アスカ「シンジが肉食系になっちゃった」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「一緒に歩く時は手をつないで欲しい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:09:11.03 ID:bq5HnQ9G0

アスカ「や、ばか、ダメったら……朝っぱらから」

シンジ「だって、アスカ可愛いから」

アスカ「///」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:14:50.12 ID:bq5HnQ9G0

シンジ「アスカの顔、もっとよく見せてよ」

アスカ「あ……んっ」

ちゅっ、ちゅぅ

アスカ「ン、ン、ン」



シンジ「じゃ、行ってきまーす」

アスカ「♥」ポケー

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:21:46.14 ID:bq5HnQ9G0

シンジ「この食器ここでいい?」

レイ「ええ」

シンジ「よし……っと。大体こんなもんかな」

レイ「この器具は何に使うの?」

シンジ「野菜の皮剥く時だよ。ほら、こっち向きに当てて……」

レイ「……ありがとう、碇君」

シンジ「え?」

レイ「食器に、器具に、本も。選んで、教えてくれて」

シンジ「これでこの部屋でも、ちょっとは料理しやすくなると思うよ」

レイ「ええ」

シンジ「綾波は……大切な仲間なんだから。手伝えることは手伝って当たり前だよ」

レイ「碇君……ぁ」

さわさわ

レイ「ぁ、ン」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:27:21.00 ID:bq5HnQ9G0

シンジ「綾波って不思議だよね」

レイ「どうして? ン……」

シンジ「きちんと食べてないはずなのに、こんなに肌がすべすべだから」

むににゅ

レイ「く、ぅっ」

シンジ「……少し汚れちゃったし、一緒にシャワー浴びよう」

レイ「……♥」



シンジ「うわ。着信3回も入ってる。い、行ってきます!」

レイ「いってらっしゃい」ポー…

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:29:51.58 ID:bq5HnQ9G0

加持「近頃、ご子息の様子がおかしいともっぱらの評判ですよ」

ゲンドウ「シンジの?」

加持「ええ」

冬月「どうしたのかね?」

加持「どうもその……元気が過ぎるというかね」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:36:46.12 ID:bq5HnQ9G0

加持「―――とそんな感じで、あちこち手を出して、まるで別人のようだと」

冬月「なるほどな」

ゲンドウ「問題ない。子供が調子に乗っているだけだ。表層的な態度がどうあれ、我々の計画に支障はない」

加持「だといいんですがね。それじゃ、俺はこれで」



冬月「なにが、問題ない、だ」

ゲンドウ「……」

冬月「事を急ぎ過ぎだろう。このままでは内情が露見するのも時間の問題だぞ」

ゲンドウ「むぅ」

冬月「隔離されている本物のシンジ君のストレスも、そろそろ限界ではないのかね?」

ゲンドウ「……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:40:31.20 ID:bq5HnQ9G0

リツコ「……」カツカツカツ

プシュッ

リツコ「こんにちは。気分はどうかしら」

シンジ「僕……いつまでこの部屋にいなきゃいけないんですか?」

リツコ「さあ? 私は、あなたのお父さんの指示に従っているだけだから」

シンジ「父さんに聞いてきてくださいよ! いきなり連れてこられて閉じ込められて、わけがわからないって!」

リツコ「ワカラナイと伝えればいいの?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:43:40.44 ID:bq5HnQ9G0

シンジ「……それだけじゃなくて。理由を説明してくれって」

リツコ「あなたが初めてこの街に来た時も、同じくらい強引だったと思うけど」

シンジ「あの時だって、納得したわけじゃありません」

リツコ「ま、それはそうね」

シンジ「……」

リツコ「詳しくは私も知らないけど、碇司令は、あなたがここで暮らす上でのストレス要因を取り除くつもりよ」

シンジ「ストレス要因……? 父さんが、僕の?」

リツコ「ええ。だから、今はかえって気疲れするでしょうけど、我慢してみてちょうだい」

シンジ「…………はい」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:50:18.89 ID:bq5HnQ9G0

コピーシンジ「ただいま」

アスカ「! シンジ、おかえりなさい」

コピー「珍しいね……アスカが出迎えてくれるなんて」

アスカ「うっ。た、たまたまよ、ちょっと気が向いたから」

コピー「はいこれ。おみやげ」

アスカ「……どうしたの? これ」

コピー「帰りにUFOキャッチャーで取ったんだ。アスカ、ぬいぐるみは苦手だけど、ストラップなんかは好きだったろ?」

アスカ「あ、ありがと」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:56:48.82 ID:bq5HnQ9G0

コピー「お礼に、アスカからちゅーして欲しいなー」

アスカ「あっあんたバカァ!? 調子乗りすぎよっ」

コピー「ははは」

アスカ「もう……んっ」

ちゅぅ

アスカ「///」

コピー「もっと……いや、いいや。やっぱ待てないから僕からしちゃう」

アスカ「あ、ン。バカ、ほんとにバカ……ぁ、バカシンジ、ンンっ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 10:59:35.25 ID:bq5HnQ9G0

