ダイジョーブ博士「サァ悪魔ニ魂ヲ売ルノデース」和田監督「……うむ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「う〜寒い、こんな日はココアに限るな」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 04:43:01.93 ID:bZ5sXUyxo

ハゲ「心ハ決マッタヨウデスネ」

和田「えぇ。虎穴に入らずんば虎児を得ずです」

ハゲ「サスガハ猛虎軍団ノ指揮官デスネ。立派デス」

和田「…………」

ハゲ「デハ、コノ書類ニ、サイント判子ヲ」

和田「はい……」

カキカキ ポン

ハゲ「フフッ。契約成立デスネ」

和田「……はい。そうですね」

ハゲ「……ソレデハ始メマショウ。アナタノ気ガ変ワラナイ間ニ」

和田「……うっ、うむ」

ハゲ「サテ、マズハ誰ヲ?」

和田「……そうですね。まずは、藤井から……」

ハゲ「……藤井捕手デスカ。ワカリマシタ……」

………………
…………
……

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 04:49:03.89 ID:bZ5sXUyxo

第一部・藤井編

━━藤井の家━━

藤井「なんか小腹が空いたなぁ。夜食に、お好み焼きでも食うか……」

ピンポーン ピンポーン

藤井「ん? 誰や? こんな時間に」

ピンポーン ピンポーン

藤井「はーい。今いきまーす」

ガチャッ

ゲドー「ギョギョッ」

藤井「えっと……。どちらさまで?」

ゲドー「ギョギョギョ」

藤井「……いや、ぎょぎょって言われても」

ゲドー「ギョギョギョー」

プシュー

藤井「うっ!? うわーっ!?」

フラフラ…… ポテン……

藤井「……うぅっ……」Zzz・・・・

ハゲ「サテ、ゲドー君、トットト運ビマショウ」

ゲドー「ギョギョッ」

………………
…………
……

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 04:51:59.31 ID:bZ5sXUyxo

━━研究所━━

藤井「…………」Zzz・・・・

和田「すまんな。藤井」

藤井「…………」Zzz・・・・

博士「ダイジョーブデース。彼ハキット、パワーアップシマース」

和田「うっ、うむ。信じています……」

ハゲ「サテ、ソレデハ彼ヲ、ドノヨウニ強化シマスカ?」

和田「そうですね。なるべく、成功確率の高いものでお願いします」

ハゲ「成功率? ソレナラ、弱点部位ノ強化デスネ……」

和田「弱点部位の強化ですか。ちなみに成功率は?」

ハゲ「約90パーセントデス」


4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 04:55:46.77 ID:bZ5sXUyxo

和田「90パーセント!? すごいじゃないですか」

ハゲ「デモ、面白味ガアリマセンヨ?」

和田「そんなものいりません。それでお願いします」

ハゲ「ワカリマシタ。ソレデハ、ゲドー君……」

ゲドー「ギョギョッ」

藤井「…………」Zzz・・・・

ハゲ「始メマショウ」

ゲドー「ギョギョギョッ」

ビビビビビビビビビッ バリバリバリ バチバチッ

ザシュッ ザシュッ ザシュッ ビビビビビッ バリバリバリ

藤井「うっ!? うわぁぁああーっ!?」

和田「ふっ!? 藤井ぃぃいいーっ!!!」

ハゲ「神ニデモ悪魔ニデモ祈リナサーイ」

ザクッ ブシュッ バリバリバリ バリバリバリ

ザクッ ズブッ ビビビビビッ バチバチバチッ

藤井「うっぎゃぁぁあああああああーっ!!!」

和田「藤井ぃぃいいいーっ!!!」

………………
…………
……

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 04:58:49.81 ID:bZ5sXUyxo

ハゲ「オォ。完璧ニ成功シマシタ」

ゲドー「ギョギョッ」

藤井「…………」Zzz・・・・

和田「…………」

ハゲ「監督。ドウシタノデスカ? ナゼ喜バナイノデスカ?」

和田「あっ、あの……。博士……」

ハゲ「ナンデスカ? 監督」

