クレヨンしんさん「はい…はい…申し訳ありません」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:らきすたギャルゲを即興で書いてみようかとおもう

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 18:55:05.13 ID:z1vrTERt0

課長「あのね、いつまで学生気分なの?ここは学校じゃないんだけど」

しんさん「すいません…」

課長「すいませんじゃなくてさ、なんで?なんでこんなミスしたの?」

しんさん「…すいません」

課長「なんでかって聞いてるんだけど」

しんさん「…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 18:56:58.15 ID:z1vrTERt0

課長「…もう良いわ、これ風間君にやってもらうから 風間くーん、ちょっと」

風間「はい、なんでしょう」

課長「これさ、こいつには無理らしいからやってくれる?」

風間「そうですか、わかりました」

課長「ごめんね、他の仕事もあるのに」

風間「いえ、では失礼します」

しんさん「…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 18:59:53.34 ID:z1vrTERt0

しんさん「あの、オラ…」

課長「あのさ、君もう社会人なんだから自分のことオラって言うの辞めなさい」

しんさん「すいません…」

課長「はぁ…もういいよ、あとこの前の請求書まだ上がってきてないけど?」

しんさん「あっ…」

課長「忘れるならメモしろって言ったよね?」

しんさん「…」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:08:06.76 ID:z1vrTERt0

数時間後

風間「お先に失礼しまーす」

「おつかれさまでーす」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:09:08.35 ID:z1vrTERt0

しんさん「お先に失礼します…」

「お…までーす」
「うぃーす」
「チッ」

しんさん「…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:14:37.42 ID:z1vrTERt0

数日後

しんさん「課長…お時間よろしいでしょうか」

課長「なに?」

しんさん「会議室取りましたので、出来ればそちらで…」

課長「…はぁ、先行っといて」

しんさん「すいません…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:17:42.82 ID:z1vrTERt0

課長「で、なに?」

しんさん「実は、退職させていただこうかと…」

課長「…なんで?」

しんさん「ミスばかりしてますし、これ以上はみなさんにご迷惑がかかると…」

課長「そう、じゃあ一回預かるわ」

しんさん「はい…」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:21:00.52 ID:z1vrTERt0

朝礼

課長「では最後にご報告があります」

課長「野原さんが今月いっぱいで退職されることになりました」

課長「つきましては、引き継ぎなどについて後ほどお知らせします」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:22:53.33 ID:z1vrTERt0

しんさん「すいません、このリース車もうすぐ更新なのでよろしくお願いします」

「見積りもやってないの?」

しんさん「…はい」

「あっそ、了解」

しんさん「すいません…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:26:19.27 ID:z1vrTERt0

「野原さん、光熱費の予算ってもしかして組んでない?」

しんさん「あっ…」

「うぃーす」

しんさん「す、すいません…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:29:39.32 ID:z1vrTERt0

退職当日

しんさん「課長、お世話になりました」

課長「…はい、頑張ってね」

しんさん「ありがとうございます」

しんさん「みなさん、短い間でしたがお世話になりました」

パチ…パチ…パチ

しんさん「失礼します…」

「おつ…までーす」
「うぃす」
「…チッ」

しんさん「…」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:34:20.80 ID:z1vrTERt0

しんさん「オラ…もう無理かも」

しんさん「…ん?これは」

しんさん「デス…ノート?」

Fin

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:56:18.48 ID:z1vrTERt0

社会人になって自称幼稚園はダメだと思うの

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:39:39.78 ID:jSDGC7Ms0

同僚「再就職の当てはあるのか?」

しんさん「一応父のツテがありまして…」

同僚「そっか…俺の知り合いが事業起こしたっていうんで紹介しようかと思ったけど…」

しんさん「…え?」

同僚「いらん心配だったわな」

しんのすけ(見栄なんてはるもんじゃないゾ…)

