アスカ「シンジー、今日のおかずなに?」シンジ「アスカ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:国木田「運命の学園祭?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 20:24:00.36 ID:9J8XM56eO


アスカ「はぁ?」

シンジ「あっ……!」

アスカ「あんたバカぁ?意味わかんない」

シンジ「え?」

アスカ「あたしは夕飯のおかずをきいたんだけど?」

シンジ「あ、その……ゆ、夕飯のおかずはハンバーグだよ」

アスカ「ハンバーグかぁ、ま、悪くないわね」

シンジ「じゃあ僕は夕飯の準備があるから……」

アスカ「待ちなさい」

アスカ「あんた、なんでおかずをきかれてあたしって答えたわけ?」

シンジ「……」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 20:29:57.77 ID:9J8XM56eO


シンジ「き、聞き間違えたんだよ」

アスカ「嘘ね。この距離で聞き間違えるわけないじゃない」

シンジ「本田だよ!信じてよ!」

アスカ「なに必死になってんのよ?バッカみたい」

シンジ「必死にもなるよ!」

アスカ「ふーん、どうして?どうして必死になるの?」

シンジ「それは……」

アスカ「早くいいなさいよ」

シンジ「……」

アスカ「……いいわ。言いたくないなら仕方ないわよね」

シンジ「アスカ……!」

アスカ「ミサトにきいてくる」

シンジ「えっ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 20:35:08.46 ID:9J8XM56eO


アスカ「ミサトー」

ミサト「ん?どうしたの?」

アスカ「ちょっと教えてほしいんだけど、おかずってなに?」

ミサト「……アスカ、病院に行きましょう。もしものことがあったら遅いから」

アスカ「冗談いってないで答えなさいよ」

ミサト「冗談いってるのはアスカじゃない」

シンジ「そうだよ!」

ミサト「あら、シンちゃん」

アスカ「うっさいわね。あんたは黙ってなさいよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 20:43:11.82 ID:9J8XM56eO


シンジ「どうでもいいことじゃないか!」

アスカ「なら意味を教えなさいよ」

シンジ「……」

アスカ「ほらね、やっぱり何かあるんじゃない」

シンジ「な、ないよ、そんなの……」

アスカ「今日はやけに強情ね、バカシンジのくせに」

ミサト「えっと、状況がよくわからないんだけど?」

アスカ「だから、おかずってなんなのかって話よ!」

ミサト「なんでわからないの?焼き肉定食でいうところの焼き肉よ」

アスカ「知ってるわよ!」

ミサト「じゃあなんできくのよ?」

アスカ「あたしがおかずって意味わかんな―――」
シンジ「わあああああああああああああああ!!!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 20:53:18.26 ID:9J8XM56eO


シンジ「はぁ……はぁ……」

アスカ「うっさいわね〜、鼓膜が破れるかと思ったじゃない」

シンジ「ご、ごめん」

ミサト「でもシンちゃんが大声出すなんて珍しいわね」

シンジ「察してくださいよ……」

アスカ「ミサトに大人の振る舞いを期待しても無駄よ」

ミサト「そうそう。シンちゃんは頑張って大声だしたけど、ミサトさんにはちゃあんと聞こえたわよ♪」

シンジ「なっ!?」

ミサト「むふふ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 20:59:03.40 ID:9J8XM56eO


シンジ「み、ミサトさん!お願いだから……!」

アスカ「黙り決め込むわけないわよねぇ、ミサト?」

ミサト「もっちろん。若人の悩みを解決するのは大人の仕事ですからなぁ」

シンジ「ミサトさぁん」

アスカ「さっすがミサトね。で、どういう意味なの?」

ミサト「わからないわ」

アスカ「……はぁ?」

シンジ「ミサトさん……!」

アスカ「しらばっくれる気?」

ミサト「いいえ、本田に私にもわからないのよ。アスカがおかずってどういうこと?」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:05:03.59 ID:9J8XM56eO


