キョン「鶴屋さんってもしかして宇宙人なんじゃ…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「懐かしいな。ロマサガ3か」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 18:43:46.60 ID:quZRphM10

古泉「ん?今なんと?」

キョン「いやだから鶴屋さんってもしかしtgげへぇっ何しやがるこの野郎!」

古泉「口を慎んでくださいよ。鶴屋家の目や耳はどこにいるか分からないんですから」

キョン「(じゃあ何で二回言わせたんだ・・・)」

キョン「だが残念だな古泉、今回の説はかなり自信があるんだ。簡単には引き下がらないぜ」

古泉「・・・一応理由をお聞かせ願えますか?」

キョン「いいだろう」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 18:48:04.83 ID:quZRphM10

キョン「何故俺が鶴屋さんを宇宙人だと思うか、それは・・・」

古泉「それは?」

キョン「ずばり髪の毛の色だ!」

古泉「あ、それ言っちゃうんだ」

キョン「言うよ!だって明らかに変じゃないか!」

キョン「考えても見ろよ!主要キャラの中で明らかに変な髪色してた奴のことを!」

キョン「長門(淡紫)朝倉(青)喜緑さん(緑)・・・そして鶴屋さん(緑)だ・・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 19:04:50.99 ID:quZRphM10

キョン「ここまで言えばもう分かるだろう。鶴屋さん以外はみんな宇宙人だ」

古泉「・・・言いたいことは分かりますが、どうやって確認を取るつもりですか?」

キョン「直接聞いてくる」

古泉「それは何故?長門さんに聞けば簡単に答えてくれると思いますけど」

キョン「統合思念体のやつらの鼻を明かしてやりたいんだ。たまにはガツンと言ってやらねば、長門の件もあるしな」

古泉「やめたほうがいいと思いますけど…」

キョン「いーや、やめん。もう決めたことだ。行って来るぜ古泉」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 19:12:06.67 ID:quZRphM10

キョン「すいません!鶴屋さんいますか!」ガラッ

女生徒「鶴屋さんなら帰ったけど」

キョン「あ、そうですか。わざわざすいません、失礼しました」


古泉「どうでした?宇宙人でしたか?鶴屋さん」

キョン「ああ、もう帰ってたわ」

古泉「そうですか。どうです?一局」

キョン「いや、ボードゲームは飽きた。バリチッチにしようぜ古泉」

古泉「んふっ、構いませんよ。」

キョン「よーし負けないぞー」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 19:36:47.53 ID:quZRphM10

キョンと古泉が仲良いといろいろ楽なんだろ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 19:50:32.70 ID:quZRphM10

キョン「チッチッチッチバリチッチ、2!」

古泉「んふっ、チッチッチッチバリチッチ、4!」

キョン「あーくそ、残り一機しかねえ」

キョン「チッチッチッチバリチッチ、1!」

キョン「よっしゃ!」

古泉「やりますね・・・」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 19:58:48.81 ID:quZRphM10

続きってのはこういうことだろ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/24(水) 20:11:29.45 ID:quZRphM10

キョン「チーバリ1!」

古泉「ちょっと奇襲やめてくださいよ」

キョン「うるせえ、勝ちは勝ちだ」

古泉「ずるいですよ!やり直しですよやり直し!」

キョン「しょうがないな、じゃあ最初からな」

古泉「いいですよ、奇襲ありで最初からいきますからね・・・」

キョン「俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「光彦のちんこが博士の喉ちんこと入れ替わった!?」