コナン「俺はおっちゃん、蘭、少年探偵団と博士で旅行に来た。」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のびた「トリガーハッピーな仲間達」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:17:20.29 ID:+X80s9kI0

コナン「博士バスなんて運転できたのかー」

阿笠「当然じゃ。普段ニート同然じゃからな。」

光彦「ププッ、恥ずかしくないんですかね?このおっさんは?」

元太「うな重…」

コナン「>>5

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:23:25.31 ID:OWF3rlkP0

蘭姉ちゃん安産型だよね

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:27:31.58 ID:+X80s9kI0

コナン「蘭ねえちゃんって安産型だよね。」サワサワ

蘭「きゃあっ!なにするのよコナンくん!」

コナン「いいじゃんもっと触らせてよー」サワサワ

おっちゃん「このクソガキが!」ゴツン

歩美「コナンくん変態さんだよ…」

灰原「>>9

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:29:25.80 ID:bF9w8wNz0

私は?

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:34:55.14 ID:+X80s9kI0

灰原「私は?」

コナン「ああ、触ってやるよ。さぁこっちに来いって」

灰原「わかったわ。」テクテク

コナン「ふん。やっぱりガキのケツ触ってもなんも楽しくねぇな。」サワサワ

灰原「そういいながら手を止めないのはどうして?」ニヤリ

コナン「従順な牝には優しいからな。俺は。あと何年か経ったら俺んちで飼ってやるよ。」サワサワ

光彦「コナンくん!灰原さん!さっきからなにしてるんですか!」

元太「>>16

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:37:00.77 ID:I0xoixtX0

バスに爆弾しかけた

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:41:51.18 ID:+X80s9kI0

元太「あぁ、言い忘れてたけどこのバスに爆弾仕掛けといたぞ。

   時速50kmを切ったら即爆発するからな。もちろんリモコンで遠隔操作も可能だからな。」

阿笠「なんじゃと!!」

小五郎「なんだと!蘭、はやく子どもたちをバスの外へ!!」

蘭「わかったわ。お父さん、コナンくんたち早くこっちへ!」

元太「うるせぇ!一歩でも動いてみろ!俺の仲間がすぐにこのバス爆破すんぞ!」

光彦「こうなったら仕方ありませんね。>>22

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:47:32.46 ID:9I/bORcj0

このSSはこれでおしまいです!

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 16:55:52.23 ID:+X80s9kI0

光彦「こうなったら仕方ありませんね。このSSはこれでおしまいです!」

コナン「お前なに言って…」

灰原「ショックで錯乱しているようね。」

歩美「全然使えないよー」

小五郎「くそっ」

元太「ふざけたことぬかしてると本当に爆発させんぞ!死にてぇのか!!」

コナン「死にたくないのはお前のほうだろ!元太!」

元太「!!」

光彦「これはSSなんです…きっとそうに決まってるんです…」ブツブツ

光彦「SSなら>>28をしても許されるはず!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:18:27.79 ID:3g7chCop0

げんたをれいぷ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:22:36.79 ID:3g7chCop0

>>26

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:29:49.59 ID:+X80s9kI0

光彦「SSなら元太くんをレイプしても許されるはずです!!」ガバァッ

元太「やめろっ!覆いかぶさるなっ!」

光彦「うるさいですねぇ」ボコッガシッゲシッ

元太「ぐわぁっな、殴らないでくれぇ…」シクシク

光彦「ちょっと殴ったらおとなしくなりましたか。それじゃあ挿れますよ。」ボロンッ

元太「やめろぉ…」

コナン「元太、お前は罪を犯した。だからお前がレイプされるのも仕方ないことなんだ。」

光彦「ふっふっふ、汚いアナルですねぇ。締りもいい。まさに牡奴隷になるために生まれてきたような男ですよ。」パンパン

元太「ぐわぁぁ!!い、痛いぃぃぃ!!!に、肉の凶器だ、まさしく肉の凶器だぁ!!!!」

光彦「初めてなのに感度がいいですねぇ。この変態おにぎりは」パンパン

元太「やめろぉ!!言うなぁ!!!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:33:50.94 ID:+X80s9kI0