シンジ「僕のストレスの要因ってなにかなー……」

シンジ「エヴァに乗って戦うのは、取り除くなんて無理だろうし」

シンジ「授業なんかは別に……家事かな? あ、宿題とかかも」

シンジ「あと他には。人間関係の改善、とか」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 11:13:44.59 ID:bq5HnQ9G0

コンコン

シンジ「はい」

プシュッ

シンジ「え……!? マナ!?」

マナ「シンジ! 会いたかった!」

シンジ「ど、どうして。マズいよ、ここネルフ本部なのに!!」

マナ「勿論、司令の許可付きだから安心して。でなかったら、知られてる私が入るなんて不可能だよ」

シンジ「許可って……父さんが?」

マナ「うん。色々とお咎め無しにしてくれる代わりに、シンジの訓練相手になれって」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 11:19:13.04 ID:bq5HnQ9G0

シンジ「訓練?」

マナ「私も詳しく教えてもらえたわけじゃないの。ただ、ここを出てからのシンジに必要になるんだって」

シンジ「ねえマナ。本当に大丈夫なの? また痛いことや危ないことさせられるんじゃ……」

マナ「心配してくれてありがと。けど平気だよ、相手がシンジだから」

シンジ「???」

マナ「シンジもきっと楽しいと思うな……男のコなら、みんながしたがるような訓練だから」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 11:23:08.51 ID:bq5HnQ9G0

コピー「♪〜」

ヒカリ「碇君。ちょっと来て」

コピー「ん?」



コピー「なに、委員長」

ヒカリ「一昨日……駅ビルの前で、A子と碇君が歩いてるのを見たの」

コピー「Aさんと……あ、うん。行ったよ」

ヒカリ「二人だけで? それに、腕組んでるように見えたわ」

コピー「う、うん。組んでたけど……」

バシッ!

コピー「イタッ!?」

ヒカリ「どうしてよ!? 碇君、アスカと付き合ってるんじゃないの!?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 11:30:47.15 ID:bq5HnQ9G0

ヒカリ「アスカ……最近は碇君とうまくやれてるって、すごく嬉しそうだったんだからっ」

コピー「アスカとはホントに仲良くやれてるよ。正式に付き合ってるとかってわけじゃないけど……」

ヒカリ「……」キッ

コピー「うっ」

ヒカリ「A子のだけじゃないのよ。私が直接見たのはそれだけでも、他にいっぱいウワサが出てる」

コピー「えっと、多分……わりと本当だと思う。ウワサ」

ヒカリ「サイテー! サイテーよ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 11:36:24.87 ID:bq5HnQ9G0

コピー「……参ったな……このままじゃ、本物に迷惑かけちゃう」

ヒカリ「本物? なんのこと?」

コピー「委員長自身は、好きな人っていないの?」

ヒカリ「私は……い、今どうでもいいじゃない」

コピー「少なくとも告白したり、されたりとかって無いよね?」

ヒカリ「だから何よ。さっきから、話逸らして誤魔化さないで!」

コピー「……じゃあ、いいか」

ヒカリ「?」

コピー「いいんちょ……洞木さん」スッ

ヒカリ「え、ちょっと。碇く……ん?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 11:47:38.75 ID:bq5HnQ9G0

シンジ「ほんとに……い、いいの?」

マナ「そう言ってるじゃない。遠慮しなくていいから、好きに触ってみて」

シンジ「……」ゴクッ

むに、むにぃ

シンジ(うわ。やらかい……)

マナ「そうやって、女のコの身体に慣れるよう頑張って。緊張しすぎないで、しっかり楽しめるくらいに」

シンジ「な……何の訓練なの? こんなこと」

マナ「こんなことはイヤ?」

シンジ「いやあの、全然、イヤじゃないけどっ」

マナ「じゃ……今日からしばらく、一日中訓練だけど、耐えられそう?」

シンジ「!」コクコク

マナ「んふふ。いっぱいキスしよーね、シンジ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 11:52:10.20 ID:bq5HnQ9G0

ヒカリ「ふぁ、待って、やめてったら、ぁっ」

コピー「止めない。僕がアスカ達にどういうことしてるか、きちんと教えてあげてるよ」

ヒカリ「そんなの、口で言えば……ン、ぅ」

コピー「それじゃ誤解されちゃうかも知れないし、やっぱり直接理解してもらったほうがいいかなって」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/21(日) 12:05:40.48 ID:bq5HnQ9G0

お昼外食してくる
戻るまでこれが残ってると思えないので、以下、書くまでもない気がするあらすじ

コピーシンジ、アスカやレイやらと仲良しこよしして回る。最後までヤるのは無し
シンジ、マナと女慣れ訓練。リツコも派遣されてきてレクチャー受ける
コピーとシンジ、チェンジ。コピー外国へ
アスカ達がべたべたエロエロしてきて戸惑いつつ、訓練成果発揮してシンジうまー
ゲンドウさん、シンジが元気になってわーい、でもすっかりパパ離れしちゃってしょんぼり

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン妹「キョンくん、エッチしよー」