ムサシ「仕事辞めようかな…」コジロウ「…え?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スッゲー面白いハルヒのSS思い付いたwwww

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 03:26:39.55 ID:UJVKo4nl0

ムサシ「…最近…こんな生活してちゃ駄目だと思って…」
コジロウ「いや、いやいやいや、おいおい…ロケット団辞めるっての?」
ムサシ「……うん」
ニャース「………」
コジロウ「…えっと、まあ…それは…別に…ムサシの人生だから…ね?」
ニャース「次の就職先とか…どうするニャ?…」
ムサシ「…ん…実は…医療事務の資格持ってて…」
コジロウ「…あ…あぁ…そう…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 03:32:42.55 ID:UJVKo4nl0

ニャース「えっと…それで、ニャー達は…」
コジロウ「…そ、そうだよ…俺達はどうすりゃ良いんだろうな…なあ、ムサシ…」
ムサシ「…いや、コジロウは…家…帰れば…」
コジロウ「…あ、そうか…」
ニャース「ちょ!ちょ待て!ニャーはどうすんのニャ!?」
ムサシ「…喋れるポケモンなんて珍しいし…」
コジロウ「…まあ、その………通訳とか……いいんじゃね?」
ニャース「てめぇら人事だなオイ!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 03:40:19.72 ID:UJVKo4nl0

ムサコジ「いやいや、ニャースの頭脳なら仕事どんだけでもあるって!!!」
ニャース「ちょ!ちょっと待っ!さっきまで仲間だったよね?え?」
ムサコジ「……」
ニャース「……ムサシ!資格持ってても就職活動は大変だニャ!考え直すニャ!」
ムサシ「……ごめん…知り合いが県病院に居て…」
ニャース「クッ…!こ、コジロウ!お前みたいなのが家に戻ったところで…」
コジロウ「…実はなぁ…最近…オヤジから連絡あってな…許してやるから帰ってこいって…」
ニャース「………ハッ?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 03:46:41.49 ID:UJVKo4nl0

ニャース「……」
ムサコジ「…………」
しーん
サトシ「あ」
ロケット団「あっ」
しーん
サトシ「なんだお前ら…いつにもなく神妙な顔しやがって」
ムサシ「……別に…」
コジロウ「…悪いこと企んでるとか…そういうのじゃないからな?」
ニャース「……こいつら糞だニャ…ピカチュウで殺すニャ!電気でぶっ殺すニャ!!!」
サトシ「…おうおうおうwww朝から物騒な事言いやがるよwwwwww」

サトシ「へへへ…悪いが…ピカチュウはもう居ないぜ…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 03:56:02.26 ID:UJVKo4nl0

ロケット団「…?…確かに…居ないな…」
サトシ「…ははは…どうしたと思う?………売ったんだよ………」
ロケット団「えっ!?」
サトシ「…驚き過ぎだよ…まあ、その…パチンコで借…いや、なんでもねぇ〜よ!ハハハ!」
コジロウ「…あ〜、はい、質屋に…?…ヤベェなお前…」
サトシ「るっせぇえよ!!!俺は悪くねぇ!パチンコがわりぃんだよぉ!!!」
ロケット団「ビクッ!」
………
しーん

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 04:03:28.93 ID:UJVKo4nl0

ムサシ「…まあ…大丈夫大丈夫…あんたには仲間が居るじゃん…ね?」
コジロウ「そ、そーだよ!タケシか知らんが何か居たろ?それに女の子も!」
ニャース「…そ、そーだニャ(やべぇ…こいつ…ニャーより立場やべぇ…)」
サトシ「ん?お前ら…俺の周りに人でも見える?……一人だろうがよォ!」
ロケット団「ビクッッ!」
サトシ「なんだってんだよぉ…カスミもタケシもジムリーダーに戻りやがってよぉ…俺が悪いのかよぉ…」
ロケット団「…………(多分、お前が悪いよな)」
サトシ「全部!パチンコが悪いんだよ!スロットが!タマムシシティが!!!」
ニャース「…(どこか…共感を覚える…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 04:12:12.35 ID:UJVKo4nl0

ムサシ「…そ、そーだね(コジロウ…こいつ危ないよ…」
コジロウ「…うん、エリカの責任だよ(今気づいたけどこいつ左手にワンカップ持ってんぞ…」
サトシ「ブツブツブツ…カスミタケシ殺す…ブツブツ……エリカも殺す…」
ムサシ「……逃げる?」
コジロウ「………その方がいい…なあ、ニャース……」
ニャース「………いや…ニャーは…サトシの話し相手になるニャ…」
ムサコジ「…!?正気か?」
ニャース「てめぇらは…好きにしろニャ!!くそったれの裏切りものが!」
ムサコジ「…!!!!!」
サトシ「ブツブツブツ…俺はポケモンマスター…シゲル…ブツブツ…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 04:21:31.77 ID:UJVKo4nl0

コジロウ「…ニャース…すまん…達者でな…!」
ムサシ「…ごめん…ごめんねニャース!…幸せに…なってね…」
ムサコジ「………嫌な…感じ………」
スタタタタタタ…
ニャース「……ジャリボーイ…いや、サトシ」
サトシ「…あ?」
ニャース「………ニャーと…友達にならニャいか?……」
サトシ「……いいの?…俺みたいなクズの友達になってくれるの!?」
ニャース「ああ!!もちろんだとも!ただしパチスロと飲酒は禁止だぜ?」
サトシ「ニャース!」
ニャース「サトシ…この呼び方…慣れニャ…フフ…サトシ…」
サトシ「ニャース…」
サトシ…
ニャース……
……………

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/25(金) 04:27:45.83 ID:UJVKo4nl0

三日後

サトシ「やっぱりだよ!!喋れるポケモンは高く売れるんだよ!!」
サトシ「はっはっは!!!!一万五千円で売れたぜ!!ピカチュウよりちょっとだけ高けぇ!」
サトシ「この一万五千で大金持ちになって見せるぜ!!!」
サトシ「待ってろよエリカァァァ!!!俺の女にしてやるよォォォォォ!!!」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レナ「あーっ!また羽入ちゃんウンコ漏らしてるよ!」