光彦「ほらほらぁそろそろイってしまうんじゃないですかぁ?」パンパン

元太「お、牡になるぅ!!このままじゃアナル壊れて光彦の牡奴隷になっちまうぅぅぅ!!!」

光彦「イけっ!!汚いダミ声出しながらアナル突かれてイってしまえぇ!!」パンパンパンパン

元太「あぁぁぁっ!!!!!」ビクビクッ

元太「」ガクガクッ

元太「はぁ…はぁ…イッた…俺完全に光彦の牡奴隷になっちまったぁ…」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:35:55.15 ID:+X80s9kI0

光彦「なに一人で勝手にイッてるんですか?このおにぎりは。僕はまだイッてませんよ?」

元太「!!ゆ、許してください!!!」

光彦「許すわけないでしょう?」

灰原「>>40


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:37:16.94 ID:wTV5SfIo0

きもいホモはほっといで工藤君、私とセックスしましょう

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:45:21.73 ID:+X80s9kI0

灰原「きもいホモはほっといて工藤くん、私とセックスしましょう」ジーッ

コナン「おいおい勝手にチャック下ろすなよ〜。灰原、お前が動けよな。」

灰原「ええ、そうさせてもらうわ。」

蘭「ちょっと待って…今工藤くんって…それってどういうこと?」

コナン「チッ」

灰原「そういうことよ。」ググッ

蘭「えっ?」

コナン「博士が普段そう呼んでるからだよー☆」

阿笠「そ、そうじゃ。幼い頃の新一にそっくりじゃからな。思わずそう呼んでしまうことがあるのじゃ。」

灰原「工藤くんの乳首おいしい…」ペロッ

灰原「んっ…んっ…」ギシギシ

コナン「灰原、お前だんだんセックスがうまくなってきたな。初めて犯ったときはあんなに泣き叫んでたのに。」ニヤニヤ

灰原「あなたが…んっ…こういう体にしたんでしょ…?」ギシギシ


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:52:22.78 ID:+X80s9kI0

阿笠「コナンと灰原くんも最初はレイプだったんじゃが、段々灰原くんが従順になってきてな。

   ちょくちょく儂の家で一晩中セックスしとる。」

小五郎「最初はレイプって…あんたそれを見てて何も思わなかったのか!?しかも子ども同士で!!」

蘭「そうですよ!こんなの絶対に間違ってます!!」

阿笠「子ども同士とな、ふふふ」

灰原「あぁ…工藤くんのチンポぉ…奥にあたって気持ち…いいっ…!」ジュッポジュッポ

コナン「あーもうすぐ射精るわ。膣内に射精すぞ。」

灰原「射精して…んっ…奥にいっぱい…射精して…気持ちよく…んっ!なって…!」ジュッポジュッポ

コナン「くっ…!」ビュルッビュルビュルビュルビュル!

灰原「あぁっ…!射精てる…私の膣内にいっぱい工藤くんの精液射精てる…っ!」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:56:21.38 ID:+X80s9kI0

灰原「はぁ…はぁ…」ガクッ

コナン「良かったぜ」ナデナデ

歩美「みんな何やってたの?」キョトン

コナン「交尾さ」

蘭「なんてことなの…」

小五郎「>>50

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 17:59:10.03 ID:exUtuaS50

蘭とセックス

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 18:05:26.37 ID:+X80s9kI0

小五郎「…」ゴクリ

蘭「お父さん…?」

小五郎「うわあああぁぁぁ!!!!!」ガバッ

蘭「きゃあっ!!ま…まさかお父さん、いやあああぁぁぁ!!!!」

小五郎「はぁ…はぁ…」ビリビリッ

蘭「いやぁぁぁ!!!な、なんでぇぇぇ!!!」

小五郎「ずっと抱きたかった…!舐めまわしたかった…!犯したかった…!この妃の血が通った身体を…!」ビリッ

小五郎「ひひひっ!胸もでっかくなってんじゃねぇかぁ!!」モミモミ

蘭「た、助けてぇぇぇ!!!」

歩美「あ、あわわわわ」

小五郎「はぁはぁ」ガチャガチャジーッ

小五郎「ひ、久しぶりのセックス…蘭、お前ガキみたいなパンツ履いてんなぁ!!」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 18:16:57.22 ID:+X80s9kI0

蘭「しんいちいいいぃぃ!!!」

コナン(今灰原をバックから犯すので忙しいんだよ…)

小五郎「い、挿れるぞぉ!!」ブチブチィッ!

