シンジ「アスカが笑えばもっとかわいいと思う」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「3次元アタック!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 00:43:40.80 ID:WIgAN/5w0

アスカ「あんたバカ?あたしは常に可愛いわよ」

シンジ「それはそうかもしれないけど…」

アスカ「けどってなによ、けどって」

シンジ「アスカはいつも仏頂面してるだろ?」

アスカ「別にしてない」ムッ

シンジ「(まさに今してるじゃないか…)そうかな、ははは…」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 00:45:52.85 ID:WIgAN/5w0

アスカ「だいたい、もしあたしがいつも仏頂面してるとしてもバカシンジになんか関係あるわけ?」

シンジ「うーんなんて言えばいいのかな。僕と二人でいるときにそんな顔されるとあまり楽しくないというか…」

アスカ「で?」

シンジ「え?」

アスカ「だからあたしがニコニコ笑顔振りまいたらどうなるの?」

シンジ「そりゃあそうしてくれたら嬉しいよ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 00:49:18.36 ID:WIgAN/5w0

アスカ「ふーん、だったらあたしが笑顔になるようにあんたが努力しなさいよ」

シンジ「僕が!?」

アスカ「そーよ。なーんにもないのにニコニコしてられるわけないでしょバカシンジ!」

シンジ「あ、ごめん」

アスカ「じゃそういうことで。もうあたし寝るから」パタン

シンジ「行っちゃった…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 00:52:40.76 ID:WIgAN/5w0

アスカの部屋

アスカ「………」ゴロン

アスカ「………」ニヘ

アスカ「(シンジがあたしのことかわいいって言ってくれた…っ!!)」ニヘラ

アスカ「(えへへ…)」ゴロンゴロン

アスカ「(でももっと笑顔になれだなんて…)」

アスカ「(こんな不抜けた顔他人に見せられるわけないじゃない…)」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 00:57:51.25 ID:WIgAN/5w0

アスカ「………」

アスカ「!?」ガバッ

アスカ「(なんでバカシンジかわいいって言われたぐらいでこんなに取り乱しるの!?)」

アスカ「(これじゃまるであたしがシンジに
…)///」カアァ

アスカ「(ないないないない!!断じてない!! この超絶美少女アスカ様があんな冴えないバカなんか!)」ブンブン

アスカ「はぁ……もうわかんない…」ゴロン

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:03:59.43 ID:WIgAN/5w0

シンジの部屋

アスカ『だったらあたしが笑顔になるようにあんたが努力しなさいよ』

シンジ「(そんなこと言われてもなー…)」

シンジ「(アスカの喜びそうなことは何だろう?)」

シンジ「(うーん、思いつきそうにないや…)」

シンジ「(だいたいアスカって怒る以外の感情が読めないんだよ…)」

シンジ「(下手なことしたらまた罵倒されるかもしれない)」

シンジ「(僕にできそうなこと……そうだ!)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:11:07.23 ID:WIgAN/5w0

次の日

シンジ「アスカー朝だよ?」コンコン

シンジ「起きないと遅刻しちゃうよ?」

シンジ「アースーカー」

アスカ「何度も言われなくったって聞こえてるわよ、バカ!」

シンジ「それなら一回で起きてよ…朝ご飯もう出来てるからね。ミサトさん起こしてこないと」トコトコ

アスカ「今行く!!」バタバタ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:17:45.43 ID:WIgAN/5w0

ミサト「ふぁ…おはよーシンちゃん」

シンジ「あれミサトさん自分から起きるなんて珍しいですね、おはようございます」

ミサト「ひっどーい、私だってたまには自分から起きることだってあるわよぉ」

シンジ「たまにはじゃなくて毎日起きてくださいよ」ジトー

ミサト「あはは…こ、これからもよろしくねシンちゃん」

アスカ「……おはよ」テクテク

シンジ「アスカおはよう!」

ミサト「おはよう、アスカ」

ミサト「んじゃみんなそろったから朝ご飯食べるわよん」

シンジ・ミサト「いただきます」

アスカ「……いただきます」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:22:31.50 ID:WIgAN/5w0

ミサト「あら、アスカ元気ないわねーどこか悪いの?」

アスカ「別に…いつも通りよ」

アスカ「(言えない…あれからなんだかもやもやして寝不足気味だなんて言えない…)

