ミサト「シンジ君の寝顔って可愛いのね……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】提督「ま、ゆるーくいきましょ」 叢雲「アンタはゆるすぎだっての」

ツイート

1 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [] 投稿日:2012/12/06(木) 18:32:05.61 ID:FDMPGwujP

ミサト「あっ……んっ……ああっ」

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ!」パンパン

ミサト「んんん……ふぅっ、んあっ」

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ!」パンパン

ミサト「いや……ぁあっ、そんっ……」

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ!」パンパン

ミサト「きて……ああっ、んんんっ! ……あんっ!」

シンジ「はぁっ、はぁっ、はぁっ!」パンパン



シンジ「あああああっ!!」ドピュ

ミサト「んんんんんっっ!!」ビクビク

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:34:25.72 ID:FDMPGwujP

ミサト「その日の仕事は夜遅くまであってね」

ミサト「帰るのが深夜になってしまったの」


ミサト「シンジ君も、アスカも、当然寝てしまっていて」

ミサト「電気は点いていない」

ミサト「出迎えてくれるのは暗闇だけ」


ミサト「寂しさ……なのかしら」

ミサト「これも、本当に久しぶり」

ミサト「電気をつけても、まだ自分が闇の中で孤立しているような」

ミサト「……そんな気分になってしまったの」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:36:20.66 ID:FDMPGwujP

ミサト「お酒を飲んだり」

ミサト「作り置きされていた、冷めたご飯を温め直したり」

ミサト「それすら出来なくて」

ミサト「気付いたら、シンジ君の部屋の扉に、手をかけていた」


ミサト「ひとつ、言っておきたいのだけれど」

ミサト「その時はね、そんなことするつもり、これっぽっちもなかったのよ」

ミサト「顔を見て、安心したかったの」

ミサト「私は、一人ではない……ってね」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:38:32.11 ID:FDMPGwujP

ミサト「シンジ君はぐっすりと眠っていたわ」

ミサト「とても可愛らしい寝顔」

ミサト「忘れていたけれど、本当に顔立ちの整った子なのね」

ミサト「そんなことを思って」


ミサト「……同時に、頭に過ったの」

ミサト「ああ、私の家には、男がいるんだな」

ミサト「中学二年生の子に対してよ?」


ミサト「酔っても、いないのにね」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:40:21.36 ID:FDMPGwujP

ミサト「シンジ君の部屋に足を踏み入れて」

ミサト「かかっていたシーツをはぎ取って」

ミサト「下半身をまさぐって」


ミサト「すぐに彼は目を覚ましたわ」

ミサト「信じられないものを見るような目つきをしていた」

ミサト「でも、その目に、微かな欲望があるのを、私は感じ取った」

ミサト「だから、私は言ったの」


ミサト「ねぇ、シンジ君……私と気持ちいいこと、しましょうか?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:42:25.66 ID:FDMPGwujP

ミサト「だいたい、そんな感じかしらね」

リツコ「……」

ミサト「その後は、語るまでもないでしょ?」

リツコ「……」

ミサト「ただ、さすが中学二年の男の子ね。どれだけやっても、し足りないみたいで」

リツコ「……」

ミサト「後始末が大変だったわ」

リツコ「……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:44:53.55 ID:FDMPGwujP

リツコ「……それで、私になんて言わせたいの?」

ミサト「さぁ? 思ったことをご自由に?」

リツコ「なら、言わせてもらうけど……軽蔑するわ」

ミサト「それは予想の範囲内」


リツコ「保護者失格とかいう話じゃないわよ。れっきとした犯罪だもの」

ミサト「シンジ君を預かる際、その手の書類に目を通したことを思いだしたわ」

リツコ「あなたねぇ」

ミサト「ふふっ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:47:17.26 ID:FDMPGwujP

