レイ「家政婦の…綾波です…」シンジ「…え?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:丸尾「生徒会長になる為にズバリ>>3をするでしょう!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:06:04.12 ID:RpPiOIsT0

シンジ「あ、綾波?」

レイ「本日より家政婦として働かせていただきます。家政婦の綾波です…」

アスカ「誰よ!家政婦なんか雇ったのは!」

ミサト「私よ。シンちゃんに家政夫やらせてばかりもいられないから、プロの人を雇ったのよ〜」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:08:37.56 ID:RpPiOIsT0

アスカ「家事のことなんかシンジで十分じゃない!」

シンジ「僕任せなのは確定なんだね…」

アスカ「とにかく私は絶対にイヤ!他人を家に入れるなんて絶対反対よ!」

ミサト「アスカ、これは業務命令よ。レイ、朝食お願いね?」

レイ「承知しました…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:10:42.51 ID:RpPiOIsT0

レイ「…」(グツグツ)

シンジ「あの…綾波?なんか、手伝おうか?」(ウロウロ)

レイ「…結構です。」

シンジ「…でもあの、ホラ、鍋、吹きこぼれてるし。」(ウロチョロ)

レイ「…あの。」

レイ「後ろに立たないでもらえますか?」

シンジ「え、あ、ご、ごめん…」(スゴスゴ)

アスカ「…ムゥッ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:14:31.60 ID:RpPiOIsT0

レイ「お待たせしました…」

シンジ「こ、これは…」

ミサト「予想外に…」

アスカ「なによこれ、鳥の餌?」

レイ「オムレツです…」

シンジ「」(モグ)

シンジ「!」(ウグ!)

アスカ「オエ〜〜!マッズーーー!!!!!信じらんない!!!」

ミサト「レイ、アナタご飯作ったこと…」

レイ「よく、わかりません…」

アスカ「冗談じゃないわよ!もう学校行く!行くわよバカシンジ!!」(ガタン)

シンジ「え、あ、待ってよアスカ!」

シンジ「…えーい!!!」(モグモグモグ一気に完食)

シンジ「ご、ごちそうさま!ウゲップ」(バタバタバタ)

レイ「…行ってらっしゃいませ。」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:17:27.77 ID:RpPiOIsT0

ミサト「じゃ、じゃあレイ。後のことはよろしくね?」

レイ「…承知しました。」

レイ「…」(掃除)

レイ「…」(洗濯)

レイ「…」(買い物)

レイ「…」(夕飯の支度)

シンジ「あの、ただいま…」(ガチャ)

レイ「…」(トットット)

レイ「おかえりなさいませ。」

シンジ「…あの、うん。ただいま////」

レイ「…シンジ様。宿題を、なさいませんと。」

シンジ「ああ、うん…そうだね…って、うわぁ!?なんだこの部屋!?」

(グッチャグチャ)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:19:45.05 ID:RpPiOIsT0

レイ「お掃除を、いたしました…」

シンジ「掃除ってこれ…朝よりひどいことになってるけd」

レイ「…」

シンジ「ああ、いや!なんていうか、個性的っていうか…」

シンジ「あのさ、僕、ちょっとこれから部屋ちからしちゃうけどいいかな?」

レイ「…構いません。」

シンジ「ありがとう。じゃあ、綾波は仕事の続きをしててよ。」

レイ「かしこまりました。」(トットット)

シンジ「よいしょっと。」(テキパキ片付け)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:22:39.47 ID:RpPiOIsT0

シンジ「ふう、こんなもんかな。」(ピカピカ)

アスカ「アイムホーム!あら、意外と掃除は綺麗に出来るじゃないあのバ家政婦。」

アスカ「バカシンジー、お腹すいたー。」

シンジ「僕に言うなよ…もうキッチンには入れないんだから。」

アスカ「はあ!?じゃあ私にあのゴミ食べて飢え死にしろってぇの!?アンタは!」

シンジ「だってしょうがないじゃないか。一生懸命作ってくれてるんだよ?」

アスカ「はあ〜あッ、最悪!ミサトのやつ、さっさと諦めてクビにすりゃいいのに。」

レイ「…」(グツグツ)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:26:56.49 ID:RpPiOIsT0