しんのすけ「と、とりあえず雇用保険があるゾ!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:44:31.26 ID:jSDGC7Ms0

prrrrrr

しんのすけ「とはいえお金がないのは変わりないぞ」

しんのすけ「まぁこの棚のAVコレクションを処分するしかないか…」

しんのすけ「あとは、実家にでも…」


しんのすけ「電話…誰からだゾ? 母ちゃん?」

みさえ「しんのすけ!元気でやってるー?」

しんのすけ「お、おう…だゾ。あ、あの…」

みさえ「まったくねー!あんたが風間くんと同じ会社で働けるなんて鼻が高いわよ!」

しんのすけ「…」

みさえ「それじゃあ、またねー。仕送り待ってるわよー」

しんのすけ「なんの用だったんだ…」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:48:18.35 ID:jSDGC7Ms0

しんのすけ「そもそも、仕送りなんてオラがして欲しいくらいだゾ…」

しんのすけ「こうなったらとおちゃんに…」

ひろし「おう!なんだぁしんのすけ!」

しんのすけ「あの…」

ひろし「しんのすけ金貸してくれよー!!一緒にソープランドでもいかないか?」

しんのすけ「じゃ」

しんのすけ「なんなんだ一体!!お金なんて簡単に稼げるものじゃないんだゾ!!」

しんのすけ「明日はハロワに行くぞ!!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:51:56.50 ID:jSDGC7Ms0

職員「んー…きついねー」

しんのすけ「え?オラ、有名企業に勤めていたんだゾ?」

職員「だったらなんで辞めちゃったの?そんなのねー関係ないよ」

職員「そんな優良会社で勤めていたのに、辞めるなんて忍耐力がないって判断されちゃうんじゃないかな?」

しんのすけ「うるさいゾ!!とにかくここの会社の面接受けるんだゾ!!」

                ・
                ・
しんのすけ「だめだ…どこも通らない…雇用保険も満期だゾ…」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 19:56:07.15 ID:jSDGC7Ms0

しんのすけ「まずいまずいまずいまずい」

prrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr

しんのすけ「はいこちらしんのすけ」

オペ「こちら、野原しんのすけさまでよかったですか?」

しんのすけ「?」

オペ「私、竹富士のものですが今月の返済のほうがまだなのですが…」

しんのすけ「? そんな記憶ないゾ?」

オペ「…いえ、確かに記録がございますね200万になります」

しんのすけ「知らないゾ!!」ブチ

しんのすけ「…まさか」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:00:37.64 ID:jSDGC7Ms0

みさえ「いやーごめんねーちょっと欲しいバックがあったからさーw」

しんのすけ「ふざけるんじゃないぞ!!」

みさえ「まぁいいじゃない。あんた長いことニートなんてやってたんだから孝行しなさい!」

しんのすけ「だからってオラの名義で借金なんて親のすることじゃないゾ!!」

みさえ「しかたないのよーひまだって進学しちゃったしー」

しんのすけ「節約してからいうべきだゾ!!!!!」ブチ

しんのすけ「はぁとうちゃんにも連絡しないと…」

prrrrrrrrrrrrrrrrrrr

オペ「プロ見ス、コールセンターです」

しんのすけ「…」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:05:55.47 ID:jSDGC7Ms0

しんのすけ「両方合わせて…500万の借金だゾ…」

しんのすけ「…」

しんのすけ「どうすれば良いんだゾ…」

あい「しんさまー!」

しんのすけ「あい…どうしたんだゾ?」

あい「今日は記念日ですわよ?忘れていらっしゃるの?」

しんのすけ「あ…そうか」

あい「最近、しんさまったら元気ないですわよ?」

しんのすけ「…実は仕事やめたんだ」

あい「まぁ!そうでしたの」

しんのすけ「ああ…なんだか情けなくって言えなかった」

あい「そんなに落ち込まないでください!それに、わたしはどんなしんさまでも愛しぬく自信がありますわ」

しんのすけ「あい…」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:12:28.06 ID:jSDGC7Ms0

