シンジ「特務機関ハーレム…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの悪夢

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:02:50.08 ID:j/emQmRN0

シンジ「父さんが何を言ってるのかわからないよ!」

ゲンドウ「女に乗れ、乗らなければ…いや、どうでもいい、乗れ」

シンジ「わけがわからないよ…」

ミサト「私から説明するわ、シンジ君」

シンジ「は、はぁ…」

ミサト「この第三新東京市はアナタの為に作られたハーレムなのよ」

シンジ「ぶふぅっ!!」

ミサト「この市全体がアナタの快楽の為に存在するわ」

ゲンドウ「ご心配なく、その為のハーレムです」

シンジ「すいません、頭痛がするので帰っていいですか?」

ゲンドウ「駄目だ」

ミサト「アナタが乗るのよ、女性に」ドヤァ

シンジ「いや、そんなドヤ顔されても

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:05:11.76 ID:j/emQmRN0

シンジ「それは置いといて…一つ質問いいですか?」

ゲンドウ「何だ、女性の人口数なら…「いや、違くて」

シンジ「ここに来るとき怪物を見たんですけど…今も暴れてるみたいだけど、ほっといて
    いいんですか、アレ?」

ミサト「ああ、あれは単なる壁殴り代行だから気にしなくていいのよ」

シンジ「壁殴り代行かよっ! てゆーか、街に被害が出てるじゃないですか!」

ゲンドウ「住民は全てシェルターに避難している、問題ない」

シンジ「いや、建物とか壊れるでしょ! ここにあるロボットで戦うんじゃないんです
    か!?」

リツコ「ああ、これ? 予算が余ってたからなんとなく作ってみたのよ」

ミサト「カッコいいべ?」

シンジ「……もういいです、僕があれに乗って戦います!

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:08:34.40 ID:j/emQmRN0

ゲンドウ「だ、駄目だっ! シンジにそんな危険なことはさせられん!
     レイを呼べ!」

冬月「本調子ではないようだが…」

ゲンドウ「かまわん」

ガラガラガラガラッ

シンジ(何だ…? 女の子…? すごい怪我してる…)

ゲンドウ「レイ、いけるか?」

レイ「……はい…」

シンジ「待ってよ父さん! この子怪我してるじゃないか!」

ミサト「あ〜…違うのよ、シンジ君、彼女は奉仕の特訓で疲労してるだけだから」

シンジ「」

ミサト「特訓と言っても、バイブ相手だから安心してね、バッチシ処女よ」

シンジ「そんなこと聞いてねええぇぇぇぇっ!!

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:11:54.57 ID:j/emQmRN0

シンジ「あのギプスとか包帯はっ!?」

リツコ「世の中色んなプレイがあるのよ、汚れたと感じたとき、わかるわ」

シンジ「……もういいです」

ゲンドウ「シンジ? まさか……」

シンジ「碇シンジ、いきまああぁぁぁす!!」

ゲンドウ「し、シンジ……」

冬月「諦めろ、碇、アムロのオマージュまでされては、ワシら年寄りは抗えん」

ゲンドウ「そうですね……冬月先生、ファーストガンダムは最高です……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:15:30.91 ID:j/emQmRN0

マヤ「LCL注入!」

シンジ『うわっ! なんですか、これっ! 溺れるっ!!』

ミサト「だいじょぶよ〜、肺に入れれば呼吸できるから」

シンジ『ガボッ! あ、あれ、ホントだ……これにはどんな意味が?』

日向「確か、昔の映画がカッコよかったからいれてみたんですよね?」

シンジ『……』

ミサト「なんてタイトルだったかしら、あの映画…」

青葉「あれですよね、深海で宇宙船発見するヤツ」

リツコ「喉まで出かかってるんだけど…」

ゲンドウ「……アビス」ボソッ

全員「!!」

冬月「一人でアハ体験はずるいぞ、碇」

シンジ『……とりあえず出撃しますね』

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:18:51.91 ID:j/emQmRN0

マヤ「そういえば、あのロボットの名前、まだ決めてませんね」

ミサト「そういやそうね」

リツコ「正しくは人造人間だけど…司令、何かいい案がありませんか?」

ゲンドウ「そうだな……」

青葉「エヴァンゲリオンなんてどう?」

ミサト「ふむ、厨二臭いけど、それいいわね」

マヤ「では、エヴァンゲリオン、リフトオフ!」

ゲンドウ「青葉二尉……」

青葉「なんすか、司令?」

ゲンドウ「減俸二か月……」

青葉「ちょ!!」

冬月(ガンダム系の名前を付けたかったのだな、碇……)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:22:37.38 ID:j/emQmRN0