レイ「(トントン)二番目の子さん…」

アスカ「なによ。」

レイ「洗濯物、たたみました。」

アスカ「入れば?」

レイ「失礼します。…ここに、置いておきます。」(トサ、バタン)

アスカ「…」(洗濯物チラ)

アスカ「…って、これの何処が畳んでんのよコルァ!!」(グッチャグチャ)

アスカ「しかもバカシンジのTシャツが混ざってんじゃない!!きったないわねぇぇぇ!!!」

アスカ「…」(Tシャツ、スンスン)

アスカ「…フン、臭ッい。私の服が全部シンジ臭くなったじゃない、最ッ悪!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:32:08.61 ID:RpPiOIsT0

アスカ「ちょっと。」(仁王立ち)

レイ「…はい。」

アスカ「これもお願い。」(新しい洗濯物ドサドサ)

レイ「…はい。」

アスカ「バカシンジは洗濯するものないの?」

シンジ「え?まだお風呂に入ってないし、別に…」

アスカ「風呂に入るまで着替えないなんて不潔!!着替えなさいよ!」(無理やり脱がせ)

シンジ「うわああああ何するんだよ!!」

アスカ「バ家政婦、これも!」(ドサドサ)

レイ「…はい。」

シンジ「なんなんだよ…ハックション!」

アスカ「…フン////このマヌケな家政婦は私が教育しなきゃ駄目ね。」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:36:22.18 ID:RpPiOIsT0

シンジ「(チャポン)はぁ〜あ。いい湯加減だな〜ちょっと暑いけど。」

シンジ「ちょっとドジだけど、結構悪くないかもな…へへ。」

レイ「…失礼します。」(ガラ)

シンジ「くぁふじこ!!!」

シンジ「ななななななななんんんんn」

レイ「お背中を…」

シンジ「いいいいいいいよそそそんなことしなくても!!!!」

レイ「私は、家政婦ですから…お気になさらな…」

シンジ「そういう問題じゃないよ!!もういいから出てってよ!」

レイ「承知しました…」(ガラガラ)

シンジ「ハァハァ。」

シンジ「…最低だ、俺って…」(モッコリ)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:42:04.23 ID:RpPiOIsT0

シンジ「はあ、やっぱり落ち着かないや…女の子が家にいるって…」

レイ「碇君。失礼します。」(トントン)

シンジ「(ドキ!)あ、綾波!ど、どうぞ…あいてるよ(ドキドキドキドキ)」

レイ「…本日の超過料金の請求書です。」

シンジ「え、あ、ああ…はい。」

レイ「それでは、本日はこれで失礼します…」

シンジ「あ、あの!」

レイ「なんでしょうか…」

シンジ「綾波は、どうして家政婦なんか…」

レイ「ここでしか、生きられないからです…」

シンジ「家政婦って、どんなことしてきたの?」

レイ「ご主人様の望むこと、全てです。」

シンジ「全てって…じゃあ、家事以外にも、さっきみたいなことも?」

レイ「ご命令なら…」

シンジ「…。」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:44:51.01 ID:RpPiOIsT0

シンジ「あのさ、僕がいうのもなんだけど、そういうのって良くないと思うよ…」

レイ「…なぜ、ですか?」

シンジ「だって、そういうのって家政婦っていわないよ。」

レイ「家政婦じゃ、ない…?」

シンジ「綾波が嫌だって思うことはしなくてもいいんじゃないかな。」

レイ「…嫌だと思うこと…?」

シンジ「そうだよ、さっきみたいなことは…」

レイ「嫌じゃ、ありません。」

シンジ「え?」

レイ「嫌なことじゃ、なかった。」

シンジ「」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:47:30.84 ID:RpPiOIsT0

レイ「失礼します。(…「嫌」って、何?)」(帰宅)


(その夜)

シンジ「…ハァハァッ、うっ・・・ふう。」(レイ妄想)

アスカ「…ハァハァッ、アッンーーー・・・はぁ。」(シワシワのシンジTシャツ)

ミサト「グゴーーーーーーーーーーー」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:52:33.84 ID:RpPiOIsT0

