シンジ「エヴァっぽい世界」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:時雨「ココロのスキマ、お埋めします・・・?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:13:40.23 ID:JpXbdqWO0

第3新東京市

シンジ「あ、デリバリーヘルス使徒使徒ぴっちゃんですか?」

シンジ「電話ボックスのチラシを見てお電話したんですけど、このチラシのチカちゃんっていう子を指名したいんですが…」

シンジ「え!2カ月前に辞めた!?」

シンジ「ちょっとそれは問題ですよ!登録してない子をチラシに使うのは…」

シンジ「え?「それなら他の店を使え」?あ、あの」

シンジ「…切れた。はあ……ついてないなあ」ガチャ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:18:38.85 ID:JpXbdqWO0

ドオオン…

シンジ「な、なんだ?」

ゴゴゴゴ…

シンジ「あれが……使徒…?」

シンジ「あれ、車がこっちに…」

キイイッ

シンジ「おぶふ!?」ドオン

ミサト「ご、ごめんなさい!大丈夫!?」

シンジ「足……折れたかもしれないっ…(嘘だけど)」ガク…

ミサト「ええ!?ど、どうしましょう…」オロオロ

シンジ「体で払ってくれるなら、考えなくもないですけど」

ミサト「…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:23:43.24 ID:JpXbdqWO0

ミサト「!……碇シンジくんね」

シンジ「え?どうして僕の名前を」

ミサト「ワケはあとで話すわ、さあ乗って!」

シンジ「は、はい」バタン

ブオオオオ

シンジ「あの…僕指名してないんですけど…」

ミサト「ご指名したのはわたしの上司よ」

シンジ「…?」

ミサト「どうしたの、きょとんとして」

シンジ「デリヘルじゃないんですか?」

ミサト「………は?」

シンジ「てっきり、さっき電話した店が気を利かせて車まで用意してくれたのかと」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:28:18.65 ID:JpXbdqWO0

ミサト「…何を勘違いしたのかしら」

シンジ「なーんだ、このままホテルに行く流れかと思ったのに」ハア

ミサト(…本当にこの子を使うのかしら。不安だわ…)

オオオオオオン

シンジ「うわ!こっちに来ますよ!」

ミサト「掴まってなさい!」グ…

ガシャアアン!!

シンジ「うわ!」ボフ

ミサト「だ、大丈夫?」

シンジ「……この感触、D…いやE…」ムニ

ミサト「ちょ、ちょっと君///!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:33:29.76 ID:JpXbdqWO0

ミサト「…なんとか振り切ったみたいね」ブオオ

シンジ「あの……ホテルじゃないならどこに行くんですか?」

ミサト「わたしの仕事場よ。あなたに任務が与えられたの」

シンジ「任務って…、僕まだ中学生だし……、それに誰が…」

ミサト「あなたの知ってる人よ」

シンジ(まさか…この前クビになったバイト先の店長?ウェイトレスにセクハラした僕を芦ノ湖に沈める気じゃ…)ブル…

ミサト「さあ着いたわよ」キイッ

シンジ「ここは…?」

ミサト「特務機関ネルフよ。その本部」バタン

シンジ(昆布…?ネルフって養殖でもしてるのかな)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:37:46.85 ID:JpXbdqWO0

シンジ「うわ……暗いなあここ」

パッ

シンジ「うわ!?」ビク

初号機「…」

シンジ「なんだこのでっかい奴……新しい鬼のデザインかな」

ゲンドウ「久しぶりだな…、シンジ」

シンジ「店長じゃなかったんだ」ホッ

ゲンドウ「…?まあいい」

シンジ「で、誰でしたっけ?あいにく僕は毛むじゃくら顔のおじさんは好みじゃないんで」

ゲンドウ「……まさか自分の父親の顔を忘れたのか」

シンジ「え?……うそぉ!?なんでそんな浮浪者みたいな顔になっちゃったの!」

冬月「く…くくっ…」フルフル

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:41:36.50 ID:JpXbdqWO0

ゲンドウ「とにかく……、今日ここに呼んだのは他でもない、この初号機に乗ってもらうためだ」

シンジ「初号機って……このへんてこな鬼に?」

ゲンドウ「鬼ではない、エヴァンゲリオンだ。乗って使徒と闘うのだ」

シンジ「ええ!?これって動くの!?」

ゲンドウ「当たり前だ」

シンジ「お台場にあったガン○ムとか神戸の○人28号みたくなんちゃって等身大じゃなくて!?」

ゲンドウ「そうだ…、これは我々ネルフの集大成だ」

シンジ「はえ〜すっごい技術…」

ゲンドウ「それで、乗るのか?でなければ帰r」

シンジ「乗ります」

ゲンドウ「そ……そうか」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:48:00.21 ID:JpXbdqWO0

