スネーク「こちらスネーク、タマムシシティ郊外に到着した」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「キョン君童貞なんですか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:25:34.96 ID:jELddRpoP

少佐「予定通りだな、スネーク」

少佐「今回の任務はそのあたりに生息する生命体”ポケットモンスター”、通称ポケモンと呼ばれる生物の調査、捕獲だ」

少佐「君は以前も、ポケモンの調査任務を行ったことがあったな?」

スネーク「ああ、ポケモントレーナーになるのはこれで三度目だ」

少佐「ならばポケモンの捕獲は問題ないだろう。任務の前に、まずは捕獲対象の資料を確認しよう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:28:59.54 ID:jELddRpoP

スネーク「この眠たそうなヤツか。コイツは?」

少佐「それは"ねんりきポケモン"のケーシィだ。その名の通り強力なサイコキネシスを使用するといわれている」

スネーク「念力か…コブラ部隊も真っ青だな」

少佐「相手の能力はまったくの未知数だ。慎重に任務にあたってくれ」

スネーク「ああ」

少佐「…それと、今回はもう一つ任務がある」

スネーク「?」

少佐「…が、まぁそれはポケモンの捕獲完了後で良いだろう。その時にはまた無線を送る
    まずはケーシィの捕獲に専念してくれ」

スネーク「了解した、任務を開始する」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:32:05.10 ID:jELddRpoP

スネーク「(…さて、まずはいつもどおり2,3匹捕獲するか)」

スネーク「…」ノソノソ

スネーク「(…うん…?みたことのない野草があるが…)」


ピピピッ ピピピッ


スネーク「パラメディック、あの野草はなんだ?」

パラ子「ああ、あれもポケモンよ。"ざっそうポケモン"のナゾノクサね」

スネーク「…雑草とは、ずいぶんは言いようだな」

パラ子「資料によると、あんまりおいしくないらしいわ。じゃあ頑張ってね」

スネーク「おいおい、まずはポケモンの説明をしてくれないか…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:35:14.41 ID:jELddRpoP

パラ子「…じゃあ今だから言わせていただきますけどね」

スネーク「なんだ?」

パラ子「あなた、今まで何匹のポケモンを食べてきたと思ってるの?」

スネーク「…!」

パラ子「私の覚えてるだけでもピカチュウ、キャタピー、パラス、サンド…
     これだけで四匹も食べてるのよ?」

スネーク「いや、それは…」

シギント「スネークならこの前、ポッポも焼き鳥にして食ってたぞ」

スネーク「シギント…!」

パラ子「…私の言いたいこと、わかる?」

スネーク「…じゃあ、もっとマシな味のレーションを…」

パラ子「黙って聞く!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:38:37.85 ID:jELddRpoP

スネーク「…」

パラ子「ともかく、金輪際ポケモンを食べようだなんて思わないこと!
     それだけ約束してくれれば、また私のありがたい講義を聴かせてあげてもいいのよ」

スネーク「無粋な奴め…」

パラ子「何か言った!?」

スネーク「…分かった、俺の負けだ…もうポケモンは食わない、約束しよう」

パラ子「…ホントに?」

スネーク「ああ」

パラ子「…よろしい。じゃあ、説明するわ」

パラ子「ナゾノクサ、別名アルキメンデス。基本的に昼間は雑草に擬態して身を隠しているけど、
     夜になると二本足で起ちあがって、300メートルも移動するらしいわ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:44:28.41 ID:jELddRpoP

パラ子「それから、ナゾノクサを無理に引き抜かないこと
     どうしても引きぬくなら、鳴き声に気をつけて」

スネーク「鳴き声?」

パラ子「ナゾノクサの鳴き声を聞いた人は、みんなそれがトラウマになって入院したとか、
     赤ちゃんがひきつけを起こしたとか・・・とにかく、悪い話しかないのよ」

スネーク「…なるほど、地面の中にいる時に、鳴き声を封じる手段が必要なのか…」

パラ子「…スネーク、また悪いこと考えてない?」

スネーク「いや、問題ない。説明のおかげで助かった。これで捕獲できそうだ」

パラ子「…食べちゃダメですからね」

スネーク「わかってるさ。任務に戻る」

プツン








ピッ ピッ カチャッ
[ TORCH ]

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:48:55.42 ID:jELddRpoP

カチッ
シュボッ

スネーク「…」モゾモゾ

ナゾノクサ「…」

スネーク「…」


ボッ


ナゾノクサ「…!?…! ! …!!! …!」

ナゾノクサ「…!! …!     !   …   …」

ナゾノクサ「」

スネーク「ふんっ」ズボッ

ナゾノクサ「」

スネーク「ポケモン、ゲットだぜッ!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:53:30.46 ID:jELddRpoP

-CALL-
ピピピッ ピピピッ

少佐「ナゾノクサを捕獲したようだな」

スネーク「ああ」

少佐「いや、捕獲と言って良いものか…」

スネーク「大丈夫だ。呼吸はある」

少佐「それなら良いが…」

スネーク「…確かに、最近暴力に訴えすぎた部分はあるかもしれない、次回から気をつけよう」

少佐「そうしてくれたまえ。ポケモンの捕獲に最低限の戦闘が必要とはいっても、外傷は少ない方が好ましい」

少佐「可能な限り無傷で済ませてくれ」

スネーク「ああ、やってみよう」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 21:56:31.96 ID:jELddRpoP


ファン!

