ゲンドウ「……ネルフをクビになった」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「…おばあちゃん」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:39:41.47 ID:7nv+f0Zr0

シンジ「え……」

ゲンドウ「冬月が司令に成り代わって……何故だ……」

シンジ「父さん上司と折り合い悪いからでしょ」

シンジ「冬月さんが板挟みになって辛い、って何回も愚痴ってたよ」

ゲンドウ「ゼーレと私の人類補完思想は違うんだ」

シンジ「思想とか言ってる場合じゃないよ」

シンジ「早く再就職先見付けてよね」

シンジ「僕はネルフから給料出るからいいけど」

シンジ「中学生の僕に養われるなんて父さんも嫌でしょ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:40:32.04 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「……まだ貯金はある」

シンジ「でもいつか無くなるじゃないか……」

シンジ「とりあえず今日のところはいいけど……お風呂先に入る?」

ゲンドウ「いや、私は後でいい」

シンジ「そう、僕が出たら早めに入ってね」

シンジ「お湯が冷めちゃったらもったいないから」

ゲンドウ「ああ、問題ない」

バタン

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「とは言え普通の仕事なんてしたことがないな……」

ゲンドウ「貯金はあるが……とりあえず手に職を、か」

ゲンドウ「……ハローワーク第三新東京支部に行くか」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:42:56.41 ID:7nv+f0Zr0

………
……


面接官「それでは面接を始めます」

ゲンドウ「碇ゲンドウです、よろしくお願いします」

面接官「えーと、お宅は国家公務員を免職になった、と書いてありますが」

ゲンドウ「はい、上司との意見の食い違いにより」

面接官「詳しくはどんな業務内容だったのですか?」

ゲンドウ「国家機密なので答えられません」

面接官(なんだこのヒゲ)

面接官「……では、そちらではどのような役職に?」

ゲンドウ「司令です」

面接官「……司令?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:44:43.77 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「……いえ、地位としては取締役クラスと認識しております」

面接官「そんなに偉い方でも免職になってしまう時代ですか……」

ゲンドウ「不景気ですから」

面接官「でもウチは飲食業ですし、そんな偉い方が当社で接客や水仕事ができますか?」

ゲンドウ「頑張ります」

面接官「頑張りますはいいんだけど……」

面接官「おたく、なんでグラサン着けて面接に来てるの?」

ゲンドウ「問題ない」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:46:11.57 ID:7nv+f0Zr0

面接官「いや、問題あるでしょ」

面接官「グラサン着けて接客するウェイターなんて聞いたことないでしょ?」

ゲンドウ「……これは私のトレードマークでして」

ゲンドウ「着けてないと息子にヤクザ扱いされて……」

面接官「いや、着けてても人相悪いよおたく」

面接官「ともかく、グラサン着けて面接に来るような方は採用出来ません」

ゲンドウ「……はい」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:48:13.49 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「……シンジ、三社受けたが駄目だった」

シンジ「そりゃグラサン着けて行ったら落ちるよ」

シンジ「面接は印象で決めるんだから」

シンジ「ヒゲ剃って、普通の眼鏡にして、髪も清潔にして行かなきゃ」

ゲンドウ「それでは私のアイデンティティーが」

シンジ「そんな事言ってたらいつまで経っても再就職出来ないよ!」

ゲンドウ「すまん……」

シンジ「ほら、ご飯だから器運んで」

ゲンドウ「今日はモツ鍋か」カチャカチャ

シンジ「僕の給与だって使徒が来なくなったら入らなくなるんだし」

シンジ「いつ危険な目に会うかわからないんだから、早く仕事先決めてよ」トン

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:49:52.43 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「すまんな、シンジ」

シンジ「いいよ、一応家族だし」

ゲンドウ「いただきます」

シンジ「いただきます」

ゲンドウ「……最近、ネルフはどうなっている」カチャ

シンジ「使徒も来ないし、平和だよ」モグモグ

ゲンドウ「そうか……レイの様子はどうだ」パク

シンジ「明るくなったよ。今度食事会がしたいって言ってた」パクパク

ゲンドウ「……そうか」ゴク

ゲンドウ(私も行きたい)

シンジ「ああもう、お酒飲むなら自分で買ってきてよ」

ゲンドウ「ああ」モグモグ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:51:48.08 ID:7nv+f0Zr0

チャラーラーチャーラーララー
ジャラジャラジャラ

ゲンドウ(就職難も重なって、熟年からの再就職がこうも難しいとは)

リーチ!