冬月「それならレイは休ませられるな」

ゲンドウ「ああ…、これで今日の使徒の対策ひとまず安心だ」

冬月「ゲンドウの「言動」…」プッ

ゲンドウ「…」

ミサト「それじゃあシンジ君、頑張って!」

シンジ「あの……レイっていうのは…」

ミサト「あなたと同じエヴァのパイロットよ。この前の戦闘で負傷してるの」

リツコ「あそこにいるわ」

レイ「う…」ズキ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:53:41.21 ID:JpXbdqWO0

シンジ「僕と同じくらいの年なのに…」

リツコ「使徒との戦いはそういうものなの」

シンジ「白衣のおばさんは乗れないんですか?」

リツコ「おば…」

ミサト「ぶふ」

シンジ「やっぱり若いピチピチの子じゃないと務まらないんですか?」

リツコ「…あながち間違っていないわ」

シンジ「それじゃあ、あの子に声をかけてきます」タタ

ミサト「?」

シンジ「なあ…、あとでスケベしようや」ボソ

レイ「!?」ガバ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 17:59:16.13 ID:JpXbdqWO0

ゴゴゴゴ

シンジ「わわ…」グラ

ミサト「のんびりしてられないわよ!早く乗って!」

シンジ「は、はい」ヨイショ

リツコ「じゃあ閉めるわよ」ガコン

シンジ「し、シメるのは勘弁して下さい!おばさんって言ったのは謝ります!」

ミサト「違うわよシンジ君…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 18:05:52.20 ID:JpXbdqWO0

リツコ「じゃあ、LCLを注入するわ」

ゴポゴポ

シンジ「うわあ水攻めだあ!やっぱり怒ってるんだ!!」

リツコ「エヴァに乗るために必要なのよ」

ミサト「我慢なさい!男の子でしょう!」

シンジ「ここで死ぬなら女の子でいいですう!」

リツコ「女の子…(あの顔なら女装でも似合いそうね…)」

リツコ「…」ダラー

ミサト「リツコ、涎が出てるけどどうしたの?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 18:14:53.61 ID:JpXbdqWO0

ミサト「エヴァンゲリオン、発進!」

ガコンッゴオオオオオ

シンジ「あがががががが」ガタガタ

ガコオン…

シンジ「し、舌噛んじゃった…」ウエ

ミサト「エヴァンゲリオン、リフトオフ!」

ゴオン

シンジ「えっと、ロングのお姉さん、名前はなんて言うんですか?」

ミサト「わ、わたし?…ミサトよ」

シンジ「じゃあ、終わったら筆おろししてくださいねー!」

リツコ「」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 18:22:10.04 ID:JpXbdqWO0

リツコ「…あなたそんな約束したの?」

ミサト「し、してないわよ!」ブンブン

ミサトさんって…  いや、年端もいかない男の子を食べるミサトさんも乙なもんだ…

ミサト「そこ!何話してるの!」

シンジ「あの……それで僕はどうしたら」

リツコ「あ、ああ…、エヴァはあなたの意思とリンクして動くの」

シンジ「リンク…」

ミサト「あなたが「右足を動かす」と考えればそのままエヴァは動くわ」

シンジ「自分の体がエヴァになる、みたいなことですか?」

リツコ「察しがいいわね」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 18:28:47.30 ID:JpXbdqWO0

