シンジ「最近アスカに会ってないなあ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:響「おはよう、電。」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 22:53:55.93 ID:N96CXZ8P0

ミサト宅

シンジ「ここ1週間会ってないよね、確か。

・・・ちょっと、寂しいな・・・」

プシュ

シンジ「(アスカ!?)」ガタッ

タッタッタッ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 22:55:13.00 ID:N96CXZ8P0

ミサト「あら、シンちゃんただいまー」

シンジ「(なんだ、ミサトさんか・・・)おかえりなさい」

ミサト「どうしたの?落ち込んでるみたいね」

シンジ「そ、そんなことありませんよ」ニコッ

ミサト「そうー?ならいいんだけど」

シンジ「もう晩ご飯出来てますよ」

ミサト「いつもありがとシンちゃん」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:00:51.08 ID:N96CXZ8P0

シンジ「ミサトさん」

ミサト「ひゃい〜?」

シンジ「(ダメだ、もう酔ってる)あの、アスカは元気ですか?」

ミサト「んとね〜、アシュカなら元気れすよ〜」

シンジ「そうですか、良かった・・・」

ミサト「・・・」

シンジ「ミサトさん?」

ミサト「・・・zzz」グオー

シンジ「(寝ちゃったか、もっと色々聞きたかったんだけどな・・・)」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:04:43.46 ID:N96CXZ8P0

シンジの部屋


シンジ「(アスカは今何してるんだろ、ここ最近ずっとネルフに

泊まり込んでるらしいけど)」

シンジ「ちゃんとご飯食べてるのかな・・・、

(というか、アスカは僕のことなんか考えてないよね・・・)

あはは・・・、はぁ・・・・・」スースー

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:08:13.83 ID:N96CXZ8P0

翌朝

シンジ「ミサトさんー、起きてますかー?」ガラッ

シーン

シンジ「・・・早いなぁ、もういないや」

シンジ「シンクロテストも最近ないし、暇だなあ・・・、

そうだ、放課後アスカの様子でも見に行こうかな」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:15:14.29 ID:N96CXZ8P0

学校

放課後

トウジ「センセ、ゲーセン行こや!」

ケンスケ「今日から新しいゲームが入ったらしいんだ、

早速やりに行こうぜ!」

シンジ「ごめん、今日はネルフに行くんだ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:19:28.65 ID:N96CXZ8P0

ケンスケ「そっか、シンクロテスト?」

シンジ「違うよ」

トウジ「まさかセンセ・・・、式波か?」ニヤリ

シンジ「うん・・・、最近全然会ってないんだ、

だからちょっと顔見に行こうかなって」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:24:57.40 ID:N96CXZ8P0

ケンスケ「確かに最近見ないなー」

トウジ「平和でええこっちゃ!しかしセンセは優しいなぁ、

普段あんなにボロクソ言われてんのに」

シンジ「そうだけど・・・、でもそれが無くなってみると

寂しくなるもんだよ」

トウジ「ヒューヒュー、ほな、また明日」

ケンスケ「またな、碇」

シンジ「うん、また」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:31:01.85 ID:N96CXZ8P0

ネルフ本部

シンジ「(久しぶりだな・・・)」テクテク

タッタッタッ

シンジ「あっ、ミサトさん!」

ミサト「あ、あらシンちゃん、今日は・・・シンクロテスト無いはずよ?」

シンジ「いえ、今日はアスカの様子をちょっと」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:34:06.32 ID:N96CXZ8P0

ミサト「なるほど、ア、アスカも幸せねー、こんないい子に心配してもらえるなんてっ」

シンジ「か、からかわないでくださいよ、どこにいますか?」

ミサト「んー、多分まだシンクロテストの最中じゃないかしら?」アセ

シンジ「・・・?分かりました、ありがとうございます」ペコ

ミサト「い、いーえ、じゃあね」タッタッタッ

シンジ「はい、また(様子が変だったな、ミサトさん・・・、

まあいいや、テスト中でもいいから顔だけでも見に行こう)」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:40:52.42 ID:N96CXZ8P0

司令室

シンジ「(アスカ・・・いるかな?)」キョロキョロ

リツコ「シ、シンジくん」アセ

シンジ「あっ、リツコさん、こんばんは」

リツコ「こんばんは、どうしたの?今日は確か・・・」

シンジ「アスカの様子を見に来たんです、最近全然見かけないので・・・」

リツコ「あ、あら、アスカならさっきシンクロテストが終わったところよ。

もう家に帰ってるんじゃないかしら?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:48:37.83 ID:N96CXZ8P0

シンジ「そうですか、久しぶりだなあ・・・」

リツコ「新型装備の調整が思わしくなくてね・・・、泊まりこみで

テストしてもらっていたのよ」アセ

シンジ「大変だったんですね、そうだ、早く帰ってご飯作ってあげなきゃ。

失礼します!」ダッ

リツコ「ええ・・・(ごめんね、シンジくん)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/08(金) 23:59:34.69 ID:N96CXZ8P0

シンジ「(アスカが・・・アスカが帰ってくる!

