シンジ「アスカと綾波って感じ良くなったね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「こんなに揉んでるのにおまえは胸が大きくならんな」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/03/10(日) 22:23:04.16 ID:W18WAtkN0

ケンスケ「……悪夢だよ」

シンジ「何で?あ、ペイントボール投げとくね」

カヲル「ありがとう、シンジ君」

マリ「姫は多少おしとやかになって。綾波レイは、多少積極的になった」

マリ「良い傾向だと思うにゃ。私、ツノ狙いで行くね」

カヲル「僕は尻尾を」シンジ「僕も尻尾狙うね」

ケンスケ「それだけならよかったけどね……ヤバい、一発くらった」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:25:47.55 ID:W18WAtkN0

マリ「ちょ!逃げて、逃げて!あんたガンナーだから!」

カヲル「自分の脆さ、少しは自覚をしてほしいね」

シンジ「こっち来い、こっち来い!」

マリ「はい来た!だから早く逃げなって!」

カヲル「回復、早く」

シンジ「まだ五分も経ってないのに、落ちないでよね」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:28:02.68 ID:W18WAtkN0

ケンスケ「」

シンジ「そういえば、トウジと委員長は?」

マリ「ゲーセンデートだよ」

カヲル「あの二人も、順調そうだね」

マリ「まだ姫と綾波レイほど、開き直れてないけどね」

シンジ「でも、微笑ましいよね」

ケンスケ「シンジは顔面偏差値高めだから……そんなにのんきでいられるんだよ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:30:23.00 ID:W18WAtkN0

シンジ「そうかな?ケンスケと同じで、平凡な顔立ちだと思うよ?」

ケンスケ「……平凡なイケメンの間違いじゃないの?」

カヲル「ふふふ……まぁでも―

マリ「かわいい系の顔立ちではあるよね」

カヲル「」チラっ

マリ「」ニコッ

ケンスケ「」ブルっ

シンジ「……?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:34:32.59 ID:W18WAtkN0

カヲル「」ニコニコ

マリ「」ニコニコ

シンジ「……?所で、何かケンスケ元気ないけど、どうしたの?」

ケンスケ「さっきの綾波と惣流のやり取りを見て、なんで元気かと問いたいよ」

シンジ「……?仲が良くて、微笑ましい光景だったと思うけど」

カヲル「そうだね、とてもいい傾向だよ」

マリ「ええ、とっても」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:37:24.91 ID:W18WAtkN0

数十分前

綾波「惣流さん!」

アスカ「何、レイ?」

綾波「鍵、受け取って」ヒュン

アスカ「あ、今日掃除当番?」パシッ

綾波「そう。だから先に私の家に入って、PCの電源入れておいて」

アスカ「分かったわ〜レイの家で待ってるね〜」

綾波「冷蔵庫にあるジュースは、好きに飲んでいいから〜」

アスカ「ありがとー先に行ってるわねぇ〜」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:47:53.47 ID:W18WAtkN0

ケンスケ「ああ……思い出しただけで、気が滅入る」

シンジ「……何で?」

ケンスケ「シンジやカヲルを初めとした、顔面偏差値高めの連中だけだよ」

ケンスケ「そんなに、のんきでいられるのは……」

クラス内の男子たち「」

アリエン、アッテタマルカ リアルユリダト カミモホトケモイナイノカ

カヲル「僕にとっては、良い傾向だと思うけどね」チラっ

マリ「うん。私もカヲル君と同じ意見かな。でしょう、わんこ君?」ニッコリ

シンジ「そうですねマリさん、最近家出のアスカの様子も、なんだか機嫌がいいし」ニコ

カヲル「」ギリッ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:51:16.48 ID:W18WAtkN0

ケンスケ「カヲルにマリさん……?」

カヲル「シンジ君、そろそろ倒れると思うから。準備して」

シンジ「うん、わかったよ」

マリ「おっしゃ!倒れた!斬れ、斬れ!部位切断狙えるよ!」

シンジ「よし、尻尾斬れた!」

ケンスケ「あ……乗り遅れた」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:54:24.70 ID:W18WAtkN0

シンジ「何かケンスケ。今日のプレイには、キレが少ないね」

ケンスケ「数十分前のあれだけでも、付け入る隙がなくて結構なダメージなのに」

カヲル「朝のラブレター事件だね」

マリ「感動的だったにゃあ〜」

シンジ「確か、綾波とアスカの下駄箱にラブレターが入ってたんだよね?」

カヲル「偶然なのかな、本当に」

マリ「どっちでも良いけどね…………わんこ君がフリーの状態が維持されるなら」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 22:57:53.33 ID:W18WAtkN0

ケンスケ「悪夢だよ……フラレルだけならまだしも」

カヲル「綾波レイに告白しようとした男は、惣流・アスカ・ラングレーにボロクソに言われて」

マリ「姫に告ろうとした男は、綾波レイにキツイ言葉を投げかけられた」

カヲル「二人の仲の良さが、視覚的に見える一番の好例だね」

マリ「感動的だよねぇ〜」

ケンスケ「何処が……」

シンジ「確かに、最近アスカが綾波と一緒にいない場面。見てないなぁ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:02:30.25 ID:W18WAtkN0

