アスカ「メル友募集掲示板……?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「僕ゲイだよ」アスカ「え?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/01(土) 23:11:23.65 ID:gyf3aFsRP

HN:料理犬

こんにちは!
第3東京市住みの中学二年生で、エヴァンゲリオン初号機のパイロットやってます!

なかなか人と上手く馴染むことの出来ない僕だけど、メールならと思いきって、書きこんでみました。
出来れば女の子のメール相手募集します! よろしくおねがいします!

アドレス↓

boku-shinji@kodomo.ne.jp





アスカ「……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/01(土) 23:15:28.06 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」


アスカ「……」カチカチ

アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……」ピッ

アスカ「……」



『はじめまして! 料理犬さん(*^_^*)
 私も第三東京市住みの中学二年なので、メールしてみました。

 知らない人にメールするの初めてだから、緊張しちゃうな(笑)』

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/12/01(土) 23:19:20.13 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……!」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『こちらこそ、はじめまして! メールありがとうございます!
 第三東京市の人で、しかも同い年なんて……ちょっと運命感じちゃうかも?(ぇ

 あなたのことはなんて呼べばいいですか?』


アスカ「……」カチカチ


『運命なんて、そんな照れちゃいますよ―(笑)
 私のことは、赤猫って呼んでください!

 ところで、できれば女の子のメル友募集って書いてありましたけど……??(・_・*)』

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:23:45.47 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ



『ちょっとキザなことも言ってみたい年頃だったり(ぉ

 はい、実は恋愛の相談、みたいなものをしてみようかなって……
 赤猫さんは女の子……でいいんですよね?』



アスカ「……」カチカチ



『料理犬さんおもしろーいo(*^▽^*)o

 はい、女子ですよ!
 恋愛相談ですかぁ……大好物です(笑)

 ぜひぜひっ、聞かせてくださいっ!』

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:26:39.23 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『よく言われます(マテ

 ホントですか! ありがとうございます!
 実は好きな女の子がいて、その子にどうアプローチすればいいのか悩んでて(汗 』


アスカ「……」

アスカ「……」カチカチ


『あ、それで女の子を募集してたんですね(*^-^)

 アプローチかぁ……相手の女の子は、どういう子なんですか?』

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:30:10.11 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『単純に女の子とメールをっていう下心もあったかも?(核爆

 実は色々あって、一緒の家に住んでいて……。
 ちょっと気難しいところもあるけど、とても可愛い人です』


アスカ「……!」

アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……」

アスカ「……っ!!」バンバンバンバン

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:33:10.16 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」フゥー

アスカ「……」


アスカ「……」カチカチ


『そんなの、めっ! ですo( ̄^ ̄o)

 そっかぁ……うまくいくといいですねっ!
 料理犬さんはHN的に料理がお上手そうですし、お菓子を作ってあげたりするのはどうですか?

 女の子は甘いものが大好きですよヾ(〃^∇^)ノ』


アスカ「……」

アスカ「……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:36:46.72 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『怒られちゃった↓↓(笑)

 お菓子かぁ……そういえば、最近作ってないかも?
 いいアイデアですね! さっそく作ってみようと思います!

 そろそろ夕飯を作らないといけないので、今日はこのへんで。
 またメールします!』


アスカ「……」カチカチ


『怒ってないです♪

 頑張ってくださいね! 応援してます!
 ヾ(*'-'*)マタネー 』

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:41:19.85 ID:gyf3aFsRP

アスカ「ごちそーさま」

シンジ「うん。……あ、アスカ!」

アスカ「ん?」

シンジ「その……さ、これ、作ったんだけど」

アスカ「なにこれ……クッキー?」

シンジ「うん」

アスカ「ミサトの分は?」


シンジ「いや、これは……えっと、アスカに食べて欲しくって」

アスカ「……ふーん」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:44:13.46 ID:gyf3aFsRP

