アスカ「背筋しなさいよ、シンジ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:博士「何?コナン君を生理で殺せじゃと?」光彦「ええ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:53:49.80 ID:dXHTZX2bI

シンジ「な、なんだよ急に」

アスカ「あんたは普段からオドオドしすぎ…見ててイライラすんの!」

シンジ「な、なにカリカリしてんのさ」ビクビク

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 00:59:47.90 ID:dXHTZX2bI

アスカ「ほーらまたそーやってビクついてる。あんたには自信が足りなさすぎんの!!…って事で体を鍛えなさい。そうすれば自ずと自信もつくでしょ」

シンジ「えぇ……」

アスカ「何よ?不満そうねぇ。この私がコーチしてあげるのよ、ちっとは嬉しそうな顔しなさいよ」

シンジ「……横暴だよ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:03:27.63 ID:dXHTZX2bI

アスカ「マットは敷いてあげるから」

シンジ「……聞いてないし」

アスカ「よいしょっと!」

ドサ

シンジ「え?今からするの!?」

アスカ「あったりまえじゃない!善は急げ、何をするにしても早いに越した事はないわ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:06:51.70 ID:dXHTZX2bI

シンジ「…はぁ…じゃあ着替えてくるよ。制服のままトレーニングするのはさすがに嫌だし」

アスカ「待ちなさい」ガサゴソ

アスカ「着替えるならこれ着なさいよ」スッ

シンジ「…僕のプラグスーツ!?なんでアスカが持ってるのさ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:09:50.12 ID:dXHTZX2bI

アスカ「リツコに事情を説明したらすんなり貸してくれたわ」

シンジ「…リツコさんなにしてるんだよ……で、なんでこれ着なきゃいけないんだよ!」

アスカ「身体にフィットしてて卑わ…動きやすいからよ!
ほら!つべこべ言わずに早く着替えてきなさいよ!」

シンジ「…はぁ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:13:21.45 ID:dXHTZX2bI





シンジ「着替えたよアス――ってなんでアスカまでプラグスーツ着てんのさ!?」

アスカ「あんたの汗が私の服に飛んできたら嫌だからよ。ま、これなら汚れても問題ないし〜あんたが見たくないって言うなら脱ぐけど?」

シンジ「い、いや!……着たままで…」

アスカ「ふーん?」ニヤニヤ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:16:36.14 ID:dXHTZX2bI

アスカ「っと御託はいいのよ。さっさと始めなさいよ!」

シンジ「わ、わかったよ」

ゴロン

アスカ「…」じー

シンジ「…」もじもじ

アスカ「…」じー

シンジ(…うつ伏せ状態を後ろから見下されるこの屈服感……くっ…たまらないよ!)ハァハァ

アスカ「なんでやる前から息があがってんのよ!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:21:46.94 ID:dXHTZX2bI

アスカ「…」じー

アスカ(…なに…この征服感!?いや…でもまだ足りない…凄く……踏みたい…あぁ…)ウットリ

シンジ(なんで黙ってるんだよ…なにか言ってよ!何時もみたいに馬鹿にしてよ!…いや一周回ってもうなにも言わなくていいよ!)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:23:01.54 ID:dXHTZX2bI

アスカ「…」ハァハァ

シンジ「…」ハァハァ

アスカ「……は、はやくはじめなさいよ」ゴクリ

シンジ「う、うん」ピクピク

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:26:24.81 ID:dXHTZX2bI

シンジ「ふぅ……1…ん……2…!?」

シンジ(背筋する度にエントリープラグが擦れて…っ…
…まずい、このままじゃLCLを排出しちゃう…刺激を与えないように上手くやらないと!)

シンジ「くっ…3…」クネクネ

アスカ「ちょ、ちょっと!?変な動きしてないで真面目に背筋しなさいよ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:30:21.25 ID:dXHTZX2bI

シンジ「っっ!!やっぱり出来ないよ!こんなの出来っこないよ!もう出るよ!」ドン!