ミサト「そう?ならいいんだけど。それに引き替えシンちゃんはなんだかご機嫌ね」

シンジ「え、そうですか?」

ミサト「少なくとも私にはそう見えるわー」

アスカ「どーせこのバカの事だから昨日の夜やましいもんでも見てテンション上がってるんじゃないの」

シンジ「そんなことないよ!なに言ってんだよ!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:27:40.62 ID:WIgAN/5w0

アスカ「慌てるところが尚更怪しいわね…」ジトー

ミサト「まあまあアスカ。シンちゃんもおっとこのこなんだからそれくらい許してあげなさいな」

シンジ「ちょっとミサトさんまで!!違いますよ!」

アスカ「どーだか」

ギャーギャー

ミサト「(相変わらずねーこの二人も。でも喧嘩するほどなんとやらってやつかしらね)」

ミサト「それよりあんた達時間、大丈夫?」

シンジ・アスカ「あ」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:35:19.90 ID:WIgAN/5w0

アスカ「もー!!シンジのバカにかまってた所為でー!ごちそうさまっ」ドタバタ

シンジ「食器洗って…あっ洗濯物!!」

ミサト「いいわよ、今日は私がやっておくから。仕事もいつもより遅くからだから」

シンジ「ミサトさんが……(不安だな…)」

ミサト「シンちゃーん顔に出てるわよ〜」

シンジ「す、すみません!じゃあお願いします」

ミサト「いいのよたまには。ほらシンちゃんもちゃっちゃと支度しちゃいなさい」

シンジ「ありがとうございます」タッタッタッ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:39:23.35 ID:WIgAN/5w0

アスカ「バカシンジ早くしなさい!置いてくわよー!!」

シンジ「まってよアスカー!」

シンジ・アスカ「いってきまーす!!」バタバタ

ミサト「いってらっしゃい」

ペンペン「クワー!」

ミサト「今日も平和ねー…ね、ペンペン」

ペンペン「クワアッ」パタパタ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:44:31.66 ID:WIgAN/5w0

お昼休み

トウジ「さーて飯や飯!」

シンジ「アスカにお弁当渡してくるから先食べてて」

ケンスケ「相変わらずの主夫っぷりだな、シンジは」

トウジ「男が家事するなんて間違っとるで」

ケンスケ「時代は変わっていくもんだ」

トウジ「俺は折れへんからな!」

ケンスケ「まあトウジの場合は相手が家事万能だろうしやらなくていいんじゃないか?」ニヤニヤ

トウジ「な、な、なんのこっちゃ!!!」

ケンスケ「まったくトウジもシンジも羨ましいよ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:47:55.08 ID:WIgAN/5w0

シンジ「アスカ、はいお弁当」

アスカ「…ん」

ヒカリ「碇君毎日手作りなんてすごいわね」

シンジ「たいしたことないよ」

ヒカリ「でも碇君が作るお弁当いつも手が込んでるように見えるけど」

アスカ「いいのよ、コイツにはこれしか能がないんだから」

シンジ「はは…でも今日はアスカに喜んで貰おうと思ってがんばってみたんだけど…」テレ

アスカ「ひぇ!?///」カアァ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:52:12.10 ID:WIgAN/5w0

アスカ「(いきなりなに言ってんのシンジっ!?あ、もしかして昨日のこと…)」

アスカ「(私に笑って欲しいってこと、なの!?そんなこんなところで無理に決まってるじゃない!!)」

アスカ「(でも私が今笑ったらきっとシンジは喜んでくれる…)」

アスカ「(ありがとうって言ってニコッと笑う。ありがとうって言ってニコッと笑う。ありがとうって言ってニコッと笑う。よし!)」ギュッ

この間1秒

アスカ「あ、あ、あ…」

シンジ「?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 01:58:35.69 ID:WIgAN/5w0

アスカ「あんたばかぁ?そんなことどーでもいいから、お弁当渡したんならとっとと2バカの所に帰りなさいよね!!」

シンジ「ご、ごめん」シュン

アスカ「あ…いや、いまのはっ」アワアワ

シンジ「じゃあ戻るね…」テトテト

アスカ「シンジ……」ショボン

アスカ「はぁー…あたしってだめね」

ヒカリ「アスカ……ほら!せっかく碇君かお弁当作ってくれたんだから食べましょ!」

アスカ「うー……」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:04:57.70 ID:WIgAN/5w0