シンジ「……」

アスカ「じゃ、一枚もらうわよ」

シンジ「う、うん」

アスカ「……」パク

シンジ「……どうかな?」


アスカ「……美味しいけど」

シンジ「ほんと?」

アスカ「ええ」

シンジ「そっか……」


アスカ「……」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:47:08.63 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……ま、まぁ、アンタってほんと料理の腕だけはたしかよね!」

シンジ「え?」

アスカ「いつも作ってもらって感謝してるっていうか、なんていうか、その……」

シンジ「……」


アスカ「だ、だから、これからも、私のために精々がんばりなさいよ!!」

シンジ「……うん! 僕、がんばるよ!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:50:33.58 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」

アスカ「……」ジー



シンジ「お片づけ〜♪」テクテク



アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……はぁ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:53:47.61 ID:gyf3aFsRP

『こんにちは! またメールさせてもらいます!

 先日のお菓子の件ですが……大成功です↑↑
 珍しいくらいに、とても喜んでもらえました。

 赤猫さんのアドバイスのおかげです! 本当にありがとうございました!!』



アスカ「……」

アスカ「……」カチカチ



『メール待っていましたよ(^∇^)

 いえいえ、料理犬さんの頑張りが報われたんですよ!
 おめでとうございます♪』

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:56:46.14 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『僕も、赤猫さんとメールするのが楽しみでした(笑)

 いやぁ、僕一人じゃいつもなにも出来ないから……。
 ほんとに助かります!』


アスカ「……」カチカチ


『でも浮気は駄目ですよ〜!(笑)

 そんなことないですよ! まだちょっとしかメールしてないけど、料理犬さんは素敵な人です!
 自信持ってください!』

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/01(土) 23:58:31.68 ID:gyf3aFsRP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『大丈夫です、僕はあの子一筋ですから。なんて(照

 そうですよね……やっぱり自分に自信を持つのは大事ですよね。
 ありがとうございます!

 ところで、次のアプローチの方法なんですか、なにかいいアイデアあるでしょうか?』


アスカ「……!!」ゲホッゲホッ

アスカ「……」

アスカ「……」フキフキ

アスカ「……」


アスカ「……」カチカチ

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:01:43.43 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」



『 もー……熱いなぁ(///∇//)テレテレ

 そうですねぇ、日常の中での褒め言葉なんてどうでしょうか?
 あくまで、さりげーなくですよ!

 そういう何気ない一言に、女子ならクラッってくることも……?」



アスカ「……」

アスカ「……」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:03:50.61 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ



『ラプインパクトってやつですかね(核爆

 褒め言葉ですか……、難しそうですけど、試してみようと思います!
 今日もありがとうございました!』



アスカ「……」カチカチ



『おやすみなさい〜♪(⌒∇⌒)ノ』

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:06:43.67 ID:mE1M/hKYP

アスカ「ふぁ〜あ……」


シンジ「おはよう、アスカ」

アスカ「ん……おはよ」

シンジ「……」ジー


アスカ「……なによ?」

シンジ「あの、その……惚れ惚れするようなあくびだなぁと思って」


アスカ「……は?」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:09:06.92 ID:mE1M/hKYP

アスカ「なに言ってんの?」

シンジ「……今日は、起きるの早いね!」

アスカ「いつも通りなんだけど……」

シンジ「ええと、ええと……いつも通りってすごいね!」

アスカ「はぁ?」

シンジ「いや、その……」


アスカ「バカにしてんの?」

シンジ「し、してないよ!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:11:20.60 ID:mE1M/hKYP

シンジ「ご、ごめん、アスカ! 朝ご飯作るよ!」

アスカ「早くしなさいよね」



アスカ「……」

シンジ「……あれー?」ボソッ

アスカ「……」



アスカ「……」

アスカ「……はぁ」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:15:25.49 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ



『……赤猫さん、作戦、失敗してしまいました。
 怒らせてしまったみたいです↓↓』



アスカ「……」カチカチ



『そうですか……(ノ_・。)
 なにか、ここが悪かったかなぁと思うところはありませんか?』

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:18:38.16 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『言われた通り、さりげなく、なにげなく、褒めたつもりだったんですけど……
 なにがいけなかったのかなぁ(泣 』