和田「そこで寝てるのは誰ですか?」

藤井「…………」Zzz・・・・

ハゲ「モチロン、藤井捕手デスヨ」

和田「…………」

ゲドー「ギョギョッ」

藤井「…………」Zzz・・・・


6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 05:02:50.85 ID:bZ5sXUyxo

和田「……あの。……藤井の顔が、GACKT に見えるのですが……」

藤井「…………」Zzz・・・・

ハゲ「ハイ。彼ノ弱点部位ヲ強化シマシタカラ」

和田「…………」

ハゲ「手術ハ、大成功デスヨ」

和田「……身体は、元の藤井ですか?」

ハゲ「ハイ。弱点以外ハ、ノータッチデース」

和田「…………」

藤井「…………」Zzz・・・・

和田「……あの、身体能力がアップしてたりは?」

ハゲ「イイエ。弱点以外ハ、ノータッチデース」

ゲドー「ギョギョッ」

和田「…………」

藤井「…………」Zzz・・・・

ハゲ「手術ハ、大成功デース」


━━藤井編・完━━

14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2012/11/13(火) 21:42:32.33 ID:z1v72vRYo

和田「あの、博士」

ハゲ「ハイ。ナンデスカ?」

和田「選手の顔を改造するのは、あまり気乗りがしないのですが……」

ハゲ「ソウナノデスカ?」

和田「はい。野球は、顔でする物じゃありませんし」

ハゲ「フム……。確カニ、ソウデスガ……」

和田「えぇ」

ハゲ「デモ、女性ファンハ増エマスヨ」

和田「まぁ、それはそうでしょうが」

ハゲ「儲カリマスヨ……」

和田「…………」

ハゲ「オ金。ガッポガッポデスヨ……」

和田「…………」

ハゲ「削ッテシマイマショウヨ」

和田「え?」

ハゲ「アゴ削リマショウ。アノ人ノ、アゴ」

和田「あぁ。平野のアゴですか。でも、平野はFAをですね……」

ハゲ「オォ、ソウデシタカ。残念デス」

和田「はい。残留してくれれば……」

ハゲ「残留シテホシイデスネ」

和田「はい」


15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 21:46:52.54 ID:z1v72vRYo

ハゲ「デハ、平野選手ノ事ハ置イテオキ……。ゲドー君」

ゲドー「ギョギョッ」

ハゲ「次ノ実験体ヲ、ココニ」

ゲドー君「ギョギョーッ」

ズルズル ズルズル ドサッ

大和「…………」Zzz・・・・

和田「……すまんな。……大和」

ハゲ「ダイジョーブデース。手術ハ、キット成功シマス」

和田「……えぇ。信じていますよ。博士……」

大和「…………」Zzz・・・・

和田「…………」


16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 21:50:04.26 ID:z1v72vRYo

第二部・大和編

ハゲ「……大和選手。守備ト足ハ、スデニ一流デスネ」

和田「えぇ。後は打力さえあれば……」

ハゲ「次世代ノ、猛虎ノ顔ニナレマスネ」

和田「えぇ。大和には、とても期待してるんです」

ハゲ「フム。若イ金ノ卵。イイデスネ」

和田「……博士」

ハゲ「デハ、神カ悪魔ニ祈ッテクダサーイ」

和田「……大和」

ゲドー「ギョギョーッ」

ハゲ「ハジメマース」

ガチャン ビビビッ バリバリバリバリバリッ

大和「うっ!? うわぁぁあああああああーっ!!」

ビビビッ ビビビッ バチバチ バチバチバチッ

大和「がっ、あがっ、ぐわぁあああーっ!!!」

和田「大和ぉぉおおおーっ!?!」

ゲドー「ギョッ? ギョギョッ!?」

ハゲ「……ムッ?」

………………
…………
……

10 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2012/11/13(火) 18:27:53.00 ID:4yktYPNE0

科学ノ発展ニ犠牲ハツキモノデース

17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/13(火) 21:53:20.15 ID:z1v72vRYo

