コナン「お客さんどこまで?」光彦「警視庁まで」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「私とキョンが付き合ってる噂が流れてるって?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:19:08.86 ID:HtNg0wZv0

コナン「はいよ」

コナン「あー、ドア閉めますよ?」

光彦「あ、はい」

バタン。ブオーン

コナン「」

光彦「」

コナン「」

光彦「」

コナン「もうすっかり冬ですねぇ」

光彦「・・・そうですね」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:21:47.11 ID:HtNg0wZv0

コナン「お客さん、東京の人ですかい?」

光彦「えぇまぁ。でも今は福井に」

コナン「福井?それはまた」

コナン「福井には単身赴任で?」

光彦「いえ。結婚はしてないんですよ」

コナン「あ、そうですか」

ブオーン

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:25:35.15 ID:HtNg0wZv0

光彦「」

コナン「」

光彦「東京も、すっかり変わりましたねー」

コナン「そうですか?ずっと住んでるとあんまりわからないですからねぇ」

光彦「ありますねーそういうの」

コナン「お客さんはいつ福井へ?」

光彦「えぇ。ちょうど20年ま・・・え・・・?」

コナン「? どうしましたお客さん」

運転手 江戸川コナン

光彦「こ、コナ」

コナン「あぁ、変な名前でしょ(苦笑)」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:30:45.18 ID:HtNg0wZv0

コナン「もしかしてお客さん。刑事?」

光彦「え?えぇ、まぁ」

コナン「なるほど、どうりで」

コナン「いい目をしてらっしゃる」

光彦「そ、そうですか?」

コナン「えぇ、今この瞬間にも」

コナン「私の発言に可笑しなことがないか注意深く観察しています」

コナン「ですが、私はなにもやましいことはしていないし、お客さんも」

コナン「そんなにはりつめていては、疲れてしまいますよ?」

光彦「ど、どうも・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:34:59.38 ID:HtNg0wZv0

光彦「(江戸川コナン。忘れるはずもない)」

光彦「(そしてこんな名前、二人といない)」

光彦「(年齢も一緒)」

光彦「(中学卒業と同時に姿を消した江戸川コナン)」

コナン「おっと、ここを右でしたね」

光彦「こ、」

コナン「え?道、間違えてますか?」

光彦「こ、コナンくん何ですか?」

コナン「そうですが?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:41:26.36 ID:HtNg0wZv0

コナン「先程変な名前と」

光彦「そうじゃなくて!」

コナン「な、なんです!?」

光彦「僕です!円谷光彦です!!」

コナン「みつ・・・ひこ?」

光彦「そうです!そうですよ!!」

光彦「思い出してくれましたか!?」

キキーッ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:42:52.36 ID:HtNg0wZv0

光彦「うわっ!なんです急ブレーキなんか」

コナン「・・・降りてくれ」

光彦「え?」

コナン「降りろ!!」

光彦「」ビクッ

コナン「お代は結構です。お客さん」

光彦「コナン・・・くん?」

コナン「降りてください。お客さん」

光彦「・・・はい」


ブオーン


光彦「コナンくん・・・」シュン

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:47:57.85 ID:HtNg0wZv0

灰原「あら、もうこんな時間」

歩美「ホントだー。そろそろ帰らないと」

灰原「タクシー呼ぶわ」ピポパ

歩美「あー、久々に哀ちゃんと話せて楽しかった」

灰原「タクシー一台お願いします」

灰原「私だって楽しかったわ。あ、これタクシー代」

歩美「え?いいよ!!お金あるからっ」

灰原「でも・・・」

歩美「もー、哀ちゃんは昔から変わらないね」

灰原「そうかしら」

歩美「そうだよー!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:52:15.88 ID:HtNg0wZv0

灰原「タクシー来たみたいよ」

歩美「うー寒い!」

コナン「吉田さんで?」

歩美「そーです!」

歩美「じゃ、哀ちゃん、またね!」

灰原「えぇ、気を付けてね」

歩美「それはこっちのセリフだよー。駅で変な人に絡まれないようにね!哀ちゃん美人さんなんだから!」

灰原「もう・・・」

歩美「じゃね!」

灰原「えぇ、またね」

バタン

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:54:35.37 ID:HtNg0wZv0

コナン「どちらまで?」

歩美「○○まで」

コナン「あいよ」

ブオーン

歩美「」携帯ポチポチ

コナン「」

歩美「」ポチポチ

コナン「」

歩美「」ポチポチ

コナン「コホッ」

歩美「」ポチポチ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 20:57:57.79 ID:HtNg0wZv0