シンジ「あの、本当にわからないんですか?」

ミサト「ええ。見当もつかないわ」

シンジ「……」

アスカ「やっぱり、バカシンジの聞き間違い?」

シンジ「うん!そうだよ!聞き間違い!」

アスカ「でも、なんか怪しいのよね……」

シンジ「そ、そんなことないよ!」

ミサト「シンちゃんがアスカをオカズにシコシコするわけないもね。どういう意味なのかしら……」

シンジ「」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:13:19.20 ID:9J8XM56eO


シンジ「」

アスカ「ちょっと、どうしたのよ?」

シンジ「……え?あ、なにかいった?」

アスカ「……あんた、もしかしたら本当に耳遠くなってきてるんじゃないの?」

シンジ「はは、そうかもね……」

アスカ「ミサト、いま何時?」

ミサト「19時よ。そろそろ夕飯の時間ね」

アスカ「そういえばお腹すいたわね。シンジー、ごはん」

シンジ「いま作るよ」

シンジ(良かった、なんとかなった……)

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:21:32.00 ID:9J8XM56eO


深夜

シンジ「アスカ……アスカ……!」シコシコ

ビュルルッ

シンジ「ふぅ……」

シンジ「アスカはやっぱり可愛いなぁ……」

シンジ「でも、さっきは運良く乗り切れて、本当に良かった……」

シンジ「もしかして、僕って結構ミサトさんに信用されてるのかな?」

シンジ「その想いに応えられるようにもっと頑張ろう。そしてアスカよりうまくエヴァを乗りこなせるようになるんだ!」

シンジ「でも、いまはオ○ニーを頑張ろう……」シコシコ

シンジ「アスカ……アスカ……」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:25:23.12 ID:9J8XM56eO


ビュルルッ

シンジ「ふぅ……」

シンジ「もう何回目かな?頑張りすぎて、部屋が雪国みたいになっちゃったよ」

シンジ「ティッシュティッシュっと……」

シンジ「あれ?ティッシュもうないや」

シンジ「買い置きあったかな?とりにいかないと……」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:31:06.77 ID:9J8XM56eO


シンジ「うーん……」ゴソゴソ

シンジ「確かこのへんにあったはずなんだけど……」

シンジ「ないなぁ……」

シンジ「どうしよう……」

シンジ「アスカの部屋にあるかな?ちょっと行ってみよう」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:38:55.84 ID:9J8XM56eO


シンジ「し、失礼します……」

シンジ(やっぱり緊張するなぁ……)

アスカ「すぅ……すぅ……」

シンジ「……あの、アスカ?起きてる?ちょっとティッシュを借りたいんだけど……」

アスカ「すぅ……すぅ……」

シンジ(返事がないってことは、寝てる……のかな?)

シンジ(いまのうちにティッシュ借りて、はやく出よう……)

シンジ(アスカは寝ぼけて急に起き上がってくることがあるからなぁ……)ビュルルッ

シンジ「あ」

シンジ「……ぼ、僕の……せ、せい……しが……」

シンジ(あああああああああああああああああ!)

アスカ「すぅ……すぅ……」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:47:08.70 ID:9J8XM56eO


シンジ「……」

シンジ「やってしまった……」

シンジ「まさかこのタイミングで出るなんて……しかもちゃんと胸にかかるとは……予想外すぎて罪悪感というより寧ろ達成感があるよ」

シンジ「だいたい、アスカが可愛いのがいけないんだ。こんな無防備な格好で寝ちゃってさ」

アスカ「すぅ……すぅ……」

シンジ「このまま部屋に戻るわけには……いかないよね」

シンジ「幸い、僕の右手にはティッシュの箱が握られている」

シンジ「いま拭き取らないでいつやるんだ?」



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 21:56:01.96 ID:9J8XM56eO


ビュルルッ

シンジ「ふぅ……」

シンジ(ダメだ……実物を目の前にしたら止められない、止まらない)

シンジ(早く拭き取ってここから出ないと……このままじゃアスカも起きちゃうだろうし……)

