0Hf1MKN0

駅のホーム

波平「しかし、マスオ君」

波平「昨夜はとんだ災難だったようじゃないか」

マスオ「ええ。一歩間違ってたら大変な目に遭ってるところでした」

波平「お互い気を付けんといかんな」

マスオ「はい」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:04:02.24 ID:u0Hf1MKN0

ドン

波平「えっ」

波平「ぐわあああああああぁぁ」

ドサッ

マスオ「あー! お義父さんが路線に!?」

波平「いたたた……」

マスオ「大丈夫ですか? お義父さん」

『間もなく、電車が参ります。黄色い線の内側まで……』

マスオ「た、大変だぁ〜!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:06:41.85 ID:u0Hf1MKN0

パー

ガタンゴトンガタンゴトン

波平「ぎゃあああっ! お助けを!」

マスオ「き、緊急停止ボタンを!」

ポチ

ジリリリリリリリリリ

キキキィィー ガタン…


波平「うぅぅ」

波平「ワシは助かったのか……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:10:53.22 ID:u0Hf1MKN0

夕方

サザエ「まあ、そんなことが」

フネ「聞いただけで寿命が縮まりそうな話ですよ」

波平「まったくだ」

カツオ「何にせよ、父さんが無事でよかったよ」

ワカメ「うん!」

タラオ「よかったです」

波平「マスオ君のおかげだよ」

マスオ「いえいえ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:14:12.38 ID:u0Hf1MKN0

フネ「本当に、ホームでは気を付けてくださいよ」

波平「それがな、今朝のはどうも誰かに後ろから突き落とされた感じがするんだよ」

サザエ「それじゃあ、誰かがお義父さんを電車に轢かせようとしたって訳?」

カツオ「まさかー。この期に及んで言い訳なんていいよ」

カツオ「路線に落っこちた時点で充分かっこ悪いんだから」

波平「言い訳なもんか!」

波平「あれは絶対誰かに背中を突き飛ばされたんだ」

25 名前:修正[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:18:36.30 ID:u0Hf1MKN0

マスオ「待ってください」

マスオ「もしお義父さんの言ってることが本当なら」

マスオ「やっぱり昨晩僕が車に襲われた件もあながち間違いじゃ」

マスオ「なかったのかもしれないですよ」

サザエ「同一犯ってこと?」

カツオ「誰かが父さんとマスオ兄さん二人を陥れようとしたってことか」

ワカメ「やだ怖い……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:21:36.08 ID:u0Hf1MKN0

サザエ「やだー、考えすぎだって」

サザエ「何二人して疑心暗鬼になってるのよ」

波平「しかしなぁ」

サザエ「自分の注意力が足りなかったのを」

サザエ「他人様のせいにするのは感心しないわ」

波平「むぅ」

マスオ「そう言われちゃあなぁ」

カツオ「姉さんだって人のこと言えないくせに」

サザエ「あら、何か言った?」

カツオ「別に」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:29:09.14 ID:u0Hf1MKN0

ノリスケ「ごめんくださーい」

波平「ノリスケか」

ノリスケ「おや。なんかいいタイミングにお邪魔しちゃったようですね」

波平「この時間帯を見計らって来たくせに何を言う」

サザエ「待ってね。今ノリスケさんの分も準備するわ」

ノリスケ「ありがとうございます」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:33:44.08 ID:u0Hf1MKN0

ノリスケ「あれ、どうしたんですか?」

ノリスケ「何だか皆さん、いつもより静かな気がしますけど」

波平「別にそんなことはない」

カツオ「実は今朝、父さんが駅で誤って路線に落ちちゃったんだ」

波平「こら、わざわざ話す奴があるか」

ノリスケ「えっ! それは大変でしたね」

ノリスケ「サザエさーん、ビールもお願いしますねー」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:37:39.82 ID:u0Hf1MKN0

カツオ「ノリスケおじさん、反応それだけ?」

ワカメ「その後どうなったかとか気にならないの?」

ノリスケ「別に気にならないけど」

ノリスケ「だっておじさんは今ここで元気に食卓を囲んでいるじゃないか」

ノリスケ「つまり何ともなかったってことだろ」

ノリスケ「なのにそれをとやかく詮索するなんて野暮だよ」

マスオ「言ってることはもっともだけど」

マスオ「何だかノリスケ君らしくないなー」

カツオ「うん。いつもならこういうネタにはすぐ食いつくもんね」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:42:28.36 ID:u0Hf1MKN0

ノリスケ「やだなー、僕はそんな安っぽい人間じゃありませんよ」

ノリスケ「ささ、今日は多いに飲みましょう」

波平「本当に調子のいい奴だ」

ノリスケ「そうそう。マスオさん、明日僕の家に来ませんか」

マスオ「君の家にかい? どうしてまた」

ノリスケ「イクラがタラちゃんと遊びたがってるんですよ」

ノリスケ「たまには僕の家で、というのも悪くないでしょう」

タラオ「イクラちゃんと遊びたいでーす」

マスオ「わかった。それじゃ明日は休日だしお邪魔させてもらうよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/14(日) 01:48:18.37 ID:u0Hf1MKN0

ノリスケ「それとおじさん」

波平「何だ?」

ノリスケ「ちんこ」

波平「まんこ」

マスオ「おまんちん」


おしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:元太「うな重ゥゥゥゥゥ!」コナン「やべぇ、禁断症状だ!」