アスカ「シンジの腕って……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの殺人鬼

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:28:15.01 ID:14jY15txI

ミサトのマンション

アスカ「貧相よね〜男として恥ずかしくないの?」

シンジ「……アスカには関係ないだろ」

アスカ「関係あるわよ」

シンジ「どうして」

アスカ「一緒に居て不安なのよ!いざって時に頼りにならなさそうだし!だから筋トレしなさい!」

シンジ「……僕なんかを頼りにしないでよ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:30:59.61 ID:14jY15txI

アスカ「……はぁ……私があんたをアテにしてるのよ?ちっとは喜びなさいよね……」

シンジ「そんなこと言われても……」

アスカ「あーもうっ!!うだうだ言ってないで黙って鍛えればいいのよ!!」

シンジ(なにを言っても折れてくれなさそうだなぁ……はぁ)

シンジ「わかったよ……するよ……筋トレ」

アスカ「んふふ〜それでいいのよ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:34:17.46 ID:14jY15txI

シンジ「で、僕はどうやって鍛えればいいの?」

アスカ「ん〜……腕立て伏せかしら」

シンジ「……腕の力を鍛えるなら腕立て伏せよりダンベルを使ったほうが――」

アスカ「だあ〜っ!もうっ!!いちいち小言を挟むなっ!!黙って腕立てしなさい!!」

シンジ「わかったよ……黙ってやればいいんだろ」

アスカ「そうそうそれでいいのよ。でも腕立て始める前にこれに着替えなさい」スッ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:37:58.53 ID:14jY15txI

シンジ「それって…プラグスーツじゃないか!……一応聞くけど着る必要あるの?」

アスカ「プラグスーツの運動性を測って欲しいってリツコに頼まれたのよ。……他意はないわ。えぇ、他意はないから」

シンジ「……運動性……?…腕立て伏せなんかで測れるのかな……」

アスカ「あんたは気にしなくていいの!!さあ、さっさと着替える!」

シンジ「……腑に落ちないけど……着替えてくるよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:41:36.75 ID:14jY15txI





シンジ「ほら……着替えたよ」

アスカ「……相変わらず腕のライン細いんだから…ぷぷ…」

シンジ「……」ムスー

アスカ「……不満そうね。言いたいことがあるなら言いなさいよ」

シンジ「……それなら言わせてもらうけど……アスカはどうなのさ」

アスカ「え……」

シンジ「アスカだって腕細いじゃないか。ヤワなんでしょ?」

アスカ「なっ///……腕が細いのは事実だけどヤワじゃないわ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:44:16.92 ID:14jY15txI

シンジ「……ホントに?」

アスカ「ホントよ!!二の腕に力いれるから触ってみなさい!!」

シンジ「えぇ……別にいいよ……」

アスカ「あんたなんかにヤワだって思われたままなのは癪に障るわ!ほらっ触りなさい!!」

シンジ(ほとんど痴女じゃないか)

シンジ「わかったよ……それじゃあ…」

ムニムニ

アスカ「ん……」

シンジ(アスカの腕マシュマロみたい……)ムニムニ

アスカ「……どうよ。筋肉あるでしょ」

シンジ「どこが。ぷにぷにだよ?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:48:26.81 ID:14jY15txI

ゲシ

シンジ「いてっ!……つつ…なんで蹴るんだよ!?」

アスカ「セクハラ発言するからよ!!」

シンジ「セクハラを強要してるのはアスカじゃ――」

ゲシゲシ

アスカ「うるさい!」

シンジ(いてて……ここまでされ放題なのも頭にくるな……僕は悪いことしてにのに……)

シンジ「……僕に筋トレを要求する前に自分を鍛えなよ。自分の身は自分で守れってよくいうじゃないか」

アスカ「うっ…生意気ね…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:51:52.80 ID:14jY15txI

シンジ「僕は腕立てしてもいいよ。先にアスカがやるならね」

アスカ「……くっ……いいわよ!!今すぐ腕立てしてやろうじゃないの!!」

シンジ「プラグスーツは?」

アスカ「へ?」

シンジ「運動性を測るんでしょ。着ないの?」

アスカ「くっ……うう…着るわよ!!着替えてくるからまってなさい!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:55:04.70 ID:14jY15txI