ハゲ「……残念デス。>>10サンノ予言ガ、当タッテシマイマシタネ……」

和田「やっ、大和ぉぉおおおーっ!!!」

大和「……うっ……うぅーっ……」ブスブス ブスブス

ゲドー「ギョギョッ……」

ハゲ「ゲドー君。彼ヲ、コッソリ元ノ場所ニ戻シテオイテクダサイ」

ゲドー「ギョギョッ」

ズルズル ズルズル ズリズリ ズリズリ

大和「…………」Zzz・・・・

和田「やっ、やま……と……グスッ……」

ハゲ「ダイジョーブデス。守備力ト走力ニ、変化ハ無イハズデスヨ」

和田「え?」

ハゲ「下ガッタノハ、元々、有ッテ無カッタ程度ノ、彼ノ打力ダケデス」

和田「博士……。有って無かったって……」

ハゲ「彼ハ、マダ若イノデス。温カク見守リマショウ」

和田「はっ……はい……。博士……」


ゲドー「ギョギョッ」

ズルズル ズルズル ズリズリ ズルズル ぽいっ ドサッ

大和「……うぅっ……」Zzz・・・・


━━大和編・完━━

21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2012/11/14(水) 12:36:59.29 ID:+gvp2ISHo

和田「……すまん。大和……」

ハゲ「過ギタ事デス。仕方ガアリマセン。犬ニ噛マレタトデモ思ッテ忘レマショウ」

和田「…………」

ハゲ「トコロデ監督」

和田「何ですか?」

ハゲ「鳥谷内野手ノ、チーム残留ガ決マリマシタネ」

和田「えぇ。あれは朗報でした」

ハゲ「フフフッ。オメデトウゴザイマース」

和田「はい。ありがとうございます」

ハゲ「ソコデデスネ」

和田「はい?」

ハゲ「ヤッチャイマセンカ?」

和田「えっ?」

ハゲ「ヤッチャイマショウヨ」

和田「…………」

ハゲ「フフフフフッ」


22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga saga] 投稿日:2012/11/14(水) 12:39:40.20 ID:+gvp2ISHo

和田「鳥谷を……。ですか?」

ハゲ「ハイ。鳥谷選手ヲデス」

和田「しかし、鳥谷にもしもの事があれば、チームは……」

ハゲ「ダメデスカ? 彼ハ最高ノ素材デスヨ」

和田「しかし鳥谷は、今のままでも十分に活躍してくれると……」

ハゲ「イイエ。彼ハ、モット上ニ行ケルノデスヨ」

和田「もっと上に?」

ハゲ「ハイ。トリプルスリーデ、ゴールデングラブの遊撃手。欲シクナイデスカ?」

和田「とっ、トリプルスリーで、ゴールデングラブの遊撃手……」

ハゲ「フフフッ。彼ナラバ、鳥谷選手ナラバ、十分ニ可能デスヨ」

和田「…………(ゴクリ)」


24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga saga] 投稿日:2012/11/14(水) 12:42:52.68 ID:+gvp2ISHo

ハゲ「フフフッ。無理強イハシマセンガ……」

和田「…………」

ハゲ「アナタガ、コノ書類ニ判子ヲ押スダケデ……」

和田「…………」

ハゲ「……彼ハ、球史ニ名ヲ残ス、スーパーマンニナレマスヨ……」

和田「……鳥谷が、球史に名を残すスーパーマンに……」

ハゲ「フフフッ。優勝シタクナイデスカ? 和田監督」

和田「……優勝……」

ハゲ「……日本一……ステキデスネ……」

和田「……日本一……」

ハゲ「サァ、監督。判子ハ、ココデスヨ」

和田「………………」

ハゲ「サァ、監督。判子ハ、ココデスヨ」

和田「……はい。……博士」

……ポン

………………
…………
……


25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga saga] 投稿日:2012/11/14(水) 12:45:11.36 ID:+gvp2ISHo