アスカ「……」ハァ

アスカ「……」

アスカ「……」カチカチ


『言い方に問題がなかったとするなら、褒めた場所が悪かったのかもしれませんね。
 やっぱり女の子を褒めるなら『可愛い』とかが(≧ω≦)b 』

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:21:01.23 ID:mE1M/hKYP

『でも、その子はいつも可愛くて……
 今さら言うことでもないような気がするんですが、大丈夫でしょうか?』


アスカ「……!!」ゲフン

アスカ「……」ゲホッゲホッ


アスカ「……」ンンッ

アスカ「……」


アスカ「……」カチカチ

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:23:10.46 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」



『いつ言われたって嬉しい言葉はありますよっ!

 でも……そうですねぇ、例えば服装の変化とか、髪型の変化とか……
 そういう僅かな違いを見つけて、そこを褒めるなんていいかも(o・ω・o)? 』



アスカ「……」

アスカ「……」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:25:28.34 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ



『なるほど! とでも参考になりました!
 今度こそ成功させてみせます!!』



アスカ「……」カチカチ



『ご武運を∠(*^ー^*)o!!』

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:27:33.19 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」

シンジ「アスカ、おはよう」

アスカ「おはよ」

シンジ「あれ、今日は髪、下ろしてるんだ」

アスカ「……」

シンジ「……?」


アスカ「……か、髪留め! 髪留めが見つからなくて!!」

シンジ「へぇ、そうなんだ」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:30:34.98 ID:mE1M/hKYP

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」


シンジ「……あ、アスカ!」

アスカ「な、なによ」

シンジ「その髪型、なんだけど」

アスカ「……うん」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:32:48.40 ID:mE1M/hKYP

シンジ「いつもと違うけど、その……それはそれで、とても、可愛いと、思う……」

アスカ「……」

シンジ「……」


アスカ「……えっと」

シンジ「……」

アスカ「い、いきなり、なに言ってんのよ……」

シンジ「ごめん……」

アスカ「そんなこと言われても、全然嬉しくな……」

シンジ「……」


アスカ「あ、いや……違う、嬉しい、けど……」

シンジ「……え?」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:35:10.48 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……だから! 褒められて嬉しいって言ってんの!! これで満足!?」

シンジ「え、え?」

アスカ「なによこれ! ばっかみたい!! 私の方が恥ずかしいじゃない!!」

シンジ「な、なに言ってんだよ」


アスカ「……ううう」

シンジ「……?」

アスカ「つまり、そういうことだから……」

シンジ「う、うん」

アスカ「……私、一回部屋に戻る」

シンジ「えっと、わかった」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:38:18.58 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」

アスカ「……」



アスカ「……」

アスカ「……」



アスカ「あああああああああ!!」ジタバタ

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:40:13.29 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ



『なんだかよくわからないけど、嬉しいと言っていたので、たぶん成功しました!!
 赤猫さん、本当にいつもありがとうございます!』



アスカ「……」カチカチ



『結果を楽しみにしてました! おめでとうごさいます♪

 ……思ったんですが、もう小細工なんて必要ないんじゃないですか?』

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:42:49.73 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『小細工なんて必要ない……?
 ごめんなさい、それっていったいどういう意味でしょうか(汗 』



アスカ「……」

アスカ「……」カチカチ


『告白ですよ、告白(/・・)(/・・)
 やっぱり必要なのは、思い切って言葉を伝えることだと思います』

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:45:19.19 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ



『えっ、告白ですか(汗
 それは、やっぱり、ちょっと……(汗(汗 』


アスカ「……」

アスカ「……」カチカチ


『どうしてですか(・_・?)
 なにか不安なことでもあるんですか……?』

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:47:57.92 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ


『……僕の好きな人は、とてもすごいんです。

 頭がよくて、スポーツも出来て、可愛くて……だけど、いざという時は誰よりもカッコよくて。
 僕はその子が好きなのと同時に、とても尊敬しているんです。
 僕もその子のようになれたらいいなって。

 そんな子に対して、僕が好きなんて言葉を伝えてもいいんでしょうか。
 その子の重荷になったりしないでしょうか。

 もしも快い返事を貰えたとして、僕といることで、彼女の魅力が失われたりしないでしょうか。

 ……そんなことを考えてしまうんです』


アスカ「……」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:49:37.12 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」

アスカ「……」ハァ


アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……」カチカチ



『明日の夕方5時、駅前の時計台の下に来てください』

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:51:54.37 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」ブルブル

アスカ「……」カパッ



『えっ、どういうことでしょうか?』



アスカ「……」カチカチ



『そこで、あなたに勇気をあげます。
 絶対に、逃げたり、遅れたりしないように』

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:53:51.03 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」パチン


アスカ「……」

アスカ「……」フゥ


アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……よし」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:55:47.42 ID:mE1M/hKYP

シンジ「えっと……」

シンジ「……」

シンジ「まだ、来てないのかな」

シンジ「駅って、ここでいいのかな」

シンジ「……」

シンジ「そもそも、なにがあるのかな」

シンジ「あのメールじゃ、よくわかんないよ」

シンジ「……」


シンジ「……」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:57:43.94 ID:mE1M/hKYP

アスカ「バカシンジ」


シンジ「―――えっ、えっ? アスカ?」

アスカ「……」

シンジ「な、なにやってんだよ! こんなとこで!」

アスカ「こっちのセリフよ。あんたこそ何やってんのよ」

シンジ「僕は、その……」

アスカ「……」

シンジ「えっと……」

アスカ「……」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 00:59:24.54 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……5時」

シンジ「え?」

アスカ「5時ね」

シンジ「……? そうだね」

アスカ「待ち合わせの時間よ」

シンジ「アスカ、誰かと待ち合わせしてるの?」

アスカ「……」

シンジ「アスカ?」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:01:44.93 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……料理犬」ボソッ

シンジ「……!?」

アスカ「……」

シンジ「な、なんでアスカがその名前、知ってるんだよ!」

アスカ「……」

シンジ「僕の携帯、勝手に見たの!?」

アスカ「……んな訳、ないでしょ」

シンジ「じゃあ、どうして……」

アスカ「……」

シンジ「……え?」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:03:59.09 ID:mE1M/hKYP

シンジ「赤猫って……同い歳って……」

アスカ「……」

シンジ「そ、そんな……ウソでしょ?」

アスカ「……ウソじゃないわよ」

シンジ「だ、だって、赤猫さんのは、アスカのアドレスと、違うじゃないか!」

アスカ「フリーメールを使っただけよ」

シンジ「で、でも……」

アスカ「……『でも』もなにもないわ。私が赤猫よ」

シンジ「……」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:06:22.50 ID:mE1M/hKYP

シンジ「……」

アスカ「……」


シンジ「……酷いや」

アスカ「え?」

シンジ「こんなの酷いよ! 僕をからかって、それで遊んでたんだ!!」

アスカ「……」

シンジ「影で笑ってたんだ……僕が、アスカのこと……それで……それなのに……」

アスカ「……」

シンジ「こんなの……こんなの……!!」グスッ

アスカ「……」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:08:15.53 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……で?」

シンジ「……え?」


アスカ「言いたいことは、それだけ?」

シンジ「……他に、なにがあるって言うんだよ」

アスカ「言いたいこと、あったんでしょ?」

シンジ「なんだよ、それ……」

アスカ「私が、あげるって言ったもの、覚えてないの?」


シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「は、はぁ!?」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:11:11.30 ID:mE1M/hKYP