アスカ「ううっ……家で着ると恥ずかしいわね。あんた平気なの?」モジモジ

シンジ「へ、平気なわけないだろ!!でも……この恥ずかしさも……そんなに悪くない……かなって…」モジモジ

アスカ「……」ジー

シンジ「なんだよ……なにか言ってよ……無言で見つめるのやめてよ!!」

アスカ「……」ジー

シンジ「く……ふ……そ、そんな目で僕を……見ないでよ……」ピクッ

アスカ「……」ジー

シンジ「……アスカぁ……アスカの……視線……が……」ハァハァ

アスカ「……これ以上続けるのはよくないわね……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:57:13.19 ID:14jY15txI

アスカ「大人しく腕立てするわ」

シンジ「そ、そうして……」

アスカ「マットを敷いてっと」

バサ

アスカ「……十回でいいわよね」

シンジ「……うん」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/02(水) 23:59:36.96 ID:14jY15txI

アスカ「……一………二………ゆっくりやった方がいいのかしら……」

シンジ「そうだね。早く済ませるより効果あるよ」

アスカ「……わかったわ………三……………四…………五」

シンジ「……」

アスカ「六…………っ七……………八っ…………九っ……………十っ!!」

シンジ「……」

アスカ「ふぅっ……これくらいなんてことないわ!さっ次はあんたの番――」

シンジ「今ので手応えあったの?」

アスカ「え…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:01:50.28 ID:NRXd+XmkI

シンジ「今のはただ軽くこなしてただけだよね」

アスカ「それじゃだめなの!?」

シンジ「そんなのトレーニングにならないだろ!!!」バン

アスカ「うっ」ビクッ

シンジ「はぁ……アスカなら問題ないと思ってたんだけどなぁ……」

アスカ「な、ならどうすればよかったのよ!!」

シンジ「簡単な話だよ。もっと集中すればよかったんだ」

アスカ「え……それだけ?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:04:31.54 ID:NRXd+XmkI

シンジ「そうだよ。……簡単そうだけど、集中するって凄く難しいんだ」

アスカ「まぁ……そうね」

シンジ「……脳でする筋トレって知ってる?」

アスカ「なにそれ?」

シンジ「詳しく話すと長くなるから手短に……筋肉ってイメージトレーニングを行うだけでも少しは鍛えられるんだ。実際に身体を動かさなくともね」

アスカ「へぇ……そうなんだ」

シンジ「そこで、トレーニングしてる様子を頭でイメージしながら実際に身体を鍛えばより効果的だと思うんだ」

アスカ「な、なるほどね。で、集中してそれを実践しろと」

シンジ「うん」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:07:14.22 ID:NRXd+XmkI

アスカ「……無駄に説得力のある話聞かされちゃったし……やってみるか」

シンジ「あ、これつけてよ!」スッ

アスカ「つけるって……タオルなんかどこにつけんのよ」

シンジ「頭に巻くんだよ。目隠しになるから」

アスカ「なっ!?」

シンジ「ほら……目を隠すとより集中できると思うから。他意はないよ……うん。他意はないんだ」

アスカ「……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:10:38.32 ID:NRXd+XmkI

アスカ「ま、まあ物は試しね……め、目隠ししたわよ」

シンジ(プラグスーツ姿で目隠し……すごい……)ゴクリ

アスカ「じゃ、じゃあ早速――」

シンジ「待って!もっと時間をかけて集中したほうがいいよ!!」

アスカ「わ、わかったわ……この態勢疲れるから膝つくわね」

シンジ「う、うん」

シンジ(腕立て伏せの態勢から膝をついたら……四つん這いじゃないか!!)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:13:02.58 ID:NRXd+XmkI

アスカ「集中……しないと……でも……」

シンジ(プラグスーツと目隠しだけでも相当官能的だったけど……さらに四つん這い……ちょ、直視できないよ!……でも……アスカから視線を……外せない……)ゴクリ

アスカ「……ね、ねぇシンジ…」

シンジ「な、なにかな」

アスカ「あんた今……どこ見てるの?」

シンジ「な!?どどどどこも見てないよ!?」

アスカ「ホントにぃ……?こんなカッコしてる私を……見てるんじゃないの……?」ハァハァ

シンジ「み、見て……ゴクリ……見てないよ……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:16:09.05 ID:NRXd+XmkI

アスカ「さっきから視線を感じるんだけど……私の…目を隠した顔から…うなじ……二の腕……」

シンジ(アスカ……の身体…)ゴクリ

アスカ「背中……横腹……お尻………太もも……ふくらはぎ…足先」

シンジ(今なら身放題……)

アスカ「全身に……視線を感じるのよ……舐め回すような……ネットリとした……視線を……」ゾクゾク

シンジ(アスカ……ダメだダメだダメだ!!!変な気分になる前に終わらせないと)ハァハァ

シンジ「アスカ!早く腕立て……してよ……」

アスカ「そ…そうね…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:19:07.46 ID:NRXd+XmkI