シンジ「家での家事、特に料理は殆ど僕がやってるんだけど」

シンジ「アスカと綾波。最近はご飯だけ食べに家に来るんだよね」

ケンスケ「その話、初耳だぞ!?」

シンジ「ご飯だけ食べたら、綾波は家に帰って。アスカもそれについて行っちゃうから」

シンジ「そう言えば……もう結構な期間、アスカはミサトさんの家に帰ってない事になるな」

カヲル「もう、同居状態なんじゃないのかな?」

マリ「布団とか、姫が綾波レイの家に持って行く姿あった?」

シンジ「あー……引越し屋さんが来てたな一回。アスカの部屋からいろいろ運び出してた」

カヲル「その時だね」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:06:25.55 ID:W18WAtkN0

ケンスケ「」

シンジ「ケンスケ、動きがおぼついてないよ」

カヲル「ガンナーは脆いから。頼むよ?」

マリ「まぁ……二人の仲が良いのなら。私は万々歳だよ……おっしゃ、ツノ逝った!」

ケンスケ「二大アイドルが……よりにもよって…………」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:09:12.32 ID:W18WAtkN0

ミサト「リツコ、なんで貴女腰をぶっ壊しちゃったの。マヤに至っては両腕ぶち折れてるし」

リツコ「ギアーズ走りを真似して、ライフルを持って中腰で走ったら……」

マヤ「私は……ギアーズ流の側転回避を真似したら。受け身を取れずに腕から」

ミサト「……は?」

リツコ「しょうがないじゃない!」

マヤ「マーカス軍曹は理想の男性なんです!その所作を真似したくもなるじゃないですか!」

ミサト「え……なんで私怒られてるの?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:14:42.15 ID:W18WAtkN0

クラスの女子たち「」

キタワーキタワー マサカライバルガフタリトモイナクナルトハ ワタシタチニモ、シンジクントイッショニナルチャンスガ

カヲルマリ「「」」ジロッ

シンジ「倒した!剥ぎ取り、剥ぎ取り!」

シンジ「碧玉!碧玉取ったぁ!!」

カヲル「おめでとう、シンジ君」

マリ「おめでとう、わんこ君」

ケンスケ「シンジ……その鈍感さが正直羨ましい……今周りの空気凄いぞ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:19:06.65 ID:W18WAtkN0

リツコ「まぁ、腰は痛くてもゲームはできるわ」

マヤ「うう……腕が痛くてエイムが定まらない」

ミサト「呆れた……」


カヲル「さてと……もうひと狩り行く?」

シンジ「その前に、武器作らせて。碧玉がやっと手に入った」

マリ「私、農園に行くわ。ついでに猫ちゃんたちの狩猟成果も見ないと」

ケンスケ「わぉ、ゴミみたいな戦果。上位に行ったのに」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:24:42.85 ID:W18WAtkN0

アスカ「しかし、私達も飽きないわね」

レイ「ええ……本当に。本筋を進めずに、キャラメイクで可愛いキャラを作るのに集中しちゃって」

アスカ「これ、こういうゲームじゃ……いやこれもこの手のゲームじゃ重要要素か」

レイ「そうよね。可愛いキャラだと、モチベーションも上がるわ」

アスカ「…………レイみたいにね」

レイ「えっ?」

アスカ「うん?いや、何も?」


ゲンドウ「食堂に、インベーダーゲームを置いてみた」

冬月「不味いな……昔はもっと先にまで行けたのに。4面がギリギリだと?」

ゲンドウ「先生。やられたのなら、交代してください」

加持「おや……懐かしい物が」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:27:38.39 ID:W18WAtkN0

加持「必殺!名古屋撃ち!!

ゲンドウ「昔は出来たんだ。私も名古屋撃ちが出来たんだ……」

冬月「UFOも……ほとんど取りこぼさなかったんだがな」

ミサト「食堂って、食事をとる場所のはずじゃ……」

青葉「プレイヤーにダイレクトアタックだ!」

日向「甘い!トラップカード発動!!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:33:36.30 ID:W18WAtkN0

加持「うおお、最後の一匹に当たらない!」

ゲンドウ「ふふふ……よくある事だ」

冬月「加持リョウジ、やられたのなら交代だ。今度こそは五面に突入する……」

ミサト「」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:39:28.10 ID:W18WAtkN0

シンジ「あ、こんな時間だ!」

カヲル「おや……熱中しすぎたね。そろそろ行こうか」

シンジ「そうだね、どうせアスカと綾波は今日もご飯だけ食べに来るだろうし」

シンジ「それに、今日はカヲル君がいるから。いつもより多く作らないと」

マリ「えっ!?その話、知らないよ!」

カヲル「ふふふ……」

シンジ「良かったらマリさんも来ますか?マリさんも誘わないとなぁとは思ってたんですが」

シンジ「何か、色々あって。当日に知らせる事になっちゃって……何か予定があったらごめんなさいとしか言いようが」

マリ「行く、行くよ!予定なんて全然ないから!!私もわんこ君のごはん食べたい!!」

シンジ「だってさ、よかったね、カヲル君」

カヲル「……そうだね」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:49:29.69 ID:W18WAtkN0