おかしいな、普段あんなに罵られてるのに・・・、

1週間ぶりだからかな・・・?

今は会いたくて仕方ないや・・・」タッタッタッ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 00:05:06.27 ID:vv0LC4mZ0

ミサト宅

プシュ

シンジ「ただいま!!」

シーン

シンジ「(アスカ、まだ帰ってないのかな・・・?)

ただいまー!!」ガラッ

シンジ「部屋にもいない・・・」

シンジ「そうか、走って帰ってきたから

アスカより早く着いたのかもしれないな。

よし、今日はアスカの好きなハンバーグを作ろう」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 00:10:01.00 ID:vv0LC4mZ0

ジュー

シンジ「今までで一番上手く出来たかも・・・、

これならアスカも喜んでくれる・・・かな?」

シンジ「帰ってくるまで待っておこう、

すぐ帰ってくるといいけど・・・」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 00:14:42.78 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「遅いなあ・・・」チラッ

シンジ「もう12時じゃないか・・・、

いくらなんでも遅すぎるよ・・・。

ひょっとして・・・、帰り道で何かあったのかな!?」ガタッ

シンジ「こうしちゃいられない・・・、早く探しに行かないと・・・」アセアセ

ガチャ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 00:17:52.67 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「アスカ!?」ダッ

ミサト「わっ、た、ただいまー」アセ

シンジ「なんだ、ミサトさんか・・・」

ミサト「な、なによシンちゃん、わたしで悪かったわね〜」

シンジ「す、すいません。そういうつもりじゃ・・・、

あのっ、アスカ見ませんでした?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 00:25:57.99 ID:vv0LC4mZ0

ミサト「ア、アスカ?アスカなら確かー・・・まだ本部にいるわよ?」アセ

シンジ「え?リツコさんがアスカはシンクロテストが終わって帰った、

って言ってましたけど・・・」

ミサト「(マズい・・・!!)そ、そうだ、あの後2号機で不具合が

出たらしくてね、もう一回呼び出されたのよ!」アセアセ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 00:43:30.67 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「(やっぱり何か変だ)そうだったんですか、大変なんですね」

ミサト「(ふう・・・危ない危ない)え、ええ・・・」

シンジ「ご飯、出来てますよ。冷めちゃったので温めますね」スタスタ

ミサト「いつもありがとね、シンちゃん。

(ごめんね・・・、シンちゃん)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 00:49:13.03 ID:vv0LC4mZ0

ミサト「シンたんの料理はいつもおいひいれ〜す」ヒック

シンジ「・・・」

ミサト「どうひたの〜、シンた〜ん??」ヒック

シンジ「何もありません、今日はここで寝ないでくださいよ」

ミサト「ひゃ〜い、ベッド行ってきや〜す」フラフラ

シンジ「・・・(何を隠してるんだ・・・ミサトさんもリツコさんも)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 00:58:37.04 ID:vv0LC4mZ0

シンジの部屋

シンジ「(ミサトさん・・・もう寝たかな?

見に行ってみよう・・・)」

ソーッ

シンジ「(・・・)」ピタッ

グゴーグオオオオー

シンジ「(凄いいびきだな・・・よし、

ネルフに行こう。行って、2人が何を隠してるのか確かめに行こう)」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:06:00.69 ID:vv0LC4mZ0

ソーッ

シンジ「(黒服の人は・・・)」

コクッコクッ

シンジ「(寝てるじゃないか・・・、

バレたら間違いなくクビだよ・・・)」

シンジ「(そんなことどうでもいいよ、僕にとっては

好都合じゃないか、早く行こう)」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:10:52.56 ID:vv0LC4mZ0

ネルフ本部司令室

シンジ「(ちょっと忘れ物したって言ったら

警備の人、みんな信じてくれたよ・・・、

中学生がこんな時間に外出してることを

もうちょっと怪しめよ・・・)」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:14:24.87 ID:vv0LC4mZ0

