ルフィ「海賊やめる」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「ワシのケツマンコを舐めるんじゃ、哀君!!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/03(日) 23:41:03.32 ID:Xu2VABDRO

ルフィ「>>5やる」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/03(日) 23:43:10.10 ID:pfG8ly0Z0

海賊王

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/03(日) 23:47:25.38 ID:Xu2VABDRO

ルフィ「運命、か……」

それから5年、幾多もの航海と後悔を重ね、ついにルフィは海賊王になった!

ルフィ「よっしゃあああああああ海賊王になったああああああああああああ!!!!」

ルフィ「しかしなってみれば意外とすることないもんだな」

ルフィ「海賊王にも飽きたし、次は>>10をやろう」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/03(日) 23:52:10.04 ID:8b+p0PwB0

山賊王

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/03(日) 23:54:36.80 ID:Xu2VABDRO

ルフィ「海は制したんだから、次は山だな。山賊やろう!」

ルフィ「麦わらの一味は解散しちゃったし、まずは仲間を集めるか」

ルフィ「>>14-16を仲間に誘ってみよう!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/03(日) 23:55:06.40 ID:7okY+QrG0

温水洋一

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/03(日) 23:55:22.01 ID:SvIZMOiz0

ヒグマ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/03(日) 23:55:30.88 ID:hQ5x5HyG0

ドラコケンタウロスちゃん!

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:01:49.21 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「温水にヒグマ、ドラコケンタウロスを誘うぞ!」

ルフィ「お、さっそく温水を見つけた!」

温水「ひいっ海賊王だ」

ルフィ「なあ、おれと一緒に山賊やらないか?」

温水「ええっ、すみませんが無理です」

ルフィ「確かにお前は山賊にしては山っぽくない。頭も茂ってないし、名前の水とか洋からは海を感じる」

ルフィ「けどおれはそんなお前でも良いんだ!行こう!!」

温水「えー、どうしようかな……」

温水「>>26

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:03:40.92 ID:raB7wGhk0

しゃぶったらいってや?

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:08:29.84 ID:XIQ3DGekO

温水「しゃぶったらいってや?」

ルフィ「なんて?」

温水「あ、いや、僕のちんちんをしゃぶったら行ってやるって……ことです」

ルフィ「おう、良いぞ!」ジュップ

温水「はぁん……んん……」

ルフィ「よーし、このまま抜く水!!」ドン


温水「はぁぁあああああん!!!着替え用意ちてないのにいいいいいいいい!!!」ドッピュウウウウ



温水「……よし、仲間になろう」

ルフィ「ししし、ありがとう」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:12:38.32 ID:XIQ3DGekO

温水「他に仲間は?」

ルフィ「いねぇ! 今からヒグマってやつを仲間にする予定なんだが……」

ルフィ(あいつ死んだよな?)

???「久しぶりだな、小僧」

ルフィ「!? お前は、ヒグマ!!!」

ヒグマ「海賊をやめたらしいな」

ルフィ「なんで生きてるんだ?近海の主に食われたはずだろ」

ヒグマ「それはだな……すごく斬新な感じで生き延びることができたのだ!」

ルフィ「マジか!どうやって?」

ヒグマ「>>33」ドン

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:14:28.65 ID:Ced5mu6H0

ゴムだから

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:20:11.82 ID:XIQ3DGekO

ヒグマ「ゴムだから」

ルフィ「なるほど、確かにゴムなら仕方ないな。ゴム万能説」

ルフィ「ん? ちょっと待て!ゴムゴムの実はおれが食ったんだから、お前がゴムなはずないだろ!」

ヒグマ「俺が食ったのはヒトヒトの実モデル山賊だ」

ルフィ「ん?」

ヒグマ「おれはゴムだ」

ルフィ「……あっ、なるほど」

ルフィ「なら納得だ。お前、おれの仲間になれよ!山賊の仲間に!」

ヒグマ「そうだな。じゃあ、なるべきかならないべきか、お前らの多数決で決めよう」

山賊1「>>37
山賊2「>>38
山賊3「>>39

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:21:52.39 ID:xiAww77l0

うるせえ!行こう!!(ドン

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:21:58.87 ID:raB7wGhk0

いく

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:22:55.66 ID:qVDQ5rIQO

それわいのおいなりさんやwwwww

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:29:13.53 ID:XIQ3DGekO

山賊1「うるせえ!行こう!!(ドン」
山賊2「いく」
山賊3「それわいのおいなりさんやwwwww」

ヒグマ「満場一致で行くべきだそうだ」

ルフィ「やったー! 仲間が増えた!」

ルフィ「さて、最後にあいつを仲間にしねーとな」

ドラコケンタウロス(イメージ)「パカラッパカラッパカラッ、ドラコオオオオオ!!」

ルフィ「うはーっ、すげぇ仲間になりたそうな蹄の響かせ方だな!はははっ」

温水「あいつはやめといた方が良いんじゃないか?」

ルフィ「そうか?じゃあ……」

ルフィ「>>42

仲間にするorしない

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:33:10.42 ID:raB7wGhk0

食べよう

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:36:34.76 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「食べよう」

