しずか「レイプ魔が増えてる?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「髪型どうしよう」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:12:46.13 ID:jBqPpurD0

のびた「しずかちゃん気を付けた方がいいよ」

スネ夫「ホントホント」

ジャイアン「いざとなったら俺様がいるからな!」

しずか「ありがとう、たけしさん」

出来杉「…」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:14:10.45 ID:jBqPpurD0

そして
のびた「しずかちゃん、物騒だからみん
なで帰ろう」

しずか「あら、ありがとう」

スネ夫「女の子を守るのは当然だからね!」

出来杉「ごめん。僕先に帰るね」

タタタ…

ジャイアン「何だあいつ…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:15:16.13 ID:jBqPpurD0

そして…

しずか「無事に帰れたわ。みんなありがとう」

のびた「じゃあまたねー」

ジャイアン「おう」

スネ夫「また明日ー」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:16:46.06 ID:jBqPpurD0

ー風呂ー

しずか「さて、シャワーオナを楽しもうかしらね」
シャアアアア…

しずか「ンホォッ!!学校明けのシャワーオナは格別だわッ!!」
コリッコリッ プシャアアア ア!!

しずか「うっ…ふう」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:17:58.58 ID:jBqPpurD0

しずか「お風呂はやっぱきもティわね」

しずか「晩ご飯までに明日の宿題をすませましょ」
ガサガサ…

しずか「アラッ!?」

しずか「しまったァ〜!宿題を学校に忘れてきちゃったわッ!!取りに行かないと!!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:19:11.73 ID:jBqPpurD0

しずか「ママー!!学校まで宿題を取ってくるわ!!」

しずか母「ひとりで大丈夫?」

しずか「ええ。急いでいってくるわ」 ダッ!!

出来杉「…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:20:22.19 ID:jBqPpurD0

ー学校ー
しずか「あったあった。全くあたしとしたことが」

しずか「さて帰りましょう」
シーン…


しずか「?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:21:22.87 ID:jBqPpurD0

しずか「気のせいか…早く帰ろ」

「気のせいじゃないよ…?」

しずか「!?」

ドムッ!!

しずか「が…!」

ドサ…

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:22:54.61 ID:jBqPpurD0

ーとある倉庫ー

しずか「ーッ…ここは…?」

しずか「キャッ!?あたし全裸だわ
さッ!!何でッ! ?」

「ようやく目が覚めたか」

しずか「な…!あなたは…!?」

しずか「たけしさん…!」

ジャイアン「ふん…たけし様と呼べ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:24:12.74 ID:jBqPpurD0

しずか「まさか…あなたが…」

ジャイアン「鋭いな…そう。俺様が」

ジャイアン「神だ」

バッ!!

しずか「私だ」

ジャイアン「お前だったのか」

しずか「暇を持て余した」

ジャイアン「神々の」

ジャイアントしずか「遊び」

ジャイアン「お前か」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:25:36.28 ID:jBqPpurD0

ジャイアン「なんてノリに引っかかると思ったか?」

しずか「く…」
ジャイアンの股間は既に膨らんでいた

ジャイアン「さて…今、 痛いほど勃起してる訳だが」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:27:12.16 ID:jBqPpurD0

しずか「誰かー!?助けてー!!」

ガシャガシャ!!

しずかは手錠でつながれていた

ジャイアン「無駄だ。逃げられないし、誰も来やしないさ」

ジャイアン「しかも全裸だしな!!ガハハ!!」

しずか「この…変態!!」

ジャイアン「変態…!」ジーン

しずか「えっ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:28:42.38 ID:jBqPpurD0

ジャイアン「変態…この上ない褒め言葉だ…もっとちょうだい」

しずか「その思考理解不能だわ…」

ジャイアン「チッ…ノリがわりいな。」

バッ!!

ジャイアンはパンツを脱ぎ捨てた

しずか「キャアアアアッ!?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:29:44.26 ID:jBqPpurD0

しずか「こ、こないで」

ジャイアン「しずかちゃん処女だよな…?大丈夫。優しくするけん」

しずか「助け…」

バターンッ!!

ジャイアン「誰だッ!?」

出来杉「ハァハァ…遅れたね…しずかちゃん」

しずか「ンモー!!遅いわ!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:31:00.55 ID:jBqPpurD0

ジャイアン「なぜ…ここが…?」

出来杉「君の行動をずっと監視してたんだよ。」

しずか「さすがだわッ!!」

出来杉「遅れたのは彼らを呼んでいたからさ」

のびた「ジャイアン…」

ドラえもん「…」

ジャイアン「うわあおあああああああ!!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:31:51.58 ID:jBqPpurD0

ドラえもん「終わりだ」

ジャイアン「ど、どけ!離せ!!」

ジャイアン「ッ…ハァー… ハァー…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:33:10.32 ID:jBqPpurD0

ジャイアン「逃げるッ!!逃げなきゃ!!」

ジャイアン「ッ〜〜〜〜〜…!」

ドラえもん「まずい!!何かする気だ!!のびた君!!」

のび太「ハァッ!!」

のび太はジャイアンに向かって射せいした

シュウウウウ…

ドラえもん「やったか!?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:34:54.99 ID:jBqPpurD0

ジャイアン「完成した…」

のび太「なんだこれは!?」

ジャイアンのチンポは巨大化し、 強靭なものとなっていた

ジャイアン「あばよ!!」
ドコオオオ!!