歩美「」スースー

コナン「お客さん、着きましたよ」

コナン「お客さん」

歩美「ふぇ?」

歩美「コナンくん・・・?」

コナン「・・・」

歩美「こ、コナンくん!?」

コナン「・・・お客さん、着きましたよ」

歩美「この名札!コナンくんなんだよね!?」

コナン「・・・1400円です。お客さん」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:00:38.08 ID:HtNg0wZv0

歩美「私の質問に答えて!」

歩美「あの、少年探偵団のコナンくんだよね!」

コナン「」

歩美「コナンくん・・・?」

コナン「降りてください」

コナン「お代は結構ですから」

歩美「ちょっとどういうk」

コナン「降りろ!!」

歩美「」ビクッ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:03:00.95 ID:HtNg0wZv0

ブオーン

コナン「」

コナン「」

コナン「」

コナン「」

コナン「あいつら、あんまり変わってなかったな」

コナン「」

コナン「」

コナン「」

コナン「本当に嫌われちゃったかな、こりゃ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:07:23.54 ID:HtNg0wZv0

翌日

灰原「江戸川くんに会った?」

歩美『そうなの!タクシーの運転手がコナンくんだったの!』

灰原「江戸川くんが、タクシーの運転手?」

歩美『そうなの!でもなんか』

灰原「?」

歩美「私ってわかったとき、すごい怒り出しちゃって」

灰原「怒った?」

歩美「うん、お代も結構だーって」

灰原「そう・・・」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:13:41.99 ID:HtNg0wZv0

コナン「」

ブオーン

コナン「」

コナン「」

コナン「!」

キキーッ

コナン「やっと、見つけたぜ」

コナン「元太、聞こえるか」

コナン「目標を確認。ポルシェ356A」

コナン「ジンの車だ」

元太『手筈通りに。気付かれるな』

コナン「わかってるよ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:17:43.57 ID:HtNg0wZv0

コナン「任務完了。そっちは大丈夫なんだろうな」

元太『安心しろよ。ジンからの電話は逃さねぇ』

元太『タクシーを利用したが最後だ』

コナン「」

元太『・・・どうした、コナン』

コナン「昨日、光彦と歩美に会ったよ」

元太『』

コナン「」

元太『忘れようと誓ったはずだ』

コナン「・・・わかってっけどよ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:21:35.08 ID:HtNg0wZv0

コナン「なぁ元太」

元太『どうした?』

コナン「ジンを殺ったら、オメーどうすんだ?」

元太『・・・さぁな。俺は両親を殺したあいつを殺せれば、もうどうなったっていい』

コナン「そっか」

元太『お前はどうすんだ?これから』

コナン「・・・さぁな」

ブオーン

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:26:09.20 ID:HtNg0wZv0

灰原「そうですか、はい。失礼します」

灰原「何処のタクシー会社にかけても江戸川コナンなんて居ないばっかり」

灰原「個人情報守ってるだけかしら」

灰原「でもあの時、吉田さんだいぶ酔ってたみたいだし」

灰原「やっぱり彼女の見間違いかしらね」

灰原「だって、工藤くんはあの時」






灰原「私をかばって死んだんだから・・・」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:28:28.97 ID:HtNg0wZv0

ジン「ちっ。とうとう壊れやがったか」

ジン「タクシーで近くまで行くしかないな」

ジン「」ピポパ

元太『はい』

ジン「一台、至急だ」

元太『わかりました』



元太『コナン』

コナン「あぁ、聞こえてるよ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:30:27.98 ID:HtNg0wZv0

コナン「お待たせしやした」

ジン「○○まで」

コナン「おいすー」

ブオーン

ジン「」

コナン「」

ジン「」

コナン「お客さん、すごい格好ですね」

ジン「なにか言ったか?」

コナン「いえ何も」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:36:08.34 ID:HtNg0wZv0