ガタンッ

シンジ「うぅ…Gがこんなに凄いだなんて」

ミサト『慣れていくのよ…そのうち自分でもわかるわ』

ズウンッ、ズウンッ

シンジ「あれが…壁殴り代行…」

代行「ウオオオオオオオオオオンッ!!」

シンジ「ゴクッ……」

マヤ『なんちゃら値、40%を超えています! いけますっ!』

ミサト『シンジ君、テキトーに相手してれば相手は満足するから、頑張って!』

シンジ「……(まずは歩くことだけ考えよう……)」

ズンッ ズンッ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:25:15.92 ID:j/emQmRN0

代行「ウオオオオオオオオオオンッ!」

シンジ「うわっ! やめてよっ!」

バシッ

シンジ「あ…手が当たっちゃった、ゴメン」

代行「ウオ……」

シンジ「?」

代行「ウオオオオオオオオオオオオン!!」

シンジ「あ……泣きながら帰ってく……悪いことしたかな……」

ミサト『さすがワタシの作戦! パーペキね!』

青葉『アンタ何もしてないんじゃ……バキッ
   げふぅ!』

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:28:14.39 ID:j/emQmRN0

ミサト「シンジ君が勝ちましたよ! 司令!」

ゲンドウ「……」

ミサト「司令…?」

冬月「気絶しとるぞ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:31:23.33 ID:j/emQmRN0

ミサト「では、ワタシはシンジ君を例の場所へ送り届けますね」

冬月「うむ、頼む」

ミサト「ほら、マヤちゃんも支度して」

マヤ「あ、はい、それではお先に失礼します」

青葉「はいよー」

日向「頑張ってねー(ゲス顔)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:34:17.83 ID:j/emQmRN0

〜帰りの車内〜

シンジ「……何処行くんですか?」

ミサト「シンジ君に用意された自宅よ〜」

ブロロロロロ

シンジ「……」

マヤ「シンジ君、どうしたの?」

シンジ「正直、実感ありません…この街が僕のハーレムだとか、あんな怪物と戦ったとか」

ミサト「ん〜……信じられないのも無理ないかもねー…
    そうだ、ちょっとコンビニでジュース買ってきてくれる?」

キキッ

シンジ「はあ…いいですけど…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:37:22.00 ID:j/emQmRN0

ピロリロリロリ~ン

店員「いらっしゃいませ〜」

シンジ(…? なんだか視線を感じるな…まあいいか)

シンジ「すいません、これください」

店員「毎度ありがとうございま〜す」

シンジ「えーっと、小銭、小銭…」

店員「あ、結構ですよ?」

シンジ「は?」

店員「シンジ様からはお代を頂くなんてことはできません」

シンジ「!?」

店員「それと…ここで一回ヌいていきますか?(舌なめずり)」

シンジ「いいいいいいいいえ、け、結構です!失礼しました〜!!」

ピュ~

店員「あんっ、残念」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:40:19.37 ID:j/emQmRN0

ガチャッ!

ミサト「あ、シンジ君、どうだった〜?」

シンジ「なななな、何ですか、あれ!!」

マヤ「びっくりしたみたいね…でも、この街は何処に行ってもあんな感じよ?」

ミサト「この街は何から何までシンジ君の為に出来てるの」

シンジ「く、狂ってる……」

ミサト「…狂ってると言えば狂ってるかもね〜…
    そうだ、家に行く前に寄り道しましょうか」

シンジ「……何処へ?」

ミサト「ふふふ、いいトコよ」

シンジ(貞操の危機だ……)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:43:14.11 ID:j/emQmRN0