アスカ「……一…………に、二ぃ………三………集中出来ないわよ……こんなの………四ぃ」

シンジ「耳まで……真っ赤…」

アスカ「うるさいわよっ!……五………くっ……ぅぅ…六ぅ……ハァ………七………は、八ぃ……ハァ…」

シンジ(息が荒い……あぁ…アスカの口を塞いで息を止めてみたい……)ハァハァ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:22:04.29 ID:NRXd+XmkI

アスカ「……うぅ…ハァ……ハァ……九…………十ぅぅ!」

シンジ「ハァ……ハァ……お疲れ様」

アスカ「目隠し取るわ……あぁ…腕に力が入んない……」

シンジ「大丈夫?」

アスカ「ううう……口がネバネバする……」

シンジ(口が……ネバネバ!?)ゴクリ

アスカ「ねっ……シンジぃ」

シンジ「な、なに?」

アスカ「歯……磨いてよ」

シンジ「…え」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:25:17.42 ID:NRXd+XmkI

シンジ「今は磨かなくていい…よ…」

アスカ「あんたのじゃなくて私の歯を磨いてって言ってんのよ」

シンジ「ええ!?僕が!?アスカの歯を!?」

アスカ「そうよ。口の中が気持ち悪いから歯磨きしたいんだけど…腕に力が入らないからあんたに任せるわ」

シンジ「そんな…」

アスカ「私の歯ブラシ……洗面所の鏡の横よ、場所わかるでしょ。早く取ってきて」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:27:19.69 ID:NRXd+XmkI




シンジ(……結局歯ブラシを持ってきてしまった)

アスカ「私は椅子に座るわ」

シンジ「……うん」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:30:42.13 ID:NRXd+XmkI

アスカ「じゃ任せるわよ……あーん」

シンジ「……」ドキドキ

アスカ「……」

シンジ(綺麗な歯並び……犬歯が小さくて可愛らしいや)ドキドキ

アスカ「早く磨け!」

シンジ「ごめん…………お邪魔します」

シャコシャコ

アスカ「ん……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:34:01.10 ID:NRXd+XmkI

シンジ「……」

シャコシャコ

アスカ「ん…はう……」

シンジ「……」

シャコシャコ

アスカ「あ……んっ……はぅぅ」

シンジ(なんだよこれ〜!!)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:37:05.32 ID:NRXd+XmkI

シンジ「……痛くない?」

アスカ「ん……らいひょうふ」

シャコシャコ

シンジ(奥歯から前歯まで……優しく…丹念に……)

シャコシャコ

アスカ「ひんひぃ……へろほ……ベー」

シンジ「べ、ベロも磨くの?」

アスカ「ほうへん」

シンジ「……」ゴクリ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:40:06.36 ID:NRXd+XmkI

アスカ「ベー」

シンジ(……淡いピンクで…ヨダレで潤ってる……柔らかそうなベロ……)

アスカ「はひゃふひあはいほ!」

シンジ「……うん」

シンジ(痛くしないように……優しく…)

シャコ……シャコ……

アスカ「ん……は……れろ」

シンジ「!!」

アスカ「れろ……れろ…ん…」

シンジ「はは歯ブラシを舐めないでよ!磨けないじゃないか」

アスカ「れふひいいへひょ……れろれろ……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:43:23.48 ID:NRXd+XmkI

シンジ(口を開けてベロを出してるから……溢れたヨダレが……滴り落ちそうに……)

アスカ「れろ…れろ……はぁ〜気持ちいよかったわ……うがいしてくるわね」

シンジ「……うん」ハァハァ

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:47:12.86 ID:NRXd+XmkI





アスカ「さぁ次はシンジが腕立てしなさい」

シンジ「……うん……アスカはプラグスーツ脱いだんだ…」

アスカ「私の番は終わったしね。ねぇ……これ着ないさいよ」スッ

シンジ「……アスカのプラグスーツ!?自分の着てるからいいよ」

アスカ「こんなチャンスもう二度とないわよ」

シンジ「え…」

アスカ「今を逃したら一生……脱ぎたてのプラグスーツを着られないかもしんないわよ?」

シンジ(……何を言われても着ちゃだめだ!!)