リツコ「……はぁ」

ミサト「あら、もう終わり?」

リツコ「もういいわ。だって、あなた、叱られたがってるでしょ?」

ミサト「……」

リツコ「本当に責任を感じているなら、他人に感情の発散を任せないでちょうだい」

ミサト「それが、一番身に堪える……か」

リツコ「話を聞くくらいはするけれど、悩むのは貴方が負わなくてはならない罪よ」

ミサト「……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:49:30.05 ID:FDMPGwujP

リツコ「で、その後のシンジ君とはどうしてるの?」

ミサト「朝、ちょっと話して……それっきり」

リツコ「まさか、今日は家に帰らないつもり?」

ミサト「このまま明日になるまで相手してよ」

リツコ「嫌よ。仕事に支障が出たら―――」

ミサト「……お願い」


リツコ「……」

ミサト「……」


リツコ「……今夜、だけよ?」

ミサト「ありがと」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:51:36.06 ID:FDMPGwujP

リツコ「どうするかは決まってるんでしょ?」

ミサト「お互い、あの夜のことは忘れましょ……って言うつもり」

リツコ「賢明な判断ね。多少のしこりは残るでしょうけど」


ミサト「はぁ……なんであんなこと、しちゃったんだろ」

リツコ「加持君とよりを戻したら、少しは寂しさも薄まるんじゃない?」

ミサト「……もう、あの人に逃げるのは、嫌」

リツコ「シンジ君に手を出していたら本末転倒じゃない」

ミサト「……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:54:28.18 ID:FDMPGwujP

リツコ「ほら、飲みなさい。明日は決戦よ」

ミサト「使徒との戦いの方が、百倍マシだけどね」

リツコ「調子、出てきた?」

ミサト「ちょっちね」

リツコ「そう」

ミサト「……」



ミサト「…………」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:56:37.95 ID:FDMPGwujP

ミサト「……ただいまー」

シンジ「―――あ、お帰りなさい、ミサトさん」


ミサト「え、ええ、ただいま」

シンジ「もう、ご飯出来てますよ。すぐに食べますか?」

ミサト「そうね、頂こうかしら」

シンジ「分かりました。準備しますから、座って待ってて下さい」

ミサト「ええ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 18:58:29.54 ID:FDMPGwujP

ミサト(いつも通りの、シンジ君)

ミサト(まるで、なにもなかったみたい)


ミサト(……でも、私は覚えている)

ミサト(彼の体の温もり、私の体の猛り、行為を終えた後の、むせ返るような部屋の匂い)

ミサト(感触も、感覚も……全てが、あの夜の現実から逃がさないと言っているよう)


ミサト「夢だったなんて、あるわけないのよね」ボソッ


ミサト(もしも夢なら、どんなに……)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:01:08.32 ID:FDMPGwujP

ミサト「アスカ、ただいま」

アスカ「おかえり。昨日はどこ行ってたのよ?」

ミサト「リツコと、お酒」

アスカ「うげっ、家でも飲んで、外でも飲んで……アル中かっていうの」

ミサト「アスカも大人になれば分かるわよ」

アスカ「分かりたくな〜い!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:04:45.49 ID:FDMPGwujP

アスカ「バカシンジもなんとか言ってやりなさいよ」

シンジ「駄目ですよ、ミサトさん。体は大切にしてくださいね」

ミサト「分かってるわよ……だから、ビールいただくわね?」


アスカ「分かってないじゃない!」

ミサト「やーん。だって、飲まないと手先が震えてきちゃう」

アスカ「かんっぜんに! 中毒になってるじゃない!」

ミサト「じょーだん、じょーだん」

シンジ「あはは」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:07:24.14 ID:FDMPGwujP

ミサト(美味しいご飯)

ミサト(楽しい食卓)


ミサト(味のしないご飯)

ミサト(他人の顔を窺う食卓)


ミサト(私は、ちゃんと笑っていたのかしら)

ミサト(あの子は、ちゃんと笑っていたのかしら)


ミサト(……誰も、教えてくれない)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:10:06.75 ID:FDMPGwujP

コンコン


ミサト「シンジ君? 入っても良い?」


『はい、どうぞ』


ミサト「失礼するわね」


ガラッ



ミサト「……」

シンジ「……」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:12:50.76 ID:FDMPGwujP