ヒカリ「しっかり味わって感想伝えて、謝りましょ?そしたら仲直り出来るわよ。ね?アスカ」

アスカ「ヒカリぃ」ウルウル

ヒカリ「じゃあお弁当開けて」

アスカ「…うん」

パカ

アスカ「(わっあたしの好きなものばっかり。シンジ本当に私の為に作ってくれたんだ…)」ニヘラ

ヒカリ「ふふっ。その顔碇君の前でも出来たらいいのにね」

アスカ「べ別にっ!………そうね///」カアァ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:12:59.38 ID:WIgAN/5w0



ミサト「たっだいまー」

シンジ「お帰りなさい、夕ご飯はもう少し待ってくださいね」

ミサト「いつもありがとねシンちゃん♪」

ミサト「あら?今日の夕ご飯やけに豪華じゃない?なんかあったっけ」

シンジ「特に何もないんですけど、アスカに喜んでもらいたくて」

ミサト「(!!)へえーそうなの。おねーさん詳しく教えて欲しいな〜」ニヤニヤ

カクカクシカジカ

ミサト「ほーんなるほどね♪」ニヤニヤ

ミサト「(シンジは自分の気持ちにまだ気づいてないってとこかしら)」

シンジ「あ、そろそろ出来るんでアスカ呼んできてもらえませんか?」

ミサト「おやすいご用よん♪」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:23:49.99 ID:WIgAN/5w0

ミサト「アスカ、夕ご飯できたって」

アスカ「わかったー…」

ミサト「シンちゃんから聞いたわよ、お昼のこと」

ガタタッ

ミサト「そんなに慌てなくってもいいじゃない」ニヤニヤ

ミサト「あんな理不尽に怒られたりしたらシンちゃん傷付くわよ?ちゃんと謝らなきゃだめよ?」

アスカ「分かってるわよ……」

ミサト「そう?じゃあシンちゃん待ってるから早く来なさい」

ミサト「それとねアスカ、女の子は素直な方が可愛いわよ♪」

アスカ「もう!わかってるっちゅーの!!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:31:56.53 ID:WIgAN/5w0

アスカ「シンジー夕ご飯なにー?」トコトコ

シンジ「今日はハンバーグだよ」

アスカ「シンジにしてはいいチョイスじゃない」ストン

ミサト「アスカー」ニヤニヤ

アスカ「あっ…うぐぐ」

シンジ「?」

ミサト「それじゃーみなさんいただきます!」

シンジ・アスカ「いただきます」

ミサト「んー!やっぱりシンちゃんの作る料理は絶品ね!美味しいわ」

シンジ「そう言ってもらえると僕も嬉しいです」テレ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:37:18.09 ID:WIgAN/5w0

アスカ「……」モグモグ

シンジ「……アスカはどうかな?」チラ

アスカ「そ、そうね、まあまあじゃない?」

ミサト「アースーカー?」ニヤニヤ

アスカ「うー…わかったわよ!//」

シンジ「??」

アスカ「さっきの嘘」

シンジ「え?」

アスカ「まあまあじゃなくて、いつもよりおいしかった…///」モジモジ

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:42:14.89 ID:WIgAN/5w0

シンジ「う、うん…」キュン

ミサト「(アスカかっわいー)」ニヤニヤ

アスカ「それと、お昼はごめん。お弁当おいしかったわ///」チラ

シンジ「そっか、よかった」ニコ

アスカ「ーーーーっ!!///」ガツガツモグモグ

バンッ!