ドラコケンタウロス「!?」

温水「悪いな、ボスの意向だ」ドゴォ

ドラコケンタウロス「ウッ」バタッ


――――調理開始――――

ルフィ「まずは鍋に>>46を入れるんだよな」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/03/04(月) 00:37:59.58 ID:z4EBMPAZ0

温水

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:43:40.20 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「まずは鍋に温水を入れるんだよな」

温水「えっ、いやぐふっ!?」バタッ

ルフィ「次に緑髪が可愛いドラコケンタウロスちゃんを入れて……」

ルフィ「熱する」

ルフィ「醤油とみりん、各種スパイスを加えた後は、風味が逃げないように蓋を閉じて待つ」

ヒグマ「うまそうだな」

ルフィ「ヒグマ、待ってる間暇だし>>53でもしようか」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:46:29.63 ID:s/3S/meB0

ガナニー

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:50:51.70 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「ガナニーでもしようか」

ヒグマ「え?ガナニー?何それ」

ルフィ「おれ知ってんだ。お前さ、ちんこのこの辺にイボイボあるだろ?」

ヒグマ「あるがそれが?」

ルフィ「いじってみ? メチャメチャ気持ち良いぞ〜!」

ヒグマ「へぇ……」イジイジ

ヒグマ「!!」

ヒグマ「何これ!すごい!すごいこれ!」イジイジ

ルフィ「さて、鍋そろそろかな」パカッ

ルフィ「!? これは……」

ルフィ「>>57

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:51:58.82 ID:FkA2doHI0

なんてカオスな
st

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:53:23.61 ID:VPO1jD650

グラグラの実

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 00:58:37.65 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「グラグラの実」

ヒグマ「えっなんだって……っん」ビクンビクン

ルフィ「ドラコケンタウロスと温水が……グラグラの実になったんだ!」

ヒグマ「なんてこった!悪魔の実になっちまったらおれら食えねーじゃねーか!」

ルフィ「うわあああああ!!完全に今から食うつもりの腹だった故に空腹感がすごい!!」

ヒグマ「おれもだうわあああああ!!!性欲は満たされたが食欲はてんで満ち足りねェ!」

ルフィ「うわあああああああ」

ヒグマ「うわあああああ」

ルフィ「しかしこの実どうする?」

ヒグマ「食えねーしな。捨てるか?」

>>63「ならおれが食おう」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:01:18.16 ID:s/3S/meB0

ボーボボ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:06:52.52 ID:XIQ3DGekO

ボーボボ「ならおれが食おう」

ヒグマ「誰だてめェ。他人にやるくらいなら捨てた方が……」

ルフィ「いや、良い。良いんだ、ヒグマ」

ヒグマ「何故だ!」

ルフィ「あいつは……アフロだからだ」

ヒグマ「!? なんつうブラザーソウル」

ボーボボ「では」ヒョイパク

ルフィ「!! 今鼻毛でつまんで食ったろ!」

その時!ボーボボのアフロが開いた!またそれと同時に!ボーボボのアフロが閉じた!!

ボーボボ「そうだ」

ルフィ「すんげええええええ!!! お前、仲間になれよ!」

ボーボボ「>>70

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:07:14.15 ID:+GmLgrwp0

たわし食べたい

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:11:35.51 ID:XIQ3DGekO

ボーボボ「たわし食べたい」

ルフィ「……? こいつ、池沼か?」

ボーボボ「たわし食べたい」

天の助「たわし食べたい」

ルフィ「!? なんだこのプルプルなの」

ボーボボ「たわし食べたい」

天の助「たわし食べたい」

首領パッチ「たわし食べたい」

ヒグマ「うわあああああ!! た、たわし食べたいが広がっていく! おいボス……」クルッ

ルフィ「たわし食べたい」

ヒグマ「!?!?!?!? う、うわあああああああああああ!!!」

ヒグマ「>>74

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:13:14.93 ID:+GmLgrwp0

たわし食べたい

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:20:26.87 ID:XIQ3DGekO

おれたちのたわし食べたいは夜まで続いた
途中でわたし食べたい?などと供述した天の助が食されるといった小さな事件もあったが、なんとか彼らは無事1000のたわし食べたいを終えることができた