カヲル「おはようございます。」

シンジ「あ、綾波、おは…あれ?カヲル君?なんで?」

アスカ「なんで朝からホモが…」

カヲル「今日はファーストがメンテナンスで来られないので、代わりに僕が。」(ニッコリ

シンジ「そ、そうなんだ…メンテナンスって?っていうか、なんでカヲル君まで家政婦に登録…」

カヲル「細かい話は気にしないに限るよ。さあ、食事の用意を。」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:53:45.66 ID:RpPiOIsT0

シンジ・アスカ「う」

「うんまーーーー!!!」


ミサト「グゴーーーーーーーーーーーーーーー」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 14:57:07.34 ID:RpPiOIsT0

カヲル「行ってらっしゃいませ。」(ニッコリ)

アスカ「…悪くないかも。エリートには支える主夫が必要よね…」(ブツブツ)

シンジ「…」

アスカ「なによ、黙りこくっちゃって。」

シンジ「綾波、どうしたのかな…。」

アスカ「知らないわよ。家政婦一人に何入れ込んでんのよ。」

シンジ「…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 15:00:25.39 ID:RpPiOIsT0

カヲル「♪」(掃除)

カヲル「♪」(洗濯)

カヲル「♪」(買い物)

カヲル「♪」(夕飯の支度)

アスカ「アイムホーム♪」

カヲル「やあ、おかえりなさいませ。」(ニッコリ)

アスカ「フィフス、お腹減っちゃったーおやつお願ぁい。」

カヲル「承知しました。シンジ君は?」

アスカ「知らない。あのバ家政婦の所じゃないの?」(ムス)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 15:03:46.58 ID:RpPiOIsT0

シンジ「」(ピンポーン)

レイ「…はい。」

シンジ「あ、あの…僕、だけど。」

レイ「…」(ガチャ)

レイ「…何?」

シンジ「綾波、今日どうしたの?どこか具合でも悪いの?」

レイ「…それは、お答えできません。」

シンジ「そっか、でも無事で良かった…。」

シンジ「…あれ、綾波ちょっと顔赤いよ?」

レイ「…」

シンジ「綾波、熱があるじゃないか!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 15:07:52.97 ID:RpPiOIsT0

カヲル「セカンド、失礼します。」(トントン)

アスカ「どーぞ♪」

カヲル「洗濯物です。」

アスカ「ありがと♪うっそ、ショップの新品みたいに綺麗ね。バカシンジよりすごいじゃない。」

アスカ「(でも、バカシンジの臭いがしない…)」

アスカ「ねえ、この洗濯物って、バカシンジのと一緒に洗った?」

カヲル「いいえ、個別に洗いましたよ。」

アスカ「そっか、そういうとこまで気を使えるのね。さすが。」

アスカ「(…)」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 15:11:29.90 ID:RpPiOIsT0

シンジ「綾波、大丈夫?」

レイ「…大丈夫、です。」

シンジ「いいよ、敬語じゃなくて。今は家政婦さんの時間じゃないんだから。」

シンジ「一応、おかゆ作ったよ。食欲はある?」

レイ「…」(部屋を見回し)

シンジ「ああ、部屋も少し掃除しちゃったけど…ごめん、勝手なことしちゃったね。」

レイ「…碇君が…」

シンジ「ん?」

レイ「今日は、碇君が、家政婦さん、みたい…」

シンジ「あは、そうだね。たまにはいいんじゃないかな。」

シンジ「はい、おかゆだよ。あーんして。」

レイ「…」(アーン)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 15:15:19.47 ID:RpPiOIsT0

アスカ「…ねえ、カヲル。」(フレンチカチャカチャ)

カヲル「なんでしょうか。」

アスカ「バカシンジのやつ、遅いわね。」

カヲル「気になりますか?」

アスカ「べ、別にそんなんじゃないわよ。それに、家政夫のくせに余計なこと聞かないで!おかわり!!」

カヲル「承知しました。」(ニッコリ)

シンジ「ただいまー」

カヲル「やあ、おかえりなさいませ。」

シンジ「うわ!!…あ、そっか。今日はカヲル君が来てくれてたんだっけ。」

カヲル「食事は?」

シンジ「ああ、うん。いいや、食べてきちゃったから。」

アスカ「どこで?」

シンジ「別に、どこでだっていいだろ。」

カヲル「承知しました。」(ニッコリ)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 15:22:18.45 ID:RpPiOIsT0