アスカ「すぅ……すぅ……」

シンジ「……」

シンジ「アスカ……アスカ……」シコシコ

シンジ(誰か、この負の連鎖を断ち切ってよ…………)



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:26:27.86 ID:9J8XM56eO

続きがさっぱり浮かびません。誰かこの負の連鎖を断ち切ってよ

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 22:32:58.72 ID:9J8XM56eO


シンジ「僕はどうしたらいいんだ……」シコシコ

本田「諦めたらそこで試合終了やで?」

シンジ「圭佑君……」

本田「お前の道はお前で決めろ」

シンジ「……」




だめだ わかんないよ

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:13:26.05 ID:ryH7glYP0

僕でよければ

シンジ(どうにかして拭き取らなくちゃ!!)

アスカ「」スースー

シンジ「」ソー…

シンジ(呼吸に合わせて……触れてる感触が残らないように)

アスカ「」スースー

シンジ(使徒と戦うよりはずっと簡単だ…やれる!)

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:20:54.29 ID:ryH7glYP0

シンジ「よ〜し……」

アスカ「」スースー

ヌチャッ ヌルヌル……

シンジ(うわうわうわ!広げてしまった!まずい!)

ヌルヌルヌル

シンジ(どうして!!)

シンジ(これじゃぁ、ただ僕の精液をアスカの胸元に塗りたくってるだけじゃないか!!)

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:24:05.52 ID:ryH7glYP0

シンジ(くそ!くそ!)

ヌチャッ ヌチャッ ヌルヌル


シンジ(あぁああ!ティッシュのカスまでこびりつきだしたぁぁ!!)

アスカ「」スースー

シンジ(拭いてもとれないのなら……)

シンジ(そうだ!いったん、乾燥させてカピカピにしてから剥がし取ろう!)

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:30:25.22 ID:ryH7glYP0

シンジ「」ドンッ

シンジ「扇風機……それと団扇」ゴクリッ

シンジ(扇風機は風量を最弱にセット…)カチッ

シンジ「」スーハー

シンジ「」ポチ

扇風機 サー

シンジ「」パタパタ

アスカ「う、う〜ん…」ムニャムニャ

シンジ「!?」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:34:06.90 ID:ryH7glYP0

シンジ(起きないで!起きないで!)パタパタ

アスカ「さ、むぅ」ムニャムニャ

シンジ(時間がない!もうやるしかない!)

カリカリ ペリッ

シンジ(くっ!硬い!とれないぃ!)

シンジ(アスカの胸元に大量の白いカピカピがぁぁああ!)

カリカリ

シンジ(慎重に…慎重に……)

アスカ「ん?」パチッ

シンジ「あっ」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:37:31.25 ID:ryH7glYP0

アスカ「ちょ!あんt」

ガシッ

シンジ「しー!静かに!」

アスカ「ん!んん!」(息が!!息がァ!!)

アスカ「んんんんん!!」ジタバタ

シンジ「アスカは何も見なかった。これは悪い夢」ググググ

アスカ「ん!!!!」ジタバタ

シンジ「悪い夢だよ。アスカ……」(落ちろ!落ちろ!落ちろ!)

アスカ「」パタリッ

シンジ「ふぅ……なんとか気を失ってくれた」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:43:27.64 ID:ryH7glYP0

アスカ「」

シンジ「いくら気を失っているからと言っていつ目をさますかわかならい…」

シンジ「どうやって僕のカピカピを取ろうか……」

シンジ「そうだ!オリーブオイル!」


シンジ「あ、アスカ……行くよ」

アスカ「」

タラー ヌチャ

シンジ「これで……うまく取れるはずだ」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:50:40.63 ID:ryH7glYP0

シンジ「さっさと拭きとらなくちゃ!」

アスカ「」テカテカ

シンジ「」

シンジ(アスカの胸元が僕のカピカピの精液とオリーブオイルでテカテカに光っている)

シンジ「なんだ?胸の奥からこみ上げる理解しがたい感情は?」

シンジ「こんな姿のアスカを見て欲情しているとでもいうのか!?」

シンジ「父さんは母さんにとんだ変態を孕ませたようだ!はっはっはっは」

シンジ「」ヨイショ



シンジ「」シコシコ

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:53:53.34 ID:ryH7glYP0

シンジ「」

アスカ「」

シンジ(顔にひっかけてしまったぁあああ!!!)ズーン

シンジ「ティッシュ!!!ティッシュ!」

ヌチャッ ヌルヌル

シンジ(うわうわうわうわうわ!これじゃぁ!さっきと同じじゃないか!!)