アスカ「あんた背筋も出来ないの!?」バン!

シンジ「だからそう言ってるでしょ!?」ドンドン!

アスカ「はんっ!なんでこんな簡単なことも出来ないのよっ!!」バンバン!

シンジ「そこまでいうならアスカがやってみてよ!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:33:37.35 ID:dXHTZX2bI

アスカ「はぁ?」

シンジ「そこまで言うならアスカが手本を見せてよ!簡単なんでしょ!?」

アスカ「なんで私がやんなきゃいけないのよ!」

シンジ「…もしかして出来ないの?」

アスカ「なっ!?あんたなんかと一緒にしないでよ!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:35:18.73 ID:dXHTZX2bI

シンジ「じゃあやってみせてよ」

アスカ「くっ上等よ!やってやろうじゃないの!退きなさいよ!」

ゴロン

アスカ「…」

シンジ「…」じー

シンジ(アスカに見下ろされるのも中々良かったけど……このアングルも…)ゴクリ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:37:10.55 ID:dXHTZX2bI

アスカ(…バカシンジに見下ろされるなんて屈辱ね…でも…なんなのよこの気持ち…)

シンジ「さ、アスカ…始めてよ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:41:30.75 ID:dXHTZX2bI

アスカ「わかってるわよ………ふっ……1……2…」

シンジ「!?アスカ!?なにやってるのさ!」

アスカ「はぁ!?普通に背筋してるじゃなー」

シンジ「なに言ってるんだよ!!普通に背筋しても意味ないでしょ!?」ドン!

アスカ「ひっ」ビク

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:44:13.98 ID:dXHTZX2bI

シンジ「筋トレなんだからもっと負荷掛けないと意味ないでしょ!?」

アスカ「わ、私はお手本としてやってるだー」

シンジ「甘ったれないでよ!」ドン!

アスカ「ひぃっ」ビク

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:47:03.15 ID:dXHTZX2bI

シンジ「ハァ…ハァ…もういいよ…アスカに期待した僕が馬鹿だったんだ。もう君はなにもしないで」

アスカ「くっ……いいわよ!やったげるわよ!目に物見せてやるわよ!!」

シンジ「アスカ……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:49:19.46 ID:dXHTZX2bI

アスカ「それで…負荷を掛けるってどうするのよ?」

シンジ「ん、じゃあまずは背筋をゆっくりやって」

アスカ「はんっ!そんなのお茶の子よ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:52:42.09 ID:dXHTZX2bI

アスカ「……ふっ……1……2…」

シンジ「まだ速いよ?」

アスカ「くっ…………3っ……………4…」

シンジ「うんうんスピードはその調子だよ。じゃ次はー」スッ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:54:21.72 ID:dXHTZX2bI

シンジ「アスカの頭上に手を出してるから、この手に当たるまで上体を起こしてね」ニヤニヤ

アスカ「!?ちょっとー」

シンジ「なに休んでるのさ!!」ドン!

アスカ「ひっ…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:55:33.75 ID:dXHTZX2bI

シンジ「継続して負荷を与えないと意味ないでしょ!!」ドン!

アスカ「ひゃい」ビクビク

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 01:57:54.62 ID:dXHTZX2bI

アスカ「……1っ……!?」

シンジ「あれ?全然高さ足りてないよ」ニヤニヤ

アスカ「……ふっ…2ぃ…!!」

ちょん

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:00:08.67 ID:dXHTZX2bI

アスカ(あ…いま手に……シンジの手に当たったわ///)

シンジ「うん!その調子だよ!頑張って!」

シンジ(アスカの髪…柔らかい…それに少し汗でべたついて……!?エントリープラグが勝手に!?収まれ収まれ収まれ〜!)