アスカ「ごちそうさまっ!お風呂入ってくる!」
ガタッ バタバタ

シンジ「行っちゃった…よく表情が見れなかったけど喜んでくれた、のかな?」

ミサト「成功かしらね♪」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:50:01.52 ID:WIgAN/5w0

ミサト「ところでシンジ君。どうしていきなりアスカの笑顔が見たいだなんて思ったの?」

シンジ「……僕にもよくわからないんです」

シンジ「最初はただ単純にもっと笑ってればかわいいのにって思ったんです」

シンジ「でもアスカに聞かれたときアスカが笑顔だと僕も嬉しいからって答えたんです。その答えは多分間違ってません。」

シンジ「でもどうして嬉しいと感じるのかよくわからないんです。」

ミサト「なるほどね」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:00:03.49 ID:WIgAN/5w0

シンジ「ミサトさんもこういうことありましたか?」

ミサト「まーねー…でもこれはシンジ君自身が答えを見つけなければいけない事よ。だから私が教えてあげることは出来ないわ」

シンジ「そうですか…」

ミサト「ま、シンジ君なら大丈夫よ。」

ミサト「それはそうとアスカの笑顔が見たいだけなら簡単な方法があるけど、気になる?」ニヤニヤ

シンジ「!!」ガタッ

ミサト「ちょーっちシンちゃんが求めるものとは違うと思うけど、自分の気持ちを知るきっかけにはなるかもね♪」

シンジ「教えてください、ミサトさん!」

ミサト「それはねーごにょごにょ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:05:30.60 ID:WIgAN/5w0

─────────
───

アスカ「お風呂あがったわよー」

ミサト「じゃあ次私入るわね」

シンジ「はーい」

アスカ「シンジなに見てんの?」

シンジ「お笑い番組かな?」

アスカ「かなって、なによ。あんた見てたんじゃないの?」

シンジ「なんとなくつけたけどぼーっとしてたから」

アスカ「ふーん」ストン

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:12:27.00 ID:WIgAN/5w0

シンジ「ところでさ、昨日のことなんだけど!」

アスカ「なによ?」

シンジ「僕いろいろがんばってみたんだけど笑ってくれないしさ…」

アスカ「(うっ…)」

シンジ「アスカは愛想笑いすらできないのかなって…」

アスカ「はぁ!?なんでそうなるのよ!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:16:48.39 ID:WIgAN/5w0

シンジ「だってそうじゃないか!普通ならお弁当渡したときにありがとうって言ってニコッとしてもいいだろ、でもアスカはしないじゃないか!」

シンジ「(ミサトさんが煽れば大丈夫って言ってたけどはたして本当に大丈夫なんだろうか…)」ガクブル

アスカ「ちっ…それくらいあたしだってできるわよ!!」

シンジ「じゃ、じゃあ明日学校でやってみろよ!」

アスカ「いいわよ、やってやろーじゃない!!」

アスカ「今に見てなさい!この大バカシンジ!」ドタドタ

シンジ「ア、アスカ…」

アスカ「おやすみ!」バタン

シンジ「本当にこれで良かったのかな……」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:21:39.17 ID:WIgAN/5w0

次の日

アスカ「昨日に続き今日も走って登校なんて最悪っ!」タッタッタッ

シンジ「はぁはぁっ…まってよアスカっ…」ヨロヨロ

アスカ「早く走んないと置いてくわよ、バカシンジ!」クル

シンジ「あっ!アスカ前!人にぶつかる!」

アスカ「えっ!?」

ドンッ!

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:26:23.38 ID:WIgAN/5w0

アスカ・おっさん「いてて…」

おっさん「ごめんね、君大丈夫?」

アスカ「(!)」

アスカ「あたしは大丈夫です」ニコ

アスカ「それよりもいきなりぶつかってしまってすみません」

シンジ「?!!」

おっさん「いや私はいいんだ、お嬢さんに怪我がなくてよかったよ。これからは気をつけてね」

アスカ「はい。あたしたち急いでるのでこれで、すみませんでした」

アスカ「ほら行くわよ、シンジ!」フフン

シンジ「う、うん(なんだったんだ、今の…)」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:29:29.39 ID:WIgAN/5w0

学校

生徒「あっペンが…」コロコロ

生徒「(やばい式波さんのところに…)」ガクブル

スッ

アスカ「ほらこれあんたのでしょ?」ニコ

生徒A「え!?」キュン

シンジ「!?」

生徒一同「!?」

アスカ「人がせっかく拾ってやったってのにお礼の一つも言えないわけ?」

生徒A「いえ、そのありがとうございます!」ドキドキ

アスカ「ふん、それでいいのよ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:35:08.35 ID:WIgAN/5w0