ソーッ

シンジ「(あっ、リツコさんとマヤさんだ)」

リツコ「マズいわね・・・」

マヤ「どうするんですか?先輩・・・」

リツコ「このままではダメね、シンジくんにもいずれバレるわ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:20:55.16 ID:vv0LC4mZ0

マヤ「どう説明するかが問題ですね」

リツコ「ええ、ミサトでは頼りないし、碇司令は冷たくなりすぎると思うし、

副司令も・・・、私が言うしかなさそうね」ハァ

マヤ「そうですね・・・、わたしも先輩が適任だと思います」

リツコ「今日、言うわ。」

マヤ「シンジくんに朝、連絡しておきます」

シンジ「その必要はありませんよ!!」バッ

リツコ・マヤ「!!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:24:38.95 ID:vv0LC4mZ0

マヤ「シ、シンジくん!?」

リツコ「・・・今の話、聞いてたの?」

シンジ「はい、夕方ネルフに来た時、ミサトさんもリツコさんも

様子がおかしいなと思ってたんですよ、何を隠してるんですか?」

マヤ「せ、先輩・・・」オロオロ

リツコ「・・・仕方ないわね、来なさい」スタスタ

シンジ「・・・」スタスタ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:32:59.14 ID:vv0LC4mZ0

ネルフ本部

病室

プシュ

シンジ「これは・・・どういうことなんですか」

リツコ「・・・」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:38:38.69 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「どういうことなんですか!!」

リツコ「落ち着いて、シンジくん」

シンジ「落ち着いてもこうもないよ!!

アスカァァアアアア!!!」ガシッ

アスカ「・・・」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:46:16.48 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「アスカ・・・こんなに・・・やつれて・・・、

しかも傷だらけじゃないか・・・」

シンジ「リツコさん・・・アスカに何があったんですか」

リツコ「・・・」

シンジ「何があったんですか」キッ

リツコ「・・・あれは1週間前のことよ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 01:58:58.03 ID:vv0LC4mZ0

1週間前

マヤ「起動指数ギリギリです」

リツコ「最近ひどいわね、日に日に落ちてるわ」

ミサト「アスカのプライド、ズタズタね・・・、

大丈夫かしら・・・?」

アスカ「・・・」

ミサト『アスカ、上がっていいわよ』

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 02:05:45.42 ID:vv0LC4mZ0

ミサト「アスカ、最近何かあった?」

アスカ「・・・別にぃ」

ミサト「アスカ、わたしはあなたを心配して言ってるの。

それにわたしはあなたの保護者よ、何かあるなら教えてちょうだい」

アスカ「何もないって言ってるじゃない!!うっさいわね!!!!」

ミサト「っ・・・!!あんたねえ、こっちが下に出てるからっていつもいつも・・・」

アスカ「ミサトに話すことなんか何もないわ、じゃ」

ミサト「待ちなさい!!!・・・もうっ・・・!!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 02:12:20.65 ID:vv0LC4mZ0

リツコ「アスカ!」

アスカ「なによ」キッ

リツコ「あなたがなぜ最近上手くシンクロできないのかは知らないけど、

今の態度はいただけないわね」

アスカ「リツコには関係ないわ」

リツコ「いいえ、関係あるわ。保護者であるミサトにも話せないということは、

何か余程の理由があるはず」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 02:24:05.19 ID:vv0LC4mZ0

アスカ「だからっ・・・、何もないってば」ムカッ

リツコ「何もないはずはないわ」

アスカ「・・・」プルプル

リツコ「何も理由が無いなら、今後あなたにはエヴァとのシンクロは無理かもね」

アスカ「・・・!!なんですってええええ!!!!」バシッ

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 02:31:25.48 ID:vv0LC4mZ0

リツコ「っ・・・」

マヤ「先輩!!・・・アスカ!いい加減にして!!!」パチンッ

アスカ「痛っ!!やったわねえええ!!!」バキッ

マヤ「きゃあ!!」

リツコ「マヤ!・・・アスカ!!あなたにはエヴァを降りてもらいます!!」

アスカ「なっ・・・」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 02:37:13.01 ID:vv0LC4mZ0

