ハルヒ「全裸のみくるちゃんのタンポンの紐に肉を結んでオーストラリ


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「女ってなんでこんなに馬鹿なんだ」ハルヒ「は?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 01:43:29.84 ID:CIS/RaGr0

アの野に放ちましょう!」

キョン「泣きながら全力疾走する朝比奈さん…」

古泉「それを追う野良犬たち…」

長門「ユニーク」

ハルヒ「でしょ!?さっそくパスポートとチケットを用意しなさい!今すぐ行くわよ!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:01:24.32 ID:CIS/RaGr0

ハルヒ「もちろんみくるちゃんには内緒にすること!」

古泉「チケットは僕が用意しましょう」

キョン「予定は俺が空けておくように頼んでおこうか」

長門「パスポートは私もないので今日中に一緒に取りに行く」

ハルヒ「決まりね!じゃあまた明日!空港で会いましょう!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:06:31.04 ID:CIS/RaGr0

翌日

ハルヒ「みんな集まったわね!」

キョン「おう!」

古泉「楽しみですね!」

みくる「あ、あの〜」

長門「……」

ハルヒ「それじゃあしゅっぱーつ!」

キョン「おう!」

古泉「行きましょう長門さん!」

長門「……」コクッ

みくる「ふえぇ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:11:53.37 ID:CIS/RaGr0

みくる「あの…これからどこに向かうんですかぁ?」

ハルヒ「……」

みくる「涼宮さん?あれ?」

ハルヒ「……」

みくる「どうして無視するんですか?ねぇ、キョンくん?」

キョン「……」

みくる「古泉くん?長門さん?」

古泉「……」

長門「……」

みくる「ふえぇぇ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:20:00.49 ID:CIS/RaGr0

数時間後

キョン「着いたぞー!」

ハルヒ「さすがにこの時期でもあっついわね!」

みくる「ふえぇ…暑いよぉう…」

古泉「車は僕があらかじめ手配しておきましたので」

ハルヒ「でかしたわ古泉くん!」

キョン「なかなか立派な車じゃないか!さっそく乗ろう!」

みくる「喉渇いちゃいましたぁ…ここはいったいどこなんですかぁ?」

ハルヒ「みくるちゃん」

みくる「は、はい!」

ハルヒ「うるさい」

みくる「……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:27:45.13 ID:CIS/RaGr0

古泉「運転は僕に任せてください」

ハルヒ「私とみくるちゃんと有希は後ろに座るから!」

長門「……」

みくる「ひっ」

キョン「じゃあ俺は前な!」

ハルヒ「さぁ乗って乗って!みくるちゃんもはやく!」

みくる「は、はいぃ!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:34:08.93 ID:CIS/RaGr0

1時間後

キョン「けっこう走ったな」

古泉「この辺りでいいでしょう」

ハルヒ「私たちは着替えるから!後ろを向いたら殺すわよ!」

長門「……」

みくる「き、着替えるんですか?」

ハルヒ「そうよ!わかったらちゃっちゃと脱ぐ!」

みくる「いやぁぁあ!やめてぇ!」

ハルヒ「みくるちゃんまたおっぱい大きくなった?」

みくる「全部脱がさないでぇ〜!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:38:13.15 ID:CIS/RaGr0

ハルヒ「よし!これで全裸ね!有希!肉を結んだタンポン!」

長門「はい」

みくる「何を…」

ハルヒ「おら!」ズボッ

みくる「ひぎぃ!」

ハルヒ「古泉くん!ドア開けて!」

古泉「了解しました!」ガチャッ

ハルヒ「バイバイみくるちゃん!」

みくる「お、押さないでください〜…あっ」

キョン「お達者でー!」

みくる「あ〜れ〜」ゴロゴロゴロゴロ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:43:46.65 ID:CIS/RaGr0

みくる「ふえぇ…痛いよぉ」

キョン「朝比奈さんwwwwwwwwwww」

古泉「見事に転がり落ちましたねwwwwwwww」

ハルヒ「待って!一端車スピード落として!みくるちゃんの方をよく見るのよ!ほら!」

グルルルルル

ハルヒ「肉食動物に囲まれたわwwwwwwww」

キョン「wwwwwwwwwwwwww」

古泉「このままぎりぎり追いつかれない程度のスピードで走りましょうwwwww」

みくる「ま、待ってください〜!置いてかないで〜!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:51:54.69 ID:CIS/RaGr0

ハルヒ「こっちに向かって走って来るわwwwwwwwwwww」

キョン「あの顔は本気だwwwwwwwwwww」

古泉「陸上部みたいな走り方ですねwwwwwwwwwwww」

キョン「すげぇwwwwwライオンと並走してるwwwwwwww」

古泉「少しばかり引っ掛かれてますねwwwwwwwwwww」

ハルヒ「頑張ってみくるちゃん!wwwwwwもっと早く走らないと食べられちゃう!wwwwwwwwww」

長門「……」クスッ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/24(木) 02:58:44.25 ID:CIS/RaGr0

ハルヒ「wwwwwwwwwwwwww」

ハルヒ「wwwwwwww」

ハルヒ「www」

ハルヒ「…ふう、なんか飽きたわ」

キョン「俺もだ、そろそろ帰るか」

古泉「宿題がまだ終わってませんしね、チケットは僕が手配しましょう」

ハルヒ「じゃあねみくるちゃーん!元気で暮らすのよー!」

キョン「頑張ってくださいねー!」

ハルヒ「こっちにも探せばきっと良い男はいるからー!」

古泉「またいつかどこかで会いましょうー!」


みくる「ふえええええええええええ!!!!」

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:フラム「ゼハート様、お食事の用意が出来たようです」