第三部・鳥谷編

鳥谷「ぬぐぁぁぁああああああーっ!?!?」

ゲドー「ギョギョーッ!?」

和田「鳥谷ぃぃいいーいい!!!」

ハゲ「ヌッ? コレハ!?」

和田「はっ、博士!?」

鳥谷「ごぁぁああああーっっ!?!?」

ゲドー「ギョッ!? ギョギョギョギョー!!!」

…………………………
………………
…………
……

ハゲ「科学ノ発展ニ犠牲ハツキモノデース」

鳥谷「…………」ピクピク ピクピク

和田「……あっ……ぁあっ……」

ハゲ「ゲドー君。彼ヲ元ノ場所ニ……」

ゲドー「ギョギョッ」

ズルズル ズルズル ズリズリ ズリズリ

和田「…………と……り……た……に?」

ハゲ「マァ、監督。ソウ気ヲ落トサナイデクダサイ。ダイジョーブデース」

和田「……はっ、博士。……とっ、鳥谷は?」

ハゲ「ダイジョーブデース。代ワリノ選手ハ、マダマダ、イッパイイマース」

和田「…………」

ハゲ「監督。次イキマショー。次ハキット、ダイジョーブデース」

和田「…………」


ゲドー「ギョギョッ」

ズリズリ ズリズリ ズルズル ぽいっ ドサッ

鳥谷「……うぅっ……」Zzz・・・・


━━鳥谷編・完━━

31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2012/11/14(水) 20:25:20.01 ID:pCcIDBVSo

第四部・榎田編

ハゲ「スイッチオンデース」

カチッ

バリバリバリバリバリッ ビビビビビッ

ゲドー「ギョギョーッ」

榎田「がっ!? がぁぁあああああーっ!?!」

和田「榎ダァァアアーッ!!!」

ゲドー「ギョギョーッ」

ハゲ「オォッ! コレハ、イイカンジデース!」

榎田「ふっ!? ふがぁぁあああああーっ!!!」

和田「頑張れぇぇえええーっ!」

……………………
………………
…………
……


32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/14(水) 20:26:43.95 ID:pCcIDBVSo

ハゲ「オォッ! 大成功デース!」

ゲドー「ギョギョッ」

榎田「……うっ……」Zzz・・・・

和田「成功! 成功したんですね!」

ハゲ「ハイ。科学ノ進歩ノ瞬間デース」

和田「おぉっ! ついに……」

ハゲ「フフフッ。長打力アップデース」

和田「おぉっ、榎田の長打力が…………え?」

ゲドー「ギョギョッ」

榎田「…………」Zzz・・・・

和田「……あの……長打力……ですか?」

ハゲ「ハイ。長打力ガ、アップシマシタ」

和田「…………」

ゲドー「ギョギョッ?」

ハゲ「オヤ? ドウシマシタカ? 監督」

ゲドー「ギョギョッ?」

和田「…………」

榎田「……うぅっ……」Zzz・・・・ ←【注・投手】

和田「…………」


榎田編・完

38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/14(水) 22:30:53.12 ID:Rm90qPi0o