ミサト「昨日はごめんなさいね。なんの連絡もなしに」

シンジ「ああ、いえ、別に」

ミサト「ご飯、作っちゃってた?」

シンジ「はい。でも、お弁当のおかずにしましたから」

ミサト「そっか」

シンジ「アスカは、残り物なんて! って怒ってましたけど」

ミサト「ふふっ」


ミサト「……」

シンジ「……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:15:11.32 ID:FDMPGwujP

ミサト「それでね」

シンジ「はい?」

ミサト「この前のこと、なんだけど」

シンジ「……はい」


ミサト「なかったことに、出来ないかしら」

シンジ「……」

ミサト「体のいい言い訳だとは思うけれど」

シンジ「……」

ミサト「そっちの方が、お互いのために……なると思うから」

シンジ「……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:18:19.98 ID:FDMPGwujP

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……シンジ君、あの―――」


シンジ「わかってます!」


ミサト「……え?」

シンジ「それがいいんだって、それが正しいんだって、僕は分かってますから!」

ミサト「……」

シンジ「誰にも言いませんし、今まで通りにします。ミサトさんに迷惑はかけません」

ミサト「……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:20:47.73 ID:FDMPGwujP

シンジ「だ、大丈夫ですよ。僕はこれでもエヴァのパイロットで、秘密とかには慣れてますし!」

ミサト「……シンジ君」

シンジ「他の人よりは少しくらい、大人のことが分かるように、なったと思いますし……」

ミサト「シンジ君!!」


シンジ「は、はい?」

ミサト「……涙、が」


シンジ「……っ!!」ゴシゴシ

ミサト「……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:23:26.26 ID:FDMPGwujP

ミサト「ごめんなさい、ね」ギュッ

シンジ「ミ、ミサトさん!?」


ミサト「まだ14歳の男の子に、こんな決断をさせるなんて、ほんとに私って駄目ね」

シンジ「そんな、別に……」

ミサト「でも、あなたのおかげで、私も救われたわ……ありがとう」

シンジ「……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:25:33.42 ID:FDMPGwujP

シンジ「……ミ、ミサトさん、離れてもらえませんか?」

ミサト「え?」

シンジ「あの、あんなことがあったばかりだから、その……」

ミサト「……あ」


シンジ「す、すみません」

ミサト「いいのよ。男の子だもの。しょうがないわ」

シンジ「うう……」

ミサト「……」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:27:26.27 ID:FDMPGwujP

ミサト(この子は、こんな私を許してくれる)

ミサト(こんな私を、分かってくれる)

ミサト(こんな私を、求めてくれる……)


ミサト(それがすごく嬉しくて)

ミサト(嬉しくて、嬉しくて)


ミサト(出来るのなら、もっと……もっと!)

ミサト(感情が、膨らんで)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:29:29.13 ID:FDMPGwujP

ミサト「……ねぇ、シンジ君」

シンジ「はい?」

ミサト「直接するのはもちろん駄目だけど……でも、そういう風になったのは私の責任だから……」

シンジ「……」





ミサト「手で、してあげるわね?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:31:46.84 ID:FDMPGwujP

ミサト「んんっ……シンジ君、はぁっ……」チュッチュッ

シンジ「ミサトさん……」

ミサト「ん……なぁに?」

シンジ「もっと、名前、呼んでもらえませんか?」

ミサト「ふふっ……シンジ君……ああっ、シンジ君……」


シンジ「ミサトさん……ミサトさんっ!」パンッパンッ

ミサト「シンジくん、シンジくぅん!!」

シンジ「ミサトさん、ミサトさんっ!!」パンッパンッ

ミサト「はっ、はぁっ、あっあっあっ……」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:33:38.96 ID:FDMPGwujP

ミサト(……あれ)

ミサト(なんで、こんなこと、してるんだっけ)


ミサト(手でしてあげるだけって)

ミサト(そう、言って)

ミサト(それで……?)


