ハルヒ「トリック・オア・トリート!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「安価バカァ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:18:31.13 ID:B419xzoS0



ハルヒ「んっ!」

キョン「何だその手は」

ハルヒ「さっさとお菓子出しなさい!」

キョン「斬新なカツアゲだな、幼稚園児の不良がやってそうだ」

ハルヒ「あんた、今日が何の日だか知らないの!?」

キョン「今日?さあ何の日だ?」

ハルヒ「ハロウィンよハロウィン!そんな事も知らないとか呆れるわね」

キョン「キリスト教徒じゃないんでね」

長門「……」ペラッ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:21:52.85 ID:B419xzoS0



ハルヒ「そんな事関係ないわよ!お祭りよ!?お祭り!」

ハルヒ「年に一度だけ他人から合法的に物資を奪う事のできる日なのよ!?燃えてこないの!?」

キョン「お前は年がら年中他人から略奪をしているだろ、海賊王さながらにな」

ハルヒ「私がいつそんな犯罪行為をしたのよ!」

キョン「そこにあるパソコンをどう獲得したのか言ってみろ」

ハルヒ「これは私達SOS団の活動に賛同してくれた人が心良く譲ってくれたんじゃない」

キョン「今の台詞コンピ研の奴らの前で言ってみろ、言えるならだがな」

ハルヒ「そんな事はどうだっていいの!みくるちゃん!」

みくる「はぇ?」ビクッ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:23:05.49 ID:B419xzoS0



ハルヒ「これを着て頂戴!」

みくる「え?」

ハルヒ「ほら!早く!」ヌガシヌガシ

みくる「いやぁぁぁ!」

キョン「うおっ!」タタタ

ばたんっ

「そ、そこは自分で……!」

「私がやってあげた方が早いわよ」

「いやぁ〜ん」

キョン「ふぅ……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:24:30.05 ID:B419xzoS0



みくる「……」ドーン

キョン「こ、これは!?」

ハルヒ「悪魔よ、見りゃわかんでしょ?」

キョン(サキュバス……!)

みくる「うう……////」モジモジ

ハルヒ「はいこれ」ガサッ

キョン「何だこの紙袋は」

ハルヒ「ハロウィンの衣装よ!とっとと着替えなさい!」

キョン「ハロウィンって……おいまさか」

長門「……」ペラッ

ハルヒ「有希の分もあるわよ!安心した?」ガサッ

長門「……」

キョン(いやその真逆の心境だと思うぞ、たぶん)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:26:02.96 ID:B419xzoS0



長門「……」ジー

キョン「?」

ハルヒ「キョン!長門が着替えらんないから出ていきなさいよ!」

長門「あなたが不快でなければ一緒に着替える事が可能」ヌギッ

キョン「で、出てくから終わったら教えてくれ」タタタ

ばたんっ

「有希も地味にいい体してんのよねー」

「やめて」

キョン「……」

「……」

「これはこうするのよ、ほら」

「長門さん可愛いですぅ」

キョン「はぁ……」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:29:23.86 ID:B419xzoS0



古泉「おやどうしたんですかため息なんてついて」

キョン「今すぐ逃げた方が良さそうだぞ古泉」

古泉「団長に逆らうといろいろと怖いですから、世界的に」

ガチャッ

ハルヒ「いいわよ、あ、遅いわよ古泉くん!」

古泉「すみません団長」

キョン「涼宮も着替えたのか」

ハルヒ「そっ!」クルクル

古泉「魔女ですか」

ハルヒ「やっぱり私は王道かつリーダー的な魔女よね〜、どうよキョン?」

キョン「似合ってるぞ、まるで本物の魔女のようだ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:30:32.27 ID:B419xzoS0



長門「……」ジャーン

キョン(これは……)

ハルヒ「猫よ猫!黒猫!どう?いいチョイスでしょ?」

長門「……」

キョン「ああ、小柄な長門によく似合ってるよ」

長門「……」ピョコピョコ

古泉「おや、尻尾が動くんですか」

ハルヒ「変ね、そんな機能なかったはずだけど……」

キョン(長門……意外と乗ってるんだな……)

ハルヒ「ほらっ!あんたらも早く着替えなさいよ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:32:37.92 ID:B419xzoS0



キョン「……」バーン

古泉「……」ドーン

ハルヒ「あはははは!似合ってるわよ!特にキョン!」

キョン(フランケンシュタインって……)

みくる「ふふ、似合ってますよキョンくん」

長門「……」ジッ

キョン(朝比奈さんに褒められたのに全然嬉しくないとは)

古泉「僕はどうですか?団長」

ハルヒ「イイ感じよ!やっぱり古泉くんはドラキュラだったわね!」

古泉「光栄です」バサッ

みくる「かっこういいですぅ〜」

キョン「……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:36:27.23 ID:B419xzoS0



