シンジ「14年後!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ベジータ「怪盗キッドからの予告状だと!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/26(月) 17:45:37.07 ID:EaSAAfOk0

シンジ「何だ、夢か。14年後とかありえない展開だ。そうだ!綾波は!? ぽか波はどこ!?」

ミサト「起きたわね。シンジくん。ゼルエルとの戦いから一週間眠っていたのよ」

綾波「シンジくん…」

シンジ「綾波!良かった!! 本当に良かった!」

綾波「ぽかぽかする…」手をギュ

シンジ「綾波…。綾波のおかげで、ボク…」

綾波「シンジくんのおかげで、私……」

アスカ「何やってんのよ!! このあたしに心配かけさせて!!バカシンジ!」ボコッ

シンジ「いたいよ! ……アスカ? 生きてたの…!?」

アスカ「エヴァの呪縛よ…。本当に、心配かけさせて…」

シンジ「ボクのほうこそ、アスカが死んだんじゃないかって心配だったんだ!」

アスカ「こっちこそあんたのことが……バカシンジ! もう知らない!」

ミサト「早速で悪いけど、これからあたしたちはネルフを抜けるわ」

シンジ「!? どうしてですか!?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/26(月) 17:54:27.52 ID:EaSAAfOk0

ミサト「サードインパクトの儀式を見せられた日にゃね…。ネルフは、いや、碇司令はサードインパクトを止めようとしている風には見えなかった」

シンジ「……サードインパクト……トウジたちは大丈夫なんですか!?」

ミサト「大丈夫よ。生きてる。ニアサードインパクトは最小限に抑えることが出来た」

ミサト「あそこにいるカヲルくんのおかげでね」

ピアノを弾いている。

カヲル「ボクたちはこれから…フォースインパクト、ファイナルインパクトを止めなければならない…」

カヲル「それがキミの幸せなんだろう?」

シンジ「ボクはただ……綾波を救いたくて……」

綾波「シンジくん…」

シンジ「綾波…」

アスカ「なーにいちゃついてんのよ! こっちまで恥ずかしくなるわ!」

ミサト「うふふふ」

アスカ「何笑ってるのよ! ミサト!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/26(月) 18:05:30.90 ID:EaSAAfOk0

マリ「姫様は顔赤くしてご乱心〜」

アスカ「うるさい! コネメガネ! いきなり出るな!」

マリ「よっ、わんこくん。きみはどうする? ネルフを抜ける?」

シンジ「分かりません。でもその前に、やらなければならないことがあるんです。使徒との戦いで、すっかり忘れていた。ね、綾波」

綾波「うん。……頑張る」

ミサト「やらなければいけないこと?」


ゲンドウの部屋

シンジ「…………」

ゲンドウ「…………」

綾波「…………」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/26(月) 18:08:16.05 ID:EaSAAfOk0

シンジ「(静かだ…。これじゃ、何のために食事をしているのか分からないよ)」

綾波「……碇指令。私のご飯、どうですか?」

ゲンドウ「よく出来ている」

シンジ「あ、おいしいと思うよ!」

綾波「良かった……」

ゲンドウ「…………」

シンジ「…………」

綾波「…………」

シンジ「あっ、あの! しっ、知りたいことがあるんだ……」

ゲンドウ「……何だ」

シンジ「ミサトさんから聞いた…」

シンジ「どうして……サードインパクトを止めようとしなかったの?」

ゲンドウ「…………。……お前には知る必要がない」

シンジ「知る必要あるよ…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/26(月) 18:11:15.52 ID:EaSAAfOk0

シンジ「だって綾波が…綾波が消えそうになったんだよ!?」

ゲンドウ「…………」

シンジ「ちゃんと答えてよ! 父さん!!」机を叩く

ゲンドウ「……父さんか……………」

ゲンドウ「…………」

ゲンドウ「……愛しているからだ」

シンジ「……え?」

ゲンドウ「お前の母親……。碇ユイを愛しているからだ」

シンジ「どうして……愛しているから……? 愛していたら、サードインパクトを起こさないといけないの…?」

ゲンドウ「そうだ」

シンジ「綾波を犠牲にして!? わけがわからないよ……父さん! 父さんはいつもそうだ! 意味深なことだけ言って、おいてけぼりにする!」

綾波「…会うため……」

ゲンドウ「…………」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/26(月) 18:12:26.80 ID:EaSAAfOk0

綾波「サードインパクトを起こして、人類を補完して、私のオリジナルと会うため……」

ゲンドウ「…………なぜそのことを…」

綾波「サードインパクトの中で、初号機の中で碇ユイという人物に会ったから……。碇指令は、とても可愛い人……」

ゲンドウ「……………その言い方は……ユイ……」

ゲンドウ「……こちらへ来てくれ」サングラスを外す

綾波「はい」

シンジ「行っちゃだめだ!」

綾波「大丈夫。シンジくん」

ゲンドウ「ユイは……ユイは……何と言っていた?」

綾波「…私は大丈夫。ずっと、あなたのことを、見守っている。だから、シンジに苦労をかけさせないでちょうだい」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/26(月) 18:13:49.05 ID:EaSAAfOk0

ゲンドウ「そうか……そうか……」

ゲンドウ「……ユイ…………」サングラスをつける。

ゲンドウ「……人類補完計画は必要なくなったか……」

ゲンドウ「…………」

ゲンドウ「……一三○○をもって、これよりネルフは、ゼーレ殲滅の任に就く」

シンジ「父さん!?」

ゲンドウ「迷惑をかけたな、シンジ」

綾波「出てきて」

綾波が部屋の扉を開ける。

アスカ、ミサト、マリ、カヲル、リツコ、加持、冬月、伊吹、日向、シゲルが扉から崩れて入ってくる。

アスカ「あ、あは……」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/26(月) 18:18:53.75 ID:EaSAAfOk0

ミサト「…ご無沙汰しております」

加持「これから大変だな」

ミサト「他人事みたいに言っちゃって」

加持「他人事みたいに言わなくちゃ、やってられないのさ…」

リツコ「太鼓を叩くのは任せてちょうだい」

冬月「いいのか」

ゲンドウ「ああ、問題ない」



予告「ついに反撃の狼煙を上げたゲンドウ率いるネルフは、ゼーレと相対する!
そしてフォース、ファイナルインパクトを食い止めることが出来るのか!?
様々な思惑が交差するなか、17年の時を経て、ハッピーエンドを迎えることが出来るのか!?
さぁ?て、最後まで、サービス、サービスぅ!」


おしり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「うわあぁぁぁぁぁぁ!小指ぶつけたぁぁぁ!痛ってぇぇぇぇ」