あい「まぁ!!借金ですって!?」

しんのすけ「…ああ。情けないだろう?あいとの結婚も先のことになってしまうな…」

あい「いいえ、しんさま。そのお気持とても身にしみましたわ。私がお支払いいたしますわ」

しんのすけ「そ…そんな!!」

あい「しんさま!私はしんさまのお役に立ちたいのです」

しんのすけ「しかし…」

あい「わかりましたわ…ではわたくしが立て替えます。それならよろしいですか?」

しんのすけ「…それでも」

あい「もう!!まどろっこしいです!!500万あげるから私と結婚してください!!」

あい「プライドなんて捨てて私を愛してください!!あなたが好きなのです」

しんのすけ「あい…プライドか…わかった結婚しよう」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:14:12.65 ID:jSDGC7Ms0

あい「しんさま…」

しんのすけ「あい…」

こうして2人は結婚した。しんのすけはあいの会社で働くことになった。



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:18:53.26 ID:jSDGC7Ms0

しかし順風満帆にみえた生活にも陰りが見え始める。

みさえ「しんのすけー!!もっと仕送りよこせよー!!」

ひろし「そうだぞ?俺が育ててやったんだからな!!」

しんのすけ「…」

みさえ「あーとりあえず1億くらいよこせよ!!」

ひろし「ばーかもっとだ!!なんてったって酢乙女家だぞ?」

しんのすけ「2人ともいい加減にするんだゾ!!恥を知るんだゾ!!」

あい「しんさま…いいですから。それくらい」

しんのすけ「しかし…」

あい「しんさまのご両親なのですよ?これくらい安いものです」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:25:23.53 ID:jSDGC7Ms0

調子に乗ったみさえとひろしは会社の運営にも口を出すようになった。
株価はすぐさま下落、倒産してしまう。

しんのすけ「…すまない」

あい「…それでも、あいはしんさまのそばにいれるだけで」

しんのすけ「あい…」

ヤクザ「いいからさぁ!!早くなんとかしろよ!!」

しんのすけ「両親の借金は私には…」

ヤクザ「うるせぇなー!!」

ヤクザ「それより、奥さん!あんたは美人だから沢山稼げるよ!」

しんのすけ「…く、ふざけるなぁ!!!」

やくざ「なんだぁ?こいつ」ガン

しんのすけ「うああああああああああああああああああああああああ」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:30:34.08 ID:jSDGC7Ms0

あい「しんさま!!」

ヤクザ「じゃあ、とりあえず面接ってことで一発やっとくかw」

しんのすけ「!? やめろー!!!」

やくざ「ほんと綺麗な顔してるねぇ…」

あい「や、やめてください!!」

やくざ「ほら!!しゃぶれよw」

あい「あっや、やめてください!!」

しんのすけ「あいー!!!!!!!!やめろおおおおおおおおおおおお」

やくざ「この野郎!!黙って見てろ!!愛する妻が複数の男のチンコくわえるのおよぉ」

あい「や、やめて…ぐ、ぐふぅ!! しんさまぁ…」ぺちゃpちゃ

やくざ「うぇーw気持良いいいwwwだすよぉ?www」びゅ

あい「ん!!…はぁはぁ」どろーん

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:34:15.54 ID:jSDGC7Ms0

しんのすけ「あいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

あい「…しんさま」

やくざ「じゃあ本番といこうかねーwww」

しんのすけ「やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

やくざ「おっ…これは名器だねw」

あい「やめてくださいいいいいいいいいいいいいいぬいてえええええええ」

しんのすけ「やめて…やめてくれ…」

やくざ「しかし、この反応。もしかして旦那以外としたことないのかなぁ?w」

あい「うぅうぅぅ…」

しんのすけ「…やめて…やめて…ください」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:39:59.96 ID:jSDGC7Ms0

やくざ「いやーよかったよ!!じゃ…店には話通しておくからw」ガチャ

あい「…うっうっ」

しんのすけ「あいー…あいー…」

あい「しんさま…うアアアアアン…」

しんのすけ「もう…こんなこんなことさせないから」

しかし、しんのすけの願いは神に届くことはなかった。
あいは実はヤクザとのSEXに快感を感じていたのである。
女に目覚めたあいはしんのすけの元を去り、ヤクザの女になったのだ。
しんのすけにはとうとう、全てを失ったのだった。