ルフィ「じゃあな、ボーボボ」

ボーボボ「お前こそ、元気でな」

ルフィ「仲間になってくれないのは残念だけど、また会ったらそんときゃよろしくな」

ヒグマ「ボス、夜だがどうする?」

ルフィ「何がだ?」

ヒグマ「夜といやあ、絶好の山賊チャンスタイムじゃねェか」

ルフィ「そうか!その辺のやつから金目のものを奪うんだな!」

ヒグマ「あそこにちょうどいいカモがいるぜ」ギロッ

>>80「」ビクッ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:22:48.76 ID:Ced5mu6H0

不死鳥マルコ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:30:07.20 ID:XIQ3DGekO

マルコ「カモじゃないよいもっとかっこいい鳥だよい」

ルフィ「あー!お前は白ひげのおっさんとこのパイナポウ!!」

マルコ「エースの弟! 久しぶりだなァ、元気かよい?」

ルフィ「……今、緩んだな?顔」ニヤリ

マルコ「! な……ガッ」ドゴォ

ルフィ「覇気を込めた腹パン……ゴムゴムのハキパンだ。不死鳥で傷が治ろうが、ダメージそのものが消えるわけじゃねーだろ」

ルフィ「少なくとも今ので分かったろ。おれとお前との、力の差」

ルフィ「おれは海賊王になった男だぜ?」

ヒグマ「ヒュウ」

マルコ「はぁ……はぁ……」

ルフィ「命は助けてやる。その代わり……」

ルフィ「>>89は置いてけ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:31:22.94 ID:UdlItb4G0



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:38:02.08 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「置いてけよ、首」

マルコ「ひっ、命助けてねぇじゃんよい」ブルルッ

マルコ「ダメだこいつ、飛んで逃げるよい」バサバサ

「ゴムゴムのピストル」ビュン

マルコ「ふっ、避けるよい……!?」ドゴォ

マルコ「避けたはず……なのに……」

ヒグマ「お前が避けたのはおれのゴムピスだ。見聞色の覇気の応用で気配を断ったボスのゴムピスに気付かなかったようだな」

マルコ「く……そ……」バスッ

ヒグマ「今夜は焼き鳥だな」

ルフィ「いや、食うのは首だけの約束さ。焼きパインだ」

ヒグマ「へへっ、あんたらしいな」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:43:53.47 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「……」ムシャムシャ

ヒグマ「……」ガツガツ


ルフィ「はーっ! 食った食った!」

ヒグマ「食っても食っても再生するから腹一杯食えたな」

ルフィ「体力尽きて死んだのかもう再生しなくなったけど、まあ満足だ!」

ヒグマ「ところでよ、おれたちゃ山賊王を目指してるんだよな?」

ルフィ「そうだけど」

ヒグマ「海賊だとラフテル行ってワンピース見つけりゃ海賊王だろ?」

ルフィ「ああ、そうだったな。まさか積もり積もった作者の貯金がワンピースだとは思わなかったが」

ヒグマ「山賊の場合どうすりゃ良いんだ?」

ルフィ「それは……」

ルフィ「>>101へ行けば良いらしい」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:46:23.20 ID:+GmLgrwp0

三次元

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:53:04.51 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「とりあえず三次元へ行けば良いらしい」

ヒグマ「三次元?」

ルフィ「おれたちのいるこことは次元の違う世界がここにはあるらしい。海賊で言う新世界だな」

ヒグマ「へェ、次元が……」

温水「地毛とか言わんといて」

ルフィ「温水! 生きてたのか!心配したぞ!」

温水「グラグラの実となった僕は、ボーボボの体内で分離され元に戻り、なんかボーボボのギャグっぽいノリで復活できたんだ」

ルフィ「そうだったのか」

温水「三次元へ行きたいって?それならついてこい」

温水「三次元は……我が故郷(マイふるさと)だ」

ルフィ「なんだって!?」

温水「まずは>>108へ連れてってやる」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 01:54:39.62 ID:VPO1jD650

四次元

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:01:48.46 ID:XIQ3DGekO

温水「まずは四次元へ連れてってやる」

ルフィ「三次元じゃないのか?」

温水「今のお前らは二次元。二次元の体で三次元に行くのは危険だ。二次元のお前らが四次元へ行けばうまいこと中和されて三次元の体になるだろう。三次元へ行くのはその後だ」