〜高台〜

ミサト「綺麗な街でしょう…」

シンジ「……はい……」

ミサト「アナタが守ったのよ、この街を」

シンジ「最初は放置しようとしてませんでしたっけ?」

ミサト「……ゴホンッ、とにかく、アナタが守ったからこの景色があるの
    それは誇っていいコトなのよ?」

シンジ「そうですね、でも……」

ミサト「?」

シンジ「僕はその言葉を父さんから聞きたかった……」

ミサト「あ〜……まあ、気絶してたし」

シンジ「ですよねー」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:46:22.71 ID:j/emQmRN0

〜???〜

ブロロロロ…キキッ

ミサト「着いたわよ、ここがアナタの家」

シンジ「すいません、僕の眼にタージ・マハールみたいな宮殿が映っているんですが、
    気のせいでしょうか」

ミサト「タージ・マハールはお墓よ~ん、ココが間違いなくあなたの家」

シンジ「……マジで?」

ミサト「マジで」

ゾロゾロ… ワーワー キャーカワイー

シンジ「!?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:49:20.24 ID:j/emQmRN0

美少女達「おかえりなさいませ、ご主人様!」

シンジ「な、な、なんですか、この人たちは!?」

ミサト「この子たちがアナタの専属の…」

シンジ「め、メイドさん?」

ミサト「性奴隷よ」

シンジ「ぶふぉっ!!」

美少女達「よろしくおねがいします、ご主人様♪」

ミサト「できるだけ同年代の娘を集めてみたわ」ドヤア

シンジ「そんなこと誰も聞いてな…」

ミサト「はいは〜い、それじゃみんな自己紹介して〜」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:52:24.35 ID:j/emQmRN0

レイ「綾波レイ……よろしく」

マリ「真希波・マリ・イラストリアスだよ〜、マリでいいにゃ〜」

マナ「霧島マナです、よろしくね♪」

マユミ「山岸マユミです…あ、あのよろしくお願いします」

マヤ「そして私が伊吹マヤ…年上だけど呼び捨てでいいわよ?」

ヒカリ「洞木ヒカリです、よろしくね、ご主人様」

モブ1「よろしくお願いしま~す」

モブ2「よろしく〜♪」

モブ3「いっぱい可愛がってね、ご主人様!」

その他「ワーワー ガヤガヤ」

シンジ「」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:55:20.39 ID:j/emQmRN0

ミサト「それじゃ、あとは若い人たちにお任せして、ワタシは帰るわね」

シンジ「えっ、ちょっ」

ミサト「ほんじゃ、バイビ〜」ブロロロロロ

シンジ「え〜と……」

レイ「……」ジリジリ

マユミ「あ、あの…」ジリジリ

マヤ「ワタシ、男の人は苦手だけど、ご主人様なら…」ジリジリ

ヒカリ「ご主人様…さあ、こっちに…」ジリジリ

シンジ「…………」ダッ

マナ「あっ、逃げた!」

マリ「逃がすにゃ~! 追え〜!」

モブ「おお〜っ!」

結局捕まった

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 15:58:17.52 ID:j/emQmRN0

〜着替えタイム〜

マヤ「さあ、ご主人様、お着替えしましょう」コスコス

マユミ「こちらのローブをどうぞ…」サワサワ

シンジ「あ、あのっ、い、いやっ、自分で出来るから…はうっ!」

マヤ「遠慮しないで…」コスコスコスコス

マユミ「これも私達の仕事ですから…」サワサワサワサワ

シンジ「着替えっ、だけっ、扱くの…やめっ!」

マヤ・マユミ「遠慮しないでイってください」シコシコシコシコシコシコ

シンジ「うあああっ!!」ビュルッ、ビュルッ、ドピュルッ

マユミ「ああ…いっぱい…」

マヤ「気持ちよかったですか、ご主人様?」

シンジ「あ、あうう…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 16:01:38.67 ID:j/emQmRN0