コナン「(そろそろ)」ガサゴソ

ジン「ん?」

ジン「なんだそれは」

コナン「あぁこれ?これね、ガスマスク」プシュー

ジン「き、貴様っ・・・」

ジン「う・・・ぐっ・・・!!」

コナン「一緒に地獄まで来てもらうぜ、ジン」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:42:28.45 ID:HtNg0wZv0

ジン「うっ・・・ここは・・・」

コナン「よう、目、覚めたか」

ジン「・・・貴様」

ジン「なぜ生きている。俺がこの手で殺したはずだ」

コナン「おぉ、覚えててくれて嬉しいよ」

コナン「だが残念なことに、お前が殺したのは俺じゃない」ハァ

ジン「?」

コナン「お前が殺したのは、灰原に心底惚れてた服部とか言う奴を使ったのさ」

ジン「服部?」

コナン「あいつのお陰だ。俺を殺したと思ったオメーは隙だらけだったぜ?」

ジン「く・・・」

コナン「だが、隙だらけのオメーを捕まえるのに10年かかっちまった」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:48:09.19 ID:HtNg0wZv0

ジン「どういうことだ」

ジン「江戸川、いや工藤新一は仲間を巻き込まないような人間だった覚えがあるが」

コナン「」

ジン「」

コナン「そんなこと、あいつにしかわかんねぇよ」

ジン「」

コナン「あいつが勝手にやったことだ。心情なんか知らないな」

ジン「そうか・・・」

ジン「で、俺を殺すのか?ならさっさとしやがれ」

コナン「断る」

ジン「なに?」

コナン「お前はもっと、苦痛を味わって死ぬんだ」

92 名前:伸新一ェ[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:50:56.40 ID:HtNg0wZv0

ジン「俺に大切な物があるとでも?」

コナン「そうだな。取り敢えず俺の推理を聞いてもらおうか」

ジン「推理?」

コナン「お前がなぜ、組織にいるかだよ」

コナン「苦労したぜ、調べるの」

ジン「」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 21:58:17.60 ID:HtNg0wZv0

コナン「オメーが組織にいる理由」

コナン「周りにはボスを崇拝してるとかなんとか言ってるみたいだが」

ジン「」

コナン「まず、ボスはオメーなんだよな?ジン」

コナン「ボスであることを隠す理由」

コナン「一幹部になりすまし、自分はボスの考えは知らないがボスのためなら・・・という言い訳」

ジン「・・・何を言ってるのかわからんな」

コナン「くくく。」

ジン「なにが可笑しい」

コナン「お前、孤児院を持っているな」

コナン「それも世界各地に」

ジン「!!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:03:51.63 ID:HtNg0wZv0

コナン「その孤児はテロリストの子供なんだってな」

コナン「内密に消される運命にあった」

コナン「しかし、オメーは大金を払い、いや払い続け」

コナン「今なお子供たちの命は救われている・・・が」

コナン「オメーよ。いいこと利用されてるな」

コナン「しかも、悪の組織のボスが戦争孤児を養うために活動」

コナン「可笑しな話しすぎる」

ジン「」

コナン「そして俺はお前を許さない」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:09:44.71 ID:HtNg0wZv0

コナン「犯罪者だけならともかく、一般人にまで手をかけちゃな」

コナン「これを見ろ」

幼女『なぁにこれぇ』

幼男『カメラっていうやつだよ。お前知らないのぉ?』

ジン「!!」

ジン「な、何をする気だ!?」

コナン「これ、なにかわかるか?」

ジン「スイッチ・・・?」

ジン「まさかっ!!」

コナン「ニヤ」メガネキラッ

幼女『せんせぇー!おしっこしーーー』ザザ

画面『ザーーーーーッ』プツン

ジン「あ・・・あ・・・?」

コナン「ハーッ!!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:14:37.85 ID:HtNg0wZv0

コナン「世界6ヶ国に存在する裏の孤児院」

コナン「綺麗な花火だったなジン」

ジン「貴様ぁ!!」

コナン「泣いてるのか?」

コナン「オメーにも、人の心ってもんがあったんだな」

ジン「うるせぇ!」

コナン「安心しろよ。死んだのはテロリストの子供200人程度だ」

コナン「世界にとっちゃ、反乱分子が消えただけ」

コナン「それに、お前だってもうすぐ死ぬんだ」

コナン「あの世でもう一回孤児院開いてやれよ」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:17:10.72 ID:HtNg0wZv0