キョン「で、こんな珍妙な格好をさせて何をさせようってんだ?」

ハルヒ「決まってるじゃない!近所の家々をまわるのよ!」

キョン「はあ!?」

みくる「ふぇぇ!?」

ハルヒ「何驚いてんのよ?今日はハロウィンなのよ?ハロウィン!」

キョン「だからってこんな格好で外をうろつけって言うのか!?」

ハルヒ「大丈夫よ、ハロウィンだし」

キョン「あのなぁ、ここはヨーロッパじゃないんだぞ?日本なんだぞ?」

ハルヒ「だから何よ」

キョン「ハロウィンの風習が根付いていない日本でそんな事したら浮くだろ」

ハルヒ「馬鹿ね、私達がハロウィンを日本に根付かせればいいんじゃない!」

キョン(その熱意、何か間違っているぞ)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:40:02.74 ID:B419xzoS0



キョン「このクソ寒い中外を歩くなんてキツイだろ」

キョン「俺と古泉はともかく、朝比奈さんの格好なら確実に凍えてしまうだろ、長門も肌が露出してるし」

ハルヒ「お化けは寒さなんて感じないのよ!」

キョン「俺達がいつ人間をやめた」

みくる「あ、あのぉ……今も寒いんですけど……」ブルブル

キョン「ほら、部室の時点で寒いんだ、外になんて出たら朝比奈さんが凍死してしまうぞ」

ハルヒ「なっさけないわねーみくるちゃん、プロ根性ってもんが足りないんじゃないの?」

みくる「す、すみませぇん……」ブルブル

キョン「謝らなくていいですよ朝比奈さん」

ハルヒ「有希を見なさいよ!まったく震えてないじゃない!」

長門「……」

キョン(そいつは特別だ!)

ハルヒ「偉いわよ!有希!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:45:08.44 ID:B419xzoS0



キョン「ともかく百歩譲って外に出るにしても、厚着をさせるべきだろ」

ハルヒ「そんな事したらせっかくの悪魔が台無しじゃない!」

キョン「駄目だ、このままじゃ朝比奈さんを外には出さん!」

みくる「キョンくん……」

ハルヒ「……分かったわよ!何か上から着させればいいんでしょ!」

キョン(分かってくれたか)

ハルヒ「でも何か着せるったって……あっ!そうだ!」

ゴソゴソ

ハルヒ「じゃーん!」

キョン「毛皮のコート?」

ハルヒ「そっ!この前裁縫部の人達が譲ってくれたのよ!」

キョン(どうやって手に入れたかは聞かないでおこう)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:46:15.41 ID:B419xzoS0



ハルヒ「これなら文句ないでしょ?」

キョン「あ、ああ」

ハルヒ「ほらみくるちゃん」

みくる「温かいですぅ〜」

古泉「これなら風邪をひく心配はなさそうですね」

ハルヒ「あっ、有希の分がないわ、どうしましょう」

長門「いらない」

ハルヒ「そう?大丈夫なの?」

長門「ええ、私は風邪ひかない」

ハルヒ「偉いわ有希!プロ根性ね!」

キョン(何のプロだ何の)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:47:21.62 ID:B419xzoS0



ハルヒ「よし!これで準備は万端ね!」

ハルヒ「気合入れなさい!いよいよ街に繰り出すわよ!」

キョン「ほ、本当に行くのか?」

ハルヒ「当たり前じゃない!ほらっ!」グイグイ

キョン「おい……」

みくる「ふぇぇ……」

長門「……」

古泉「行きましょうか」

ハルヒ「私達が日本でハロウィンを根付かせる第一人者になるのよ!燃えてくるわねー!」

キョン(いっそ灰になってしまいたい)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:48:18.92 ID:B419xzoS0



ヒュウウウウ…

キョン「うー寒……」

ハルヒ「だらしないわね!男のくせに!」

キョン「男でも寒いもんは寒いんです」

ハルヒ「この家から順番にまわっていくわよ!」

みくる「うう……恥ずかしいですぅ……」

ハルヒ「いい?向こうがドアを開けた瞬間にトリック・オア・トリートって元気よく叫ぶのよ!」

古泉「了解です」

キョン「不審者丸出しだな」

ハルヒ「むふっ」ポチッ

ピンポーン

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:49:50.76 ID:B419xzoS0



ハルヒ「……」

キョン「……」

みくる「……」

長門「……」

古泉「……」

みくる「出て……来ませんね……」

ハルヒ「留守なのかしら?」ピンポーン

長門「防犯カメラがある、私達の姿を認識した上で存在を消していると思われる」

キョン「そりゃそうなるな……玄関先に化け物の格好した奴らが立ってて不審がらない方が変だ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:53:48.34 ID:B419xzoS0



キョン「仕方ない、諦めて……」

ハルヒ「ちょっと!開けなさいよ!」ドンドン

キョン「お、おい!?」

ハルヒ「トリック・オア・トリートよ!お菓子をくれなきゃ悪戯するわよ!?」ドンドン

キョン「やめろ、お前が言ったら冗談に聞こえない」

ハルヒ「むむぅ……新しい事をしようと思ったら壁にぶち当たるものね……」

キョン「ぶつからなくていい壁に自分からぶつかって行ってるけどな」

ハルヒ「……仕方ない、奥の手を使いましょう、みくるちゃん」

みくる「はぇ?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:54:42.14 ID:B419xzoS0



キョン「奥の手?一体何を……」

ハルヒ「この角度ね……」グイッ

みくる「あ、あのぉ……」

キョン(朝比奈さんを防犯カメラの前に立たせて……まさか……)

ピンポーン

ハルヒ「今だ!トリック・オア・トリート!」ガバッ!