カヲル(まあ、良いさ……彼女が来るのは想定内だ。焦るほどじゃない)

シンジ「そうだ。ケンスケも来る?」

カヲル「」チラっ

ケンスケ「いや……俺は(何だ、カヲルの表情を見てたら寒気が)」

マリ「良いじゃん、来なよ」

カヲル「!??」

マリ(カヲル君……今日は君を邪魔する事だけ考えさせてもらうよ)

カヲル(そう言う事か……彼女は今日の一件でそこまで仲を深める算段は取っていない)

カヲル(ただ、僕の邪魔をして。終わりにしない事を重点的に考えているのか)

カヲル「……そうだね、でも数が増えたから。僕も手伝うよシンジ君」

カヲル(上等だよ。アドバンテージは僕にあるんだ、ケンスケ一人くらいならわけはない)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:53:13.63 ID:W18WAtkN0

マリ「あ、私も手伝うよ。カヲル君とシンジ君だけには任せちゃいけないよ。押し掛けてるわけなんだし」

マリ(させないよぉカヲル君。二人っきりなんて)

ケンスケ(あ、何かこれ。色々と巻き込まれたかもしれない)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/10(日) 23:58:05.09 ID:W18WAtkN0

アスカ「目元は、これがベストかしら?」

綾波「そうね……この形から余りいじらない方がよさそうね」

アスカ「いやーここだけで何時間かけたかしら」

綾波「あまり考えたくないわね……良い時間ね。そろそろ碇君の家に行きましょう」

アスカ「あら、ほんと。じゃあ、シンジのご飯食べに行きましょうか。PCはどうする?」

綾波「消しておきましょう。私、トイレに行ってくるわ。電源落としておいてくれない?」

アスカ「分かったわ…………瞳の色、レイと同じ赤にしておこう」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 00:03:12.09 ID:Za2jytN/0

シンジ「じゃあ三人は、野菜の皮むいておいてくれない。僕は牛肉炒めて、スープとサラダの準備するから」

カヲル「ああ……任せておいてくれ」

マリ「ピーラー無いの?」

ケンスケ「うぉ、カヲルすげぇ!」

カヲル「ふふふ……慣れればピーラーなんかよりも包丁の方が皮をむくのに適しているのさ」

マリ「……くそ」

カヲル「むいた後は、食べやすい大きさに切り分けることも包丁なら造作ない」

カヲル「皮しかむけないピーラーじゃあ……」チラっ

マリ「」ギリッ

ケンスケ(帰りたい)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 00:05:29.46 ID:Za2jytN/0

カヲル「シンジ君。固形ルーも、溶けやすいように包丁で砕いておくね」

シンジ「うん、ありがとうカヲル君」

マリ「ケンスケ、もっと早くむいて」シャッシャッ

ケンスケ「……はい」

カヲル「ふふ……シンジ君の手ほどきのおかげで、すっかり包丁さばきが上手くなったよ」

マリ「」ギリギリギリ

ケンスケ(帰りたいよぉ……)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 00:08:50.01 ID:Za2jytN/0

冬月「よし!勘が戻ってきたぞ!!名古屋撃ちだ!」

加持「流石ですね……副指令」

ゲンドウ「思い出した……インベーダーもユイが一番上手くて、その次に先生」

ゲンドウ「確か……私が一番下手だった」

加持「息子さんは、ゲームの腕前はどっちに似ているんでしょうかね」

冬月「柔和な感じは、母親譲りだが」

ゲンドウ「ゲーム好きなのは、両方からの遺伝だがな」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 00:16:41.89 ID:Za2jytN/0

マリ「ねぇ、わんこ君。カヲル君に包丁さばきを教えたのは、わんこ君?」

シンジ「そうですよ。カヲル君も、最初はピーラーしか使えなくて」

マリ「そうなんだ……手取り足取り教えたの?」

カヲル「僕が教えようか?真希波・マリ・イラストリアス」

マリ「」ギロッ

ケンスケ(シンジーこっち向いてくれーそしたらここまで怖くはなくなるからあー!)

シンジ「良いよ、カヲル君僕が教えるよ。カヲル君は野菜と水を鍋に放り込んで」

マリ(ktkr!!)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/11(月) 00:37:07.43 ID:Za2jytN/0

カヲル「え……ああ、分かったよ」トボトボ

ケンスケ「助かった……いろんな意味で」

シンジ「え?何が?」

マリ「まだむき終わってない野菜あるからねぇ。わんこ君が手伝ってくれるならすぐ終わるよ」

ケンスケ「そ、そうそう」

シンジ「……?」

マリ「えーっと。包丁ってどう持てば良いのかな?」

シンジ「あ、はいはい。えーっとね」

カヲル「」ザラザラ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ジャイアン「オナニーって知ってるか?」のび太「え?」