シンジ「(チャポン)…ハァ。綾波が家政婦がいないと…なんか変な感じだな…」

シンジ「(綾波、明日は来てくれるかな…)」

カヲル「失礼します。」(ガラ)

シンジ「くぁふじこぉぉぉぉぉ!!!!」

シンジ「何してんのさカヲル君!!!」

カヲル「お背中を流s

シンジ「いいいいいいいらないんだよだからそういうオプションは!!」

シンジ「どうなってんだよその家政婦協会って!!!」

カヲル「気になるかい?」

カヲル「それは…君のお父上が一番よく知っていると思うよ。」

シンジ「父…さんが!?」

カヲル「そう…君の父、家政婦協会会長がね…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 15:23:12.21 ID:RpPiOIsT0

シンジ「…」

カヲル「…」

シンジ「…」

カヲル「…」(ゴシゴシ)

シンジ「…って何やってんッアーーーーー!!!!!!」


アスカ「?なによ、うっさいわね。」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 15:24:45.95 ID:RpPiOIsT0

シンジ「ハァ…なんで父さんが…」

シンジ「綾波にあんなことさせてんのは父さんなんだ…」

シンジ「…許せない。」

シンジ「明日、父さんの所に行ってこよう。」



(風呂場)

カヲル「お背中を(ガラッ

アスカ「いやああああああ変態!!!!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:16:49.85 ID:RpPiOIsT0

シンジ「明け方まで考えてたら、寝坊した…。お、おはよう。」

レイ「おはようございます。」

シンジ「あ、綾波!もう大丈夫なの?」

レイ「はい。」

シンジ「そう…よかった。」

アスカ「ムスッ」

シンジ「お、おはようアスカ。」

アスカ「(ギロッ)」

シンジ「(ビク)」

シンジ「ね、ねえ。アスカなんであんなに不機嫌なのかな?」

レイ「…わかりません。」

シンジ「そっか、そうだよね…。ねえ、アスカ」

アスカ「うるさい!!!あの変態男を派遣したのは誰よ!!訴えてやる!!!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:20:02.70 ID:RpPiOIsT0

シンジ「変態男って、まさかカヲル君のこと?」

アスカ「なんなのよ家政婦協会ってのは!!乙女の裸をなんだと思ってんのよ!許せない!!」

シンジ「カヲル君、まさかあれをアスカにまで…」

アスカ「ちょっと、バ家政婦。協会の住所教えなさいよ!」

レイ「…ネルフ。」

アスカ「へッ?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:23:49.57 ID:RpPiOIsT0

シンジ「…ったく、なんだよアスカのやつ。会長が父さんってだけで意気消沈しちゃってさ。」

シンジ「ほんと二重人格なんだから。」

レイ『いってらっしゃいませ。』

レイ『お背中を…』

レイ『ご命令なら…』

シンジ「…」

シンジ「僕だけでも絶対に父さんに訴えてやるんだ。」

シンジ「綾波をあんなことから解放させるんだ。」

レイ「あの…」

レイ「手を、離してもらえませんか?」

シンジ「え?うわ!!!」(バッ)

シンジ「ご、ごめん。つい勢いで綾波まで連れてきちゃったよ。」

レイ「…。」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:27:27.60 ID:RpPiOIsT0

ゲンドウ「久しぶりだな。シンジ。」

シンジ「…。父さん…」

シンジ「ってなんだよそのオカン系エプロン姿は!!」

ゲンドウ「今は家政婦協会会長だ。口を慎め。」

シンジ「なんなんだよもう…調子狂うな…」

ゲンドウ「シンジ。家政婦になれ。」

シンジ「は?」

ゲンドウ「家政婦名簿に登録しろ。」

シンジ「な、何を言ってるんだよいきなり。そんなこと出来るわけないだろ!」

ゲンドウ「できないのなら帰れ。」

シンジ「…」

シンジ「(ハッ!)って、危うく乗せられそうになった。」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:31:16.15 ID:RpPiOIsT0