ゲンドウ(世界はこんなにも冷えきっていたのか)

デーンデンデンデンデンデン
シンヤシマサクセンカイシ!

ゲンドウ(……使徒がいなくても、エヴァがなくても人類補完出来そうな勢いだな)

ゲンドウ「あっ、金枠ラミエルリーチ外しやがった」ドン

ゲンドウ「くそっ、やっぱり赤木博士は金枠でも信用ならんな」

ゲンドウ(隣は山ほど出ているし、そろそろやめ時か……)チラ

ゲンドウ「……!」

加持「おや、碇司令じゃないですか」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:53:53.65 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「加持リョウジ……なぜここに」

加持「いや、冬月司令とゼーレからお前はもういらんと言われましてね」

加持「私もフーテンですよ」ハハハ

ゲンドウ「今はどうやって暮らしている」

加持「葛城の家に居候させてもらってます」

加持「いわゆるヒモです」ハハハ

ゲンドウ(ヒモか……赤木博士に掛け合ってみようか)

ゲンドウ「だいぶ出ているな」

加持「二重スパイをやる前はこれで口に糊していましたから」

アヤナミヲ……カエセ!

加持「おっ、全回転」

ゲンドウ「……帰る」

加持「お疲れ様です。また飲みにでも行きましょう」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:56:31.79 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「FXとやらを始めようと思う」

ゲンドウ「面接は受からんからな」

シンジ「やめときなよ……きっと失敗するよ」

ゲンドウ「失敗するのなら誰もやらんだろう」

ゲンドウ「ネルフ在籍時の貯金はまだ豊富にあるしな」

ゲンドウ「エヴァを管理していた私にとってマネーゲームなど容易い」

シンジ「知らないよどうなっても……」

………
……


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 21:58:28.00 ID:7nv+f0Zr0

シンジ「ただいまー」

ゲンドウ「シンジ……」

シンジ「?どうしたの父さん、顔真っ青だよ」

シンジ「やっぱり失敗したんでしょ」ゴソゴソ

ゲンドウ「私の貯金が……奪われていた」

シンジ「ええっ!?」

ゲンドウ「赤木博士の仕業だ……定期預金も含め全て……」

シンジ「な、なんで!?」

ゲンドウ「一度酔って暗証番号をポロリとこぼしたことがある……」

ゲンドウ「登録印も預けていたのを忘れていた……」

シンジ「そんなの犯罪じゃないか!ミサトさんに言って……」

ゲンドウ「いや……いい」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:00:16.89 ID:7nv+f0Zr0

シンジ「なんで!」

ゲンドウ「とにかく……いいんだ」

ゲンドウ(言ったら……)

ポワポワポワーン

ゲンドウ『赤木博士……私を縛ってくれないか』

リツコ『え……?』

ゲンドウ『縛って鞭で叩いた上ヒールで踏みながら罵って欲しい』

リツコ『そ、そんな変態みたいなこと出来ません!』

ゲンドウ『本当はレイにやって欲しいんだがな』ボソッ

リツコ『やります』キリッ

………
……


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:02:25.64 ID:7nv+f0Zr0

リツコ『ほら、これが欲しかったんでしょ?この薄汚い豚が!』パシーン

ゲンドウ『ひぎぃ!』ビターン

リツコ『ほらほら、豚なら鳴いて見せなさいよ!』パシーン

ゲンドウ『ぶひぃ!』ゾクゾク

リツコ『なんて恥ずかしい格好なのかしら!?』

リツコ『記念に写真を撮ってあげるわ』パシャ

ゲンドウ『待て赤木博士、写真はまずい』

リツコ『誰が喋っていいって言ったの!?』パシーン

ゲンドウ『あふぅ!』ビクンビクン

………
……


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:03:41.12 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ(言ったら間違いなくあの恥ずかしい写真をバラまかれる……)

ゲンドウ(あれが世に出回ったら私の人生は終わりだ……)

ゲンドウ「早急に金策については考える、問題ない」

シンジ「頼むよ父さん……僕の給料だって中学生って名目上、あんまり使えないんだから」

ゲンドウ「わかっている」

シンジ「はぁ……お風呂洗ってくるね」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:06:55.54 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「ああ」プシュ