和田「博士。手術の成功は嬉しいのですが……」

ハゲ「ハイ。ヨロコバシイデスネ」

和田「あの……。榎田は、投手なんですが……」

ハゲ「……オゥ。ウッカリシテマシタ」

和田「…………」

ハゲ「…………」

和田「…………」

ハゲ「デモ、監督」

和田「はい」

ハゲ「打テル投手ハ、ステキデスヨ」

和田「それは、確かにそうですが」

ハゲ「監督。投手ハ、九人目ノ野手ナノデス」

和田「はい」

ハゲ「来年先発ニ転向スレバ、彼ノ打力ハ無駄ニナリマセン」

和田「はい」

ハゲ「コノ手術ハ、大成功ナノデス」

和田「…………」


━━打てる投手の参考資料━━

桑田真澄 生涯成績 (21年間) 890打数 192安打 打率.216

桑田真澄 34二塁打 5三塁打  7本塁打 79打点

桑田真澄 犠打110 犠飛8 四球42


━━比較対照の野手の参考資料━━

長○一茂 生涯成績(7年間) 765打数 161安打 打率.210

長嶋○茂 35二塁打 6三塁打 18本塁打 82打点

長嶋一○ 犠打 0  犠飛5 四球70


ハゲ「投手ハ、九人目ノ野手ナノデス」

和田「……はい」

ハゲ「コノ手術ハ、大成功ナノデス」

和田「……はい」

42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:12:00.97 ID:8GvG5QHzo

和田「……ふぅっ、しかし榎田を先発に回すと……」

ハゲ「ドウシマシタ? 考エ事デスカ?」

和田「えぇ。来年の中継ぎと抑えについて少し」

ハゲ「オォ。確カニ、ソレハ大問題デスネ」

和田「……うーむ」

ハゲ「藤川選手。抜ケチャイマスカラネ」

和田「……はい……」

ハゲ「………ムッ?」

和田「?」

ハゲ「ムムッ!?」

和田「どうしました? 博士」

ハゲ「監督。藤川選手ハ、マダ阪神ノ選手デスヨネ?」

和田「えぇ。ただ、米国への移籍は、ほぼ確定ですが……」

ハゲ「……監督。ヤッチャッテモ、イイデスヨネ?」

和田「え?」

ハゲ「フフフッ。ドウセ、イナクナル選手デスヨネ?」

和田「はっ、博士?」

ハゲ「フフフフフッ……フフフフフッ……」


43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:13:33.32 ID:8GvG5QHzo

和田「はっ、博士。それはさすがに……」

ハゲ「ダイジョーブデース。証拠ハ一切残シマセーン」

和田「しかし、どうせ旅立つからと言って、選手をわざと壊すのは人道的に……」

ハゲ「オォッ、勘違イハ、シナイデクダサイネ」

和田「勘違い?」

ハゲ「エェ。ワタシハ、ワザト選手ヲ潰シタリハシマセンヨ」

和田「本当ですか?」

ハゲ「エェ。普段ヨリ、少シ難易度ノ高イ実験ヲスルダケデス」

和田「……実験」

ハゲ「ムシロ成功スレバ、ソレハ旅立ツ選手ヘノ、最高ノ、プレゼントデスヨ?」

和田「まぁ、それは確かに……」


44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:15:02.65 ID:8GvG5QHzo

ハゲ「監督。判子ヲ押シテクダサーイ」

和田「いや、しかし……」

ハゲ「監督。判子ヲ押シテクダサーイ」

和田「いや……。あの……」

ハゲ「押シテクダサーイ」

和田「……はい」

ペタン

ハゲ「オォッ! サスガ監督。アリガトウゴザイマース!」

和田「……いぇ」

ハゲ「デハ、ゲドー君。今スグ、藤川投手ヲ捕獲シテキテクダサーイ」

ゲドー「ギョギョギョーッ」

和田「……すまんな。……球児」


45 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:16:29.30 ID:8GvG5QHzo

第五部・藤川編

━━藤川の家━━

藤川「……メジャーに行ける……」

藤川「もうすぐ、世界に挑戦できるんや」

藤川「阪神。最高の球団やったな……」

藤川「俺は、幸せ者やったなぁ……グスッ」

藤川「あれ? 何で……。俺、何で泣いてんねやろ……グスッ」

藤川「ハハッ。女々しいなぁ……。俺……」

藤川「……でも、阪神で、日本一になりたかった……グスッ」

藤川「……みんな。……スマン。勝手な事してスマン……グスッ」

藤川「……みんな。ありがとう。……阪神。ありがとう……グスッ」

ピンポーン ピンポーン

藤川「あれ? こんな時間に誰やろ?」

ピンポーン ピンポーン

藤川「はーい。ちょっとだけ待って下さーい」

………………

藤川「出る前に顔洗わんとな。泣いとったんバレたら、カッコ悪いし……」

………………
…………
……


46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:17:46.36 ID:8GvG5QHzo

ガチャッ

藤川「すんません。お待たせしました」

ゲドー「ギョギョッ」

藤川「えっ?」

ゲドー「ギョギョギョッ」

藤川「あの。どちら様で……」

ゲドー「ギョギョーッ」

プシューッ

藤川「わっ!? なっ? 何を……ケホッ」

フラフラッ バタッ

ゲドー「ギョギョッ」

藤川「うーん……」Zzz・・・・

ゲドー「ギョギョギョッ」

グイッ グイッ ズルズル ズルズル ズリズリ

………………
…………
……