元太『コナン、そろそろ』

コナン「あぁ悪い」

ジン「」

コナン「もう言葉もないか、ジン」

コナン「じゃあ、そろそろ消えてくれ」

光彦「させませんよ、コナンくん!!」

コナン「!!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:23:26.29 ID:HtNg0wZv0

コナン「光彦?」

光彦「動かないでください。撃ちますよ」

コナン「な、なんでここに」

光彦「たまたまですよ」

光彦「僕は今、別件の捜査でこの東京にやって来ました」

光彦「指名手配犯の目撃情報が絶えないためです。それで拳銃の携帯も許可されています」

コナン「そんなことは聞いてねぇ!なんでオメーがここにいんだ!?」

光彦「言ったでしょう?たまたまです」

光彦「たまたま貴方のタクシーを見つけ、たまたま同じ方向へ向かった」

光彦「貴方のタクシーの異変から、なにかおかしいと思いつけましたが」

光彦「さすがは地元タクシー運転手。見事に撒かれてしまいました」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:27:02.32 ID:HtNg0wZv0

コナン「ちっ」

コナン「オメーは関係ないだろ?スッこんでろ」

光彦「そうはいきません。この縛られている方が何者であろうと」

光彦「たとえ犯罪者であろうとなかろうと」

光彦「命を法の裁きなくして失わせるわけにはいきません」

光彦「僕は・・・刑事ですから」

コナン「(´・д・`)」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:32:12.66 ID:HtNg0wZv0

コナン「えらく立派なこと言うようになったじゃねぇか光彦」

ジン「逃げるんだ。コイツは危険だ」

光彦「逃げません」

コナン「相変わらず頑固だな」

コナン「まぁいい。おい聞こえるか」

元太『』

コナン「名前は伏してやるよ」

元太『なんだ』

コナン「あいつを、頼む」

元太『・・・わかった』

コナン「」上着バッ

光彦「!」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:34:58.43 ID:HtNg0wZv0

光彦「コナンくん・・・」

ジン「正気か?」

コナン「あぁ、見ての通り」

コナン「爆弾だ、ダイナマイトだ」

コナン「爆弾だ」

光彦「爆弾ですね」

ジン「爆弾か・・・」

コナン「あぁ、爆弾だ」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:38:22.98 ID:HtNg0wZv0

コナン「こいつを押せば爆発する」

光彦「待ってください!貴方にだって大切な人がいるでしょう!?」

コナン「いないよ」ポチっとな

光彦「!!」

ジン「くそ・・・!!」



コナン「」

光彦「」

ジン「」

コナン「」ポチっとな

光彦「」

ジン「」

コナン「(´・д・`)」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:43:29.30 ID:HtNg0wZv0

コナン「くそっ」

光彦「江戸川コナン。確保」

コナン「離せ!おい光彦!」

光彦「イヤホン、借りますよ」

光彦「貴方も逃げられませんよ」

元太『(み、光彦)』

光彦「僕はね、ある名探偵の弟子ですから」

光彦「彼から譲り受けたものは、全て発揮して貴方も捕まえます」

光彦「犯罪は許してはならない、そうですねコナンくん」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:51:58.64 ID:HtNg0wZv0

「あぁ、そうだな」

彼は笑っていた。彼自信解っていたのだ。こんなやり方は間違いだって
でも、こんなやり方しかもう思い付かなかったのだろう。金髪の男を捕まえるためには

「歩けますか?」

「あぁ」

そう言い、立ち上がる彼。手錠を掛けられた腕を振り回すこともせず、観念したようだった

「江戸川コナン。俺は貴様を許さない」

「あっはは、安心しろよ。あれは作り物。みんな生きてるよ」

「なに・・・?」

光彦には二人が何を言っているのか解らなかった。でも、良い報せであることは理解出来た
二人の、違う意味であろう笑顔を見て

「行きますよコナンくん」

彼は数秒の時間、黙り、そして言った

「ありがとう、光彦」


えんどぉ

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:55:14.70 ID:HtNg0wZv0

えんど!終わり!

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 22:56:47.89 ID:HtNg0wZv0

うなぎー、とか。なえぎーとか。
あざっす。おやすー



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古畑「えー…犯人はあなたですね、朝比奈みくるさん」