ミサト(……)


ミサト(まぁいっか、どーでも)

ミサト(気持ちいいし……)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:35:37.67 ID:FDMPGwujP

ミサト「あんっ……あっあっ、はぁっ、はぁっ……」

シンジ「ミサトさんっ……!」

ミサト「んっ……もう出そうなの……ね……?」

シンジ「す、すいません……はぁっ」

ミサト「いいわよ、このまま、奥に……」

シンジ「でも……!?」

ミサト「いいから……っ!」ガシッ


シンジ「あ、あああっ!」ビクビク

ミサト「んんっ!!」ビクビク

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:37:18.82 ID:FDMPGwujP

ミサト「結局、またしちゃったわね」

シンジ「すいません……」

ミサト「なんでシンジ君が謝るの?」

シンジ「それは……」

ミサト「まぁ、中に出したのはマズいと思うけどね」

シンジ「そ、それはミサトさんが!」

ミサト「ふふっ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:39:24.56 ID:FDMPGwujP

シンジ「……ミサトさん」

ミサト「なに?」

シンジ「僕、嬉しかったんです」

ミサト「……?」


シンジ「ミサトさんが、形はどうあれ、僕を頼ってくれたことが」

ミサト「……」

シンジ「エヴァに乗ってるとき以外で、そんなこと、初めてだったから」

ミサト「……」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:41:44.05 ID:FDMPGwujP

ミサト「シンジ君は色んなこと、立派にやってるわよ?」

シンジ「……でも、明確な何かが、僕は欲しかったんだと思います」

ミサト「そっか」

シンジ「すいません……こんなの、言われたってどうしようもないですよね」

ミサト「ううん、そんなことないわ」

シンジ「……」


ミサト「これからも頼らせてもらって、いい?」

シンジ「……! はい!!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:45:17.79 ID:FDMPGwujP

リツコ「……アフターピル?」

ミサト「ええ」

リツコ「ということは、そういうことなのね」

ミサト「まぁ、その……そうなるわね」


リツコ「……」

ミサト「……」


リツコ「はぁ……じゃあ、これね」

ミサト「え?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:47:15.98 ID:FDMPGwujP

リツコ「効果も確実ではないのだから、避妊はしっかりなさい」

ミサト「ずいぶん物わかりがいいのね」

リツコ「正直、こういう展開も予想しないではなかったもの」

ミサト「そうなの?」

リツコ「むしろ、こっちが本命ね」

ミサト「流石リツコというか、なんというか……」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:49:33.60 ID:FDMPGwujP

リツコ「ただ、一つ言っておくことがあるわ」

ミサト「なに?」

リツコ「……今日のテスト、あなたは参加しなかったわよね?」

ミサト「ええ、他にやることあったから」


リツコ「シンジ君のシンクロ率が、大幅に減少していたわ」

ミサト「……!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:51:57.35 ID:FDMPGwujP

ミサト「それ……って」

リツコ「貴方との行為が関係あるのかは分からないけれど、タイミング的にはバッチリね」

ミサト「ストレス、とかは?」

リツコ「そういう類のものではなさそうね。原因不明という言葉がしっくりくる結果だった」

ミサト「……」


リツコ「そして、その原因になり得るものを、私とあなたは唯一知っている」

ミサト「……」

リツコ「このことを、どう捉えるかはあなた次第よ」

ミサト「……」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:54:52.03 ID:FDMPGwujP

ミサト「リツコは、なにも言ってくれないのね」

リツコ「同じ言葉を言わせる気?」

ミサト「いいえ。……質問を変えるわ。あなたなら、どうする?」

リツコ「男をとるわ」

ミサト「……意外な答えね」

リツコ「見た目に反した激情を身に宿す人は少なくないわ」

ミサト「私は違うと思うけれど」

リツコ「なら、見た目通りなんじゃない?」

ミサト「……」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:57:34.93 ID:FDMPGwujP

