ハルヒ「どうせクリスマス予定ないでしょ?」 キョン「あるが」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒはキョンに無視されると死にたくなるの

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 10:59:02.70 ID:lseFto430

キョン「旧友に誘われているんだが」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 11:16:58.50 ID:lseFto430

ハルヒ「はっ!?」

キョン「だから旧友に誘われててな。もう返事をしちまった」

ハルヒ「だ、誰よそれ!?」

キョン「……何故言う必要がある」

ハルヒ「あたしは団長なのよ!団員のことを知る権利があるわ!」

キョン「断固拒否だ」

ハルヒ「認めないわ!あんたに拒否権なんかないもの!!」

キョン「無茶苦茶だな。断ると言ったら断る!」

ハルヒ「くっ……!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 11:25:24.99 ID:lseFto430

ハルヒ「どうして言えないの!?何かやましいことがあるのね!」

キョン「あるか。言う必要性が見出せないだけだ」

ハルヒ「な、なによそれ……」

ハルヒ「……別……教……いよ」

キョン「なんだって?」

ハルヒ「相手の性別くらい……教えなさいよ!!」

キョン「……」

ハルヒ「……な、なによ」

キョン「いや……」

ハルヒ「は、早く言いなさい!それくらい言えるでしょ!?」

キョン「……お、女だよ」

ハルヒ「!?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 11:34:04.27 ID:lseFto430

ハルヒ「……だ、誰よ」

キョン「だからそこまでは言わん」

ハルヒ「いいじゃない……教えなさい。教えてよ」

キョン「な、なんだ、どうした。なぜ急に弱気になる?」

ハルヒ「なってないわよ……」

キョン「くっ……!」

ハルヒ「言ってもいいじゃない……。だってもう……そうなんでしょ?」

キョン「な、何がだ?」

ハルヒ「いいわよ、誤魔化さなくったって。クリスマスに遊ぶんだもん。そうなってるとしか思えないわよ」

キョン「すまん、お前の言ってることが抽象的すぎてよく分からんのだが」

ハルヒ「だから……」

キョン「……あ、ああ」

ハルヒ「もう……付き合ってるんでしょ? 誰かも言えないその子と」

キョン「いっ!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 11:45:51.55 ID:lseFto430

キョン「な、何故そうなる!!」

ハルヒ「だってそうじゃない。あり得ないわよ、それ以外」

キョン「飛躍しすぎだ!なら問うが、俺とお前がクリスマスに遊ぶことになったらそれは付き合うことと同義なのか!?」

ハルヒ「バッ、何言ってんのよ!!」

キョン「お前が言っているのはそういうことだろうが!!」

ハルヒ「あ、あたしとあんたじゃ話は別でしょ!?」

キョン「どこがどう違うってんだ」

ハルヒ「だってあたしはあたしだもの!ちゃんと知ってるのよ!?でもあんたの言う誰かさんについては何も知らない。
    そんなの、思考が短絡的になって当然よ!」

キョン「つ、つまり何が言いたいんだお前は」

ハルヒ「ずっと言ってるわよ!誰なの!?いいじゃない!あたしにくらい教えてくれたって!」

キョン「あたしにくらいってなんだよ」

ハルヒ「だ、団長だからよ!!団長だから!!」

キョン「……やれやれ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 11:56:06.47 ID:lseFto430

キョン「……逆に質問させてもらうが」

ハルヒ「なによ」

キョン「何故そこまで知りたがる」

ハルヒ「だから、あたしはSOS団の」

キョン「おっと。そんな『団長だから』なんてとってつけたような理由では言えんな」

ハルヒ「はぁ!?」

キョン「理由が無理矢理すぎる。納得のできるものでなければこちらも言う気が起きない」

ハルヒ「な、何よそれ!わがまま!」

キョン「こっちのセリフだっ!」

キョン「つまりだな。面白半分というか、好奇心のような感情で聞かれたくないんだよ。
    どうもからかわれている感じが拭えん」

ハルヒ「そ、そんなんじゃないわよ!」

キョン「じゃあどういうつもりなんだ?」

ハルヒ「うっ……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 12:04:02.74 ID:lseFto430

ハルヒ「き、気になるの!」

キョン「なんだそれは……」

ハルヒ「しょうがないじゃない!!なんか知らないけど気になるのよ!文句ある!?」

キョン「ストレートすぎて呆れた」

ハルヒ「うっさいわね!いいから早く教えなさいよ!!」

キョン「無理だ。無理ったら無理だ。この話はここで終わり、シャッターを降ろそう」

ハルヒ「何よ……」

キョン「とにかく無理だ。知りたきゃ自分で調べるんだな」

ハルヒ「いいじゃない別に……」

キョン「変に騒がれたくないんでな」

ハルヒ「お、覚えてなさいよ!!」

キョン「何をだ」

ハルヒ「あんたがさっき言った言葉!!知らないんだから!!」

キョン「あっ、おい! ……行っちまった」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 12:15:24.63 ID:lseFto430

ハルヒ「なによなによなんなのよ!!キョンのやつ!!生意気ね!!」

ハルヒ「あ〜もう!イライラする!!いいじゃない別に!!ケチ!キョンのケチ!!バカ!アホ!マヌケ!」

古泉「おや……涼宮さん、どうかされましたか?」

ハルヒ「古泉くん!!聞きたいことがあるの!!」

古泉「はぁ……僕でよければなんでも答えますが」

ハルヒ「さすがね!あんのバカキョンとは大違いよ!副団長を任されているだけはあるわ!!」

古泉「涼宮さんにそう言って頂けるとは、光栄です」

古泉(彼に閉鎖空間の発生原因を問いただそうと訪ねに来ましたが、その必要は無さそうですね……)

