キョン「頼む、壱万払うからフェラしてくれ」ハルヒ「なっ・・・!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:哀川潤「雛見沢連続怪死事件ね……オーケー。引き受けてやる」

ツイート

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 09:08:41.80 ID:xPhYVvceO

キョン「やっぱりハルヒじゃだめだったか…お、朝比奈さんだ。朝比奈さーん!」

みくる「あ、キョンくん。どうしたんですか?」

キョン「無礼を承知で頼みます。フェラしてくれませんか?」

みくる「ふぇ!?」

キョン「勿論タダでとは言いません。一万円払います」

みくる「そ、そういう問題じゃないですよぉ!」

キョン「お願いします!朝比奈さんじゃなきゃだめなんです!」

みくる「!……どうしても、ですか……?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 09:20:42.22 ID:xPhYVvceO

キョン「はい。どうしても、です」

みくる「……わかりました。やります」

キョン「金は今払った方がいいですか?」

みくる「いえ、お金はいりません。これは私からの感謝の気持ちです」

キョン「そんな……本当にいいんですか?遠慮なんていらないんですよ?」

みくる「いいんです。そのかわり……私のこと……その……みくるって、呼んでください……」

キョン「……みくる」

みくる「キョンくん……」

長門「やめたほうがいい」

キョンみくる「うわぁぁぁぁ!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 09:39:09.50 ID:xPhYVvceO

キョン「お、お前いつから」

みくる「///」

長門「あなたが涼宮ハルヒにフェラを強要した時から」

みくる「え……?」

キョン「はぁ……最初からじゃねーか」

長門「そう。だから朝比奈みくる、彼はあなただから頼んだのではない。そこを勘違いしない方がいい」

みくる「……私、帰りますね」バタン

キョン「え、ちょっと、朝比奈さん!?……はぁ。長門、もうちょっと空気を読んでだな……」

長門「これでもう邪魔者はいない。二人っきり」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 09:49:20.76 ID:xPhYVvceO

キョン「何を言って」

長門「私はあなたに奉仕したいと感じている。私はあなたが望むことをしたい」

キョン「それは……俺にフェラしてくれるってことか?」

長門「」コクッ

キョン「そうか……恩に着る。お前には世話になりっぱなしだな……」

長門「構わない。服を脱いで」

キョン「あぁ」カチャカチャ

長門「これが男性器……」サワサワ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 10:02:00.22 ID:xPhYVvceO

長門「どんどん硬く勃起している……気持ちいい?」サワサワ

キョン「あぁ……」

長門「ん……」ペロペロ

キョン「っ……」

長門「ん……どう?」ペロペロ

キョン「気持ちいいが、もう少し強くしてくれないか……?」

長門「わかった。んっ」パクッ

キョン「っあ……」

長門「んん……ひもひい?」ズズッペロペロ

キョン「あぁ……最高だ……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 10:13:19.07 ID:xPhYVvceO

キョン「その……口で扱いてもらってもいいか?」

長門「ん……」ヌプッヌプッ

キョン「あぁっ……長門っ」

長門「んっ……」ヌプッヌプッモミモミ

キョン「た、玉を揉んだら、もうっ、俺っ!」ビュクッビュクッ

長門「んっんっ……」ゴクッゴクッ

古泉「うらやまけしからんっ!うらやまけしからんっ!」ドンッドンッ

長門「!!!」ガリッ

キョン「えぎゃあああっ!?」ビュッビュッ

古泉「ほぉ、長門さんが驚くとは。これはこれは興味深い」

キョン「」ブクブク

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 10:55:09.63 ID:xPhYVvceO

古泉「長門さん、これでは彼があんまりでしょう。治してあげて下さい」

長門「……」ポー

古泉「長門さん?」

長門「……」ガバッ

古泉「おやおや、僕を押し倒すなんて、もしかして彼との行為で発情してるんですか?」クスッ

長門「……」カチャカチャ

古泉「脱がせられてしまいました。それにしても、顔が赤い長門さんというのも乙なものですね。こんな可愛い少女を好きにしていた彼に嫉妬してしまいますよ」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 11:00:03.30 ID:xPhYVvceO

長門「はぁっ……はぁっ……」スルッ

古泉「垂れた愛液が僕の勃起したペニスにかかってしまっています」

長門「んんっ!」ヌルッ

古泉「自分で挿れるなんてっ、淫乱、ですねっ」

長門「はぁっ……はぁっ」ヌプッヌプッ

古泉「くっ……長門さんっ」ヌプッヌプッ

長門「あぁっ……んんぅっ」ヌプッヌプッ

古泉「はぁっ、はぁっ!」ヌプッヌプッ

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/01(月) 11:12:13.70 ID:xPhYVvceO

古泉「長門さんっ、も、もう!」ビュクッビュクッ

長門「んん!」ビクッビクッ

キョン「おい、お楽しみだったな」

長門「!!」ビクッ

古泉「ちょ、長門さんしめす」ブチッ

長門「私は、何を……」

キョン「どうやらお前に致命的なエラーが発生したらしい。原因は俺だ」

長門「……だが、あなたはさっき死んだはず」

キョン「俺は未来から来たんだよ。この狂った世界を正すためにな」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「みくるちゃんはほんっとうに可愛いわね!」