ゲンドウ「ゴクゴクゴクゴク」

ゲンドウ「ふう……」プハー

シンジ「……仕事しないのにビールは飲むんだ?」

シンジ「あのだらしないミサトさんだって仕事してから飲んでたのに」

ゲンドウ「……いや」

シンジ「父さんの貯金があてにならなくなったんだから、お酒も控えてよ」スタスタ

シンジ「父さんのお小遣いも減らすからね」バタン

ゲンドウ「……」

ゲンドウ(楽に金が手に入る方法はないものか)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:08:57.86 ID:7nv+f0Zr0

チャラーラーチャーラーララー
ヒャクヨンバンダイオオアタリスタートシマシタ!

ゲンドウ(千円で10万くらい出ないものか)ジャラジャラジャラ

ゲンドウ(月に50万稼ぐとして……1日2万弱勝てばいい計算か)

チョーゼツカワイイミーチャン!

リーチ!

加持「また会いましたね、碇元司令。出てますか?」

ゲンドウ「今、超絶カットインとゼブラ柄保留でのリーチが掛かったところだ」

加持「それは胸熱ですね。おや、推しメンはみーちゃんですか」

ゲンドウ「ああ、君は誰だ」

加持「私はまりこ様一筋ですので」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:10:46.13 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「パチンコで勝つ秘訣はなんだ」

加持「おや、何故ですか?」

ゲンドウ「職を失い、貯金も奪われた。パチンコで生活しようかと思ってな」

ゲンドウ「あっ、外しやがった……有り得ん」

加持「うわ、これは痛いですね……」

加持「ああ、秘訣でしたね」

加持「そうですね……データと回転率、でしょうか」

加持「とにかく機械割の高く、よく回る台を打ち続けることです」

ゲンドウ「そんなものか」

加持「ええ、特に多人数だと有効な手段ですが……一人だと厳しいかも知れませんね」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:12:42.40 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「辛いな、現実は……」

ゲンドウ「……帰る」

加持「お疲れ様です」

加持「あ、そうだ。明日競艇で大きなレースがあるんですが行きませんか?」

ゲンドウ「競艇か……やったことはないな」

加持「競馬や宝くじよりは遥かに当たりますよ」

ゲンドウ「わかった、行こう」

加持「では明日、迎えに行きますよ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:14:38.02 ID:7nv+f0Zr0

―――翌日

シンジ「ただいま……」

ゲンドウ「シンジ」

シンジ「うわっ!? び、びっくりさせないでよ父さん」

ゲンドウ「小遣いがなくなった……都合してくれ」

シンジ「昨日あげたばかりじゃないか!」

ゲンドウ「……」

シンジ「なんで一日でなくなるの!? 何に使ったの!?」

ゲンドウ「……加持リョウジに誘われて、その、競艇に」

シンジ「で……負けたの?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:16:50.99 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「……あそこで六号艇がモンキーターンを決めていれば大勝だったのだ」

シンジ「父さん……」

ゲンドウ「なんだ」

シンジ「うちはそんなにお金持ちじゃないんだよ……」

シンジ「それなのに働かずに毎日パチンコや競艇に……」

ゲンドウ「それは……金を増やそうと」

シンジ「ギャンブルで生活できるわけないでしょ!」

ゲンドウ「……」

シンジ「最低だよ父さん! もう知らないよ!」

バタン

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「……最低、か」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:19:06.68 ID:7nv+f0Zr0

カー カー

アスカ「あれ、あそこの川べりで体育座りしてるの、碇元司令じゃない?」

レイ「……そうかも。免職になったって聞いたし」

アスカ「そう言えばシンジがぼやいてたわね」

アスカ「アンタは声かけなくていいの、エコヒイキ? 碇元司令と仲良かったじゃない」

レイ「碇司令はもう司令じゃない」

レイ「まるでグラサンの似合ってないダメなおっさん……略してマダオよ」

アスカ「まぁそうね。それにしても……」

アスカ「あの背中、哀愁漂ってるわね……」

レイ「行きましょう」

ゲンドウ「……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:21:47.76 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ(職を失い、レイに愛想を尽かされ、愛人に貯金も奪われた……)

ゲンドウ(これもまた、人類を補完しようとした報いか)

ゲンドウ(私にはもう、シンジしか残っていない……)

ゲンドウ(もう矜持や建前などどうでもいい)