リツコ「さっきのミサトと私への態度、私とマヤへの暴力、どちらも

今後の作戦行動に支障をきたしかねない行為だわ!!」

アスカ「ぐっ・・・、うるさいっ!!」バキッ

リツコ「ああっ!!」ドタッ

アスカ「このぉ!!!」バッ

マヤ「危ない先輩!!」ドッ

アスカ「きゃ・・・」

ドタドタドタ

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 02:43:57.67 ID:vv0LC4mZ0

マヤ「ああ、アスカ・・・そんな・・・」

ミサト「アスカ!?」

タッタッタッ

リツコ「・・・息はまだあるわ!早く病院へ!!」

マヤ「あの・・・わたし・・・そんなつもりじゃ・・・」ブワッ

リツコ「あなたは悪くないわ、アスカを挑発した私の責任よ」

ミサト「リツコ!担架、持ってきたわ!!」

リツコ「早く乗せましょう!!」

マヤ「アスカ・・・いやあ・・・!!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 02:51:12.52 ID:vv0LC4mZ0

ピッピッピッ

リツコ「ということで今に至るわ」

シンジ「マヤさん・・・マヤさんはどこですか」

リツコ「シンジくん!!確かにマヤの行動が招いた結果かもしれない!

でもね、アスカの行動にも問題はあったわ!!

だからお願い・・・、マヤを責めないであげて・・・」

シンジ「くそっ・・・どうしたらいいんだよ僕は・・・どうしたら・・・」

リツコ「責めるなら私を責めてちょうだい」

シンジ「どうしたらいいのか・・・わからないよ!!」

リツコ「シンジくん・・・、私はもう戻るわ。

何かあったら、連絡して」プシュ

シンジ「・・・」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 02:56:28.65 ID:vv0LC4mZ0

ピッピッピッ

シンジ「・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・シ、シン・・・ジ・・・?」

シンジ「!!ア、アスカ!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:00:13.28 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「!!ア、アスカ!!」

アスカ「なによ・・・でかい声出さなくても・・・、

聞こえてるわよ・・・っ・・・」

シンジ「ご、ごめん・・・」

アスカ「・・・またそうやって謝る・・・」

シンジ「・・・ご、・・・心配したんだよ、アスカ。

1週間も見かけなかったから・・・」グスッ

アスカ「何泣いてんのよ・・・、ったく・・・」

シンジ「・・・さっきリツコさんから話を聞いたよ、

マヤさんに・・・階段から突き落とされたんだってね・・・」

アスカ「はあ?階段?・・・なにそれ」

シンジ「え・・・?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:10:16.89 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「アスカがリツコさんに殴りかかろうとして・・・、

マヤさんがとっさにアスカを押したって・・・」

アスカ「リツコに殴りかかろうとしたのは・・・そうだけど、

・・・マヤに押されたりはしてないわ」

シンジ「どういうこと・・・?リツコさんが僕に嘘を?」

アスカ「あたしは・・・」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:12:12.52 ID:vv0LC4mZ0

リツコ「さっきのミサトと私への態度、私とマヤへの暴力、どちらも

今後の作戦行動に支障をきたしかねない行為だわ!!」

アスカ「ぐっ・・・、うるさいっ!!」バキッ

リツコ「ああっ!!」ドタッ

アスカ「このぉ!!!」バッ

バキッ

アスカ「ぐはっ・・・」バタッ

リツコ「ミサト・・・」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:15:31.05 ID:vv0LC4mZ0

ミサト「はぁはぁ・・・」

アスカ「ミ、ミサト・・・よくも・・・やったわね・・・」

ミサト「黙りなさい!!」ガッ

アスカ「ぐはっ・・・」

マヤ「先輩によくも・・・!!!」ドカッ

アスカ「うっ!!!」

リツコ「生意気ね・・・!!」

アスカ「ううっ!!・・・ゲホッ」ビチャ

ミサト「汚いわね!!」バキッ

リツコ「日頃から!!」ドゴッ

マヤ「お前!!」ズドッ

ミサト「生意気なのよ!!!」

バキッドゴッ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:19:49.96 ID:vv0LC4mZ0

1時間後

ミサト・リツコ・マヤ「はあ・・・はあ・・・」

アスカ「うっ・・・う゛うっ・・・」

ミサト「あー、スッキリした」

リツコ「いい気味ね、普段から気に障ることが多くても我慢してきたけれど、

もう限界だわ」

マヤ「まったくです」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:21:51.49 ID:vv0LC4mZ0

ミサト「さっ、仕事仕事〜」

リツコ「ミサト、片付け、どうするの?」

ミサト「あ、それは赤城博士にお任せするわ〜」

リツコ「どうせそう言うだろうと思ったわ、

マヤ、碇司令には2号機パイロットは階段から転落、

私が発見し病院へ搬送、と報告しておいて」

マヤ「分かりました、・・・あのっ」

リツコ「何?」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:23:27.68 ID:vv0LC4mZ0