ミサト「シンジ君、自分を信じるのよ。考えるんじゃなく感じるの」

シンジ「ブルース・リーのセリフ引用するあたり伊達に年食ってないですね」

ミサト「し、失礼ね!」

シンジ「でも、僕は年上のお姉さんも好きですよ」

ミサト「あ……あら、そう///」

シンジ「まあ僕は男もいけるクチですけどね」

ゲンドウ「」

シンジ「こんなでっかいロボットに乗ったんだ、友達に自慢できるぞ!」ワクワク

冬月「シンジ君、ロボットではなく人造人間だ」

シンジ「え…冗談キツイなぁ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 18:36:29.66 ID:JpXbdqWO0

リツコ「とにかく、使徒が来るまで時間がないわ、頑張って」

シンジ(…集中、集中だ)ス…

シンジ(自然に身を任せるんだ……僕はいかりや長s、じゃなかった碇シンジ…。イカリソースをこよなく愛する14歳、今日の朝ご飯は目玉焼き…)

シンジ「ゆっくり、ゆっくり…」

ドシ……ン…

リツコ「動いた!」

ミサト「シンジ君、落ち着いてね」

シンジ「そのまま……そのまま……」

ドオオン

シンジ「あれ…」

ミサト「エヴァが…尻餅付いたみたいに座っちゃった」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 18:41:37.13 ID:JpXbdqWO0

シンジ「あれ…なんだか上手く動かない…」

ギシ…

リツコ「今度は右腕が動いた…」

ブンブンブンブン…

ミサト「こ……これって……」

リツコ「まるで…」
シンジ「オナニーしてるみたいじゃないですかあ!!」

ブンブンブンブン

ミサト(シンジ君……オナニーするときああいう体勢なのかな)

ゲンドウ(シンジは右利きか…)

シンジ「そ、そうか!ミサトさんとの情事を妄想してたからつい邪念が…」

冬月「なんだこの光景は…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 18:48:14.78 ID:JpXbdqWO0

使徒「…」ズン

リツコ「シンジ君!使徒が狙いを定めてるわ!」

ミサト「早く起き上がって!」

シンジ「そんなこと言われたって…」

ドスンッドスンッドスンッ

ミサト「シンジ君!!」

シンジ「ええい!こうなったら闇雲に突っ込むしかない!!」ググ

シンジ「えいやああ!!」

ガシイ

リツコ「そばにあったトレーラーを掴んだわ!」

シンジ「うああああ!」ダッダッダッ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 18:56:37.88 ID:JpXbdqWO0

冬月「突進した!」

ゲンドウ「…」

バシュウウウ

初号機「オオオオオオオ」ダンッ

リツコ「ビームを避けた!」

ミサト「なんて動きなの…!」

ドオオン

ミサト「後ろに回り込んだ!!」

シンジ「くらえええええええええ!!!」ゴオ

ズブブ!!

使徒「ぎゃおおおおおん!!」

リツコ「え、エヴァが…」

ミサト「トレーラーで使徒を…」

冬月「掘っている…!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 19:02:04.92 ID:JpXbdqWO0

シンジ「これでもか!これでもか!ここがええのんか!!」ズブッズブッ

使徒「グオオオオオオオ」ガクンガクン

冬月「こんな戦い方は見たことがない…」

シンジ「とどめだぁ!!!」ドスン

使徒「オオ……オオオン…」ガシャーン

ミサト「……た…倒したの…?」

リツコ「どうやらそのようね…」

シンジ「や…やった…、僕が倒したんだ!」ガッツポーズ

冬月「おめでとう…シンジ君」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/22(金) 19:11:12.33 ID:JpXbdqWO0

シンジ「まだ僕には帰れる所があるんだ。こんなにうれしい事はない……、楽しみだね、ミサトさんに筆おろししてもらえるんだから」グス

ミサト「あの…シンジ君?わたしは別に約束してないわよ」

シンジ「ならいいです。レイちゃんに童貞捧げます」

リツコ「なんでそんな流れになるの!?」

ゲンドウ「シンジ……床オナにはくれぐれも気を付けてな」

冬月「なにいってだこいつ」



アスカ「……新しいパイロットが来るっていうから戦いぶりを見てたけど……」

アスカ「アイツ…性欲が盛んで貞操の危機を感じるわ…、うまくやっていけるかしら」

アスカ「…実際のところ、アイツのナニの大きさってどうなのかしら」

マヤ(興味津々じゃない…)


END



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「ハルヒ、お茶買ってきなさい」