ゲンドウ(……働こう。身を粉にしてでも)

ゲンドウ(例え、私が私でなくなったとしても)

ゲンドウ(シンジだけは、失うわけに行かん)

スッ

ゲンドウ「まずは新しい髭剃りを買って眼鏡屋に行ってから……床屋だな」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:23:42.51 ID:7nv+f0Zr0

翌日

面接官「それでは面接を始めますね」

ゲンドウ「碇ゲンドウです! 趣味は草野球です!」

面接官「お歳の割に明るい人だね〜、前はどんなお仕事をしていらっしゃったんですか?」

ゲンドウ「巨大ロボットで人類を守るお仕事をしていました!」

面接官「はっはっは、面白い人だね。採用〜!」

そして私はコンビニ店員として働くことになった。
恥も外聞も知ったことではない。
生きるために働くという、人間としては当たり前の行為に、産まれて初めて傾倒する。
それは、意外にも悪い気はしなかった。

ゲンドウ「いらっしゃいませ!」

ミサト「ビールちょうだい。あとおつまみとおでん」

ゲンドウ「ありがとうございました!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:25:02.48 ID:7nv+f0Zr0

コンビニの店員をしていると、色々な人間に出会える。
閉じた組織の中で決まった人間と接していた私にとって、それは新鮮だった。

ゲンドウ「いらっしゃいませー!」

青葉「ギターマガジンとのり弁」

ゲンドウ「ありがとうございましたー!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:26:34.60 ID:7nv+f0Zr0

何度か昔の同僚に出会ったが、みんな私には気付いていないようだった。
当たり前だ、髭を剃り丸眼鏡をして七三分けにした私は、かつて椅子に座り威張り散らしていたまさにダメなお父さん、略してマダオではない。

ゲンドウ「らっしゃーせー!」

マヤ「アンアンとブブカと……プリンを」

ゲンドウ「あざーっしたー!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:28:44.32 ID:7nv+f0Zr0

一か月、週休二日のアルバイトで働いて給与は前と比べ物にもならない15万円……。
慣れない仕事に身体は悲鳴を上げ、身体中筋肉痛と戦う日々だった。

ゲンドウ「あっしゃーせー!」

トウジ「おっちゃん、コーラとからあげ串! おっきいヤツ頼むわ!」

ヒカリ「もう鈴原、恥ずかしいこと大声で言わないでよ」

ゲンドウ「じゃーっしたー!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:30:30.20 ID:7nv+f0Zr0

だが、皮肉にも心中はどこかで穏やかだった。
きっと、シンジと「普通の親子」として生活できているから、だろうか。

ゲンドウ「しゃーせー!」

レイ「包帯とカップラーメン」

ゲンドウ「あーっしたー!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:31:46.39 ID:7nv+f0Zr0

朝から晩まで働き、家に帰ればシンジと一緒に飯を食い、寝る。
こんな当たり前のことが、今までは出来なかったのだ。

ゲンドウ「っせー!」

冬月「整髪料とブレスケアをもらえるかな」

ゲンドウ「っしたー!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:34:09.90 ID:7nv+f0Zr0

ここにユイが居れば完璧だったのだが……過ぎた事はもう変えられない。
私にはユイの忘れ形見のシンジがいる。
それだけでいいじゃないか。

ゲンドウ「いらっしゃ……」

シンジ「と、父さん!?」

ゲンドウ「学校の帰りか、シンジ」

シンジ「う、うん……父さん、ここで働いてたんだ」

ゲンドウ「ああ。今からあげ串を作ったばかりだが、食うか。今なら105円が84円だぞ」

シンジ「いや、いいよ……帰ったらご飯だし」

ゲンドウ「卵も切れていたな。買って帰ろう」

シンジ「なんだか、不思議だね……父さんがコンビニの店員だなんて」

シンジ「ちょっと前までエヴァに乗れ、乗らなければ帰れ、なんて言ってたのに」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:36:45.78 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「まあな。だが、悪くはない」

ゲンドウ「シンジとこうして話すこともできる。家に帰ればシンジと飯が食える」

ゲンドウ「私はそれで満足している」

シンジ「そうだね。僕も父さんと過ごせて嬉しいよ」

ゲンドウ「……そうか」

シンジ「ずっと一緒に暮らせなかったから……かな」

シンジ「母さんがいないのは少し寂しいけど、今は父さんがいるしね」

ゲンドウ「シンジ……今更だが、悪いことをした」

ゲンドウ「私は―――」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:40:43.61 ID:7nv+f0Zr0

ドーン!