マヤ「シンジくんには・・・どう説明しますか?」

ミサト「あの子、トロいからね〜。

暫くは適当に調整が長引いてるのー、とか言えばごまかせるんじゃない?」

リツコ「ごまかしきれなくなったら?」

ミサト「その時も赤城博士に」

リツコ「お任せね。まぁ、子どもだし大それた理由は要らないわね」

アスカ「・・・(シ・・ンジ・・・)」ガクッ

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:37:02.43 ID:vv0LC4mZ0

アスカ「というわけよ・・・これが・・・真実」

シンジ「なんだよ・・・それ、なんだよそれ」プルプル

アスカ「・・・ぐふっ!!」ビチャ

シンジ「アスカ!!・・・ち、血が・・・」

アスカ「う゛っ・・・」

シンジ「アスカ!?大丈夫!?ねぇ・・・だいじょ・・うぶ?」グスッ

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:48:18.62 ID:vv0LC4mZ0

アスカ「・・・あの日の・・・前日、あんたと・・・喧嘩したでしょ?」

シンジ「うん・・・、確かアスカが無敵のシンジ様とか言ってきて、

それにちょっと言い返したら・・・」

アスカ「あの時は・・・ごめんなさい、・・・上手くシンクロができなくて

イライラしてたのよ・・・」

シンジ「・・・僕が言い返さなければ良かったんだ、アスカは悪くないよ・・・」グスッ

アスカ「あんたは・・・ホントに・・・お人好しで・・・バカで・・・スケベで・・・

グズだけど・・・ゴホッ!!」ビチャビチャ

シンジ「!!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:54:41.67 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「ア、アスカ・・・もう喋らなくていいよ・・・」

アスカ「・・・そんなとこも含めて・・・す、す・・・う゛うっ・・・!!」

シンジ「し、しっかりしてよアスカぁ・・・しっかりしてよぉ・・・!!」

アスカ「・・・シン・・・ジ・・・」

シンジ「アスカ・・・ぼ、僕もアスカのことが・・・好きだ・・・!!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:57:19.32 ID:vv0LC4mZ0

アスカ「・・・ホント?」

シンジ「うん・・・ホントに・・・決まってるじゃないか・・・!!」

アスカ「・・・う、嬉しくなんか・・・ない・・・んだか・・・ら」ニヘラ

シンジ「・・・」ブワッ

アスカ「シンジ・・・、また・・・会おう・・・ね・・・」ガクッ

シンジ「ま、またってなんだよ・・・アスカぁ!!」

ピー

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 03:59:37.18 ID:vv0LC4mZ0

シンジ「ア、アスカ?・・・嘘だ、嘘だ嘘だ嘘だ!!!

アスカ?ねえ、アスカ・・・返事をしてくれよ・・・アスカ!!!」

アスカ「・・・」

シンジ「嘘だ・・・、こんなのって・・・ないよ・・・」

シンジ「うわあああああああああああ!!!!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 04:13:31.67 ID:vv0LC4mZ0

翌日

フィーフィーフィー

『総員第一種戦闘配置』

『対空迎撃戦用意』

ミサト「シンジくん!いける!?」

シンジ「いつでも」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 04:18:08.15 ID:vv0LC4mZ0

ミサト「エヴァンゲリオン初号機!発進準備!!」

シンジ「(アスカ・・・)」

マヤ「エヴァ初号機射出口へ!!」

シンジ「(僕はやるよ・・・)」

リツコ「(昨日のことは引きずっていないようね)」

シンジ「(誰を巻き込もうがそんなの関係ない・・・)」

ドゴォ

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 04:19:02.72 ID:vv0LC4mZ0

ミサト「何!?」

マヤ「エヴァ初号機!ゲートを破壊!!こちらに向かってきます!!」

シンジ「(人類補完計画・・・、そうすればまた・・・)」

リツコ「シンジくん、やめなさい!!」

ゲンドウ「シンジ、何をしている?」

シンジ「父さん・・・、人類補完計画・・・僕、やるよ」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/09(土) 04:20:56.62 ID:vv0LC4mZ0

ゲンドウ「・・・」

シンジ「父さんと同じで・・・大切な人に・・・また会うために!!!」

ゲンドウ「!!・・・そうか、やれ」

シンジ「ありがとう・・・父さん」

ミサト「なっ・・・!!」

リツコ「碇司令!!」

マヤ「シンジくん、やめて!!」

シンジ「うるさい!!」

ミサト・リツコ・マヤ「ひっ・・・」

シンジ「約束したんだ、アスカと」


シンジ「また、会おうって!」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、付き合いなさい!!」