アスカ「いいの?私の……プラグスーツぅ……き・な・く・て」ニヤニヤ

シンジ「……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:50:50.36 ID:NRXd+XmkI

シンジ「……」

アスカ「……」ニヤニヤ

シンジ「……」ハァハァ

アスカ「私のプラグスーツを着ただけで息を切らすなんて……ドヘンタイ!」ニヤニヤ

シンジ「あぅぅ……そんな風に…言わないでよ」

アスカ「ふふっ」

シンジ(このプラグスーツ……アスカの汗まみれだ……全身……アスカの汗で…ヌルヌルして……皮膚が溶けてしまいそうだよ…)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:53:13.51 ID:NRXd+XmkI

アスカ「早く腕立てしなさい」

シンジ「うん。……目隠しは?」

アスカ「しなくていいわよ」

シンジ「な…んで?」

アスカ「私のプラグスーツを着て……興奮しながら腕立てする様を……私に見下ろされてる……その痴態を…ハッキリ認識させる為よ」

シンジ「う……あぁ…」

アスカ「安心なさい……あんたがヨガる姿を……しっかり見ててア・ゲ・ル」ニヤニヤ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 00:56:59.41 ID:NRXd+XmkI

シンジ「うう…一…ハァ……ハァ…………二…」

シンジ(腕立てする度に…プラグスーツが…汗を潤滑油にして…身体を擦る……)

シンジ「さ…三………ハァ……ハァ……四……」

シンジ(ぅぅ…………全身をくまなく舐め回されてるみたいだ……アスカのベロに……)

シンジ「あぐっ……ああ…」ビクッビク

アスカ「なに悦に入っちゃってるのよ。私に見られてるって忘れてない?」

シンジ「ああっ……アスカぁ……」プルプル

アスカ「ああ、違うか。私に見られてるから気持ちよくなってんのね」ニヤニヤ

シンジ「はぅ……っ五……ぉ………六」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:00:54.01 ID:NRXd+XmkI

シンジ「あぁ……七………八ぃ」

アスカ「ふふ……」ゾクゾク

シンジ(アスカのほうがネットリとした視線で見てくらるじゃないか……)

シンジ「……九…………じゅぅうう!!」

アスカ「よくやったわ」ニヤニヤ

シンジ「ハァ……ハァ…」

アスカ「休んでる暇はないわよ」

シンジ「うぇ……?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:03:32.23 ID:NRXd+XmkI

アスカ「椅子に座りなさい」

シンジ「なん……で…」

アスカ「あんたの歯を磨くわ」

シンジ「え……いいよ」

アスカ「あんたがよくても私がよくないの!!ほらっ!サッサと座る!!」

シンジ「は、はい」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:07:25.18 ID:NRXd+XmkI

シンジ「はい……座ったよ」

アスカ「ん……」ストン

シンジ「ななななんで僕の足の太ももの上に座るのさ!!そそれも僕の方向いて!!」

シンジ(目とはなのすぐ先に……アスカ顔が……恥ずかしすぎるよ…)

アスカ「……歯を磨きやすいからよ……それより目を瞑りなさい」

シンジ「なんっ」

アスカ「いいからっ!」

シンジ「わかったよ……」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:12:20.62 ID:NRXd+XmkI

スルッ

シンジ「えっなっ……」

アスカ「目隠しを巻いたわ」

シンジ「はぅ……」ハァハァ

アスカ「もう息が荒いわよ?」

シンジ(目が見えないぶん太ももに乗ってるアスカの感触に意識が……)

アスカ「ほら…口を開けなさい」

シンジ「はい……あーん…………そういえば僕の歯ブラシは?」

アスカ「あんたの歯ブラシ?要らないわよ……指で磨くから」

シンジ「ほへっ?……あふぅ…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:16:40.92 ID:NRXd+XmkI

アスカ「間違っても噛むんじゃないわよ」 キュッキュッ

シンジ「あぅ……あ……あぅっ…」

シンジ(指が……歯をなぞってる……ふわふわしてる……アスカの指…)

アスカ「ふんふんふ〜ん♪」キュッキュコスコス

シンジ(舐めたい……ふやけるくらいヨダレでベトベトにしたいよっ!)

ペロッ

アスカ「あん……ちょっとなにしてんのよ!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:19:47.14 ID:NRXd+XmkI

シンジ「ぺろっれろ……」

アスカ「んっ…やめ…なさい!」

シンジ(舐めるだけじゃなくて…口一杯堪能したい!)

シンジ「あむ……ちゅる……ぢゅるるる」

アスカ「あっつ……こら!吸うな!!」

シンジ「あむっ……もご…じゅるるる…アスカの指……もごもご……おいひいよ…」

アスカ「私の制止を聞けないの!?…………なら…」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:23:13.95 ID:NRXd+XmkI

ギュッ

シンジ「あうっ!?」

アスカ「自制できないベロにはお灸を据えなきゃね〜」ギュゥゥ

シンジ「あぐっ!はう!あああ!!」

シンジ(ベロが……摘ままれて…引きずりだされる!?)