リツコ「私は、もう何も言わないわ。あなたの好きなようにしなさい」

ミサト「……」

リツコ「でも、シンジ君がエヴァに乗れなくなったNERV……ひいては世界がどうなるか、そこまで考えて結論を出しなさい」

ミサト「……」

リツコ「もちろん、ただの思いすごしであるのなら、それが一番なのだけれど」

ミサト「……」

リツコ「いいわね?」


ミサト「……ええ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 19:59:54.17 ID:FDMPGwujP

ミサト(NERV)

ミサト(エヴァ)

ミサト(世界)


ミサト(大げさな話になってるわね)

ミサト(男と女が、愛し合っただけなのに)


ミサト(……いえ、愛し合ってもいないわね)

ミサト(お互いが、体を求めあっているだけ)


ミサト(私が誰でもいいように、彼も、きっと)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:01:47.32 ID:FDMPGwujP

ミサト(こんな関係、よくないのは分かってる)

ミサト(天秤にかけるまでもないような選択)


ミサト(それでも)

ミサト(それでも、私は)



ミサト(シンジ君を選んでしまった)


ミサト(……自分を、選んでしまった)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:04:08.64 ID:FDMPGwujP

ミサト(あれから何度も体を求めあった)

ミサト(朝も夜も関係なかった)

ミサト(体が限界を迎えるまで、何度も、何度も)


ミサト(……シンジ君のシンクロ率は、どんどん下がっていった)

ミサト(もうすぐ、エヴァに乗れなくなるらしい)


ミサト(私のせい……?)

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:06:49.07 ID:FDMPGwujP

ミサト(でもね、やめられないの)

ミサト(だって、すごく気持ちいいんだもの)


ミサト(ねぇ、知ってる?)

ミサト(悪いことって、すごく気持ちがいいのよ)

ミサト(悪いことしてると、すごく幸せな気分になれるの)


ミサト(うふふ)

ミサト「あはは」


ミサト「……私は、悪い子」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:09:33.19 ID:FDMPGwujP

アスカ「―――ミサト」

ミサト「……!!」


アスカ「……」

ミサト「あ、あら、アスカ、いたの?」

アスカ「……」

ミサト「学校、遅刻なんじゃないの?」

アスカ「……」

ミサト「アスカ?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:12:12.15 ID:FDMPGwujP

アスカ「学校、か」

ミサト「……?」

アスカ「バカシンジは、今頃学校についた頃かしら」

ミサト「そうだと思うけど」

アスカ「がっこう……」

ミサト「……」


アスカ「あんなことしてるくせに、他の生徒と一緒に、学校?」

ミサト「……!」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:17:00.62 ID:FDMPGwujP

アスカ「きたない……きたないきたないきたないっ!!」

ミサト「……」

アスカ「バカシンジも、ミサトも、汚いのよ!!」

ミサト「アスカ……」


アスカ「近づかないで!!」

ミサト「……」

アスカ「あんなことして、あんな、あんな……!!」

ミサト「……」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:19:57.82 ID:FDMPGwujP

アスカ「どうしてあんなこと、しているの……?」

ミサト「……」

アスカ「私がいること、分かってるでしょ? それもバカシンジと……」

ミサト「……」


アスカ「そんなの、大人がすることじゃないでしょ……?」

ミサト「……!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:22:02.25 ID:FDMPGwujP

ミサト「大人……?」

アスカ「え?」

ミサト「大人って、なに……?」

アスカ「それは」


ミサト「大人って、なによ!!」バンッ

アスカ「!」ビクッ

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:24:41.56 ID:FDMPGwujP

ミサト「誰が決めたのよ、私が大人って」

ミサト「歳をとったから? 体が大きいから? 仕事をしているから?」

ミサト「そんなの知らない! 生きていたら勝手にそうなっただけ!!」


ミサト「私はただの人間……ただの女……」

ミサト「なんで、大人なんて言葉で縛られないといけないの……?」

ミサト「子供はなんでもしてよくて、どうして大人はしちゃいけないの……?」


ミサト「私は、そんなものになりたいなんて言ってない!!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:27:08.84 ID:FDMPGwujP