蘭「きゃああぁぁぁぁ!!!」

小五郎「蘭おまえ処女だったのかぁぁぁ!!!」パンパンパンパン

小五郎「お前のマンコきっつきつだなぁ!!英里のマンコぶち破った時のこと思い出すぜぇ!!!」パンパン

小五郎「あぁ空手やってるからか英里より名器だなぁ、通わせといて正解だったぜぇ」パンパン

蘭「いたいぃぃぃ…!!たすけてぇ…」

小五郎「はぁっ!はぁっ!」パンパン

小五郎「も、もう射精るっ!」ビュルッ

蘭「いやぁぁぁぁ!!!!」

小五郎「ふ〜気持よかったぁ…こんだけ射精したら妊娠確実だな。

    心配すんなそうなったら娘も俺が便器にしてやるからな、蘭」ニッコリ

歩美「>>57

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 18:31:43.96 ID:CLwmlTBL0

爆破スイッチを押す

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 18:42:44.08 ID:+X80s9kI0

歩美(ハッ!元太くんのポケットから爆破スイッチがこぼれ落ちてる!今なら奪えるっ!)ダッ

歩美「やったよみんな!爆破スイッチを奪ったよ!」ポチッ

歩美「あ、間違って押しちゃった!」ウッカリ

ドカーン

ピーポーピーポー

目暮「まさか毛利くんがテロにあうとは…」

高木「バスに乗っていた人たちは全員死亡が確認されました。」

目暮「幼い子供たちの千切れた遺体を見るのは本当に興奮する…」シコシコ

高木「ええ、それにしてもみんな何をしていたのでしょうか?」シコシコ

目暮「乱交だよ。間違いない。」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 18:48:12.45 ID:+X80s9kI0

高木「なるほど、バスの中で楽しんでいたんですね。私も混ざりたかったです。」

目暮「儂もだ。そして毛利くんは何か闇の組織に追われていたのかもしれん。」

高木「セックス中は無防備ですからね。」

目暮「ああ、君も佐藤くんとセックスしているときに儂が家に出入りしているなんて知らんだろう」

高木「初耳です。」

目暮「それで何か犯人の手がかりになるものはみつかったか?」

高木「実はバスの中から>>66が見つかりまして…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 18:52:23.90 ID:PEe8hl0Q0

牛肉

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 18:57:10.89 ID:+X80s9kI0

高木「実はバスの中から牛肉が見つかりまして…しかもでっかいやつ」

目暮「それは妙だな。宿もとってたんだろう?」

高木「はい、ですから、もしかすると…」

目暮「あぁ、そういうことだろうな。」

千葉「警部ー!バス爆発を目撃した方をお連れしましたー!>>70さん>>72さん>>74さんです。」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 19:15:08.85 ID:3AY3u5HO0



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 19:19:02.61 ID:zX0rQGvX0

橋下徹

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 19:26:31.33 ID:XC+NE7dyO



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 19:33:59.37 ID:+X80s9kI0

千葉「目撃者ののさん、橋下徹さん、ID:XC+NE7dyOさんです。」

の「ど、どうも。走ってたらいきなり車が爆発して…いっぱい飛び散って…その…」

目暮「それはお辛かったでしょうね。」ドキドキ

橋下徹「私も彼女が言ったこと以上のことは言えませんね。

    あぁ、でも>>79でした。」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 19:49:16.29 ID:EXUF5Zs60

kskst

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 19:50:55.43 ID:CLwmlTBL0

僕は興奮状態

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 19:57:35.44 ID:+X80s9kI0

橋下徹「あぁ、でも僕は興奮状態でした。」

目暮「そうですか。私もです。」

高木「最後にID:XC+NE7dyOさん、あなたは?」

ID:XC+NE7dyO「>>85だよ。」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 20:01:24.43 ID:+qzD3OvS0

犯人はお前

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 20:05:09.48 ID:+X80s9kI0

ID:XC+NE7dyO「犯人はお前だよ。」

高木「!!」

目暮「ん?どういうことですかな?」

千葉「まさか…そんな…」

高木「ち、違います!そんなわけ!」

ID:XC+NE7dyO「ほら、バスの破片に混じって>>92が落ちてるだろ。」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/10/22(月) 20:14:16.43 ID:txEfkpVJ0