ジャイアンはチンポを高速回転させ、飛んで天井を突き破って逃げた

しずか「逃げたわッ!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:36:11.07 ID:jBqPpurD0

のび太「ドラえもん!!あれを!!」

ドラえもん「よしきた!!」

しずか「ビッグライト?」

のび太「しずかちゃん!マンコ貸して!!」

しずか「えっ」

ピカアアアア…

のび太はしずかちゃんのマンコのビラビラを巨大化させた

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:37:36.30 ID:jBqPpurD0

しずか「ビラビラが巨大化したわッ!?」

のび太「しずかちゃん!!ビラビラを使って飛ぶんだ !!」

しずか「そんなこと…」

のび太「はやく!!」

しずか「ッ〜〜〜〜!」

バッサバッサ

のび太「凄い!!ビラビラで飛んでるよ!!しずかちゃん!!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:38:49.39 ID:jBqPpurD0

のび太「よーし追いかけるぞ!!」

しずか 「ええ!!」
バッサバッサ

ジャイアン 「何ッ!?もう追いかけてきやがったッ!?」

しずか「待ちなさい!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:40:13.91 ID:jBqPpurD0

ジャイアン「くらえ!!我慢汁鉄砲!!」
ピュッピュッ べちゃあ

のび太「うわ!きたねえ!!」

しずか「まずい!逃げられるわわ!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:41:25.06 ID:jBqPpurD0

のび太「しずかちゃんは飛ぶことに集中して!!僕はジャイアンをヤル!!」

しずか「御意」

のび太は四つん這いになった

のび太「世界中のみんなァ…!僕の肛門に元気を分けてくれえ…!」

コォォオオオ…

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:42:49.32 ID:jBqPpurD0

のび太「ダメだ!!全然元気が集まらねえ!!」

しずか「のび太さん!!はやくしないと!!」

のび太「クッソ…」

(のび太君聞こえる?)

のび太「ドラえもん!?」

(今、全世界に君の声が聞こえるようにした。みんなに語りかけて)

のび太「サンキュー!ドラえもん!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:44:49.93 ID:jBqPpurD0

のび太「世界中のみんなァ!!俺の頼みを聞いてくれぇ!!今、でっけえ敵が現れてるんだ!!世界滅亡の危機だ!!だからお前らにも手伝って欲しい!!手を…手を天に向かって挙げてくれるだけでいい!!頼む !!」

先生「野比の声かッ!?」

スネ夫「のび太が…!」

のび太母「戦ってるんだわ…!」

カミナリ「ふっ…協力してやるか…」

のび太の思いがみんなに通じた!!

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:46:09.78 ID:jBqPpurD0

のび太「ダメ…だ…限界…」

ドンッ!!

のび太「!!?」

のび太「キタキタキタァ!!全世界の肛門のパワーが集まってきやがった!!これならいける!」

しずか「のび太さんッ!!」

のび太「ああ…いくぞ!!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:47:50.10 ID:jBqPpurD0

のび太「だりゃあああ!!」
ブリブリブリブ リブリブリブリブリブリブリブリ ブーッ!!!
のび太の肛門から大量の大便が放たれた

ジャイアン「なんじゃこりゃあ!?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:49:08.50 ID:jBqPpurD0

ジャイアン「しかし…!かわせる!!」
サッ
のび太「かwwwわwwwさwwwれwww たwww」

ジャイアン「当たらなきゃ意味ねえんだよ!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:50:24.54 ID:jBqPpurD0

出来杉「野比くん!!」

のび太「出来杉!!」

(のび太君!!純粋な心の持ち主なら元気大便玉を肛門で跳ね返せる!!)

のび太「何ッ!?出来杉ッ!!肛門を出してそいつを跳ね返せェ!!」

出来杉「えっ…わかったよ!」

プリッ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:51:53.05 ID:jBqPpurD0

ドンッ!!!

ジャイアン「反射だとおおおおお!!!!???? 」

グシャアアアアアアア!!!!

ジャイアン「ギャアアアア!!」

のび太「あばよジャイアン。楽しかったぜ!!ホントの救世主は出来杉!!お前かもな!!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:53:22.47 ID:jBqPpurD0

ーそしてー

しずか「終わったのね…」

のび太 「ああ…」

出来杉「ジャイアン君…」

ジャイアン「ふん…俺の負けか…しかしなぜか清々しいな…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:55:02.22 ID:jBqPpurD0

ジャイアン「お前らみたい仲間が欲しかったのかもな …」

しずか「たけしさんの身体が透明に!?」

のび太「次、生まれ変わったらまた遊ぼうぜ!!」

ジャイアン「うっ…ありがとう…」

シュウウウ…

ジャイアンは消えて魔界に帰っていった

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:56:21.25 ID:jBqPpurD0

そして…
しずか「たけしさんが消えて一年ね…」

のび太「今となってはいい思い出さ」

出来杉「ジャイアン君元気かなあ…」





「おい、のび太!!!」 〜fin

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 04:58:12.69 ID:jBqPpurD0

ー次回予告ー
のびたが魔界に乗り込む!?新キャラスネオも参戦!
のびた一同はジャイアンをレイプ魔ホモ王の手から救えるのか?



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン!新しい宗教を作るわよ!」