ハルヒ「見たでしょ」キョン「は?」ハルヒ「パンツ見たでしょ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なんで俺が朝倉涼子に告白しなければならんのだ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/31(木) 22:26:12.96 ID:RXN6KI9X0

キョン「いやさっきから携帯いじってたんだが」

ハルヒ「嘘つくな。チラチラ見てたくせに」

キョン「おいおい突拍子もない言いがかりはよしてくれ」

ハルヒ「まああんたも一応健全な男子高校生であるわけだし?そういうことに興味があるもの仕方ないわ」

キョン「・・・・・・」カチカチ

ハルヒ「だからって覗きはダメね。最低よ」

キョン「・・・・・・」カチカチ

ハルヒ「おい!聞いてんの?」

キョン「ん?あぁそうだな」

ハルヒ「・・・・・・もしかしてそのケータイで撮ってたんじゃないでしょうね」

キョン「なにをだ?」

ハルヒ「パンツよ。あたしの」

キョン「そんなことをする理由がどこにあるんだよ」カチカチ

ハルヒ「貸しなさい!」バシッ!

キョン「おい」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/31(木) 22:30:59.89 ID:RXN6KI9X0

ハルヒ「どうせこのケータイに保存したんでしょ!どうしようもない変態ねあんたは!」カチカチ

キョン「おい!!」

ハルヒ「っ!?」ビクッ

ハルヒ「な、なによ。急に大きい声出して、やっぱりやましいことがあるんじゃない!」

キョン「・・・本気で怒るぞ」

ハルヒ「べ、べつにキョンが怒ったところで怖くないけど?」

キョン「・・・」ガタッ

ハルヒ「わっ、わかったわよ!返せばいいんでしょ返せば」スッ

キョン「・・・チッ」

ハルヒ「・・・・・・」


ハルヒ「ねえキョン」

キョン「なんだ」

ハルヒ「キョンの顔に免じて写メは撮ってないって信じてあげる」

キョン「そいつはありがたいね」

ハルヒ「でもパンツは見たでしょ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/31(木) 22:36:07.70 ID:RXN6KI9X0

キョン「見てないと言ってるだろ」カチカチ

ハルヒ「見たくせに」

キョン「知らん」カチカチ

ハルヒ「ムッツリすけべね」

キョン「・・・」カチカチ

ハルヒ「今日は晴れてたから白だったわけ」

キョン「へぇ」カチカチ

ハルヒ「引っかかったわね!ほんとは水色でしたー!」

キョン「・・・」カチカチ

ハルヒ「・・・・・・」

キョン「・・・自分で言って照れるなら言うなよ」カチカチ

ハルヒ「て、照れてないし」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/31(木) 22:42:06.81 ID:RXN6KI9X0

ハルヒ「で?結局見たんでしょ?さっさと白状したら」

キョン「お前もしつこいな」

ハルヒ「あんたの諦めがわるいんじゃない」

キョン「そもそもだな」

ハルヒ「なに」

キョン「今更お前のパンツなんか見てどうしろってんだ?」

ハルヒ「えっ」

キョン「教室で平気で着替えてたお前のパンツなんか見たところでなんとも思わん」

ハルヒ「・・・・・・」

キョン「朝比奈さんならドキっとするかもしれんがな」

ハルヒ「・・・・・・」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/31(木) 22:47:53.65 ID:RXN6KI9X0

ハルヒ「・・・言ってくれるじゃない」

キョン「わかったら大人しくネットサーフィンでもしててくれ」カチカチ



キョン「そういやなんで今日は誰もこないんだ」

ハルヒ「・・・・・・」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「あたしのパンツを見ても興奮なんかしないって?」

キョン「・・・ほんとにしつこいな」

ハルヒ「あ、あたしのパンツに価値はないって!?」

キョン「そこまでは別に言ってないだろ」

ハルヒ「だ、だったらあたしがここでスカートまくってもあんたはなんとも思わないわけだ」

キョン「・・・・・・俺の知らない間に宇宙人にヘッドバッドでもされたのか?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/31(木) 22:55:57.39 ID:RXN6KI9X0

ハルヒ「こ、ここであたしがスカートめくってもなんとも思わなんでしょ!?ためしてやろうじゃない!」

キョン「おい落ち着け。冷静に今自分がなに言ってるのか考えてくれ」

ハルヒ「落ち着いてるわ。自分でもびっくりすぐくらい冷静よ」プルプル

キョン「おい!悪い冗談ならやめてくれ。こんな場面人に見られたらなにを言われることやら」

ハルヒ「あたしとキョンしかいないんだから問題ない!」プルプル

キョン「わかった、俺が悪かった。これでいいだろ?」

ハルヒ「やっぱりパンツ見たのね?」

キョン「誰が見るか!」

ハルヒ「っ・・・」ススス

キョン「〜〜〜っ!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/31(木) 23:00:26.56 ID:RXN6KI9X0

キョン「くっ、こうなったら!」

キョン「国木田ーーーーーーーーーーー!!はやく来てくれーーーーー!!!」

国木田「もう、キョンはいつもそうなんだから」チラッ

キョン「う、うっほう」



ハルヒは国木田のパンツを見てパワーアップしたキョンにタイガー・ドライバー91をくらい昇天した

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「カルタグラ」