ゲンドウ「エヴァに乗れ」カイジ「あるかよっ…!そんな横暴っ…!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「国木田に自然な形でブルマを穿かせたいんだが」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 18:37:40.02 ID:k+KGI2970

カイジ「乗れるわけねぇだろっ…こんなもんっ…!」

ゲンドウ「乗って戦えば1千万、勝てば2千万、死ぬことはない…悪くはない条件付きだ」

カイジ「やるっ…!俺はやるっ…!俺はやれるっ…!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 18:45:02.54 ID:k+KGI2970

カイジ「死ぬことはないんだな…?」

ゲンドウ「あぁ」

カイジ(これで借金はチャラっ…!負けても余るほどの大金っ…!)

カイジ(早いとこ負けて金もらってパチンコ行くか…!)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 18:59:11.41 ID:k+KGI2970

エントリープラグ

ザバァ

カイジ「うわっ…!なんだこれっ…!溺れるっ…!」アタフタ

ミサト「LCLよ大丈夫、息はできるから」

カイジ「あ…本当だ!」

ミサト「じゃあいくわよ」

カイジ「あぁ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 19:15:20.24 ID:k+KGI2970

エヴァ「…」

リツコ「カイジくん、まずは歩いてみて」

カイジ「歩くっ…!俺は歩くっ…!」

エヴァ「…」ズシン

リツコ「歩いた!」

カイジ「うわわっ…!」

エヴァ「…」ガシャーン

カイジ「うわっ…鼻がっ…!うわあぁ…!」

ミサト「落ち着いてカイジくんっ…痛むのは貴方の鼻じゃないわ!」

カイジ「痛むなんて聞いてねぇぞっ…!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 19:17:09.81 ID:k+KGI2970

ご飯食べる

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:01:37.80 ID:k+KGI2970

サキエル「…」

カイジ「うぅ…いてぇ…!」

サキエル「…」シュッ

エヴァ「…」ブシュュウウウウ

圧倒的出血っ…!カイジ耐え難い激痛っ…!

カイジ「あぁぁあああ…」グニャアアアア

カイジっ…声にならない叫びっ…!

カイジ「…」ヘナッ

カイジっ…!完全に沈黙っ!

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:14:31.14 ID:k+KGI2970

カイジ「うっ…うっ…!もう嫌だっ…!死にたくないっ!金なんていらない今すぐ降ろせっ…!降ろせぇぇええ!」ボロボロ

カイジっ…!辞退宣言っ!がっ!しかしっ…!

ゲンドウ「その地点からのエヴァの回収は不可能だ」ニヤ

カイジ「う、うぅ…」ボロボロ

カイジ「ううぁぁああああああっ!!」

エヴァ「おおおおおぉぉおおお!」グワッ



冬月「勝ったな」

ゲンドウ「あぁ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 20:47:22.18 ID:k+KGI2970

カイジ「うわぁぁぁあああ!!」

カイジ「取るっ…!2千万っ…!勝ち取ってやる…!」

カイジ「見返してやるっ…!俺を馬鹿にしてきた世間をっ…!俺を社会の隅っこに追いやった人間達をっ…!」

エヴァ「ぐぉぉおおお!」ガンガン

サキエル「…」ギュルドガーーン

圧倒的自爆っ…!サキエルっ…!勝てぬと判断した上での自爆っ…!苦肉の選択っ…!

72 名前:>>1です[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:04:06.22 ID:oUQDH9U60

爆発っ…!


爆発っ…!


圧倒的大爆発っ…!

カイジ「うぉぉおおおおおおっっ!!」ボロボロ

カイジ咆哮っ…!
目標は完全に消滅っ…!

ミサト「勝ったのね」

リツコ「えぇ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:26:31.95 ID:oUQDH9U60

カイジ…生還っ…!

死ぬよりも辛い痛みを伴いながらの帰還っ…!

カイジ「どうだっ…!やりきったっ…!勝ったぞっ…!」

ゲンドウ「そうだな」

カイジ「なら約束通り出してもらうぞっ…!2千万っ…!」

これで人生をやり直す金が手に入るという安堵感と達成感っ…!そんな感情に入り浸るカイジに制裁っ…!


ゲンドウ「無理だ」

カイジ「は?」

ゲンドウ「君は言ったな、降りる金などいらない。と」

カイジ「でもてめぇらがやめさせなかったんだろうがっ…!」

ゲンドウ「いや、違う君が回収地点までくれば回収できた。だがしなかった」

ゲンドウ「全て君の意思だ」

カイジ「うっ…!あるかよっ…!そんなことっ…!卑怯っ…!卑怯だぞっ…ゲンドオォォオ!」

卑劣っ…!圧倒的なる外道行為っ…!

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 22:52:23.42 ID:oUQDH9U60

ネタ切れっ…!

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:23:43.19 ID:oUQDH9U60

冬月「まぁ碇、その辺にしておけ」

ゲンドウ「…」

冬月「カイジくんの言い分も一理ある…」

冬月「次の使徒だ」

冬月「次の使徒の殲滅に成功すれば1千万、いや一億でどうだ?カイジくん」

カイジ「一億!?」

カイジの目から涙が消えるっ…!あるのは輝きのみっ…!

遊んで暮らせる金額っ…!カイジに一筋の光っ…!

乗るしかないっ…!この流れにっ…!

カイジ「言っておくがーー」

冬月「カイジくんにはなにがあろうと賞金はやる。勝てばの話だが」

カイジっ…!歓喜っ…!

97 名前:シャムシエルなんていなかった[] 投稿日:2013/01/03(木) 23:44:26.03 ID:oUQDH9U60

そして月日は流れっ…!

マヤ「この反応は…っ!パターン青!使徒です!」

ミサト「きやがったわね〜」

リツコ「第五使徒…」

冬月「来たな。カイジくんの賭けだ」

ゲンドウ「あぁ」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ごらく部に入るわ!」