〜お風呂タイム〜

マリ「背中を流すのは任せろにゃ〜!」ムニュッムニュッ

レイ「じゃあ、ワタシは前を……ペロッ、ジュルッジュププッ」

シンジ「あ、ああああ…ふ、二人とも、真面目にして…」

マリ「マジメに洗ってるじゃん、おっ○いスポンジにゃ〜」ムニュニュッ

レイ「ジュプッ、ジュポッ、ジュポポッ、ズズズッ」

シンジ「あ、あ、もうダメ…」

マリ「ココもキレイにしないとにゃ〜♪」ア○ルに指ズブッ

シンジ「!!!!ひうっ!出るっ!」ドビュルルルルル

レイ「!…ゴキュ、ゴキュ、ゴキュ、ズ、ズズズ…」

マリ「わお、すんごい勢い」

シンジ「あ、あ、あ、あ、あ……」

レイ「……飲みきれなかった…ゴメンなさい…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 16:04:22.41 ID:j/emQmRN0

〜食事タイム〜

マナ「はい、あ〜ん♪」

シンジ「あ、あ、あの…うう…」

マナ「どうしたの? お口に合わない?」

シンジ「そ、そうじゃなくて、あああ…」

マナ「じゃあどうしたのかな〜」ニコニコ

シンジ「て、テーブルの下で舐めないでええええええっ!!」ドプッ、ドプッ、ドプッ

ヒカリ「ゴキュ、ゴキュ…ご主人様、ご馳走様でした♪」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 16:07:14.19 ID:j/emQmRN0

〜夜〜

シンジ「まさかこんなことが現実にあるだなんて…
    父さんはいったい何を考えてるんだ…」

モブ1「寝室はこちらになります、ご主人様〜」

シンジ「は、はい、どうも……」ピタッ

モワワワ~ン

シンジ「ドアの向こうからピンク色の気配が…」

恐る恐るドアを開けると……

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 16:10:16.68 ID:j/emQmRN0

マヤ「ああっ、ご主人様、やっと来た!」

マユミ「遅いです…」

マナ「わたし達もう待ちきれなくてグショグショだよ〜!」

ヒカリ「今夜は寝かせません」

マリ「いっぱい出してにゃ〜」

レイ「…私達の初めて…貰って……」

6人は薄いベールを身に纏い、思い思いのポーズでシンジを挑発してきた

シンジ「………………」プッツーン

シンジ「うおおおおおおおおおおっ!!」

みんな「きゃあああああ♪」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 16:13:27.15 ID:j/emQmRN0

レイ「んっ、あっ、あっ、ダメ、イク…!」パンパンパンパン

マリ「うにゃ〜、あっ、ああ〜っ、イイ〜っ!」パンスパパンパン

マナ「あっ、ダメッ、これ気持ち良すぎっ!」スパパンパンパンスパ

マユミ「ああああああああああああああああっ!」スパパパパパパパッ

ヒカリ「イクッ、イクッ、イクッ、イク〜〜〜〜〜ッ!」パンパパンスパパンパン

マヤ「ひやあああああ〜っ、もうダメ〜〜〜〜〜〜〜っ!」パンパカパーンパンパンパンスパパンパーン

シンジ「うああああああああああああああああああああああああっ!!」

ドブルリュリィッリュドピュルドプリンコ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 16:16:19.23 ID:j/emQmRN0

〜朝〜

チュンチュン

シンジ「う…朝か…いつ眠ったのか記憶にないや」ジュプジュプ

シンジ「…ん? この感触…」ジュプジュプ

シンジ「綾波!?」

レイ「ジュプジュプ…おはひょうほはいはふ、ほひゅひんはま…ジュプジュプ」

シンジ「な、何してるの…?」

レイ「ジュプ…朝の御奉仕……ジュプジュプ」

シンジ「は、はは……」

シンジ(これからもこんな生活が続くんだろうか…うっ!)ドピュリンコ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 16:19:16.17 ID:j/emQmRN0

〜次回予告〜

今日も今日とて学校でさえもピンク色の性活を送るシンジ
だがそんなシンジに当然のごとく男の嫉視が集まる
シンジはこの試練を乗り越えることが出来るのか?
そして新たに現れた壁殴り代行が街を襲う!
次回「すまんな、転校生、ワシは男としてお前を殴らなアカン」
次回もハーレム、ハーレムゥ!


                続かない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「アスカ様ファンクラブ?」