ミサト「シンジ君はね」

ミサト「シンジ君は……私のこと、認めてくれるわ」

ミサト「私のこと、褒めてくれるの」


ミサト「大人だからじゃないの」

ミサト「葛城ミサトだから、褒めてくれるのよ」


ミサト「頭を撫でてくれて」

ミサト「いっぱいキスしてくれて」

ミサト「いっぱい気持ち良くしてくれるの」


ミサト「だから、私も求めてしまうの」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:30:29.99 ID:FDMPGwujP

ミサト「ねぇ、アスカ?」

アスカ「……なによ?」

ミサト「アスカには、こんな気持ち、分からないでしょ?」

アスカ「当り前でしょ」

ミサト「ふふっ、そうよね、それはそうよ」


ミサト「だって、アスカはシンジ君に求められていないもの」

アスカ「……っ!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:33:47.00 ID:FDMPGwujP

アスカ「……」ギリッ

ミサト「……」

アスカ「……ちっ」

ミサト「……」


アスカ「……今日から、しばらくNERVで暮らすから」

ミサト「ええ、そうね。その方がいいと思うわ」

アスカ「……」

ミサト「……」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:36:22.76 ID:FDMPGwujP

アスカ「……」

ミサト「……」

アスカ「……」

ミサト「……」





アスカ「―――気持ち悪い」



バタン

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:38:00.18 ID:FDMPGwujP

ミサト(扉が閉まった)




ミサト(……)

ミサト(……)




ミサト(色んなものが、終わったような気がした)

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:46:06.71 ID:FDMPGwujP

エピローグ


シンジ「ただいま」

ミサト「おかえりなさい、シンジ君」

シンジ「ミサトさん、大丈夫ですか?」

ミサト「なにが?」

シンジ「今日、NERVを無断欠席したって」

ミサト「……ああ、なんかどうでもよくなっちゃって」

シンジ「そうですか」

ミサト「ええ」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:48:52.32 ID:FDMPGwujP

シンジ「ミサトさん」

ミサト「ん?」


シンジ「エヴァに乗れなくなりました」

ミサト「……」

シンジ「シンクロ率、0%です」

ミサト「……」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:51:16.55 ID:FDMPGwujP

ミサト「どうでもいいことね」

シンジ「やっぱり、そう思いますか?」

ミサト「ええ」

シンジ「実は僕も、特に感じるものがなくて」

ミサト「でしょ?」

シンジ「あ、でも、このまま、ここに暮らすことは出来るのかな……」

ミサト「出来なかったら、どこか遠くの山の中で暮らしましょうか」

シンジ「なに言ってるんですか」

ミサト「ふふっ」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:53:30.60 ID:FDMPGwujP

ミサト「大丈夫よ」

シンジ「え?」

ミサト「私たちは、ずっと一緒だから」

シンジ「……ホントですか?」

ミサト「ええ、ずっと……ずーっと一緒」

シンジ「そうだと、嬉しいな」


ミサト「だから……ね、気持ちいいこと、しましょうか?」

シンジ「……はい!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:55:36.17 ID:FDMPGwujP

ミサト(私たちがこうしている間も、世界は回る)

ミサト(使徒の襲来は続いている)


ミサト(これは私の勘で、本当にそうなるのかは分からないけれど)

ミサト(きっと、人類は負ける)

ミサト(シンジ君なしでは、きっと使徒には勝てない)


ミサト(でもね、どうでもいいの)

ミサト(気持ちいいこと以外は、どうでもいい)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:57:51.42 ID:FDMPGwujP

ミサト(私たちは、ずっと一緒)

ミサト(いつまでも、どこまでも……)






ミサト(墜ちて、一緒に死にましょうね?)ニコッ





シンジ「……?」ニコッ




終劇

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:58:50.89 ID:FDMPGwujP

オワタ
記念すべき10個目のエヴァSSがこんなんやけど、ええんかな。
まぁええか。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ(26)「ポケモンマスターになるの諦めた」