シンジ「うわっ!?」

ゲンドウ「使徒か……!?」

ピピピピピ

シンジ「は、はい」

ミサト『シンジ君、わかってると思うけど、使徒が現れたわ』

シンジ「もう肉眼で確認しましたよ!」

シンジ「なんでこんなに接近するまで気付かなかったんですか!」

ミサト『いきなり上空に現れたのよ! とにかく本部へ急いで!』

シンジ「は、はい!」ピッ

ゲンドウ「行くのか」

シンジ「行かなきゃ……街のみんなが危ないよ」

ゲンドウ「シンジ、お前はもうエヴァに乗る必要はない」

シンジ「父さん……?」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:43:13.68 ID:7nv+f0Zr0

ゲンドウ「今だから話そう。あの時お前を呼んだのは他でもない」

ゲンドウ「エヴァ初号機にはユイ……お前の母親の魂が宿っている」

シンジ「……!」

ゲンドウ「だからお前を呼んだ。初号機はお前にしか上手く動かせんからな」

ゲンドウ「だが……人類補完計画も、今となってはもうどうでもいい」

ゲンドウ「私という拘束具がない以上、お前はエヴァを降りてもいい」

ゲンドウ「動かせない初号機は永劫に凍結されるだろう。ユイには悪いが、約束は果たした」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:46:02.98 ID:7nv+f0Zr0

シンジ「約束……?」

ゲンドウ「『シンジが幸せに暮らせるように』」

ゲンドウ「それがユイの言葉だ。私は、それを履き違えていたようだ」

ゲンドウ「私の宿願であった人類補完計画」

ゲンドウ「それは命の器と魂の器をひとつとし、永遠を生きること」

ゲンドウ「だが今の私に永遠に意味があるとは思えん」

ゲンドウ「ヒトは……朽ちるまで必死に戦うから美しいのだ」

シンジ「父……さん」

ゲンドウ「零号機と弐号機だけで第三新東京支部の運用は充分だしな」

ゲンドウ「一人の父親として、お前に無事でいてもらいたい」

シンジ「本当……父さんは勝手だね」

シンジ「いきなり呼んで乗れと言ったり、今度は降りてもいい、なんて……」

ゲンドウ「……言葉もない」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:47:55.29 ID:7nv+f0Zr0

シンジ「でも……ありがとう。やっと父さんの言葉が聞けた気がした」

シンジ「でも、僕は行くよ」

シンジ「僕にしか乗れないなら、僕にしかやれないことがあると思うんだ」

ゲンドウ「そうか。ならば止める理由はない」

シンジ「うん、行ってくる」

ゲンドウ「今日は私が夕食を作ろう」

ゲンドウ「何がいい、言ってみろ」

シンジ「……オムライス」

ゲンドウ「わかった、健闘を祈る」

ゲンドウ「……頑張れ、碇シンジ」

シンジ「……うん!」タッ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:48:39.41 ID:7nv+f0Zr0

店長「ちょ、ちょっと碇君! 外に変なの来てるよ! 早く避難しなきゃ!」

ゲンドウ「大丈夫ですよ、店長」

ゲンドウ「あれは、私の自慢の息子が何とかしますから」

ゲンドウ「私は品出しをしてきます」

ゲンドウ「これで……良かったのだろう? ユイ……」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:49:58.35 ID:7nv+f0Zr0

シンジ「ただいまー」

ゲンドウ「お帰り、シンジ」

シンジ「わ、いい匂い。本当にオムライス作ってくれたの?」

ゲンドウ「約束だからな」

ゲンドウ「ただ……」

シンジ「?」

ゲンドウ「私の技術が足りないせいで……」グチャ

シンジ「ぷっ……あはははは! これじゃチキンライスの卵炒めだよ」

ゲンドウ「すまない……」

シンジ「ううん、嬉しいよ。初めて父さんが僕にご飯を作ってくれたんだ」

シンジ「一緒に食べようよ」

ゲンドウ「あぁ、そうだな」

シンジ「いただきます」

ゲンドウ「いただきます」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/21(水) 22:51:42.94 ID:7nv+f0Zr0

見てくれた人ありがとう!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「古泉に仕返ししてやる」