まんこ

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 20:21:55.44 ID:+X80s9kI0

ID:XC+NE7dyO「ほら、そこにまんこが落ちてるだろ。」

目暮「!!本当だ!!!」ピラッ

千葉「しかしこれは誰の…?」

ID:XC+NE7dyO「それとバスから離れてるけど、これも元々このバスにおいてあったもんだろ。」

目暮「これは>>100!!!」

高木「」ブルブル

最後の安価にしますね。

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 20:35:49.44 ID:zX0rQGvX0



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 20:42:52.37 ID:+X80s9kI0

目暮「これは鰻!!!」

高木「」ブルブル

目暮「そうか…この鰻を人質に元太くんに爆弾を仕掛けさせたのか…」

ID:XC+NE7dyO「それと橋下市長が興奮していた本当の理由話していただけますか?」

橋下徹「実は…あのバスに裸の女性が括りつけられていて…それで…」

目暮「それは仕方ないことですな。!!それじゃあさっきのまんこは!!」

千葉「落ちていたまんこが誰のものかの照合が済みました…」

千葉「佐藤刑事のものでした…」

目暮「なんてことだ…」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 20:49:49.59 ID:+X80s9kI0

高木「クククククク…ハーハッハッハッハッハッハッハッハ!!!」

目暮「どうしたんだね高木くん!!」

高木「全部あの女が悪いんだ!!!浮気なんかしやがって!!!だから殺してやったのさ!!!

   でも…相手がどうしてもわからなかった…だから探偵に頼んで調べてもらった結果阿笠博士か毛利さんが怪しいということになった…だから…」

目暮「」ゴクリ

高木「2人まとめて殺してやったのさ!!!」

目暮「バカモン!!!!」バシーン

高木「グハッ」

目暮「女一人寝取られたぐらいでなんだというのだ!!!お前は刑事だろうが!!!」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 20:57:49.06 ID:+X80s9kI0

目暮「それになんの罪もない子供たちも一緒に殺しおって…」

千葉「牛肉は何に使ったんですか?」

ID:XC+NE7dyO「バス爆発が失敗したときのための保険だよ。あれは毒生肉だ。」

高木「なんでわかった…完全に焦げていたのに…」

目暮「肉の凶器か…」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 21:06:32.51 ID:+X80s9kI0

目暮「それで結局佐藤くんの浮気相手というのは誰だったんだね。」

高木「わからないですよ。全部吹っ飛んじゃいましたから。」

千葉「お前…」

ID:XC+NE7dyO「浮気相手はコナンくんですよ。」

高木「え?」

ID:XC+NE7dyO「江戸川コナンといえばあのヤリチン少年でしょう?しかも阿笠、毛利家両方に出入りしている。」

目暮「確かに…!」

ID:XC+NE7dyO「ですから高木刑事あなたは間接的にとはいえ、浮気相手を殺すことに成功したんです。良かったですね。」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 21:15:11.06 ID:+X80s9kI0

高木「そんな…盲点だった…まさかあんなガキに女寝取られるなんて…でも子供に女ひとり篭絡させるテクニックなんて…」

ID:XC+NE7dyO「江戸川コナンで検索してみてください…」

目暮「これは…!江戸川コナン=工藤新一だと!!!」

千葉「そんな…」

高木「嘘だ…こんなのは嘘だあああああああ!!!!!!!」

目暮「高木渉、殺人及び爆弾製造の罪で逮捕する。」ガシャーン

―――――――――

こうして高木渉刑事は逮捕された。

目暮「辛い事件だったな…みんないなくなってしまった…」

千葉「ええ、しかし高木刑事も我々全員が穴兄弟だとは気づかなかったようですね。」

目暮「全くだ。あの糞ビッチが消えてくれて署のものはせいせいしておる。」

千葉「知らぬが仏ですね。」

目暮「ああ」


おわり

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/22(月) 21:17:20.26 ID:+X80s9kI0

ss初めて書きましたけどめちゃくちゃ大変なんですね。もう懲りました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「居るさ」