のび太「ディー・・・エー・・・・?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:谷口「憂鬱で溜息が消失した」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:28:45.53 ID:AaiIBepJ0

のび太「なんだこれ、英語で全然読めないや」

のび太「ドラえもん翻訳蒟蒻出してよ」

ドラ「はい」プルルンッ

のび太「ゴクリンチョ さてさて〜?」

のび太「このノートに名前を書かれた者は死にます」

のび太「なんだ凝ってあるイタズラだなぁー」

のび太「落書き帳として使ってやろう」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:32:47.60 ID:AaiIBepJ0

――――数日後

先生「野比、運動会で皆が出る種目をまとめて先生の所に明日持ってきなさい」


――――家

野比「はぁめんどくさい役を押し付けられちゃったよ」

野比「このノートでも使ってやるか」ビリ

野比「」カキカキ

野比「・・・・」ホジホジ

野比「うわ、デっかいのが取れた!」ピト

野比「・・・・はぁ書けた書けた 僕にだってこれくらいできるんだ」

野比「寝よう・・・・・ ぐぅ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:37:05.84 ID:AaiIBepJ0

――――学校

のび太「なんだか先生たちの様子が変だな」

のび太「泣いてる子までいるし」

スネ夫「お前はこんなときまですっとぼけた顔してるんだな」

のび太「なに? なにかあったの?」

スネ夫「知らないのか? 田中と山田と山中が死んじゃったんだ」

のび太「えぇ!? な、なんで急に!」

スネ夫「そんなの僕が知るかい!」

キンコンカンコン

先生「中には知ってる人もいるかもしれないが・・・ 山田君と田中君と山中君の三人が、昨日の夜突然亡くなりました」

先生「今から全校集会が開かれるので、体育館に集合してください」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:38:37.74 ID:AaiIBepJ0

のび太「校長先生によると、心臓麻痺だったらしい」

のび太「そんな偶然もあるもんだな」

のび太「ドラえもんはどう思う?」

ドラ「不運だったとしか言いようがないさ 君もぐうたらしてると同じ目に遭うぞ」

のび太「怖いこと言うなよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:40:31.29 ID:AaiIBepJ0

のび太「あ、先生に運動会のを出すの忘れた」

のび太「まあこんな時だし、問題ないだろ」

のび太「ん?・・・・ !?」ガサガサ!

のび太「まさか・・・このノートが!?」

のび太「って僕はクラス全員の名前を書いたんだ それなら僕含めて皆死んでるはずさ あほらし」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/21(金) 03:45:03.20 ID:AaiIBepJ0

――――翌日

のび太「先生、書けました」パサ

先生「ん、ああ・・・・って野比」

先生「お前間違えだらけじゃないか ほとんど間違えてるぞ字を」

のび太「え?」

先生「はぁ・・・ いいから書き直してこい ほらこの名簿を貸してやるから」

のび太「はい」

―――――教室

のび太「うわぁ ものの見事に間違えてるぞ」

のび太「あっ しずかちゃんの名前まで! これは未来の旦那様としてあっちゃならないや」ニヘラ

のび太「田中はあってるな・・・・   山田もあってて・・・・ 山中も・・・・・・・・・・・・・・・・・」ゾクッ

のび太「そ、そんな・・・・そんなことあるわけないよ・・・・」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:47:45.45 ID:AaiIBepJ0

のび太「と、とりあえず、一応、念のためさ、ハハ 別の紙に書きなおそう」

のび太「手、手が震えて・・・・」ブルブル

しずか「あらのびたさん! 大丈夫? 寒いのかしら?」

のび太「し、しずちゃん・・・・ そのこれを書くの頼まれてくれないかな 僕、用事が出来て」

しずか「運動会のね べつにかまわないけれど」

のび太「ありがとう」ダッ

しずか「あ、のびたさん!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:50:02.24 ID:AaiIBepJ0