ルフィ「よくわかんね」

温水「だろうな。ま、とにかくだ。このポケットに入れ」スッ

ルフィ「おいおい流石に無理だ」

ヒグマ「入ってみようぜ。何事も挑戦だ、ろっと」ビュン

ルフィ「! はいった!!」

温水「これが四次元だ。さあ、入れ」

ルフィ「よし」ビュン

温水「さて、おれも」ビュン

〜四次元〜

ルフィ「すげぇ……なんかこう、時空を超越してる感覚だ」

ルフィ「ん? あれって……>>115じゃねぇか?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:04:34.05 ID:raB7wGhk0

江守徹

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:10:43.96 ID:XIQ3DGekO

江守「ここは……」

ルフィ「お前、江守か?テレビで見たことあるぞ!」

江守「ああ、確かに江守だ。……寝ていたはずなんだが、何故かこんなところに」

ルフィ「ふーん、そうなのか」

江守「ああ……」

ルフィ「……」

ルフィ(話続かねぇ)

ヒグマ「なあ、おれらもう三次元の体になったんじゃないか?」

ルフィ「あ、本当だ!」

温水「じゃあ行こうか。今度こそ三次元へ」

温水「三次元の……>>121へ!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:11:56.01 ID:raB7wGhk0

かそくした

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:11:57.94 ID:VPO1jD650

韓国

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:18:04.54 ID:XIQ3DGekO

〜韓国〜

韓国人A「みんなキムチでコーティングしてやる」

韓国人B「みんな韓国海苔で包み込んでやる」

ルフィ「っひゃー、すんげえとこに来ちまったな。温水、お前なんで変装してんだ?」

温水「日本人を嫌がる人がいるからね。今の僕はアメリカンさヘーイ」

ヒグマ「ここに……ワンピースみたいなもんがあるのか?」

温水「ああ、そうだ。ヘーイ。ここにある、あるものを手に入れれば山賊王だHAHAHA」

ルフィ「わくわくしてきた!」

温水「そのあるものとは……Ah……>>128さ!」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:19:22.03 ID:+GmLgrwp0

山田

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:26:25.32 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「山田……?」

温水「そう、山田だ。ヘーイ。山田は日本人だが、今は韓国に来ている」

ヒグマ「山田……ね。そいつから山という字を奪えば山賊王として認められるわけか」

ルフィ「ああ。そのためには山田を倒さねーとな」

温水「その前に山田を見つけないと……」

山田「反りたつ壁が越えられない」

温水「いた!!」


>‎殴る
 目潰し
 足を狙う
 金的
 逃げる
 どうぐ



>>133

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:29:30.85 ID:VPO1jD650

金的

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:36:56.64 ID:XIQ3DGekO

ルフィ「せりゃ」キック

山田「うっ……」

山田「……うう」ガクッ

ヒグマ「一撃だったな」



山田「……ここは!?」ガバッ

ルフィ「お、起きたか。なあ、その山の字をくれよ」

山田「……負けたんだな。俺は。また。」

山田「……少し、話をさせてくれ」

山田「俺には……SASUKEしか無いんだ。SASUKEのために毎日体を鍛えてきた。股間だけは鍛えられなかったがな」

山田「だが反りたつ壁がどうしても越えられず、1stステージ敗退を繰り返した」

山田「この前、自分を追い込もうと、次で1stステージ敗退ならもう引退するなんて言ってしまってな」

山田「やっぱり反りたつ壁が越えられず……引退するはめになっちまった」

山田「でも俺はまだSASUKEがやりたい!SASUKEしか無いんだ本当に!」

ルフィ「おっさん……」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:42:12.48 ID:XIQ3DGekO

山田「……山の字は、お前らにやる。今日から俺は……」

田「田だ!」ニッ

山ルフィ「おおっ!」

田「山田勝己の挑戦は終わった。だが俺は諦めない!」

田「田勝己として、俺はSASUKEを続けたいと思う!田勝己の新たなる挑戦の始まりだ」

田「俺はこれを待ってた……! 鍛えた体を倒し、山の字を奪ってくれる強者を!」

田「ありがとう……山賊王」

山ルフィ「しししっ、いーよ」

山ヒグマ「やったな、山ルフィ」

山温水「これで俺たちは……」

「「「山賊王だ!!!」」」


終わり
なんだこれ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/04(月) 02:45:34.11 ID:XIQ3DGekO

くぅ疲
自分でもちょっとよく分からないところが多々あったけど、楽しかったです
眠いおやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒが…死刑…?」