シンジ「ひ…ひはひっ!!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:26:46.30 ID:NRXd+XmkI

シンジ「あふはぁ……」

アスカ「ヨダレ垂れてるわよ?」

シンジ「ふぁ……あぅぅ」

アスカ「……女の服を着て……目隠しされて……女に…太ももの上に跨られて……ヨダレを垂らしながら……ベロを放り出してる……これ以上ない痴態ね!」ハァハァ

シンジ「あふぅ…………」

アスカ「ふふ……いい具合にヨガってるわね。もっとよくしてあげるから自分でベロを出しなさい」

シンジ「はひ……べー…」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:29:43.01 ID:NRXd+XmkI

ペロッ

シンジ(今…なにか当たった…指じゃないよな…)

ペロッ…ペロッ…

シンジ(!!これ……アスカのベロ!?…何も見えないからなにされてるかわからないよ…)

アスカ「ぺろ…れろ…あむじゅる」

シンジ「あぐ……んん…んむ…」

ガシッ

シンジ(後頭部に手が回されて……逃げれない……)

アスカ「あむ……しんじぃ……あむ…じゅるるる…」

シンジ「んん…っあす…あ…んぐ…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:34:26.35 ID:NRXd+XmkI

アスカ「しんしぃ……じゅるれじゅ…かりっ」

シンジ「あぅん!!」ビクン

シンジ(…今…噛まれたの?…うぅ…気持ちいいよ…!)

アスカ「……かりっ……ぢゅるぢゅる……あむぅ…かりっ…」

シンジ「あ!…んん!!んぐ…んんっ!!」ビクビク

シンジ(……こんなに近くにいるんだから…抱きしめたい)

アスカ「ぷっはぁ……ハァ……ハァ……さっきから両手が…寂しそうにしてるけど…」

シンジ「ハァ……ハァ…」

アスカ「私に触れないでよね」

シンジ「え……なんで…だよ」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:40:17.37 ID:NRXd+XmkI

アスカ「あんたの好きに触られるのはゴメンだわ」

シンジ「……」

アスカ「でも心配しなくても……私があんたを好き放題触ってあげるから」ニコッ

シンジ「アス――んん!」

アスカ「あむっ……んむ……しんじぃ……じゅる…れじゅ…んぐ…」

シンジ「んん……んむ!!むぐ…」モゴモゴ





82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:47:06.77 ID:NRXd+XmkI

後日 ネルフ

アスカ『ぺろ…れろ…あむじゅる』

シンジ『あぐ……んん…んむ…』

アスカ『あむ……しんじぃ……あむ…じゅるるる…』

シンジ『んん…っあす…あ…んぐ…』


シンジ「……」

アスカ「……」

ミサト「……」

リツコ「……」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:55:10.05 ID:NRXd+XmkI

アスカ「なによ…これ…」

シンジ「プラグスーツに集音機能なんて……付いてたんですね」

リツコ「万が一に備えてね。何が起きても後から検証出来るように、と思って集音機能を取り付けたのだけど……こんな形で効果を発揮するなんて…はぁ…」

アスカ「プライバシーもへったくれもあったもんじゃないわね……」

ミサト「あんた達……私のいないとこでぬわぁにヤってんのよ!!」

シンジ「なら……ミサトさんの前ならよかったんですか?」

ミサト「ぶふっ!そうじゃないわよ!!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 01:59:36.53 ID:NRXd+XmkI

リツコ「でも面白いデータが取れたから私としては問題ないわね」

シンジ・アスカ・ミサト「え…」

リツコ「え…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/03(木) 02:08:22.53 ID:NRXd+XmkI

司令室

リツコ「……」

ゲンドウ「あ、赤木博士……その格好はなんだ」

リツコ「私のサイズに合わせて開発したプラグスーツです」

ゲンドウ「……」

リツコ「あなたの息子はプラグスーツにとても興奮する様ですわ。あなたもでしょ?」

ゲンドウ「……」

リツコ「あなたの為を思って恥を忍いで着てあげてるんです。黙ってないで感想をお願いします」

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「……気持ち悪い」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/03(木) 02:09:30.18 ID:NRXd+XmkI

中途半端ですまん
見てくれた人ありがとね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「お願いキョンくん!谷口くんをなんとかして…」