─────────────
───────

トウジ「シンジ、どうしたんや式波のやつ!」コソコソ

トウジ「人に親切にしたことないよーなわがまま女1回だけじゃなく3回もいい行いしよるなんて」

シンジ「さすがにそれは言い過ぎじゃないかな…?」

ケンスケ「しかしあれはいくらなんでも今までからは想像できないよ」

シンジ「うん、僕もまさかこんなことになるだなんてってびっくりしてるよ…」

トウジ・ケンスケ「ん?」

トウジ「シンジやっぱりなんか知っとるんかいな!?」

ケンスケ「あんなになった原因はなんなんだ?教えてくれよ!」

シンジ「あの、その、なんというか……」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:39:37.92 ID:WIgAN/5w0

ヒカリ「アスカ今日どうしちゃったの?なんか変よ?」アセアセ

アスカ「変ってなによ、人がせっかくがんばってるのに」

ヒカリ「ごめんね、いきなりすぎてちょっとびっくりしてるの」

アスカ「そういうことならあたしも同感だわ。自分でやってて気持ち悪いもの」ハァ

ヒカリ「じゃあなんでこんなこと…」

アスカ「バカシンジに一泡吹かせる為ね!あたしがここまで出来るとは思ってなくてびっくりしてるでしょうねあいつ」ニヤニヤ

ヒカリ「そ、そうなの、がんばってね。(よくわからないわ…)」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:44:56.75 ID:WIgAN/5w0

放課後

アスカ「シンジ、帰るわよ」

シンジ「うん」

アスカ「はあーつかれたー!!」

シンジ「うん…」

アスカ「柄にもないことやるもんじゃないわねー」

シンジ「そうだね、あんなのアスカじゃないよ…」

アスカ「なんかむかつくけどその通りね」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:51:08.80 ID:WIgAN/5w0

アスカ「で、どーよ?見直したあたしのこと」

シンジ「うん、やっぱりすごいやアスカは」

シンジ「でも僕が求めてたのはこれじゃないんだ」

アスカ「はあ?あんたから言ってきたんじゃない!」

シンジ「そうなんだけど、違うんだよ…」

アスカ「あんたの言ってることわけわかんないわよ?!」

シンジ「ごめん、でも違うんだ。アスカにもっと笑って欲しいって思ったのは本当なんだけどこれじゃなかったんだ」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:59:45.15 ID:WIgAN/5w0

アスカ「さっきから違うとかこれじゃないとかそんなんじゃわかんないわよ!」

シンジ「アスカが他の人に優しくしたり、笑ったりするのは違うんだ。僕がいやなんだ!」

アスカ「──っ!!」

シンジ「今日分かったんだ。アスカの笑顔を見るのは僕だけがいい、他の人には見せたくない」

アスカ「ああああ、あんたばか?///」カアァ

シンジ「ばかじゃないよ、やっと気づけたんだ僕自身の気持ちに」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 04:15:00.89 ID:WIgAN/5w0

アスカ「あのねぇわかってんの?その言葉まるでプロ、プロポー…////」

シンジ「えっ? ん…? あっ!////」カアァ

アスカ「今更気づいたっておそいわよ!」

シンジ「あの、その、なんていうか///」

アスカ「で、一番大切なことまだ聞いてないんだけど」

シンジ「もう言わなくったってわかるだろ!?///」

アスカ「だめ、ちゃんと言葉にして」

シンジ「うう…///」

アスカ「………」ジーッ

シンジ「僕は、僕は…アスカが好きです!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 04:16:30.95 ID:WIgAN/5w0

ギュッ

シンジ「わわっ!アスカ!?」

アスカ「………」ギューッ

アスカ「…私もよ、シンジ」

アスカ「だから、」

パッ

アスカ「あたしがこんな顔見せてあげるのもシンジだけなんだからね///」エヘヘ

そのとき見たアスカの笑顔は僕が今まで見てきたものとは比べ物にならないほど素晴らしいものだった。

終劇

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 04:18:33.49 ID:WIgAN/5w0

今年ももう終わるけどLASは相変わらずかわいい

こんな遅い時間に呼んでくれてありがとう
おやすみなさい

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 04:20:14.84 ID:WIgAN/5w0

最後に誤字とか恥ずかしい

よいお年を!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「何よキョン・・・随分元気そうじゃない」