―――野比家

ドラえもん「そんなことあるわけない・・・・」

野比「じゃあこれをどう説明するんだよ!」

ドラえもん「未来の道具にこんな危険なものはないよ」

野比「未来の道具じゃないのかもしれないね」

ドラえもん「偶然さ 単なる」

野比「じゃあ、試してみようか?」

ドラえもん「何を言ってるんだ君は!」ダンッ

野比「こんなこと有り得ないんだろう!?だったらいいじゃないか!」

ドラ「駄目なものは駄目さ これは僕があずかる」

野比「なんだよ・・・・ まぁ別にいいけどさ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:53:24.11 ID:AaiIBepJ0

―――――未来

ドラミ「へえ これがそのノートなの」

ドラえもん「偶然にしては出来過ぎてるよ」

ドラミ「ちょっと詳しく見てみてましょうか、中身を」

ドラミ「なになに・・・デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。

    名前を書かれる人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。

    前述のルールゆえに、対象となる人間の名前と顔が一致する必要があるため、同姓同名の別人は死なない。―――――――――


ドラミ「とても細かく記されているわ それに、どこにも矛盾が無いように思える」

ドラえもん「あぁ 手が込みすぎてる」

ドラミ「このまま処分してしまってもいいけど・・・・」

ドラミ「何もわからないまま闇に葬ってしまうのも、とても怖いことのような気がするわ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:56:36.91 ID:AaiIBepJ0

ドラえもん「じゃあどうするのさ?」

ドラミ「それは・・・・実際に名前を―――」

ドラえもん「君まで何を言うんだ!!」

ドラミ「そうよね ごめんなさいお兄ちゃん」

ドラミ「でも私、まだ信じられないわ この目で確かめてみないと」

ドラえもん「・・・・・・ しょうがない」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 03:58:29.99 ID:AaiIBepJ0

――――
ドラミ「お兄ちゃん、あんなに怒ってたのに」

ドラえもん「どうせ死ぬ人間なんだ 構わないさ」

ドラえもん「はい 15:30執行ですよね はい 分かりました」

ドラえもん「40秒前に書けばいいんだな」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:01:59.49 ID:AaiIBepJ0

チッチッチッチッ

ドラえもん「ごく・・・・そろそろだ・・・・」

ドラえもん「・・・・よし」カキカキ

ドラえもん「書けた・・・あと32秒」

チッチッチッ

ドラえもん「・・・・」ダラダラ

チッチッチッ

ドラえもん「4・・・3・・・2・・・・1・・・・」

死刑囚「うぐっ ぐぐっ」バタバタ

執行官「死刑囚が苦しみ始めました!!!」

オイ ドウナッテル!  ナンダンアンダ!

ドラえもん「本物だ・・・・」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:05:31.35 ID:AaiIBepJ0

ドラえもん「これは君に預ける 厳重に保管しておくんだ」

ドラえもん「僕は一度のび太君の所に帰るよ」

ドラミ「うん・・・・」

――――タイムマシン

ドラえもん「ん? のび太君の叫び声が・・・」

のび太「ウアア・・・・ バケモ・・・・   バケモノ―――!!」

ドラえもん「のび太君!!!」ガラッ

ドラえもん「どうしたののび太君!!」

のび太「あわあわわわわあわわ・・・」ガクガクブルブル

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:11:17.46 ID:AaiIBepJ0

ドラえもん「どうしたののび太君!!!」

のび太「こここここここにばばばばばばけもおもmののも」

ドラえもん「・・・・? 何も居ないよ!しっかりするんだ!」

のび太「いるじゃないかあああああああああ!!!!」

ドラえもん(この怯えようはおかしい・・・・! 本当に何かいるんだ!)

ドラえもん「チッポケット二次元カメラーーー!!!」

ドラえもん「のび太君が見ている方向は・・・・ここだ!」パシャッ

のび太「き、消え――――ちがーーーうっ!! その現像された写真の中にっ!!」

ドラえもん「落ち着いてのび太君 これは撮ったものを写真の中に移すカメラさ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:14:48.60 ID:AaiIBepJ0

ドラえもん「どれどれ・・・・? ってなにも居ないじゃないか」

のび太「いるよっ!!う、動いてる!」 僕に話しかけてるよ!」

ドラえもん「マイクロ補聴器ーーー!!」ピトッ

ドラえもん「何も聞こえない・・・」

ドラえもん(でものび太君には確実に何かが見えている・・・・なんあんだ?)