スネーク「!!」

ガーディ「(∪^ω^) わん!」

スネーク「(な、なんだコイツ…!?)」

ガーディ「(∪^ω^) わんわん!」


ピピピッ ピピピッ


スネーク「パラメディック、子犬に絡まれたんだが…これは?」

パラ子「もちろんそれもポケモンよ。こいぬポケモンのガーディね」

スネーク「そのまんまじゃないか」

パラ子「私に言われても困るんだけど…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 22:01:19.93 ID:jELddRpoP

パラ子「縄張り意識が強いポケモンだけど、人懐っこい性格ね
     主人への忠誠心も強い忠犬よ」

スネーク「なるほど、今俺は縄張りに立ち入った侵入者ということか」

パラ子「縄張りに立ち入ったものには、激しくほえて追い出そうとするみたい」

スネーク「ずいぶんと可愛い鳴き声だがな」

パラ子「その子も捕獲するんでしょ?」

スネーク「そのつもりだが…」

パラ子「…その子、無傷で捕獲できないかしら」

スネーク「今、俺もちょうどそのことについて考えていた
      ポケモン相手にどこまでやれるかわからんが、可能な限り努力しよう」

パラ子「…その調子なら、食べる心配もなさそうね」

スネーク「まだ疑ってたのか…」

パラ子「え?い、いや…どうかしらね…?とにかく頑張ってね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 22:06:05.14 ID:jELddRpoP

スネーク「…」

ガーディ「(∪^ω^)ぐるるるる…」

スネーク「…お手」スッ

ガーディ「(∪^ω^) わんわん!わん!」

スネーク「…お座り」

ガーディ「(∪^ω^) ううううう…!わん!」

スネーク「…」

ガーディ「(∪^ω^) がうっ!!」ガブッ


ガーディの かみつく!

スネーク「ぐおおっ!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 22:10:19.73 ID:jELddRpoP

スネーク「(くっ…!やはりこのまま捕獲は無理か…!)」

ガーディ「(∪^ω^) がるるるる…」

スネーク「(…仕方ない…!)」

スネーク「ふんっ!」←ローリング

ゲシッ

ガーディ「(∪^ω^) きゃうぅん!」

スネーク「ふんっ!」←ローリング

ゲシッ

ガーディ「(∪^ω^) きゃうぅん!」

スネーク「ふんっ!」←ローリング

ゲシッ

ガーディ「(∪^ω^) くぅぅぅん…」←気絶

スネーク「良しッ!行けっ!モンスターボール!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 22:15:17.62 ID:jELddRpoP

ボイン ボイン ボイン
テンテレテンテレテーン


スネーク「ポケモン、ゲットだぜッ!!」


-CALL-
ピピピッ ピピピッ


パラ子「ガーディをキャプチャ…じゃなくて、捕獲したのね、スネーク」

スネーク「ああ、残念ながら多少の戦闘は避けられなかったが…」

パラ子「モニタしてたけど、あの状況じゃ仕方ないわね…まぁ、あなたに犬の世話は任せられないのはわかったけど

スネーク「褒めても何も出ないぞ」

パラ子「…ハァ、まぁいいわ…ケーシィの捕獲に専念して頂戴」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 22:27:49.82 ID:jELddRpoP

再開ついでトイレ入ってたら急に思いついた、このスレにはまったく関係ないライジングネタなんです編
〜〜〜



雷電「ドクトル、俺の味覚抑制を外せ」

ドクトル「バカな…!そんなことをしたら…」

雷電「やるんだ!」

ドクトル「あ、ああ…」ピピッ


雷電「…!! ぐうぅッ!!」

雷電「ク…ククク…!」


雷電「不味いッ…!」


雷電「これでこそ…!嫁 の メ シ だ ッ !! 」オゲェエェェェェェ

ローズ「死にたいのはお前か」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 22:32:59.11 ID:jELddRpoP

スネーク「(…さて、任務を再開するか…)」

スネーク「(…ん…・あれは…!)」


ピピピッ ピピピッ

スネーク「少佐、例のポケモンを発見した」

少佐「ああ、こちらでもモニターした。間違いないだろう」

スネーク「…あれが念力ポケモンか…とても念力を使うようには見えないが…」

少佐「基本的に睡眠時間が非常に多いポケモンといわれているからな。眠っているのかもしれん」

少佐「だが、眠っているようにみえるケーシィに近づき、念力による攻撃を受けたという例も少なくない」

スネーク「迂闊に近づけないということか…」

少佐「そうだな。油断せず捕獲を遂行してくれ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[スッキリしてきました] 投稿日:2013/03/16(土) 22:56:51.97 ID:jELddRpoP

ケーシィ「…zzz…」

スネーク「…」ノソノソ

ケーシィ「…zzz…」

スネーク「…」

ケーシィ「……!!」

スネーク「…!!」

スネーク「(…?)」

スネーク「…(な、なんだ…?体が…)」

スネーク「(…う、動けない…!?)」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 23:00:58.63 ID:jELddRpoP

ピピピッ ピピピッ

少佐「どうした、スネーク?」

スネーク「…少佐、今、ヤツの念力を受けている」

少佐「どういうことだ?」

スネーク「…動かないんだ、体が…」

少佐「何だと…?」

スネーク「指一本動かせないというわけじゃなさそうだが、少なくともこのままだと捕獲はできない…」

少佐「確かに、そのままだと捕獲はおろか、君の身に何かあるかわからん。一度退却した方がいいが…」

スネーク「…ダメだ、どうやっても動きそうにない。幸い、相手もこちらにこれ以上の攻撃を仕掛けては来ないようだが…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 23:05:25.79 ID:jELddRpoP

ノープランのながら投下でやってっからこんなことになるんだバカめ
何も出てこないし頭あついんで寝ます済まぬ済まぬ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「上条たちと野球大会だって?」