シンジ(アスカの顔が僕の精液でヌメヌメになってるよぉ!!)

シンジ「扇風機!扇風機!」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:55:59.23 ID:ryH7glYP0

シンジ「うわぁあああ!!アスカの顔が白い粉だらけになったぁぁあ!」

ミサト「ちょっと!しんちゃんどうしたの!?」ガラッ

シンジ「はっ!?」クルッ

ミサト「ちょっとし」

タッタッタタ

シンジ「」ドゴォ!

ミサト「うっ…」バタリッ

シンジ「何も見てない何も見てない何も見てない」ワナワナ

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/15(月) 23:59:38.97 ID:ryH7glYP0

シンジ「オリーブオイルぅ!頼む!」

タラーッ

アスカ「」フガッフガッ

シンジ「アスカの鼻にオリーブオイルが!駄目だ!このままじゃアスカが起きちゃう!」

シンジ「ティッシュでせんを!」

キュポン キュポン

シンジ「」

アスカ「」ドーン

シンジ「ぶっふ」クスクス

シンジ「こうしちゃいられない!早く拭き取らないと!」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/16(火) 00:02:54.32 ID:VOKntU1u0

シンジ「これで、拭き取れた」

アスカ「」テカテカ

シンジ「そんな……油のヌメヌメ感がまだ残ってる…」

シンジ「どうしよぉ!」ブルブル

アスカ「はっ!」パチッ

シンジ「ひっ!」

アスカ「あんた!何を!」

シンジ「ごめん!」ズガシャーン!!

シンジ「」ハァハァ

アスカ「」

シンジ「せ、扇風機で強打してしまった……血は出てないから大丈夫!」

シンジ「それよりヌメヌメ感をなんとかしなくちゃ!そうだ!」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/16(火) 00:05:40.04 ID:VOKntU1u0

シンジ「ジョイくんなら!ジョイくんならきっと!」

ッタッタッタ

シンジ「アスカ!台所から持ってきたよ!今すぐ綺麗にしてあげるからね!」タッタッタ

ガッ!!

ミサト「あうっ」

シンジ「なっ!ミサトさんで躓いた!!」

ドテッ!

ズボッ!

アスカ「ふがっ!」

シンジ「いたたたた……はっ!」


シンジ「アスカの口の中にジョイくんを突っ込んでしまったぁぁぁああ!!!」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/16(火) 00:10:15.63 ID:VOKntU1u0

シンジ「くそ……こうなったら!!」


次の日

シンジ「」ブルブル

シンジ「そろそろ、起きる頃だ……」

アスカ「バカシンジィィィ!!!!!!!!!!!!」ドンドン

アスカ「朝起きたら体中ヌメヌメ!口の中は泡まみれ!おまけに花の中はオリーブ畑!」

アスカ「どういうこと!?説明しなさいよぉぉ!!」

ミサト「シンジ…くん?起きてるんでしょ?ドアを開けなさい」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/16(火) 00:14:29.38 ID:VOKntU1u0

ガチャリッ

シンジ「お、おはよう。今日の朝ごはんのおかず……何がいいかな?」ガクガク

アスカ ミサト「シンジ」

シンジ「ひぇえええええ!ごめんなさい!!!!!!」

タッタッッタ

アスカ「待ちなさいよ!!!!」

ミサト「アスカ!絶対に取り逃がしちゃダメよ!!」






おわり

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/16(火) 00:15:04.20 ID:VOKntU1u0

>>1さん。ごめんね


おやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ルフィ「漫才王におれはなる!」ドン