シンジ「この状況で、告白しろって言うのかよ!!」

アスカ「……」

シンジ「そんなの出来るわけないだろ!! 馬鹿にするなよ!!」

アスカ「……」

シンジ「……」


アスカ「…………アンタさぁ」

シンジ「なんだよ」

アスカ「私が、アンタに好きだのなんだの言われたくらいで、どうして重荷になるって思ったのよ」

シンジ「……それは」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:13:23.67 ID:mE1M/hKYP

アスカ「私が、そんなにか弱い人間だと思ったわけ?」

シンジ「……」

アスカ「アンタと一緒にいるくらいで、駄目になるような人間だと思ったわけ?」

シンジ「……」


アスカ「私を、アンタの物差しで勝手に計って決めつけないで」

シンジ「……」

アスカ「……アンタこそ、私のこと、馬鹿にしないでよ……」

シンジ「……」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:15:30.87 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……」

シンジ「えっと」

アスカ「……なによ」

シンジ「……僕、やっぱり、なにも言えないよ」

アスカ「はぁ!?」

シンジ「……」

アスカ「ここまできて、なに言ってんのよ!」

シンジ「ち、違うんだ、そういうことじゃなくて!」

アスカ「じゃあ、なによ!」

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:16:48.94 ID:mE1M/hKYP

シンジ「―――そうだ!」カチカチ


アスカ「……? ちょっと、なんで携帯なんて」

アスカ「―――!」ブルブル


アスカ「……メール」

アスカ「料理犬……バカシンジから?」



『すき』



アスカ「……」

シンジ「……」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:18:01.37 ID:mE1M/hKYP

シンジ「ごめん、そういうことじゃなくて……」

アスカ「……」

シンジ「こんな、ドッキリみたいな、中途半端な形で言いたくないって、そう思ったんだ」

アスカ「……」


シンジ「もしも、ちゃんと言葉で伝える勇気が出来たなら、その時はちゃんと言うから」

アスカ「……」

シンジ「それまではさ、その……それで、我慢って言ったらあれだけど……待っててもらえないかな」

アスカ「……」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:20:30.70 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……ばっかみたい」

シンジ「ごめん……」

アスカ「……」

シンジ「……それでさ」

アスカ「なによ?」

シンジ「いつまで、待っててくれる?」

アスカ「……いつまで待たせる気なのよ」

シンジ「ごめん……」


アスカ「……いつまでだって、待ってあげるわよ」

シンジ「!」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:22:27.05 ID:mE1M/hKYP

アスカ「でも、できるだけ……早く、してよね」

シンジ「……うん」


アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」


シンジ「……かえろっか」

アスカ「……ええ」

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:24:20.77 ID:mE1M/hKYP

エピローグ



アスカ「……ふあぁ」

シンジ「……」ジー


アスカ「なによ」

シンジ「今日も髪、下ろしてるんだ」

アスカ「……悪い?」

シンジ「可愛いよ」


アスカ「……っ! アンタねぇ!」

シンジ「あはは」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:26:27.33 ID:mE1M/hKYP

アスカ「ったくもう、調子狂うわ……」

シンジ「……アスカ」

アスカ「なに?」

シンジ「……」

アスカ「……?」

シンジ「……いや、なんでもない」

アスカ「はっきりしなさいよ」


シンジ「僕、先に行くね」

アスカ「え? ……って、もうっ、なんなのよ!」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:28:24.55 ID:mE1M/hKYP

アスカ「……!」ブルブル


アスカ「メール……?」

アスカ「……」

アスカ「バカシンジ……」パカッ


アスカ「……」

アスカ「……!!」



アスカ「……案外、早かったわね」

405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:30:30.66 ID:mE1M/hKYP







『夕方5時、駅前の時計台の下に来てください』









終劇

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/02(日) 01:34:23.54 ID:mE1M/hKYP

ミサト展開は俺も頭に過ったけど、こっちにしてよかったと思う。よかったはず。
こんな夜遅くまでどうもな。最初書き終わってなかったからちょっと投下遅くてごめん。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:藤木「えっ……デスノート?」