47 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:18:59.56 ID:8GvG5QHzo

━━研究所━━

ゲドー「ギョギョーッ」

ズルズル ズルズル ズリズリ

ハゲ「オォ。ドウヤラ、実験体ガ到着シタヨウデス」

和田「……球児」

ゲドー「ギョギョッ」

藤川「…………」Zzz・・・・

ハゲ「ナイスデスヨ。ゲドー君」

ゲドー「ギョギョギョ」

和田「…………」

ハゲ「フフフッ。タノシミデスネー」

藤川「…………」Zzz・・・・

ゲドー「ギョギョッ」

和田「…………」


48 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:21:15.21 ID:8GvG5QHzo

ハゲ「フフフッ。ソレデハ今カラ、最先端デ最高難度ノ改造手術ヲ始メマショー」

和田「……最高難度……ですか……」

ハゲ「ハイ。最高難度デス。シカシ成功スレバ、彼ハ史上最高ノ投手ニナレマス」

和田「……史上最高の投手……。頑張れよ。球児」

ハゲ「フフフフフッ」

藤川「…………」Zzz・・・・

和田「……あの。ちなみに、成功の確率は?」

ハゲ「……ソウデスネ……。ワタシノ見立テデハ、約6パーセントデス」

和田「え? 6パーセント……」

ハゲ「ハイ。6パーセントグライデス」

和田「はっ、博士! その手術は危険すぎます!」

ハゲ「……確カニ打率ハ低イデスガ、当タレバ場外ホームランデス」

和田「打率0割6分じゃ勝負になりません!」

ハゲ「フフフフフッ。スポーツ医学ハ、トライアルナノデース」

和田「博士! 止めてください! せめて普通の改造手術を……」

ハゲ「監督スイマセン。モウ、サイコロ投ゲチャイマシタ」


49 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:22:48.69 ID:8GvG5QHzo

和田「きゅっ!? 球児ぃぃいいいーっ!!!」

ハゲ「サァ。ゲドー君」

ゲドー「ギョギョッ」

カチッ ビビビビビッ ビビビビビッ バリバリバリ バリバリバリバリバリッ

藤川「がっ!? うがぁぁあああああああーっ!?!?」

和田「球児ぃぃぃいいいいいいいーっ!!!」

ハゲ「ゲドー君。出力アップデース」

ゲドー「ギョギョーッ」

カチッ カチカチッ

バババッ ビビビビビビッ バリバリバリバリッ ゴゴゴゴゴーッ

藤川「アガガッ!? ガガッ!? ゴハァァアアアアアアーッ!!!」

ハゲ「フフフッ。マダマダ、コレカラデース」

ザクッ ザクッ ブシュッ ドシュッ バシュッ

和田「きゅっ……球児ぃぃぃぃぃいいいいいいいいいいーっ!!!!!」

…………………………
………………
…………
……


50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/15(木) 15:24:55.59 ID:8GvG5QHzo

ハゲ「科学ノ進歩ニ犠牲ハツキモノデース」

和田「…………」

ゲドー「ギョギョッ」

藤川「……うっ……うぅ」Zzz・・・・

ハゲ「藤川サン。海ノ向コウデモ、頑張ッテクダサイネ」

藤川「…………」Zzz・・・・

和田「…………」

ハゲ「応援サセテモライマス。心カラ」

藤川「…………うぅっ」Zzz・・・・

和田「…………」

ハゲ「ソレデハ、ゲドー君」

ゲドー「ギョギョッ」

ハゲ「コレ、元ノ場所ニ捨テテキテクダサイ」

ゲドー「ギョギョギョッ」

グイッ ズルズル ズルズル ズリズリ ズリズリ

和田「すっ、スマン……。球児……グスッ」

ハゲ「監督。藤川投手ハ、ダイジョーブデス」

和田「…………」

ハゲ「新天地デモ、キット活躍シテクレマス」

和田「……根拠は?」

ハゲ「アリマセン」

和田「…………」


ズルズル ズルズル ズリズリ ズリズリ ポイッ ドサッ

藤川「……うっ……」Zzz・・・・

ゲドー「ギョギョギョッ」

藤川「…………」Zzz・・・・


━━藤川編・完━━

57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/16(金) 00:36:36.03 ID:hKeNVVOHo

ハゲ「監督。一ツ聞キタイノデスガ」

和田「なんですか?」

ハゲ「筒井投手ノ事デス」

和田「筒井ですか」

ハゲ「ハイ。侍ジャパンノ、メンバーニ選バレテマスヨネ」

和田「えぇ。いい経験になるでしょうね」

ハゲ「……シカシ、ナゼ彼ガ選バレタノデショウ?」

和田「…………」

ハゲ「ナゼデショウ?」

和田「…………」

ハゲ「監督?」

和田「……誰かが彼に、キラリと光る何かを感じたのかと……」

ハゲ「ナルホド。キラリト光ル何カヲ……」

和田「……おそらく」

ハゲ「……フム。興味深イデスネ……」

和田「…………」

ハゲ「アノ。監督……」

和田「博士。今は止めて下さい」

ハゲ「マダ、何モ言ッテナイデス……」

和田「……コホン」

ハゲ「…………」

和田「とにかく今はマズイです。失敗すれば袋叩きにされますよ」

ハゲ「バレナキャ問題無イデスヨ?」

和田「頼みます。今だけはダメです」

ハゲ「フム……。残念デース……」

和田「……ふぅ」

59 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/16(金) 22:08:02.39 ID:R4ngoGJvo