ぷるるん

みくる「きゃあああ!?」

キョン(露出狂!)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:55:47.24 ID:B419xzoS0



ハルヒ「何でお菓子じゃなくてお金をくれたのかしら」

古泉「そのお金で好きなお菓子を買えという意味じゃないんですか?」

キョン(モニターいっぱいに映った朝比奈さんの谷間を見て新たのサービスか何かだと勘違いしたのだろう)







ハルヒ「トリック・オア・トリート!」ガバッ!

みくる「いやぁぁぁん!」

古泉「出てきませんね」

長門「扉の前に気配を感じる、こちらの様子を伺った上で存在を消していると思われる」

キョン(タダ見!)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:57:23.44 ID:B419xzoS0



ハルヒ「成果らしい成果は最初の家だけね、後はカスみたいなものだわ」

キョン「余りもののお菓子をくれただけでもありがたいだろう」

ハルヒ「こんなもんじゃ満足できない!どんどん行きましょう!」

キョン「まったく……うう寒っ!」

みくる「大丈夫ですか?キョンくん」

キョン「冷えてきましたね」

みくる「あ、あの……私とくっつけば……毛皮だし……」モジモジ

キョン「え……い、いいんですか?」

みくる「はい、キョンくんが風邪ひいたら大変ですから……」

キョン「で、ではお言葉に甘えて……」ピトッ

みくる「温かいですか?」

キョン「はい、これなら風邪をひかずに済みそうです」

ハルヒ「……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 07:58:42.58 ID:B419xzoS0



ハルヒ「……」

古泉「涼宮さん?どうしました?」

ハルヒ「解散!」

キョン「え?」

ハルヒ「聞こえなかったの!?解散って言ったのよ!」

キョン「それはありがたいが……まだまわりたかったみたいだが?」

ハルヒ「うるさい!あまり遅くなったらそれぞれの家が心配しちゃうじゃない!」

キョン「そうか、なら一回学校に戻って着替えてから……」

ハルヒ「今から学校に戻るなんて面倒くさいじゃない、このまま帰るわよキョン」

キョン「はあ?」

ハルヒ「ちょっと!女の子を一人で帰らせる気!?家まで送りなさいよね下っ端!」

キョン「あ、ああ(仕方ない、ハルヒを家まで送ってから学校に戻るか)」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 08:01:38.71 ID:B419xzoS0



スタスタ

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……」ブルッ

キョン「なんだ、寒かったんじゃないか」

ハルヒ「寒くなんかないわよ」ブルル

キョン「震えてるぞ」

ハルヒ「うっさい、見ないでよ」

キョン「心配してやってんのに」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 08:02:32.82 ID:B419xzoS0



スタスタ

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……腕」

キョン「え?」

ハルヒ「カイロになりなさいよ」

キョン「はいはい」

ギュッ

ハルヒ「……」

キョン「……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/31(水) 08:03:48.18 ID:B419xzoS0



翌日

みくる「クシュンッ!」

キョン「大丈夫ですか朝比奈さん?」

みくる「は、はひ……」ズビッ

古泉「風邪みたいですね」

キョン「昨日のせいだな……」

長門「……」ペラッ

ガチャッ!

ハルヒ「みんな!これに着替えて!」

キョン「何だよいきなり?」

43 名前: ◆TU2imyK31H1o [] 投稿日:2012/10/31(水) 08:06:18.63 ID:B419xzoS0



ハルヒ「今日11月1日はキティちゃんの誕生日だそうなのよ!」

キョン「そうなのか?てかそれがどうかしたのか」

ハルヒ「にぶいわねー、キティちゃんの誕生日って事はキティちゃんの日って事じゃない!」

キョン「そんな日あるのか?聞いた事ないが」

ハルヒ「たぶんないわ、でも私達SOS団によって今日がキティちゃんの日になるのよ!」

キョン「はあ?」

ハルヒ「さあ!キティちゃんグッズを身につけて街を練り歩くわよ!」

みくる「ひぇぇ……」フルフル

キョン「大人しく家の中でぬいぐるみで遊ぶ日にしときなさい!」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:★ハルヒを無理やりレイプしたらどうなるのか!?★実験してみた!★