シンジ「父さん!今日は綾波のことで文句を言いに来たんだよ!」

シンジ「父さんはなんでこんな、綾波に、ふ、風俗まがいのことをさせてんだよ!」

ゲンドウ「主人のためにはなんでもするのが家政婦の仕事だ。」

シンジ「何でもって…」(チラ)

レイ「…」

シンジ「…」(オッパイチラズーム)

レイ「…」

ゲンドウ「シンジ、常識を捨てろ。主人になれ。」

シンジ「…」(ゴキュリ)

レイ「…」

シンジ「こ、こんなのだめだぁ!!!」

シンジ「綾波だってこんなの嫌だろ!?人のために奴隷みたいに!」

レイ「…」

ゲンドウ「レイ、家政婦は嫌か。」

レイ「いいえ。」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:36:42.64 ID:RpPiOIsT0

シンジ「そんな…ッ」

ゲンドウ「家政婦として働くことは幸せか?」

レイ「はい、幸せです。」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:42:13.77 ID:RpPiOIsT0

レイ「碇君。夕食です。」(真っ黒焦げの鮭の塩焼き)

シンジ「…」

レイ「二番目の子さんは、本日お友達の家にお泊りに。」

シンジ「…」

レイ「葛城ミサトさんは、ネルフでお仕事を。」

シンジ「…なんでだよ」

シンジ「なんで家政婦として生きて幸せなんて言ったんだよ。」

レイ「…嫌ではないからです。」

シンジ「なんで、あんな、誰にでも身体を売るようなことしてるのに、嫌じゃないんだよ」

レイ「…命令だからです。」

シンジ「命令?…ふふ、そっか、命令か…。」

シンジ「じゃあ、もういいよ!」(料理ガッシャーン!)

シンジ「綾波、ヤらせてよ。」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:45:35.20 ID:RpPiOIsT0

シンジ「誰でもいいんだったら。誰でもいいんだろ!?」

レイ「…。」

レイ「承知しました。」

レイ「…」(パサ)

シンジ「…」

レイ「…」(スト)

シンジ「…!」

レイ「…」(ぎゅ)

シンジ「…」(ドックンドックンドックン)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 17:55:15.27 ID:RpPiOIsT0

シンジ「…」(チラ)

レイ「(ジ…)」(裸)

シンジ「…(うわッ)」(ドックン)

シンジ「いいの?本当に…」

レイ「はい…」

シンジ「…ハァ、ハァ…」(オッパイを触る)

レイ「ン…」

シンジ「綾波、顔上げて…(声が震える)」

レイ「…」(顔を上げる)

シンジ「…ン、チュ」

レイ「ハ、ア…ン、クチュ」

シンジ「…!(逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ)」(目が血走る)

シンジ「あ、綾波!」(ドサ!)

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:00:18.17 ID:RpPiOIsT0

レイ「アッ…アッ!ン、…ィ!」(ズッチュズッチュ)

シンジ「ハァッハァッ!イイよ!綾波の中、すっごくあったかいよ!!」(パンパン)

レイ「ウッ、ンッ、ンッ」(手を伸ばしてシンジにすがり付く)

シンジ「(綾波、か、可愛い…)」

シンジ「ンチュ!レロレロレロ」(ディープキス)

レイ「レロ…ケホッ、ンチュ…ッ!?アウッヒ…!」

シンジ「…ウッ!」(ドピュ)

レイ「ハァ…ハァ」

シンジ「ハァハァ…」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:05:55.14 ID:RpPiOIsT0

シンジ「ご、ごめん…」

レイ「…何が、ですか?」(服を着る)

シンジ「だって、綾波のこと…」

シンジ「しかも、あんまり気持ちいいから中に出しちゃって…ほんと、最低だ、僕…」(蹲り)

レイ「…」

レイ「碇君…本日の、超過分の請求書です。」

シンジ「…」

レイ「本日は、これで失礼します。」

シンジ「待ってよ!」

レイ「…」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:07:48.58 ID:RpPiOIsT0

シンジ「こんなので帰らないでよ。…今日は、家にいてよ…。支払いなら、多分大丈夫だから…」

レイ「…」

レイ「承知しました…」

シンジ「…」(ムラムラ)

シンジ「あ、綾波!」(ドサッ)



(パンパンパンパン)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:08:36.27 ID:RpPiOIsT0