しんのすけ「…オラにはもう何も残ってないぞ…」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:45:44.21 ID:jSDGC7Ms0

そして公園に佇むしんのすけがそこにいた…

しんのすけ「なんで…?オラの描いた未来は…光に満ち溢れていたゾ」

しんのすけ「オラは…一家離散、嫁に逃げられ、残ったのは莫大なる借金…」

しんのすけ「子供の頃のオラは知らなかった…オラは全然凄くないゾ。オラも1億の内の1人なのか…」

しんのすけ「オラは…」

子供「おじちゃーん!!ボールとって!!」

しんのすけ「…」

子供「?」

しんのすけ「このガキに…社会の現実を叩き込んでやろうか…夢なんてもつなと」





189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:47:23.83 ID:jSDGC7Ms0

しんのすけ「いや…いっそ…現実を知る前に…あの世へ…」ニヤリ

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:52:14.41 ID:jSDGC7Ms0

しんのすけ「はい。ボール」

子供「ありがとー」

しんのすけ「あのボールにアクション仮面の絵がくっついてた…」

しんのすけ「正義は必ず勝つんだゾ」

しんのすけ「オラは…自分に負けないんだゾ!!!!!!!!!!!!」

しんのすけ「オラは最強の幼稚園児!!!!!!野原しんのすけなんだゾ!!!!!!」

しんのすけ「まだ歩けるんだゾ!!!!!!!!!」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:59:58.30 ID:jSDGC7Ms0

しんのすけ「ありがとうございました!」

店長「おっ?いいねー君はやる気あるねー!!」

しんのすけ「ありがとうございます!」

しんのすけ(オラは恐れていたんだぞ…)

しんのすけ(大人になることを…)

アクション仮面募集!!地球のを守るお仕事!!!!!!

しんのすけ「アクション仮面募集…?」

しんのすけ「こんな仕事があるのか…」

しんのすけ「…倍率高そうだな。でも!!」

しんのすけ「逃げてちゃ永遠に勝てないゾ!オラ。挑戦するゾ!!」

そして長きに渡るアクション仮面試験が始まった。
全国から猛者が埼玉は春日部に集結した。

しんのすけ「ここが試験会場か…さすがにみんな気合入ってるゾ」



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 21:07:54.15 ID:jSDGC7Ms0

まさお「しんちゃん!」

しんのすけ「なんだ!まさお君もこの試験を?」

まさお「まぁね…ぼーちゃんも風間くんもいるけどね」

しんのすけ「あ、本当だ! おーい!!風間くーん!!」

風間「しんのすけじゃないか…お前も?」

風間「だけど…アクション仮面の座は渡さないからな!!」

トンパ「なんだ?君達は今年初受験?」

しんのすけ「ええ…あの常連さんですか?」

トンパ「ああ、もう5年目だよ」

しんのすけ「5年…やはりきつい試験なんでしょうね」

トンパ「そりゃそうさ…アクション仮面になれれば年収は100億、日本のスターだからな」

トンパ「全国から、腕自慢が集まるわけだ。そうだ…コレ近づきのしるしにジュースなんてどうだ?」

しんのすけ「あ、ありがとうございます。」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 21:09:42.62 ID:jSDGC7Ms0

そしてしんのすけは下痢してリタイアした。
                          完

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 21:21:59.01 ID:jSDGC7Ms0

しんのすけ「と、おもうなよおおおおおおおおおおおおお!!!」

しんのすけ「ケツだけ星人!!」びゅbりゅ

トンパ「なん…だと? 下痢を全て…」

しんのすけ「オラは負けないんだゾ!!」

ひろし「なんだ…お前も来てたのか」

みさえ「久しぶりーw」

しんのすけ「!!」

しんのすけ「お前ら…金に釣られて…」

しんのすけ「アクション仮面は正義の象徴なんだゾ!!お前らになる資格なんてない!!」

ひろし「いいか?しんのすけ」

ひろし「正義の反対はまた別の正義なんだよ」

しんのすけ「こんな形でこの言葉が使われるとは…」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 21:24:34.97 ID:jSDGC7Ms0



 



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「ハンカチを忘れた…」