ドラえもん「のび太君 ゆっくり、深呼吸をするんだ そいつはまだこの写真の中にいるんだろう? ならここからは出られない 君には何もできないってことさ」

のび太「そうは言っても・・・」

ドラえもん「ほら、さっきより落ち着いてるじゃないか そうだ もう一回、吐いてーーーー吸って―――」

のび太「ありがとうドラえもん いくらかよくなったよ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:17:52.56 ID:AaiIBepJ0

ドラえもん「念画紙ーーー!!」

ドラえもん「それじゃあのび太君 この紙に、その見えてるものの姿を強く念じるんだ」

のび太「うぅ・・・怖い・・・」

ドラえもん「のび太君を助ける為さ」

のび太「やってみるよ・・・・ んんん」フワアアア

ドラえもん「これは・・・・悪魔?」

のび太「本人は死神って言ってるよ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:19:55.98 ID:AaiIBepJ0

ドラえもん「僕たちの言葉を喋るのかい?」

のび太「うん」

ドラえもん「他になんて言ってるの?」

のび太「ノートがどうって あのノートのことなんじゃないかな」

ドラえもん「うん 僕も今関連させてたところさ」

ドラえもん「僕もなんとか、その死神と意思の疎通を図りたいな」

ドラえもん「なにかいい道具は無いかな・・・」ゴソゴソ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:28:16.50 ID:AaiIBepJ0

ドラえもん「ノゾミル銃ーーーー!!」

ドラえもん「これはその人の欲しがってる者を見ることができるんだ」

ドラえもん「ちょっと強引かもしれないけど てや!」バン

ドラえもん「・・・・・見えた やっぱり22世紀の科学力は凄いや」

ドラえもん「・・・・念写したとおりだ でも声が聞こえないや」

ドラえもん「出張口目ーーー!!」

ドラえもん「これを写真の死神につけて・・と ああ外しちゃだめだよ」

ドラえもん「このロボットに喋らせる」

ロボット「おいおいこの口はなんなんだよ くすぐってぇな」

ドラえもん「聞こえた!!!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:37:59.48 ID:AaiIBepJ0

ロボット「死神界から見てた分には、こんな機械使う人間はいなかったぜ」

ドラえもん「死神界? kwsk話を聞かせてもらおうか」

ロボット「待てよ その前にお前は誰なんだよ タヌキみたいだな」

ドラえもん「誰がタヌキだ!!」

ロボット「しょうがねぇ どうせそこの坊主にも説明するつもりだったしな 話してやるよ」


――――――

ドラえもん「死神がお遊びで、人間界にデスノートを落としたってわけか」

のび太「は、話が飛躍しすぎてどうも・・・」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:41:36.64 ID:AaiIBepJ0

ロボット「あぁ そういうわけだ」

ドラえもん「人間界をかき回すようなこと!させない!」

のび太「皆は僕らが守るんだ!」



ドラえもん!のび太の!死神大激突!!!

 ――――2022 5月 9日 公開

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/21(金) 04:58:29.55 ID:AaiIBepJ0

ドラえもん「これで、全ての準備は整ったね」

のび太「ああ」

リューク「おいおいまだ俺に面白いもんを見せてくれんのか?人間ってやつぁサイコーだぜ」

のび太「リューク、あと50年は死神界に帰れないよ」

リューク「50年なんてみじけぇ・・・と言いたいところだが、お前との50年は今までの俺の人生より濃くなりそうだぜ」

のび太「ふふ・・・期待は裏切らないさ」




                      ――――僕たちの戦いは 始まったばかりだ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「ねぇキョンくん…トイレから出て行ってくれない?」