ハゲ「監督。日本、勝チマシタネ」

和田「えぇ。安心しましたよ」

ハゲ「デモ、筒井選手ハ打タレテマシタネ」

和田「まぁ、キューバは強いですし……」

ハゲ「……改造……シチャイマセンカ?」

和田「……少し、考えさせて下さい……」

ハゲ「ワカリマシタ。楽シミニ待ッテマース」

和田「…………」


61 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2012/11/16(金) 23:24:12.03 ID:R4ngoGJvo

ハゲ「……シカシ、誰デモイイノデ、ソロソロ次ノ実験体ガ欲シイデスネ」

和田「……博士……誰でもいいとか言わんで下さい……」

ハゲ「オォ、失礼。コレハ失言デシタネ」

和田「…………」

ハゲ「フフフッ。デモ、ココハ、マサニ宝ノ山デスネ…………ムッ?」

和田「…………?」

ハゲ「ムッ? ムムムッ?」

和田「どうしました? 博士」

ハゲ「監督。コレ見テクダサーイ」

和田「スポーツ新聞ですか?」

ハゲ「チョット、マズイ事ニナッテマス」

和田「……マズイ事?」

ハゲ「ハイ」

和田「…………」

ハゲ「…………」

和田「!?」

ハゲ「……マスコミガ、動イチャッテマス」

和田「あ……ぁぁ……」


62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/16(金) 23:26:59.58 ID:R4ngoGJvo

━━スポーツ新聞の一面━━

『謎の奇病か神の祝福か? 秋の夜の奇跡! 藤井の顔が GACKT  になった!!』


━━藤井捕手のコメント━━

藤井『朝起きたら、顔だけGACKT になってました』


━━チームメイトのコメント━━

新井(貴)『驚いた』

新井(良)『ビックリした』

マートン『あの人だれ?』

鳥谷『…………』

桧山『何があったんや』

大和『……何かの呪いでしょうか?』

筒井『なんか違うんです』

榎田『不思議ですね』

メッセンジャー『コレジャナイ』

藤川『…………』


━━━ファンのコメント━━

『こんな藤井はいやだ』

『ワロタ』

『俺たちの藤井をかえせ』

『そして慎之介は寛の顔に……』

『犯人は身近な人物?』

『これは藤井じゃない』

『抱かれたい』

『元にもどせ』

『甲子園にはマジで魔物が……』

『矢追さーん』

………………
…………
……


63 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/16(金) 23:29:05.48 ID:R4ngoGJvo

ハゲ「……監督。オ世話ニナリマシタ」

和田「えっ、博士?」

ハゲ「ワタシハ一度、身ヲ隠シマス」

和田「うっ、うむ……。それがいいかも知れませんね……」

ハゲ「ゲドー君」

ゲドー「ギョギョッ」

ハゲ「逃ゲマスヨ。準備シテクダサイ」

ゲドー「ギョギョーッ」

和田「博士……」

ハゲ「監督。ホトボリガサメタラ、マタ会イマショー」

和田「……はい。博士。お元気で」

ハゲ「ハイ。監督モ、オ体ニ気ヲツケテ……」

和田「…………」

ハゲ「…………」

ゲドー「…………」


64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/16(金) 23:31:29.85 ID:R4ngoGJvo

ハゲ「サテ、ソレデハ…………ムッ?」

和田「……あっ」

新井良太「あっ、監督。おはようございます」

和田「おぅ……。おはよう。良太」

ハゲ「……ムムッ。ムムムッ……」

新井良太「あっ監督。聞きましたか? 藤井さんがですね……」

和田「おっ、おぅ。不思議な事も、ある物だな……」

ハゲ「フフフッ。フフフフッ……」

新井良太「? あの、監督。こちらの方は?」

和田「あっ、あぁ。彼は、私の知人でだな…………」

ハゲ「フフフフッ。チョット失礼」

プシュー

新井良太「えっ? ケホッ なっ、なにを……」

フラフラフラ フラッ ポテン

新井良太「…………うーん」Zzz・・・・

和田「はっ、博士?」


65 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/16(金) 23:33:18.96 ID:R4ngoGJvo