アスカ「…3っ……4ぃ……んっ!5っ!」ハァハァ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:04:50.26 ID:dXHTZX2bI

シンジ(めちゃくちゃ速くなってる…)

アスカ「…6っ……7……8…」ハァハァ

シンジ「アスカ、速いよ」ハァハァ

アスカ「ごめ……んん…9ぅ………10ぅ!!」ハァハァ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:07:17.29 ID:dXHTZX2bI

シンジ「はいっキープ!!上体を降ろしちゃだめだよ?」

アスカ「ぅ…ぇ……?」ぷるぷる

シンジ「そうそうそのままで十秒数えよう」ニヤァ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:10:33.47 ID:dXHTZX2bI

アスカ「ぅ……ぃ、1ぃ……」ぷるぷる

シンジ(うぅ…何時もは高圧的なアスカが今は僕の言いなりに…今だったら何しても…べたついてる髪…)ハァハァ

ナデナデ

アスカ「!?ぁんっ!ちょ…っと」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:11:53.39 ID:dXHTZX2bI

シンジ「……続けてよ」

アスカ「……2ぃ………くっ…3ん」

シンジ(あれっ……今ならお尻見放題じゃないか!?)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:14:55.70 ID:dXHTZX2bI

アスカ「4ぃ………5っ………6……くぅ…」

シンジ(アスカのお尻……ちょっとぐらいさわっても……バレないかな)

さわ

アスカ「んんっ!?」

アスカ(!?い、今お尻さ、さわわわさわった!?シンジが!?お尻を…
そ、そんなわけ…じゃあお尻がさわったの!?シンジを!?ぅぅ頭がぼーっとしてる…酸素が回ってないんだわ…)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:17:23.05 ID:dXHTZX2bI

アスカ「ぅぅぅ…な…7ぁ………8…ぃ………9………じ、じう!!」ハァハァ

シンジ「気を抜かないで!!」

アスカ「ぅ…ぇ…?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:19:09.89 ID:dXHTZX2bI

シンジ「上体をゆっっくり降ろして!急に下げちゃ駄目だよ?」ハァハァ
アスカ「は……はい…ん……」

アスカ(よし…身体が床に着く……お、終わ…)

シンジ「はいっ顎と床に拳一つ分空けてキープ!」

アスカ「!?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:21:53.73 ID:dXHTZX2bI

アスカ「ぅ……ぅぅぅ……も…もぅ……無理…ぃ」ぷるぷる

シンジ「耐えてっ!っう…」ハァハァ

アスカ「も………無理……よぅ……」ぷるぷる

シンジ「うっ…も、もういいよ…」ハァハァ

バタン

アスカ「…」ハァハァ

シンジ「…」ハァハァ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:24:07.12 ID:dXHTZX2bI

アスカ(や、やっと…終わった…わ………こんな昂揚感今まで味わったことない……なに…これ…?シンジが……私を見てた……から?……私を……見てて…)ハァハァ

アスカ「………私を…見てくれる人…いたよ……ママぁ……」ニヘラァ

シンジ「ハァ…ハァ…お疲れ…アスカ…はい、スポーツドリンク」スッ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:26:31.50 ID:dXHTZX2bI

アスカ「ハァ……ハァ……え?…あ、ありがとっ!…あ、あんたにしては気がきくじゃない」

シンジ「いやこんなことさせちゃったし…ご、ごめんね?」

アスカ「…別にいいわよ…あれ位苦じゃないわ」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:28:35.30 ID:dXHTZX2bI

アスカ「……そ、それに…その…嫌じゃなかったし//」ボソ

シンジ「アスカ……ありがとう//
じゃ休憩も済んだし続きを始めようか」

アスカ「!?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:31:26.32 ID:dXHTZX2bI

アスカ「なっ!?もう十分やったじゃない!」

シンジ「えっ?回数にしてまだ10回だよ?」

アスカ「〜〜〜っ!で、でももう身体がー」

シンジ「甘ったれないでよ!!」ドン!