シンジ「こんなので帰らないでよ。…今日は、家にいてよ…。支払いなら、多分大丈夫だから…」

レイ「…」

レイ「承知しました…」

シンジ「…」(ムラムラ)

シンジ「あ、綾波!」(ドサッ)



(パンパンパンパン)

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:15:07.39 ID:RpPiOIsT0

レイ「おはようございます。」

シンジ「お、おはよう…//////」

レイ「朝食の用意ができています。」

シンジ「あ、うん…」(ドロドロで無味の味噌汁)

レイ「…」

シンジ「…」

レイ「碇君。」

シンジ「(ドキ!)な、何?」

レイ「そろそろ出かけませんと。」

シンジ「う、うん…行ってきます…」

シンジ「(本当に…仕事なんだな…。綾波にとっては…)」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:18:43.69 ID:RpPiOIsT0

シンジ「あ、アスカ。昨日はなんで突然委員長の所に泊まったりしたんだよ。」

アスカ「フン。あんな家帰りたくない。」

シンジ「な、なんでだよ。」

アスカ「いつ襲われるかもわからないような家、誰が帰るかっての!」

シンジ「本当に何されたんだよ…」

アスカ「それより、昨日はあのバ家政婦と一晩お二人で過ごしたようね。無敵のシンジ様。」(ジロ)

シンジ「(ドッキー)な、なんでそんなこと…」

アスカ「さっき、渡しそびれたって超過分の請求書を持ってきたのよ。」(ペラッ)

シンジ「そ、それは」

アスカ「フケツ。」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:21:54.75 ID:RpPiOIsT0

アスカ「はあーあ。ただいまー」(ガチャ)

レイ「おかえりなさいませ。」

アスカ「…(ギロ)フンッ」

アスカ「あーあ!ヤダヤダこんな家!いやらしい!」

アスカ「こんな家壊れちゃえばいいのよ。そしたら私だって一人暮らしできるのに!」

レイ「…。」

アスカ「そーだ、アンタがめちゃくちゃにしたんだから、アンタが責任とってこの家壊してよ。」

アスカ「アンタのせいなんだから!」

レイ「…。」

レイ「承知しました。」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:25:06.04 ID:RpPiOIsT0

レイ「…」(灯油を部屋中にぶちまける)

アスカ「キャッ!!ちょっと…何やってんのよ!」

レイ「…」(ライター)

アスカ「やめなさいよ!!」(ドカッ)

レイ「…」(ドサッ)

アスカ「アンタバカ!?一体なんなのよ!!」(ライター取り上げ)

レイ「…」

アスカ「ハァッハァッ!もう嫌!嫌嫌嫌!!!出てってよ!もう来ないで!!!!!」

レイ「…」

レイ「承知しました…」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:29:10.93 ID:RpPiOIsT0

シンジ「ただい…な、なんだよ?この灯油臭い臭い。うわ!なんだこの部屋!!」

アスカ「…あのバ家政婦の仕業よ。」

シンジ「あ、綾波が!?なんでこんなこと…、綾波はどこ行ったの?」

アスカ「知らない。もう来るなって追い出したから。」

シンジ「追い出したって…」

シンジ「なんでそんなこと勝手にするんだよ!綾波には家政婦しかないのに、なんでそんな酷いことするんだよ!」

アスカ「冗談じゃないわよ!私、殺されかけたのよ!?」

アスカ「なによ!綾波綾波って、バ家政婦のことばっかり!!!!」

アスカ「もうこんな家出てってやるわよ!!」(飛び出し)

シンジ「アスカ!!」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:30:42.91 ID:RpPiOIsT0

シンジ「どうしちゃったんだ…綾波もアスカも…」(フキフキ)

(ピンポーン)

シンジ「(ガチャ)あ…」

カヲル「家政婦の渚です。」(ニコ)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:37:59.09 ID:RpPiOIsT0