ハゲ「フフフッ。スバラシーデース。マサニ、ダイヤノ原石デース」

和田「博士!? まさか今から!?」

ハゲ「行キガケノ駄賃? トカ言ウヤツデース。」

和田「博士!!」

ハゲ「ダイジョーブデース。超トッキューデ、ヤッチャイマショー」

和田「まっ、待って下さい! 博士!!」

ハゲ「サァ、急ギマスヨ! ゲドー君!」

ゲドー「ギョギョーッ」

和田「はっ!? 博士っ!!」

ハゲ「監督。神カ悪魔ニデモ祈ッテテクダサーイ!!!」

和田「あぁっ、良太ぁぁあああああーっ!!!」


66 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/16(金) 23:35:09.50 ID:R4ngoGJvo

第六部・新井良太編

ビビビビビッ バババババッ ガガガッ ガガガッ バリバリバリッ

新井良太「がっ!? ぐぁぁああああああーっ!!!」

和田「良太ぁぁああーっ!!!」

ハゲ「ゲドー君! 出力MAXデース!」

ゲドー「ギョギョーッ!」

バババババッ バババババッ ゴゴゴゴゴーッ

新井良太「ふがぁぁああああーっ!?!?!」

和田「良太ぁぁぁああああーっ!!!」

ハゲ「ヌヌヌッ!? コッ、コレハ!?」

ゲドー「ギョギョーッ!!!」

…………………………
…………………
…………
……


67 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/11/16(金) 23:38:00.72 ID:R4ngoGJvo

ハゲ「オォ! 完璧に成功シマシタ!」

和田「……えっ? 成功?」

ハゲ「ハイ。大成功デース。科学ノ進歩ノ瞬間デース!」

和田「おっ、おぉ!」

新井良太「…………」Zzz・・・・

ハゲ「コレデ来シーズン、ホームラン40本ハ打テルハズデース」

ゲドー「ギョギョーッ」

和田「おぉ! 40本!! 来年は、良太が不動の四番打者に……」

新井良太「……うぅっ……」Zzz・・・・

ハゲ「フフフッ。デハ、コノ感触ヲ忘レナイウチニ……」

和田「え?」


68 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2012/11/16(金) 23:41:27.33 ID:R4ngoGJvo

第七部・新井良太編パート2

ハゲ「ツヅケテ、モウ一回ヤッチャイマショー!」

和田「はっ、博士?」

ハゲ「サァ、ゲドー君! 急グノデス!」

ゲドー「ギョギョッ」

新井良太「……うぅっ……」Zzz・・・・

ハゲ「フフフッ良太サン。二回戦デース」

和田「待って下さい博士! 止めて下さい! もう十分です!」

ハゲ「イイエ。科学ニ妥協ハ許サレナイノデース!」

ゲドー「ギョーギョーッ!」

新井良太「…………」Zzz・・・・

和田「博士! 暴走しないで下さい!」

ハゲ「監督スイマセン。モウ止マレナイノデース」

ゲドー「ギョギョッ」

和田「そっ、そんな……」

ハゲ「成功スレバ、彼ハ、プロ野球ノ歴史ヲ変エル選手ニナルノデース」

ゲドー「ギョギョギョーッ!」

和田「……しかし、失敗のリスクが……」

ハゲ「サァ、ゲドー君! 景気ヨク行キマショー!」

ゲドー「ギョギョギョギョーギョギョー!!!」

ガチャン ビビビビビビビビビ ガガガガガガガガガッ ゴゴゴゴッ

バリバリッ バチバチバチバチバチッ バババババババババッ

新井良太「がっ! ががっ!? アギャァァアアアアアアアアアーッ!!!」

和田「りょっ!? 良太ぁぁぁぁああああああああああああー………………」


━━完━━ あとは知らん



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「最近ハルヒが可愛くて仕方ない」