アスカ「ひぃぃ」ビク

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:34:42.51 ID:dXHTZX2bI

シンジ「身体が疲労してても動かないワケじゃないよ?じゃあもし今みたいな時に使徒が来たらどうするのさ!?疲れたから動けませんじゃ許されないんだよ!!」ドンドンドン!

アスカ「ひっ!ごめんなしゃい……やるから床ドンしないで…」ブルブル

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:37:28.51 ID:dXHTZX2bI

シンジ「ご、ごめん!アスカを驚かすつもりはなかったんだ……」

アスカ「…わかってるわよ…でもまた背筋する前に汗拭いてきていい?」

シンジ「駄目にきまってるでしょ!?」ドン!

アスカ「ひぃぃ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:40:41.63 ID:dXHTZX2bI

シンジ「ご、ごめん…でも汗を拭いちゃうと体温調節が上手く出来なくなるかもしれないし……気持ち悪いと思うけど、アスカが風邪を引くのは嫌だから!だから僕は……」

アスカ「……シンジ……わかったわよ……これ位我慢するわ」

シンジ「フヒッ」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:44:11.69 ID:dXHTZX2bI

アスカ「え?」

シンジ「な、なんでもないよ!さあ、始めて」

シンジ(……休憩を挟んだ事で汗が噴き出してる……髪もべちゃべちゃになって……プ、プラグスーツのなかはもっと凄い事になってるはず…)ゴクリ

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:46:31.43 ID:dXHTZX2bI

アスカ「さ、やるわよ」

シンジ「う、うん」

ゴロン

アスカ「…」

シンジ「…」ゴクリ

アスカ「ん…」

シンジ「?」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:49:23.18 ID:dXHTZX2bI

アスカ「んー!」

シンジ「ど、どうしたの?」

アスカ「……早く………手…出しなさいよ//」

シンジ「あ……うん//」スッ

アスカ「…えへへ」ニヘラァ

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:52:24.62 ID:dXHTZX2bI

アスカ「…すぅ……1っ…さっきより………2……大分…んん…キツイ…じゃない」

アスカ(……でもさっきよりなんか……いい……)

3…………4…………5

べた……べた……べちゃ

シンジ(くっ!!アスカが身体を起こす度に手に髪が当たって……汗で濡れ々れの髪………こんなの我慢出来ないよ!!)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:56:18.49 ID:dXHTZX2bI

アスカ「……ろ…6ぅ……ぅぅ……んんんっな…ななぁ…」

シンジ「…くっ」ガクガク

アスカ「……くっ…ぅぅん!8ぃ!………き、9………ぅ……ぅぅじゅうぅんん!!…キープッ…」

シンジ「アスカ……自分からキープして…」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 02:59:02.95 ID:dXHTZX2bI

シンジ「カウントしなくていいよ」ニコッ

アスカ「ぇ……ぁ…ぅん……わかっー」

シンジ「降ろしていいとは言ってないでしょ!?」ドン!

アスカ「ぁぅぅ…」ぷるぷる

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:04:43.33 ID:dXHTZX2bI

シンジ「僕がいいって言うまでそのまま耐えてね……うわぁ……手がびちょびちょだよ」

アスカ「そん……な……だってシンジが……汗拭い……ちゃダメって…」ハァハァ

シンジ(アスカの汗……くんくん
!?)クラッ

シンジ(あぁ……頭がくらくらする。もっと…嗅ぎたいな)

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:06:44.34 ID:dXHTZX2bI

シンジ(うわぁー髪の毛べとべとだ…両手で…)ハァハァ

ナデナデ

アスカ「なっ//やめ……今………汗で……汚…い……からぁ」ハァハァ

シンジ「!?アスカの汗が汚いワケないだろ!!」ドン!