カヲル「そう…それで僕がまたここへ派遣されてきたんだね。」

シンジ「ここを追い出されたら、綾波はこれからどうなるの?」

カヲル「どうもしないよ。再び別の場所へと派遣されるだけさ。」

シンジ「べ、別の場所?」

カヲル「別のご主人様の下へさ。」

シンジ「そんな…」

カヲル「元気少ないね?」

シンジ「…」

カヲル「彼女でないと嫌かい?」

シンジ「…」

カヲル「食事を用意し、掃除をし、洗濯をし…満足な生活を約束されるだけでは駄目なのかい?」

シンジ「カヲル君、僕は…」

カヲル「…ん?」(近い)

シンジ「(ドキッ)」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:40:34.16 ID:RpPiOIsT0

シンジ「ミサトさん…ミサトさん、早く帰ってきてよ…」

シンジ「何だか僕おかしいよ…このままじゃ自分を見失うよ…」

ミサト「ただいまぁ〜☆彡」

シンジ「み、ミサトさん!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:43:48.21 ID:RpPiOIsT0

シンジ「…」

レイ「…」

シンジ「あ、綾波!」

ミサト「違うわ、シンジ君。この人は『三番目レイ』さんよ。

シンジ「さ、三番目さん?」

ミサト「レイによく似ているけど、家政婦協会から来た人なの。」

シンジ「あれ、カヲル君は…」

ミサト「彼からの申し出よ。シンジ君を幸せにする為には自分では駄目、なのだそうよ。」

シンジ「か、カヲル君…」(きゅん)

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:49:02.22 ID:RpPiOIsT0

シンジ「(カヲル君は、僕のことをよくわかってくれてる。)」

シンジ「(…っていっても、この人よく似てるだけで綾波じゃないんだよな…)」

レイ「…。」

シンジ「(どう見ても綾波なんだけど…)」(ドキドキ)

レイ「夕食の用意ができました。」(よくわからない黒い炭)

シンジ「(料理に関しては前よりひどくなってるような…)」

ミサト「そういえば、アスカはぁ〜?」(ゴキュゴキュ)

シンジ「さあ…友達のところじゃないですか?」

ミサト「なぁ〜に〜?喧嘩したの?駄目よ、仲良くしなくちゃ。」

シンジ「アスカが勝手に出てっただけです。」

レイ「…」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:55:04.29 ID:RpPiOIsT0

シンジ「綾波。…じゃなかった。あの、三番目、さん…」

レイ「なんでしょうか。」

シンジ「綾波とは、双子なの?」

レイ「…いいえ。」

シンジ「でも、そっくりで…」

レイ「個人的な質問には…お答え、できません。」

シンジ「…ご、ごめん」

(シーン)

シンジ「…」(ガタッ)

シンジ「ごめん、僕、やっぱり…!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:56:45.93 ID:RpPiOIsT0

シンジ「(違うんだ、やっぱり。)」

シンジ「(顔が同じとか、そういうことじゃなくて。)」

シンジ「(衣食住性を守ってくれるだけじゃなくて。)」

シンジ「(僕は…!)」

(ピーンポーン)

レイ「…はい。」(ガチャ)

シンジ「ハァハァ…」

レイ「碇、君…」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 18:58:33.99 ID:RpPiOIsT0

シンジ「わかったんだ。」

シンジ「僕は…綾波が好きなんだ!」

シンジ「綾波は家政婦として仕事をしただけかもしれないけど!」

シンジ「僕は、綾波じゃなきゃ駄目なんだ!」

レイ「…」

シンジ「…」

レイ「…ごめんなさい。」

レイ「こういう時、どういう顔をすればいいのかわからないの。」

シンジ「…」

シンジ「笑えば、いいと思うよ…」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 19:00:07.72 ID:RpPiOIsT0

レイ「…。」(シャキ)

レイ「申し訳ありませんが。」

レイ「それだけは出来ません。」

シンジ「え、え!?」

レイ「もしやれとおっしゃるのなら、お暇を…」

シンジ「え、わ、わかった!わかったよ!笑わなくてもいいよ…」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 19:01:59.65 ID:RpPiOIsT0

シンジ「笑わなくてもいいよ…綾波が帰ってきてくれるならそれでいいよ」(ぎゅ)

レイ「…」

(二人を見上げる人影)

アスカ「…」(ギュ)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/28(金) 19:02:55.90 ID:RpPiOIsT0

ネタ切れた

終わりだよ!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カミーユ「涼宮ハルヒの憂鬱?」