ハルヒ「とりあえず移動しましょ!そうね……どこか落ち着ける場所がいいわ!」

古泉「そうですね……中庭はいかがでしょう?」

ハルヒ「いいわね!決定!そんじゃ行くわよ!走って!」

古泉「はい!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 12:25:45.59 ID:lseFto430

ハルヒ「到着!飲み物何がいいかしら?やっぱり古泉くんはコーヒー?
    あたしが奢るわ!」

古泉「い、いえ、僕に払わせてください」

ハルヒ「遠慮は無沙汰、よ!たまにはわがままになりなさい!!」

古泉「わ、分かりました……。団長の命令とあれば、聞かないわけにはいきませんので、コーヒーでお願いします」

ハルヒ「わかったわ!はい、どうぞ!」

古泉「いただきます」

ハルヒ「それで、本題なんだけど」

古泉「はい、なんでしょう?」

古泉(本当に嵐のような人だとつくづく実感させられますね……)

ハルヒ「キョンから何か聞いてないかしら?」

古泉「何か、ですか?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 12:33:02.43 ID:lseFto430

ハルヒ「そうよ!」

古泉「何か…………申し訳ありません。何か、と言われるようなほどのことは何も」

ハルヒ「ほんとに?例えば……その」

古泉「はい」

ハルヒ「古泉くんって……キョンとそういう話はするの?」

古泉「そういう話とは……異性関係について、などでしょうか?」

ハルヒ「さすが察しがいいわね」

古泉「あまりそのような話は聞きませんね……彼も頑固ですから、抵抗があるのでしょう」

ハルヒ「そうなのよ!頑固すぎて口の一つも滑らせやしないの!」

古泉「つまり、今回の話はそういうことなのですね?」

ハルヒ「うっ……そ、そうよ!別にあたしは興味ないんだけど!
    あいつが頑なに隠すから暴いてぎゃふんと言わせてやりたいのよ!」

古泉「なるほど……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 12:42:16.12 ID:lseFto430

古泉「申し訳ありませんが、そのことについて僕は力になれそうもありません」

ハルヒ「いいのよ、あたしが聞き出せなかったんだもの。古泉くんが気に病む必要はないわ!」

古泉「はい、ありがとうございます」

古泉「ですが、アドバイスはできます……と、言いたいところですが」

ハルヒ「どうしたの?」

古泉「聡明な涼宮さんのことですから、次にどこに向かうべきかは自ずと理解していらっしゃるでしょう?」

ハルヒ「……ふふんっ!さっすがね古泉くん!やっぱりあたしの目に狂いは無かったわ!」

古泉「喜ばしい限りです」

ハルヒ「今後もその調子で頼むわね!じゃ、あたしは次をあたってみるから!」

古泉「わかりました、お気をつけて」

ハルヒ「っじゃ!」

古泉「……さて、まずは閉鎖空間の処理ですね。その後、彼に直接あたってみましょうか。ま、無駄足でしょうが……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 12:52:39.64 ID:lseFto430

ハルヒ「谷口!国木田!」

谷口「おわっ!?」 国木田「涼宮さん?」

ハルヒ「やっぱりまだ教室に残ってたのね!暇人なあんたらのことだもの。あたしの読みは正しかったわ!」

谷口「余計なお世話だよ」
国木田「キョンならいないよ?」

ハルヒ「あんなやつのことはどうでもいいのよ!二人に用があって来たの!」

国木田「本当に? こう言っちゃなんだけど、珍しいね」
谷口「もう映画撮影だけは勘弁だからな。というか手短にしてくれ」

ハルヒ「手短?この後予定なんかないでしょ?」

谷口「勝手に決めつけるなよ」

国木田「あるの?」

谷口「……ねぇよ」
国木田「……」

ハルヒ「ほら見なさい」

谷口「なんなんだ二人して!俺を追い込むのがそんなに楽しいか!?」

ハルヒ「別に、興味ないわ」 国木田「どちらかというと楽しいかな」

谷口「泣くぞ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 13:01:52.81 ID:lseFto430

国木田「それで、話って?」

ハルヒ「キョンのクリスマスの予定についてよ!!」

谷口「なにっ!? あいつ、もしかして抜け駆けか!?」

ハルヒ「その反応……なにも知らないのね」

谷口「おい!詳しく聞かせてくれ!あいつは誰と過ごすんだよ!」

ハルヒ「こっちが聞きたいわよ。なによ、一応キョンと仲の良いあんたらなら知ってるかもと思ったんだけど、期待外れね」

谷口「扱い酷くないか?」

国木田「キョン、そういうのあまり話さないからね」

ハルヒ「ま、知らないなら次の人にあたるだけよ! それじゃ!」

谷口「行っちまった……」

国木田「突然来て突然帰っていくね。涼宮さんらしいや」

谷口「俺貶されただけじゃねぇか!」

国木田「まあ……それも谷口らしいや」

谷口「どういう意味だよ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/25(日) 13:40:05.47 ID:lseFto430

ハルヒ「次は有希ね。確か今日は図書室に用があるって言ってたから行ってみようかしら」

図書室

ハルヒ(……えーっと、有希は)

長門「……」

ハルヒ(いたいた。普通に本読んでるわね)
ハルヒ「有希」

長門「……」

ハルヒ「ちょっと今いいかしら?」

長門「構わない」

ハルヒ「図書室じゃ話せないし、すぐ終わるから廊下でいい?」

長門「わかった」

ハルヒ「その本、まだ読んでる途中?」

長門「……借りるから」

ハルヒ「そう。今度お礼するわ。なんでも言ってちょうだい」

長門「……」

ハルヒ「それじゃ行きましょうか」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みさお「ちびっこに相談があるんだけど…」