アスカ「ひぃぃ」ゾクゾク

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:09:34.53 ID:dXHTZX2bI

シンジ(この手に付いた汗を…)クンクン

シンジ(ああああぁぁ!駄目だ…ガフの部屋が…開く…これ以上はまずいよ…)ハァハァ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:10:51.33 ID:dXHTZX2bI

シンジ「……アスカ……もういいよ。もう上体を降ろして」ハァハァ

アスカ「え……も、もう?……わかった…わよ」ハァハァ

シンジ「…うっ」ガクッ

アスカ「…ハァ……ハァ…くっんんっ…」ぷるぷる

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:14:54.12 ID:dXHTZX2bI

シンジ「お疲れ様…ハァ…はいタオル……ハァ…」スッ

アスカ「…ん…いらないわ。このままの方が気持ちいいし…」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:15:28.84 ID:dXHTZX2bI

アスカ「それに…まだ終わってないし」

シンジ「えっ?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:17:11.09 ID:dXHTZX2bI

アスカ(私ばっかりこんな思いするのも不公平ね)ニヤニヤ

アスカ「…見本は見せてやったわよ。次はあんたの番でしょ?」ニヘラァ

シンジ「え…」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:19:07.88 ID:dXHTZX2bI

シンジ「ぼ、僕はいいよ!」

アスカ「はぁ?何の為に私が背筋やってあげてたか思い出しなさいよ!」ゲシゲシ

シンジ「あぅ……そうでした…」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:20:03.68 ID:dXHTZX2bI

アスカ「わかったら……うつ伏せなさい!」

ドサ

シンジ「いっつつ……転ばす事ないだろ!?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:23:41.71 ID:dXHTZX2bI

アスカ「それ位我慢しなさいよっと」

シンジ「!?なんで僕の上に座るのさ!?」

アスカ「別にいいでしょ、すごく疲れたのよ。手頃な椅子は他にないし?」

シンジ「…」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:26:38.95 ID:dXHTZX2bI

アスカ「それに負荷を掛けないとトレーニングにならないんでしょ?」ニヤニヤ

シンジ「」

アスカ「さぁ、さっさとしなさいよ」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:29:33.05 ID:dXHTZX2bI

シンジ「うぅ…わかったよ
……ふっ…1…」

パァン!

シンジ「!?太ももが……気持ち……痛いじゃないか!なにするのさ!!」

アスカ「高さが全然足りてないんじゃない!あんたは男なんだから厳し目の判定でいくわよ」

シンジ「な!?そんなのー」

アスカ「口答えするな!」パァン!

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:33:21.58 ID:dXHTZX2bI

シンジ「うぐぅ…」

アスカ「ほら止まってるわよ!さっさと動きなさいよ!」パァン!パァン!

シンジ「ひ、ひゃい」ハァハァ

アスカ「あぁぁ//」ゾクゾク

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:35:55.13 ID:dXHTZX2bI

マダオロスナ!パァン!ゴメンナヒャイ


ミサト(ななななにやってんのよあの子達ぃ〜〜〜!!!)

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:39:32.66 ID:dXHTZX2bI







リツコ「新しいプラグスーツ?」

アスカ「そ。今までのやつはどれも似たようなのばっかりで飽き飽きしてたのよ。
新しくデザインしてくんない?」

リツコ「成る程ね。あるわよ、最新モデル」

アスカ「ホント!?もうあるの!?」

リツコ「これよ」スッ

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:40:55.09 ID:dXHTZX2bI

アスカ「………見えすぎじゃない、これ?」

リツコ「必要ないかしら?」

アスカ「い、いや!もらっとくわ!」

リツコ「ふふっ次のシンクロテストまでに二号機との調整を済ましておくわ」

アスカ「お願い〜♪」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/15(土) 03:42:01.65 ID:dXHTZX2bI

アスカ「ふふっこれ着たらどんな顔するだろ…シンジ」



107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/15(土) 03:44:19.50 ID:dXHTZX2bI

見てくれた人ありがとね
こんな夜中に済まんかった
じゃノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……ケホッ…ケホッ」